遠距離 離婚するか悩み

レス9
お気に入り24

きこ

男女

主人の海外赴任が決まり、渡航前にバタバタと入籍しました。
(これは主人の希望で、安心できるからとのことでした)

会社の規定で一年間は帯同ができないので、遠距離をしています。
いま、半年程がたったところなのですが、
彼が元気がない様子だったので、聞いてみると

実は赴任先に私を帯同させるのを悩んでいると言い出しました。
赴任先は南米で治安が良くなく、実際同僚も危ない目にあったことがあったり、
帯同させた奥様が鬱になってしまうケースも多く、そうした話を聞いて不安になっているそうです。

それから、私は元々社交的なタイプではないので、うまく打ち解けられずストレスが溜まり、
それが原因で喧嘩が絶えなくなるのではと考えているようでした。

私としては、もちろん最初はぶつかる事もあるかと思いますが、語学含め、早く馴染めるようにと今も勉強していますし、彼が言う不安要素は想定内です。

任期は5年程と聞いていますが、流石に私も5年は遠距離をする自信がありません。
彼としては離婚は考えておらず、日本にいてほしいという希望ですが、私は一緒に暮らさないのなら結婚している意味があるのだろうかと思ってしまいます。

私としては行ってみなきゃ分からないし、
最初は大変でも時間が経っていくことで解決できる問題ではと励まし続けているのですが、
どうしてもそんな風に前向きに考えられないと平行線のまま話が進みません。

私もこれ以上どうしたらいいのかわからなくなってしまい、相談させて頂きました。
ちなみに彼とは7年の付き合いです。
ご意見、よろしくお願い致します。

ユーザーID:5151859577

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

レスする
  • レスします。

    私は海外在住ですけれども、夫婦別々の国に住んでいる方は何人かお会いした事はあります。
    それぞれの事情があると思いますが、色んな夫婦の形はあると思いますよ。私の場合は結婚前は国際遠距離を5年ほどしていました。
    それでも一緒にいる意味はあるのか?と思う人もいましたけど、私はそちらを選びました。
    結婚は誰と結婚しても、色々な困難に立ち向かわなくてはいけない
    事があります。もちろん、努力や忍耐なども必要な時も沢山あります。
    離婚、遠距離が考えられないのなら、貴女がやはりご主人の所へ行った方がいいと思います。
    治安が悪くないエリアに住むとか、セキュリティがちゃんとしている所に住む、家に一人でいる時はドアを開けない、当たり前ですが治安の悪いエリアや夜道は歩かない。(国によって気をつけるべきな事は違ってくると思います)
    最初は慣れなくて大変な事も多いでしょうが、現地で語学学校に通って友達を作ってみるとか、趣味を見つけるなど、現地でできる事を見つけていればまた色々と視野が広まると思います。
    語学習得に努力されれば、自信もついて行動範囲も広まりますよ。
    もし行って駄目そうであれば、またその時考えられたらいいと思います。

    ユーザーID:9555510090

  • 離婚一択

    そんな頼りない男では未来はない、

    入籍させておいて無責任すぎる。

    速やかな離婚が幸せへの道です。

    ユーザーID:7842956993

  • 一度行ってみる

    旦那さま、赴任して6ヶ月、仕事に慣れず苦労していて余裕がなく、トピ主さんのケアはとてもできない(トピ主さんのためにもならない)と思っているのか、あるいは、他に好きな女性ができてしまったかのどちらかでしょうね。

    一度長めの休みを取って、赴任先に行かれてはどうですか。1、2週間の滞在では、実際の生活の大変さは何もわからないかもしれませんが、どんなところなのかみておくのは悪いことではないと思います。また、実際に会って短い間でも側にいることで、硬くなっていたお互いの気持ちもほぐれると思います。

    赴任先訪問の計画、できるだけ早く立てましょう。

    ユーザーID:7992464037

  • 一度訪ねてみたらいいんじゃないかな

    身内が南米の某国にいます。日系人の多い国で身内も日系人です。
    日本人であるご主人の気持ちは痛いほどわかりますよ。
    社交的だとかそうでないとかはあまり問題ではない。
    ひとくちに海外と言っても正直、日本人駐在員が比較的安心して暮らせるアメリカやヨーロッパの都市近辺とは全く違うんじゃないかと思う。

    あなたの「想定内」というのも正直甘いとしかいいようがありません。
    ただ。
    あなたのその気持ちもすごく理解できる。そりゃ結婚して5年もいきなり離れ離れで暮らすのは寂しいでしょう。
    でもそこでね「じゃあ離婚」とか「結婚している意味があるのか」となるのはどうかな。
    それをご主人に言ったらすごく傷つけてしまうと思いますけどね。

