現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

2人目妊娠中の妻のために出来ること

りゅうじ
2018年12月26日 15:31

20代後半の男です。2歳で来年春から幼稚園年少の娘、同い年の妻がいます。また、来年3月には2人目が生まれます。

妻が落ち込んでいて困っています。
1人目を産む時に正社員を辞め、妻はフリーランスとして在宅ワークをしてきました。収入は扶養内にギリギリおさまる程度です。
収入は世間的には大したことないと言われるのかもしれませんが、時給換算すると2000円以上のようですし、平日日中はほぼ専業主婦として家事して育児して、仕事も自分で見つけ複数のクライアントと継続的にやり取りしてるのはすごいと思います。

妻は年末年始の挨拶と共にクライアントに妊娠中であることを伝え、来年の2月から4月は休むことを伝えたそうです。上の子の入園も重なるし長めの休みにしたそうです。

クライアントもそれぞれ暖かい言葉をくれ、休みも了承し再開まで待っている、と言ってくれたそうです。

クライアントの理解ある対応も今までの妻の仕事の成果と思っているのですが、妻は「2人目産んでも仕事できるかな」「お前なんていらないって切られたらまた仕事見つかるかな」と不安そうです。

別に妻の仕事がなくても、自分の年収のみでも将来への貯蓄含めやっていけるので妻には産前産後穏やかに安心して出産、育児をして欲しいのですがどんな言葉をかけたらいいかわかりません。

結婚前は妻とは同じ職場でしたして具体的なお金の管理は妻が主体でしているので私の年収や上がり幅なども把握しているかと思います。

自分がしてることは
・在宅時、家事や育児を担当
・妻の1人の時間を作るために娘を連れて積極的に外出(妻が切迫早産気味で外出はあまりできないのを気に病んでるのも理由にあります)
・1人目妊娠中は両親の発言に落ち込んでいたので両親と妻を会わせない(妻妊娠後は私と娘のみで実家に泊まりに行ってます)

他にどんなことができるでしょうか。教えてください。

ユーザーID:2608001841  


お気に入り登録数:4
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:2本


タイトル 投稿者 更新時間
お金の問題ではない
たかこ
2018年12月27日 5:54

奥さんは自分が社会に必要とされる立場でいたいのではないでしょうか

仕事が出来なくなっても俺の収入で生活できるのだから問題ないんだし
家のことだけやってくれたらいいんだよ

とは言ってはいけない気がします

女性だって自分の仕事に誇りを持って
必要とされたい人もたくさんいますし
育児があるから不要範囲内で我慢しているだけで
本当はバリバリ働きたい人なのではありませんか?

奥さんにこれからもずっと仕事を持ち続けたいという強い気持ちがあるのなら
自分の年収だけでもやっていけるから仕事のことは気にしないでもいいというのは
奥さんの気持ちを無視していることになりますよね

家計の為に少しでも収入が欲しいのか
自分のために仕事を持ち続けていたいのかの違いじゃないかな

奥さんがやりたいことを尊重してあげて
それにたいして全面的に理解し協力してあげるのが一番いいと思いますよ

ユーザーID:0587734430
三人でお腹の子の誕生を楽しみに暮らす
あらかんです
2018年12月26日 23:28

環境に合わせて道を切り開いていける素晴らしい女性ですね。
彼女には彼女のやり方や考えがあるので、トピ主が良かれと思ったことが彼女のニーズに合うかは事例によりけりでしょう。

だからいつでも彼女の希望やトピ主の都合を擦り合わせ、話し合いが持てるようにして置くことが肝要です。

端から見ればトピ主はかなり妻に対応している部類の夫に見えます。
実際妻から不満は無いのか、それを今後も確認する行程を怠らなければ良いのです。

二人目出産後に仕事がどれだけ出来るかは、子供達のみならず親達の体調や周りの環境の変化にも影響されます。
しかしそれを今いくら心配しても、実際どうなるかは蓋を開けてみなければ判りませんよね?
無闇に不安に思うより、今は新しい家族が増えることを楽しみにする方が母子の体調にも良いはず。
君は今それだけの事ができているのだから、きっと今後何が起こっても何かしらやれるに違いない。
勿論僕も家族のためにできる限り協力するよ。

そう言って彼女の精神的安心感を支えてあげれば良いと思いますよ。
妻が不安や愚痴を夫に言えるのは、夫が聞いてくれる人と思えるからです。
お互いにその関係を大事にしましょう。

ユーザーID:2133885678
 


現在位置は
です