やりたいことの優先順位について

レス4
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

りすこ

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私のやり方

    私(61男性)は今も若い時にもたくさんやりたいことがありました。

    そのとき、
    ・やりたい順番を決める。
    ・やりたいこと一つ一つにお金がいくら必要かを計算し、やりたい順番とお金のかかる具合を勘案してどれからやるのか順番を決めました。

    ただ、どうしても「やりたい」と気持ちが乗ってしまえば、それを最優先にして、貯金を下ろすこともありました。

    それと、やりたいことでも、お金をかけずにやる方法も考えました。

    プールに通って体力つけようと思ったら、フィットネスクラブに入会するのではなく、泳ぎたいときに公営プールへ行くとか。(毎日でなく週2回程度なら、公営プールが安い)

    通信教育なども興味がありましたが、失敗した経験があり、本を買ったり、雑誌を月に6冊購読し5千円位の専門書も買って独学しました。それで仕事や趣味に必要なことはほとんど学べました。

    趣味でパソコンやオーディオもアマチュア無線もやり、就職した当時のパソコンが1台20万位、カラーディスプレイが10万位(それを買うまでは3万位の白黒ディスプレイを使用)、プリンタが12万位、フロッピードライブが5万位、高級レコードプレーヤーが10万位でスピーカーは安い3万円のを買い、アンプは2万位で自作。アマチュア無線機は18万位と、いろいろ欲しいものがありました。

    なので、次のボーナス(10年間手取り20万円前後)ではどれか一つを買って残りは貯金しようと、いろいろと買う順番を考えて、一つずつ増やしていきました。(毎月の手取りは12万位でウチ5〜7万円位貯金しました)

    それでも貯金が10年で数百万貯まりました。

    今も動画編集のために高速な20万位のパソコンを使ってますが、ワードとエクセル、メールとインターネット程度なら10万円以下のパソコンで十分です。

    十分に考えて工夫して、お金を有効に使えばいろいろやりたいことができますよ。

    ユーザーID:9740161708

  • 欲しい物から

    とにかく洋服が欲しかった。
    20代の頃は一番。
    次にグルメ。
    美味しいものをとにかく食べたかった。
    趣味の音楽は安く、安くを心がけた。
    旅行はその次。
    行きたいところしか行かなかった。
    スキルアップは、仕事が頭使う仕事だったから、普段はひたすら我欲の欲するまま。
    収入あっての欲望、優先順位だよ。
    お給料が減ったら、服もレストランもお金を削らなきゃならないから、必死で仕事した。

    今にして残ったものは、年金定期便に書かれてる金額と、いまでも使えるいくつかのアクセサリー、そして味覚。

    ユーザーID:6648358462

  • 私が20代の頃は

    そこまで深く考えていませんでした。
    適度に貯金をし、適度にお金を使っていましたが、強いていえば下記のような優先順位だったと思います。

    1.やりたい気持ちが強いことを優先。
    (運転免許取得など)

    2.キャリアアップにつながることを優先。
    (仕事に役立つ資格を取得)

    3.あまりお金がかからないことを優先。
    (会社の補助が出るスポーツクラブなど)

    4.若い時に始めた方がよいと思うことを優先。
    (新しい友達が出来そうなイベントに参加など)

    少しでも参考になれば幸いです。

    ユーザーID:5446127190

  • 体力の使う順に実行しています

    お金と時間は十分あります。
    しかしいつまでも元気でいられないので、体力の使う順に実行するようにしています。

    トピ主さんは若い方のようですが、皆が平均寿命まで生きるとは限りません。

    ユーザーID:2576807285

レス求!トピ一覧