50歳で専業主婦になります

レス33
(トピ主4
お気に入り179

生活・身近な話題

さくらさくこ

28年間勤めた職場を来春に退職します、50歳の女性です。
同い年の夫と、子供が2人(大学生と高校生)います。

あまりにも多忙で、休みもほとんどなく、ストレスの多い職場。
それと反比例するかのように年々衰える体力・気力。
勧奨退職の対象になる年齢に達したこともあり、決断しました。

迷いがなかったわけではありません。
というより、迷いだらけです。(もともと優柔不断な人間です)

でも、たとえ経済的には苦しくなっても、
家族に手作りの食事を準備したり、毎日掃除をしたり、
朝から洗濯物を干したり、チラシを見て買い物に行ったり・・
というような、普通の暮らしがしてみたくて。


先輩方の中で、こんなパターンの人生を歩まれた方はいらっしゃいますか?
また、私と同じようにしたい・しようと考えておられる方はいらっしゃいますか?

お聞きしたいです。

ユーザーID:4719804045

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今からですか?

    びっくりにポチしました。

    今から専業主婦ですか?
    やっと子供のことに煩わらせずに仕事ができるようになったのに。

    ずっと専業主婦だったのが、子育て終わってから働き始めた私と真逆です。

    家のこと子供のことなど、後顧の憂いなく働けるのにもったいないというのが私の感想です。

    ゆっくり家事をしてお弁当をきちんと作ってあげたい気持ちも理解できます。
    でも、あと数年ですよ。

    ユーザーID:5299650776

  • 専業主婦ですが

    普通のくらしとあなたが思ってるほど楽ではありません。
    まあ、楽をするかバタバタするかも自分で決めることですが。

    >家族に手作りの食事を準備したり、毎日掃除をしたり、

    ということは今まで手作りの食事を用意せず、掃除も毎日しなかったのですか?
    だったら、これを毎日やるのは大変だと思います。
    愛情たっぷりというのはそのために自分の時間を犠牲にすることもある。
    経済的に余裕が無い分節約やら倹約しながら手作りするのは、
    真面目にやるととてもしんどいですよ。働いて手抜きしても経済的余裕があるならそっちの方が普通のくらしです。

    ユーザーID:9968694992

  • 母(齢82歳)がそうでしたよ

    まぁ母の場合は50歳頃に病気になり、欠勤が続いてやむなく退職しましたが。

    元からアクティブな人でしたので、しばらく静養して体調が戻ったら自分の退職金(バブル期に退職したのですごい金額でした)を少しずつ崩して、海外だ!趣味だ!とやってました。
    それまでほとんど刺身と干物と煮物の夕食がさまざまなレパートリーが増えて、味も良くなりました。

    人生謳歌してんなぁ、と思います。

    まぁ私も在宅の仕事なんで、半専業主婦みたいなもんですけどね。私は完全なるインドア派なので、母とは違う意味でエンジョイ中です。

    ユーザーID:1445238470

  • 私は後悔しました

    長年の勤務お疲れさまでした。私も数年前52歳の時全く同じ様に考え、仕事を退社しました。楽しかったのは最初の2ヶ月だけ。4ヶ月目には、耐えられなくなり再び就職活動。幸いにも職歴が物を言ったのか、この年齢で正社員で好条件の仕事が直ぐに見つかり、今に至ります。
    私の場合何が駄目だったかと言うと、社会から隔絶されている喪失感、そして社会に属していないという焦燥感で、自分のアイデンティティがなくなってしまった気がして落ち込んでしまいました。それと、やはり、経済的理由。スーパーで食材を購入するにも1円でも安い品を探して夫の収入内でやりくりするのにもストレスを感じました。


