現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

友達は作るもの?出来るもの? 携帯からの書き込み

ぼっちの人
2019年1月9日 12:58

閲覧有難うございます。過去にこちらで友達をどう作ったらいいかを聞いたのですが、友達は自然に出来るものと言った人もいれば、友達は努力しなきゃ作れないと言った人もいました。

この二つの意見は相反するものだと思うのですが、皆様はどちらが真実に近いと思いますか?曖昧な聞き方になってしまい、すみません。

皆様の経験や意見を聞けたらなと思い投稿させて頂きました。

ちなみに私は今まで友達ができなかったので、死ぬ程努力しなきゃ友達は出来ないと思っています。

回答お願いします。

ユーザーID:2805298604  


お気に入り登録数:41
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:29本

タイトル 投稿者 更新時間
そりゃどっちもありでしょう。
もうアラカン
2019年1月9日 15:16

経験からというなら、若い頃一人暮らしを始めたころはとにかく知り合いがいなくて友達が欲しくていろいろと努力しました。
まぁ友達を作る努力と言うより、なんとかして出会うためにサークルに入ったりなどという意味の努力です。

だんだん歳をとるとわざわざそんなことまでして知り合いを増やしたいとは思わなくなりました。
家族がいて子育てもあって仕事もしていて自分の事は後回しだったからかもしれません。

今はなにかのきっかけで知り合って、気が合えば知らないうちに友達になるという感じでしょうか。

ただし、友達付き合いを続けていくための努力と言うか気遣いなどは必要です。
若い頃のように感情だけでべったり付き合うのではなくお互いを気遣いながら程よい距離感も必要だと思っています。

ユーザーID:6304515581
両方正しい。
sakura
2019年1月9日 15:21

友達を作る為に共通の話題がある趣味の集まりや勉強会や飲み会に行く。

共通の話題がある趣味の集まりや勉強会や飲み会に行っているうちに
その中で仲良くなった人と気づいたら友達になって友達が出来ていた。

自分の気持ち次第で、作るものでも出来るものでもあるのでは?

ユーザーID:3492503158
自然には出来ない。
ポメちゃん
2019年1月9日 15:39

友達を作るには、
まず、その人と知り合って、
話したり、交流する必要がありますから、
自然にはできません。
例えば、家の中で、引き籠ってる人は、
友達作ること以前に、人を会う機会がありません。

学校だったり、勤務先だったり、人と会う機会があるとしても、
積極的に話したり、交流したりしなければ、
知り合いレベルで、友達までにはなれないのかも知れません。
社交的な性格の人には、自然に出来るのかも知れないけど、
人見知りな私には、ある程度、努力が必要と感じます。

ユーザーID:6340467814
縁のものだから
nyanya
2019年1月9日 15:46

何とも言えませんが・・・

友達と恋人って、成り行きは似てると思います。

作ろうと思ってもできないし、突然出会ったり、偶然見つかったり・・・

また、出来たと思って一生の友!と思っても、気持ちの行き違いで疎遠になるなんて何回も有りました。

今では特に友人が欲しいとも思わず、気を使わないボッチも結構楽しいと思うまでになってます。

私は無理に出会いを求めなくても良いと思う主義です。

でも若い頃は、友人が多い方が良いに決まってる!と思った事もありましたがね。

ユーザーID:0161527350
できるものだと思います。
おばば
2019年1月9日 16:18

ただ、仕事と家の往復しかしなかったら友達は出来にくいですよね。
欲しいと思って人間関係を広げる行為、これは「つくる」行為だと思う。

私は中学生の時友達がいないと何気なく言ったら、担任の先生が「これは大変」と話を聞いてくれました。

親友ができたのはその後でした。
きっかけは好きなアニメーションを見て盛り上がる。これは入り口だと思います。
たくさん話をして、その中で相手の人格や考え方を好きになったり尊敬したり。
これが両思いになると友達になっていた。
と言った感じでしょうか。

