雪国で迎えるはじめての冬が辛い

レス29
(トピ主1
お気に入り107

生活・身近な話題

タイトルまんまです。
9月に諸事情で雪国に転勤してきました。
秋頃は紅葉を見たりして楽しんでいたのですが、冬になり雪が降るようになってから精神的に落ち込む日々が続いています。

具体的には
・雪や曇りが多く晴れないのがつらい(私は千葉出身なので冬は晴れるものだと思ってました)
・車を持っておらず徒歩か公共機関を使わないといけないのが大変(原付しかないので冬は乗れない)
・ストレスからか半年で体重が5キロ減り生理不順に
・社宅の借り上げアパートはやや古く壁が薄いため騒音であまりよく寝れていない(二階に住んでますが下の階の住人が一日中エアコンをつけるため室外機がうるさい&夫婦喧嘩が聞こえる)

幸い仕事内容や職場環境には恵まれていますが、ここでずっとやっていけるのだろうかと不安になります。
年末は千葉に帰っていましたがその分気候の差をひしひしと感じました。
やっぱり慣れるしかないのでしょうか…
私みたいに関東から雪国へ移った経験がある方、または雪国暮らしの方のお話を聞きたいです

ユーザーID:1636770890

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
  • 冬季うつ

    冬季うつという症状があるそうです。

    私は長いこと雪国育ちなのであまり気になりませんが、日照が少ない家にこもりがちで気分が落ち込む症状があるそうです。

    私の職場の人も転勤族のご主人の関係で関東から引っ越してきたそうですが、冬場になると落ち込むと言っていました。

    慣れない環境だと思いますが、雪国の中にも関東ではできない楽しみがあると思います。
    それを楽しめるようになれば少しは気持ちも上向くのではないでしょうか。

    社宅の借り上げアパートから引っ越すことができないなら、下の階の方はトピ主さんのお宅のために床暖房をつけてくれていると考えてみましょう。
    夫婦喧嘩については別の機会に「このアパート案外音が響くんですよね」と話をふってみるとか。
    (床に布団を敷いて頭をつけていると余計聞こえると思います)

    ユーザーID:9225680796

  • わかります

    25年前ですが神奈川から北陸に来ました

    25年たった今でも戻れるものなら戻りたいです

    私も来た当初、免許を持っておらず、
    とにかく車社会で何処へ行くにも車がないとままならないし
    冬場はとにかく天気も悪いので自転車などにものれないし
    大変でした、数年後に免許はとりましたが、
    ただでさえ運転苦手なのに雪がふるともう嫌で仕方ないです

    これで、暑いのが苦手なので夏は涼しいとかならまだ我慢もできますが
    夏は夏で湿度が高く気温も関東と大差ない感じだし〜〜〜

    近年は減りましたが、雪かきとかもかなりストレスですね〜〜

    私の場合さらに結婚で主人の地元へきて夫側の親戚がそばに多く
    そちらのストレスもかなりあります

    住めば都・・・・・25年住んでるけど、都と思ったことないわぁ〜〜〜

    いやな面ばかり探さないで良い所をさがしたら・・・
    う〜〜〜いくら考えても1つもでてこない

    そういえば、雪国では冬は長靴が必須で、スーツに長靴とか
    最初は衝撃でした〜〜〜

    来た当初(21歳)はショートパンツにロングブーツとかの私を見た
    義母に「そんな靴冬場に履いて人なんていない」
    「都会みたいなお洒落な格好じゃやっていけるわけない」
    とか嫌味たっぷりいわれたなぁ〜〜

    (未だに長靴はかなり抵抗があります)

    トピ主の場合転勤とのことなので
    この先、戻れたらいいですね〜〜

    ユーザーID:6904876357

  • 買い物あれこれ

    まず地元の靴屋さんで冬靴・雪靴を買いましょう。
    地元出身じゃないことを白状して楽に歩ける靴を。

    皮の手袋もおすすめ。
    はめたまま、小銭も取り出せます。
    公共交通機関のつり革もはめたままで、滑らずグリップ。

    雪国でもベタ雪ならオシャレな傘を。
    サラサラ粉雪なら帽子やフード付きのマント・コートでオシャレに。

    雪の女王になった気分で。


    騒音対策には耳栓がおすすめ。
    ドラッグストアで売ってます。
    目覚まし時計は振動式で。
    睡眠はしっかり取りましょう。


    (好みはそれぞれですが)北欧みたいに冬を楽しむ暮らしが見つかるようにお祈りします。

    ユーザーID:7414790130

  • ようこそ雪国へ!

