ファーストミートの色をバラされ悲しい

レス321
(トピ主0
お気に入り1,117

家族・友人・人間関係

かか

レス

レス数321

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 被害者は

    それ、被害者は習い事の先生ですよ。

    それくらいのことで、泣く?
    もしかしたら16歳くらいのお嬢さんでしょうか。

    ユーザーID:2267791553

  • 許してないのにまだ習うんですか?

    ファーストミートというのも初めて知ったし、それが式をそんなに盛り上げるの?とまず疑問に思ってしまうので共感はできません。とはいえ、先生には何度も念押ししていたこと、それがトピ主さんの希望なのだから他人がそれをぶち壊していいわけないのは当然です。

    でも終わってしまったこと。先生も反省はするものの、あやまる以上にどうしようもないのでは?許せないなら生徒であることをやめてあげるべきと思いますね。先生もそうして欲しいから言い方はそんな風だけどもうやめてくれと言われているのでは?

    ひとつこれは興味本位の質問なんですが、ばらされたご主人もすごくがっかりしてますか?

    ユーザーID:6138065608

  • 三十代既婚男性です。

    (最初の肉?・・・first biteのことなんだろうか・・・?)

    と、思って読んでみたらそういうことですか。
    うーん、正直なところあなたがそんなに落胆しているのが理解できません。
    ファーストミートって要するに余興だと思うんですが、あなたにとって大事なのは
    式ではなく相手であり、もっと言ってしまえば式という非日常よりもその後に続く
    結婚後の生活の方がはるかに大事な訳ですよ。


    もし私が同じ立場の新郎ならと考えました。

    「よーし、じゃあ初夜の下着でファーストミートしようぜ!」

    とニカっと笑って新婦である妻に言いますかね。
    何言ってるの、もう!と照れ屋の妻はきっと笑って嫌なことを忘れてくれそうです。

    ユーザーID:9961268917

  • 仕方がない

    一般常識として「ファーストミート」などという儀式はごくわずかな人しか知らないです。

    私は既婚女性ですが一切聞いたことがありませんでしたから、最近の流行か何かですか?
    たぶん結婚に興味のある若い男女と、結婚関係の仕事に就いている人しか知らないと思います。

    それが、ごく一般的な知識・常識であるとあなたが思っていたところが問題の開始点です。
    もしレアなイベントであると知っていたら、習い事の先生にくどいほどくぎを刺したからです。

    それもなしにあなたに泣かれた習い事の先生のツライお気持ちはよくわかります。私だって泣きたいくらいよ!って思われたかもしれませんね。
    私がその立場なら「聞いてないよ」って言いたいくらいですが、それをぐっとこらえてくださったのでしょう。お気の毒でしたね。

    あのね、結婚っていうのはスタートです。
    ロマンチックな儀式をするイベントではありません。
    それなのにあなたはいわゆる「お嫁様」「ウエディングハイ」になって、他の人を傷つけ、自分のことすら傷つけています。

    あなたは好きな人と結婚し、周囲に祝福され、これから世間で生きていく。そしておそらく普通に健康で、大きな困ったことも現在は無いでしょう。
    これ以上何を望みますか?

    望みすぎると手の中の幸せまで見えなくなります。そしてそれを失うかもしれない。
    まずは手の中の幸せをじっくりと愛しむことから始めてはいかがですか。

    ユーザーID:2675278100

  • 先生がお気の毒です

    私も先生と同じで、ドレスの色にこだわること自体が理解不能です。
    主様の気持ち云々ではなく、先生の方が面倒な主様と縁切りしたいと思っているのですから、修復は無理でしょう。

    ユーザーID:1705966277

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • そもそも内緒にする意味が解りません。

    ファーストミートって、カラードレスでするものなのですか?

    カラードレスでの挙式ですか?

    まさか、お色直しで中座した際に、わざわざ時間を取って
    お客様をお待たせするつもりだったの?