学校生活助けられたり助けたり。

大人になると利害関係やら気遣いやらあってなかなか子供の頃のようにはいかない。
友達が出来たのはやはり趣味が入り口でした。

職場で仲が良い人ができました。
同じように相手の人格が好きだったり一緒にいて楽しかったり価値観が合ったり尊敬したりしましたが、友達とはならず「親しい同僚」が一番しっくり。


人は良くも悪くも変わるから、友達もくっついたり離れたりです。
あとはぁ、40年近く付き合いが継続している親友ですが、相手が結婚・出産した時には間が空きました。
話が合わない事もありました。
連絡はいつも私から。

でも、結局は私が相手が好きで、会いたいから連絡をする訳で。
相手から連絡ないからと疎遠になったら今頃友達は一人減ってましたね。
これは継続する努力になるのかな?でも、話したいな会いたいなというのは作り事ではないし…説明は難しいですねえ。

友達と人に紹介できるのは3人くらいですかね。

相手のことが好き、または尊敬できるか。
また会いたいと思うかどうか。

これが両思いになれば継続されます。
私の場合はポイントはここだと思います。

ユーザーID:8636923375
こんなことで悩むかな
冬子
2019年1月9日 16:45

友達なんて作る気があれば自然と出来ると思いますがね。

貴方は出来なかったのではなく、作ろうとしなかったか、自分から避けて

いたからではないですか?

ユーザーID:8044166925
人生で出会えた人
こむぎ子
2019年1月9日 17:46

幼馴染、学校、職場、ご近所・・
人生において出会いって色々ありますよね。
年齢を重ねる度に知り合う人の数も増えていきます。
その数多い出会いの中で、お互い何となく気が合う人、一緒にいて楽しい人、気を使わずおしゃべりが続く人が友達だと思っています。
ですから主さんへの答えなら「自然に出来るもの」に一票かな。

ところで近頃「友達がいない」ってトピをよく見ますね。
そのトピに共通するのが「人見知りで・・、内気で・・、口下手で・・」等の言い訳をまず最初にする事。
辛口な意見で気を悪くする人がいたらごめんなさい。
でもね、最初から言い訳して一歩引いてる人に友達は出来にくいと思います。
主さんは死ぬほど努力しているそうですが、それでもお友達ができないのなら、その努力の仕方が多分間違っているのではないでしょうか。

・自分が楽しめる趣味の場に参加する。共通の趣味があれば、たいてい話は盛り上がります。
・新聞、テレビニュース、ネット等をチェックし、最近の話題になりそうな時事について自分の意見を言えるように考えておく。ただし、自分の意見が絶対に正しいなんて強情は張らない事。あくまでも話題に参加できる知識・意見を持つ程度に。

この二つを心がけていれば話し相手ぐらいはできると思います。そこから友達になれるかどうかはわからないけど。「数打ちゃ当たる」なんてって事もあるから、上手くいかない事があってもくじけずに出会いを増やしましょうよ。

ユーザーID:1648835960
大人になった暁には・・・
さすらいのメカニック
2019年1月9日 19:08

本来、友達とは自然発生的に出来るものですが、それは子供の時だけです。
大人になると自然発生的に友達が出来ることは先ずないでしょう。

ただ、本来のあるべき姿としてはやっぱり自然発生的に出来るものが友達であり、

それ以外は友達であって友達ではないと言えましょう。

大人になると仕事がらみの付き合いが増えますが、仕事で知り合って仲が良くなっても友達って訳じゃないですよね?