    ○年前、私も千葉から雪国へやってきました!
    最初の数年間は同じように感じていました。
    結果から言ってしまうと「慣れ」ですが、大切なのは自分の気の持ち様です。
    どうせ寒いのなら寒いからできることを楽しまなくちゃ!ですよ。

    一番良いのはウィンタースポーツ好きになる事のようですが(知人は休みの度にスキーしてます)私はインドア派なので、とにかく室内を快適に過ごせるようにしています。

    外を見ると違いが大きいので、お日さまの照らない日はロールカーテンをおろしっぱなしです。薄い明るめのデザインで威圧感を感じないものにしています。薄暗い日は照明をつけるのも早いです。

    ルームマットやルームウェア類も冬が近づくとモコモコをしまむら等でお手頃価格で購入し、日々ぬくぬくしています。
    温かい飲み物も色々揃えるとその日の気分で選ぶ楽しさが生まれます。
    とにかく自分が気持ち良く過ごせるように、しか考えていません。

    室内でできる趣味を持つのも良いですよ。
    集中してると室外の事は気にならなくなります。

    やらなきゃならない雪かきも自分専用雪かきグッズや雪かき用手袋・帽子を用意し、いかに効率よくきれいにできるか?近所のご老人に教えてもらいながら愚痴を言いあいながら励んでいます。

    これからずっと雪国にお住まいならば、もしお時間に余裕があるなら、普通自動車免許を取得する事をオススメします。
    雪道運転に慣れるまでも色々大変かもしれませんが、自分の都合で自由に出かけられるとやっぱり気分的に開放的になれるし。
    例え行き先がコンビニであっても。です。

    ユーザーID:3924261848

  • 日本海式気候の地でしょうか

    住んだことあるので、
    トピ主さんが言われることは理解できます。

    借り上げアパートを引っ越しできませんか?

    少しはラクになると思います。

    これから雪が積もるでしょう。
    早めに雪かきグッズを揃えて下さい。

    雪が積もってから買いに走ると品切れとかなっています。
    安物買いの銭失いにならないようにね。

    あと靴は大丈夫でしょうか?
    底が滑らない靴にしないと
    冬場の外出に苦労します。
    どれほど積もる地域かわかりませんが
    私は冬用の長靴(おしゃれなブーツではありません)も愛用していました。
    雪が積もった道をぐんぐんと歩けます。

    デザインより実用性を優先します。

    トピ主さんが苦手な土地も
    住んでいる人はいっぱいいます。

    グルメとか何か楽しみを見つけましょうね。

    ユーザーID:5146327344

  • 東京から北海道に来て20年です

    雪国では、晴れると太陽の光が雪で反射して、ものすごく明るくなります。
    空気もきれいで、23区在住時はひどかったアレルギー疾患が、かなり良くなりました。
    ついでに北海道はGがいなくて天国です。

    雪国では、冬の便を考えて住まいを選ぶので、関東の感覚で住まい選びをして失敗したなと感じたら、春先に空く物件に自腹で移るのも手ですね。

    あとは、単純に、都会度だったりします。私は札幌が長いですが、車なしで不便と感じたこともなかったし、冬のイルミネーションなどむしろ楽しいです。
    千葉だって、場所によっては残念な立地ということもあるでしょう。

    また、基本的に雪が降る分、室内にインテリアや植物を増やし、家賃が安くて広い部屋を借りられる分、植物や小物が室内に置かれます。北欧系小物はいいですよね。

    ユーザーID:6689910395

  • 理解できます

    私は、東京生まれ、東京育ちなので、真冬は快晴の空が当たり前。

    2年間の転勤で札幌に住んだことがあります。

    開発から引き渡しの完了が2年計画でしたので、終われば東京に戻れた。

    2回の真冬の雪国を体験しましたが、冬の間はトピ主さんと同じ気持ちでした。

    生まれ故郷でない人には、辛いのです。早く乾いた青空の東京に戻りたかった。

    トピ主さんは、転勤から戻れないのでしょうか。そしたら、馴染むしか無いです。

    社宅の借り上げアパートは、担当部門に相談し、別の場所に住めるようにしてください。

    ストレスで5kgも痩せたと知れば、担当部門は改善を図ってくれます。

    ユーザーID:3894839927

  • クルマ買って下さい

    10万円くらいのボロの軽の中古でいいので、クルマ買って下さい。
    雪国にとってクルマは、生活の足であり、鉄とガラスで出来たカッパであり、もう一つのパーソナルスペースであり、パンツであり、買い物カゴであり、趣味の部屋であり、コミュニケーションツールであります。
    自宅にいても騒音で落ち着けないなら、車で好きなところへ出かけた方がいい。