    何にせよ、貴女が拘り過ぎていた事が、そもそもの間違いなのだと思います。

    まあ、ドレスの色に言及してしまった先生のミスである事は間違い有りませんが、
    貴女も
    >「ドレスの色はだんなに言ってないんです 」
    なんて、中途半端な言い方をせず
    「私の装いは当日のサプライズ予定なので、その件には触れないで下さい」
    と、はっきり言えば良かったのに。

    先生は、貴女の意図しない話をしてしまった事を申し訳なく思って居られるようですし、
    顔を会わせるのが辛い気持ちも理解できます。

    また、それと同時に、貴女という人と付き合う事に嫌気がさしてしまったのでしょう。
    自分の失言が原因なので、言い訳はできないけれど、
    長時間にわたって責め続けられたのですから。

    貴女は文句を言っていないつもりかもしれませんが、
    >『いつまでもいつまでも泣いてる私の姿』
    これは、どんな大声で責め立てるよりも、強い非難の姿勢です。

    貴女は、自分のミスが原因だとしても
    大声で責め立てた人を許せますか?

    貴女が被害者感情を持ち続けている限り、
    その先生は、貴女に会いたくは無いと思います。

    ユーザーID:5476380020

  • 会いたくないのは先生なのかあなたなのか

    先生があなたに会いたくないのかあなたが先生を許せなくて会いたくないのかちょっとよくわからん文章ですが、

    「本人にとっては大事な秘密」をばらされたらそりゃもう怒り狂いますよね、その気持ちは大変よくわかります。
    ...ですが実は、そういう秘密って割と、何年かして振り返ると「...なんであんな怒るほど秘密にしたいと思っていたんだろう」というものだったりしますよ。

    時間がたてば自然に癒えるものだと思います。

    そして先生の方ですが、『秘密』という認識がなかったと。
    あなたが「内緒ですよ」と言っていたにも関わらず。

    明確に「内緒なので言わないでください」って伝えましたか?
    「言ってないんです」だと単に言ってないだけね、と思われる可能性はあります。
    おしゃべりの好きな先生なのでしょうねぇ。
    そして人の話をあんまり聞いてない人なんですかねぇ。
    そういう先生と今後もどうしても付き合いたいなら、
    もう少し時間をおいてまたレッスンをお願いしてみては。

    ユーザーID:0078059227

  • プランクトンのような事ですね

    叶姉妹のお姉さんの名言(?)ですが(笑)
    すみません、"ファーストミートの色"って最初何のことか全然ピンと来ませんでした。
    そこ、そんなに目くじら立てるポイントでしょうか?
    もっと大事なのはお世話になっている方々にわざわざ足をお運び頂く事への感謝の気持ちでしょう?
    おいくつの方か存じませんが、20代前半の社会経験が少ない新婦さんだと思いたいです。
    ファーストミートの色なんてはっきり言ってご主人はどうでもいいと思っていると思いますよ。
    お花の先生も心底呆れられているんだと思います。
    もう先生の事は追わず、今後新境地では家庭を構えた女性として相応の振る舞いを学ばれる事をお勧め致します。

    ユーザーID:0883331017

  • 初々しいくてかわいい花嫁さんですね。

    でもメンドくさ!

    結婚式に思い入れがあるのは分からなくもないけど、ドレスの色なんて旦那さんは別に事前に知ったからどうこうないと思います。色が分かったってデザインで雰囲気全然違うし…というか、言って欲しくないなら「ドレスの色はダンナに内緒なので『言わないでください』」まで言わないと伝わらないと思います。察してはムリ!

