授業としてこれを教えて欲しい

レス31
お気に入り33
トピ主のみ0

匿名

話題

他力本願かも知れませんが、「授業としてこれを教えて欲しい」と思う事はありませんか?
もちろん、教員の負担や授業日数など不可能に近い事は承知の上ですが。

私は社会保険制度、年金、税金の事ももう少し具体的に授業としてあるといいなと思っています。
今、若い世代が会社を退職しても、その後に必要な手続きなどは会社によって説明があったりなかったり・・。

・厚生年金を脱退して国民年金に加入する
・社会保険を脱退して、国民健康保険に加入する
・住民税は自分で支払う
・事情により免除制度がある
・すべて自分で手続きをする

そういった事を知らないまま、数か月間経過して滞納状態になる。
そのまま未納状態。

これらは学校でほんの少し触れた程度の知識では理解できないのでは?と思うのです。
もちろん、親が教えるべき部分も大きいのでしょうが、年金制度を理解できていない若年層にはピンと来ないみたいですし、40代の私でも正確に理解できていないと思います。

自分達は年金なんてもらえないから払う意味が無いという誤解もあります。
年金は老後に受け取るだけではなく、遺族年金や障害者年金などもあると知らない若者も多いと思います。
どうにも納付するだけで恩恵が無いというイメージになりがちだと思うのです。

私(40代)にはなかった小学校の英語教育、パソコンの授業が普及したのも必要に応じた結果だと思います。
年金・税金・社会保障制度などもっと学生の時から身近であり、自分自身の事だと思えるような環境が必要だと思うのですが。

皆さんはどう思われますか?

ユーザーID:3477756646

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数31

レスする
  • 株取引

    私の出身国では、義務教育で株取引について授業がありました。必修です。
    小学生で基礎を学び、中学ではバーチャル取引を必修でやりました。
    なぜ日本ではないのですか?
    日本人は経済音痴が多すぎます。
    ぜひやってほしいですね。

    ユーザーID:3603587684

  • お金のこと

    トピ主さんに激しく同意!
    昔、中学生の子どもにその後の学費のことを話したら主人にすごく叱られました。
    「うちはお金あまりないから高校は公立で大学も国公立なら学費は出せるけど、私立なら足りない分は奨学金借りてね」
    私にとっては当たり前のことでしたが「子どもになんてことを言うのか!」と激怒状態でした。
    理由は子どもにお金のことを考えさせるなんてみっともない。
    正直意味不明ですが、お年寄りには多いように思います。

    中学生にもなってお金の計算すらできないことの方が大問題ですし、
    学費や生活費にどれだけかかるものか理解できないまま進路を決定させることの方が恐ろしい。

    いろんな家庭はあるでしょうし、金銭の価値観は様々ですが、
    自分に必要な学費や生活費くらい中学生で学んでほしいと思ってます。

    ユーザーID:6372128129

  • 交通ルール(特に自転車)

    自転車は、たいていが親が教えて乗れるようにしているので、親がどう教えているかで安全運転に対するバラツキがあると思います。親自身が交通ルールを正しく知らなかったり、意識が低い場合もあります。

    自分たちが、いくら自分の子どもにルールをしっかり教え、家族で安全運転を心がけても、周りにはルールを無視している自転車がいっぱい。本当に危ないと思う事が良くあります。

    だから、小学校のうちから自転車を中心にした交通ルールやマナー、安全運転の知識を徹底して教えて欲しいと思います。年に1回くらいの自転車教室や交通安全教室くらいでは、ふーんと聞き流して身につかないので、テストをするくらい、しっかり勉強させて欲しいです。

    学校でしっかり教わった子が成長し、しっかりルールを守る大人が増えれば、少しずつ少しずつ安全運転の自転車が増えていくと思います。

    ユーザーID:5032878971

  • 人生は一度きり

    やり直しがきかなくなる年齢が来る事を
    子供の頃から教えて欲しい。

    ユーザーID:4011207917

  • 賛成します!