    ユーザーID:0194256291

  • 応援します

    雪国ではないのですが比較的、雪の多い地域に住んだことがあります
    もともと太平洋側の出身でずっと住んでいましたので、冬は晴れ

    やはり・・・辛かったです、家が暗いのも、体の冷えも
    車もなく、徒歩か電車、私もかなり精神やられました
    環境って本当に大切なことと痛感し、ワンシーズンで戻ってきました

    いずれ転勤でしょうか?無理せぬようご自愛くださいね
    体が冷えると思考もマイナスになりますから温かくしてお過ごしくださいね

    ユーザーID:2642193605

  • 追記

    主です。
    自分は新卒でここに来ました。
    それもあって余計につらいのかもしれません
    9月までは地元ではなく別のところ(≠雪国)におりました

    ユーザーID:5264768062

  • 無理なら辞めることはできる

    雪国が、ではなく、新しい環境がということでしょう。
    ある程度以上の寒さや暗さになるとダメという人はいますが、それだけで5キロも痩せないでしょう。雪国とは関係ないストレスもありますよね。

    ユーザーID:6689910395

  • 季節性うつ病

    レスタイトルで検索してみて下さい。
    私も神奈川県から北海道に引っ越して来た時になりました。
    すぐに出来る対処法としては、日光浴が効果的。
    少しの時間でもいいので、お日様が出ているのを見つけたら当たってみて!

    騒音と移動の不便さについては、引越して住環境を変えるという手は使えませんか?(無理なら、会社の総務に相談して、管理会社から苦情を入れてもらうという方法も有。改善するかどうかは分かりませんが、独り我慢して悶々としてるよりは、誰かに言うだけでも気分が楽になると思う)

    あとは。トピ主さん、眠れてますか?
    不眠や食欲不振の症状があるようなら、病院で安定剤や睡眠導入剤を処方してもらう事をお勧めします。
    トピ内容のレベルなら、症状をきちんと伝えて「とにかく眠れるようになりたい」と訴えれば、普通の内科でも処方してもらえる筈。

    ユーザーID:1656052489

  • 工夫する 管理会社に相談

    東京在住在勤の越後コシヒカリと申します。
    雪国も色々ですが、
    季節問わず降水量の多い日本海側にお住まいですか?
    水分をズッシリ含んだ重たい雪が降る地域にお住まいですか?
    山深い雪が厚く降り積もる地域ですか?

    防音や断熱に優れた日当たりの良い東南角部屋高層階への転居が最適ですが、
    簡単には引っ越せませんよね?
    ならば先ずはアパートの防音及び断熱。
    ホームセンターに行けば色々揃っていますし、軽トラ借りて大物を持ち帰ることができます。

    屋内の壁は防音断熱パネル。簡単にぴったりサイズにカットできます。
    パネルは極細ピンや突っ張り棒か相当品や、収納家具で押える。
    ベッドは騒音元からできるだけ離す。
    窓など開口部はプチプチやプラダンやパネルと断熱遮音カーテン。
    もちろん雨戸やシャッターがあれば日没後は閉める。

    光が無いのは気分が上がりませんから、あたたかな白熱球色の調光型LED照明でうんと明るく!
    インテリアは明度の高い明るい白っぽい暖色。
    癒し系の飾りで楽しむのも、光が必要ではないグリーン(フェイクでも可)や花で癒されるのも、
    壁に推し、、、いやいや好きな絵や写真を極細ピンで貼って癒されるのもありでしょう。

    これでも室外機の騒音などで悩まされるようなら、管理会社に連絡。
    もしかしたら室外機の修理やエアコンの新調で解決するかもしれません。

    エアコンって、なんだか理由はわからないけれど肌が乾くのにうすら寒いんです。
    私は軽くて暖かいダウンの上下を室内着にしています。
    コーヒーこぼしても洗えないだろうから、ダウンの上に洗えるフリース上下を一枚羽織っています。

