現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

3年生女子、習い事続けるかやめるか 携帯からの書き込み

りんりん
2019年1月9日 23:19

初めまして。不慣れなので、行き届かない点があると思いますが、読んで頂けると幸いです。
小学3年生の娘の習い事のことで、相談させてください。娘はあるスポーツ(身バレ防止のため、スポーツ名は伏せさせて下さい)を、一年生の時から続けています。クラスが普通クラスと、選抜クラスに分かれていて、娘は普通クラスです。
2年生から、選抜入を目指して頑張っていますが、現実はなかなか難しい状況です。
3年生にあがる時に、一緒に始めた親友が選抜クラスにあがりました。実力の差は歴然だったので、そこは入れて当然だなと思っています。
また、学校の同じクラスに1年生の頃から選抜に入った子もいます。(親友とは別の小学校です)娘も3年になってからの約1年、かなり頑張ってきました。ただ、その分周りも実力を付けてきているので、次の選抜も厳しいだろうと思っています。
周りに出来る子達が多い分、他と比べないようにはしてきました。ただ、娘は集中力が乏しく、またモチベーションを維持するのも苦手です。そのために「他の子達の努力はこんなもんじゃないよ」と言ってしまうことも多くありました。
もともと、そんなに内気な性格ではなかったと思うのですが、ここ最近はお友達に話しかけるのも緊張するようで、見てて苦しくなるぐらいに輪に入れていません。
私は、今回選抜がダメでも、普通クラスで頑張るのもいいと考えていたのですが、今の娘を見ていると、成功体験がないまま、自信だけがどんどん削られてしまっているのかな?と感じることが多くなりました。
もちろん、本人の意志を尊重するのが一番だと思うのですが、主人はまだ道筋は親が作ったほうがいいという考えです。
主人も中学から、現在40代ですが、ずっと打ち込んできたスポーツがあります。だからこそ、夢が叶わなかった時の挫折、ずっと補欠から這い上がれない苦しみなど、私以上にわかっています。
続きます。

ユーザーID:3598021575  


お気に入り登録数:23
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
そのスポーツは続けなくても良さそうです
マロン
2019年1月10日 12:44

ご主人のおっしゃる通り、小3でしたら、普通はまだ親がある程度レールを敷いてあげるべきだと思います。
ただそれは「親の理想のレール」ではなく、「子供のための(子供を良い形で育てる)レール」で無ければいけません。

>もともと、そんなに内気な性格ではなかったと思うのですが、ここ最近はお友達に話しかけるのも緊張する

すっかり自信を喪失し、萎縮してしまっていますね。
かわいそうです。

>「他の子達の努力はこんなもんじゃないよ」と言ってしまうことも多くありました。

これは酷なセリフだと思います。
人は努力の分だけ成果を出すのではありません。

私は子供時代の習い事で全国で表彰されるレベルのもの、人よりちょっと得意なもの、人並以下のものと経験しましたが、
一番得意だったものは、努力も苦労もした覚えは全くありません。
好きで好きで、楽しくてたまらなくて、ただひたすらそれだけを続けていたかったので、それなりの時間はかけました。
でもただ楽しいばかりで苦労や努力という感覚は全くなかったし、時間や努力で言うなら、私より頑張った人の方が多かったと思います。
それが「得意」「向いている」ということだと思います。

>娘は集中力が乏しく、またモチベーションを維持するのも苦手です。

お嬢さんはそのスポーツを少しは好きだったかもしれませんが、得意でも、向いていたわけでもないのでしょう。

自然に頑張れる、努力出来るのが才能であり、向いているということで、親はそういう所を探してレールを敷いてあげるべきだと思います。

得意なことを探してあげる、そうでないことは楽な視点で楽しませてあげる。
そういうレールを敷いてあげるのが大事だと思います。

ユーザーID:4567728260
続きです携帯からの書き込み
りんりん(トピ主)
2019年1月10日 21:53

投稿が遅く、申し訳ありません。
続きです。
前に書いたような経緯があり、今は娘の自信を回復させてあげるほうが、これから先のことを考えるといいのかもしれないとも考えています。
もし、上のクラスに入れなかった場合、先に進んで行く仲間を見ながら、悔しい思いもたくさんすると思います。
そうなると、益々娘がネガティブになってしまうのではないかと、心配でたまりません。

相談というよりも、皆さんのなかで、自分自身や家族、お子さんなど似たような状況で習い事を辞めたことがある方、その後何かが大きく変わったり、後悔などはありましたか?
親として、とうしてあげたらいいのか、答えが出せずにいます。

