身内間でのお金の貸し借り

レス19
(トピ主2
お気に入り98

生活・身近な話題

あらら

先日、夫にお金を貸してほしいと言われ、三年後から返済開始でもいいよ、と言いました。
額としては120万位です。で、いざ貸すだんになって借用書にサインしてね、と言ったらキレられました。
私ははなから借用書ありきで考えていたのに、極悪非道?家族なの冷たい?のような言い草。別に貸さない訳じゃないのに、なんでキレたんだろう?と。
結局サインしないので貸しませんでしたが。

昔、父にもお金20万円ほど貸してほしいと言われ、いつ返してくれるのか聞いたら、答えないので結局貸しませんでした。

妹には、色々お金を貸してまして、料理教室、資格取得、借金の肩代わりなど。その代わり返済計画などはこちらで立ててそれに従うように言ってます。
あとは、細々とした雑用を頼み、それを時給換算して、一部労働対価で返済もしてもらってます。

貸し渋りもしてませんし、別に利子つけて返せと言ってるわけでもないのに。
私のなかでは、親しき仲にも礼儀あり=借用書なのですが、夫や父のような人間は一体なにを"冷たい"と考えてるんでしょうか?
また、皆さん身内間で貸し借りする場合、どのようになさってますか?

ユーザーID:0603293076

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 借用書は必須

    私が貸したことがあるのは
    息子だけですが必ず借用書にサインさせます
    返済方法も大まかに聞きます
    だいたいボーナスで一括か2回で完済
    結婚後はありません
    身内でもあげないのなら借用書必要だと思います
    書いたことで借りた重み、返す重みを
    感じるはず
    しかしご主人のその大金はなにか気になりますね

    ユーザーID:5559948111

  • 引け目を感じるから?

    貸す方としては借用書はきちんと取りたいのが当たり前ですよ。
    親兄弟であっても。
    ただ、借りる方としては引け目を感じるから態度が大きくなってしまうんですかね。

    お金を借りる事で夫婦のバランスが崩れるのが心配なのか・・。
    何となく目に見えない上下関係を作りたくないとか・・。
    貰う訳じゃない、返すって言ってるのに信用できんのか・・。
    夫婦なのに他人行儀じゃないか・・。

    こんなところでしょうね。
    いずれにしても借りる方の態度が悪ければ貸したくないのは仕方無いです。

    ユーザーID:1920913025

  • あらら

    最初にいいよって言わないこと
    最初から借用書書くなら貸すよ!ですかね
    そしたら、少しは違うかな
    今時の、夫婦別会計なのですか?
    なら、夫も覚悟が足りないかな?
    しかし、100万位なら、親子、配偶者間だと借用書無しがまだ多いんですよ
    法律的にはあなたが正解なのですが、不思議がるほど世の中は杓子定規にできてはないです。
    自分なら信頼して、借用書無しで貸すのに、貴女からは自分が信用されてないと思って不満なのでしょう

    ユーザーID:5192421151

  • 貸さないで正解

    借りる側としては
    身内から借りれば
    業者と違ってキツイ取り立てがないので
    返済が滞っても大丈夫
    利息がつかないなど
    安易に借りられるからです

    貸す側としては
    利息もつかず、手間がかかるだけで
    なんもいいことがないのです

    そもそも金を借りる人って
    金がないのだから
    返すアテもイマイチなんですよ
    つまり滞る可能性が高いんですよね

    自分も経験上
    5年位前に金貸してくれと言われましたが
    断りましたが
    なんと、同じ人に今年また
    金貸してくれときましたね
    つまり、前回貸さないでよかったと思いましたよ
    結局金がない人って
    金がないんだから返せない
    というのがどうも回答らしい
    なので貸さないのが正しい

