私の相槌は不快でしょうか…?

レス10
(トピ主1
お気に入り25

家族・友人・人間関係

めめめ

特別親しくはない年上の方との会話内での相槌で悩んでいます。

私は、相手が一文話す度に「はい」「はいはい」と相槌しています(ハキハキした感じでです)。

今まで気にしたことはなかったのですが、ネットで「『はい』を連呼する相槌は良くない」と書かれた記事を見つけ、急に不安になってしまいました…。

ずっと「はい」だけではなく、「えー!」や「へえ〜」、「そうなんですか!」などと言ったり、質問も混ぜたりしています。

決して会話がめんどくさいとかではなく、相手の話に興味があり、しっかり聴きたいと思ってのこの相槌なのですが、話し手からすると何回も「はい」と言われて不快でしょうか?

また、相手の話の中に自分の知らない単語がいくつか出てきた場合、その度に何回も質問して話を遮りたくないので、そのまま「はい」と言って流してしまうのですが、これも知ったかぶりのような感じがして不快でしょうか?
知らないことがひとつだけなら質問しているのですが…

皆様からのご意見よろしくお願い致します。

ユーザーID:4437308537

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 過ぎたるは及ばざるがごとし

    実際に聞いていないのでトピ主さんの程度は分からないので、あくまでも一般論・個人的見解になりますが、過剰な相槌は確かに逆効果です。

    あまりに高頻度で相槌が入ると逆に聞いていないのかな、話を打ち切りたいのかなと思えるし、へーとか、えーも過剰だとバカにされてるように聞こえます。

    ハキハキしすぎるのも相手に話を急かしているように感じられるかも。

    テレビで言うと生放送を見ていると、ゲストの解説員が熱がこもって話が長くなったとき、たまに司会者が急に相槌の頻度を上げる時があります。ああ、CMに行く時間が迫っているので早く打ち切りたいんだろうな、割って入るタイミングを探っているんだろうなというのが伝わってきます。

    またゲストのトーク中に「え〜」「うわー」という観客の歓声が効果音として入っている時がありますが、タイミングやボリュームがおかしいとただ邪魔にしかなりませんよね。大して面白く無い話を無理やり盛り上げているように見えるので。

    相槌すればいいという事では無く、体を相手にちゃんと向けて顔を見て適宜頷くとか、メモを取るとか、そういう姿勢でも「ちゃんと聞いています」という態度は伝わります。

    知らない事の質問も、どうでもいいような所にいちいち聞いてはダメでしょうが、キーワードっぽいものが分からないなら聞いた方がいいかも。散々しゃべらされた後で聞かれたら「今までの話全然伝わってないのか」とガックリ来ます。

    これも文章ではっきりと「すみません○○はどういう意味ですか」とまで聞かなくとも、ちょっと眉をあげる、首をかしげる、小さく「○○?」と呟くなど、分かってない感を出す事は可能です。

    ということで相槌や質問という言葉だけに頼るのではなく、もっとボディランゲージを使って「聞いている」という雰囲気を出した方がいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:4456066146

  • 分からない事だらけだと

    結局、話の内容全体が分からかったってなりませんか?
    出来ればその場で聞いた方がいいと思います。
    じゃないと『で、あなたはどう思った?』とか
    自分の見解を聞かれた時に
    『実はよく分かりませんでした・・・』って
    言われる方が不快だと思いませんか?
    それと『はい』はいいけれど『はいはい』はダメ
    だと思います・・・。

    ユーザーID:3051697942

  • 試してください

    相手の話が一段落するまで、話の途中で相槌を打つのをやめるのです。

    相手から、「聞いているの?」という言葉が出たら不快には思っていないということです。

    ユーザーID:3589269945

  • そのくらいなら私なら気にしないです

    なぜならもっといらつく人が周囲にいるので。
    その人のあいづちは「はい」じゃなく「うん」です。
    それも頻繁に。そして明瞭な発音で。

    決して親しい間柄ではないし、関係性で言えばその人が
    私に「うん、うん」というのはありえないのですが、
    きっとものを知らないんだろうなと思っています。
    愉快じゃないけど相手に指摘するのもどうかなと思う
    程度なので余計ストレスです(笑)。

    相槌の「はい」が問題になる場合があるとしたら、
    クリアな発音での「はい」が多すぎる、相手がしゃべったあとに
    すぐに「はい」と言ってしまい、相手が急かされたりさえぎられたり
    しているような落ち着かない気分になる、くらいでしょうか。
    私の感覚なら、ですが。

    もし気になるなら、気持ちは「はい」で共感している面持ちでうなずくだけ、
    というのを混ぜてみてはいかがでしょうか? あなたの話を興味を持って
    聞いていますよ、というボディランゲージですね。

    質問に関しては、その時の流れによるとしか言いようがありません。
    聞き流しても問題ない場合は私もその場は聞き流してあとから調べたり
    しますし、そこをはっきりさせないとこの話題自体成り立たないと
    思ったら尋ねます。つまり会話を止めない方がいいか、止めてでも
    はっきりさせた方がいいかをそのつど判断するということです。