    ユーザーID:2105947753

  • わかります

    アパートは可能なら引っ越してはいかがでしょうか。
    それでは雪国云々ではなくストレスが溜まりますね。
    通勤が大変なら近くに引っ越すのも良いと思います。
    慣れないと歩くのも大変ですもんね。

    日照時間が少なくて辛いのは良くわかります。
    私も関東から北海道へ来て体調の悪い時期があります。
    無いはずの梅雨もそうですが。
    海外でも冬場に日照時間の少ない地域に引っ越した人たちが辛いと話していて、
    みなさんビタミンDサプリをとっていると聞き、私もそうしています。

    ここ数日晴れていてとても気分が良いです。やる気も湧いてくる。
    天気が悪いと本当にダメなので、太陽の力は偉大だなと思っています。

    とりあえずビタミンDをお薦めします。

    ユーザーID:7188376385

  • いやー晴れてますけど

    雪国は、太陽が少しでも出ると、雪面で反射してめちゃくちゃ明るいです。関東の実家に帰ると暗くて北風が冷たいなと思います。今の引越し先は、あまり雪が積もらない地域なのでしょうか。私の住んでいる街はホワイトイルミネーションもあり、食べ物も新鮮で安く、空気もきれいで、家賃が安いから広くて新しい部屋も借りられます。

    なんか、千葉と同じコートを着ていって、寒い!と愚痴を言うようなものに聞こえます。

    ユーザーID:6689910395

  • 暖房や防寒に予算を廻す、車の免許も取得

    寒いと塞ぎがちになりやすいので、環境を整えていきましょうよ。

    部屋の暖房はエアコンですか?

    床暖やホットカーペットやコタツを導入。
    ガスファンヒーターも給油が必要ないので良いですよ(換気は必要)

    服も防寒に特化したものを取り入れ、カイロ、首周りや耳や足元も工夫して暖かくね。

    車の免許も取得に動けば良いんですよ。
    無理の無い範囲で、取得できる教習所を探してみましょう。

    人間、何か目標や趣味があれば、そう塞ぎこんでもいられないので、環境改善から、取り組んでみてはいかがでしょう?

    余裕ができたら、何か趣味を始めるとか。

    騒音に関しては、アパートの管理会社に連絡しましょう。
    ある程度の生活音は仕方が無いので、時間帯や大きさにもよるので、通常範囲と言われたら、
    借り上げ社宅なら、初期費用は自分もちなどで、引越しの検討もお願いしてみるのも手です。

    晴れの日が少なくっても、雪の日以外は多少は明るいので、公園散歩など日のある間少しでも楽しみましょう。

    ビタミンDのサプリも取り入れましょう!
    (冬に慣れてる人は対応できても、主様の場合不足で不調が出てるのかもしれませんので)

    ユーザーID:5964828782

  • 冬が長いですよね

    西日本から雪国に転勤してきたものです。
    私もこちらの冬はグレーで、太陽光が少なく、気持ちがどんよりするのわかります。
    特に11月下旬からお正月くらいまでは夜になるのも早く気が滅入りますよね。

    地元にずっと住んでいる人も冬は憂鬱らしいです。
    ということは慣れないということですね。ただ段々日が長くなってきたので
    気分が明るくなってきました。晴れた日の雪景色。とても好きです。

    冬の辛さは春〜夏の快適さのことを思い出し、耐えようと思っています。
    初めての春楽しんでください。

    ユーザーID:4700552864

  • 少しずつ慣れます様に。

    夫婦喧嘩の声は厭ですね。
    ヴェートーベンの『運命』をかけて対抗しましょう!。

    私も4〜5年前、20数年ぶりに寒い故郷に戻った年は、退屈でした。

    ほんの小さな街。
    以前、近所にスーパーなど数軒が有り、毎日の生活が足りてたのに、殆ど無くなっててビックリ。

    徒歩で15分の中心商店街も、シャッターが下り、店の数が減ってた。
    新たなバイパスに街が移ってしまい、更に500メートル先で、車なしでは行けない。
    雪が2〜30cm。多い年は積もり1メートル以上。
    道路は凍り、轍もガチガチ!。
    倍の時間がかかり滑り、歩き辛い。
    市内循環バスしか無い。
    バスからの風景。
    高校時代に寄った珈琲屋さん、今川焼き屋さんに立ち寄ったり。
    図書館で本を借りる。
    『クッキー』『マドレーヌ』『パウンドケーキ』を焼く。
    毛糸で簡単な『帽子』『敷物』を編む。
    久しぶりだったので、『履物』に悩んだ(笑)。
    『革製』の、ブーツとお別れ。
    雪国ならではの靴に買い替え。
    防水&防滑の合皮で、内側ボアのブーツは、必須!!
    沢山雪が積もった場合は、それの長いバージョン。
    雪が溶け、気温が上がるのが待ち遠しく、晴れれば、それだけで嬉しくありがたく感じます…。
    趣味を見つけ、教室に通う。
    お気に入りの喫茶店でスイーツを楽しむ。
    少しずつ慣れ、自分の時間を愉しめます様に。

