在英のYear10への編入について

レス9
お気に入り18
トピ主のみ0

みきお

口コミ

イギリスに住んでいます。娘を日本人学校に通わせてきたのですが、高校は現地のセカンダリーに進みたいと本人が強く意識しています。イギリス生まれの娘は英語は一見するとイギリス人と見分けがつきませんが、あくまでもクラブ活動などで培ってきた英語なので、勉強についていけるか心配です。一年半後にはGSCEもありますし。

日本の私立高校には二校合格しています。親としても日本の高校に進んでほしかったのですが(2年後には帰国が確定。)本人の意思ですので仕方がありません。日本の幼稚園、小学校、中学校に通わせて、そこから上手く順応できるのでしょうか。

ユーザーID:2380524347

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

レスする
  • SATSは受けられるのですか?

    娘がYear8です。
    娘さんが現地校に通いたいとおっしゃるのでしたら、その意見を尊重したいですよね…
    ついていけるか心配でしたら、Key Stage3のSATSの問題集を購入して、どのぐらいできるか確認してみてはいかがですか? オンラインでも過去の問題をダウンロードできますし、書店でも購入できます。

    ユーザーID:8404479485

  • 大丈夫ですよ!

    こんにちは。
    私は日本で生まれ育って日本の高校に入学してから夏にイギリスの学校に行き、Year12に編入しましたが学力面で「いける」と学校が判断して、校長先生の勧めでYear13にうつり、そのまま飛び級状態でA levelを受けました。
    日本の高校に合格する学力があれば、Year10からだと余裕だと思います。最初はAcademicな単語がわからず苦労するかもしれませんが、基礎となる学力があるのですぐに克服されると思いますよ。
    私にとってはイギリスの高校は日本の高校よりずっと楽しかったです。
    お嬢様が楽しい学校生活を送られますように。

    ユーザーID:2582351192

  • 学校や役所に問い合わせはしましたか?

    >日本の私立高校…合格
    お嬢様は今、御幾つで何月生ですか?
    主様はお住いの所で、学校や役所に転入可能か?転入するなら、いつ+何年生からか?等、問い合わせてみましたか?

    私の在住地は公立でも人気校は空きがなく転出も少なく、家が人気校に近くても空きのある学校にしか転入できません。小学校以降は公立でも英語が非母語、今まで英国式教育を受けていなかった生徒への支援は手厚くありません(診断書等がある場合は、経過観察等の後に学習支援があります)。

    全生徒Year10前に
    今までの試験・成績+適性+本人の希望(将来の職、進学先・学部)
    等を考慮し、どの科目でGCSEを受けるかを決めます。
    学力別でトップセットと呼ばれるクラス在籍の生徒はYear7からドンドン学習を進め、Year10頃には基礎(GCSE:5〜6確実なレベル)は修了済み、新しい事を習いつつGCSE7以上を目指す授業を受けています。
    逆に何らかの事情があり、Year11でGCSE5以上は困難であろうと予想されるお子様は課題中心の合格を目指す授業を受けています。GCSE4以下なら、Six form進学は困難です。
    私立Grammar校はYear7前の転入は可能ですが、それ以降は特別優秀な生徒を除き受け入れ無です。

    >上手く順応できるのでしょうか
    お嬢様の性格(自己主張や個人主義の理解含)、学校や周囲の受け入れ次第ですが、かなり大変だと思います。英国で私が院、夫はPhD修了済ですが、部分的には現地育ちYear9の英語の方が上だと感じます。

    周囲に英国の中・高校に転入後
    >日本の高校
    大学受験時に、英国は日本より就学年齢が低く中・高も早く修了する為に(義務)教育や在籍期間が問題になったお子様がいます。

