これからの時代に外国語を取得すること、自動翻訳機で充分?

レス68
お気に入り151

みーみ

学ぶ

こんにちは。
先日、小学生の姪っ子に「あと数年もすれば自動翻訳機が普及するから、英語とか勉強する意味ないと思う」というようなことを言われました。

私(アラフォー)は、英語ができれば世界が広がると言われ、一生懸命英語を勉強した世代です。

言語を学ぶというのは、たんに読み書きと聞く話すができるということだけではなく、その言語を使う文化を学び理解しようとすることだと思うので、まったく無意味とは思いません。

ですが、海外旅行や日本で外国の方に道を聞かれるレベルでしたら、たしかに、近い将来(2020年?)には自動翻訳機が実用化しているような気もします。

私は現在、ビジネスで困らない程度の英語と中国語が仕事の役にたっていて、それなりのお給料をいただけていますが、その程度の語学力では強みにならない時代がすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

なにを目的に外国語を学ぶのか・・・考えないといけないのかも。

これからの時代の外国語取得の意義、自動翻訳機について、いまどきの外国語教育についてなど、いろいろなご意見や知見をお聞かせいただけると嬉しいです。

ユーザーID:7630389721

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数68

レスする
  • 言語はコミュニケーション ツール

    海外小町です。
    私も数カ国語を話します。
    英語を話せる様になって、他の言語にも興味が湧き複数の言語が話せます。
    そして日本語しか話せなかった時よりも、英語や他の言語を覚えた事により、
    随分と世界観が変わりました。
    勿論、自動翻訳機はコミュニケーションツールとして、今後重要な役割をする事は予測出来ます。

    今後、自動翻訳機が発達したとしても、英語だけでは無く、他の言語でも直接人と人とが対話するのには、
    その言語を知らないと、本当の意味での意思の疎通で有る相手の感情、表情まではを読むことは難しいですよね。
    そして他の言語を知る事は、自分の世界観が相当に広がります。

    特にビシネスなどでは、自動翻訳機を使う様なまどろこしい事はして居られません。
    自動翻訳機に言葉を入力している時間等を考えたら、自分の口で話した方が随分と早いからです。

    どんな時代が来たとしても、コミュニケーション ツールとしての英語、又は他の言語の習得は必要だと思いますね。
    自動翻訳機を駆使したいのであれば、自国語で有る日本語の語彙力も相当に勉強する必要が有ります。
    理由としては、日本語の言葉知らずして、自動翻訳機を駆使する事はできません。

    だから、あなたの姪が英語の勉強が必要無いと思うのであれば、
    自動翻訳機を駆使出来るまでには、自国語で有る日本語自体をしっかりと勉強する必要のある事を教えてあげて下さい。

    人と人がコミュニケーションを取るのに、自動翻訳機はあくまでも機械です。
    自動翻訳機では、相手の表情、感情と言った様な詳細については、
    読み取れ無いという事も教えてあげて下さい。

    ユーザーID:3748988620

  • 英語苦手のまま来てしまいました

    アラフィフ、技術系です。英語は、昭和の日本人の典型的スタイル?、読めるし、割と書ける、ゆっくりなら聞き取れることもある、話すの全くダメ、です。

    自分のことながら「読む」と「話す」のレベル差は恐ろしいです。

    この年齢になると与えられた教育のせいだけにはできませんが、少なくとものほほんと「学校のテストで良い点が取れるようには頑張った」だけではアウトプット能力が全く向上しない、という点は英語教育の課題なのかなとは思います
    一方で、「英語ネイティブの先生と会話しましょう」みたいな授業ばかりだったとしたら、今の「読む」のレベルには到達してないかも、との思いもあります。
    難しいですね

    私は最近突然、英語でかなり頻繁に海外とやりとりを行うことが必要な部署に異動し、まさに四苦八苦しています。
    会議の際の通訳さん、自動翻訳サイトには大変お世話になっています。
    一方で、その限界もひしひしと感じています。
    日本語でだってそうですが、ビジネスの会話には少なからず専門用語が含まれます。これは機械やその分野についての予備知識がない人には訳せません。