自分の気持ちも分からないまま投稿しているので、分かりづらいところが多々あると思いますが、良かったらお話を聞かせて頂けると嬉しいです。

ユーザーID:3598021575
向いていないのかも
NAVI
2019年1月10日 23:12

「他の子達の努力はこんなもんじゃないよ」と言うよりも
トップクラスの子がやっている練習メニューをこなせるように
親がもっていくことが大切です。
引っかかるのが、
「集中力が乏しく、またモチベーションを維持するのも苦手」の部分。
好きだったら、何時間でも集中してできるはずです。
結局、娘さんはそれを好きではないのでは?
好きではないもの・集中できないものに時間やお金を投下するのは
無駄だと思います。

ユーザーID:0355209882
娘の人生をいじくりまわさない
くりすますん
2019年1月11日 9:55

本人が、いくら頑張っても選抜メンバーになれないことはあると思います。

けれど、娘さんがそのスポーツを頑張っているのであれば、
親が娘の人生をいじくりまわすのは悪だと思います。
「まだ道筋は親が作ったほうがいい」って
娘さんが頑張りたいスポーツを親が習わせてあげるという意味ならそうだと思いますが、
娘さんの気持ちを無視して、娘が勝てるようスポーツの種類や
習う教室を親が勝手に決めて、強制的に変更して娘さんに与えるという意味であれば、
それは親としてやってはいけないことだと思います。

小3で選抜メンバーになれたかは、
娘さんが16〜22歳ぐらいで体力的に最高のパフォーマンスが出来る時期の成績に関係ないのでは?
今、そのスポーツの全日本選手権で活躍している選手たちは、小3のときも勝っていましたか?

娘さんとご主人は別の人格です。
ご主人が果たせなかった悔しさを娘さんを道具にして果たそうとすると娘さんの心が苦しみます。
娘さんが苦しんでいるのは、勝てないからではなく、
自分を応援してくれている親の期待に応えられないダメな自分に苦しんでいるのでは?

ユーザーID:4855630349
そのスポーツ、お子さんは好きなの?
にゃんこ
2019年1月11日 17:41

誰だって得意不得意ってあると思うんです。

楽しいなら、選抜に選ばれなくてもいいと思うけど、ただつらいだけなら、
続ける意味があるのかな、とも思います。

うちも習い事を続けていましたが、どうも本人は苦痛だったようで
でもせっかく習っていたし・・・と目標の級をとってやめました。

一応基礎は身に付いたし、無駄ではなかったし。

挫折ではなく、いろんなことに挑戦したというのがいいんだと思います。

ユーザーID:8401719829
お嬢さんを大切に
マロン
2019年1月12日 7:58

続き前に先走って回答してしまいすみません。

先のレスで「全国で表彰された習い事、ちょっと得意な習い事、人並以下の習い事があった」と書きましたが、
姉妹の中でお嬢さんと似たような状況がありました。

まず私の苦手な習い事は姉が強く希望し、それなりの成果を出したもので、
母は「私の努力が足りないから成果が出ない」と考え、むしろそれに注力させられました。
母がその習い事を一番重視していたということもあります。
そちらに注力するため、私が大好きで得意だった習い事は辞めさせられました。

結果、私は苦手な習い事で伸びず、劣等感を感じ、意欲を無くし、
自分が頑張れる道を応援してくれなかった母をとても恨みました。

私が表彰された習い事は、妹は人並以下でした。
母は最初妹に「もっと頑張れ」とげきを飛ばしていましたが、私の反応を見て考えを変え、
その習い事を早々に辞めさせました。

妹はそのことに若干のコンプレックスはあるようですが、
辞められたことを喜んでおり、自信や意欲を失うことなく、好きな道を楽しんでいました。

そのような経緯から、私は「好きで、自然に努力出来る道=得意な分野」を探すのが大切だと考えています。
自信と意欲は、これから社会に出て生きていく上で、とても大切なものだと思います。