    金融業者の場合は、保険や税金の面で
    優遇される仕組みがあるが個人では
    そんなのありませんからね

    ユーザーID:8401002322

  • う〜ん…

    トピ主さんは正しい、間違ったことはしていません。

    でも…なんだか納得はいきません。
    多分、相手が「夫」だからだと思います。
    「家族・身内」と言っても、配偶者・親・兄弟 では立場が違うと思います。
    たとえば
    ※配偶者=生涯を共に暮らしていく(前提)相棒
    ※親=産み育てて貰った、恩ある存在
    ※兄弟=他人に近い身内

    親からすれば「育ててやった子供なのに」
    夫からすれば「夫婦だろ、他人じゃないんだから」
    そして、両者とも「妹には貸すくせに」(借用書や利息の有無は考慮しない) 何故 妹より大切な存在である親や夫に貸さない!(怒)だと思います。
    理性や理屈よりも、感情の問題なんですよ、親や配偶者は。

    ただ、心配なのはご主人ですね。
    今後、何かトピ主さんの不利益になるようなことがあって、ご主人に助けを求めても「お前は俺に貸してくれなかったくせに」と言われると思います、何年経っても。
    拗れると…最悪の結果になるかもしれません。
    それだけは覚悟しておいた方がいいと思います。
    お金の問題って、貸しても貸さなくても遺恨が残りますから。

    ユーザーID:5240475102

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • エール、連打!

    出来ればエール、連打したいですよ!

    相手からすれば信用されていないとか、家族なのに他人行儀だとか
    なんでしょうけれど、百万円のお金を借りる以上当たり前でしょ?
    返済期限を決めるのも当たり前だと思います。

    貸主に借用書なんて要らないよと言われても書面を交わすのが誠意でしょ?

    自分が用意できない額のお金を借りるのにどこか上から目線なのだと思います。
    自分はその甲斐性が無いのにどうして上からなの??
    120万円の大金なら畏まって平身低頭して借りろっての!!

    妹さんの一部労働対価返済の話を聞いても良いお姉さんだと思います。
    フツーは利子として労働奉仕を言いつけられますよね(笑)

    身内に貸す場合、踏み倒されて諦められる額ならば書面は交わしません。
    120万円は絶対に書いてもらいます!

    ユーザーID:3700444768

  • 基本身内では

    貸し借りしておりません。 借りたことも
    ないし、貸してと言われたこともありません。

     かの昔。まだ独り身で親元にいた時に。
    洋服等、バーゲン時に購入してました。
    クレジットカードは、持っておりませんで。
    (まだ流通もそんなにしていなかったかと
    言うことと、親が良しとしなかった。)
    社会人の時。給料はいわゆる社内預金口座に
    入金されました。(元銀行員です。)給料しか
    入金できなくて。利率が良かったんですよね。
    定期預金並の利率が適用されていて。親が
    基本下ろすなと。親から借り、買った分だけ
    後日下ろして返しました。 当然借用書などは
    書きませんでした。

     120万円といったら、大金ですよね。
    使途は何なんでしょう? 使い道に
    よって違ってくるのかなと。

    ユーザーID:1888289983

  • 貸せばいいのに…

    親と夫なら、「たかが」20万とか120万なら、借用書不要で貸せばいいのに。
    借金の理由が「賭け事やオンナ」なら別ですが、どうしても直ぐに欲しいものがあって、踏み倒しの恐れが無いなら、呉れてやった積もりで貸せばいいのに。
    今後、何か有ったときに優位に立てますよ。「そんな事を言うなら、借金を返してから言って!」と。
    返ってこなかったとしても、親や夫なら諦めもつくでしょうに…
    断ったことで、逆に「娘のくせに…」「嫁のくせに…」との悪印象は生涯付いて回りますよ。
    「損して得取れ」という諺もあるくらいですからね。

    ユーザーID:5240475102

  • 不思議ですよね

    借用書を書かずにまとまったお金を借りられるとなぜ思うのか不思議です。
    それに贈与税がかかる可能性のあるお金の貸し借りに借用書を書かなかったら税務署から脱税で突っ込まれても対抗できません。

