妻の両親の介護費用も夫が払うもの

レス220
お気に入り644
トピ主のみ1

かいご

話題

このトピのレス

レス数220

レスする
先頭へ 前へ
151180 / 220
次へ 最後尾へ
  • 連投すみません

    トピ主さん、これからご兄弟や関係者とお話しが進んでいくかと思いますが
    今回のトピのような話の切り出し方はまずいと思うため、連投お許しください。

    費用と労力がかかり、長期にもなりかねない介護は及び腰になりがちです。
    男性兄弟の奥様などは、自分の親も気になるところでなおさら逃げ腰です。

    トピ主さんのような切り出し方されたら、窓口相談など受ける側も論点見えにくいですし、
    及び腰のご兄弟からしたら、
    「介護わからな〜い、お金な〜い」では丸投げかよ!でひくことでしょう。

    トピ主さんの「家庭を支えてきた専業主婦」のご矜持、否定するわけではありませんが、
    日常の家事・育児、日々の節約だけが、〈実は高い対価相当の〉専業主婦のおつとめですか?
    家庭を支えるとは、長い家族の生活管理、危機管理能力があることではありませんか?
    家族、家庭生活がつつがなく維持できるだけの制度や法律の知識は持っていましょうよ。
    まず人に「〜がわからない」ではなく、知らなければ調べればいいのです。専門家だっています。

    就労環境に例えて言えば、同じ店員でも「あたりまえの事、言われた事しかできない」より
    管理能力、専門知識のある店員の対価の方が高いに決まっています。

    親の近くにいる人、気の弱い人が不用意に負ってしまいそうな介護。
    近くにいることは損?いいえ!遠方にいる兄弟より労力は必要でしょうが、
    親の資産管理は近くにいる人が一番有利ですよ。
    (親側からしたら情けなくなるかもしれませんが)

    もしトピ主さんが、「わからないことが何かがわからない」状態であれば、
    まずは、トピ主さんは足元固めることです。
    ご主人との関係を見直すこと。自分の家庭をしっかり保つことです。
    親兄弟に何を言われようと呼び出されようと無視、「(今は)面倒みれません。できません。」
    その方が親もしあわせかもしれません。

    ユーザーID:9849569648

  • まず兄弟と話し合いましょう

    自分の親のことなのだから、まずは自分の親や兄弟とどのようにするのか話し合いましょう。民法877条に明確に書かれてますが、扶養義務は直系血族と兄弟姉妹にあります。

    トピ主さんが近くに住んでいて身の回りの世話をするのであれば、足りないお金は兄弟が払うというのが普通です。

    兄弟がお金を出さないのに何故夫の稼ぎを使おうという発想になるのか理解に苦しみます。しかも冷え切った夫婦関係なのですよね。
    トピ主さんにとっては夫よりも身内のほうが大切だからそういった考えをしてしまうのだと思いますが、客観的に見れば酷い話だと思います。

    トピ主さんがやらなければならないことははっきりしています。
    兄弟で親の介護について話し合いをし、夫婦関係を改善し、パートに出て、夫の親も大切にすることです。
    そうすれば、兄弟のお金だけでは足りない時に夫もトピ主さんの親を助けてくれるはずです。

    ユーザーID:3350968962

  • 正解はない

    こういったことに正解はないです。

    ご主人が貴女の両親のことも、自分の親同様に思っているなら、
    費用の負担を惜しむことはないでしょう。

    でも「最近は夫婦関係も冷めていて」の状況では望み薄ですね。

    >共有財産
    結婚後の資産は夫婦の資産です。
    ご主人が余程高収入でない限り、専業・兼業に関係なく離婚時の
    分与は半分です。

    ですからトピ主さんが自由にその半分を使いたいなら、
    離婚するしかありません。

    夫婦でいる間の共有資産は、あくまで“家族の為”に使うお金です。
    この“家族”に義親を含めるのは、トピを読む限り無理と思います。

    ただ交渉の余地はあります。
    ご兄弟が何人か存じませんが、仮に3人として。
    例えば月に15万円援助する必要があるなら、
    3分の1の5万円を家計から出したいと申し出るのは許容範囲と思います。

    他の兄弟負担無しで、トピ主さん夫婦が全額という話なら寝言です。

    あと当然ですが援助をするなら、一度親御さんから直接ご主人に説明、
    頭を下げてもらう必要があります。

    ですから今後どうやって生活をしていくのか、両親に考えを聞くことが
    先決ではないでしょうか。

    ユーザーID:7066354718

  • 実子で相談するのが筋

    介護保険を利用することなく亡くなる人も、要介護5で十年介護施設にいる人もいます。
    親の年金や資産では老後資金が不足するなら実子で話し合いをすべきでしょう。
    近くにいるから自分が面倒みたいならしっかり働くこと、本来なら家族の為に使うべき収入ですから夫の理解が必要でしょう。
    実子間でも全く平等は無理でも直接手を出せない人は金を出すものでしょう。

