現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

小遣い制を提案したら不機嫌に

黒糖飴
2019年1月16日 21:13

共に30歳でつきあって2年。
結婚を前提としての話しあいで彼女が怒ってしまいました。

私の出した条件
家計は双方の収入を一旦合算し、管理する側が小遣いを渡す。
これには彼女も同意でした。
金額は私は最初月に三万円プラス昼食一万で提案したら高過ぎると言われたので、合計で三万円で彼女も合意しました。

そこで私が
「じゃあ、僕が管理するね。家計はきちんと開示するから」
と言った途端
「そんな金額じゃ足りない。」
と怒り出しました。

私には理由がわかりません。
だって、私の提案に減額を言い出したのは彼女で、彼女も合意した額なのにどうして足りないと言い出すのでしょうか?

双方同じ年収ですが、独り暮らし貯金500万の私が管理する方が、実家暮らし(生活費として入れてるのは三万円)の貯金ほぼゼロの彼女が管理するより適切なのはどう見ても明確なのに。

皆さんはどう思いますか?

ユーザーID:8256072243  


お気に入り登録数:2181
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:6本
トピ主のみ(6)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
彼女に問いかけた理由
黒糖飴(トピ主)
2019年1月18日 20:06

皆様、ご意見ありがとうございます。
一つ一つ返信したいのですが、時間の都合上まとめてのお礼となります。

確かに言われる通り、私はわざとこの話し方をしています。
理由を説明させていただくと。

私の両親は、父が管理職で母が短時間パートでした。
しかし、共働きならとのことで、母が父に家事の半分をすべきと言って土日の家事は全て父でした。
家計は母が管理し、父は月に三万円の小遣いからお昼、散髪、病院、スーツのクリーニング代まで負担してました。

母は「私はおこづかいをもらえる余裕もないのに」
と言いながら、高級化粧品や頻繁な美容院通い、服の買い換えをし、これは女性として当然の経費だから家計から出すのが当たり前と言い続けていました。
父親は何度も話し合おうとしたみたいですが、話し合ってると激昂して手がつけられなくなる母に最後は諦めて無気力にになりかわいそうだったのを覚えています。

彼女とはデートも割り勘(出したり出されたり)で、両親のようになる心配はないと考えていたのですが、最近結婚を話すようになって具体的な内容になったとき、節々に違和感を感じるようになったため、このような会話に持っていった経緯があります。

また、レスに「女性はお金がかかる」とのご意見もありましたが、男性はかからないわけてはなく、大抵の旦那さんはこだわりたくてもお金がないので諦めているのてはないでしょうか?

今回のことが、今後を決める大きなターニングポイントになりそうです。

あす、再度話し合うのでそこで結論が出るかもしれません。

ユーザーID:8256072243
話し合いました
黒糖飴(トピ主)
2019年1月20日 18:52

彼女と話し合いました。
結論として別れることになりそうです。

私たちは同じ会社です。福利厚生は充実しており、子育てにも理解があり、社内結婚のほとんどが共働きです。

また、私は昨年昇格試験に合格していますが、彼女は受ける予定もないとのことなので、今年から昇給に大きな差が出ます。

彼女になぜ私の提案ではダメなのか聞きました。
理由として、男性はお小遣いが当たり前だけど、女性は男性に理解しづらい費用がかかるし、お金を管理されるのが嫌だから。
今までは他人同士だから割り勘だったけど、結婚したら同じ財布になるから私が管理するのが当然。
それが誰でもやってる常識なのになぜ理解できないのかわからない。
あなたはこれから昇給するんだから、それを家族のために使うのは当たり前。
男性は妻の尻にしかれるのが幸せなんでしょ。

あまりの価値観の違いに無理だと思いました。
私が全面的に譲歩する選択ししかあり得ないとのこと。

実は、貯金がないのも最近知ったので、私と会うときは着飾ることもなく、そんなに毎月浪費してるとは知りませんでした。

まだ、彼女は納得しないので時間がかかるかも知れませんが。

ユーザーID:8256072243
トピ主です
黒糖飴(トピ主)
2019年1月22日 18:32

皆さんの意見を見て、考える部分もありました。

彼女との話し合いのなかで
「共働きでも男性が小遣制が昔から当たり前なら、共働きでも家事育児は女性の役目でもいいんだよね」
と聞いたら
「それとこれは話が別。今は家事育児は夫婦共同が当たり前」
と、都合よく立場を入れ換えて話し出しました。

前にも書きましたが、付き合ってる間はこのような態度はなく、話し合いができる相手と感じていましたが、結婚が具体的になるにしたがって、上記のような態度が増えてます。

それは
「付き合ってるなら嫌ならやめればいいけど、結婚はそうはいかないから自分の正しい考えにしたがってもらう」
だからだそうです。

話し合っているうちに本音が出たのか
「私より家事上手なんだから料理は旦那担当」
等とどんどんひどくなりました。

すでに別れを告げていますが、先程も待ち伏せされていました。

ユーザーID:8256072243
補足
黒糖飴(トピ主)
2019年1月22日 22:32

説明不足のため、勘違いしたレスが出てしまい申し訳ありません。
土曜の話し合いの際、管理の意味も含めて話をしています。

私の言う管理の方法は
お互いの給与を合算する。
そこから決めた小遣いを双方渡される。
光熱費等は自動引き落としだから確認のみ。
食費等は予算金額を決めて、普段買い物が多い側が管理する。
何を買うかの権限もあるし、都度話し合う。
雑費などは、お互い相手のわからない必需品などもあるだろうから、相談して家計かこづかいかを決めよう。
私は投資は嫌いなので貯金メインとしたいが、より良い資産形成があるなら提案してほしい。

私の言う家計管理は、予算にたいしての過不足をきちんと把握し、資産含めてそれを目に見える形にまとめること。
私が勝手に使うことを示している訳ではない。
常にリアルタイムで明確にしておくことを言っている。

と説明し、彼女がやっても構わないとも伝えましたが
「そんな細かいこと言うのはおかしい」
「きちんと管理するから全て任せろ」
と、開示を拒否しています。

なので、やっていけないと判断しました。

ユーザーID:8256072243
よくわからないこと
黒糖飴(トピ主)
2019年1月24日 12:35

よくわからないことがあります

ここまで決定的に意見があわないのに、彼女は私に全面譲歩を前提の話し合いを今も要求してきています。
彼女の心理がすでにわかりません。

あと、レスのなかで問題点が家計管理をどちらがやるかの是非がポイントの前提のものがありますが、そちらが本質ではありません。
別れを決定した(この件で話し合いができない部分以外で)理由は、人には節約を求めながら、自分が求められたら拒否する身勝手さが問題なのです。
お互いの主張が「私がこうするからあなたもこうして」であるならまだしも「あなたはこうして、でも私は嫌だ」だからアウトなんです。

これが今までは全くなく、結婚が具体的になったらでてきたので、今別れになるんです。

ユーザーID:8256072243
トピ主です
黒糖飴(トピ主)
2019年2月8日 12:44

書き込んでいただいた皆様ありがとうございます。

結論として別れることができました。

彼女両親を交えての話し合いでお互いの意見を話したところ、彼女両親から恐縮するくらい謝られてしまいました。
ついつい甘やかしていたけど、ここまでとは思ってなかった。私たちの育て方が間違ってましたと謝罪を受け、彼女に別れるように説得すると約束してくれました。

職場は経緯を皆さんが知ってる(彼女が話してた)ことから、特にかわりはないです(皆、彼女に驚いてました)

ユーザーID:8256072243
 
トピ主のみ(6)ほかのレスも表示

現在位置は
です