かといって、知り合いって言うほど付き合いが浅い訳でもないですよね。

そういった友達は作ろうと努力しない限りは出来ません。

努力とは・・・ギブ&テイクの関係を築くことです。

ユーザーID:1313867023
死ぬほど努力しましょう携帯からの書き込み
ミケ
2019年1月9日 19:12

友人はいいものです。
死ぬほど努力する価値があります。
死ぬほど努力して死んでしまった人はいません。

ユーザーID:4845292089
何千人という知り合いの中から、残る「友達」は数十人。
じゅんくん
2019年1月9日 20:11

だって、仲良くなるためには、色んなおしゃべりができるようにならないと。
その「おしゃべり」をするためには、共通の話題が必要。
それ以前に、共通の話題を「話しかける」というのは、努力だと思う。

子育て中の私の場合、まずはママ友から始まる。
挨拶から始まり、お子さんの名前を覚え、ママさんを覚えて、顔見知りになる。
保育園の行事の話題、どんな持ち物が必要か!?などの必要な話題を話しかける。
それを何回か繰り返して、話すことに慣れたら、「どのへんに住んでるの?」とか、ようやく世間話ができるようになってくる。

うちは保育園なので、世間話ができるようになるまで、1年〜1年半はかかりましたね。

子供同士が仲良しだと、そこからさらに、イベントとかで土日に遊びませんか?という話題に。
そこでようやく、LINE交換。
そうすると、次の約束をしたりできるようになる。
そうしておしゃべりするうちに、保育園や子供以外の共通の趣味とかが見つかれば、ママ友から友達に進む・・・かもしれない。

たくさんの「知り合い」の中から、気の合う「仲良し」を見つけるのは、奇跡に近いと思う。
そういう意味では「作る」ではなく、いつの間にか「出来る」という考え方にも納得感はある。

遠い道のり、たゆまぬ努力。あとは笑顔かな。
がんばってくださいね。

ユーザーID:0309100629
友達の質によると。
お昼寝コロコロ
2019年1月9日 20:27

適当に数を増やすだけでいいなら幾らでも友達って作れると思います。
でも質にこだわると一人でもできればラッキーだと感じます。

辛い時に支えてくれる?話を聞いてくれるような人はかなり頻繁に見つかると思います。での、幾ら信じていた人でも、友人の幸せを一緒に心から喜んでくれる人は滅多には見つからないでしょう。

人と言うのは伴侶や親以外は信用のならないものではないかと感じますので、
友人と言うのは適当に時間を費やす話し相手、その程度なら作るもの、でも本当に心許せる相手は巡り合えば宝くじに当たったほどに貴重な、滅多に出来るものではないと思います。出来たならば大事にしてください。

ユーザーID:5663190750
両方正しい
キャンディー
2019年1月9日 21:50

どちらも有りだと思います。
実際、どちらもありました。
ただ、相手から友達になろうと言われることもありますけどね。

沢山悩んだのなら、あとは行動あるのみ!かな?

ユーザーID:0086415046
どちらも正しい携帯からの書き込み
莉緒
2019年1月10日 0:46

要するに何もせず人に会う機会すら作らずぼーっと待ってても「自然に」はできないので、人と出会える場所へ行く努力や人に自分を知ってもらう為にアピールする努力は必要。
しかし結局は相性なので、合わない人に無理矢理「友達になりましょう」と距離を詰める「努力」をしても無駄であり、自然に仲良くなる人を探すしかない。

ちっとも相反することではありません。
「努力しなきゃできるわけがない」と言った人は「ぼーっと待ってたって、あなたの魅力なんかわかりようもないんだから向こうからホイホイ友達になりに来るわけがない」という部分を想定しており、「自然にできるもの」と言った人は「友達とは仲の良い人という意味なので仲良くもないのに『じゃあ今から友達です』で友達にはなれない」という部分を想定しているのです。
友達になり得る人を探し仲良くなるための努力は必要だけれど、友達になれるかどうかは相性次第なので自然に任せるしかありません。

ユーザーID:4918677845
友達は自然に出来るもの
結衣
2019年1月10日 4:12

どちらかを選べと言われたら、
 
・友達は自然に出来るもの

かなと私は思いました。

いくら無理したってできない時はできないし、
意識して何かしなくてもできる時はできる。
そんな感じでずっとやってきてるので。
友達、恋人、夫、愛犬など全て、
自分と繋がる存在は縁だと思います。