ユーザーID:4567728260
ありがとうございます携帯からの書き込み
りんりん(トピ主)
2019年1月12日 9:32

マロンさん、早速のコメントありがとうございます。
仰る通り「向いていない」のだと思います。
幼稚園から頑張っていることがあり、それを活かせると思いこのスポーツを始めました。
それこそ、最初は楽しかったと思います。
それなりの自信もありました。
皆が上を目指し始め、娘も自分ならできるという思いがあり、一緒に上を目指し始めました。
ですが、現状は自分が思っているよりも厳しく、実力が伴わいこともあり、思うようにことが進まず、今の現状があるように思います。
娘に何が向いているのか、よく考えながら、マロンさんの言ってくださった、親の理想ではなく、子供が楽しんで伸び伸びと育っていけるように導いて行きたいと思います。
楽しんでできる、だからこそ頑張れる、これが一番だとコメントを読んでいて強く感じました。少し、前向きにこれからのこと、考えていけそうです。
本当にありがとうございました。

ユーザーID:3598021575
まぁ、上に上がらせようと必死になるのはわかるけど。
ゆきうさぎ
2019年1月12日 12:02

習い事の中で輪に入れていないって、
親の圧を感じているのではないですか?

現状でやめさせると、親が評価していないからだ、
と娘さんが感じるかもしれませんが、そのあたりは大丈夫?
成功体験以上に酷な気もしますが。

もちろん、たかが(あえて書くけど)習い事ですし、
楽しんでやるほうがいいに決まってると思います。

本人が、選抜にいけそうもないから、
もうやりたくない、といえば、
あるいは、そういう態度が見受けられれば、
迷わずやめさせると思うし、
他にやれることはたくさんあるよ、と
いってあげると思いますが。

親が「上がれない気の毒な娘」っていう
見方をしなければ、とも思いましたが、なかなかね。。

小3なら、成功体験より、褒めて伸ばして最後まで味方でいることを
親が実践するほうがいいと思う。
その上で成功体験があればなおよし、だけど。
でも、ちょっとした上達も成功体験だと思うのよ。
そこに着目せず、他の子は〜としたのはいただけなかったかも。

元気もなくしているなら、ある日唐突に
「この習い事やってみる?体験できるよ」とか
持ち出して、よそにシフトチェンジしちゃうとかね。

ユーザーID:6861333145
トピ主です携帯からの書き込み
りんりん(トピ主)
2019年1月12日 22:53

NAVI様、くりすますん様、レスありがとうございます。まとめてのお返事で、申し訳ありません。

先に補足をさせて下さい。
主人は自分の夢を押し付けたいわけではなく、自分が辛かった分、子供にはそういう思いをなるべくして欲しくないと思っています。
ここ何年間かの娘の様子を見て、主人はこれから先やり続けることに未来を感じないようで、そうであれば早めにやめて、他に向いていることを探したらいいんじゃないかと言っています。
言葉足らずで申し訳ありません。


一年間、二人三脚でいろいろなトレーニングをしてきました。
ただ、上のクラスに入った場合、親は介入できません。そのために、自分からトレーニングをやろうと発信して欲しかったのですが、それはこの1年でほぼありませんでした。
それが「他の子の努力〜」の発言になりました。
追い詰めたと思います。そこは深く反省しています。

子供と一年間、この競技を続けるかどうか、たくさん話し合いを重ねてきました。
それでも、娘はやめたいとは一言も言いませんでした。
何故やめたくないのか尋ねたところ、親友ともう一度一緒に頑張りたいと涙ながらに話してくれました。
だからこそ、私たちも精一杯応援してきました。その気持ちは届いていると思います。

親の期待に答えられないとありましたが、答えなくていいと思っています。
子供の人生は、子供のものだから、自由にしたいことを伸び伸びとしてくれたらいいんです。
ただ、叶えたい夢があり、でも叶わなかった時どうしてあげたらいいのかを、すごく悩んでしまいます。
やめて、次に行くのも手だと思います。でも、自分が逃げたと感じてしまうのではないかと、グルグル考えてしまいます。

娘に何が最善なのか、もう少し主人とも話し合いこれからを決めて行きたいと思います。
ありがとうございました。

ユーザーID:3598021575
トピ主です携帯からの書き込み
りんりん(トピ主)
2019年1月14日 9:11

みなさん、コメントありがとうございます。
今の私の気持ちを書きます。
前回の投稿と矛盾点あるかもですが、今から書くことが今一番私がおもっていることです。

私も「習い事」なので、楽しく気楽な気持ちでやってくれればいいと習い始めた当初は思っていました。
ただ、段々と周りの環境が変わったのと、年下の子達がどんどん上がってきて、このまま普通クラスに残る=年下の子達に抜かせれて行く、というのが子供心にどう感じるのかな?と考えるようになりました。
娘が、楽しいだけでいい、今の現状でも大丈夫であれば、選抜のことは考えていませんでした。
でも、そこは複雑な思いがあるようで、それであれば頑張らなきゃいけないねと話したのが去年の春のことです。その時に、主人と娘で今回ダメなら、この習い事はやめようと約束をしました。