    合格した私立高、休学可能ですか?
    日本・英国の制度の違いを細部まで把握し、将来お嬢様が困らない様にしてあげてください。

    ユーザーID:0890807143

  • 通りすがりさんへ

    私が在英時(10年ほど前です)には、英語ができない子はyear10に
    入れてもらえないと言われていました。理由はGCSEに間に合わないから。
    通りすがりさんは、year10どころか、year12に入れたのですか?
    イギリス人だって、6th formに四苦八苦nしてるのに?
    何か裏技でもあるのでしょうか。
    小町は大手の掲示板なので、煽りとか適当な情報は止めて欲しいです。

    ユーザーID:9306157583

  • 昨年から、新GCSEに移行しています。

    みなみ様のお書きになった
    >Key Stage3のSATS
    は2010年廃止→先生の評価に変更されています。
    勿論、今も過去問は参考になりますが、昨年のGCSE新グレード・システム移行に向け、その数年前から全国のセカンダリーで新制度に対応した指導に内容も変更されています。

    旧GCSEと比較し、数学や理科系の科目でも
    問題文から何を求められているか読み取り→論理的に過不足なく解答する能力
    等が必要であると感じられる変更が多い為、「学術的英語」の読み書きが苦手な生徒にとっては高得点が取り難いと言われています。新制度は始まったばかりなので結果次第で、今後、多少変化する可能性もあると思いますが…。

    欧州非英語圏の外国語の試験程、高いレベルではありませんが英国内でGCSEを受ける場合、【欧州言語】1つ外国語として必修の可能性が高いです。
    新制度対応の参考書等も市販されていますので、主様親子が在英なら本屋さん等で内容確認をお勧めします。

    英国のセカンダリーは日本の高校と異なる点、大変でも良い面は多々あると思います。
    ただ、お嬢様がなぜ
    >高校は現地のセカンダリーに進みたいと本人が強く意識
    しているか目的によりますが…
    現地出身の生徒は一生を左右するかも知れない試験前で、真面目なお子様ほどYear10辺りからストレスやプレッシャーを感じ、新しいお友達を積極的に仲間に入れて仲良くする精神+時間的余裕がなくなる子が少なくありません。

    また私の在住地では空き(動き)があるセカンダリーの中には、生徒の成績や素行が余り芳しくない学校もあります。人気校やGrammar校でも、主様親子が今までに身近に経験したが無いであろう問題を起こす生徒がいる場合も有ります。日本の様に皆で仲良くではなく、距離を置いた方が良い生徒や行かない方が良い集まり等を見極める等、多少危機管理能力がある方が良いと思います。

    ユーザーID:0890807143

  • 読み書きがポイントかも

    子供が現在Year11に在籍しています。
    日本の公立校に小5年まで通い、セカンダリー開始と同時に英国に移住しました。
    日本人学校の様子がよく分からないのですが、授業は全て日本語で、勉強内容も日本と全く同じなのでしょうか。

    Year10ですと「1年半後にGCSE」と言うより、大抵の学校でGCSEのモジュールが始まる学年です。各自が英語、数学などの必修に加え、専攻科目を選択済み。
    また他の方もおっしゃっているように、多くの科目ではボトム・ミドル・トップセットのレベル別に分かれ、また理科系では今までの成績により、(化学・物理・生物の中から)2教科のみ勉強する生徒と、3教科を履修する成績上位生徒とにも分かれます。

    英国の学校に転校して一番大変だったのは、とにかくどの教科もひたすら「書かせる」内容が多いということです。1つの質問に対して、A4用紙1枚くらいの解答欄があるイメージでしょうか。

    我が家は2年目より家庭教師にもお願いをし、Year10のセット決め時点では、何とかトップセットに入る事ができましたが、まだまだ試験本番まで、親は気が気ではない状態です(親の心子知らず…と言った感じですが)

    お嬢さんは英国生まれということなので、リスニングには問題は無いとして、今まで日本人学校で勉強してきた内容次第と、あとは読み書きが年相応にできるのであればご本人の努力次第では何とかなるかもしれません。

