孫を手放す勇気、背中を押してください

レス137
(トピ主4
お気に入り2,640

生活・身近な話題

ゆうこ

レス

レス数137

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 皆様ありがとうございます。

    皆様のご意見とても心に響いています。

    早く返事をしなければ、今日こそは電話をしてお願いしますと伝えなくてはと思っているのに勇気が出ず。
    明日まで、日曜日に、年内はと気持ちの中で先延ばしにしてしまっています。
    孫達の寝顔を見ると娘の幼少期や孫を抱く姿を思い出し、家からこの子達がいなくなった様子を想像して前に進めなくなってしまいます。

    病気発覚からあっという間に娘婿が亡くなり気落ちする娘に「母親なんやから子供の前では笑顔でおらな!泣きたい時は預けに来なさい」そう言って励ましました。
    半年後突然娘も亡くなり孫との暮らしの中で同じ言葉を自分に言い聞かせてきました。
    「私らが泣いてたらあかん、笑顔でおらな!」夫と合言葉のように掛け合ってきました。

    相次ぐ不幸に潰れずにやってこられたのは孫達のおかげです。
    数十年ぶりの乳幼児のお世話、悲しむ暇も与えてもらえないほど大変でしたがそれが救いでした。

    娘婿のお兄さんからは昨夜ラインがあり、
    急な申し出ですぐには返事できないだろうから急がないで欲しいということ
    長女の小学校入学まではまだ3年あり、入学の前年までに決めてもらえれば問題ないこと。
    孫を引き取った後疎遠になるような事は絶対にしない、弟がいたらしたであろう孝行はさせて欲しい。
    祖父母としていつまでも傍にいてもらえたらと思っていると書いてくれていました。

    皆様が心配されているように私もお嫁さんのことが気掛かりでした。
    ですが今朝郵便受けを見ると手紙が。

    娘婿のお兄さんのお嫁さんからでした。
    孫達への思いや私達への思い、今回の決断に至るまでの経緯や現在の気持ちが綴られていました。
    お嫁さんのご両親も納得されており、実孫と同じに可愛がらせて欲しい、5人の孫達には祖父母が6人になるんだねと話してくださっていると知りました。
    本当に有難いです。

    ユーザーID:1912568592

  • ありがとうございます。

    皆さまありがとうございます。

    娘婿のお兄さんに託すこと、頭の中では答えは出ています。
    夫も「有難いな」と涙していました。

    娘婿兄嫁さんは引き取る事になったら下の2歳のお子さんが小学校入学までは休職されるそうです。
    子供達との時間を多く取りたいのでと書かれていました。

    このタイミングでの申し出。
    時期を見ていてくれたようです。
    子供達を引き取った時私達はすでに70過ぎ、どんなに想いがあってもいずれは難しくなるだろうと二人で話し合い厳しくなってきた時に孫達が不安を感じずやって来られるよう、私達が心配せずに任せられるように関係を築いてきてくれたのだと知りました。
    何事もなければ見守り続けられたらと思っていてくれたそうです。
    思えばこれまでも沢山助けてもらいました。
    毎月来てくれるので夫の病気のことは知っています、職業柄相談にも親身になってくれプロの目で見てこれ以上は厳しいと判断されたのだと思います。

    お金のお話をされている方がいましたが、あちらのご両親から毎月養育費を頂いていました。
    おおよその必要な金額を出し我が家と折半の予定でしたがいつも多めに入金してくださっていました。
    お返ししたいと電話をすると「こちらは世話をしたくても何も手伝えない、それなのに会いに連れて来ていただいて申し訳ない。世話できない分気持ち程度ですが」と言ってくださっていました。
    両家で出し合った養育費の残りは孫達にかかった分以外は全額貯蓄してあります、娘婿兄に渡そうと思います。
    毎月養育費を払うと言ったのですが断られてしまったのでせめて受け取ってもらえたらと思っています。

    情けない話ですがどうしても急に孫達が家からいなくなる事に耐えられそうにありません。
    お兄さんと相談しレスにあったような形で週末のお泊りなどから徐々に慣らしていかせて貰えたらとお願いしてみようと思います。