    この年齢でフルタイム勤務は正直きついです。後定年まで10年、と考えると溜息が出ることもしばしばですよ。でも、今の所退社は考えていないです。

    ユーザーID:6381031684

  • お疲れ様でした専業主婦を楽しんで

    トピ主様、28年お勤めご苦労様でした。
    私は、60歳まで38年頑張ったけど、トピ主様の気持ちは良く分ります。
    仕事と家庭、特に子育ては大変です。
    私も退職を指折り数えて、65歳まで勤務出来ましたが辞めました。
    友人は勧奨退職で50代で辞めています。
    ご自分の退職金も年金もおありなのですから、経済的には心配ありませんよ。(健康保険も年金もご主人の扶養に入れます)
    私は、専業主婦になり、まず、家の整理を徹底的にしました。
    通勤用のスーツやブランドバッグはすべて処分。
    家中、スッキリ、ピカピカです。
    好きな料理を楽しみ、友人達と旅行やランチをゆっくりできます。(夫は65歳まで働いてもらい)
    もともと、仕事をしてきた人って、家事も手早く上手ですから、ゆとりの時間が出来ます。
    地域のボランティアや、親戚付き合いも良く出来ます。
    トピ主様は、まだまだお若い、これから、お子さんを独り立ちさせ、ご両親の介護も出てくるでしょう。
    人生を楽しみながら、頑張ってくださいね。
    私の実感としては、どれも大変だけど、やはりお金を頂くこと、仕事は一番大変でした。(私は夫に甘いです、仕事の苦労が分かるから、専業の方って夫に対して厳しいですね)
    本当に、専業主婦生活は天国です。

    ユーザーID:3827759156

  • 周りにいますよ

    中学時代の恩師と職場の先輩が50代初めに退職しました。仕事、家事、子育てで忙し過ぎて自分の人生を見直したくなったと言ってました。その後は、趣味を見つけたりボランティアをしたり頼まれてバイトしたり、結構活躍されてます。子育て支援も不十分だった時代に仕事との両立、大変だっただろうと、本当にお疲れ様という気持ちでした。
    私は独身なので仕事は辞められませんがそういう人生の方向転換ありだと思います。

    ユーザーID:7366597523

  • 2点を除いてほぼ同じ

    違う1点目:「〜というような、普通の暮らしがしてみたくて。」という点。
    私は、家庭の事情で辞めました。
    退職して、ひどい便秘と睡眠不足は解消し、仕事のプレッシャーからも解放されましたが(残った仲間には申し訳ない)、家事の手抜き理由が無くなってしまいました。

    違う2点目: 家庭の事情が解消したら、今度は緩く働くつもりです。

    トピ主さんは、新しい生活を楽しめそうで、良いと思いますよ。

    ユーザーID:6667475556

  • 快適です

    子供はいませんが、会社を辞めた経緯が少し似てます。
    20年以上務めた会社でしたが、50歳に近くなって、どうやら老眼が進んできて。

    でも当時は眼鏡かけるのが恥ずかしかったし、
    仕事も段々パソコンでする事が多くなり、
    覚えられない訳じゃなかったけど、面倒で。

    極めつけは引っ越して、通勤が大変になった事です。
    20分満員電車に乗り、そこからは30分バスを使う事に。
    それまでは電車(乗ってる時間も10分以内)1本でしたから、
    余計に大変だと思ってしまいました。

    仕事は楽しかったし好きでしたが、辞めました。

    それから人生初めての専業主婦。
    隣の奥さんと玄初めて関前で立ち話した時、何か感動しました(笑
    家事は好きでしたから、楽しく暮らしてます。

    ユーザーID:8544376855

  • 逆の立場で

    同じ50歳 子供もそんな感じの2人居ます。

    私は結婚後はずっと専業主婦です。
    子供が大きくなってから、パート勤めを始めようとしました。
    趣味が料理なのでその関係の職種を探しても、年齢制限 職場が遠い 地方在住でそんなに希望の職場も無い。
    諦めました。

    年齢で体力の衰えや制限される事が多くなり、その現状を実感しています。

    今後は昼間の時間を有効に使えますね。
    あと数ヶ月有意義に過ごして下さい。

    ユーザーID:7525353445

  • まるで逆をやってます(笑)

    私はトピ主さんとまるで逆です。
    49歳になった今年の春から働き始めました。パートですが。
    31歳で正社員の職を寿退職してからは、ほぼ専業主婦でした。
    家族は夫と中学生娘ひとりの3人家族です。

