現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

食物アレルギーの食べ慣らしについて 携帯からの書き込み

ホブソン
2019年1月10日 1:28

1歳の子供が乳アレルギーです。
プレーンヨーグルトを小さじ2食べられ、それ以上は顔に発疹が出ます(1時間で消失)。

かかりつけの小児科で、アレルギーであっても症状が出ない程度に食べて体を慣らしていく指導を受け、1、2日おきにヨーグルト小さじ2を与えていますが、「そろそろ大丈夫かな?」と小さじ2と1/2に増やすとやはり赤くなるので、数ヶ月ずーっと小さじ2です。
このままでいいのか不安になります…

そこで小児科に相談したところ、「多少赤くなっても構わない」と言われてしまい、益々分からなくなってしまいました。

一応そこは、小児科の他にアレルギー科としても看板を掲げているのですが…かかりつけを変えたほうがよいでしょうか。それとも、皆このような対応なのでしょうか。

また、同じような症状をお持ちのお子様は、どのように食べ進めていかれたのか知りたく、質問いたしました。
よろしくお願いします。

ユーザーID:3425982073  


お気に入り登録数:11
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
私も興味あります
あい
2019年1月11日 6:42

最近、メディアなどでもアレルギーの食べ慣らしの報道がよくされていますよね。
でもまだまだ新しい治療法で、こうしたらいい、というのが確立されていないようで
親として悩んでしまうこと、共感します。とりあえず、一度別の小児科にかかってみる
というのはアリかもしれません。完全にかかりつけを変える、というわけではなく。

うちの子は軽度のアトピーで、卵アレルギーを疑われており(でも卵を食べさせたことは
ないので、その判断自体どうだろうと疑問)2歳過ぎた今も卵は除去しています。
これはかかりつけ小児科の指導です。この小児科は食べ慣らしの指導はしてくれません。

もう一軒の小児科では、食べならし指導をしてもらえますが、市販の加工食品は一切
与えてはいけない、全て生鮮食料品や加工度の低い乾物(昆布や鰹節)から作って、という
指導法なので、大変すぎです。しかも、先生が早口すぎて指導の内容が覚えられないし。
こちらの先生は、顔に湿疹が出たら、量を一度減らして再トライというのが基本方針ぽいですね。

皮膚科にも通っていますが、皮膚科では卵の除去は不要と言われています。

ママ友に聞いた話では、トピ主さんと同じように、少々顔が赤くなっても母親が気にしないなら
食べさせてもよい、と言われたそうです。これは総合病院のアレルギー小児科での指導だそうですが。

さて、うちでは二つ目の小児科の指導を基本方針として、顔に湿疹が出ているときはアレルゲン除去して
顔の湿疹がひいたら少量ずつ食べさせようかなと思っています。でも、冬で乾燥しているので
常に顔が赤くて、顔に湿疹や赤みがないときがないので、いつ食べさせたらいいのかわかりません。
今は顔の湿疹のケアに重点を置いていて、食べさせるに至っていないという状況です。
トピ主さんのお子さんは、顔の湿疹は慢性的でないようで、うちの子とは違いますが、参考までに。

ユーザーID:7883309581
アレルギーの出る食材は完全除去しています
あなぐま
2019年1月11日 9:47

うちの子は、ピーナツを食べると顔に発疹が出て酷いと目の周りが腫れます。
シーフードの類は、魚以外にアレルギーがあり、食べると口腔内に違和感が起こり咳が止まらなくなります。

年少で保育園に行くようになり、給食でアレルギーが出たのが最初でした。
タコかイカを食べて咳が止まらなくなり嘔吐もしたのが苦しかったのか、それ以来本人が一切食べなくなりました。

就学前にきちんと検査をし、アレルギーを確認して、中学卒業まで給食からの食材除去をしてもらいました。

私自身も食物アレルギーはありますが、身体に反応が出るもの出ないものがあります。
出るものを無理して食べようとは思いません。
なので、我が子にも食べて慣らすということは考えませんでした。


主さんのお子さんは乳アレルギーということなので、出来れば克服したいですね。
多くの加工品に含まれますもんね。
でも、主治医に違和感を感じたのなら別の病院に行ってみてもいいと思います。