    ユーザーID:5239118080

  • なれますよ

    私は北陸の雪国で育ち、大人になってから首都圏に来たので、逆に、冬にこんな風に晴れていることが夢のように感じました。
    帰省して、駅で列車の上に降る雪をみると、ほっとしたものです。

    なれますよ。きっと。
    事情はわかりませんが、一生その土地にいるわけではありませんよね?
    地元の方に習って、雪の時の注意をまねながら、徐々になれてゆけばよいです。
    いい所も、ありますよ?第一雪景色は本当にきれいです。

    履物は現地で購入し、着るものもやはり冷え込み方は違いますので、現地でかわれたほうがよいです。

    冬時は日本海側は曇った、どんよりとした気候の時がおおいです。冬時になると、鬱の人が増える、と聞いたこともあります。

    でもその分、春が来た時のうれしさは格別ですよ。

    アパートについては、お引越しをされてもよいのではないですか?
    工夫して、居心地が良くなるようにすればよいです。
    ストレスで体重を減らすよりも、少し家賃があがっても有意義かも。

    雪かきや、屋根雪下ろしなどが必要な場合は、もっと大変ですが、それはないようですね。
    何とか工夫して、のりきってくださいね。春はすぐそこです。

    ユーザーID:8297711370

  • 雪国ではないですが、ヨーロッパに住んでいました

    半年間空が厚い雲に覆われ、太陽が見られないという感じです。
    気がめいりました。
    太陽が見られないことがこんなに辛いのかと感じました。
    体が朝目覚めないし、
    日本語で朝起きれる方法を調べたら、日を浴びろって書いてあるし。
    現地では、秋から自殺が増えるという話も聞きました。

    日本ではどうか分からないのですが、
    ヨーロッパでは日照時間不足を補うための照明?があると聞きました。
    (住んでいた当時は知らなかったのですが)
    日本には似たようなものはないのでしょうか?

    ユーザーID:4683979965

  • 慣れる事はない。(キッパリ!)

    雪にも、鉛色の空にも、公共交通機関の不便さにも、部屋の中の暗さにも、
    慣れる事はありません。

    生まれも育ちも、そして現在の生活拠点も北陸の私が、キッパリと断言します。
    じつのところ、毎冬、冬季うつに悩まされています。

    心療内科の医師からは、「冬季うつに悩まされているのは、あなただけではないし、特殊な病気でもない。日照時間の短い北欧では大変多い病気だ。」と言われています。

    だからって、やる気の無さや、うつうつとした気分に悩まされる辛さは、どうする事も出来ません。

    冬でも出来るスポーツを楽しむのも手です。
    ウインタースポーツとは限りません。

    転勤族の友人は、任地である北陸で、初めて乗馬というものを(しかも、屋内で)体験し、
    いっぱしの馬乗りになっていましたが、
    あらたな任地(雪など降らない)では、乗馬は外でやるもの、という認識なので、
    雨でも台風でも外で馬に乗る、という不便さがイヤになり、乗馬を止めてしまったほどです。

    その地にしかない楽しみを何とか見つけて、生活を楽しんでみて下さい。

    公共交通機関が整っていない地方暮らしでは、車は生活の足です。
    これを機に車の免許取得と車の購入をおすすめします。
    自由に動けないのでは冬季うつが加速します。

    応援しています。

    ユーザーID:1456418598

  • 雪国に住んでいます。

    生まれも育ちも雪国育ち。
    それでも、冬はきついです。
    雪がなければ通勤時間(車)15分の会社まで雪が降り路面状態が悪い時には
    1時間30分かかって遅刻したこともあります。
    除雪車と共に起きて家の周りの雪かきをしなければ車も出せないことも。
    冬の疲れで春先に体調を崩す人も多いです。
    年末年始に息子達が関東から帰省しました。
    冬用の靴を準備して駅に迎えにいきました。
    雪国育ちの息子達でさえ冬は余計な仕事が増えるから地元に戻る気持ちはないといいます。
    日本海側の県民は我慢強いと聞きますが そりゃあ我慢強くもなりますよね。
    雪国生まれ雪国育ちの地元民でも辛いのですから主さんの辛さはよくわかります。

