子供の発達障害を受け入れられない夫

レス44
(トピ主1
お気に入り114

妊娠・出産・育児

自閉症ママ

トピをご覧くださりありがとうございます。
先日、3歳の息子が自閉症と診断されました。

私としては、専門機関での面談や検査を通し、思い当たることも多く、診断が下りてから一晩泣きましたが、発達障害は放置する方がかわいそう、あとは息子の為に出来ることは何でもしよう!と前を向きました。

しかし、夫は息子の障害を受け入れられないようなのです。夫婦一丸となって、息子の療育を進めて行きたいと思っていましたが、息子が自閉症だと信じたくないの一点張りです。

保健所や療育センターの検査等には何度も同席してもらい、質問もしていたので、納得していたと思っていましたが、私と比べ息子と過ごす時間も短く、保育園の送り迎えもしないため日頃の様子を先生と話す機会もなく実感できないようなのです。(私から日々伝えるようにしています。)

無理に受け入れる必要はないかと思うものの、自分のことをお父さんに理解してもらえない息子が不憫です。また、障害のことを積極的に勉強しないため夫が家庭内で疎外感を覚えること、将来成長したときに母親だけでは対応しきれないことがでてくることも心配です。

目に見えない子供の障害を受け入れられない夫を持つお母様方、今後どのように家庭を運営していけば良いか、ご助言お願い致します。

ユーザーID:2660323339

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
  • 参観日で

    受け入れられなかった父親がしぶしぶながらも納得するのって、
    幼稚園や小学校の参観日が多いと聞くし、
    体験談も目にしますが。
    保育園も参観日ありますかね、それに参加してもらえばどうかな。

    ユーザーID:1805739123

  • 父親と母親は、ちがいます。

    母親と父親は、やはり違うと思いますよ?

    母は文字通り、分身ですからね。向かい合い方も、愛情も同じではありません。ですから、理解度も、向かい合い方も、違います。

    時間がかかるのではないでしょうか。

    きちんとした医師の説明もあるので、いずれは理解されると思います。
    今はただ、受け入れたくないのでは?

    あなたが必要に応じて、間に立っていけばよいと思いますよ。
    お父さんですからね。疎外感なんて、感じさせないで、しっかりその都度、話してあげて。

    ユーザーID:0451160624

  • 時間をあげよう

    ふだん息子と近く接する機会の少ない夫にすれば、そんなこと言われても急には受け入れられないというのは心情として理解できます。

    夫も医師の診断に対して「誤診だ」と言っているのではなく「息子が自閉症だと信じたくない」と言っているんですよね。

    ということは理屈では分かっていても実感として理解できていない、その事実と向かい合う準備や覚悟ができていない、ということなのではないでしょうか。

    ひとつひとつ事実を積み上げ、二人で困難に対応する中で、夫も少しずつ対応のポイントが分かってくるでしょうし、そうやって事実を受け入れることができるのだと思います。

    性急に寄り切ろうとしないで、今は夫に少し時間をあげてもいいように思います。

    ユーザーID:2388916889

  • むしろトピ主さんが特殊

    3歳の息子が自閉症と聞いて、大抵はなかなか受け入れられるものではないんじゃないでしょうか?すんなりと受け入れられたトピ主さんは、とてもお子さんに真剣に向き合っていてすごいと思いますが、それはむしろ珍しい方かと。
    母親でもすぐには受け入れられない方も多いんじゃないでしょうか?

    そして、トピ主さんの旦那さんはどうか分からないですけど、「自分も子供のころはこんなもんだった」みたいなところもあったりするようです。例えば話すのが遅いとか、一人遊びが好きとか。そういうところが自閉症だからとなると、「俺もそうだってことか」みたいなところもあったりするかと。

    3歳で診断されるっていうのは、割と重い方でしょうか?
    ちょっと厳しい言い方になってしまいますが、今はまだ目立たないかもしれないですけど、大きくなるとさらに目立つようになってきます。そうなったら、嫌でも向き合わざるをえなくなるんじゃないでしょうか?
    今は淡々と、トピ主さんがするべきことをするしかないと思います。
    その姿を見て、旦那さんもいろいろ考えると思います。

    自閉症だからこうしないとと言うよりは、この子はこういうところがあるから、こうした方がいいんだよという感じで伝えていくと、少しは抵抗が減るんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:2410722024

  • 生きていくには

    子供のレッスンする仕事についてます。

    旦那様の気持ちもよくわかります。
    死期が近づいてる子供を見るのが辛いからとお見舞いにこない父親もいます。

    自分の親が認知症が進んでいる姿を見たくない。その話しを聞きたくない夫。

    女性と男性とはどうしてこんなに受け取り方が違うのでしょうか。
    悲しみの量は同じなのに。

    スクールに入会するさいに自閉症の事をお話しされる親さんも見えれば全くお話ししない親さんもみえます
    長い間子供と関わってきましたので親さんからお話しが無くても何となくわかります。