    専業主婦で夫の預貯金を実の親の介護費用に備えて自分名義の通帳に移すとかびっくりしました。
    夫婦仲が良くなければ最悪離婚の可能性もあります。自分の親の老後と引き換えに失うものが大きすぎませんか。

    ユーザーID:7169843895

  • お互いに無いものを補い合えば良いだけ

    トピ主は現在実親の介護に金が必要。将来多分ご主人は実親介護に手が必要になる。
    そこで、今は金銭面をご主人に世話になってトピ主親の介護をする。将来その分をご主人が必要な手をトピ主が出すことで相互扶助の精神が成り立ちます。

    それとトピ主に兄弟が居ても同じです。兄弟が遠方に住んでいて手を出せないならその分金銭面で援助するのです。
    兄弟で同じだけ負担して親の介護をする。これ当たり前。
    同じと言っても色々あるのは判りますよね。一方が金を多く出すなら他方は手を多く出す。

    それからヨコですけど、勘違い情報があるので正しておきます。
    >貯金は夫婦共有財産だと思いますので
    大きな間違えですよ。日本では夫婦別産制と言って収入は全て稼いで来た本人の財産です。共有扱いされるのは、離婚時の財産分与時ですのでお間違えのなきよう。
    他の方もかいているからおわかりだと思いますけどね。

    ユーザーID:9246717611

  • 呆れるしかない

    トピ主のレスを見て、夫婦間に隙間風が吹くのがわかる気がしました。

    実親の介護費用が、親の貯蓄と年金を差し引いて具体的に月々いくら不足し、
    それを実子兄弟の頭数で均等に割った上で、私なら自分でパートをして捻出するようにするでしょう。
    パートへの向き不向きなんて贅沢は言ってられません。
    兄弟の人数にもよりますが、恐らく月々10万以下ぐらいであれば、今の時代は何とかできます。
    それでも足りない場合は、夫婦の話し合いが手順ですが、原則、夫に負担義務はありません。

    夫婦共有財産だとして自分の親の介護に貯蓄を当てるなんて考えられません。
    夫婦共有財産は、お互いの将来のための蓄えであって、親の介護のためではありません。

    そういった自助努力の姿勢もなく、夫婦の財産を右から左になんて、ご主人も呆れるはずです。

    ユーザーID:4241562917

  • トピ主さんに質問

    ご主人のご両親の介護費用は?ご主人が負担しなくても良い立場だから「妻の両親の介護費用も夫が払うもの」なんですか?

    ユーザーID:6118346750

  • それと夫婦の関係にも寄りますよね。

     私はは兼業主婦で夫親と同居してて義父母の普段の病院の送迎や
    入院した時は殆ど私1人が動いている状態です。
    これは、夫が身動きするより私がした方が合理的だからやっています。
    私の親は遠くに住んでいますが、もし、私の親に何かあったら
    夫は出来る限り協力はすると言っています。
    金銭面然りです。(そんな心配は無いのですが)
    私が義父母の世話をしているから当然と言えば当然な発言です。
    夫婦は鏡とは良く言ったものです。
    片方だけの親に手厚くなんて出来ませんよ。
    自分の親を大事にして欲しかったら、夫の親も同じようにしてやることです。
    それが出来ないなら、主さんと兄弟で何とかするしかありません。

    ユーザーID:3865531450

  • 応分負担

    専業主婦の夫が、妻の両親の介護費用を負担するのは、当然と思いますが、
    妻に兄弟がいるのであれば、介護費用は、等分されるのが当然です。
    妻が負担すべき割合の費用については、夫が肩代わりする義務があると思いますが、兄弟の分まで妻が負担したいと主張しても、その分を夫が負担する義務はないと思います。

    ユーザーID:0535159767

  • 費用は夫、労力は妻

    専業主婦の妻の両親の介護費用を夫が肩代りするのは当然ですが、
    逆に、夫の両親の介護に必要となる労力は、専業主婦の妻が肩代わりするのが当然です。

    専業主婦と1馬力夫の関係は、
    お金のことは、妻の分まで夫が面倒見る。
    それ以外のことは、夫の分まで妻が面倒見る。

    これが原則だと思います。

    ユーザーID:0535159767

  • 原則なんてない

    >夫の両親の介護に必要となる労力は、専業主婦の妻が肩代わりする

    原則というより、古すぎます。
    平成も終わるとのに、昭和の田舎の考え方。
    今や専業主婦も50代以下は少ないです。
    因みにうちの妻は専業主婦ですが、私の両親の介護なんて無理だと言ってます。
    私も同感なので、特に揉めませんが…。