    なぜ働き始めたかというと、、、、
    やはり暇な時間がありすぎるからです。
    それにママ友や昔からの友人達を見渡しても、
    今やもう全く働いていないという友人は誰ひとりいなくて。

    働いてない=なんで?ひまでしょ?日がな1日なにやってんの?
    みたいな空気をヒシヒシ感じるようになり、それにだんだん
    耐えられなくなってきたのです。

    あと、暇と思われる専業主婦をしていると、
    とにかく、色々なボランティア活動などに誘われます。
    やってもいいかなと思うことは参加したりしましたが、
    これはどうも気がすすまないということも熱心に勧誘されたり。
    自治会、PTAにもうってつけの存在のように言われたり。
    (トピ主さん要注意ですよ!)

    こりゃダメだ!やっぱり外で働きたい!!働かなきゃ!と
    本能的にそう思い始めたのです。
    働き始めて、今のところ、良いことづくしです。
    規則正しい生活をするようになり若干、体形が締まってきました。

    子供も「へぇ〜ママも外でお金稼げるんだぁ」
    と少し見直してくれた感があり(?)
    積極的にお手伝いもしてくれるようになりました。
    夫も、私が働かなくても別に困りはしないけど
    お金はあるに越したことないから、良いんじゃないと
    言ってくれてます。

    来年、50歳になります。
    50歳で履歴書持ってウロウロ、ペコペコするのも嫌だし、
    49歳のうちになんとか職を得られて良かったです。
    長く居られそうな職場なので還暦までは働き続けたいと思っています。

    まぁ、私のことは、ともあれ、トピ主さん28年間本当にお疲れ様でした。

    ユーザーID:6645598296

  • お疲れ様です

    私もそうしたいです。
    が、私の場合は専業主婦10年してからの14年週5パート生活なので、きっとまだまだパート生活です。

    でも50歳になったら専業メインで、パートも週3回程度にしたい…。掃除や洗濯やキッチン磨きやあれこれしたいです。終活に向けて片付けたい!

    >普通の暮らし
    多分ですけど。
    トピ主さんは半年もすると、パートに出ると思います。(選ばなければ仕事はあります。)
    働く性分の人は、家だけだとストレスになるのです…

    でも「はじめての長いお休み」楽しんでください。

    ユーザーID:6223239374

  • 私の例でよければ

    難病の親の世話と義親の通院の補助、それに更年期症状もあり仕事に支障をきたすようになったので、きっぱり辞めました。

    親たちをやっと看取り、気が付けば専業主婦の50代半ばの者です。

    ハッキリ言って愉しいです。専業主婦生活。

    家事って奥が深いですね。
    洗剤なんて使わなくてもこんなに汚れ落ちるものなんですね。
    ハムも家で作られるんですね。

    それを専業主婦歴ウン十年の友に話すと、今更?と笑われました。

    女性の離職年齢のデータが確か50才がピークだったような…

    いろいろ重なる年齢なのかもしれませんね。

    これから更に体力も衰えていくでしょうし、家事のルーティンのようなものを今のうちに確立しておこうと計画してます。

    あ…やっぱりまだ仕事のクセが抜けてない…

    しかし収入減なので、家事にのめり込めばのめり込むほど倹約になるのでそれは新しい発見ですね。
     
    家事がもはや趣味化してます。新鮮で新鮮で。

    養ってくれている夫に感謝。せめてご馳走作って気持ちを伝えていきたいですね。

    ルーティンを完成させて時間が出来たら、細ぼそとでも仕事を再開したいです。

    ユーザーID:5105338706

  • いいですね〜

    これまで本当にお疲れ様でした。
    並々ならぬご苦労もあったかと思います。
    早期リタイヤで、家事や普通の生活などももちろん、存分に「大人の自分の時間」も持ってくださいね。
    (私は先輩などではありません・・・ただ、そういうパターンも素敵だと思ったので。)

    ユーザーID:6163273406

  • う〜ん

    長い間多忙でストレスも多いのでしたら一年ぐらいはゆっくりしたくもなると思います。
    私は今50代半ばで、出産してからずーと専業主婦ですが、人間関係はどんどん疎遠になりつつあり、寂しいと感じることが多いです。