    ユーザーID:7797173645

  • すごく

    必死にハイ!ハイ!って連呼する、しかも被せるように。
    なのに内容理解してなかったりするひとも居ますよ。

    もう少し話すひとのことを考えてあげると良いかも。

    ユーザーID:5269140735

  • 話の内容によるかな

    話の内容によるかなと思います。

    一分程度に終わる様な話、例えば指示ですとか要求とかですね。
    上司があなたに指示を出す場合、お客様があなたに何か訊ねている場合は
    『相手が一文話す度に「はい」』は問題ないと思います。

    この場合、相手が求めているのはあなたの確実な理解で、そしてその答えです。
    その一文を確実に理解したという意味で『はい』は良いでしょう。

    ただ相手の話を長時間拝聴する場合は『一文話す度に「はい」』は多すぎかな。
    話す方もそんな前のめりで聞かれても困ってしまうと思いますし
    あなたの「はい」で話のリズムが狂います。

    この場合、相手が求めているのはあなたという聴者で、そしてその反応。
    反応と言う意味で「はい」や「そうなんですか!」は良いのですが
    それよりも求められているのは『良い聞き手』という立場です。
    相手が話しにくいとか話のリズムを狂わせては元も子もないのです。

    ですから相手が話し始めて一文〜三文は「はい」で大丈夫。
    その間に相手の話の意図を掴み、指示や要求ならばそのまま「はい」で
    長くなりそうなら頷きへと移行していけば宜しいかと思いますよ。
    話の段落に当たる部分での相槌や反応は忘れずに話を盛り上げていきましょう。

    相手の話の中に自分の知らない単語がいくつか出てきた場合
    これも話の中のその単語の重要性によるかと思います。

    聞いていれば何となく分かってくるものやら
    それが分からないと話の根本が理解できないものまでありますから
    その二つを同系列に置いてのアドバイスは出来かねます。

    例えば話の根本に纏わる『名詞』は早急に聞きましょう。
    後で聞くと『それが分からずに何を聞いていたの??』となります。

    反対に「社会全般に敷衍して考えるとだね〜」と言われても
    『ふえん』が分からなくても大筋には関係ないので流してOKです。
    後で調べましょう。

    ユーザーID:8213562066

  • 不快ではありませんが

    私の後輩の子の相づちが「はい」オンリーなのですが
    ちょっとロボットみたい。機械的だなぁと感じることはあります。
    トピ主さんはバリエーションがあるのでその点は問題ないと思いますが
    「はい」を「ハキハキ」は、ちょっと耳障りかもしれません。

    私は会社の上司との雑談で聞き役になることが多いのですが
    だいたいメインが「えぇ」です。

    その他は「へェ〜」「そうなんですか」「うんうん」
    「なるほど〜」「知りませんでした」が多いかな。

    知らない単語?流しますよ。
    その度、話の腰を折ることはできません。
    時折「それって、何でしょう?」と聞く程度でしょうか。

    知ったかぶりに思われたくない場合は
    「へぇ〜」とかポヤ〜んとした音が良い気がします。

    ユーザーID:9810905948

  • 多すぎる相槌は嫌われる

    >私は、相手が一文話す度に「はい」「はいはい」と相槌しています(ハキハキした感じでです)。

    意味無く相槌を打っているのが見え見えですね。回数が多くて大きな声であればいいと言うものではありません。

    相手の心に響くような相槌でないと、それはマイナスでしかありませんよ。

    >相手の話の中に自分の知らない単語がいくつか出てきた場合、その度に何回も質問して話を遮りたくないので、そのまま「はい」と言って流してしまうのですが、これも知ったかぶりのような感じがして不快でしょうか?

    知ったかぶりの相槌と受け取られます。わからないときは、相槌は打たない。一区切りついたら、そこでちゃんと訊ねましょう。

    ユーザーID:7613611964

  • 落ち着かない

    知人にトピ主さんのように「はいはい」を連呼する人がいますが、落ち着かないし信頼できない感じがします。
    せわしないんですよ。
    せめて軽くうなずけませんか?
    私はこの知人と話すのは嫌なので、なるべく接点を持たないようにしています。
    トピ主さんは友人知人は多いですか?

    ユーザーID:9564776591

  • 皆様、レスありがとうございます。

    やはり過剰な相槌は逆効果なんですね…
    もう少し相手が話しやすいように相槌できていれば…と後悔、反省しています。

    同年代の友達と話す時は過剰に相槌は打たないのですが、相手が年上の方だとつい緊張してしまったり、良い印象を持たれたいと思い、いつもより相槌を頑張って(?)しまいました。

    「はい」と声に出さずに頷くのをまぜてみると良いのですね。

    また、知らないことがいくつかあった場合ですが、話の中での重要な語句でなければ聞き流しても大丈夫というご意見が多く、安心致しました。


    今回は大変勉強になりました。
    これからは良い聞き手になれるように、皆様からのアドバイスを実践してみたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:4437308537

レス求!トピ一覧