    いろんな親さんがいます。
    子供が暴れていても知らんぷりのお母様。そういう時はお母様も疲れてみえるのでたった一時間でも預かり楽しんでもらおうとレッスンさせて頂きます。

    又ご両親が連れて見えてガラス越しにしっかり見てみえます。やはりいろいろ気になる所が多くフロントに直接ご相談にみえます。
    コーチを変えて下さいのお話しもあります。私どもでは危険な事以外は全てご希望にそうようにします。

    私どもは多くのお子様をお預かりしておりますがご両親にとっては大切な我が子です。

    旦那様は接する時間が少ないから。
    そうですね。それもあるかもしれませんね。

    あるテレビでやってたのですが我が子の難病を救うために苦労して薬の開発をしたお父様がいます。

    その方との違いはなんでしょうか。
    男性とか女性だとか接する時間が少ないとか。

    じげんが違うと思うのです。

    その答えは人間としてになるのではないでしょうか。
    自閉症のお子様を抱えてみえるご両親には残念ながら離婚される場合もあります。

    この世界全体が人と違う物をもってる人達に優しさと思いやりの心をもってほしいと切に願います。

    ユーザーID:9790638697

  • 他の子と関わらせる

    あくまでもうちの夫ですが。

    子供が3歳の時、初詣の帰りに近所のお子さんと家の前で会いました。
    子供と1カ月も違わず、お友達です。
    夫とはたまに顔を合わせるだけでした。

    そのお子さんが、夫に言ったんですね。
    「こんにちは、明けましておめでとうございます」
    子供らしいけれどはっきりといい、お辞儀もしました。

    家に入ったあと、夫から
    「あの子すごいな、もうあれだけ喋れるんだ」
    と言われましてね。
    「違う、うちの子が遅いの」「あれくらいが普通なんだ」
    と伝えたらものすごいショックを受けてました。
    当時うちの子は喃語しか喋ってなかったですから(会話が成立したのは就学半年前でした)。

    そこから一気に、積極的に療育に参加してくれました。

    お子さんと同世代のお子さんと接するのも一つの方法かもしれません。

    ユーザーID:7810722109

  • 療育の邪魔をしないならOK

    うちは2歳の9か月、入園まで療育に通っていました。
    受け入れていない、お父さんは多かったし、ものすごく協力的な人も稀にいました。
    毎日24時間一緒にいる母親でも、何年も受け入れられない人だっています。
    御主人は邪魔してる訳でも、否定してる訳でも、邪険にするわけでもないなら
    もう少し時間をあげて下さい。

    ユーザーID:6817591871

  • 自閉症だから、と言わない

    お子さんの自閉症診断だけでもこれからのことを考えると不安な気持ちや、大変だろうなあって想像でいっぱいになってしまうのに、ご主人、悩み増やさないでよ!って感じですね。

    これからトピ主さんは自閉症について勉強したり、周りの話を聞いたり、先生から指導やアドバイスを受けたことについて、あくまで「○○(息子さん)はこういうことが苦手みたい」「○○にはこう伝えたほうがわかりやすいみたい」というような感じで、自閉症って、ではなく、息子さんは、という言い方を徹底してみてはどうでしょうか。

    家の中では「自閉症」という言葉はご主人が受け入れられるときが来るまで封印してもいいと思います。
    自閉症ではなく、息子さんと向き合い、受け入れられればいいわけですから。

    同じ自閉症の子を持つお母さんからこう聞いたよ、ではなく、○○くんもこういうことが苦手みたいで、でもこうしたら良かったんだって、みたいな感じでどうでしょうか。
    トピ主さんも、療育!と気負いすぎず、少しでも楽しく家族にとってベストな子育てができるといいですね。

    ユーザーID:8663301782

  • 焦らず飽きず諦めず

    長期戦を覚悟しましょう。
    ゆっくりゆっくり一歩一歩。

    まず育児が大変なトピ主さんのサポートからお願いしてみては?
    「愛する妻へのサポート」ならそれほどハードルが高くはないでしょう。
    例えば家事を分担してもらえばトピ主さまの負担が減ります。

    そしてご主人を父親に育てるつもりで。
    褒めて育てるのが誰に対しても有効。
    焦っちゃいけません。

    ユーザーID:3245793058

  • 義父母への伝え方

    お忙しいところ、レスありがとうございます。
    テナガエビさんまで読ませていただきました。

    やはり、妊娠・出産が出来ない父親とは考え方が違うのですね。障害があっても健常でも、母親は少し周りが見えなくなりがちなので、父親が客観的な視点で助言するというのが理想ですね。

    私が、療育、療育と前のめりになりすぎるのも良くないかもしれません。世の中には発達障害に無理解な人も大勢いるので、夫から受け入れられない人の意見をもらうことも必要だと感じました。