    日本の社会福祉は自ら申請しないといけないので、絶対に知識が必要ですよね。
    知識を持っていることや、知識はなくても(法律や制度は変わることも多いですし)困った時にどこに相談すれば良いのか、その窓口を知っていることやそこに相談する力を持つことはとても大事だと思います。

    他には、もっとお金について教えた方が良いと思っています。
    資本主義社会に生きているのに、その基本であるお金や経済や職業について、あからさまに語ることを良しとしないムードがあるような気がします。日本独特の意識によるものなのでしょうか。

    ローンの金利やリボ払いについてとか、クレジットカードについてとか。
    職業によって所得が大きく異なる事とか。起業する道もあることとか。
    身近だけど扱い方を誤ると生きていくのに非常に苦労する「経済」や「お金」について、子どものうちに学校で学ぶ機会があったら良いのにな、と思います。

    ユーザーID:4356137182

  • 全く同感です

    私(61・男)はまもなく62歳なりますが、48歳のとき病気で早期退職しました。

    病気療養中のところ自宅に職場の労務厚生担当者が来られ、退職手続きをしました。

    その時に、

    「60歳になったら国民年金の手続きをしてください」


    と助言されるもそのような制度があることすら知らなかったのですから、ここ3か月、年金手続きの書類が郵送さてくるものの、さっぱりわからない。

    そういえば、退職手続きのとき、

    「私達 労務厚生担当は その専門ですから 退職してからでもいつでも電話相談に応じます・・・皆さんが年金制度をご存じなくても心配いりません 私達担当者が同じ会社でも部門が異なれば 他部門の専門的なことは知らないのと同じですから・・・」

    それで数日前、在職中の労務厚生担当課に電話しましたら、簡単に理解できました。

    人生において必要になったら相談すればいい とはいうものの、最初は何をどこへ相談したらいいのかも、しかも用語すら知らないのですから、せめて在職中、できれば義務教育でも社会保険制度の授業はあったほうがいいです。

    とはいえ、このような制度は 変遷していきますから、学生時代習っても実際に必要になるのは約50年後ですので、未来の制度は変わっていっているかもしれませんね。

    ユーザーID:6517433656

  • いいと思います

    私も、税金や社会保障の制度については、学校で教えてもいいと思います。
    本来なら自分で学んだり、親が教えることなのかもしれませんが、学校で教えることで、何かあった時に対処するための力を誰もが得られるのではないでしょうか。

    私が学校で教えてほしいのは、保健体育で不妊治療についてです。
    男性にも原因がある場合もあること、生理が来てるからといって、必ず妊娠できるわけではないこと、原因不明のこともあること、などなど。

    ユーザーID:2052544344

  • 授業はなくていいけど

    社会に出てから必要になるようなものについてまとめた冊子は配ってもいいかなと思います。
    税金や社会保障はもちろんですが、就職や転職などについての法律や注意事項、クレジットカードやローンなど大きなお金についての注意、結婚や出産、避妊などについてとか。

    ユーザーID:6486821246

  • 風俗史

    最近風俗という言葉が偏った意味で使われてますが、本来風俗とは人の暮らしの様子を指す言葉。

    その時代に生きる人々がどんな家に住み、何を食べ、何を考え、どんな風習やしきたりを守って生きていたか。
    それを知るのが風俗史です。

    歴史の授業も風俗史を取り入れてくれれば面白かったのに。
    どちらかというと習うより教えたい。
    古代の食事を試食とか、生徒をモデルにして職業別ファッションとか、江戸時代の葬式を再現とかやってみたい。

    ユーザーID:0525777411

  • 世界で認識されてる日本人。

    授業で偉大な功績を残した日本人のことや歴史を習っていたらもっと日本人である事の誇りが持てるのにと、良く思います。浮世絵が近代ヨーロッパ絵画にあたえた強烈な影響。ゴッホがどんなに日本に憧れていたか、ゴッホ自身が浮世絵の大ファンで500枚も収集していたなど。

    私はアムステルダムのゴッホ美術館にいって、ギフトショップに展示してある浮世絵、着物などを見て大感激しました、日本人はもっと自国の誇れる歴史を習うべきと思いました。授業でなぜ教えないんでしょうね。

