リストラされにくいのが正社員って本当?

レス12
お気に入り63

ひろ田

働く

会社によって違うでしょうが一般的なイメージをお聞きしたいです。

派遣社員、パート、契約社員(準社員)、正社員の順番でリストラされやすいというのは本当でしょうか?

よく掲示板で、「パート(契約社員)はいつ切られるかわからないから、正社員を目指したほうが良い」というコメントを見ますが、それって大企業の話?それとも、中小企業でもそのような傾向がありますか?

派遣に関しては、「この人には長くいてほしい」という人材は、さっさとパート社員や契約社員にしてしまう。なので、派遣のまま残っている人は、売り上げが減ったら契約終了。というのは理解できるんですが。

パートや正社員など雇用形態にかかわらず、仕事が減ったときお給料以上の仕事をしている人は残れて、お給料以下の仕事しかできない人は、リストラ(というか、経営陣の嫌がらせで自主退社に追い込まれる)というのが、私のイメージです。
給料高めの正社員を退職に追い込んでおいて、ほかの社員に仕事を振ったり、新しくパートを雇って、その人にさせるみたいな。

私は、地方の中でも田舎住なので、中小企業や零細企業しか経験がなく、友人も同様なので、正社員が安定しているというのに、ぴんと来ません。

今、私は零細で週35時間のパートですが、もう少し背伸びして5時間働ければ、正社員も可能らしいです。
消費税の増税後は景気が悪化するのは目に見えている業種なので、正社員がリストラされにくいなら、1時間、子供に留守番させることも視野に入れてもいいのかな?と思います。しかし、その価値があるのかどうか・・・。

零細企業のわが社の場合だと、多分一番にリストラされるのは、首にしても、社長の良心が痛まない女性従業員(大黒柱でないから)なのでは?と思います。
女性従業員の中でも、給料のわりに仕事ができていない人がリストラ対象になるのでは?と思うのですが、どう思われますか?

ユーザーID:5797334772

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数12

レスする
  • そんないちいち注釈つけていられないでしょ

    >地方の中でも田舎住なので、中小企業や零細企業しか経験がなく、友人も同様なので、正社員が安定しているというのに、ぴんと来ません。

    あのね、普通ニュースで「ボーナスが出た。平均○万円」なんかのデータが出る時っていうのは、「東京の大企業」が調査の対象でしょう。
    それと同じで、「データで出されるのは東京の大企業(暗黙の了解)」っていうのが普通のこと。
    中小企業零細企業はお呼びじゃなくて「大企業はこれだけやってます。あなたたちも頑張りなさい」っていうことなの。
    わざわざ「中小企業や零細企業は除きます」「今回中小企業や零細企業は調査しておりません」とか注釈つけていられないでしょ?

    それと同じで、「言わなくてもわかるでしょ」という空気を読みましょう。
    小さい会社や零細や個人事業主が、経営者ルールにして気に入らないのを退職に追い込むのはよくあることですよ。

    ユーザーID:2493423471

  • 正社員が強い理由

    期間が決められていない点です。

    正社員をリストラする際には、本人が納得出来るだけの理由(勤務上問題を起こした場合、または、十分な退職金)が必要です。
    経営状況の悪化で解雇した場合、解雇される側が理不尽と感じたら裁判を起こせば、解雇が正当と思われる位の経営破綻とそれに対する企業努力を示せない限り、大概負けます。

    それに対し、殆どの契約やパートは、期間が決められています。再契約前に告知さえすれば、訴えられることもありません。

    以上を踏まえ、もし、トピ主さんが経営者なら、正社員と契約社員、パート、誰を切りますか?
    経営が厳しい際に、規定以上の退職金を払ったり、裁判の煩雑な手間をかけた上、負けたら解雇も出来ない可能性もある正社員を首にしますか?

    給料だけで言えば、派遣や契約の方が良い場合もあります。正社員になったら3割減収した友人もいますが、年齢と共に、いつ契約を切られるか分からない派遣よりは正社員を選びました。

    自営業のような数人の会社以外は、正社員が強いと思った方がいいです。

    ユーザーID:4022985244

  • 順番は

    会社側から見て
    金のかかる人から
    リストラするのですが
    その前に
    アルバイト、パートさんたちは
    契約制が多いので
    契約更新しなければ
    それでおしまいなので
    先にやられることが多い
    次に正社員ですが
    仕事のできる、できないよりも
    金のかかる人からリストラされる
    ケースが多いですよ

    ユーザーID:3593223084

  • 状況によります。

    会社によりますが、経営の日常目的として経常利益を出す事が求められます。人件費の圧縮などを考えれば正社員を切ってパートを増やした方が合理的です。 その昔、労働組合などが闊歩していた時代は正社員の雇用が守られていましたが 現在は違うように思います。 個人のスキルや資格、会社での戦力度などが基準で正社員だから残れるとは限りません、倒産間近であれば真っ先に切られるのは人件費の高い正社員です。

    ユーザーID:3122171245

  • リストラにあうのは正社員だけ

    >派遣社員、パート、契約社員(準社員)、正社員の順番でリストラされやすいというのは本当でしょうか?
    先ず、本来の意味でのリストラとは「企業が環境の変化に柔軟に対応をし事業を効果的に再構築すること」をいい、単純に人員削減の手段として行う解雇の事だけではありません。リストラには転籍や転属、賃金のカット、減給、降格などを含まれます。
    次に、派遣社員はパートや契約社員等の非正社員とは異なり、雇用契約を結んでいるのは派遣元企業であり派遣先企業ではありません。派遣元と派遣先の派遣契約が解除(いわゆる派遣切り)されたとしても解雇には当たりません。そしてパートや契約社員等の非正社員は労働契約に期間の定めがあり、契約更新を行われなかったとしても解雇には当たりません。