ユーザーID:6446889371
わたしなりの解釈ですが
太陽さん
2019年1月10日 5:45

友達は無理に作ろうとしても長続きしないと思います。出会ってからいろいろお互いを知り自然に友達になるものだと思うからです。

私の場合は出会っても仲良くなりたいと思う人以外、お互いを知り合いたいとも思いません。

でも、ずっと家に閉じこもっていたら出会いさえもありませんよね?だからもし友達がほしいと思うなら出会えそうな場所に行く「努力」も必要なのかもです。

ただ、私はそこまでして友達がほしいとも思いません。

若い頃は友達が少なかったのですが、私と合うと思う人と出会うことがこれまでの人生で数回あり、気がついたら今現在はそれなりの人数になっています。

もしトピ主さんがどうしても友達がほしいと思うなら、出会いそうな場所(趣味のサークルとか)へ出向く努力も必要かもですね。

ユーザーID:9921336446
努力は必要
ロンドン
2019年1月10日 11:34

まずは話しかけない事には何も始まりませんよね。
社交的な人ならいいけれど、人見知りなら”頑張って”話さなければなりません。
知り合いになってからも、相手と本当に気が合うかどうか分かるまで継続して接触を続ける努力も必要です。

学生時代までは家が近所とか、クラスで一緒とか、半強制的に接触の機会があり、一定の時間を一緒に過ごすので、多くの候補者の中から自然に気が合うもの同士が友人となって行きますが、大人になってからはそんなきっかけはありません。

まずは誰かと知り合ったら積極的に絡んでみる事。これをしない事には「出来る」段階にすら至らないのです。

また友達がいても引越したり、社会に出て多忙になればだんだん疎遠になって行きますね。となれば定期的にメンテナンスが必要です。
誰もが友達と会うためのセッティングが得意な訳ではありません。忙しい日常の合間を縫って合う段取りをつける労力も必要だし、そういう働きかけを一切しない人は次第に誘われなくなります。
何十年経っても再会して復活できるのが友達と言う意見もありますが、そのためには年賀状なりメールなりの付き合いを細々続けていなければなりません。

と言う事で、大人になってから友人はきっかけづくりを含め「作るもの」だし、一旦出来た友人も友人でいるためには努力(労力)は必要だと思います。完全に放置しても維持される友情はありません。
ただいくらきっかけを作ったからと言って友人と呼べる程親しい相手になれるかどうかは相性の問題なので「出来る」ものです。


あとそもそも論ですが「友達」って何?と言う所も考えるべきかもしれませんね。
どんな悩みでも話せるような深い関係だけを友達というのか、時々雑談をラインでする程度も友達に含めるのか。
意外とそういう意味ではトピ主さんも友達がいるかもしれませんよ。

ユーザーID:6199036043
どうして曖昧にしか聞けないか本質
お匿さん
2019年1月10日 13:04

努力をしないよりは努力をしたほうがよい。
しかしながら、努力すれば出来ることではない。

そもそも『友人とは』をどういった関係の人と定義をしますか?
遊んだり食事をするぐらいの関係と誰にも話せない相談をできる人でも違う。

努力して友達を作ろう?
まあ、自分勝手な行動を慎もうとか、
相手の気持ちを考えようとか
ある程度は相手に合わせようとか…

そうすれば、交流できる人は増えるでしょう。
それを友人というなら努力すれば友人はできるとも言えます。
でも、人間関係というのは一度作れば関係は維持できるわけじゃない。

努力というのが友人を作るための目的であるなら、達成した後に継続するのは?
その努力というのが、自分の気持ちを噛まんするだけならば、
そんな友人関係を続けるのが大切かとなる。

結局は自分を理解してもらって誠実に接することが大事でしょう。
それって、友人を作るためではなくて、自分が人として成長するための努力じゃない?
結果として、努力の目的が違うわけですよ。

