• ホーム
  • 話題
  • ボヘミアンラプソディー何回観ましたか?

ボヘミアンラプソディー何回観ましたか?

レス29
(トピ主3
お気に入り68

生活・身近な話題

ボヘこ

今この映画のランキング・観客動員数が凄いことになっていますね。

まわりで話を聞くと3回観に行った方が多かったのですが、皆さま何回観ましたか?

ちなみに私は1回で、先に観た知り合いから細部まで説明をしてもらって、帰ってから動画サイトでライブ映像を見直しました!

知り合いの1人は、最初ランキングで興味を持って観て、次色々調べてから観直して、3回目はもう1回どうしても観に行きたくなったそうです。

ユーザーID:9441809231

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一回だけみました

    休みの日に一人で観にいきました
    最後のほうは、思わず涙が出てしまいましたよ
    映画館をでて、自宅に帰ってから、ライヴエイドの動画をみて、また感慨にふけりました
    知りあいの男性はもう5回以上観たそうです

    フレディ・マーキュリーがとってもいとおしくなりました
    で、思わずクイーンのジュエルズというアルバムをAmazonで購入してしまいました

    ユーザーID:3473022329

  • 在外ですが

    在住国で一回観ました。結構人は入っていたけれど日本程騒がれていないと思います。

    トピのタイトル、すごいですね。「ボヘミアンラプソディーを観ましたか」ではなくて「何回観ましたか」って。実際「もう〇回見ました」と街でのインタビューに答えている人も何人かいましたけれど。

    映画は良かったです。最後のライブエイドは鳥肌ものでした。後でYouotubeで観てみましたが、ピアノの上の飲み物の配置も同じ。フレディが弾き語りの為に椅子に座る時ポンと椅子を叩いてから座ったのまで同じでした。細部まで忠実に再現しているなあと感心しました。
    フレディ役の役者さんも最後は魂が乗り移ったかのようでしたね。

    ユーザーID:0494775207

  • ライブエイドのシーン

    >フレディ役の役者さんも最後は魂が乗り移ったかのようでしたね。

    実際は、映画のクランクインがライブエイドのシーンだったそうです。
    つまり、あのシーンは初日から撮ったと。
    それを聞いて心底驚きました。
    Rami Malekさんが「あのシーンだダメだったら、他のを撮る前に役者を変えようと思ったんじゃないか」と笑って話していました。

    役者さんって、すごいですね!

    ちなみに3回観ました。
    音楽の力を感じました!

    ユーザーID:3382420346

  • 今日、二回目行きます!

    ボヘミアン・ラプソディー、感動ですよね!
    ドイツ在住なのですが、主人と見に行き二人で感動しました。
    映画の後はずっと動画や音楽にどっぷりはまってます。
    色々クイーンの事を知るにつれ、またどうしても見たくなり主人を
    誘ったら良いよと言われたので早速座席を予約しました。
    二回目は泣いてしまう予感がしてます。
    クリスマス明けに日本に帰るので、まだ上映してたら姉を誘って行こうかな?と
    思ってます。
    そしたら三回目になりますね。笑
    こんなに何度も映画館で見たいと思った作品は初めてです。

    ユーザーID:9439696644

  • 8回目、行ってきましたー

    中学生の頃、Do They Know Its Christmas?が
    発売され、学校で3人しかいなかった洋楽好きで
    そっからのライブエイド決定までのわくわく感は、
    ワタシの青春、ど真ん中です。
    そんなライブエイドで初めて生で歌ってるのを聞いたのが
    Queenでした。

    この映画は、そんな青春ど真ん中のワタシが、
    当時、チャンネル権も録画機能もなかった、
    昭和のワタシが、「よかったねー、いい時代になったねー」って
    大喜びしてるんです。
    何度見ても、次はいつ行こうかな〜って思っちゃいます。

    今年は、Do They Know Its Christmas?、
    どっかで流れないかなーって、期待してたんですけど、
    まだ聞けてません。
    ライブエイドの動画、検索して見てくださいーー。
    フレディさんがさりげなくセンターにいます(笑)