    こういった人たちは家族からお金を借りるとは考えてなくて家族の資産は共有資産だと思っているのかもしれません。自分のものだと思っているから借用書を書くことに違和感を覚えるのでしょう。
    よく夫婦の財産は共有資産という意見を見ますからこういった考えの人が一定数いると思われます。

    本来であれば銀行やカードローンに金利や手数料を払うくらいなら家族間でお金を融通し合ったほうが有利なのでしょう。
    しかしこういったお金の扱い方を知らない人たちがいるおかげで家族間のお金の貸し借りが出来ずに余分なお金が家から流出していくのでしょう。

    ユーザーID:4963216308

  • とても優しいと思います

    私なんて、誰に対しても一円も貸す気はありませんから…
    身内からは今まで一度も貸して欲しいと言われたことはありませんが、
    言われたら即断ります。

    離婚してお金に困っている友達に貸して欲しいと言われた時は、
    リスクになる人だと思って疎遠にしました。
    もちろん、自分も誰にも頼る気はありません。

    トピ主さんの周りの人は、甘えた人達だというだけです。
    たぶん、身内のお金は自分のお金のように思っていて、
    ある時払いの催促なしが当然なのに、他人行儀に借用書にサインなんて!
    と思っているのでしょう。

    そして、たぶん返済する気持ちは薄いのでしょうね。
    なにしろ、自分のお金同然なので(笑)

    ユーザーID:3965159069

  • トピ主です。

    みなさま、お忙しいなか貴重なご意見をお聞かせくださり、ありがとうございます。

    >お金は大事さま
    お身内にも借用書派ですか。同じくです。お金は双方気持ちよく貸借りできたらいいですが、場合によっては身内であっでも火種の元にもなりますしね。因みに夫のお金の使い道は確認済で、貸してと言われたので、貸すよ、と言いました。

    >匿名さま
    「目に見えない上下関係」...なるほど。確かにそのように、見えなくもないですね。
    でも、ヨゴレ仕事ってどちらかと言うと、貸す方なんですよね...。
    「貰う訳じゃない、返すって言ってるのに信用できんのか・・。夫婦なのに他人行儀じゃないか・・。」
    ←言われてズバリ、私は人の言動(コトバ)というものを全然信じておりません。行動のみしか信じません。
    自分のなかでは「貸す」という行動自体が=相手を信用してる、なんですけど、逆に相手にも行動を求める、それが「サイン」なんですよね。
    あと、頭のなかでどこか、夫婦=元他人という図式があり、結局他人行儀なのかもしれません。

    >あらら様
    最初の「いいよ」は確かに相手に軽く伝わったと思います、そこは私も反省点です。
    「不思議がるほど世の中杓子定規にできていない」...ごもっともです。
    「自分なら信頼して、借用書無しで貸すのに」←これを読んでいて、自分は根本的に考え方が真逆だと気付きました。
    「自分なら口約束なんてあやふやなものは、明日すっぽり忘れるかも、借りたことすら忘れそうだわ...。(あぁ怖)」
    元をたどると、私は根本的に性悪説で物事を考えます。
    夫や父は性善説。妹も性善説。身内で借用書を使わないのがスタンダードとすれば、身内のお金関係はわりあい性善説的な発想なのでしょうかね。。。

    ユーザーID:0603293076

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 身内間の借金はしない方が良いです。

    ご主人や義父さんの気持ちを代弁すると

    家族なんだから、それぐらい貸してやれるべきだろ。なんで気持ち良く出してくれないんだ?ケチだな!と、思ってるんでしょうね。
    ましてやご主人は『俺が稼いだ金なのに』とイラついてるんだと思います。

    それにしても120万て、何に使うのでしょうか?