友人になるために何かするのではなくて、いろいろな人の出会いをする際に
良い印象を抱いてもらえればよいという見返りのない自分自身のための努力。

そこから先は、話が合う、相性が良いなど様々な要素が絡んで
どこまで親密な関係になれるかが変わる。
当然、自分でコントロールできない相手次第なんだから、
結論としては友達は作ろうとしても自分の意志だけで作れるものじゃないってなる。

ユーザーID:7378330779
どちらもありますよ。
stella☆
2019年1月10日 14:49

自分から求めて作る事も出来ますし、
たまたま知り合って、仲良くなって
自然と友達になる事もあります。
前者は例えば趣味友を作ろうとネットや
サークルに参加して知り合って友達に
なったりした場合。
後者は学生時代の友人ってたいてい
このパターンではありませんか?
たまたまクラスメイトになって
席が近くでよく話をするうちに
・・・って感じで。
私はどちらの形でも友人になった
人がいますよ。

>死ぬ程努力しなきゃ友達は出来ない
そんな風に無理して友達になっても
それじゃ気疲れちゃって長続きしないでしょ?
本当に気があってる人じゃないんだと思いますよ。

ユーザーID:1383593505
出来るものだけど、それだけじゃない
ねこ
2019年1月10日 19:07

何度か転職していますけど、どの職場に行ってもだいたい一人は仲良くなる人が出来ますね。

でも、それは日々仕事を真面目にして、そして笑顔でいることです。
声を掛けられたら気持ち良く返事をし、お礼や謝罪はきちんとすること。
こうして普段の人間関係を円滑にしていれば自然と会話をしたりして
話してみると共通の趣味があった、何となく気が合うなどとなり同僚以上の関係になって
職場を離れてからも付き合いがありますね。

作るために死ぬほど努力するものではありません。
そんなことしたら、その出来た友達に依存してしまわないですか?
そもそも友達の定義って?

トピ主さんに必要なのは友達を作ることではなくて、
もっと一人で楽しむことを見つけることではないでしょうか。

友達なんていてもいなくてもー、なんて思っていたら
自然と出来るかもしれませんよ。

ユーザーID:2101069055
努力の向かう方向を間違えない
おぃちゃん
2019年1月10日 22:16

結局さ、友人なんて言っても幅が広いんだよ。

単に遊び相手のような都合の良い時に会えればよい程度から、
自分の悩みなど他の誰にも話せない事でも信用して相談できる人も友人とも言える。

そういったことを抜きにして、自分が多くの人から好感が持たれるようになれれば
自ずと親しくなれる人は多くなるのは間違いないよね?
つまり自分を成長させる努力は決して損にはならないと言えるでしょう。

でも、それが友人が出来るという見返り目的であるならば、
内面を磨くことは後回しにして、外面を良くする方向に気持ちは傾くでしょう。
そうなれば、友人と言っても結局は表面的な付き合いが出来る相手までとなる。

また逆に、色んな所に出会いを求めて積極的に会う人を増やせば
その中にはトピ主さんと気が合う相手が見つかる可能性は高いですよね?
それも1つの努力と言うのであれば、間違いではない。

でも本当い欲しい友人と言うのはどういった人なのか考えて見なよ。
気心が知れているというのは自分の素の部分もある程度見せられる人でもある。

自分はこういった人だと理解してもらうのだから、
どこまで努力をしてもそれを理解し、認めてくれるのは相手次第なんですよ。

あなたが友達になりたくても、相手も友達になろうと思わなければ友人関係は成立しない。
つまり相手の意思次第の部分がある限り、作ろうとして作れると言えるものではない。

だからこそ、努力の方向が『友達を作るため』のものであるなら、
そこから悩みが解消できるとは限らないでしょうね。
でも、自分を見つめ直す過程を周囲は見ていて、あなたを理解してくれる人がでたり、
興味を抱いてくれる人がいれば、その人たちがあなたが望む友人になる可能性はあるでしょう。

ユーザーID:7534711252
 
現在位置は
です