    ユーザーID:5099577000

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • One Vision ライブエイドその後

    2回見ましたが、年末年始に後2回は見たいと思っています。

    さて、タイトルについてですが、ライブエイドで結束が固まった後、
    One Visionという曲が制作されました。この制作風景が見られるビデオがいくつか公開されています。
    One Vision extended、Making of One Vision、One Vision Documentaryなどです。

    生き生きとしたフレディが見られます。こんな風に曲が作られていたのかと知ることで胸が熱くなります。
    情熱、こだわり、友情が感じられます。フレディの魅力の虜になること間違いなしです。
    ビデオを見ながらこちらも飛び跳ねてしまいますが、最後にはどうしても泣いてしまいますね。

    ユーザーID:9044156614

  • コメントありがとうございます

    コメントいただきました皆様ありがとうございます。

    11/22のジャガーさんのトピも拝見し、
    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2018/1122/874132.htm?g=01

    何とも沢山の方が感動されて、また観たくなり複数回映画館に足を運ばれていて、これぞクイーン魅力なのだと再認識しました!
    映画館で大画面、サラウンドな音響で観るとライブ映像も迫力を感じます。

    興行収入6億ドル超え、バンドを題材にした映画としてはNo.1の観客動員数だそうです。
    バンドの秘話、歌のバックグラウンド、観なければ知ることも無かったでしょう。

    久しぶりに観る価値を感じた映画です。

    ユーザーID:9441809231

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 本日6回目、応援上映行ってきます!

    クイーン全盛期の時は何となくキワモノ的な感じがしてスルーしていました。
    ただ曲は知っていたし、ライブエイドも当時テレビで見ましたので、
    あの時代の懐かしさから映画館に足を運んだのですが、行って良かったと心底思いました。

    それ以降、曲を聴きまくりクイーンやフレディの事を検索しまくる毎日です。

    観終わった後またすぐに、何度でも観に行きたくなる感動の映画です。
    今日の応援上映も声が枯れるくらい一緒に歌ってきます!

    ユーザーID:8847537593

  • 8回!!!

    引き続きコメントいただきました皆様ありがとうございます。

    まゆさんの8回が聞いた中では最高ですが、まだ上映は続くようですので、この年末年始でさらに記録を更新される方もいらっしゃると思います。

    知人たちもまだまだQUEEN中毒から抜けていません。
    私も久々にアルバムを引っ張り出して大音響で楽しみました。
    歌いながら、映画のシーンが思い出し、また観に行きたいと思いました!

    ユーザーID:9441809231

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 引かれるカモですが…

    8回言うても、ワタシ、初回は11月24日なんです。
    ツレの仕事の都合で、ずーっと行けず、
    申し訳ないけど、24日は絶対行きたいから
    この日に行けんかったらひとりで行くからね!
    って、やーーっと叶った24日。
    ヒートテックのタートルが搾れるくらい
    泣いちゃいました(笑)
    (もんのすごく冷たかったです)

    そっからの1週間で3回、なんやかんやで
    重ねてっての8回です。

    中学生の頃も、地元(長崎)で、
    図書館に行くって言うて、
    もんのすごい山道を頑張って歩いて
    バス代ケチって買ってたビバロック(笑)

    今も、1ミリも成長してません。

    年が明けたら福岡で始まる、
    ドルピーシアターで1回、
    まだチケット取れてないけど
    大阪である爆音上映、
    そして、たーぶんまだやってると思う
    万博記念公園のエキスポシティのデカいIMAX!
    2桁越え決定です。

    オトナっていいですねー。
    親を騙して金をカキ集めなくても
    全力で使えるなんて!