    例えば通訳さんがこちらの日本語の意味を取り違えて英語に通訳した時に「それは違う」と気づけて、より誤解のないような日本語に置き換えて再度説明することができたり、自動翻訳で出てきた英語の文章が、自分の意図する内容を伝える表現になっているかを確認したり、こういうことは「ある程度」自分でも英語がわかっていないとできませんよね。
    世の中にどんどん便利なツールはできてきますが、そのツールを使いこなせるだけの基礎的な素養は必要なんじゃないかなあと思っています

    アラフィフの脳みそには大変辛いですが、この部署にいるうちに少しは英語力が向上するかなあ(してほしい)と思っています

    ユーザーID:2996888135

  • 暗算と同じ

    私もアラフォー、大学卒業後ずっと英語を使う仕事をして来ました。
    そして、一年前に夫の海外赴任の為、英語圏に住み始めました。
    やはり日本人の方々には羨ましがられます。数年住んでるのにカタコトの人が多いんですよ。
    思えば英語が話せると就職も有利だったし、ちょっと尊敬されたりしていい事だらけでした。

    でも、姪御さんのおっしゃる事、凄く身に染みます。
    既に英文に携帯をかざすと瞬時に画面上に和訳が写し出されるソフトができています。
    リスニング、スピーキングの完成度の高いソフトもすぐに完成するでしょう。

    我が家の子供達は語学スキルがあるらしく、既にESLを卒業しました。
    あと4〜6年はこの国で過ごすので、ほぼバイリンガルになると思います。
    でも、昔のようなメリットは無いと覚悟しています。
    昔はバイリンガルは帰国子女枠で高学歴、就職余裕で人生イージーモードなイメージがありましたが、今後はそうも行かない流れです。
    何というか、「英語ができます」は「暗算ができます」と同じ位置付けになりそうです。
    聞いた人は「へえ、凄いね。でもそれって計算機(翻訳ソフト)があれば一瞬でしょ」と思っておしまい。

    だから、私は子供達には英語以外の何かを見つけて欲しいと思っています。

    ユーザーID:3384902568

  • もう一歩深い理解のために

    先日わが街に、英語のすごくできる先生がいらっしゃいました。その時のお話の中から・・

    中国に旅行に行ったときに、自動翻訳機を持って行きました。旅行中確かにそれだけで大体の会話は通じて困ることもありませんでした。でも、友達ができなかった。

    そこで、万里の長城のツアーに申し込んだら、ツアーに参加した全員が英語を話す人たちで、たいへん盛り上がりました。ロシア人や東南アジアの人。今でもその人たちとはスカイプなどで連絡を取り合っている。

    こんなことをおっしゃっていました。

    ひと通りの旅行などは、確かに自動翻訳機で済ませられるかもしれません。でも、もう一歩踏み込んだ外国の文化や歴史の理解のためには、やはり外国語の勉強は必要なのではと思います。

    外国語の学習は、払う対価が大きすぎて割に合わないと、私なんか思いますけどね。

    ユーザーID:0796578742

  • 翻訳機?

    10人くらいの会議で翻訳してもらうとなると、
    相当、時間がかかりそうですね。

    また、日本語でもそうですが、
    会話の背景やその中での流れまではカバーされないでしょう。

    私も英語を使っていますが、
    英語で仕事ができない人は、
    今の勤務先では使えないというレッテルが貼られてます。
    コミュニケーションのなかに入ってこないので、
    置き去りにされています。