    ユーザーID:4241562917

  • だから原則・・・

    私も50代半ばです。

    >専業主婦の妻の両親の介護費用を夫が肩代りするのは当然ですが、
    >逆に、夫の両親の介護に必要となる労力は、専業主婦の妻が肩代わりするのが当然です。
    この二行は、お互いに足りないものを補い合っている関係だと思うのですが。
    ゴータムさんの書かれていることは、まさに「原則」であって「絶対」ではありません。「原則」には「例外」がつきものです。
    50代半ばさんは、その「例外」に当てはまるだけだと思います。

    50代半ばさんのご両親の介護は誰が行うのでしょう。そして奥様のご両親の介護費用は誰が払うのでしょう。
    そりゃぁね、資金がふんだんにあって双方の両親の介護は全て金でどうにでもなる、と言うのもアリですけど、そんな家庭が多いとも思えません。
    それに本トピではトピ主に貯金はありません。

    と言うわけで古すぎるというなら、今後発生する親の介護の参考にするので新しい考えをお教え願えれば幸いです。

    ユーザーID:9246717611

  • まずは、お願いする、というところからでしょう

    トピさんは、兄弟にもお願いする気はないようだし、夫にも頭を下げる様子がありません。どうして「妻の両親の介護費用は夫が払うもの」という前提なのか、理解に苦しみます。

    そもそも、自分自身の老後のことは、自分で考えておくのが大前提でしょうに。
    生命保険なり、年金なり、貯金なり。
    それでも、不測の事態は生じます。その場合は、まずは、実子で話し合う。
    遠方の兄弟ならば日々のことができない分、費用負担するなどの「話し合い」です。

    トピさん、貯金がないことが「専業主婦だったから」であって「家族のために尽くしてきたから」という論法なら、ご主人だって、家族のために働いて貯金してきてるんですよ。自分の子供に自分たちのための負担をさせないために。

    努力をしない人に、手を貸そうと思いますか?
    わかりやすく言えば、自分の貯金には手をつけないのに「お金貸して」っていう人に貸せます?

    トピさんに働くことの適性があるナシは関係なく、介護費用のために働きに出ようと思う、という相談をして、頑張ってみて、それでも足らないとか、働きに出た途端に家庭が回らないなどの不具合があるとか、そうなって初めて、ご主人に頭を下げてお願いする、というステップが必要じゃありませんか?
    「近い将来」とあるので、今はまだ差し迫ってはいないのでしょうけれど、自宅で介護する場合に使える公的支援、費用負担、ご両親の年金と貯金額、介護以外の生活費などを開示したうえで、です。

    当然のように、費用負担は当たり前って思われたら、それこそ、離婚になりかねませんよ。

    ユーザーID:5306176015

  • 返答します

    「例外」というのは少数派を指すと思います。
    「夫が稼ぎ、妻は専業主婦」という家庭はもはや過去のもので
    今や共働きが主流で、この流れは将来も増加していくと思います。
    現実を見れば、原則どころか実態にも合っていないと思います。

    介護は、サービスとして「買う」ことが基本になると思います。
    また介護についての費用ですが、当然、自己負担です。
    教育資金として投資したから、老後の面倒はみろは通用しない理屈だと考えます。
    老後資金を残せない。だから、子供に頼るのでは都合のいい話です。
    それが実子なのか婿なのか…いづれにしても自己負担を原則にしないと
    誰かにシワ寄せがいくのは当たり前です。

    今の現役世代の方が年金需給額も確実に減りますし、
    共稼ぎでかつ貯蓄や運用をして、先を読んでいる人は資産形成に努めていると思います。
    資産は元々ふんだんにあるわけではなく、コツコツと育て増やすものです。
    「アリとキリギリス」の話で、キリギリスはどうすればいいのか?
    と問われても答えはなく、キリギリスにならず、アリを見習えというのが物語の教訓です。

    ユーザーID:4241562917

  • 結婚している以上完全に介護は実子は無理

    共有財産が法的に無いと言っても、結婚生活をするうえで働いたお金は夫婦が家庭を運営していくうえで費やされるべきお金ですよね。

    仮にパートに出たとしても、本来夫婦のお金として貯まるはずのお金が介護に消えていき、本来家庭を守るために費やされるべき時間がパートに割かれている以上、夫にも影響は出ます。