ですが、始めに書いた通り、選抜に行きたい気持ちはあるけれど、練習をコンスタントに毎日継続して行くというのがなかなか出来ずにいて、もどかしい部分もありました。

年下の子達のことを書いたのですが、娘が選抜を目指したい一番の理由は、親友ともう一度一緒に頑張りたいという思いです。
この一年、何度もこれからのことを娘と話してきました。
あなたが頑張りたいなら、私たちは全力で応援もサポートもする。
辛いならやめてもいい、それは逃げたことにはならないよと、時には泣きながら話し合ったこともあります。
それでも、娘は一度もやめたいとは言いませんでした。
もう一度親友と頑張りたいから、絶対に選抜入る、と強く言っていました。

いろいろ書きたいと思うと、つい長くなってしまいますね。
すみません、もう少し私の気持ちを書かせて下さい。

ユーザーID:3598021575
トピ主です携帯からの書き込み
りんりん(トピ主)
2019年1月14日 9:20

長くてすみません、続きです。

そこまでの強い気持ちがあるのに、練習は中々身が入らないことにイライラしてしまい、「他の子の努力〜」の発言になりました。
娘からしたら、頑張ってるのに認めてくれないと感じていたと思います。
寄り添うと約束したのに、追いつめてしまったなと反省しています。

好きなことを楽しんでやる大切さはとてもよく分かります。
ただ、小3といえど、叶えたい夢があって、でも叶わなかった時に、私たち家族が娘にしてあげれることはなんだろうと、グルグル考えてしまいます。

やめさせて、その競技から離すのがいいのか、辛いかもしれないけど、小学生の間やりきらせた方がいいのか、どちらが娘に最善なのかな?と思い、みなさんのご意見をお聞きしたかったのです。

引き続き、皆さんのご意見、体験談などお聞かせ頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:3598021575
少し離れる
nemui
2019年1月15日 16:07

お子さんの目線に立ち、一体感をもって熱心に子育てをされてると思います

しかし、残念ながら子どもの人生は子どものもの

そして苦しみさえその子どもが受け止め消化し自分のものとすべきものです

一緒にその苦しみを受け止めるのでなく、少し離れて見守り、その苦しんでる子どをそのまま受け止めてあげませんか?

まずは3年生の間に選抜されることを目標に親として協力できることは協力し、あとは娘さんを信頼してその努力に任せましょう

どちらに転んでも娘さんは何かを得ます

もしかしたら、習い事についても自分で結論をだすかもしれません

ユーザーID:5472614792
一歩引いて見守る
なみ
2019年1月18日 20:12

身内がスポーツで身を立てていますが、プロになるかは別として、
実業団など全てスポーツで社会人までいけるような人は、
幼い頃から違います。体操、水泳、陸上、球技等々初めて
いきなり、何をやっても練習なんかほとんどせずにすぐに
選手コース、何とか代表になるし、学校でもいつも一番ですよ。

また他の方も書いてありますが、親とか努力では無いですよ。
子供がやりたがるから親もやっていて、親が楽しくなってしまう
家庭もありますが、本人が大した苦労もせずに普通より上手で
楽しい、楽しいとやっているのが実情で、歯を食いしばって
やっていません。せいぜいストレッチをやるのが億劫な感じで。

因みに努力だ練習だと始まったのは、中学生くらいからで
全国レベルになった頃ですよ。うちは首都圏ですが学区や区内
ぐらいでは同じレベルの子いませんから。隣の市のクラブに
ようやく一人ライバルがいる程度。廻りに本当に才能のある子達と
切磋琢磨するようになって、初めて真剣に打ち込んでいました。

ですから小学生から地区で頑張っている子達なら、失礼ですが
みんなそんなにレベル変わらないだろうなと思いましたし
いずれそのスポーツなかりやってはいられない時期が
みんなに来るでしょうから、本人がやりたいうちは続けていいと
思いますよ。

頑張って選抜クラスになれればそれでいいし、親が一歩引けば
親の期待では無く自分が本当にやりたいうちは続けるし、
劣等感を感じるなら自分から辞めると思います。
成長として温かく見守ってあげてはいかがでしょうか?

ユーザーID:0957748521
 
現在位置は
です