    日本が世界に与えた夢や希望。

    台湾で農民の、市民のために巨大ダムを作った日本人。

    初代マチュピチュの市長になった福島県出身の移民、野内与吉さんの功績。

    アフガニスタン、ネパールで農民のために頑張ってる日本人。

    アラスカで、モーゼと言われてる、伝染病からむらびとを守るために
    不可能と思われる大移動を率いた、安田さん。その地ではYasuda mountainまであるほどの
    偉大な日本人のことを。

    何かと愛国心を高らかに言うと攻められる雰囲気の不思議な雰囲気がありますが
    世界で見返りも求めず尽くしてきた日本人のことをなぜか授業で習った記憶がありません。

    残念な事です。歴史の事実はもっと教えて欲しいです。

    ユーザーID:1416113254

  • 学校に弁護士を置いてほしいですね

    先生方にあれもこれもと負担を押し付けるのもよくないですから、
    学校に最低1人は弁護士を常駐させてほしいですね。
    >年金・税金・社会保険制度
    は法律が変わればまた変わってしまいますし(特に今後、マイナンバーの活用を政府は推してきそうですし)
    それよりも、自分がどういう(労働)環境におかれた場合、その環境に染まりきるのも一つの方法かもしれませんが
    あれ?この働き方(働かされ方)おかしくないか?と思う切っ掛けとして
    この人間関係、おかしくないか?と思う切っ掛けとして
    やはり基本になるのは人権だと思うので
    そこはやっぱり法律のプロである弁護士(今人数も増えているようですから)を学校に常駐させるような取組がほしいと思います。

    ユーザーID:8690993685

  • 微積物理

    数学でせっかく微積を習うので、物理に微積を使ってほしい。どうせ大学では必要なんだし。

    ユーザーID:0223644892

  • 必要と思います。

    昔、40年位前ですが、高校でありました。就職者の多い学校だったので 授業ではなく講習としてありました。主に市役所の方が講師で来られていました。今は学校・地域で詳制度を広める理解してもらう 実践的な取り組みが少なく、広報誌をだして 後は自己責任の自治体が多いと思います。

    ユーザーID:7903145652

  • さまざまの職種を具体的に

    大学生の子供がいます。

    二人の育児をしてきて、子供たちが社会人になるための方向性って、
    どこで教わるんだろうと思いました。
    学校では、なんとなく大学に行けばというような感じだったし、
    親の知識も、大手企業とか、公務員、看護師ぐらいしか思いつきません。

    建築関係の仕事をしていますが、どの業種も人手不足です。
    とび職や、板金工事、左官工事、どれも技術が必要で、一人前になるには時間がかかります。

    確かに、収入は不安定かもしれません。でもなくならない仕事です。
    誰かがやらなけれならない仕事です。

    さまざまな職種を少しでも知ってもらえて、興味があれば、どうやればなれるのか
    教えてもらえる機会があればと思っています。

    ユーザーID:1118971006

  • 確かに。

    税金や社会保険関係はあんまり細かいことまで教えても、制度って結構変更されるので、基本的な仕組みと、申し出ないとダメなのよってことは教えてもらえたらいいなと思います。まあ子供達がどこまで我が事と認識するかはかなり怪しいものではありますが、高校なんかでは教えて欲しいかな。

    あと私が学校でもっときちんと教えてもらえるといいと思うのは、「法律」と「医学・健康情報」です。どちらも生きていくのにとても大事なものですが、今はいろんな教科の中でバラバラに習うので統合してほしい。

    ユーザーID:0267372688

  • 解剖生理学

    不惑を過ぎてから看護師資格を取った者です。
    看護学校で解剖生理学を学んで、その面白さ不思議さに瞠目。
    小中学校の理科でほんのさわりだけ教わった記憶がうっすらありますが
    なんでこれをもっとガッツリと教えないんだろう?!
    人間の体がどれだけ精緻な仕組みで成り立ち、動いているかを知れば
    生まれてきただけで、生きてるだけで奇跡だってことが実感できて
    そんな存在である自分自身が愛おしくなり、
    大切にしようという気持ちになります。
    何しろ自分の体のことなんだから、説得力と実感があります。
    ヘタな情操教育や道徳教育なんかよりよっぽど効果的。
    子供に社会や経済の仕組みを教えることにも賛成ですが、
    その前に人体の仕組みを教えてやってほしい。
    定年退職したらボランティアでそういう出前授業やろうかと
    半ば本気で考えています。