    残念な気持ちの持っていき方は「お互い様」って気持ちかな。自分もどっかで何かやらかさないように気をつける事。終わってしまった事をいつまでも引きずっていると自分が何かやらかした時、同じような扱いを受けます。なので許してあげてくださいね。

    まだまだ新婚生活はじまったばかり。旦那さまと末永くお幸せに。

    ユーザーID:2913485729

  • もう済んだことですから

    ショックだったことはとても良く伝わってきました。
    でも、先方も、認識の違いがあったことを深く後悔し、謝罪され、精一杯のことをされているように見えます。
    お式が済んだ今、その方にできることはもうないわけで…。

    お互い気持ちが落ち着くまで距離を置くのは、良い選択だと私は思いますよ。
    トピ主さんから、嘘でも「もう気にしていませんから」と言ってあげられたら良い方向にいくとは思いますけど、今はまだ無理そうですし。

    ユーザーID:4023875327

  • たぶん

    ちょっとトピ主さんが引きずりすぎな印象を受けました。もちろん、楽しみにされていたことがかなわなかったことは残念ですし、ショックだった気持ちも理解できますが、結婚式や披露宴が失敗したわけでもありませんし、もういいじゃないですか。先方も充分反省なさっているようですし、トピ主さんも忘れたほうがいいと思います。

    わたしも最初は意味がわかりませんでした。「ミート=肉」としか思いつかなくて(笑)。検索して理解しました。海外ドラマでよく出てくるので、知っていました。花嫁のウェディングドレス姿を、新郎に結婚式本番まで秘密にしておくことですよね。そして、次の疑問がわきました。トピ主さんは、白っぽいウェディングドレスは着なくて、最初からカラードレスだったのかしら? と。それとも、白のウェディングドレスとカラードレスの二回、「ファーストミート」をしたのかしら? と、いろいろ考えてしまいました。

    おそらく、これほど念入りに準備されているトピ主さんは、カラードレスの前に白いウェディングドレスを着たのではないかと推測します。その場合、厳密にいうと、カラードレスは「ファースト」ではありませんよね。一般的な結婚式の流れでは、結婚の誓いもすませているでしょうしね。白いウェディングドレスが「ファースト」であるはずです。もしかして和装で結婚式をした場合は、和装が「ファースト」ですが。どちらにしても、カラードレスは、最初から「ファースト」ではなかったと思うのです。ドレスが問題なのではなく、結婚する新婦の姿を見るタイミングの問題だと思うので。

    あと、もうひとつ。色は聞こえたでしょうが、そのドレスそのものを見られたわけではありませんよね。それなら、「ファーストミート」の意味はそこなわれていないはずです(厳密な意味はおいておいても)。色は知っていても、それだけでドレスを想像できないと思いますよ。

    ユーザーID:5961242453

  • レスします

    あなたはファーストミートの目的の意味を勘違いしていると思います

    ドレスの色を内緒にしておきますっていうのが目的ではないでしょ?
    彼がドレスの色を知らなかったということは
    結婚式の当日まであなたの
    そのドレス姿を見たことがなかったのでしょ?

    彼が見たことがないあなたの姿を見せるのが目的でしょ?
    色を知っているかどうかなんてどうでもいいことなんですよ





    >謝ってくるものの、言ったことは取り返しつかないやドレスの色が秘密という認識がなかったと繰り返される一方でした。
    と、謝り方が気に食わないと陰で言い

    結婚式が終わった後のおけいこでも引きずっているのがみてとれたのでしょう
    ですから、「お会いするのが難しいとのメールなのではありませんか?}

    ユーザーID:9200355537

  • ウェディングハイの極み

    ドレスの色を新郎は知らないとか言われても「へぇ、そんな人いるんだ。」としか思わないですね。ファーストミートがメジャーなイベントとも思わないし、何より主さんのために時間や労力を費やしてくれた先生に失礼でしょ。
    自分の思い通りになるのが当たり前、そうでなければ被害者面する姿勢はいただけません。
    先生も随分傷ついていると思うし、主さんとは二度と会いたくないと思っているのでは?
    先生も被害者ですよ。教室は辞めてあげてください。

    ユーザーID:0958082387

  • 何それ、美味しいの?

    タイトル見て思いました。

    どうやっても豚「バラ」肉しか浮かばないので…。


    このトピで初めて知りました。
    ファーストミートとやらの、世間での認知度は高いんですかね?