    ところで、夫は夫の両親には自閉症のことを伝えたくないようなのでまだ伝えておりません。デリケートな問題なので夫本人から言ってほしい、と私はお願いしました。

    伝えたことのある方はどのように伝えたか、また伝え方のポイント等ありましたら、教えていただけないでしょうか?宜しくお願い致します。

    ちなみに、私の両親は元教師で子供の発達心理にもある程度詳しいため、息子の発達相談の段階から相談しており「T君(息子)のことを私達(実両親)も勉強するね、出来ることがあれば手伝うよ」との言葉をもらい協力の意思も確認しています。

    はっきり申し上げて、療育や息子の障害について、駄目だとはわかりながら夫よりも実両親に頼りたい気持ちでいっぱいです。

    ユーザーID:2660323339

  • 受け入れてるけど

    理解できてない旦那がいます。
    療育もほとんど参加したことないし、子供達の病院もほとんど行ったことがありません。
    なので、自閉症であることは納得?してるようなのですが対応がトンチンカンです。
    服薬の管理も私任せ。
    こういう家庭多いと思いますよ。
    療育通ってると子供の障害を受け入れられず離婚する例も見聞きします。
    なので、うちは子供達をそれでも旦那なりに可愛がってくれてマシかなと思ってます。
    癇癪に付き合ってくれることもあるし、長男は知的障害があったので支援級に進みましたがそれも反対しなかったし、それでも十分かなと思いました。
    同じクラスで、もっと色々一生懸命取り組んでるパパも知ってます。
    療育の月一回の個別授業に毎回夫婦で来てたとか聞いてます。
    羨ましいですよね。
    でも、比べても仕方ないです。

    ユーザーID:2686549199

  • 療育が出来る時代に育てられる

    「社会から受け入れられる子にするために、あなたがまず受け入れてあげなきゃいけない。」

    「覚悟を決めるだけでそれは出来ることだよ。本当は難しくない。直ぐできなくても失敗しても良い。」

    「理解しようとするだけで、わかる。得体の知れないものなんかじゃない。」


    最悪理解してくれなくても良いって割り切る。個人差があって当たり前。表に出すのが下手なだけで。


    「いつか後悔するよ。あんなに可愛かったのに、って。」


    女性はそういうのが得意。本能。
    男性は得意な人と苦手な人の差が大きい。

    旦那さんは毎日自分を責めてると思うよ。

    子供ふたりおるわーぐらい思いましょう。ひとりは稼いで来てくれる。笑


    主さんも無理しないで。いっぱい休んで、沢山笑う。

    ユーザーID:7547400295

  • やっぱり、同じ年の子をしっかり見てもらうこと。

    月齢の近い子と関われば、一目瞭然というか、全然違うから、受け入れられるかは分からないけれど、腑に落ちるとは思います。
    うちも全然受け入れませんでした。理解してもらおうと努力すればするほど、母親が悪い(おかしい人間)だからこうなったんだ、と自分の中でつじつまを合わせようと必死になって私を罵る毎日でした。手が出てきそうだったので別居しています。

    診察にも行きましたが、受け入れられないので、夫と先生の話しばかり、子どもの診察は何もできないことが続きました。検査の予定も主治医も何もかも滅茶苦茶にされて、元に戻すのに大変手間がかかりました。

    受け入れられないなら、診察も無理に勧めず、追い詰めず、夫さんの自由意志に任せたら良いと思います。邪魔しなければ、それで良し。自閉さんも千差万別。自閉さんの常識にはまらない場面も多々出てきますし、勉強したことがそのまま当てはまるとは限りません。

    光とともに、というまんがを読みましたが、あのお父さんのように、自分のことを自分でやってくれれば、こどものことは私がやるから、で家庭は回る気がするんですけどね。

    自閉症を理解させようとせず、息子さんと楽しく生活する方法を見つける努力さえすれば、良い父親ではないかな?と思います。自閉さんも人によって態度は変わるので、母親のやり方で父親が同じ結果を出せるとは限りませんから。自閉だけど、自分のやりたいようにやってみて、これは危険だから絶対やめて、困ったら私に聞いて。で放っておいて良いと思いますよ。最初からこうして、という決まりに縛られたら、こどもとどう接してイイか分からなくて困ってしまうとおもいます。

    信じて任せて、うまくいかなければ主さんがすかさずサポート。決して良い結果を求めない。

    将来のことは、将来がこないと分からない。
    今のしあわせを積み上げることが先では?