    普段は、映画なんて全然行かないし
    生活必需品以外の出費なんて
    めーーったいしないんですけど、
    ワタシってば、極端だなぁーって、
    改めて思います♪

    ユーザーID:5099577000

  • まだ6回

    初期QUEENのファンです。
    時系列の違いや、フィクションが入っているせいか、決して「感動」はしないのですが、あの映画には不思議な中毒性がありますね。

    初見後はYoutubeで毎日のようにQUEEN関連の動画を漁りまくり。「QUEEN病」に罹患しました。

    今のところ6回見に行っています。上映が続く限り、レディースデイ=ボヘミアン・ラプソディを見る日と決めて見続ける予定です。

    ユーザーID:3651501232

  • 9回目を予約しました

    年代的にリアルではフレディの顔と名前くらいしか知らなかった私ですが、ロックが好きだからという理由で観てみたらドハマリ!
    これは素晴らしい映画だから色んな方法で観たい!と思い、
    ドルビーアトモス・4DX・爆音・応援を各1回、2DとIMAXを2回ずつ観ました。
    年末年始期間は都内では1日18回上映という劇場もあるようですし、公開中にまだ数回は行くと思います♪

    ユーザーID:6424060172

  • 元旦に行きました

    昨日、元旦にひとりで行ってきました。田舎町の映画館なのですが、座席がすべて埋まるくらいのすごい人でした。リアルタイムで聴いたはずの中高年は意外に少なく、若い人が多かったかな。

    私はもう50代で、1970年代後半から80年代にかけて東京で暮らしていました。なのでクイーンをリアルタイムで聴くことができたはずです。あの頃私は、アバや60年代のカーペンターズやサイモン&ガーファンクルを聴いていました。

    映画は思った通りの感動でした。やはり最後のライブエイドは涙がでました。

    もう一度休み中に友達と行こうと思っています。

    ユーザーID:0099324765

  • 遅ればせながら観てきました

    トピ題にお答えすると一回目です。

    自分は兄がレコード盤をリアルタイムで聴いていた世代です。この映画のおかげで長年の疑問が解けました。

    70年代、当時自分は中学生だったのですが、ボヘミアンラプソディーのあまりに荘厳で重厚なサウンドに自分は「この演奏はオーケストラがしとうちゃろ?」(オーケストラの演奏だよね?)

    兄は「全部QUEENがやってる」となぜか自慢げに言ってたことを思い出しました。

    映画の中で音を何度も重ね録りするシーンを見て納得しました。

    それにボヘミアンラプソディーの高音部分「マママミアマママ・・・」がロジャーが歌っていたとは驚きでした。ロジャーの俳優さん、ご本人そっくりでした。

    映画の時は若い人もいましたが、大人世代がダントツ多かったです。エンドロールが終わり館内が点灯されるまで席を立つ人はいませんでした。

    長年の謎と疑問が解けました。素晴らしい音楽をQUEENありがとう。永遠に聴き継がれてほしいです。

    ユーザーID:6366775098

  • 11回観ました。

    11回泣きました。
    フレデリーの、何とも言えない孤独感に惹かれます。
    ライブエイドのステージに上がる時、両手を広げてポンポンとジャンプして、スロープを駆け上がるシーンが、一番好きです。
    そのシーンを観たくて映画館に行きます。
    これからも。

    ユーザーID:9186183457

  • 2回見ました

    最初は公開初日に。2度目は臨場感を味わいたくてスクリーンX(3画面上映)で。

    レコードを買っては擦り切れるほど聞きまくったあの頃。Queen人気の皮切りは日本だとちかごろの報道で知り、私もその一人だったのか!?と勝手にうれしくなってます。

    映画館からは何年も遠のいてましたので、レディースデイはいつかしら?と調べたらいつの間にかシニア割引をしていただける年になってて、苦笑いです。

    ユーザーID:0212081427

  • 12回です。

    12回です。
    今風邪で寝込んでます。

    ユーザーID:4198978909

  • 本日

    本日、5回目のボ・ラプでした。
    一度目見たときはそんなに感激しなかったのですが
    「応援、発声OK上演」に興味があり二度目へ。
    そこでの一体感に感激、感動。
    ここまで心を動かす映画があるだろうか。と3度目はIMAXで。
    そして再び「応援」上映。
    そして、本日IMAXです。
    観るたびいろいろな発見、胸アツシーンの連続。
    最後は涙が流れて、家につけばネットで映像探し。
    フレディ本人のライブエイドのシーンを見るたび、観客がうらやましくてしかたない!