    ユーザーID:2407384921

  • ありがとうございます

    主です。
    たくさんのエール、レスありがとうございました。
    いまは辛い気持ちも少し落ち着いてPMSだったのかな…?とも思います。
    日本酒が大好きなのですが、連休中に市内でおいしいお酒を見つけられたこともあるのかもしれません笑

    ブーツに雪用のスパイクを買って装着し、氷や雪の上を歩き回ってます。
    部屋の照明をLEDの明るいものに替え、光目覚まし時計で起きています。
    あったかい紅茶や鍋物を積極敵に食べて体を温めています。
    意外となんとかなるのかもしれない、と思えるようになりました。

    アパートは替えて頂けることになりました。
    車はペーパー講習を受けてから購入する予定です。

    雪はちょっとつらいですが、2月は市内や近隣で冬の祭りがあるのででかけてみようと思っています。

    そのうち地元に帰るかもしれませんが、この冬はがんばってみようと思います。
    市内は桜が有名なので、それを待ちながら。

    ユーザーID:1636770890

  • 更なる転勤の可能性はありますか?

    社会人歴20年超、就職で今まで縁のなかった土地に配属で初1人暮らし開始、そこは雪国ではありませんでしたが、その後何度かの転勤で雪国にも二度ほど行きました。
    そもそも、社会人一年目ってただでさえ生活が変わって不調になりがちだと思います。
    トピ主さんの今の状況も、気候だけが要因ではないかもしれませんね
    自分は1人暮らしなのに、家族の人も住んでる、しかも社宅に住むってのもストレスですし(経験あり)、学生から社会人という大きな変化がそもそも良い意味悪い意味含めてストレスになってると思います
    自分の場合は、だいたい2年経てば転勤だったので、「そう長い期間いるわけではないし、いる間はこの場をいろいろ経験してみよう」というような意識で過ごしてました。
    あと、結構頻繁に実家にも帰りました。お金はかかるんですが。今から思うと、大きな変化に身も心も慣れるまでの期間にこれは結構有効な方法だったかなと思います。
    2箇所目の赴任地では車も買いました。これは活動範囲も広がって、良かったと思います。
    就職と全然地縁のない土地に1人暮らしがダブルで来るって、多分、人生に中でも数少ない大きなストレスを受ける時期だと思います。
    適応するのに時間がかかるのは仕方ないよ、と自分でも認識するというのも一つの方法だと思います
    一気に解決する方法なんて残念ながらないので、それこそ小さなことからひとつずつ色々やってみるしかないのかなと思います。
    私は1人暮らしで過食気味になって劇太りしたので、手が食べ物をつかめないように編み物を始めてみたりとか、今まで見ていなかったけれどドラマシリーズを見始めたりとか、楽しみを感じつつ時間を過ごせる方法を試してみました。
    すぐに効果がある解決法が提案できなくて申し訳ありませんが、ストレスをうまくやり過ごすというのは、皆がいつかは通る道だと思います。
    状況が少しずつでも好転しますことを!

    ユーザーID:3108286698

  • なるほど

    北国の人間なので興味を持ってこのトピを見ていました。
    関東に住んだことはありませんが数日滞在はしたことがあり、やっぱり雪国の冬の方が断然いいわ〜と思っていました。
    雪明かりが無いので暗いし、雪も無いのに寒いなんて許せない(笑)
    暖かい室内にいて薄暗い中でふわふわと舞い落ちてくる雪景色を見るだけでウットリ若しくはワクワクします。

    トピ主さんの場合は住居の環境を改善できればかなり良くなるのではないでしょうか。
    騒音と寝不足で気分もネガティブな方へ向きやすくなっているのだと思います。
    また雪国とはいっても色々な地域があるので、トピ主さんがいる所は気軽にショッピングやイベントに出掛けられるような地域ではないのかな。