    ユーザーID:2390070971

  • 義両親に淡々と

    自閉症4才の子がいます。
    2才で自閉症と言われました。
    (横ですが、3才で診断されたのは重い方か?というレスがありましたが、自治体によってはとても早く診断される地域もあるので、重いと限らないと思います。私の地域では、2才代の診断が普通のようでした)
    うちは夫はすんなり受け入れましたので、義理両親への伝え方について書きます。

    義理両親には、逐一報告しました。
    私が伝えたか夫だったか覚えてません。
    親ははじめは信じてなかったみたいで、どこが問題なのかわからないと言ってました。言葉が遅れてるだけと感じてたそうです。私は、離れて暮らしてるんだからそりゃわからないよね、と静観してました。それがある日、自己刺激をしている姿をみて、親はおやっと気づいたそうです。
    淡々と報告するだけにして、信じるのはあとからでも、というのはいかがでしょうか。
    旦那さんからの報告だと、まず旦那さんが納得しないとだから、納得してからでも良いのでは。うちは早く報告しましたが、別に早く報告する必要ないですよね。

    ところで、主さんは受け入れてるんでしょうか?
    私はすぐに受け入れられたつもりが、1年後くらいから受け入れられなくなりました。もともと受け入れたつもりなだけで、できてなかったみたいです。もしそうなっても、落ち込まないでください。初めての子どもだと、場合によっては精神的に何かときついと思います。そんな簡単に受け入れられるお母さんは少ないです。

    ユーザーID:7483973633

  • 自閉症の僕が跳びはねる理由

    テレビの番組で「自閉症の僕が跳びはねる理由」の著者、東田直樹さんを取材したドキュメンタリーを観たことがあります。

    彼の本は、英国人作家のデイビィッド ミッチェルさんが翻訳し、英国でも話題になったり、今では30カ国語に訳され出版されています。

    デイビッドさん自身も日本人妻との間にできた自閉症の息子さんを持つ父親です。

    ドキュメンタリーの中で、東田さん自身が書いた本を読んだことで、自閉症の息子をもっと理解することができたと話されていました。

    父親が、自分の息子が自閉症であるということを認めることは、とても辛いことであると思います。もちろん母親も同じ思いです。ただ、父親が息子へかける思いは、母親とはまた違ったものがあるようにも思うのです。

    お勧めの本です。ご主人が息子さんを知る、何かのきっかけになれば幸いです。

    ユーザーID:8913390679

  • 特殊ではないと思います。

    レスの中ですぐに受け入れたトピ主さんが特殊と書かれていらっしゃる方がいますが、別に特殊ではないと思います。
    親の会などで会われる方は、落ち着いて受け入れていらっしゃる方が多いです。
    まぁそういう方だから親の会に参加しているとも取れますが、少数ではないと思いますよ。私自身もトピ主さんと似たような感じでした。

    以前から割と受容の早い人と、受け入れられない方との違いって何だろう?と考えていました。

    友人が新聞記事を教えてくれたのですが
    知的に高い人の方が子供の障害を冷静に受け止める、という研究結果が出たそうです。
    まぁ、そうでしょうね。って結果ですが。

    だって受け入れようが受け入れまいが、障害は変わらないわけで、だったら大切な我が子にしてやれることは何か?って考えるほうが普通だと思うんですよね。
    それを、受け入れられないとか、うだうだ言ってる時間がもったいないって考えないの?って頭がたいして良くない私でも思ってしまう。

    合理的な考えは男性のほうが得意かと思っていたのですが、意外と父親が受け入れられない事が多い。
    それは子供を助ける立場で考えるより、社会的立場で考えるからではないか?と思います。

    受容できない人って、子供が困っているから助けよう、という意識より、障害に対して偏見を持っていたり見下している意識が高く、不幸だと決めつけている。
    見下しているから、受け入れられない。世間体が気になる。
    自分自身が持つ偏見に自分が苦しむ。
    はたから見ると、滑稽じゃありませんか。

    旦那様も偏見がなくならない限り、苦しむんじゃないかしら。
    多分、旦那様がそのような考えなら義両親も受け入れられないと思います。
    無理に告知しなくてもいいのでは?

    受容を無理に押し付けるより、父親として、人間としてどうありたいか考えるサポートが必要なんじゃないかと思います。

    ユーザーID:0567093619

  • グレーゾーン男児の父親の立場から

    > 息子が自閉症だと信じたくないの一点張りです。

    これ、本当にご主人が仰っているのでしょうか?そんなあからさまに理不尽なことを自ら言う人がいますかね。
    本当はご主人は診断結果に違和感を抱いているのではないですか?それを貴方が「夫は信じたくないのだ(なぜなら診断は私の直観とも合致して絶対に正しいから)」と解釈しているのではないですか?