    同様に夫がいかに自分の稼いだお金から介護費用を出していると言っても、本来家庭に費やされるべきお金が使われる事に変わりありません。妻に全く迷惑を掛けないというなら、介護費用はダブルワークして稼がねばならないのではないでしょうか。

    もし夫婦共有財産なんて無い、夫の稼ぎは夫のものだというなら、義両親にいくら仕送りしようが、遊興費にいくら使おうが配偶者は関係無い事になりますよね。
    でも実際はそうじゃない。お小遣いとして与えられた分以外は基本は○○家の運営に使われると言うのが一般的な認識では無いでしょうか。

    専業主婦を選択した時点でその家庭は経済的には妻にかかる費用は夫が全て稼ぐという方針だと言う事です。妻にかかる美容院代も、ママ友とのランチ代も、そして介護費用もです。
    もちろん毎日豪華ランチが食べられないように、介護費用も底なしには出せません。
    その夫婦としての支出が大きくなりすぎるならパートでさらに稼がねばならないという、シンプルな話だと思います。

    逆に夫側の介護が発生した時、専業主婦の妻は労働力で支えるか、費用負担大きいならパートに出て家計を支えると言う事です。

    介護は実子と言いますが、結婚している以上はその世帯に降りかかった負担であり、何らかの形で夫婦が協力して担っていくものだと思います。それが労働力にせよ、経済力にせよ。

    ユーザーID:7889077537

  • 姉妹で等分に分担する

    親の介護については、子供全員が等分に分担すべきです。

    その場合、自宅介護では、等分にはいきません。
    近居の子供にばかり負担がかかります。
    今の時代、自宅介護するより年金と介護保険を使って親を施設に入れて、子世帯は働いた方が子世帯の生活破綻を起こしません。

    親の自宅介護は、離婚を誘引する場合もあります。
    子供を大学に行かせるギリギリの貯蓄では、トピ主さんたちの老後が破綻します。

    ただし、トピ主さんが親の家を相続するなど他の姉妹に比べて遺産相続分が多いのであれば、トピ主さんが労力を使って介護するのは妥当です。

    それから。
    私にも施設に入っている夫の親と、自宅にいる私の高齢の親がいますが、夫の親だけ施設に入れて妻は夫の給料で妻の親の介護をするのは、バランスがおかしいですよ。

    夫の親は計画的に人生を生きてきたので自力で施設に入る予定なのに、妻の親だけはのうのうと仕送りされるのですか?
    それでは夫婦仲が悪くなって当然です。

    我が家にも息子がいますが、息子夫婦がそれをしたら不愉快です。

    妻の親だけ自宅介護して妻の親にだけ老後に仕送りするということですよね。
    夫の親は施設に入れて仕送りもしないのですよね。
    それはおかしいでしょう。

    これは気持ちの問題です。
    両方の親を同じように面倒みると言う妻なら、旦那さんの態度も軟化するのでは?
    お互いに相手の親を優先する夫婦は、仲も良いです。

    お子さんも、もう大きいのでしょう?
    夫婦仲が冷えているのなら、下手したら熟年離婚になると思います。

    自分がやってほしいなら、まず相手の親を「引き取りたい面倒みたい」と言ってみては?
    結果的に義父母がホームに入るにしろ、まず相手にやってあげないと。

    ユーザーID:5794539797

  • 夫婦は元々他人

    だから、家庭を運営するために「お互いに助け合う」必要がありますよね。

    専業主婦家庭の場合は「夫が金銭」「妻が労力」を「お互い」に出しあっているからこそ、成り立っています。
    「愛」が有れば、その比率は多少違っても運営できます。

    トピ主さん、既に「愛」がないのでしょう?
    なら、対等に負担しあわなければ破局するだけです。
    対等に…ご主人がトピ主親の介護費用を負担するなら、トピ主さんは「ご主人親の人的介護を負担する」これが平等です。
    義両親にお金があっても、下の世話や介護食を作ったり、汚れ物の洗濯など、どうしても人の手が必要です。
    それは(例え離婚後であろうと長期に渡ろうと
    )全面的に引き受けると、公的書類を作って覚悟のほどを見せるなら、ご主人も理解してくれると思います。
    そうでなければ「やらずぶったくり」ですから、理解は得られませんよ。

    ユーザーID:0853048479

  • なぜ兄弟に頼まず、自分の老後費用を使い込む?