    「晴れない」とは言っても降る日もあれば晴れる日もあります。
    これは一年中を通して同じく言える事で、冬だけが特別ではないのです。

    ユーザーID:4069943121

  • 千葉在住です

    東京に近いベイエリアに住んでます。
    千葉は今日も晴天。気温は8度位。
    寒いですが晴れているので、気持ちのいい青空です。

    千葉の気候がよく分からない方には、トピ主さんの気持ちが
    なかなか理解出来ないかもしれませんね。

    私は雪が大好きなのでちょっと羨ましいのですが、毎日となると大変でしょね。
    引っ越せるとの事。これでだいぶ改善出来るでしょう。良かったです。
    地元のお友達を作って、雪国での生活のアドバイスを頂けるといいかもです。

    私は冬になるとわざわざ飛行機に乗って雪国に行きます。
    寒い地域は食べ物も美味しいですよね。
    せっかくなので、雪国での楽しい事を見つけて頑張って下さい。

    ユーザーID:4691140955

  • 慣れることもある

    1つ目の点については、慣れると思います。25年前にヨーロッパ某国(北海道ぐらい寒い)に留学し、結局15年住みました。
    初めての冬は太陽が出ないことで辛い思いをしましたが(その冬は特にひどく、3ヶ月で日照時間10時間以下でした)、次の年からは何とも思いませんでした。むしろ、普段太陽が見られない分、スキーに行った時の太陽を楽しめました。
    服装は現地の人の真似をして、寒さ対策をしましょう。靴も雪対応で。千葉の服装では無理です。

    アパートについては、対策をするしかないでしょう。これは雪国のせいではないですね。

    私は上記の国に住んでから、東京では持っていなかった免許を取り、安い中古車を買って、車に乗りましたよ。これは自分で何とかできることですね。

    環境の違う場所での最初の年は難しいものです。前向きに対策していきましょう。(私の場合、1年前の終わりに現地人の彼氏ができて、雪国の楽しみ方を彼から覚えてことも大きかったです。)

    ユーザーID:6388782299

  • やはり人それぞれ育った故郷がいいのですね

    自分は北陸生まれ北陸育ちです。

    仕事で 二十代のころ6年間 神奈川のほうに住んでおりました。

    2月3月ともなれば 初夏のような陽気で 晴れ晴れした雰囲気ですが

    地元に帰ってみればやはり 地元が一番と思ってしまいます。

    昨年のような大雪はともかく、雪は雪でいいものです。

    冬の日 朝起きてみればこんもり雪景色、夜ともなれば 雪明かりで夜道もほんのり明るくメルヘンチックな世界が広がります。

    とはいえ、雪の多い年はそれはそれで大変です、雪をすかしてもすかしても天から延々降ってくるわけですから 嫌になることもあり恐怖を感じることもありです。

    どの土地でもいい面大変な面あるわけです。

    ユーザーID:0111054852

  • 学友が都心に戻ってきました

    転勤でしたら「期間限定」ということになりますね。
    永住ではないのですから一時の我慢と割切らないとご自分自身がどんどんお辛くなると思います。

    海外から都心に戻って生活を楽しんでいた学友が配偶者の趣味に付き合って
    マイナス2桁の極寒地域に移転しました。
    ご本人以外が土地に馴染めずにわずか数年の我慢で都心に戻りました。
    毎日、議事堂付近、皇居付近で犬の散歩をするのが楽しみと伺いました。

    雪は日本海側ほど積もらない、羽田まで1日4便もある、敷地は広々など
    中途半端な自慢話?話は聞き飽きた、もうウンザリと言っていました。

    人によって向き不向きがあるのでしょう。
    お子様方も2度と父親の居住地域に住むのは嫌だと断言しているそうです。

    転勤族で期間限定の場合と永住とでは気構えが違うでしょうし、
    雪による事故を考えた場合は年齢が高くなって住むのは危険な気がします。

    歳を重ねれば、重ねる程、利便性重視ですが、固定資産税などの維持費が大変に高額です。
    人生百年と言われていますから家の維持費の準備をする必要がありますが、寒冷地に
    慣れるよりも維持費の用意がずっと楽に思います。

    都会の戸建ては地方に比べて狭いですが、地価が数百万円ですから当然のこと。
    徒歩圏内に学校法人、医療法人、デパート、大きな公園などが多数あり、運転を止めても
    支障がない点が大変な魅力です。

    いずれ千葉県に戻れるのですからその日を楽しみにそれまでお元気でいてください。

    ユーザーID:2042737339

レス求!トピ一覧