    ユーザーID:7227851110

  • 語学は必要です

    今でも、netで翻訳する機能を無償で使えますし、有償の翻訳ソフトも便利になってきました。
    しかし、日本人が英語で不自由無くメールで英語圏の方とコミュニケーション取れるようになったと言う話は聞きませんよね。
    私も仕事で世界中に行き英語で話ししますが、こちらの考えを正確に伝え一緒に仕事を成功させるのは生半可なことではありません。
    言葉を話す人の文化、思想が大きく違いますし、netが便利な反面、意思疎通を阻害します。netや翻訳ツール経由でのコミュニケーションでは本当の信頼関係が築けないからです。

    ユーザーID:7193164303

  • 外国語はできるに越したことはない

    翻訳・通訳業を職業にしている者です。

    自動翻訳した内容を何に使うかにもよりますが、海外で道を聞く、ホテルや買い物で重宝する程度の翻訳なら、もうすでにいろんな翻訳機が普及しています。
    しかし、今後翻訳機の精度が飛躍的に向上したとしても、英語を勉強しなくてもいいというはあまりにも短絡的でしょうね。
    私は翻訳者として翻訳機を使って翻訳する際、依頼者に人間翻訳と機械翻訳の違いを説明して合意の上で機械翻訳を行い、資料に必ず「機械翻訳」と表記して精度を誤解されないように分けて扱っています。

    世界はどんどん狭くなっているなと感じることが多くなりました。今後はますます狭くなっていくでしょう。
    将来的に、人間よりも機械のほうが精度の高い翻訳ができる時代がくるかもしれませんが、それは現在小学生の姪っ子さんが大人になるころかもしれません。
    日本の場合、今後も日本語だけでも生きていけるかもしれませんが、国際化がますます加速化する世の中、外国語の必要性が高まるだけでなく、外国語による外国人との交流を通して知見、知識、人脈など世界が広がると思います。

    ユーザーID:9805678410

  • 一理ありますが

    よく言われますよね
    英語で食べていこうと考えていないならば確かに最低限で大丈夫かもしれません。
    最低限とは文法の基本は勿論、日常会話程度の会話力ですかね。

    ユーザーID:4896119268

  • 悩ましい

    大きな家電量販店が割と近くにあるのですが、ウワサの(?)小型携帯翻訳機、日本人だけでなく外国人観光客も興味津々です。私も高校生の子の電子辞書を一緒に買いに行った時、デモ機で子供と遊んでみましたが、道案内とか旅行程度のことなら確かに充分使えそう。ドラえもんの「ほんやくコンニャク」も夢じゃないかも!なんて子供と盛り上がりました。

    今の子達って、とにかく英語英語と言われてそれなりに検定等取り組んではいるのですが、モチベーション自体は私たちの頃より実は低い気がします。海外の情報が昔よりはるかに多いために、却って憧れの場所ではなくなっているというか。日本の方が安全だし楽しいし良いじゃん、くらいの意識です。

    もちろん好きで取り組む子も、将来のために頑張って取り組む子もたくさんいるのでしょうが、そうではない「携帯翻訳機で充分」タイプの子達に、何を目的としてどのレベルまで外国語を学ばせるのか、考えてしまいます。

    身内に受験産業で仕事をしている者がいるのですが、今の子達について「英語も必要かもだけど、日本語の能力がかなりマズイと思う」と言っています。思考というのは母語でするわけですし、その能力がマズイというのはそれこそマズくないか、また、翻訳機が訳しやすい日本語能力をきちんと身につけさせる方が有用かもってことも含めて、一度きちんと考えた方が良いのかなという気がします。

    ユーザーID:2037594086

  • それが役に立つのはビジネスとか観光だけでしょ

    >先日、小学生の姪っ子に「あと数年もすれば自動翻訳機が普及するから、英語とか勉強する意味ないと思う」というようなことを言われました。

    「数年」かどうかはわかりませんが、そうなることは間違いないでしょう。
    しかし、自動翻訳機に頼っていては人間関係(友情とか恋愛)は築けないと思います。ビジネスと観光くらいで使えればいいのなら、勉強しなくてもいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:3685425778