    ユーザーID:1912568592

  • ありがとうございます。

    皆さまありがとうございます。

    年末に返事をさせていただき、順調にいけば今年秋ころから孫達はお兄さんのところで暮らすことになりました。

    クリスマス、大晦日、お正月は我が家に娘婿のご両親、お兄さん家族が来てくれ一緒に過ごす事ができ、とても楽しい時間となりました。
    お嫁さんのご両親もご挨拶に来てくださり初めてお会いしましたがとても優しそうな素敵な方でした。

    お嫁さんに、
    「来年からも今度は我が家で一緒に過ごしてくださいね」と言ってもらい本当に有り難かったです。

    匿名様のおっしゃる通りお兄さんは医療人ですが臨床医ではありません。
    お嫁さんは医療関係ではない職に就かれています。

    娘が亡くなった4年前から孫達のことを考えてくれており、引越しなどに向けいざという時早く動けるよう準備してくれていたようです。

    お兄さん家族は毎月遊びに来てくれていましたが小さな子供達が5人もいるとお嫁さんとじっくり話す機会はほとんどありませんでした。
    今回話をする機会があり沢山のことを聞く事ができました。

    入籍後悩みを抱え辛い時期があったらしくその際に娘が相談役になっていたこと。
    冗談ではあったけれど「夫達は頼りないから万が一の時はお義姉さんお願いしますねー」「こちらこそー」と笑って話した事があったそうです。
    娘婿の病気発覚前でまさか現実になるとは思っていなかったと涙ながらに話してくれました。

    秋までは隔週でお兄さんの家に泊まりに行く予定です。
    孫達はとても楽しみなようで「あのおもちゃ持っていく」「あれして遊ぶ」と計画しています。

    来月あちらのお父様と私、お兄さんご夫婦で新居の候補地を見にいく予定です。
    是非一緒にと言っていただきました。

    まだ寂しい気持ちの方が強いですが少しずつ切り替えていこうと思います。
    皆さまありがとうございました。

    ユーザーID:1912568592

  • ご無沙汰しております。

    トピ投稿時沢山のレスを頂き本当にありがとうございました。

    娘婿兄の新居が夏に完成し、今月から孫たちがあちらでの生活をスタートさせました。
    現在は週末に我が家へ遊びにきてくれています。

    新居は土地選びの関係から我が家から車で10分ほどの場所に決まり、子供達それぞの個室もありとても快適そうです。

    最初は隔週で、新居完成後は毎週末、学校が再開してからは金曜日夜から月曜日朝まであちらで過ごし平日はこちらにという風に徐々に生活を移して行きました。

    娘婿兄の子供ともとても仲良く過ごしている姿にほっとしております。

    夏には家族旅行に誘ってもらい夫婦で参加してきました。
    夫の病状も一時よりはかなり良くなり現在は通院治療のみとなっています。

    今月は孫の誕生日があり、お誕生日会があるようです。
    娘婿兄に孫の事を任せるようになり皆様のご意見が本当に身に染みてわかるようになりました。
    誕生日会にしても、もちろんお祝いはしてきましたが同級生を招いての会を開いた事はなく、また招かれる事も少なかったように思います。
    先日こちらから話題にし知った事ですがやはりキャンプやバーベキュー、プール、スキーなどの遊びは誘っていいものか躊躇してしまっていたと孫の同級生の親御さんから聞きました。
    誕生日会にしても送迎などの手間を考えると声をかけて良いのか分からなくて、と。

    娘婿兄のお嫁さんはとても社交的な子で、嫌味もなく明るく気さくだからでしょう。
    まるで昔からいたかのように地元にも馴染んでいます。娘婿兄の同級生達が気を配ってくれているところもあると思いますがそんな若い世代の交流を見ていると温かい気持ちと感謝でいっぱいになります。

    皆様には本当に温かいご意見を沢山頂き感謝してもしきれません。
    託して良かったと心から感じています。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:1912568592

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