うつ病の回復について

レス7
(トピ主0
お気に入り19

心や体の悩み

チャピ

去年の10月に仕事の責任の多さ仕事量の多さによってうつ病になり
現在会社をやめ無職です。8月ごろからリワークプログラムに参加し順調に毎日通えたのですが
今月になってから体調を崩し毎日通えなくなってきました。
不安や自責の念が強く出るようになり毎朝の体調の悪さが強くなってきました。
せっかく順調に通えてたのに・・・と思うと将来がとても不安になり
「自分はいつ社会復帰できるのだろうか」「こんな調子で大丈夫なのだろうか」
と思うようになりました。うつ病を克服して社会復帰されてるかたはどのように復帰されたのでしょうか
自分はこのままでいいのでしょうか?いろいろなご意見お待ちしております。

ユーザーID:9958435133

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 少しお休みをしましょう

    ちゃぴさん、こんにちは。
    私は休職暦2回のおじさんです。
    うつ病になるまでお仕事を頑張っていて大変でしたね。
    退職してからどのくらい期間があったか分かりませんが、リワークにいけるほど回復したなんてすごいじゃないですか。私の例ですがリワークに通い始めるまで1回目は半年、2回目は5ヶ月かかりました。リワーク通所中でもちょっとしたきっかけで体調を崩し、通所できなくなったことは何度かありました。
    ご存知かもしれませんがうつ病は三寒四温に例えられる時があります。寒い日もあれば暖かい日もある。体調が良い日もあれば悪い日もあります。
    いまは体調の悪い時期に当たっているのでしょう。そんな時は自分を責めてしまいますよね。でもリワークをある程度休んでも死んだ人はいません。いまは横になって過ごしてもいいと思いますよ。私も経験しました。ただ横になって何も出来ない自分を責めて泣いていた毎日を。
    もしかしたらつけているかもしれませんが活動記録表をつけると私にとって良かったです。毎日今日は何が出来た!っって記録をつけていくうちに段々と調子が良くなっていました。今日は3階まで階段を登ることができた、2度寝しないで過ごせたとかくだらないことだけど、できた事を書く。あと調子の良かった頃の自分がどんな風だったか書き出すのも調子のバロメーターになりました。
    色々と書いてしまいましたが、今はゆっくり休んで回復したらまたリワークに通いましょう。

    何はともあれゆっくりと、少しずつ進歩して来たのですから大丈夫と思います。
    私はそんな感じで1回目、2回目ともに1年で復職で来ました。

    ユーザーID:6250026259

  • 早すぎます

     うつ病の患者を見てますと、回復には数年かかります。自然治癒力が働き、必ず回復しますが、それには、年の単位が必要です。

     半年とか、数ヶ月ではとても回復せず、さらに悪くして、薬漬けにされて回復不能にされます。

     早すぎたのです。大体傷病手当金、1年半がつきて、さらに半年が目安となります。

    ユーザーID:8875583620

  • 復帰と言えるかわからないけど

    こういうのは人それぞれだと思いますが、私の場合、自分の生来の性格を否定してムリヤリ社会常識(だと思うライン)に合わせて生きてきたことで、決壊して鬱になったという感じがしました。
    このことには鬱になった当初は気付かなかったのですが、色々なカウンセリングを受けたりして徐々に気付いた感じです。

    なので、鬱が治るにつれて生き方を変えました。

    まず、朝は起きない。
    つまり基本夜型になるのが私のベストライフです。
    これ、実は小学生くらいからずっとそうだったんですよ。
    夜のほうが絶好調。
    時々早起きするのは気持ちいいけど、続くとどんどん体に堪えるんです。
    朝型になる色々な方法も試しましたが、もういい加減諦めました。

    あと、会社組織で働かない。
    これも幼少期からそうでした。人付き合いがダメなんです。
    時々なら良いけど、毎日他人と話すのが無理です。どんどん疲れます。
    (一応言うと、会社組織で働いたこともあります。10年ほど。つまり10年で決壊しました)

    こういった性格を受け入れることで、それに合った仕事を今はしています。
    ちゃんとありますよ。
    人からは「才能があるからできるんだ」と言われますが、私にとってみたら何十年も毎日会社に通えるのもすごい才能だと思います。

    自分に合った生き方を見つけて下さい。
    決して固まった常識にとらわれないように。

    応援してます。

    ユーザーID:9665144353

  • 何か一つは

    好きな事がある筈。それに時間を割ける環境を用意してあげましょう!

    ユーザーID:0380130305

  • 焦りますよね。

    どうしたら、鬱病になっても復帰しやすい社会になるんだろうかと思います。

    鬱病は波があって、普通の病気みたいに回復して、治るという過程に個人差もあって、
    仕事がしたい人にとって、できない期間は、あせりたくないのに、病気のせいで、とことん参りますよね。

    順調に治る予定が、体と心がまだ回復してない場合、足ふみ状態が長く感じますし、病気中の人は、人一倍絶望感を伴うと思われます。

    過労死問題も取りだたされているのだから、何とかしてもらいたい社会問題ですよね。

    社会の理解、もっと表立ってやってもらいたいです。

    ユーザーID:8179965403

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • ゆっくりあせらず

    仕事のストレスと、流産が重なった時期に鬱っぽくなり(自分自身が心理関係の仕事なので自分でわかりました)、少しずつ回復中、妊娠と東日本大震災が重なって産後うつがひどくなってまた落ち込み…

    仕事は、別の仕事を細々と続けましたが、浮き沈みを繰り返して結局、他人と元気に話せるようになるには10年以上かかってしまいました。

    鬱は治る病気です。でも、時間がかかります。無理しない程度に、自分を甘やかして、ゆっくり行きましょう。私の場合は間に産後うつを挟んでいるので長引きましたが、それでも、1年2年のスパンで考えられた方がいいのではないかと思います。

    鬱は浮き沈みを繰り返しながらすこーしずつ、すこーしずつ、回復していきます。焦らないことが大切だと思います。

    すぐに治りたいと言う気持ちは痛いほどわかりますが、今の自分を受け入れて甘やかしてあげてください。

    ユーザーID:0176151364

  • 慌てない、焦らない 諦めない。

    お辛いですね。 家族の中に、二人鬱患者がいる者です。

    頑張り過ぎられたのでしょうね、よく、分かります。

    自分を、頑張られたご自分を、認めて、長い人生のうちの充電期間を、その間ぐらい、心と身体を、お休め下さい。


    鬱は、必ず、治ります。他にも、仲間はいます。あなたは、1人じゃありませんから。必ず、やまない雨はありません。
    どなたか、気象予報士さんが、本に、書かれていました。

    ユーザーID:3899243790

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