    まだ3歳であれば専門家の見方にも幅がありますから、夫婦間でも受け止め方に差があって当然です。ですからトピ文には本来、発達の遅れの程度や夫婦の認識、対話の内容が記されているべきですが、貴方の文からはご主人とすり合わせをした形跡が感じられません。
    まあ、全く勉強しないのだとしたら確かにご主人の怠慢ですので、的外れかもしれませんが。

    ご主人は違う視点を持っているはずだという意識で、療育もいろいろありますから(例えば、ABA的手法はうちの息子には逆効果でした)、意見を聞いてみたら、積極的になってくれるのではないでしょうか。

    我が家の場合、2歳半で受けた発達検査で、知能含め一年以上の遅れと判定され、妻は非常に落ち込みましたが、私は懐疑的でした。理由は、運動発達に関する妻の申告が一部間違っていた(息子が既にできつつあることを、外遊びにあまり行かない妻は把握していなかった)ことや、発語は遅いが識字は早かったこと、息子を観察していて彼なりに思考を巡らせているとの確信があったことなどです。
    (でもこういう直観には学術的根拠はつけられませんから、「受け入れられていない」とも言えます。なにしろ深刻な発達障害の事例は探せばいくらでも専門的分析が出てきますが、結局杞憂だったという事例は素人の書き込みくらいしか見つかりませんから)

    その後、3歳半過ぎから劇的に伸びました。
    当時妻は悲観的に過ぎ、私は楽観的に過ぎ、実態はその中間だったのだろうと今は思っています。

    ユーザーID:9545818366

  • 受け入れようが受け入れまいが、障害は変わらない

    上の方のレスにありました「受け入れようが受け入れまいが、障害は変わらない」まさにこれに尽きます。

    正直受け入れられるかどうかというのはどうでも良いことです。
    自閉症だという障害名も別にどうでもいいこと。
    名前がついたから、受け入れられたから、障害になるわけではありませんから。

    母親だけでは対応しきれないことなんて出てきませんよ。
    トピ主さんは単に自分だけが受け入れている状態(子供の障害を認識した以上当然受け入れざるを得ないし実際子供の障害を感じるから)なことに不満があるのだと思います。
    夫婦なのに自分だけが不安になり、考え、勉強しているという現実に不公平感を持っているのだと思いますよ。

    その気持ちはわかります。私もそうでしたから。
    おかしいんだ、みてもらおうと思うんだ。内容によっては療育に行かせようと思うんだ(すでに検診等では発達に難ありと数度言われている)と真剣に行ったときの夫の「そこまで(ひどい)か!?」というしぼりだすような声は忘れられません。
    そんな夫でしたが、療育上必要なことにはすべて参加してくれましたし、周囲をみて発達障害児にも(重度障害児にも)慣れて、理解しました。
    結果的に一年、毎日療育に通わせましたが、うちは発達障害は「ボーダー」のままでした。
    それを聞いてトピ主さんはどう思いますか?

    前述したとおり、周囲がどう考えようとそういう子供である事実はそのままですから。でも障害名が無いなら「障害もないのに変な子」です。どこからも支援も温かい目もなく世間の荒波に出さないといけない日が来ます。
    私はむしろ障害名がないことに不安を感じています。
    この不安をトピ主さんのご主人に伝えたいですよ。
    今のトピ主さんのご主人なら「障害がないならそれに越したことは無い。よかったじゃないか」と言うのだと思いますが。

    ユーザーID:2143112918

  • 「前のめり」大いに結構

    母親が前向きにならなくてどうします?
    「自閉症ママ」さんの意気込みを見て周りの人たちが覚醒するんです。

    全員後ろ向きなんて救われないじゃないですか。
    どんどん前のめりになりましょう。
    「知は力なり」
    そして情報公開もお忘れなく。

    応援してます。

    おまけ:
    「夫よりも実両親に頼りたい」よりも「夫【にも】実両親【にも】」の方が。
    できれば義両親【にも】。
    道のりは長いんです。
    階段は一段一段昇りましょう。

    ユーザーID:3245793058

  • 受け入れる

    完全に横で失礼します。
    受け入れるのって大事ですよ。
    どうでも良いことはありません。

    受け入れるか受け入れないかで、子への気持ちや接し方が違ってくるんです。
    私は医師から発達障害といわれ、数ヶ月後に自閉症といわれ、そうだよね!とすぐ納得しました。発達障害といわれた時、既に療育に通っていました。
    でもそれと受け入れられるかは、別のこと。
    わかりにくいですかね。

    自閉症だろうと何だろうと構いませんでした、子どもの生きづらさが軽減されるなら。
    でも、親子共に生活に困るような症状がほぼなくなると、知的のせいか自閉のせいか分かりませんが、おかしな挙動(他人から障害があるんだなと思われるだろう言動)をするようになり、それが私の目につくようになり、気にさわるようになりました。その思いは、いまも多少あります。

    子どもに障害があるのを納得していても障害のある子どもを受け入れられてないと、自分にも子にも良くないです。心から受け入れられるのが良いに越したことはありません。じゃあどうしたら受け入れられるのか、それはわかりません。

    ユーザーID:7483973633

  • 2度目です

    特殊は確かに言いすぎましたかね?