    それに長いこと専業主婦だと、感謝ってされなくなってきます。家事を一生懸命頑張ってもお給料はないし、評価もされないし、ありがとうでもない。
    馬鹿らしくなります。そのくせ家事ができてなければ責められる。

    確かに主人のおかげで生活はできてますが、一人の人間として見てくれてないと事あるごとに感じます。それでも旅行に行ったり好きな趣味をさせてもらってるので頑張ってますが、ありがとう、ぐらいはたまには聞きたいです。

    主様の場合はせっかくお仕事から解放されたのですから、自分を見つめなおす時間がたっぷりあるので、趣味を思う存分やられてもいいですし、十分充電した後は何か自分の好きな仕事が見つかればやられた方がいいかなと思います。

    多分一年もすると働きたくなるんじゃないかなぁ。

    ユーザーID:1986630525

  • パートしたらいいですよ

    1日4時間くらいのパートは本当にちょうどいいですよ。

    最近では60、70代のコンビニバイトが増えているといいますが、ほんとなのかな。
    (そして覚えることが多く認知症予防にも良いといいますが)
    私の見える範囲ではいません。採用しているなんてきいたことない。
    もっと早くから始めていて、延長延長で70歳まで勤めた、という人ならいますが。
    だから、パートに就くにしても50代がラストチャンスだと思います。
    半年くらい休んだら、パート探し、がんばってください!

    ユーザーID:8898050979

  • 散々、私はたたかれました

    同じ50歳で専業主婦になりました
    親戚、近所に散々たたかれました
    田舎暮らしです
    親戚が集まる機会も多く、中には「怠け者になった嫁だ」と言う者もいて参りました

    でも5年経った今は幸せですよ
    質素に生活すると物を大切に扱う術を覚えました
    働いていた時は、ブランド品をバンバン買っていましたが、心は満たされませんでした

    質素に生活すると、主人の収入だけですので、彼に感謝するようになりました
    優しい気持ちになれたのは自分でも驚きました
    働いていた時は、互角に張り合い、出世を競い・・・必死で心が荒んでいました

    このトピでたたかれる事もあるかもしれませんが、人それぞれ

    要は、自分がよろしければOKなんだと思いますよ
    専業主婦、楽しんでくださいね

    ユーザーID:3786748371

  • 丁寧な暮らし

    長い兼業主婦生活お疲れさまでした。
    仕事しながら家事育児、そしてよる年波の疲れ…大変でしたよね。

    これからは専業主婦として丁寧な暮らしをしてみてください。
    専業主婦の家事はやりだすときりがないですが、一つ一つを丁寧にこなすのはそれはそれで楽しいものですよ。

    ユーザーID:9647331559

  • なるほど

    私は主人が忙しい仕事なのでずっと専業主婦をしていますが、
    自称 プロの専業主婦なので毎日忙しいです。 
    家事仕事って本気でやるとかなり大変ですよ。孤独ですしね。
    専業主婦が天国なんていう人は本気でやってないと思いますよ。
    何十年も葛藤してここまできましたから、それなりにすごいですよ。今まで外で働いていたなら定年まで続けられた方がいいと思いますよ。
    あなたは仕事のプロだと思うので。

    ユーザーID:3140153082

  • トピ主です、実は12年前・・(奇跡の再会を願って)

    追記します。

    実は私、12年前にも小町にトピを立てたことがありました。
    検索したら出てきました。
    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2006/1016/106632.htm

    一昔前の自分の辛かったあれこれと、小町の皆様から頂いた温情を思い出し、
    思わず涙ぐんでしまいました。

    あれからも色々あり、時は流れて、
    今回の決断に至りました。

    自分語りの追記で申し訳ありませんが、
    当時、コメントを寄せてくださった方々に
    奇跡的に再会出来たら・・という思いも込めて、追記いたします。

    ユーザーID:4719804045

  • 全く同じパターンでした

    私も10年前、23年努めた会社を早期退職しました。理由は主さんと全く同じ。

    確かに収入面は減りましたが、好きだった趣味を思いっきり出来て、幸せです。ずっと同じ会社に努めていたら、出会えなかった方々もいるし。視野が広がった気がしています。
    収入があると、使っちゃうし、なければ無いなりに楽しんでいます。