    >パートや正社員など雇用形態にかかわらず、仕事が減ったときお給料以上の仕事をしている人は残れて、お給料以下の仕事しかできない人は、リストラ(というか、経営陣の嫌がらせで自主退社に追い込まれる)というのが、私のイメージです。給料高めの正社員を退職に追い込んでおいて、ほかの社員に仕事を振ったり、新しくパートを雇って、その人にさせるみたいな。
    パートや契約社員等の非正社員を含めて雇用者が労働者を即日解雇できるわけではなく、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」と労働契約法で定められています。「仕事が減った」等の労働者に非がない場合には突然の解雇は無効になります。「経営陣の嫌がらせで自主退社に追い込まれる」ような事案は、立派なパワハラであり訴訟に発展します。たとえ地方の中小・零細企業であっても性別や雇用形態に関わらず、会社側からの一方的な雇用契約打ち切ることは法律的には大変に難しいことです。故に「リストラされにくいのが正社員」という事になります。

    ユーザーID:7625226617

  • そりゃあそうでしょう

    >給料のわりに仕事ができていない人がリストラ対象になるのでは?と思うのですが、どう思われますか?

    そりゃあそうでしょう、給料以上に働いている人を先にリストラする方がおかしいでしょ。どう考えたって。


    派遣や契約社員が正社員よりも先に切られるは当たり前ですが、パートは安く使っていたり、職種が違っていたりするので正社員のリストラとは別枠ではないでしょうか。

    ただ私は正社員時代はリストラにあったことないし、パートは初めから3年とか期限の決まったものしか経験していないのでよくわかりません。
    ですが早期定年退職させられてパートとして働いている人は知っています。

    ユーザーID:6555265360

  • 正社員は法的に守られていますよ。

     聞くまでもない内容のはずですが、契約上では正社員が一番有利ですよ。

     派遣や契約社員であれば更新時がリストラの節目になります。一時的な労働者としての位置づけであるパート従業員も契約の解除は比較的簡単です。最初から一時的な戦力としての採用です。

     それに対して従業員(正社員)は法的に守られているものが多くあります。正規従業員としての権利がありますから、特別な事情がなくては会社の一方的な都合での解雇は認められません。会社存続のピンチ・・は特別な事情になりますが、契約社員やパート従業員を雇う程に人手不足であれば説明が難しくなります。非正規従業員が無事で正社員からリストラになる可能性は低いですね。あなたから見て先にリストラされそうな人でも、正社員として雇用契約を結んでいれば今のあなたよりも身分保障がされています。

     もし安定した仕事を求めているのであれば、正社員を目指しなさい。

    ユーザーID:7055831289

  • 単純に契約の問題です。

    派遣社員、契約社員=有期限契約。
    正社員=無期限契約。

    有期限の場合は期限満了をもって契約を終了できる。
    無期限の場合は著しい能力、勤務態度の不良、懲戒に当たる事項でもない限り一方的に雇用を打ち切ることは出来ない。

    それだけです。

    だからこそ企業によっては有期限原契約社員を雇用の調整弁としてわざと残すのです。

    ユーザーID:4730726202

  • 解雇規制があるから

    解雇には相応の理由が必要。
    自己都合退職させようと「正社員を退職に追い込」む行為は問題。
    有期契約の社員は契約満了で終了すれば問題ない。
    の違いはある。
    トピ主さんの会社は派遣をどんどん直接雇用にしているのですか。
    そういう職場なら少し様子は違うかも。

    ユーザーID:0243254459

  • 労働組合

    正社員は組合があるから、むやみやたらにクビに出来ないんですよ。

    ユーザーID:7854428242

  • 50過ぎると厳しいよ

     一般的に正社員はリストラはされにくいとは言われてますが、年齢が
    高くなるとなんとも言えません。おじさんでも50過ぎたら割とダメですよね。
    給与水準が下がったり転籍されたり随分見ました。
     求職する時に正社員なら安泰だと思いたいのか分かりませんが、そう思って
    いる人は多分しばらく仕事をしたことがない人なのかなと思ってます。
     まず自分が低収入で50過ぎの配偶者がいたら自分が正社員になるより旦那のリストラと再就職の心配をした方が現実的です。なぜならよほどの経験がないかぎり
    40過ぎの正社員への再就職で勤続20年ほどの人より高収入を得る事は無いから
    です。勿論それに備えて求職するのは当たり前ですが、配偶者の収入が自分より
    低くなってもいいように家計の整理が必要なのではないでしょうか。

    ユーザーID:0537312825

  • 有期雇用か無期雇用か

    トピ主さんはその会社に入ってどの位?
    パートさんだと1年毎に雇用契約書を交わしていませんか?
    契約を更新しないという形で終了させる場合もあります。

    リストラの前に助成金を使う事があると思いますが、
    助成金の支給対象は雇用保険に加入している人になるので、
    まず最初は雇用保険に関係ない人からになるでしょう。

    だけど、

    リストラされるかも知れない、
    会社が危ないって状況だと
    仕事が出来る人はその会社に見切りをつけて転職してしまうかも知れないでしょ?
    残ったのがトピ主さんの言う、

    >給料のわりに仕事ができていない人

    ばかりだったらどうやって選ぶのですか?

    ユーザーID:6831712913

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