ユーザーID:9952421747
アレルギー科の看板は、誰でも出せます。
アレルギー研究者
2019年1月12日 13:52

残念ながら、アレルギー関係の学会の認定医でなくても
アレルギー科の看板は出せます。

そもそも、「経口負荷試験」は実施済みですか?
その結果を踏まえての食事指導でしょうか?
そうでなければ、アレルギーに関する知識の少ない先生が
看板だけ「アレルギー科」を出し、かつ適切なトレーニングを受けないまま
自己流で論文等をうのみにして食物アレルギーの治療をされている恐れがあります。

今はアレルギー疾患が多いので、受診者を増やす目的で
不勉強にも関わらず、看板をあげているケースがあります。

不安でしたら、日本アレルギー学会のHPで
都道府県別、診療科別の認定医のリストが見られます。
リストに載っている先生は、日本アレルギー学会他関連学会にご所属され
一定のアレルギー疾患の臨床経験および認定医試験に合格され
かつ定期的に学会等で情報をアップデートなさっている先生ですので
(怠っていると、認定医資格が更新できません)
知識不足の可能性は極めて低いです。
不安であれば、このリストにいまかかっている先生が載っているか
ご確認なさった方がいいですね。

また、経口負荷試験実施可能な病院のリストは
食物アレルギー研究会のHPから確認できます。
合わせて参考になさってください。

なかなか量を増やせない事に心配なさっていますが
年齢も1歳ですし、今後改善する可能性もまだあります。
1歳が発症のピークで、ここからだんだん寛解していく可能性があります。
根気よく、現在症状が出ていない小さじ2を継続して下さいね。継続が大事です。

アレルギー児の保護者等から「経口免疫療法」に関するレスがつくと思われますが
この療法を熟知した、専門性の高い専門医の元で行わないと危険です。
自己判断で実施するのだけは、止めて下さいね。

ユーザーID:5642364403
きちんと調べてみて。
えりこ
2019年1月12日 17:35

甥と友人の子で卵アレルギーの子がいるため、いろいろ情報共有しています。
アレルギーに関して負荷をかけながら治す…のは最近の主流ですが、病院で食べる→反応を見る→
食べられる限界値を確認する→食べられる限界量を増やしていく…という手順を取っていくようです。
この限界値を確認する『食物経口負荷試験』を行っている病院は数が少ないようで、友人は
少し遠方ながらきちんと診てもらえる病院に通院を始めたとのこと。
近隣にこの『食物経口負荷試験』を実施している病院があればそこに通えると安心です、


それなりに重度な卵アレルギーだった甥っ子もきちんと診てもらい、小学生になり、生卵・魚卵以外はきちんと食べられるようになりました。
早く制限がなくなるようになるといいですね。

ユーザーID:4094367973
うちの子の場合
たろすけ
2019年1月13日 9:24

小麦と卵に反応しました。
のどが腫れてせき込み、顔が腫れあがって…生後8か月の時です。
アレルギー科を受診しました。
検査結果の説明は「数値が出ていても食べて大丈夫なら大丈夫、数値が出ていなくても食べてダメならダメ」というものでした。
その当時は、醤油に含まれる小麦にも軽く反応していました。
卵は、予防接種も「呼吸管理の対応ができる病院で受けてください」



1歳半過ぎに、うどんを数本〜、ぷくっとしたじんましん?が首元に出るかどうかで確認しました。パン、麺、量を増やし、最後までじんましんが出たのはパスタでしたね。
3歳の入園前に、園の給食があるので、再度検査しました。数値はすこーしだけ下がっていましたが、数値だけ見れば「食べてヨシ」ではなかったけど、食べている実績があるので、園に除去は求めませんでした。卵はその時点で卵焼きを食べても大丈夫になっていました。

腸の発達によるところが多いように思うので、時間はかかると思います。
一般的に、加工されたものほど反応は出にくい。小麦や卵なら加熱・加工する方法はたくさんあります。加熱・加工できる乳製品から試してみてはいかがですか?
園や学校では牛乳が出ますが、それそのものとしては避けることができます。
料理に入っている状態で使われているかどうかわからない時に反応が出るのが怖いので。

ユーザーID:5194617029
 


現在位置は
です