    自分は夫の側ですが、別に妻の親に金が必要なら、それを出すのに文句はありません。



    ですが、妻が専業主婦の場合
    それをすると、困るのは、妻本人の老後だと思います



    夫婦の共同財産と言うのは、つまり、主さん夫婦のレジャー費用と老後資金ですよ


    そこんところ、主さんはわかってらっしゃるんですかね?

    親の介護費用は、当然、子供が等分して負担するものであって
    主さんが、自分の兄弟分まで出すのは自由ですが
    結局は、弟や妹が出す分を、主さん自身の老後費用を削って、代わりに出してることになります



    夫の方が先に亡くなる場合が多いし、夫の生きてる間は夫の年金も満額出るから、
    夫婦の貯金を主さんの親の介護に使い込んでも、多分、夫の方は困らないと思いますが
    夫亡き後の主さんは、半分に減る年金と、親や兄弟のために使い込んで減った貯金で、生活がひっ迫しますよ

    ユーザーID:7067770253

  • 自分も同意見なので

     横レス失礼します。

    >ゴータムさんの書かれていることは、まさに「原則」であって「絶対」ではありません。「原則」には「例外」がつきものです。

     ゴータムさんの書かれていることは「例外」だと思いますが。
     「原則」は自分の老後に必要な資金は自分で準備しておく、でしょう。
     「原則」自分のことは自分でやる。できないことは「自分の金」で外注。

     これが当然ではないんですか。

    >そりゃぁね、資金がふんだんにあって双方の両親の介護は全て金でどうにでもなる、と言うのもアリですけど、そんな家庭が多いとも思えません

     アリかナシかではなく、繰り返しますが、
     「原則」自分のことは自分でやる。できないことは「自分の金」で外注。
     多い、少ない、「本トピでは」ではなくこれが「原則」です。

     今後発生する親の介護の参考になれば幸いです。

    ユーザーID:8447597080

  • 「当然」と言われると違和感があります

    >専業主婦の妻の両親の介護費用を夫が肩代りするのは当然ですが、
    >逆に、夫の両親の介護に必要となる労力は、専業主婦の妻が肩代わりするのが当然です。

    私は、夫が私の両親の介護費用を負担して当然とは思いませんし、私が義父母の介護をして当然とも思いません。

    万が一、夫が私の両親の介護費用を負担するような事態になったとしたら、当然どころか申し訳なくて申し訳なくていたたまれません。
    夫も日頃から、私に義父母のことでは「いつもありがとう」と労ってくれます。
    「やって当たり前」のような態度は微塵もありません。

    トピ主さんのご主人も
    >専業主婦の妻の両親の介護費用を夫が肩代りするのは当然です
    と言われたら、
    代わりにトピ主さんが義父母の介護を申し出たとしても、いい気持ちはしないと思います。

    ユーザーID:1977748281

  • あなた方夫婦の介護は子どもの配偶者が負担して当然?

    まず、貴女のご両親が自立できてないのが問題。
    ご兄弟は頼れないとおっしゃいますが、義務はご兄弟の方が貴女の夫よりありますよ。
    貴女が労力を出すならご兄弟が金銭的な負担をするべきです。
    細かい金額はご兄弟で相談して、貴女の負担分があるならパートに行くしかないでしょ。
    将来貴女のお子さんが義理親の介護費用まで負担することになっても不満はないのですか。
    逆にお子さんの配偶者に貴女の介護費用を出してもらうのが当たり前と思うのですか。

    ユーザーID:0190328484

  • USAさん。違うでしょう。

    >共有財産が法的に無いと言っても、結婚生活をするうえで働いたお金は夫婦が家庭を運営していくうえで費やされるべきお金ですよね。
    >でも実際はそうじゃない。お小遣いとして与えられた分以外は基本は○○家の運営に使われると言うのが一般的な認識では無いでしょうか。

     「費やされるべき」「お小遣いとして与えられた分以外は基本は○○家の運営に使われる」という根拠は何ですか?
     「だってそうじゃないですかー」ではなく根拠はありますか?

     夫婦には婚姻費分担義務があります(民法760条)ので婚費を出し家庭を運営する必要があります。
     しかし、負担し残ったお金は稼いだ人のもの(特有財産 民法762条の1)のはずです。
     残ったお金まで「家庭のお金」である根拠はありますか?