  • 仕事に活かしたいかどうか

    話しかけるとすぐに通訳してくれる自動翻訳機、すでにそこそこ手頃な価格で売ってますよ。翻訳の精度も十分実用レベル。
    実際それを使っている人を見ると、いちいち間が空いて会話は弾んでませんでした。機械を通しても自然に会話ができるまで技術が発達し人の意識が変わるには、まだまだ時間がかかるかと思います。

    と言いつつ、外国語学習は根気を要する割りに仕事につながりにくいので、お金のことを考えるなら中途半端な勉強はおすすめしません。外国語を使えるかどうかってイチかゼロ。イチでないと意味がないので。

    語学を売りに食べていくなら同時通訳レベル、あるいは専門知識に加えてビジネスレベルの外国語能力を求められることが多いです。なのでどちらかというと、語学でなく他の専門分野の習得に時間とお金を費やした方が無難でしょう。
    仕事に関係なく海外旅行や現地で生活するだけなら、カタコトでも話せた方がましですが。

    ただ外国語を少し学ぶだけでも、その文化や思想というか、熟語や文の構造から日本語にない発想に触れて考え方の幅が広がります。というわけで、損得勘定抜きなら語学の勉強は個人的におすすめです。

    ユーザーID:2600225319

  • 楽しくない

    会話が盛り上がって楽しめるレベルの自動翻訳つて、まだまだまだまだ先の話だと思いますよ。ビジネスなら同時通訳を挟んでの会話はまぁ普通なんでしょうけれど、趣味の集まりとかならタイミングがずれまくって全然楽しくなさそう。

    楽しく会話するのが目的で私は英語の勉強をしているので、自動翻訳は当分当てにならないと思っています。

    ず〜っと未来には、脳内で「はい、これを英語にして!」と考えたことが即、音声になるシステムとかできるのかもしれませんが。

    ユーザーID:1800704432

  • 言語、目的によりけりだけど

    在米20年ほど。
    一言で言って英語が話せるのは便利です。だって世界共通語、世界最強言語じゃん。ちょっと旅行くらいだったら翻訳機くらいでいいかもしれないけど、もっと突っ込んだ世界で生きるなら自分の中に翻訳機を育てなきゃだめだな、コミュニケーション能力と共に。

    ユーザーID:8444517807

  • 多分そうでしょう

    現在では考えられないようなものが出て来ると思います。話している側から本人が話しているような。

    そのうち何でも学力や学歴なんて関係のない世の中になって行くと思います。

    ユーザーID:7798112418

  • 外国語学習の必要性を説明できる人が居ないの??

    翻訳機があれば外国語学習が不要、と思い込んでいる姪っ子さんは、ある意味可哀そうですね。

    何をするにも、言葉は一番大切です。翻訳したい言語を知らなければ、翻訳後が正しいのか判断できないでしょう。私は中国語は日常会話程度ですけど、それでも簡単な間違いはわかります。ハングルは学習歴がないので、全く分かりません。

    たとえ十分に会話ができる程度であっても、どのように伝えるかという課題はずっと続くものです。同じ内容でも、日本語を直訳した英語では不自然ですよね。

    外国へ旅行した時に道を尋ねる程度の話しかしない、ということ自体が、価値感が貧しいと思います。会話ができる状況なら、もっと(初対面の人とも)いろいろ会話するでしょう。小学生の姪御さんは、日ごろ身近な人としか会話をする機会が無く、経験が乏しいのでは。

    ユーザーID:1290272623

  • 紫蘭さんに同意

    外国語会話が必要な場面は大まかに分けて三つだと思います。

    1、旅行。これはすでに翻訳機でそこそこのことはできます。でもこのレベルなら下手でも一生懸命自分で話した方が現地の人と会話ができた喜びが得られると思うので、緊急時以外は私は使いません。