    話はさておき。
    ブーケを作って結婚式に出席して…って、先生は精一杯だったんじゃないかな。

    固辞する先生にお願いした時点で許したのかと思ったら、まだ言ってるトピ主。


    旦那さんに全て話してみたらどうですか?
    それかこのトピを見せるとか。

    私だったら、人の気持ちが解らない新妻にガッカリだけどな。

    ユーザーID:1903108622

  • トピ主はどうしたいのか

    ファーストミートなんて初めて聞きました。去年結婚したんですけどね。
    昔は(ゲスト向けの)ドレスの色当てゲームなんてありましたが、それとは違うんですよね?
    既婚者として言わせていただくと、
    男性は隣の新婦のドレスの色が赤だろうと青だろうと、
    同じような「わー綺麗だね」程度の反応のようにも思えます。
    あと、カラードレスの前に白ドレスで顔を合わせていても「ファースト」ミートなんですね…
    カラードレスだけの挙式なのかな、よく分かりませんが、なんか不思議。

    さて、それでトピ主さんはどうしたいの?

    先生がバラしてしまった、
    それは先生も謝罪して、申し訳ないから辞退したいとまで言われたのに
    説得してまで出席させてブーケも作らせて。
    なのに
    「個人で頼んじゃったからクレームも入れられない、信頼してたのに」って…

    だったら向こうが
    「言ってしまって取り返しがつかない、辞退したい」と言った時に
    お世話になったし云々なんて言わずに、そのまま辞退してもらえば済んだのでは?
    あなたもまだ教室に通うつもりのようですが、
    先生の顔を見るたびに式を台無しにされたって泣きませんか?

    気持ちの持っていき方とのことですが
    トピ主さんの中でいまだ許せていないようですから、
    「今後できることとしては、教室をやめることでは?」としか。

    しかし良い教訓になりましたね。
    「この程度の言い方で分かってもらえるはずだ」とは思わず、
    相手の思い違いや自己判断が万が一にも起きないよう
    一から十まで言葉にする。

    ユーザーID:7020427597

  • 先生がかわいそう

    ファーストミートねぇ
    私もお食い初めの料理を内緒で準備していたのに夫から義実家にバラされたとかそういう話かと思ってました(笑)

    トピ主さん、終わったことだからもういいんじゃない?
    いつまでも泣いているなんて、子どもみたい

    それは先生もショック受けるわ

    ずっと泣かせて申し訳ないから出席も制作も辞退したいと先生が言ったのに無理やり出席させるのはひどいと思うよ
    制作費はちゃんと先生にお支払いしましたか?
    まさかクレーム代金がわりでお支払いしなかったとか・・・?

    それにドレスの色なんて誰も気にしていないよ
    自己満足でしょ

    ユーザーID:8920735608

  • 縁切り

    主様の式への思い入れが十分伝わってきます。
    思い通りの結婚式にならなかった。
    多分その先生との関わりだけが上手くいかなかったのでしょうね。

    了見が狭いと思いますが、そうやって切れていく縁もあります。
    仕方ありません。

    でもね、ファーストミート?
    色ぐらいバラされても何の支障もないんじゃないですか?
    メイクだってセットだってしていたわけじゃないし。
    お客様だって花嫁のドレスを覚えている人って新婦の友達ぐらいですよ。

    そんなことぐらいで泣かれる先生がお気の毒です。

    ユーザーID:6491453106

  • 私のファーストミートのイメージ

    私も、「ファーストミート」の語句は、このトピで初めて知りましたが、イメージは「婚礼衣装を身に着けた姿を、結婚式で初めて見せる」でした。

    ドラマティックなシチュエーションだと思います。
    素敵です。

    でも、トピ主の場合は「カラードレス」とのこと。
    花嫁衣裳ではなく、お色直しの衣装ですよね?