    ユーザーID:8621944008

  • 私は反対

    最近は学校に色々求めている方多いですね。
    教えたとしても、社会とは変わっていくものですから、教えても無駄になりそうだし、覚えていると思えない。
    自分が生徒だった時、自分が好きな授業以外はまともに聞いていた記憶ありません。要は本人が知りたいと思えば、自分で勉強するとか、親に聞けばいいじゃん。
    先生に負担をかけないで

    ユーザーID:4299806572

  • ないです。

    どっちかと言うと、減して欲しい。

    授業増やすくらいなら、教師の授業以外の負担を減して、授業を充実させて欲しい。

    親の領域まで学校に押し付けるのをやめてほしい。

    親の教えるべきことを切り分け、責任を明確にして欲しいです。

    ユーザーID:1044709849

  • 無理ですよ

    カリキュラムの問題としてではなく心構えの問題として。

    私は商業高校出身で、地元の税務署見学の後就職してからの税金の話
    更に年末調整の仕組みまで教えてもらいました。
    全く頭に入らず眠いだけの時間でした。

    そこから、そっち方面の仕事をするようになり
    1コマだけとはいえ、高校生に税金の話をしたこともあります。
    来年4月から就職という子も多いクラスだったそうですが
    やっぱり見事に睡眠学習でした。

    国の事業の一環として租税教室という時間を学校に取ってもらう仕組みがあります。
    多地域はわかりませんが、私が知る範囲の地域は高校ではあまりやってくれません。
    やってくれても商業高校で進学校は受験に関係ないため時間を取りません。
    更に、やっぱり学生で子供です。
    いつかは働いて税金を納めると思っていても漠然としていて他人事です。

    大人になってから学生の間にもっと勉強しておけばよかったと思うのと同じように
    社会保障や税金などの制度は必要になったときに教えといてくれればと思うけれど
    納税者ですらない学生に教えても忘れ去られてしまいます。
    それでも、なんか習ったくらいに覚えていることも意義のあることかもしれません。

    ユーザーID:6957834276

  • 物事との距離感、取るべき態度

    無理を承知で言えば、物事に対する適切な「態度」や「距離感」を教えて欲しいです。

    私は犯罪を犯したことがありませんが、
    それは法律を知悉しているからではありません。
    それはおそらく、裁判や警察や法律といった話については
    「あまりお近づきになりたくないな」というかすかな忌避感、
    無意識的な距離感があるからです。

    おそらく大多数の善良な国民はそうじゃないでしょうか。
    「法律を知っていたから防げた犯罪」よりも
    「法律と適切な距離感を持っていたから起こらなかった犯罪」のほうが
    おそらく圧倒的に多いような気がするのです。
    なにしろ「起こらなかったこと」なので、カウントも検証できませんが。

    同様に、私は性被害を被ったことも性被害を与えたこともありませんが、
    それは性の仕組みについて詳しく教わったからではありません。
    性については「あんまりおおっぴらにやるもんじゃないんだな」という
    取るべき態度・距離感が体に染みついていたからこそ、センサーが働いて
    折々で未然に危機を回避することができてきたのだと思います。

    ある営みについて、「どう感じるか」。
    これは教科書や他社からの説明やテキストではなく、
    「大人や周囲に感化される」ことでしか達成されないものだと思います。
    だけど、おそらく知識などよりもよほど効力が大きい。

    時間がかかるしテストで測ることもできませんが、
    テストで測れないそうしたこと、つまり物事の知識ではなく「感じ方」「対し方」を
    子供たちが身につける機会があればいいな、と思います。

    ユーザーID:9966073604

  • 聴く側の問題な気もする・・・

    税金、社会保障、雇用保険や性の話、みんな学校で聞いたことあるよ。
    リボ払いは絶対使わないぞ!と思った記憶がある。
    みんな忘れてるだけじゃないの?