    お金目当てに近づいてくる人も居なくなりましたし、スッキリしたことは確かです。

    ユーザーID:7991128894

  • 私も辞めました

    5年前に、30年間勤めた職場を辞めました。
    定年まで後5年でしたが、顔で笑って心で泣いての毎日が限界でした。
    丁度、子供の大学卒業と同時期でした。

    丁度と言うよりも、もう仕送りや学費がいらなくなる、収入は少々減ってもいいんだと思うと、仕事辞めたいの気持ちがどんどん高まり、踏みとどまることはできなかったというのが本音です。

    仕事のやりがいとか、社会参加とか、いろいろ働く理由はありますが、やっぱりお金かなという感じです。

    トピ主さんは、子供さんはまだまだお金がかかる年頃ですが、それも言ってられないくらいのストレス度だったんですね。
    病気になったらおしまいですから、辞めたいと思った時が辞め時なんだと思います。

    無職になって(専業主婦って言葉は嫌いなので使わないのですが)、平日にいろいろ行動できるのがとてもいいです。

    反対に、(以前は土日が休みだったので)土日はなるべく家にこもるようになりました。
    今までの反動のように人と会うことが苦痛になってしまってて、、。
    でもそれが本来の自分なのだと思います。
    職場では、思いっきり無理してたのかもです。

    夫と二人なので、家事はそれほどしません。
    掃除など毎日しないし、料理は以前と同じく適当ですしね。

    年金受給開始までは、貯蓄で何とか暮らせるので、もう二度と仕事に出ることはないと思ってます。

    ユーザーID:0234836425

  • 向き不向きはありますが

    同じく大学生と高校生の子供が2人いて、今春入院したせいもあり専業主婦になった者です。

    と言っても仕事はフルパート、働きだしたのは下の子が幼稚園に上がってからですので、トピ主さんほど多忙ではなかったのですが、主人がほとんど海外出張で両実家も遠く、去年からは主人が単身赴任になりましたので、自分の身体と心の健康を第一にしようと思い退職しました。

    家にいるようになって思ったことは、忙しい大学生と高校生だからこそ、自分に時間に余裕が無いとゆっくり話す機会も無かったのだなぁということです。

    去年までは大学生の娘とはすれ違いばかりでしたが、今はバイトから遅く帰るのも待っていられたり娘が休みの日は出かけたり。

    高校生の息子も仕事をしている時はルーティンのようにご飯やお弁当を作ってバタバタ学校や塾に送り出していたのが、ゆっくり話す時間が持てたり。

    大きくなったとはいえ、大学受験や就活にはやはり友人以外の親の支えや愚痴を聞いてあげることが必要なのだなと思います。

    しかしながら専業主婦というのは向き不向きはあると思います。
    ずっと家にいることが苦痛な人は、反対にストレスで体調を崩してしまう人もいます。
    これはやってみなければわかりません。

    私はずっと家にいるのは向いていないと思っていましたが、意外と毎日が楽しく、無趣味だと思っていたのにヨガやライブなど、色々なことに興味が沸いてきました。

    私の母は50過ぎに早期退職するまで、夜勤有りの正社員でした。
    なので専業主婦になったら逆にストレスになるのではと心配しましたが、趣味や家事やボランティアに精を出してやっぱり忙しくしています。

    トピ主さんも飽きるまでは1年くらいゆっくりして、経済的なことがストレスになるようなら他の方も仰っているようにパートも有りだと思います。

    今までずっと働いてきたのですから、自分を休ませてあげてくださいね。

    ユーザーID:2194918067

  • 立場それぞれです

    >手作りの食事、毎日掃除、朝から洗濯物を干す
    これらは、専業主婦でないですが、してきました。
    あなたはこれらをしてこなかったのですか?