    ちなみに、検索しても「ファーストミート」は、白いウエディングドレスばかりでしたよ。
    結婚式のブーケを作っている先生なら、「ファーストミート」の語句はご存知でしょうし、なおさら、トピ主の「カラードレスの色を内緒にしたい」との意味が伝わらなかったのかもしれませんね。

    「結婚式に、並々ならぬ思い入れがあったのだな」とは思いますが、ドレスはデザインも様々だし、色を事前に知っていたとしても、新郎の感激は大きく変わらないと思います。

    先生は、トピ主の様子から、自らの行いを反省しています。
    一方のトピ主は、辞退する先生を説得してまで披露宴に招待しながらも、いまだに根に持っています。

    正直に申し上げて、「自分に対し、いまだにわだかまりを持っている相手(トピ主)のレッスンをしたくない」との先生の気持ちのほうが理解できます。

    「本来ならクレームを入れたい」くらいの相手との交流を続けたいトピ主のほうが、理解できません。

    ユーザーID:6467254429

  • ファーストミート調べて見ましたが、色って?

    もっと詳しく知ろうと「ファーストミート」を
    ネット検索していくつか読んでみたところ、
    「当日の全身美しく整えた正装をお互い始めて披露して、感動しあう」が
    趣旨のようですね。

    「二人でドレスを選んでもよい」とか
    「ウェディングドレスでやってもいいし、
    カラ―ドレスで2回めのミートをするのもいい」などありました。
    トピさんがドレスの色を内緒にしたかったのに、駄目になってしまったことは
    お気の毒だとは思いますが、
    最近になって日本の結婚式業界が提案しているらしい「ファーストミート」のこと、
    例え先生が同じように調べてみたり他人に聞いたりしても、
    やっぱり「そこまで色を内緒にしたい」話だとは
    理解できなかったように思います。
    「ドレスの色を新郎が知ったら、結婚式が台無しになる」という
    発想は一般的ではないし、結婚式の本質とは無関係の演出の一部ですよね?

    もちろん、そのこととトピさんの気持ちは別ですので、
    それでも「悲しい」「がっかり」は仕方ありません。
    先生も分かっていらっしゃるし、後悔もされてます。
    でも、今も(これからも)悲しいと言い続ける方とは、
    もう距離をおきたいというのもまた、普通かと思います。
    分かっていらっしゃると思いますが、「しばらくお会いするのは難しい」
    とは、「レッスンは退会してほしい」ということです。

    「色の件でこんなに傷ついた私に、
    さらに退会という屈辱を与えるなんて」、と思われますか。
    それは不幸なことです。
    新婚生活のスタートには、新しい道こそふさわしい。
    ご結婚おめでとうございます。どうぞ末永く、お幸せに。笑顔でいてください。

    ユーザーID:8020367398

  • おめでとうございます

    すみません、ドレスの色がどうこうがお楽しみにってよく分かりません。
    しかも夫に内緒?サプライズ?
    それは本人の希望だったのでしょうか

    他人はよく分からなくても
    トピ主さんにはこだわる意味があったのですよね。
    そこはすごく残念だと思います。

    先生も自分の事のように舞い上がったのだと思います。
    私の夫はそういうことには無関心なので、数年後忘れていると思います。
    友達の結婚式もドレスより雰囲気を見ますね。

    結婚、子育てで思っていたのと違うことなんていくらでもあるので。
    もしこれが一番の辛い事だったらハッピーだということになりますよ。

    ユーザーID:5178266175

  • 夫出身国、現在住国で色を教えるのは一般的です。

    夫出身地(西欧)は、新郎が(新婦が注文した)ブーケを持って新婦を迎えに来るのがファースト・ミート。
    その時、新郎の手にはブーケ、胸にはブーケとお揃いの生花+ブーケと色を揃えたネクタイ+ネクタイピンは新婦の髪飾りと合わせたようなデザインや素材等が伝統的なスタイルです。