    たぶん、まだまだボ・ラプ行きます。
    ディーキーラブです。

    ユーザーID:1809612608

  • 元旦に3度目

    今まで複数回足を運んだ映画は「オーケストラ!」の4回ですが、「ボヘミアンラプソディー」は超えるかも。
    どちらも音楽が素晴らしい、感動的な映画です。
    リアル世代で、高校大学には必ずファンがいましたが、その頃は大好きと言う程ではありませんでした。
    当時はビジュアル系としてもてはやされていたからかな?
    英国の批評家は「日本人は騙せても我々には通用しない」とまで酷評していましたが、
    うねるようなギターと重厚で不思議な響きのコーラス、
    何と言ってもフレディの美しい声と幅広い表現力はジャンルを超えた魅力がありました。
    CMや映画音楽でしばしば耳にしているうちにもっと聴きたくなり、
    10年位前にCDのグレイテスト・ヒッツ3枚組を買いました。
    ペルシャ系のフレディが何度か「パキ」と呼ばれていますが、
    私も欧州在住のアジア人として似たような経験があるので、
    クイーン結成初めてのライブでヤジを飛ばした客が彼の歌に唖然とする場面には心踊りました。
    数々の名曲がどのように作られたかを垣間見る事もできて非常に興味深かったです。

    ユーザーID:6100805160

  • 3回です。

    1回目は高校生の娘と行きました。前から3列目の端しか空いておらずそこからの鑑賞でしたが娘と感動の涙を流し・・・

    2回目も娘と今度は真ん中を予約して行きまた感動

    3回目は、私が住む田舎にも年末にやっと応援上演がありワクワクしながら行きました・・・しかし、観客は3分の1程の入りで県民性ですね恐れていた通り「えーっ、いつ盛り上がるの」って感じでライブエイドの時にやっとパラパラと手拍子が聞こえてきました。後ろの方からかすかに歌声も聞こえましたが、テレビで見た応援上映には程遠く、感動とは別の涙が出そうになりました。

    4回めは、出来る事なら、合唱し、足も鳴らして、一体感のある応援上映に行きたいです。

    ユーザーID:6391321679

  • 2回目行ってきました

    友達と行きました。2回目のほうが感動しました。私も、感動を共にする他の観客の皆さんとの一体感がほしいです。見ている人の反応がいま一つでした。田舎町の映画館だから仕方ないのかな、、

    クイーンのCD「ジュエル」を注文しようと思っています。

    ユーザーID:0099324765

  • 2桁突破とは!!

    引き続き、皆様のご投稿ありがとうございます。

    年末年始の間に、2桁突破された方、まだまだ観に行かれる予定の方、皆様の愛溢れるコメントにうなづくばかりです!

    QUEEN病に罹患した知人の”2回観てるのっておかしいかな?”コメントからトピ立てして伺ってみましたが、今や日本での興行収入は84億円を突破、全米除く世界ランキングで1位を記録。リピ観されてる方も多く、日本人のQUEEN愛は止まりませんね。

    映画としてもゴールデングローブ賞2冠獲得と、映画そのものと俳優さんへの評価も当然と思います。

    やっぱりIMAX、4D、大音響で観るとさらにグッとくるようですね。
    この週末が楽しみです。

    ユーザーID:9441809231

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 遅ればせながら

    1970年代 80年代は カーペンターズやジョンデンバーのような のどかな曲を好んで聴いていました。(今でも好きですよ。)
    ロックなんて 不良じみたやつの聴くもんだなんて決めつけてて。 
    関係者及びファンの皆さん 申し訳ありませんでした。 

    自分「♪ズンズンチャッ ズンズンチャッ わらわら わらわら ろっくゆー♪ってあれ クイーンの曲なんだ〜。
       ウイーアーザ チャンピオンも? 昔、飲料のコマーシャルで聞いたことあるような。
       外国のちょっと前のロックバンド? もしかして歌舞伎みたいな化粧してる外国人さんたち?」