    四角さんのおっしゃるように、当事者意識がないままに聞いてたら
    右から左へ流されるだけ。当事者意識を持たせるように授業しろ!
    ということなら、カリキュラム改革とか必要だし、学校教育の外の社会教育の領分な気もする。

    とはいえ、性教育はしっかりやった方がいいと思います。
    学校で避妊具配るくらいしてもいい。
    道徳とかにかけてる時間をそっちに回せばいいよね。

    科目としてはみなさんおっしゃるのは社会科の範囲内かなと思うけど、
    国・数・英の3教科に圧倒的な時間配分があるので、
    科目横断的な取り組みが必要ですね。国語または英語の教材で社会保障を扱うとか、
    数学で年金のしくみを考えるとか。

    ユーザーID:7727114731

  • 音読の強化

    英語の導入が低年齢化され、国語が大切になってきます。
    音読の強化と、小学生向け戯曲や発声の台本など、国語の教科書に載っていても授業で取り上げられない内容を強化してほしい。
    肝心の国語がガタガタにならなければいいのですが。

    ユーザーID:3682156900

  • 自転車安全講習

    子供の年齢によって、レスも違ってくると思うのですが、小学生低学年の親としては自転車安全講習をぜひとも行って欲しいです。
    パンフレットは貰ってくるのですが、授業や特活などで教わることはないらしい。
    マナーもそうですが、危険な行為、例えば、子供はトラックや大型車が近づいてきても止まったり除けたりせずに怖さを分かってないのですね。運動場の訓練やビデオ教育などで危険を予知する感覚を養って欲しい。

    あとお金の教育というか、してはいけない事をしたらどんな償いをしないといけないのかお金で示すこともして欲しいです。例えば、いじめていた側に、裁判で賠償金が課せらた事例など取りあげ、きれいごというより、よっぽど抑制につながるのではないかと思います。

    ユーザーID:1063033739

  • 学校とは

    学問的知識と実用的知識の違いが分からない人が多いのにビックリ。後者は家や社会から学ぶもの。親がちゃんと教育していれば良いだけです。

    ユーザーID:4495588007

  • 絶対無理だろうけど、

    先生たちはよくやっている。

    我が家の小学生から窺い知れる授業の内容、自転車講習、社保、憲法9条、音読重視、郷土の偉人、命の教育、性教育も。

    私の頃(30年前)でも、中学か高校の家庭科か社会科で社保年金の仕組みを教わった記憶があります。教科書に書いてあったのを覚えている。公立ですけど。

    ほんと、それが身につくかその先に繋がるかは、聞き手の態度とかそれを親がうまく話しをつなげてあげるか、などの受信側の問題ではないかと。

    家庭で教えることがしにくい点で1個だけ、ちらっと子どもたちに教えて欲しいことがある…けど絶対難しすぎてだめだろうなあ。

    「親を信じすぎないこと。家族を好きじゃなくても許されること。家庭が苦しい時は逃げることができるということ」
    です。

    道徳の本には載らないだろうなあ。いや、児童虐待がいわれるようになって、それとなくクラスでは話があっているのかもしれませんねえ。

    授業内容が追加されるたび、その勉強するためのお手当を先生方につけてあげたいぐらいです(笑)、どうせ増税されるならねえ。

    ユーザーID:6067553202

  • 1m^2=10000cm^2

     が何故そうなのか.これを,今の小学校ではきちんと説明しているでしょうか?
     こんな事を言い出すのは私の記憶からです.6年生の時の授業(専門用語を持ち出せば図形の相似の単元)で「三角形の一辺の長さを3倍にすると面積は何倍になるか?」なる問いに対して,大半は「3倍」と答えていたのです.正解は当然「9倍」で,私が大勢の誤りを正したのですが,斯かる現象に至ったのは紛れもなく,タイトルのような関係をただ暗記させていたからです(4年生の面積の授業).「一辺の長さが1cmの正方形の面積が1cm^2.これが1mの正方形の面積は1m^2.正方形の縦の長さと横の長さが共に100倍になったから,面積は100×100=10000倍.面積の比は辺の長さの比を2回かけた値(要は2乗)」という説明がなされていれば,上記の問いに関して「3倍」なんていう答えが出てくるわけはないのですから,どう考えても,上っ面な数字だけ覚えさせる授業の弊害ですね.
     兎も角,面積の単位の換算で言えば,100だ10000だという数字が乱発されますが,ただ暗記させるのではなく,そうなる理由をきちんと教えるべきだと思うところです.