    一度、訪ねてみたらどうですか。彼の赴任地を。
    そして治安や人、住居やその環境などをその目で見ることです。
    そこで駐在仲間の方々に直接話を聞いたりした上で、2人でじっくり話しあって下さい。
    百聞は一見に如かず、ですから。

    ユーザーID:4030420635

  • 5年はすぐに過ぎます

    悩むことはありません。5年はすぐに過ぎます。離れて暮らしましょう。私は10年間単身赴任で別居しました。今はメールやスカイプ(テレビ電話)でいつでも話はできますし…。南米は行かない方が良いでしょう。

    ユーザーID:9427867880

  • 何度か中期滞在してみて、フィーリングを確かめる

    私は夫に帯同して、アメリカの、それも、日本行きの直行便がある都市に暮らした経験があります。

    南米のトピ主さんの事情とは大きく異なり、私はビジネス英語は話せたし、アメリカにホームステイした経験もあります。それでもやはり、暮らすとなると、日本人社会の人間関係、近所づきあい、社会の仕組みや制度の違いなど、悩みは尽きません。

    自分の運転で、今まで行ったことがないエリアに果敢にどんどん出かける度胸も必要ですし、ちょっとした問題を「自分で」対処できるようにする覚悟も必要です。言葉の壁や日本人あるいはアジア人であることからくる、差別や疎外感を振り払う精神力も必要です。

    自分の問題は自分で対処する、強い自立心がないとやっていけません。

    そして、日本とは違う生活環境内では、そのストレスから夫婦の関係も否応なく、がらっと変わってきますが、それでもうまく支えあい、励ましあう心の余裕と忍耐がとっても重要です。

    夫婦にとって、お互いの存在が、海外生活における最大のストレスになってしまってはいけません。
    夫や他人に頼らずに、自分でその地に暮らす「楽しみ」を見出すことができなければなりません。


    アメリカ大好きで、大喜びでアメリカに帯同した知り合いの人(駐在の奥様)は、初めての海外生活で「こんなハズじゃなかったのに、、、」という思いが募り、私たち帯同妻仲間もいろいろ愚痴を聞いてあげたり、励ましてきましましたが、どんどんアメリカが苦手になり、最後には大嫌いになって2年待たずに別居・日本帰国、この方は残念ながら、最終的には日本で離婚になりました。

    アメリカですらこんな感じですから、南米ならもっと大変でしょう。

    ご主人の赴任先にホームステイ感覚でいいので、何度か中期滞在して、暮らしていけそうか、ご主人がトピ主さんを受け入れられる精神的余裕ができるかどうか、見極めてはいかがですか?

    ユーザーID:2851072340

  • 御主人の心配は

    旦那の心配はよくわかります。
    南米の大都市は、日本とは大きく異なり、治安が本当によくないからです。

    街角を曲がったところで強盗に出くわし、金品を奪われるなんてのはざらで、
    さらには命まで失うこともあるからです。

    毎日生きていられるのが、ありがたいという感じでしょうか。

    奥様が行けば、旦那も心配になるということなのでしょうね。

    でも、よくいろいろなことを観察して、危険を避ける行動をして
    いくことで、私は旦那の元へ行ったほうがよいと思います。

    語学力が必要です。まずは必死で勉強してください。

    セキュリティの高いマンションへ。

    そして、現地の大使館とよく連絡をとり、スタッフと知り合い、
    いろいろ情報を得たり、仲間を作ったりしてください。

    大丈夫です。あなたがそこまでやる気であれば、旦那の心配も少しずつ
    溶けてくると思います。

    人生は1回ですよ。

    ユーザーID:1973989917

  • 南米のどこの国かわかりませんが、、、

    私が知っているある国は確かに危ないです。アクセサリーなどをつけて外出できません。夜の外出も厳禁。

    ただし、ご主人はなれぬ地で仕事をするわけで現地の文化言語になれるだけでも1年はかかるでしょう。ですから会社はご主人がまず現地での仕事に慣れてからその後あなたが行くということにしているのでしょう。会社の考えは当然だと思います。現地の文化言語もわからぬあなたが一緒について行ってもご主人の足を引っ張るだけということを自覚しましょう。

    それから、長い結婚生活、あなたの目がご主人に向きすぎるとその結果破綻することもあるので、向き合うのではなく前を向いてそれぞれが歩んで行くということが大切だと思います。

    ユーザーID:2232112822

  • 行ってみて

    本当に無理なら、そのとき考えれば?

    それもダメだと拒むなら、他にも理由があるのかな?

    でも南米か…。
    本当に危ない地域で、主を呼ぶと、心配事が増えてしまう感じなのか?

    ユーザーID:1256114258

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