パーソナルカラーと思い入れ

レス15
お気に入り26

夏の人

こんにちは。

先日、対面でパーソナルカラー診断を受け、私はブルーベース夏と言われました。

鏡の前で布を当てながら自分でも実際に見たので、結果には納得しています。


ところで私は和服が好きです。が、手持ちの着物は圧倒的に秋カラーが多いのです。
自分で買ったものもありますが、親のものを仕立て直したものも多く、気に入っていますし、思い入れもあります。

パーソナルカラー講師の方にはレンガ、カーキ、辛子色、金茶色などは似合わない、くすんで老けて見えると言われました。特に黄八丈などは全く似合わない。「残念でしたね」とまで言われてしまいました。

黄八丈は母のものを仕立て直したのを一枚持っていて、悉皆屋さんに「こんな黄八丈は、もう手に入らないから大切に、たくさん着てやってね」と言われたものです。他の秋カラーのものも含め、パーソナルカラーは気にせず着ようと思います。

似合わなくても好きなものは着てやるぅ、という決意でした。


でも、夏カラーの着物って、訪問着などのフォーマル以外はあまりないような気がします。

ユーザーID:9711768048

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数15

レスする
  • あー、それ分かります

    自分の好きな色とパーソナルカラーが違うのって困りますよね。
    私も好きな色が冬系なのに、パーソナルカラーは春らしいです。
    嘘でしょー!
    って腹が立ったわ。

    着物の事は分かりませんが、顔まわりを特に何とかしたら良いらしいので
    半襟を夏にする。
    補色すぎて危険かな。
    ショールとか鞄を夏にする。

    それぐらいで勘弁して欲しいですね。
    気にせず好きな色を着るで良いと思います。

    ユーザーID:5033764747

  • 思い入れ という貴方だけの色!

    パーソナルカラーは、自分の良さを最大限に引き出す事の出来る大切な基準だと思います。

    でも、それ以上に貴方の仰る「似合わなくても好きなものは着てやるぅ、という決意でした。」という思いこそが一番重要だと思いますよ!トピさんの決意に賛成です!

    着物は洋服よりも柄や構造が複雑なので、上手くさし色とか使うなど、ちょっとした工夫でサマータイプに似合わない色味も攻略できると思いますよ。そのあたりをもう少し研究すると良いかも知れません。あとは、化粧、髪型、髪の色、歩き方や姿勢、所作などを工夫されて、老けて見られないように見せるコツを探すなどすると良いと思います。

    お母様もお喜びになるでしょう。どうぞ、その思い入れの着物を素敵に着こなして下さいね!

    ユーザーID:8507997478

  • 私も同じです

    わかりやすいブルーベースと言われます。
    サマーといわれていてその通り、薄紫の着物はとても似合います。
    でも、辛子色や柿色の着物を母に作ってもらいました。
    残念ながらそのまま顔に合わせると今ひとつかなと思いますが半衿があるので
    なんとかなりますよ。そんなに似合わなくないと思います。意外な色合わせを試してみては?

    ユーザーID:1276136524

  • 追記

    トピ主です。念のため

    パーソナルカラー診断は和服選びのためではなく、洋服選びの参考にしようと思って受けました。話の流れで、「私の持っている着物、秋のカラーばかりです」と言ったら「残念でした。あなたには全然似合いません」という流れです。

    洋服選びの参考にはなりました。

    ユーザーID:9711768048

  • 半襟を

    似たようなコメントが多くなると思いますが、半襟をうまく使うといいと思います。
    白い襟は顔色を明るくするレフ板の役割であるように、襟がワンクッションあるので着物の色に関してはパーソナルカラーは洋服ほど厳しく考えなくていいと聞きました。
    とくに遊び心のある着物であれば、指し色のようにブルベ系の半襟で遊んでみられては?
    私もイエベの春ですが、着物は心惹かれる好きなものを楽しんでいます。

    ユーザーID:5331795805

  • 色はアクセントの色次第で、生えるかどうか決まります。

    あなたは、カラーパーソナルトレイナーの言う事を聞く必要は有りません。
    アジア人である日本人には、どちらかと言えば寒色系のブルーよりも、
    暖色系の方が肌の色にコーデして自然です。