    別に人それぞれだからいいんじゃない。
    でも、自分の収入でなくご主人の収入に頼らざるえないから、今は未だ、いいでしょうが、年金暮らしになった時はつつましやかな生活しか望めないでしょう。

    私の叔母は65歳で新築を建てました。
    仕事をして収入があったから、できたと言ってました。おじさんは、1年前に亡くなりましたが、収入があったから自由に動かせるお金もあれば、維持管理もできると言ってます。
    母も70超えてますが、仕事をしてます。事業をしてますので、人を雇用する側なのでトピ主とは立場は違います。
    母にとってみれば普通の平穏な暮らしだそうです。

    専業主婦をして嫌になれば、パートで仕事をするとかもありだと思います。
    しない限り、実感は本人にしかわからないだろうし、専業主婦してきた人、仕事を辞めずにしている人、途中から仕事に復帰した人それぞれの置かれている立場、家族に病人、介護などあれば事情も変化するので、何でも体験。

    ただ、専業主婦になれば、学校の役、地域の役などは働いている人達よりお役目を言われやすいでしょう。
    専業主婦としての仕事がスタートですね。

    ユーザーID:0033854854

  • ホントに後悔しない?

    お疲れ様でした。

    『専業主婦』も、疲れますよ‥…

    朝から…
    お母さんがいるなら、アレしてコレも‥…時間あるでしょ
    散らかしっぱなし‥
    変に声をかければウザがる年頃…
    (今まで放っておいたのに‥今更?)
    食事を作れば、文句ばかりで感謝なし。。
    夕食作っても、友達と食べてきたから~
    結局家族揃っての団欒無し…

    趣味でも見つけ、
    スポーツジム
    美術館
    友人は?いますか?
    独りの時間に飽きる。
    結局は時間を持て余し、『パート』にでも行こうかな‥ってコトに。
    今のうちに一人の時間の楽しみ方を身につけておかないと、
    夫さんが定年で、毎日べったり、
    「どこへ行く?買い物一緒に行こう」
    「お昼は何食べる?」
    「コーヒー、飲みたいから淹れて」
    の生活にうんざり、も。

    ユーザーID:7736286230

  • トピ主です、みなさんありがとうございます

    トピ主です。
    たくさんのコメントを頂戴し、胸が熱くなりました。
    実際、泣いちゃいました。
    「私今まで、どんだけ孤独やってん!」って自分に突っ込みいれました。
    本当にありがとうございます。

    仕事を辞める決断はしたものの、年の瀬が近づくとともに何やら焦燥感が出てきまして、
    せめて自分と同じような道を歩まれた方や、
    そういう予定を持っておられる同胞の思いをぜひお聞きできたらと思い、
    今回のトピを立てました。

    実際に早期退職なさった方や、身内におられる方のお話、
    大変参考になりますし、励みにもなります。
    なんだかんだ言っても、「大丈夫ですよ」と背中を押してほしい自分がいますからね(笑)。

    また、パート勤務を勧めてくださっている方もたくさんいらっしゃいました。
    アドバイスをありがとうございます。
    実は、それは考えています。
    家計の足しになるように、また自分自身の生活の張りも求めて、
    適度なペースで勤めることが、ほぼ決まっております。

    ボランティアやPTA活動!
    なんて魅惑的な響き。
    ボランティアも少々かじった時期がありましたが、中断しました。
    楽器も習っていましたが、中断しました。
    PTAも2回役員になりましたが、必死に仕事を抜け、心の中で舌打ちしながらの活動でした。
    すべて、時間的&精神的余裕のなさが原因です。

    でもこれからは、やれるんですよね。
    来年度は、下の子の学級委員と、上の子の後援会役員になるつもりなんです、選ばれたら・・ですが(笑)。
    そして、少しでも「何か」を取り戻したい。

    今すぐベランダに出て、「私はこれからは、なんでもできるんだよ〜!」って叫びたい気分です。
    気分が高揚しすぎて、もはや危ない人です。

    ユーザーID:4719804045

  • 50代なかば リタイヤして楽しんでます

    こんにちは。少し年上ですが、会社員としての勤続年数が同じくらい(2社に勤務)で昨年退職したため、トピ主さんの気持ちにとても共感しました。
    私の場合は、表向きは親の介護のため、という形を取ったものの、それより前にこの時期での退職はそれよりも前に決めておりました。