    2、ビジネス。将来的に一番翻訳機が活用される場面ではないでしょうか。会話のゴールがあることや特殊な専門用語は翻訳機の得意分野だと思います。

    3、友人やご近所などプライベートな関係。これは一番難しいのでは?紫蘭さんがわかりやすくおっしゃっていますが翻訳機片手に恋愛やケンカなんてできません。姪御さんはそんなシーンを想像できるでしょうか?日常会話というとビジネス会話より簡単なもののように外国語学習で位置付けられがちですが、少なくとも機械にとっては苦手分野だと思います。

    多くの日本人にとって3の場面で外国語を使えるのは一種の憧れですが、ここはやはり人力でがんばる必要があると思います。

    ユーザーID:7284611285

  • 修正がいらない完全な翻訳ソフトなんてできるの?

    「1. 連合正方形」、「2. 時間正方形」、「3. 靴底のバター炒め」のうち最後のはわかるかもしれませんが、これは飲食店ガイドを含む英語の観光案内を英語から日本語に訳す翻訳ソフトにかけたものです。 ニューヨークの観光ガイドだと言えば行ったことがある方には最初の2つが何かはわかるでしょう。これらは「大体訳されているから修正だけ頼む」と言われてアルバイト先で渡された英→日翻訳文書の中にあった訳語ですが、オリジナルの英文を渡されなかったので断りました。手書き日本語文書のコーディング(キーワードを抽出して英語データベースに入力) などしていたニューヨークの会社でのことです。はっきり言ってバイリンガルが最初から翻訳した方が速いです。まあ、日本語ができるニューヨーカーにはすぐピンとくる訳語もありましたがオリジナルなしには何がなんだかわからない日本語訳が多すぎました。

    1. は「連合正方形喫茶」なら正しい訳語がわかるかもしれません。オリジナルは間違いなく「Union Square Cafe」です。
    2. は「Times Square」
    3. は「 Butter fried sole (舌平目のバター炒め)」です。

    ユーザーID:6743622157

  • 技術って目覚ましいからね

    トピを拝読して、んまあ今時の若いもんは物事を知らない!
    みたいな感情になったのですが…。

    でも冷静に考えてみると、技術の進歩って目覚ましいですから、
    姪っ子さんの言う「自動翻訳機」というのが、今の私たちの想像するような、
    小さなデバイスを介してワンテンポ遅れて会話する、みたいなものとも
    限らないですしね。それこそ翻訳コンニャクみたいなものかも知れない。

    そうなってくると、異言語という概念すらなくなってくるのか…?
    それだったら確かに、英語の勉強っていらないのかも。
    そんな風に妄想してしまいました。

    ただ一方で思うのは、かつて英会話を習っていた時の経験です。
    講師の先生から「私は英語が母国語だから、あえて英語を勉強しなくてよい。
    でも英語以外の言葉の国の人は勉強しないと英語がわからないのだから、
    大変だと思っているわ」というような事を言われ、変に驚いた事があります。

    確かに英語が国際語とされているから、それを自然に話せるかどうかは
    大きなポイントだけど、そういうことじゃないよな…と。

    今回のトピを読んで、なんとなく似たような気持ちになりました。
    まあでも、しつこいようですが、体感、翻訳コンニャクのような技術が出来れば、
    それも関係ないのかなーなんて思ってしまうし。

    少なくとも、今を生きている姪御さんは、
    英語を勉強しなくてもいいもーん、という時代ではまだないですよね。
    それだったらオバチャン、コミュニケーションって素晴らしいのよ!
    なんて話を一杯したいなと思うんですけどね。

    ユーザーID:1733474207

  • 英語より国語

    外国語習得の意義は時代に伴って変化してきていると感じます。私自身、二外国語を使って仕事をし、外国人と交友してきたことは人生の中で大きなプラスだったことは事実ですが、コミュニケーションのツールとしての英語が翻訳機で代用可能となる時代はそう遠くないように思います。