    友人たち「いや それはK!SSていう別のバンド((一同爆笑)」

    ・・・てなレベルの自分が語ります、すみません。

    混雑が苦手なので 映画館が空いているであろう平日午前に見に行きました。
    品川の映画館。観客は 20人ほど ほとんど50〜60代の白髪まじりの御夫婦。 
    やったー 空いている。

    しかし それは すぐ後悔に変わった。
    な〜んにも分からない自分ですが スポーツの応援よろしく
    声を上げ 足踏みならし 手を振り上げたくなった。体かそう反応するんだ。
    熱狂した雰囲気の中で見れば良かった。

    体と心が震えた。音楽の脈打つ強さ。フレディーマキュリーの奇想天外な発想 自己主張と強さ 
    相反するピュアでナイーブな孤独感 周囲の人々とのつながり・・・
    ああ、文字にすると どうも陳腐になってしまう。

    そして二つ目の後悔の 怒涛の波。
    どうしてフレディーマーキュリーが生きている時に もっと関心を持たなかったのだろう。
    同じ時代に生きてたのにもったいない、くやしい。

    てなわけで 明日もう一回観に行きます。

    ユーザーID:9105749211

  • 1回です

    筋金入りのファンです。映画はもちろん観ました。
    こんな社会現象になるなんて。仲間ができたようで嬉しいです。
    ですが、今特集されている映像やライブエイド、貴重と言われているもの全て
    既に知り尽くしている、見尽くしているものばかりです。
    私は映画では泣きませんでしたが、改めて残った3人のメンバーが歌った
    「No one but you.」
    を自宅で観て、久しぶりにフレディのために、メンバーのために泣きました。
    観たことのない映像が見たい、でももう2度と観ることはできない。
    本当に残念です。

    ユーザーID:8439053867

  • Queenファンでよかった

    応援上映 2回、screenX2回、IMAX2回、爆音上映1回の計7回行きました。
    さすがにもういいかなと思っていたら、スタンディングOKの応援上映をやると知ってまた行ってきます。
    若い頃に行ったフィルムコンサートを思い出します。

    あれから27年もたっているのにまたこんなに盛り上がれるなんて、ファン冥利につきます。
    ありがとうフレディ!

    ユーザーID:9635174857

  • 5回

    昨年5回観ました。
    先週まだやっていたので観に行こうかとも思いましたが
    別の映画を観て、反省・・・
    来週まだ、やってたら、6回目を観に行きます。
    ボヘミアンラプソディーやってる限り、他の映画は観ません。

    ユーザーID:7265843117

  • やっと今日見てきました

     楽しい映画でした。
     フレディの家族がいいですね。
     フレディがリムジンに乗っていても
     家族はずっとロンドンのこじんまりした家で
     慎ましく暮らしていていいなあと思いました。

    ユーザーID:3385688558

  • 13回目…

    昨年12回観て風邪を引き、1ケ月間映画館から足が遠のきました。
    2月に入ってやっと13回目にたどり着きました。
    やはり良いと思うのは、気持ちが10代(中学時代)に戻れる事でしょうか。
    当時聴いていた曲はわずか2、3曲なのですが・・・

    さすがに今回涙はなかったですが、初回鑑賞時の爽やかさがパワーアップして蘇りました。
    12月と今の違いは、「フィクションの映画」が「リアルなドキュメント」として取り込まれたと言う所かな?

    1991年当時の世間の冷たい扱いが(差別も偏見もあったろう)
    今のヒットに繋がっている気がしてなりません。
    私自身、突き付けられる思いがします。

    ユーザーID:4198978909

  • 連続レス済みません

    トピ主さん仰るQueen病長期罹患患者です。
    15回目行きました。
    映画館は1日1回上映であるにも関わらず、逆に混んでいたようです。
    泣くつもりはなかったのですが、ライブエイドの練習後にフレディがエイズであることを告白するシーンで
    周囲につられて泣いてしまいました。

    ライブエイドの本番4曲全てがそれぞれこの映画のメッセージになっていると思います。
    個人的に hammer to fall のメッセージが一番わかりやすく気に入っています。

    Here we stand or here we fall
    History won’t care at all
    (字幕)俺たちの生死など歴史は気にしちゃいない

    ユーザーID:4198978909

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