    >もし夫婦共有財産なんて無い、夫の稼ぎは夫のものだというなら、義両親にいくら仕送りしようが、遊興費にいくら使おうが配偶者は関係無い事になりますよね。

     その通りです。「夫婦共有財産なんて無い」のですから。

     
     なお、民法760条の規定は「夫婦間の婚姻費用」についてですので義理親の介護費用は含まれていません。

     ですので扶養義務者(民法第877条の1)が稼げばいいんですよ。そうすれば、
    両親にいくら仕送りしようが、遊興費にいくら使おうが配偶者は関係無いのです。

     ただし、婚費を出し家庭を運営する義務は「双方」にあります。
     稼いで収入が出た場合、そこから婚費を負担しなければいけません。
     全額使いたければ、最低限専業主婦としてそれまで同様にしていなければいけませんが。

    ユーザーID:8447597080

  • 介護は実子と言い出したのは、夫の両親の介護をしたくない女性

    > 「原則」は自分の老後に必要な資金は自分で準備しておく、でしょう。
    > 「原則」自分のことは自分でやる。できないことは「自分の金」で外注。
    >
    > これが当然ではないんですか。

    って事は、主様の例でいえば、主様の親が出すのが当然であり、原則。
    それが出来ないなら、例外として実子が負担をする。

    それを、主様のご主人が出すなんて、例外中の例外であり、本来は有り得ない事ですね。


    あと、USAさんの意見は非常にまっとうだと思います。

    夫の稼ぎが「本来家庭に費やされるべきお金」なので、夫の親の介護費用に自由に出せないとすると、
    専業主婦の労力は「本来家庭に費やされるべき労力」ですので、妻の親の介護に費やすのは夫の了承なしにはしてはいけないとなるのが、当然なのですが、
    パートや主婦の立場でありながら、自分の親の介護は暇だから、時間を見つけて訪問しておこなうけど、
    夫の親の世話はお断り、介護は実子だ!!!って人が、一時期大量に発生した。じゃあ、当然に妻の親の介護費用も実子だよなという意見が出だした。

    > 専業主婦を選択した時点でその家庭は経済的には妻にかかる費用は夫が全て稼ぐという方針だと言う事です。
    > 妻にかかる美容院代も、ママ友とのランチ代も、そして介護費用もです。

    であれば、仕事で出来ない夫がすべき事は、全て妻が賄うという方針が当然ですので、
    実子である夫がするべき、夫の両親の介護作業は妻がまかなうべきなんですが、何故か、急に女性たちが否定しだした。


    これらの我侭をみた若い世代の男性は、当然ながら、夫婦別財布にしたがる。
    結構、介護は実子って意見は、夫婦別財布が拡大した結構大きな要因だと思いますよ。
    後は、熟年離婚。(夫には生涯の稼ぎを稼がせたくせに、妻側はリタイア後の夫の家事を放棄する)

    ユーザーID:6184448462

  • 配偶者の兄弟の支払いを肩代わり

    トピ主さんがその後レスされませんが。
    妻が専業主婦の場合、夫が合意すれば妻の両親に金銭的人的援助をするのは良いと思います。
    ただし兄弟三人で分担するならともかく、妻が全部自分で引き受けかつそれを夫に丸投げで被らせるのであれば、自分なら到底受け入れられません。
    妻の兄弟にお金を援助するのと同じです。
    妻が自分で働く、妻の兄弟も努力してお金を出す、義両親がギリギリ節約して家計を見直す等の努力がまずは必要です。
    誰が関係の冷めた妻の、頼りない親兄弟のために、出して当然というたかりに金を出したいとおもうでしょうか。
    トピ主が働くのは向いていないというなら、夫が他人のために働くのは向いていないと言っても当然ですよね。

    ユーザーID:8030587578

  • お答えありがとうございます

    ですが、前提が違ってます

    本トピでは、「専業主婦」が前提になっています。ですので、現在の主流が共働きかどうか、それが増加するかどうかは問題にしていません。

    「専業主婦家庭における原則」の話をしているつもりです。
    なので『直接の現金収入がない妻の親の介護費用は、夫の収入から出し、勤務で時間の取れない夫の親の介護は妻がする』と言う事ならお互いに足りない物を補い合う"相互扶助"の関係になるのが原則ではないかと。

    と言う事から専業主婦家庭である50代半ばさんの考えは「例外」になると考えたのです。
    50代半ばさんやタラ鍋さんが仰るように親自身が自分の事は自分ででやるのが原則にあるのは私もその考えです。
    だからと言って俺達(子供世帯)は知らないよ、ってわけにもいかないでしょう。何らかの手助けだったり時には少々の金を工面することだって有ると思います。