    外国語を勉強して損はありませんが、本当に身につけるべきは国語力だと感じています。思考のベースとなる国語力を鍛えないと、英語のレベルもそれなりになってしまうでしょう。表面的に英語をペラペラしゃべれれも、「会話」しか出来ない人を沢山見てきました。話す内容に中身がなければバカにされるのは日本人相手でも外国人相手でも同じです。

    英語を使って世界を広げたいのであれば、スピーキングやリスニングよりまずは「リーディング力」だと思います。

    ユーザーID:3861185945

  • 全く同じことを姪に言いました

    同じく小学生の姪に「40代の叔母さんは英語が出来るからいいね」と言われたので、「あなたが働く頃には翻訳機も性能が良くなって叔母さんの仕事はなくなるかもね」と言いました。
    私は20年以上貿易関係の仕事をしているのでまあ英語が出来た方が便利、ということで留学もしたしかなり英語を勉強しました。
    でも英語が出来る人はたくさんいるしPCの翻訳も20年前と比べれば雲泥の差ですね。
    あと20年したらもっと便利になっていそう。
    今でもそうですが英語プラス他のスキルがないと使いものにはならなくなるかもしれませんね。
    ビジネスではそうですが、外国の友達と話をするのにいちいち機械を通して話すより顔を合わせて話した方がスマートかな、とは思います。

    ユーザーID:2066173035

  • めちゃ便利だけど

    自動翻訳機の性能が上がれば今よりうんと便利な世の中になりますね。
    けれど人間の代わりにはならないと思います。
    下手な英語でも自分の言葉で伝えないと本当の意味での深い人間関係の構築は難しいと思います。
    外国語の勉強って脳の活性化に良いらしいです。

    ユーザーID:5275376132

  • 翻訳機が発達しても。

    ドラえもんの翻訳コンニャクぐらいになればいいですが。

    仕事でもプライベートでも、翻訳機を介しての言葉で、人の心が動くかって事が肝かな。

    ユーザーID:4561586168

  • 日本語のようなマイナー言語への対応は遅い

    機械翻訳に限りませんが、今の機械学習は「いろいろ困難があっても学習量と学習アルゴリズムで勝負」みたいなところがあります。ですから、

    ・困難が少ない
    ・ニーズが多くて学習量を増やすコストがカバーできる

    というところが、まずターゲットになるでしょう。機械翻訳なら、英語を中心に「困難が少ない」ところでヨーロッパ系の言語、「ニーズが多い」ところでは中国語でしょうね。それにしても、人間の翻訳者と同じレベルで翻訳できるようなシステムがホントに完成して、誰でも使える価格で利用できるようになるのか否かは現時点ではなんとも言えません。

    まして、日本語のように、言語の系統自体が違う(=困難)、話者が少ない(=ニーズが少ない)言語への対応は誰も頑張らないので、そのうちできるにしても、英語-中国語よりは相当遅くなるでしょう。

    現在小学生の姪御さんだと「自動翻訳ができる!」と期待していても、大人になるまでには間に合わないかもしれません。その辺、結構バクチだと思います。

    ユーザーID:6225060289

  • 一瞬「喋れないとコミュニケーション出来ないだろう」と思った

    でも、考えてみれば相手も同じように翻訳機使うかもしれない。
    そしたらお互いにこにこしながら翻訳機に辛辣な発言して喧嘩するなんて、シュールな状況になるのかも。

    でも、間に合わなかった時にはどうしようもないですねぇ。
    その時になって臍をかんでも手遅れですよねぇ。

    ユーザーID:8808392991

  • そんな阿呆な話は無い

    念のためですが、トピ主さんは一瞬でも
    「小学生の姪が言ったから」
    「あと数年もすれば自動翻訳機が、英語とか勉強する意味ない」
    かもしれない、と思ったのでしょうか。
    単なるツカミの部分ですよね。