    更年期を迎えて、年々エネルギーが減っていく。
    仕事に向けるエネルギーを差し引くと、ほとんどほかに向けるエネルギーが残らない状況。そのまま勤務を続けていたら、絶対に死ぬ時に後悔するって思ったんですよね。

    確かに、子育ての負担が減る時期でもあり、それまで子育て中心できたお母さんたちのなかに、このあたりからより本格的に仕事に打ち込み始める人も多い。
    でも、やはり、卒業以来、一貫して正社員としてフルに働いてきた人にしかわからない「勤続疲労」とでもいうものが溜まってきたのです。

    自分が物欲があまりないので、お金を稼いで使うこと=幸せ という図式がないこともあります。それより時間に追われずに疲れを感じずに暮らしたかった。
    退職後に使えるお金でやりくりする練習を2年していたので、生活を激変させずに結構時間を贅沢に使いながら楽しく暮らしています。

    仕事人間とみられていたので、適応できるのか回りには心配されましたが、意外にすんなりと主婦生活に慣れて毎日楽しんでいます。
    何よりうれしいのは、今までいろいろ我慢させていた娘と一緒に行動する機会が増えたこと。大したことじゃないんですよ。一緒に料理したり、旅行にいったり。
    母親としてやり残した感を残して社会に出したくなかったので、子育ての最後の仕上げ部分を、本当に楽しんでやっています。幸せ指数は格段にアップ。

    今後、短時間で週に2、3日程度働くのが理想だと思っているので、そういう仕事に巡り合えたらいいな。

    トピ主さんにエールをおくります!

    ユーザーID:8295359918

  • ご報告 その1

    お久しぶりです。トピ主です。

    いよいよ退職後の専業主婦生活が始まりました。
    皆様からのお返事を改めて読み返し、今思うことを綴らせていただきます。

    退職直後は、解放感と孤独感がないまぜになった不思議な日々でした。
    3対1くらいの割合でしょうか。
    もし、辞めていなかったら今頃は、などと考える瞬間も多々あり、
    考え抜いた結論だったはずなのに・・と、自分の曖昧さに歯がゆい思いもしました。
     
    でも、ひと通りくぐり抜けて、今は安らかな毎日です(笑)。

    私はとても優柔不断で他力本願な人間です。
    ですので、今回の決定は、自分の人生において、おそらく初めての大きな決断だったのです。

    進学し、就職し、結婚し、出産し・・と「普通に」歩んできました。

    しかし、これはあくまでも、今振り返ってみればということですが、
    すべて「人生とはこういうもの」「こういう進路ならば合格点」「この選択なら誰にも非難されない」という
    他者目線で作ってきた歩みだったように思います。
    「両親を納得させる」という親孝行意識も多分に働いてきました。

    今回、「普通に」このまま定年までお勤めさせていただければ、
    社会的立場的にも、経済的にも、何の問題もなく生きていけるにも関わらず、
    それを覆す決断をした私は、自分にとっての小さな革命を起こしたわけですね。

    その小さな革命による副作用を何とか乗り越え、6月を迎えました。

    ユーザーID:4719804045

  • ご報告 その2

    続きです。以下、箇条書きで。

    ・気が小さいくせに呑気な私が、収入が半分になるという簡単な算数の意味に切実に気付いたのは4月になってからでした。
     信じられないくらいアホですよね。
     でも、毎月やりくりしたり、ボーナスをあてにしたりすることが楽しくて・・。
     お金が足らないことが楽しいなんて、ホンマに馬鹿だと思うのですが、工夫するのもゲームのようで、結構面白いです。
     あ、でも面白いと思えるようになったのは、副作用のあとで、しばらくは愕然としてました。

    ・孤独感というか、「この決定で本当に良かったのか」感にさいなまれていたときに、私を救ったのはやっぱり「仕事」でした。
     私の退職を知った方から、何件か、再就職のお誘いがあったのです。
     これは、かなり嬉しかったです。
     世の中から見捨てられていないということが、私の心の支えになりました。
     
    ・時間はあっという間に過ぎるということを知りました。
     ネットを見ていたら、あらお昼。
     録画しておいた映画を見ていたら、あら夕方。
     
    という感じで過ごしております。

    料理のレパートリーは、少し増えました。
    体重は微減です。
    毎日の笑顔は倍増しました!