    黄八丈の着物をどんどん着れば良いと思います。
    付け襟に赤系の色を使えば、肌がくすんで見える事は有りません。
    帯の色も同じ事です。

    他の着物の色でも同じ事です。
    襟にアクセントになる色を使えば、いくらでも顔を引き立てる事が出来ますよ。

    要は、着物の色を引き立てる襟や帯を選ぶ事で顔がくすむかどうかが決まります。
    折角の親御さんの着物、カラーコーディネートを上手にして着こなして下さい。

    ユーザーID:3089863346

  • 半襟

    着物は顔に近い所に白い半襟があるので大丈夫。
    着物は帯や小物で雰囲気が変わります、部屋に並べて考えるのも楽しみです。
    もうすぐお正月、トピ主さんはどの着物を着られのでしょうか?

    ユーザーID:8394353948

  • 私はサマーカラー好きのオータムベース

    こんにちは。

    私と全く逆なのでつい「面白い」をポチしてしまったのですが「興味深い」と言う意味です。これ取り消せないんですよね…不快に思われたらすみません。

    私はタイトル通り好きなカラーは圧倒的にサマーカラーなのですが、パーソナルカラー診断を受けたらオータムと言われました。自分でも気付いてはいたのですが、鏡の前で布を当てたら一目瞭然でしたので納得しました。


    若い頃は好きなサマーカラーの服を着てもそんなに違和感がなかったのですが、40歳を過ぎてから合わせる色でものすごく老けて見えたり、逆にすごく顔色が良く見えたりするので最近はオータムカラーの中でも自分の好きな色を選んで着るようにしています。どうしてもサマーカラーの服を着たいときはボトムスにしてトップスや首元にオータムカラーを取り入れたりしています。


    ただ私は趣味で楽器を演奏していて年に一度発表会があるのですが、好きな曲がサマーカラーの衣装が合うような曲ばかりなのです。ドレスかワンピースなのでトップスだけを変えることもできず…本当にトピ主さんと逆だったら良かったのにと思ってしまいます。

    ちなみに日本人はサマーが一番多くオータムが一番少ないらしいですが、だったら尚更着物はサマーカラーが多くでもいいと思うのですよね。

    和服は詳しくないのですが合わせる物などでお気に入りの着物を素敵に着こなせると良いですね。やっぱり好きな色の物を着るのが一番です!

    ユーザーID:2679593639

  • パーソナルカラーについて

    今日は、トピを拝見しました。
    お母様の残された着物を大切に着る・・・
    今の時代に、とても素敵な価値観ですね。

    ところでパーソナルカラーについてですが、
    私も書籍を買って自己診断したところ、
    パーソナルカラーは「春」でした。

    それで、黄色や橙色などのニットを
    買って「春」に近づけようと頑張ってみました。

    でも、着る色としては自分が好きじゃないので、
    結局、長続きしませんでした。
    (私はワインレッドやグレー、白、紺色など、
    「冬」っぽい色が好きです)

    もう人から見て似合う色じゃなくていいから、
    自分が落ち着けて、自分らしくいられる色が、
    一番だと思いました。
    そもそも、そこまで印象に影響するとも
    思えませんし・・・。

    パーソナルカラーもそうですが、
    風水や占いなど、自分の行動を縛るものは、
    もう関わらないことにしました。
    「そんなの、カンケーね〜!」です・笑

    ユーザーID:3991058348

  • 着物は半襟が入るので、緩衝材になると思います。

    直接充てた場合は顔色がくすむのかもしれませんが。

    黄八丈いいですね。竹久夢二みたいなやつでしょうか。

    パーソナルカラーって日本ではそれほど流行らないのは、日本人も一応分類できるけど、様々な人種がいるアメリカに比べ、肌の色の幅が狭く、他のシーズンを選んでもあまりひどくならないからではないか、と思っています。

    ましてや半襟を挟む着物なら、好きなものを着た方がいいですよ。

    ユーザーID:6327329479

  • オシャレ・センスとパーソナルカラーは関係ない

    パーソナルカラーを知るのは良いことと思いますが、オシャレとは関係ないと思います。
    真っピンクの色が似合ったとしても、センスがいいかと言われるとちょっと、、、ね。。