    そもそも「自動翻訳(機)」が使える場合は
    旅行などで最低限の要件を達成する場合になると思います。

    以前在席した職場で、日本語で書いたメール本文を
    インターネットの翻訳機能を使って変換してビジネスで
    使用するということがありました。
    常套句の「お世話になっております」などもそのまま
    自動翻訳にかけるので、一応英単語は並んでいるけれど
    意味不明な文章になっており
    おそろしいことに書いて翻訳した本人は
    「自動翻訳で翻訳した文章がおかしい」ということが
    理解できていない(もしくは理解はしたとしても、
    おかしくない文章に直すことができない)ようでした。
    また、物の値段を確認するとか、場所への行き方を教えて
    もらうというような目的のはっきりした質問ではなく、
    抽象的な話をしたいような場合に、自動翻訳で意図通りの
    文章になることは体感ではあまり無いように思います。

    また、自動翻訳機があるから言葉を理解してなくてよいと
    いう理論であれば、自動翻訳機が故障した場合、
    電池が切れた場合、開発者(更新できる人)がいなくなって
    しまった場合には一切すべてのコミュニケーションの手段が
    なくなってどこからも調達できないということになると思います。
    (電池充電すればよい位なら問題ないとは思います)

    では自動翻訳機は意味がないのかと言われると、
    言葉は数百、数千とあるので
    1人の人がそんなにいくつもマスターできることは無く、
    最低限のコミュニケーションがとれれば
    とれないこととは天地の差があり、それはそれで
    文明が前に進んだ価値があったといえるという位だとは思います。
    ただ、代わりにはなるものではないです。

    ユーザーID:5205762503

  • まあ使えるもんは使えばいいですが

    友達はできないだろうな。
    観光やちょっとした出張では便利でしょうけど、そこで生活して行くんだったら自分で言いたいことを的確に見つけて自分の口から伝えないとダメでしょうね。
    観光客なら翻訳機の物珍しさがあって親切にもしてもらえるでしょうけど、それに頼りきって生活をしてたら、現地の人は「怠慢」としか思わないでしょうし。
    日本に何年も住んでるくせに日本語が全くできない外国人を知ってまして、ますますそう思います。

    ユーザーID:7940479532

  • 怠け者な子どもが勉強したくない言い訳なんでしょう

    言語は単なるコミュニケーションの手段ではなく、思考の枠を形成するものです。

    日本語の話者は、たとえ本人は自由に考えていると思っていても、どうしても日本語の構造の制限を受けて思考し、情報を受け取り、そして情報を発信します。

    世界には、英語やその他の欧米言語だけではなく、文字も然り、格や性別、時制、単数・複数型の点でさまざまな言語があります。そして、それぞれの話者たちは、それぞれの言語の構造の制限を受けて、思考し、コミュニケーションし、生活し、文化を築いている。

    そうしたさまざまな言語空間が重なりあい、拮抗し合い、そして共存しあって、世界は成り立っています。いや、共存、とはいえないでしょうか。政治的な力や人口規模の大きい英語や中国語、スペイン語のような強い言語がますます強くなっていく一方で、マイノリティの人たちの話す言語はどんどん消滅していっている、というのが現実でしょうか。

    自動翻訳機は便利で、あっという間に発展していくことでしょう。

    でももし、機械がやってくれるからと、人間がひとつひとつの言の葉の意味を確かめたり、他の言語ではどのように表現するのかと想像しながら学んでいったり、あるいはこの世界から既に消えてしまった少数言語の歴史、新しく生まれてくる混合言語の存在に思いを巡らすような作業を止めてしまえば、その時、人間の発展は止まると私は確信しています。

    怠惰な姪っ子ちゃんに是非お伝えください。

    ユーザーID:9446826446

  • 日本語の需要が減ると思います。

    もう、日本語は世界の言語の中では超マイノリティー言語で
    段々アメリカでも仕事はなくなっています。

    PCができてから今はスマホやタブレット端末になり次は自動翻訳機
    がビジネスの世界で性能が上がり十分になるとはまず思えません。

    それよりも日本語を覚える必要性がITビジネスでは不必要に
    なる可能性が高いと思います。日本の大学ではこれから英語の授業
    が大半になりになったえいする可能性の方が高いと思います。