    でも、実は私は親の側ではなく発達障害のお子さんと関わる側なんですが、障害が軽ければ軽いほど受け入れるのが難しいというか。一見受け入れてるように見えて、がんばって療育を受けて普通にしようとしてる親御さんというのが意外といらっしゃるんですよね。
    知的障害がなかったり軽いお子さんだと、どうにか普通級に入れようと奮闘して、結果お子さんがかわいそうな状態になっているというところも少なくないんです。
    それで軽いのか重いのかが気になったんですが、診断が2歳が普通のところもあるんですね。療育に積極的な地域でしょうか?

    うちの子も少し発達障害の特性があって、でも結果的には今健常域ですが、これが本当に障害だったとした時に、今までさんざん疑っていたとしてもすぐに受け入れられるとは思えませんから。こういう仕事をしていてもです。

    なので、一晩で受け入れられたトピ主さんはすごいなと思った次第です。
    でもそれを旦那さんにも求めるのはかわいそうかなと。

    障害を受け入れるっていうのはとても大事ですけど、一番大事なことは旦那さんがお子さんのことをかわいがってくれてるかどうかってことなんじゃないかってことだと思うんですよね。
    これは職場で一番感じることです。
    障害を受け入れられない結果お子さんをかわいがれないというなら問題だと思いますが、今かわいがれているんだとしたら時間が経てば受け入れてくれることと思いますし、今もしかわいがれてないんだとしたら、そっちを気にしたほうがいいかと。

    義両親への告白のことは、同居してるんでもなければ追々でいいんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:2410722024

  • レスします

    身内の事です。この先お役に立てたらと思い書きます。

    身内に25だったかな?4年生大学出ています。何故大学と思われるでしょうが、県でランクの低い高校にも推薦が来ます。その子がどうしても大学行きたいという事で推薦通りました。
    今スーパーで働いて月に6万あるかないかです。親が死んだらどう生きて行くんだろうと思います。

    親は、この子が小学校に上がるとき障害学級が恥ずかしくてハラハラ。
    ボーダーラインすれすれで普通級に。親はホッとしてました。
    やはり浮いて友達一人もいませんよ、大学卒業するまで16年間もあるのに。
    今になって思うのですが、1年生から障害学級にいたら、
    それなりの指導を受けて、それなりの所に就職出来たと思う。
    時々そういう方が団体で、病院や公園の掃除をされているのを見ます。
    そうしたらもっと生きて行く道あったと思います。
    6万の金も采配出来なくてアッという間に使っているようです。
    ???とおもうお子さんをお持ちの方、
    しっかりその子の将来を考えて上げてください。
    親の見栄で普通級にこだわらない方がいいと思います。
    いつか親は死ぬんですよ。

    こんな事もあったそうです
    先生がテーマを言われて画用紙をみんなに渡した。
    その子は1時間なーんにも描けないで白紙のまま。
    座ってるのも苦痛だったと思います。

    ユーザーID:0237501469

  • 失礼な事言われている気がするんですが?

    長年、我が子の心に寄り添ってきた者として
    >今までさんざん疑っていたとしてもすぐに受け入れられるとは思えませんから。
    ってバカにされてるような気がします。
    関わるようなお仕事をされてる方なら尚更です。

    発達障害じゃいけませんか?
    私の子は受け入れられないような存在なんでしょうか?
    息子と発達障害は切っても切れないものです。
    その息子は困難を抱えながらも頑張っています。
    母親思いの優しい子です。
    私の自慢の息子をけなされているようで、いい気はしません。
    発達障害でない貴方は、そんなに素晴らしい人間なんですか?

    どんな状況で生まれてきたとしても
    それで人間の価値が決まるものではないと思います。
    ハンデがあっても、前向きに頑張っている人の方が
    ハンデが無くても、頑張っている人を蔑むような人より
    私は尊敬に値すると思っています。

    やはり受け入れられない人は偏見を抱いている。
    その偏見で苦しむんだろうと思います。

    そういった小さな偏見の積み重ねが、子供達が生きにくくなる原因の一つだと思う。

    診断はその子の特性を理解し、支援の為に必要なものであり
    その子を否定する為の物ではありません。

    あるがままを親に受け入れられないという事は
    発達障害児であれ
    そうでない子であれ
    本人にとって辛い事になるのではないですか?

    診断によって
    その子の事が理解しやすくなるのなら
    それは受け入れた方が子供にとって、いい事でしょう。

    貴方は子供の心に寄り添えるのですか?