    個別にお返事できず、申し訳ありません。
    皆様のレスにはいちいち納得しつつ、また共感しつつ、拝見させていただきました。
    ありがとうございました。
    これからも、というか、これからこそ、まだまだ人生の紆余曲折があると思います。
    そのときは、またご報告させていただいたり、相談させてくださいね。
    皆様もお元気で。
    お幸せをお祈りします。
     
     

    ユーザーID:4719804045

  • お気持ちとてもわかります

    こんにちは。

    トピ主さん、長い間お疲れ様でした。

    私も新入社員から同じ会社で20年働いていましたが、
    様々なことが重なって退職しました。

    自分としては会社に骨を埋めるつもりでした。
    だからやめる決断は相当な覚悟も必要でした。

    やめてよかったと思うことは、とにかく自分の時間ができることです。
    会社員だった時は、体に鞭打って頑張っていましたが、
    今は疲れている時は一日中寝ています。

    そして私は初めて小鳥を飼い始めました。とても懐いてかわいいです。
    現在は5羽います。

    今は小鳥が中心の毎日です。
    短時間で働いていますが、自分のことや家族のこと、小鳥のことが一番です。

    また、本を読んだりする時間もでき、退職してから様々な作品を集中して
    読むことができるようになりました。

    会社勤めの時は、どんな理不尽なことがあっても会社優先でした。
    変われば変わるものですね。

    確かに収入は減りますが、今まで働いてきた分があるので、
    贅沢をしなければそこそこだと思います。

    今も同じ会社で働いていたら、また違う人生があったと思いますが、
    どちらがよかったのかは正直、わかりません。

    ただ、会社や他人じゃなく、自分を中心にした毎日を送れる生活に
    今は幸せを感じています。

    トピ主さんも、これからですね。
    体調には気をつけてくださいね。

    ユーザーID:5173842968

  • もう読まれていないかもしれませんが

    ふと目についたタイトルで読ませていただきました。
    トピ様の様に私も正式な退職時期より7年早めにリタイヤを決心した者です。
    このトピを読んで不思議に思ったのはトピ様も含め皆さん夫の存在が希薄な事です。

    トピ様に到ってはご両親への気遣いから決断ができなかったとか、、、私には一寸理解できない理由です。

    そしてこれと同じタイトルで男性がトピを立てたら、世間ではどんな反応があるのだろうと考えました。多分、家族は納得しているのか?経済的確証があるのか?と言う質問攻めではないかと思いました。

    私も夫と同じ様にハードな職に就き子供を育てました。夫も私もいつでも大黒柱になれる様に相当高い収入を得ていました。数年、単身赴任で海外に出たこともありました。

    子供に関してはお互いに無い時間を上手く利用して本当によく育ってくれたと後悔はありませんでした。しかし、私自身は男の様に仕事をしながら同時に夫に尽くしたい、家で夫を迎えて美味しい夕食を一緒に食べたい、と言う願望が強くなりました。

    新婚当時2年ほど私は半分社会人、半分学生の様な状態だったので、夫にお弁当を作り専業主婦の様な生活をしていました。その頃の生活がとても懐かしく、夫に相談し早期に退職することを二人で決めました。

    しかし、その決断に至るには私の中で譲れない条件が有りました。
    それは現時点で夫が私と同様に退職したいと思ってもいつでも辞められる経済的な余裕がある
    事です。それを確認した上での決断でした。

    私は二人で働いて来た以上、その決断は自分だけではできないと考えていました。
    ここの皆様のレスをみて、やはり世の中、女性は社会でも家庭でもサブの立場でしかない、そしてそれは女性自身の問題だと気付かされました。

    ユーザーID:8202438198

レス求!トピ一覧