    >結婚式のブーケ作りを
    頼まれた人が、新婦の選んだ色や大体のヘアスタイルや髪飾り等を教え・調整する役割を果たしてくれます。新郎は与えられた情報・新婦の身長等からブーケを想像し、仲介役と相談しながら、それらとコーディネイトされ女性を引き立てるような胸の花、タイ+ピンを選びます。

    お色直しの習慣はなく、ウエディングドレスで1日(以上=パーティーが翌日まで続く)過ごしますが、テーブルコーディネートも新婦が選んだ色が中心です。
    私達が結婚した時、義母が習慣等を教えてくれ、ブーケ担当の花屋さんが私の希望を聞き、夫と相談し飾りつけ等をしてくれました。

    現在住国(西欧他国)は、新婦の選んだ色やスタイルに合わせ、ブライズメイド、ベストマン、フラワーガール、新郎・新婦の両親等の装いをコーディネイトするので
    >色はだんなに言ってないんです
    と言われたら、周囲は準備が出来なくなってしまいます。

    主様が信頼していた方に、不本意な形で内緒にしたかった事を話されてしまい
    >余興のなかった自分たちにとって とても大事にしていたイベント
    >泣きました
    と言うお気持ちは分からないでもないですが…西欧で結婚式を挙げ、暮らしている身としては
    >主人にはカラードレスの色は内緒
    に無理があったと思います。

    >気持ちの持っていきかたをどうされましたか
    結婚式は済んだ事ですし、旦那様は素敵な主様の姿を見て大満足だったのでは?
    主様の望む形ではなかったかも知れませんが、西欧式ファースト・ミートを行ったと思い気持ちを治めてください。末永くお幸せに。

    ユーザーID:6100547604

  • かわいそう

    大事な結婚式に大変なことをしてしまったと罪悪感でいっぱいなのでしょう。トピ主さんは「内緒にして下さいね。当日驚かせたいので」とはっきり言うべきでした。
    トピ主さんまだ悲しんでいるんですか?悪意なんてなかったのだから水に流せませんでしょうか。
    もし自分がうっかり言ってしまった側だったら恨みや悲しみを感じ取って辛くて同じ空間にいられません。

    ユーザーID:9381981602

  • お気の毒ですが・・・

    習い事の先生も恐らく深く意識してなかったのでしょうね。結構、年齢の高い先生ではありませんか?
    聞いてたつもりでいても、ついつい弾みでポロっと言ってしまったのでしょう。
    このような先生には前もってシッカリとしつこいくらいに念を押しておかないと駄目なのですよ。
    ご挨拶をしに言った時もご挨拶をする前に「絶対に言わないでくださいね〜」と言ってあげてた方が良かったかもしれません。
    しかしまぁ、もう過ぎてしまった事ですね。モヤモヤしたお気持ちは時が解決してくれますよ。
    それと…習い事は行きずらいのであれば一旦、お辞めになるのも手かもしれません。
    先生も加害者でありながら被害者になってしまったのですから。
    もし辞めたくないのであればトピ主さんも明るく「マリッジハイになってたようで申し訳ございませんでした。」と先生には深くお詫びをして引き続き習い事をすれば良いでしょう。
    一生に一度の事でしょうけど…これからまた色々なハプニングやトラブルにぶつかるかもしれません。
    上手く回避出来るように試行錯誤していくのも人生経験です。
    「良い勉強になった!」と割り切って新たなスタートを切ってください。

    ユーザーID:8943343833

  • 事前に知られても知らなくても、結婚生活のなにも変わらないはず

    ドレスの色が事前に知られていたら、ご主人とあなたの愛は冷めてしまうようなちっぽけなものだったのですか?