    ユーザーID:0567093619

  • 大丈夫、普通だよ

    >療育や息子の障害について、駄目だとはわかりながら
    >夫よりも実両親に頼りたい気持ちでいっぱいです
    ダメじゃありません
    今まだ受け止めキレてないご主人より、両親を頼りたい
    普通の感覚です
    それをハッキリ言うのは止めた方が良いけど、少しずつ両親に相談
    ご主人には報告と、両親に聞いてもいいかを確認して
    義両親に言うのは、タイミングも含めて、ご主人にお任せしてはどうですか?
    もっと受け入れられない可能性が高いですよ

    ユーザーID:1780565753

  • 残念ながら

    父親は、母親よりも現実を受け入れるには難しいこともあります。
    発達障害の子を持ったがために、母親が心身を崩したり、夫婦で認め合っていなかったり。
    心の葛藤が長いこと続きますよ。
    主さんは、お子さんの障害を受け入れる準備ができて、実親を頼りたいとのこと。
    もし、ご主人が周知されるのを拒むなら、主さんから伝えてもよいと思います。
    私の周囲には、夫側が子どもの障害を受け入れず、離婚に至り、母親が子どもの療育に費やす時間を多くとられている方を見受けます。

    もし、可能なら教育者の両親から伝えることができれば、義実家側もお孫さんに向き合えるかもしれません。
    ご主人は、主さんにお子さんを任せっぱなしにして、現実逃避の可能性大ですね。
    その場合、一人育児を覚悟したほうが良いです。
    主さんが可能なら、ご主人と一緒に、療育センターや医師を専門機関で連れて行ってならしていくしかないかもしれません。
    お子さんの発達に関して、とても不安だらけだと思います。
    理解者を少しでも増やして、お子さんの成長を促せたらと思います。
    最初から、夫に何事も期待できないのであれば、主さんの思い通りに進んでいくしかない選択になるかもしれません。

    ユーザーID:9520366086

  • 家も同じです。

    私の息子は小学校一年生の時に、自閉症スペクトラム、学習障害、ADHDと診断されました。あれから7年、父親はまだ発達障害を認めていません。子供本人は支援学級でトレーニングを重ねたおかげで、だいぶコントロールも出来るようになり、一時期不登校だったのもなくなり、改善してきました。

    本当に大変でした。暴れたり叫んだり壊したり。目に見えないので周りにも理解して貰えないし。父親は、ドクターの言うことなんて信じなくていい。なんて子供に言ってしまうし。子供本人も苦しかったと思います。

    今、落ち着いているのも、学校の先生、病院の先生、支援学級の先生、お友達、それだけでなく、私の職場の同僚や上司、皆の力添えがあっての事です。しかし、父親はまだ分かってないし、受け入れていません(笑) ただ個性が強いだけ、普通の子だと言い張ります。

    でも、私も少し考え方を変えてみることにしました。父親の考えも受け入れてみるのもありかと。発達障害だから何かしないと!と神経質になるのも、母親が自滅しかねません。私は、そうでした。疲れきってしまって。

    父親は、普段子供との接触も少ないですから、仕方ない部分もあります。だから、時間をかけて子供を知ってもらう、ある意味、普通の子と同じように接するのも有り、だと。本当に時間をかけるって大切だと思います。話が少しズレテしまいましたが、いい、加減で頑張って下さい。

    ユーザーID:1132452592

  • 療育に積極的な地域

    横のやり取りを再び失礼します。
    療育に積極的な地域かという問いかけがありましたのでお返事です。
    正直、積極的かはわかりませんが、1才児で週1日、2才児で週3日、3才児で週5日(単独通園)の公的な療育が受けられる地域です。
    東京では2才児だと月2回が普通と聞くので、東京と比較したら、格段に多く受けられます。
    他の土地のことを知らないので、どちらが標準的かわかりません。

    あとスミマセン、ナスカさん、
    かなさんの発言は、親としてご自分のお子さんの障害をすぐに受け入れがたいということだと私は読みました。よそのお子さんのことは言ってないですよね。
     なかなか受け入れられない親もいるんだと思いますよ。私がそうなんですが。障害を認めていても納得していても、とっくに療育受けさせてて義親や親戚や友人に堂々と知らせていても、我が子を見つめる親の心は複雑です。
    私の近くに、お子さんの発達障害を受け入れられたのはお子さんが40才越えてからだったという方を知ってます。受容に40年近くかかる人もいるんですよね。その人、お子さんが子どもの頃から、お子さんのためにベストの生活環境、支援教育を与えていました。決して、障害じゃない!という感覚はないです。
     ナスカさん、我が子の障害を受け入れるのは普通のように思ってらっしゃるようですね。同じ発達障害児の母親でも、我が子の障害を受け入れるということについての捉え方が全然違うものだと、改めて驚かさせられます。

    ちなみに、発達障害児を普通学級に入れるのはアリだと思います。うちの子は支援級が合うはずなので支援級に入れたいのですが、普通学級にいるからこそ伸びる子もいると思います。脳科学の見地からそう言われてるし、発達障害当事者の体験談でもそんな例があるので。
    だから一概には、発達障害児を普通学級に入れるのはかわいそう、と言えないかと。
    子どもによりますよね。