    日本語が出来る事が何よりも就職で有利な条件や需要は
    減ってます。
    日本語が出来るエンジニアの仕事を探すよりも英語が出来る
    エンジニアの仕事の方が多く高級です。

    今後は多言語ができる人はもっと副業化されて通訳、翻訳、秘書、
    会計&エクセル、メール、プレゼン、振込、プログラム、デザイン、
    運転、飛行機やホテル予約等を全て自分でやる時代になって分業はなく
    なり自分の専門以外の仕事がどんどん増えて最後は何にも自動化では
    なく便利でなくなるとわかると思います。

    今の英単語辞書以外は自動翻訳ソフトは誤変換ばかりで使え
    ないと思います。

    私はマルチリンガルですがはっきり言って日本語が1番難しく
    面倒な言語だと思います。日本語学ばなければ英語は理解が速いです。

    これからは技術や技能を母国語で学びかつコミュニケーション能力
    がある方が競争社会で生き抜いていけると思います。

    私は子供達には子供の時から他の言語に慣れさせないと人間自体が
    そんなに器用に大人になってマルチ言語対応できないことを体験
    させています。

    想定外の事が起こった場合の対処方法が大事です。

    ユーザーID:3872560672

  • 英語は必要

    緊急時など重要な情報を確実に伝えなければならないときは翻訳機があれば心強いですが、個人の考えや気持ちは自分で言わないと伝わりません。
    日本人も英語くらい喋るべきでは。

    翻訳機を活用するにしても、その訳によって必要な意思伝達ができているかは人間が判断するしかありません。
    内容についての責任は発言者にあります。

    英語ができる日本人とできない日本人、それと外国人(英語ネイティブではない人も多い)が同席する場にいると、英語ができないといかに不利かを見せつけられます。
    深く熱い議論が繰り広げられていても、英語が分からない人は蚊帳の外。

    通訳者や翻訳機を使えばいいと割り切っているのでしょうが、完全には伝わらない。
    時間的なずれが生じるので相手を説得することができず、何が話し合われているのか概要を把握するのがせいぜい、オブザーバーになってしまうのです。

    その状況を苦しい、これじゃいけないとか思わないのは、その人の性格らしいです。
    自分は偉いから英語ができなくてもいい、と思っている人も。

    英語ができないことを問題とも思わない日本人を、外国人は「そういうクラスの人」と認識するようです。
    それなりの家庭で充実した教育を受けてきた人たちで、ネイティブでなくとも英語で意思疎通するのは当たり前。

    日本は人口減少社会なので、どんな分野でも外国と無関係でいることはできません。
    絶対に日本人だけで完結する仕事なら日本語だけでよい場合もあるかもしれませんが、英語ができないと様々なチャンスを失います。
    他の外国語は必要ならば、でよいかもしれませんが、私は我が子には最低でも英語と言っています。

    英語は既に国際共通語として通用していますから、一度定着した共通語をあえて撤廃するような動きは、100年先は分かりませんが簡単には想像できません。

    とは言え、英語を勉強するもしないも個人の自由だと思います。

    ユーザーID:8496457463

  • だったら歴史も古文も漢文も高校数学も必要なし

    学生時代に英語が苦手、数学得意だった者です。
    今、ぶっちゃけ英語は全く使いません。
    苦手で泣きながら勉強したけど、全く使わないです。

    そして、世界史も高校数学も使わない。古文も漢文も使わない。
    学生じゃなくなって30年程経つけど、高校レベルの勉強で使っているのは「現代国語」と「家庭科」だけかもしれません。

    だから翻訳機があってもなくても同じことではないですか。

    今、英語が役に立っているレスされている方は、高校数学はいかがですか?
    世界史は?
    使ってます?
    役に立ってます?

    役に立ってないなら勉強の必要はないと思いますか?

    ユーザーID:4617648885

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