    ドレスの色が事前に知られてしまったら、今後の人生で何か不都合なことが起こるのでしょうか。

    さっぱりわかりません。
    今後の結婚生活にはなにも影響のないことですよね?
    あなたの態度が、結婚生活や人間関係を残念なものにしてしまっているのではないですか。


    結婚するぐらいのおつきあいをしたカップルでしたら、予想ついていたと思うんですよ。その場では驚いた顔して見せてくれたとしても。

    結婚するぐらいの大人の女性が、人のミスを泣いて責めるような態度を取り続けるなんて、幼すぎると思いますけどね。

    夫婦の何も変化しない、愛は変わらない。
    それだけあればよくないですか?

    明日の夕飯のメニュー考えた方が楽しいと思います。
    わざわざ「辛い過去」にしないで、未来のこと考えましょうよ。

    ユーザーID:3449296477

  • セカンドミートでは?

    ウエディングドレスに身を包んだ姿を新郎に初めて披露するのがファーストミート。
    式を終えて披露宴の途中などで花嫁がカラードレスに着替えた際にするのがセカンドミート。
    お色直しの間に新郎にドレスの色を予測してもらい、
    答え合わせのように新婦が再入場という演出をすることもありますが、それの話かな?

    ならばドレスの色を暴露されて悔しいと思うトピ主さんのお気持ちはよく分かりますし
    とんでも無い事をしてしまったという先生のお気持ちもよく分かります。
    特にトピ主さんにとっては一生に一度の結婚式の事ですから、
    気持ちの切り替えが上手くいかなかったのも理解できます。

    でもね、ファーストミートは親や親族が結婚相手を決めるのが普通だった時代、
    結婚前に相手を見て逃げ出さないようにと行われたのが最初。ロマンの欠片もありません。
    それが自由恋愛になった現代は意味を変えて、結婚のために美しく飾った花嫁(花婿)を見て
    感動すると共に、愛を再確認するというロマンチックなセレモニーになったのです。

    カラードレスで行うセカンドミートもそこから派生したもので、
    ドレスの形や色を楽しみにしたり、クイズにしたりするのはただの演出に過ぎません。

    何が言いたいのかと言いますと、
    ウエディングドレス姿のトピ主さんもカラードレス姿のトピ主さんも、
    新郎にとっては驚きと賞賛と熱愛を持って見つめるべき美しい花嫁であったはずで、
    彼はドレスの形や色なんて意に介していなかったはずだと。

    彼が彼のために着飾ったトピ主さんを見て愛を深めたならば、
    それがファーストだろうがセカンドだろうが何だろうが大成功だったという事です。

    何年か経って、あの時はこうだったよねと笑って話せるようになった時
    「あの時のあなたは本当に素敵だった」
    と熱く見つめ合えるようなご夫婦になられるよう祈っています。

    ユーザーID:5912057636

  • 勉強になった

    最初にタイトルを見た時には、全然意味が分かりませんでした。
    もっというと、ドレスの色を内緒にすることにどんな深い意味があるのかといぶかしく思いました。
    (最近んは先生も、大変だな)

    ガッカリした気持ちは分かりますので、なんとも
    (もっとしっかり伝えて欲しかった。)
    ただ、招待客はあなたが思う程にはドレスの色もデザインも覚えていないと思いますよ。

    モヤモヤは、時間が解決してくれます。
    今は無理でも3年もすれば忙しさに忘れると思います。
    なるべく考え過ぎないように、仲良くお過ごしください。

    ユーザーID:8427002131

  • ファーストミート知りませんでした

    ファーストミート・・そんなものがあるんですか、知りませんでした。

    ドレスのカラーといえば、私が親戚の結婚式にお呼ばれした時に、
    新婦のカラードレスの色を当てるイベントが開催されました。
    内心、あんまり興味ひかれないイベントで、全体的に盛り上がりませんでした。
    冷静に考えれば、どんな色でも最後は「お嫁さんキレイだね〜パチパチ(拍手)」となるイベントなんだと思います。

    思い出って大切なものだけど、思い出至上主義になりすぎて、現在「今」を台無しにしてませんか?
    完璧な人間、完璧な人生なんてありえませんから、人の失態を許せる心、大切ではありませんか?
    そういう心に、いつかあなたも救われる時があるかもしれませんよ。