    手持ちのお着物もいままでどおり楽しんでいいと思いますよ。

    ユーザーID:6277631314

  • 工夫次第でOK

    パーソナルカラー診断、私も受けたことがあります。
    意外だったり新しい発見があったりしますよね。

    私は秋色が好きで良く着ていたのですが、診断結果は「冬」。
    確かに似合いました(笑)。

    その時の先生のアドバイスが「着たい色があるなら、似合うようにすればいいのよ。」でした。
    先生自身は「秋」なのですが「冬」の服が好きなので、髪の色を黒くしてすっきりシャープなショートカットに、
    化粧で「冬」の肌や色合いに持っていく。
    服は顔から遠いところに「冬」の色をたっぷり使う、など対策を教えてくれました。

    「似合わなくても好きなものは着てやる、という決意でした。」
    これこれ。この心意気ですよ。工夫次第で似合わせられますよ〜。

    ユーザーID:2503304156

  • 半衿の効果

    黄八丈、輝く苅安の美しさにうっとりします。
    刈安のお色はくすんだ秋色ではなく、澄んだお色、サマータイプにもお似合いになるかと思います。
    その黄八丈をお召しになって、お似合いになる色や素材感の半襟をお選びくださいませ。
    ただの一素人の妄想ですが、主様がお若いお嬢様でしたら、きっときりりとした氷のような純白の塩瀬がお似合いになるでしょうし、
    もしもう少し大人の女性なら、ほんの少し藍と墨を落としたような色の縮緬が肌馴染みが良くなってくるかもしれませんし、
    もっと人生経験を重ねてきたら、江戸時代に黄八丈に黒繻子を掛けて粋に着こなしていたように、深い深いお色もしっくりくるでしょう。
    逆にレフ版効果を狙って年と共に白襟をたっぷり出すのもお顔が明るくなって素敵です。

    帯合わせ然り。
    黄八丈に朱の帯を合わせて可愛らしさ演出するのもいいし、
    黒繻子の帯をたっぷりと結んだように粋な着こなしも憧れます。
    博多帯も格好良いでしょうね。

    草木染のお着物の深いお色だって、泥染めだって、パーソナルカラーが秋の人の物だけではありません。
    半衿や、羽織物や、帯や、小物、着こなし次第です。
    私は牡丹色など彩度の高い冬色が似あいますが、
    半衿などを工夫して草木染も泥染めも祖母や母のお下がりもこよなく愛しております。

    どうぞ、思うままに楽しんで着こなして下さいませ。

    ユーザーID:1784019906

  • 皆さんありがとうございます

    トピ主です。

    好きなもの、思い入れのあるものを着てOK、半襟があるから大丈夫!と励ましてくださり、ありがとうございます!

    若い頃作ってもらった朱赤や金茶の着物も似合っていたと思っていたんだけど、おかしいなあ、と、思っています。若いからごまかせていたのでしょうか。

    夏カラーの半襟やショールを工夫してみますね。


    昨日、お正月に着る予定の着物を出しました。もとは祖母のものだった産地不明の紬を着ます。やっぱり濃い茶色の秋カラーです。

    ユーザーID:9711768048

  • 洋服と和服は違うみたい

    コテコテ秋カラーです。
    洋服は確かに秋カラーしか似合いません。
    1色でもほかの季節の色が入ると違和感アリアリ。
    診断してもらうまでは夏カラーばかり着ていたので「不健康そう」「いつも倒れそう」と言われていました。
    秋カラーと分かったので、洋服は全入れ替えしました。

    和服も秋カラーで揃えましたが、なんか違うぞ。どうなってるんだ。

    若いころは秋カラー和服だと老け込んで見えて、何でなのーっ、何が間違ってるのーって思いました。
    自分では着られないので、今着物たちはタンスの肥やしになっていますが、どうやら和服と洋服では「似合う色が違う」こともあるみたい。
    少なくとも私はそうでした。

    幸い和服は、帯揚等々の小物がいい仕事します。
    だから、小物に似合う色を持ってくるだけでパーン!と印象が変わります。
    お持ちの着物は全部お似合いになるのではないでしょうか
    着物を譲られる、着られる技術がある。とても羨ましいです。

    是非是非着こなして私に眼福を。プリーズ。

    ユーザーID:3885387559

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