現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

自分は、まだ若いは他人が許さない 携帯からの書き込み

つむぎ
2019年1月12日 17:45

私、現在63才です。
先日、スーパーで買いたい物を探していました。
すると、見知らぬ70代後半の男性(おじいちゃん)が私に先祖の供養は興味ありますか?と尋ねました。
私は興味がなかったので、苦笑いしながら興味はありませんと答えました。
男性は、そうですかと去りました。
私は63才なのに自分はまだ若いつもりなので、おじいちゃんに先祖の供養の話をされた事がショックでした。
63才は充分おばあちゃんですか?……ですよね!?
実際17才の孫も居ますし、その男性からは、おばあちゃんに見えたのかも知れません。
その現実を受け入れなければと思うんですが精神年齢は若い頃と変わりません。
精神年齢と実年齢のギャップがありすぎて実年齢に追い付きません。
私と同じくらいの年齢の方は精神年齢と実年齢は同じですか?
自分はまだ若いの気持ちがあるからショックを受けるので、現実を受け入れるコツを教えて下さい。
また、同じような経験をされた方、お話お聞かせ下さい。

ユーザーID:6934819637  


お気に入り登録数:170
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:1本
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
ご意見ありがとうございます。携帯からの書き込み
つむぎ(トピ主)
2019年1月14日 16:31

ちょっと考え過ぎてしまいました。
自分が、どう見られているか、いつも気になって自意識過剰になっています。
考えが幼いと、ご意見頂きましたがそうかもしれません。
若いではなく幼いは痛い63才ですね。
因みに先祖供養は興味がないと書きまが、まさに変な勧誘と思い関わりを持ちたくなかったので、とっさに男性に言った言葉です。
でも皆さまのご意見でわかった事は先祖の供養イコールおばあちゃんに見えたって事は考え過ぎでした。
ありがとうございました。

ユーザーID:6934819637
 
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

現在位置は
です