    もしど〜〜してもというのなら、私だったらもう1着カラードレスを写真館で着て記念フォト取ります。
    その時には旦那さんに色を内緒にすればいいんじゃないですか。
    モヤモヤが消えるなら、多少の散財もヨシと思えればですが。

    結婚式も終えたのですから、お姫様気分は終了です。
    大人の女性として落ち着いた気持ちを取り戻してください。

    ユーザーID:9217936793

  • ご結婚おめでとう。

    えっとですね、まず「ファーストミート」が誤解されていると思うのですが。
    おそらく、欧米で「結婚式の前に、新郎には新婦のウエディングドレスを見せない」という話だと思います。結婚式で初めて、ドレスの美しい姿を見せる、ということでしょう。
    でも、ウエディングドレスは、9割以上「白」ですので、ファーストミートの「色」というのは、何のことだかさっぱり意味がわかりません。

    トピ主さんが言うのは、お色直しのドレスのことでしょうか。
    よく知らないのですが、日本の結婚業界では「お色直しのドレスの色を秘密にして、ファーストミート!」みたいなことをしているのでしょうか。それ、わけがわからないですよ・・・。
    そもそも、そんなことを男性が気にするわけない。さすがにどんなに鈍い男性でも、「妻になる女性のウエディングドレス姿を、結婚式で初めて見た」には感動するかもしれませんが、「うわあ、ピンクだ!すてきだなあ」「うわあ、パープルだ!すてきだなあ」と感動するのでしょうか・・・。ないないないないないないない。

    当日初めて、トピ主さんのきれいなドレス姿を新郎に見せたのなら、ちゃんと成功していますよ。

    それとね、結婚式というのは、必ず一つは「あれだけはどうしても・・・」という悔いが残るもんなんですよ。そういうものなんです。みんなそうなんです。私のときだって・・・はぁ、やめとこう。もう思い出したくない(苦笑)。

    でも人って、99%成功でも、1%の嫌な思いのために、1%をくよくよ考え、99%の素晴らしさを忘れてしまうものなんですよ。結婚式に限らないのですけどね。これは生きていくのに大変損です。

    ネット掲示板には、結婚式に悔いを残して愚痴ったり怒ったりのトピがたくさんありますよ。それを見て気持ちを慰めつつ、99%の成功を思い出しましょう。ご結婚おめでとう。幸せになってください。

    ユーザーID:2056493453

  • 『お会いするのがしばらく難しい』

    どうであれ、今はこのセリフを言った方の気持ちを優先して差し上げるべきでしょう。しばらくお会いしない方が良いと思います。というか…もう、関わりを持たないようお願いします。

    ユーザーID:3244951643

  • 10年後には

    10年後には笑い話ですよ。
    いや、その時にはトピ主さんは反省しているかも。

    思い入れはわかります。
    すごーく思い入れてたんですよね。
    でもたぶんその熱は数年後にはすっかり冷めるんです。
    冷め切った後で考えると
    「あそこまで泣くようなことじゃなかったな」って思うと思います。

    ご主人が口で何と言っているかはわかりませんが、
    おそらくドレスの色なんて、どうでもいいと思いますよ。

    青色にしたって黄色にしたって、
    耳で聞いた色と、目で見る色は違いますよ。
    青って言ってもこういう青だったのか〜、こういうデザインだったのか〜って
    はっきりわかるわけですから、
    ざっくり色を言ったって良かったのでは?

    10年後にでもきいてください、ご主人に。
    「あの時ドレスの色が先にわかっちゃって、残念だったでしょ?」って。
    きっと「別に〜」っていうか「そんなことあったっけ?」って感じですよ。

    つらい気持ちはわかりますよ。
    私も思い入れている時は泣きたくなりますから。
    でも後から考えるとたいしたことなかったなってわかるんです。
    その時を待ってください。

    ユーザーID:7367681709

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