    ユーザーID:2644879394

  • 素朴な疑問

    例に出ている話は,大人になってから役立つもののように思いますが,
    その手の話がもし,学校の授業という体裁だったら,つまらなく思うんじゃないですか?

    ユーザーID:8215776911

  • 男女同権。男女とも家事をするのが当然であること。

    男女同権を教えてほしい。日常生活における男女同権とはどういうことなのか具体的に教えてほしい。

    家事も育児も男性も女性もするべきということを教えてほしい。

    学生スポーツ(とくに高校野球)の女子マネのあり方はおかしいということを教えてほしい。洗濯とか飲み物の用意とか身の回りのことは、学生なら自分でするということを教えてほしい。マネージャーとは管理する人のこと。

    学校生活の延長に社会や仕事があるわけなので、女性だけに女性性(家事や家族に尽くすことを美徳すること)を求めることはやめてほしい。

    家事や家族に尽くすことが美徳であるというなら、男子生徒にも女子生徒にも教えてほしい。

    ユーザーID:8083627997

  • 歴史と神話

    タイトル通り、今の若者たちは
    歴史と神話の知識が乏しいですね。

    アーノルド・トインビーの言葉に
    「十二、十三才くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、
    例外なく滅んでいる」とあります。

    日本民族の神話である「古事記」「日本書紀」を
    今の学校教育では教えていないに等しい。

    日本民族がいかに成り立っているか、
    どう過ごしてきたか。
    日本人として一番大切な事です。

    日本の事を外国人に説明するのには
    必要な知識です。
    また日本人としてあるべき姿を
    知るためにも重要な事です。

    太平洋戦争後の自虐史観ではない、
    普通の歴史、過去の事例をもっと正確に
    知るべきです。

    お金(経済知識)の知識も社会生活を営む場合
    必要ですが、日本人としての
    あるべき姿を確立してから、
    それらの知識が必要になるでしょう。

    基礎的な数学・物理知識も必要ですか、
    興味があれば、そちらの書籍などは
    多くありますので、個人的に任せれば
    良いかと思います。

    ユーザーID:7535316653

  • 電車の乗り方

    特に混雑時の心得。

    ホームでは前につめて並ぶこと。
    ただし、横切りたい人がいる場合は間を通すこと。

    荷物が多い、怪我などで動きが鈍いときは階段から遠くても空いている車両を使うこと。
    出来るだけ、混雑を避けること。

    車両に乗り込んだら、ドア前で立ち止まらないこと。
    奥に詰めるか、人を通すこと。

    人に荷物、本、スマホ、特に濡れた傘があたらないようにすること。
    網棚を有効活用すること。
    カバンは抱えること。背後に飛び出さないように注意すること。
    足元に荷物を置く場合は人が躓かないように気をつけること。

    いす前に立ったら、左右と立ち位置をそろえること。
    自分だけ後ろに飛び出さないこと。

    つり革は無理なく持てるものを使うこと。
    腕で人の頭を擦ったりどつかないこと。
    無ければ重心を下に意識して踏みとどまること。
    人に寄りかからないこと。

    スマホゲームは手、腕を動かさずに出来るものを選ぶこと。

    せき、くしゃみが出そうになったら、極力我慢し、無理なら腕で防ぐこと。
    事前に分かるならマスクをすること。

    自動改札で引っかかったら、背後の人に謝ること。
    粘らず、有人改札に行くこと。

    あと何があったっけ?
    都市部では働く予定の学生には満員電車乗車のコツを修得して欲しいです。
    修学旅行とかでもいかせると思います。

    ユーザーID:7906543885

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