    ユーザーID:7483973633

  • 旦那様は「受容の過程」途中に居る気がします。

    障害等の需要は一般的に
    1、ショック
    2、否認
    3、混乱(揺れる)
    4、解決努力
    5、受容
    の段階を経る方が多いと考えられています。勿論、この段階通りに進むとは限りませんし、各段階に要する時間も個人差があります。

    主様は主様の速度で今の心境に至り、旦那様は旦那様の速度で進んでいらっしゃると感じます。
    自閉症に限らず、(治療が容易でない)診断名が付くと
    >〜が…だと信じたくないの一点張り
    の心理状態を経験する方は少なくありません。

    でも旦那様は【診断名】には受け入れ難さを感じていても
    >検査等には何度も同席してもらい、質問もしていた
    ならば、父親として、ご子息に何かしたい・最善を尽くしたいと言う気持ちはお持ちの様に感じます。

    主様の
    >夫婦一丸となって、息子の療育を進めて行きたい
    お気持ちは良く分かりますが、父親としてお子様を愛している・努力している様であれば、受け入れにかかる時間は人それぞれなので旦那様に時間がかかるのは仕方がない+誰かが何かしたら受け入れ速度が変わる訳ではなく旦那様が自分で乗り越えていく課題だと私は思います。

    >療育や息子の障害について、駄目だとはわかりながら夫よりも実両親に頼りたい気持ちでいっぱい
    【祖父母として】主様ご両親が協力するのは、全く問題が無いと思います。
    また勉強を教えるのは親ではない方が感情的になり難く、良い場合も多いです。

    ただ、お子様の父親は旦那様だた1人。
    >3歳の息子
    幼少期は母親や祖父母の方が、ケアに向いている場面が多々あると思いますが…思春期になる頃、第2次性徴の体の変化・異性との事等、母親よりも父親と男同士で話して頂く方が良い事があります。旦那様の受け入れ具合に関係なく、将来の事を踏まえ、今から父と子の愛着・信頼関係等の構築は重要です。

    夫婦で同じ考え=一丸ではなく、役割分担・適所適材で一丸とお考えください。

    ユーザーID:3767884408

  • 落ち着いて!

    診断がついたのは先日ですよね?
    ご主人もまだ心の整理がついていないのに、ご主人のご両親に伝える必要なんてありますか?
    トピ主さんのご両親は職業柄発達障害や子供の心理に詳しいかもしれませんが、
    発達障害なんてここ数年でだいぶ浸透してきたというレベルの概念で、何の知識もない
    高齢のご両親にまでいますぐ伝える必要は感じません。
    なぜ、そんなに急いで伝えたいのですか?

    我が家にも発達障害の息子がいますが、知っているのは私の母だけです。
    父は知りません。戦前に生まれた父が正しく理解できるとも思えないし、父が知らないことで
    弊害もないです。

    トピ主さん、焦りすぎだし、頭でっかちです。
    受容の過程って人ぞれぞれです。いったん受け入れたような気持になっても、また
    拒否的な気持ちになることもあります。
    もう少し待ってあげてください。

    ユーザーID:5765783863

  • 自閉症と言われたからって落胆しないで

    小学校高学年の母親です、未熟児で産んだ男の子(長男)の事ですが1歳半くらいから、協調性がない、2歳半くらいで集団で一人だけ違う行動をしてると心配してました。これが他人のお子さんの事なら小さいから当たり前でしょ〜と笑っていられるかもしれませんが、一人目の子、心配性な私には、この世の終わりとまで感じていました。
    事実、幼稚園の先生にも遠まわしで、多動と言われてしまったこともあり初めて行った専門機関でも、多分ADHDだろうと言われました。
    でもね、そこの専門の先生がADHDと名前はつくけど、この子はとても良いものを持ってるよ、良いところを今後も伸ばしてあげてと言われ気持ちが少しだけ軽くなりました、聴力と算数が得意な子になりました。

    今って、発達障害って名前が流行みたいになってませんか?
    だれでも、あてはまるところってありませんか?完璧な人が人生成功する?
    そして、夫(男)は多くの方が無関心である事が多い、子供の現実に向き合うのはいつも母親です、母は強し。
    あなたの夫だけではありません、自閉症はとても頭のいい子や特別な才能がある子が多いんですよ。
    療育を通して、同じ悩みを持つ御母さんたちと沢山話をしてください、きっとめげないで頑張っていけるから。
    そして息子さんの応援をしてくれる良い先生(学校、幼稚園、医師など)に出会える事を祈っています
    そして沢山の本を読んで自分も勉強してください。

    ユーザーID:0659098203

レス求!トピ一覧