    他人事とは思えず出てきましたが、少しでも参考になれば幸いです。
    良い学校に空きがあるといいですね。

    ユーザーID:0863552391

  • 元在英さん

    元在英さん、
    適当ではなく、本当にYear12に入れましたよ。田舎の学校だったので編入基準はおおらかだったのかもしれないですね。
    思春期なので同じ年代の子と一緒がいいだろうし、日本で義務教育が終わって高校から来ているためGCSEは私にとってのメリットはないということでYear12に入り、編入して1-2か月で校長先生から理数系の科目はYear13を履修するように言われ、Nothing to loseと励まされて1年でA Levelを受けることになりました。
    English LiteratureはYear12は難しかったので、最初はYear10の授業を取らせてもらい、3か月ぐらいでYear12に受け入れてもらいました。なので、色々な学年の授業を行き来しました。
    A Levelの試験は理数系の科目で受けて、3科目Aでした(当時はA*がなかった時代)。

    英語は所詮ツールでしかないので、母国語で学力が高ければ英語は後からなんとでもなります。
    日本語が話せるからといって学校の成績が良いわけではないのと同様に、別に多くのイギリス人が6th Formで苦労しても何の疑問もありません。語学の問題ではなく、そもそもの学力が足りていないのです。
    当時はクラスメートをみて、言葉のハンディがないのに、先生が言うことを一度で理解できなかったり、エッセイが書けないのはなぜだろう?シェークスピアを読むのに私より苦戦しているのはなぜだろう?と思いました。
    そういう意味で、日本人学校から日本の高校に合格する学力があるのであれば、Year10は復習のようなものなのでいけると思います。

    ユーザーID:2582351192

  • 同じく在英様

    え〜!Key Stage3 のSATSなくなっちゃったんですか?!
    うわー、私ものすごく遅れてますね!
    うちの娘は海外のブリティッシュスクールに通っているのですが、あまりアカデミックな学校でないのと、外国人が多いため、この先何のテストがあるのか話題にも出ないもので…教えていただいて助かりました!

    ユーザーID:2689088877

  • 英国内のGCSEと海外で行われるIGCSEも異なりますよ。

    横ですが…一般的に英国内の生徒が受けるのはGCSE
    >海外のブリティッシュスクール
    等はI・GCSEです。
    大学等は結果を同等に扱うと思いますが、同一試験・制度ではありません。GCSEは新制度に移行しましたが、IGCSEは内容的にそのままだと聞いています。
    例:GCSE歴史等は英国の視点で、IGCSEは国内程、英国重視ではないと言われていますし、教科数や選択肢、現状は難易度も異なります(問題になりました)。

    国内ではKS3のSatsは廃止されましたが試験皆無ではなく、各校でセット分け・再確認の為の試験や授業態度(従順さではなく、自分の意見を言えるか等)・宿題の出来や提出率等による総合評価があります。

    みなみ様のお子様が通う学校はKS3で旧Satsに準じた(利用した)試験をし、便宜上Satsと呼ぶのかも知れません。私達家族も以前、英国外在住でした。国内の情報を得難く、英国を遠くに感じたので…みなみ様の置かれている状況・心境、何となくですが分かる気がします。レスを読み、英国系インターの方かなと想像していました。

    個人的感覚ですが…今は移民問題や公費削減有、EUから英大学への研究費・留学生激減等、数年前とは状況も異なります。それでも一般的に
    小学校までは比較的馴染易い
    Y12〜や大学はある程度、選抜後+得意分野に集中・生かすが可能
    Y10〜11が一番、転入+友達作りが困難だろうと思います。

    主お嬢様は日本の私立校合格=バックアッププランは出来そうなので、現地校に「留学」的に通う、GCSEを受けない・結果を重要視しないのも有だと思います。
    ただ私の在住地はY10〜11の真面目な生徒は色々な意味で余裕が無い、学術英語能力を軸にセット分けしているので、英語の為に本来の学力と合致しないセットに入ったら周囲と合わない→期待と現実が異なる、孤独を感じる可能性がありそうで心配です。

    ユーザーID:0890807143

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