    ですが全て金で解決できることでしょうか?
    どうしても子供が手を貸す場面はあると思います。
    その時専業主婦である妻が家事をしないで親に手を貸すならその時は夫も協力しましょう。でも俺の親の時も同じにしてくれよ。
    じゃないかな。
    子供として、親が困ってる時に「自己負担だから知りません」は私には出来ません。

    ユーザーID:9246717611

  • ご主人の意向一つ

    まず、トピ主は大きな勘違いをしています。

    「夫婦が結婚してからできた貯金は夫婦共有財産」ではありません。ご主人が稼いだお金はご主人個人の物であって、離婚して財産分与をしない限りトピ主には権利がありません。
    お互いに「結婚してからできた貯金は夫婦共有財産」という共通認識があるなら問題ありませんが、もしご主人が「トピ主の親の介護費用など負担しない」と言えば、子供ができて以降ほとんど収入のないトピ主は、貯金を自由に使うことはできません。

    夫婦には「相手の親の面倒を見る」義務などないので、トピ主が専業主婦で貯金がないことは関係ありません。仮にご主人が1円たりとも出してくれなくても、法的にご主人の非は認められません。

    「介護は実子」など、夫親の介護をしたくない女性の詭弁。
    専業主婦として実親の介護費用を夫に負担させるなら、夫の親の介護もして当然。夫の親の介護を実子=夫にさせたいなら、その時はご主人が仕事を退職して専業主夫となり、トピ主が働いてご主人と子供を養うのが筋。生活費を稼ぐのは夫一人で、介護はそれぞれ自分で、なんて発想は、専業主婦で時間が自由に使える女性のご都合主義に過ぎません。

    と言うか今の時代、専業主婦を選ぶということは、「親の介護費用の負担は放棄する」とほぼ同義だと思います。いくらご主人の実家が裕福だとしても、関係のない話。ご主人の収入をトピ主の親の介護に充てる必要性は皆無です。

    トピ主も働いて介護費用をため、兄弟にも相談して費用を負担してもらう。夫婦関係が冷めていてご主人がお金を出してくれる見込みがないなら、それしか方法はないでしょう。どうしてもお金を出してほしいなら、「ご主人の親の介護も全て自分が責任をもってするので」という条件でお願いするのが一番です。

    ユーザーID:3957293199

  • ゴータム様、おっさん3号様にほぼ同意です

    もうトピ主が出てくる様子がないですが。

    私は1/4にレスをしたのですが、
    夫両親の介護が必要だからと夫が退職しては家庭が維持できず、妻がマンパワー的には介護を担い、逆も自ずと、費用負担は夫、それが現実的
    と書きました。

    相談者が専業主婦で、親に充分な蓄えがないならそこは共通認識にすべきで、どうして専業主婦世帯の減少だの親世帯の自己責任だの、言ってもどうにもならないことを議論しているのだろうと感じました。

    ただ、ほぼ同意、と全面的に同意するのがためらわれるのは、このトピ主の場合、必ずしも夫と合意の上での専業主婦、夫両親にフェアな妻とは言いきれない気がしたからです。

    確認のしようがないですが(笑)

    ところで、介護は実子の件。

    このトピ主は、自分の親の介護をする理由に「介護は実子」を挙げている。
    一方で、介護は実子のもうひとつの側面は都合よく見逃している。

    結婚し夫の親と同居している夫婦を考えます。
    妻は専業主婦です。

    このとき、主に親と同居している「子」は誰か。
    長男です。

    となると、夫親の介護のマンパワーを担うのは長男妻が多くなる。

    しかし社会の変化で長男とか長男嫁とか、そういう役割分担が非効率にもなってきた、そこで合理的に考えて、介護は実子でやりましょうとなってきた。

    となると長男夫婦の負担は長男に集中ではなく、実子で分担することは当然でしょう。
    ところがトピ主は分担しないという。

    これ、介護を長男嫁が担うのと逆を夫に強いるようなもので「介護は実子」と矛盾に思えます。

    介護は実子とか共有財産とか、言葉を自分に都合よく勘違いなさっておいでかなと感じます。

    仕事をしながら自分の親を介護しましたので、大変さがわかるだけに、今すぐ働くのが実はいちばん楽な道ではないかと個人的には思います。

    専業主婦であり続ける理由を探して大切なものを失いませんよう。

    ユーザーID:0536987631

  • 応援したい、でも少し悲しい

    言い訳、その後のレスを読みました。
    たいへんな境遇で一所懸命に子育てがんばっていらっしゃいますね。
    ただ、前にも書いたのですが、ひと休みが必要かなと感じます。

    厳しい意見も多かったとはいえ、たくさんの方から励まされアドバイスもされ、それで最後の最後にわざわざ「謝りたくない」ですか。

    そこは少し残念です。

    その場にいなかった以上、トピ主さんが正しいのか判断はつきません。
    たとえ全面的にトピ主さんの言い分どおり、静かだったし注意もしていたのが事実でも(ましてマスクをしていたなら…)、それでも、謝った方がいいという人はいます。私もです。

    それは処世術とでもいうほうが正しい。
    躾でも、あなたが正しいかどうかでもない、悔しいけど謝って相手を納得させれば、それ以上あなたや子どもが言葉や体の暴力は受けずにすむ可能性が高いからです。

    謝るのは負けではなく、自分たちを守るすべだと考えてみてほしいです。

    私自身、ものすごく気が強いので謝りたくない気持ちはたぶんトピ主以上です(笑)
    世の理不尽さに屈するとか嫌です。

    それでも、負けるが勝ちの場面があることを知っています。

    まずそこは今後のためにいまいちど、向き合ってみてほしいです。

    また、弟を連れて大学病院に行く件。
    私も少し触れたのですが、私は逆の意味でした。

    元気な弟の方が風邪などでダウンしたら、なおさらたいへんではないですか?
    病院なんていろんな病気があるところです。
    長時間移動は疲れます。
    弟はなるべく健康面では手がかからない状態が望ましいです。

    早朝からで一時保育が無理とのことですが、ここもなんとか手段がないか探してみてほしい。

    ユーザーID:0536987631

  • ご両親の家が持ち家なら

    相続も発生すると思います。
    ご主人の給料から共有財産であろうと無かろうと一時立て替えて払って置き、レシートをとっておき、相続時返済して貰ったら如何ですか?

    兄妹が居るのに主様だけが介護費用他、引き受けるのも疑問です。
    兄妹平等に親への義務はあります。
    一案とすれば近くに居る主様が介護を引き受け、親が必要な金銭は兄妹に支払って貰う手もあります。

    皆で親の介護を分担して、相続時は平等に分ければ良いだけです。

    ご主人のご両親はお金を持っているからご主人はじめ主様も何もする必要は無いも無いですよ。
    お金を持っているならお金の分担はしなくて良いと思いますが、世の中お金だけではどうしようも無い事もあります。
    遠方なら泊りがけで介護の労力を提供することも出来ます。

    ご主人に親の負担を強いるなら、その分はしっかり返さないと共有財産云々も言えません。

    そしてお子様も多分ですがもう大きいのと違いますか?
    少なくとも小学校は卒業している。
    子供の教育費、自分達の老後の資金、どちらも不足は困ります。
    子供の教育費も予期せぬ出費もあります。

    家事が好きならよそ様のお手伝いも出来ます。
    今からしっかり働いて貯金すべきです。
    夫の給料を共有財産と言うなら、主様の労力も共有財産です。
    主様のご家族が使う分には良いですが、一節伸びた親までおんぶにだっこでご主人のすねをかじるのはいただけません。

    今からでもしっかり働いて、親の介護費用、老後の生活費貯めましょう。
    一人で働くより二人で働いたほうが貯金も貯まります。
    がんばってください。

    言い訳はこの際無しです。

    親にお金が無いなら実子が働いて負担するしか無いですよ。
    他人の夫より主様が頼るのはご自分の兄弟です。

    ユーザーID:9377899878

  • 考えが甘い

    介護関係の仕事をしている友人に聞いた話ですが、最近では専業主婦家庭の夫が妻の親の介護費用を出してくれないケースが多いそうです。
    まあ、話を聞くとそうなるのも仕方ないようにも思えますが。

    そもそも、誰も配偶者の親の介護に対する義務など負っていません。これは「介護は実子」を主張してきた女性自身が言い続けてきたことです。お金だけは共有で労働力は各自のものなんて専業主婦に都合が良過ぎます。専業主婦が貢献しているのはあくまで「家庭内」のみで、夫の親の介護をしないのであれば、妻の親の介護にお金を出す理由はありません。

    夫の親が裕福だとか、そんなことトピ主が勝手に言うことに何の意味が。ご主人は他人であるトピ主の親にお金を使うくらいなら、自分の親に使うでしょう。自分の親は裕福だから、自分のお金はトピ主の親に使う、なんて考えないと思いますけどね。

    「介護は実子」は言うまでもなく「お金も実子」なんですよ。そんな当たり前のことにも気付かず、権利の部分だけ主張した結果です。

    ユーザーID:2575814200

先頭へ 前へ
151180 / 220
次へ 最後尾へ
レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