    身内間でのお金の貸し借りはできるだけしない方が良いです。
    1度でも貸すと、次に断った場合『前は貸してくれたのに』と、僻んできます。

    こちらが断る理由を言っても、相手には
    『頼んだのに貸してくれなかった』という残念さと憤りの感情だけ強くが残って『嫌な嫁』になってしまい勝ちです。
    どうしてもと言うなら、お金を差し上げるつもりでいた方が無難です。

    ちなみに、親がお金にルーズだと子供もルーズになりやすいです。


    以前、義母から40万貸してくれと言われたので、では借用書を書いてくださいと言ったら傷付いたらしく、息子である夫(今は別れて元夫)に愚痴ってきました。
    仕方なく借用書無しで貸したら、半年ほどして義母との共有の口座に40万返金してきました。
    でも、私がその口座から40万を引き落とさずにそのままにしていたら、数ヶ月後、口座は0円になっていました。
    義母が勝手に引き出していたのです。

    その息子である元夫もお金にいい加減で、私達夫婦の貯金に勝手に手を出し、パチンコ等ですり、ウソをつき、ウソがばれ、警察沙汰になり、信用を無くし、それが原因で別れました。

    ユーザーID:0826168301

  • 当たり前です。

    借用書書くでしょう!!
    それぐらいの覚悟だよね?(甘えるな!!)
    人に120万も借りるなら!と思うけど...書くぐらいならイイヤって事は、そんなに必要ないのかな〜って思います

    私は、借用書は取らなかったけど、姉に60万貸したけど返ってこず母が肩代わりしました。
    彼も借用書はなく、甥っ子に80万貸して、今は少し返せるときに払ってる様です。

    相手を見て貸す貸さないの判断はしないとね〜と勉強になりました。

    ユーザーID:2603372954

  • 面白い

    エールを押しました。
    借用書にサインするのをそこまで拒むってことは、そもそも返済する意思がないってことなんでしょうね。
    怖いです。
    やっぱり、貸してって言われたら必ず借用書を用意したほうがいいですね。返済の意思が本当にあるのかどうかの試金石になると思いました。

    私の夫は、私が支払ったお金もいつの間にか自分が払ってやったと脳内変換する人です。50万、100万単位のお金でも。
    いくら私が払ったと言っても、本気で「そんなことはない。」とか「自分が払ってやった。」と主張して怒り出すほどです。
    こんな人(私の夫)にはお金は絶対貸せないですね(苦笑)

    ユーザーID:7021338462

  • 私も経験あり

    結婚したばかりの頃に夫が「兄貴が金貸してほしいんだと」と言いました。夫と義兄は一歳違いの年子ですが似ているところが一つもないと思っていました。
    私は弱い体に鞭打って共働きを始めたところでした。私が働いているのは自分たちの将来の為で、遊び人の義兄夫婦の為ではありません。
    「借用書をもらってね」と言うのが精一杯でしたが「なんでそんな事を言うんだ。俺の兄貴だぞ」と怒られました。
    その直後に義母から電話が有り義兄が送金を頼んだ事が発覚しました。それも何度も数十万単位で義母からお金をもらっていたそうで主人は「兄貴たちは泥棒みたいなやつらだ」と言いお金を貸すことはありませんでした。
    義母は度重なる義兄の催促にたまりかねて夫に相談したらしいです。
    私はこんな事だろうと気が付いていました。このお金に対する姿勢は終生兄弟で変わりありませんでした。
    義兄は子供の大学進学費用も免許取得の費用も義母に出させて平然としていました。
    その子は立派な車に乗り費用は義母任せで「私の老後は無くなった。死にたい」と言わしめるまでとことん苦しめたようです。
    私の勘は当たり、一度もお金を貸すことはなく、今となっては当たり前ですが生活も格差が付きました。
    お金は魔物ですね。簡単に貸したり借りたりするものではないです。

    ユーザーID:5745571573

  • ハイリスクノーリターン

    つまりはなんやかんや言っても困ってる自分にお金をくれるだろう
    くらいの気持ちなんですよ。
    身内に限らず知人にお金を貸すっていうのはまず上げる気持ちでいなければ
    自分がつらいです。

    だって借用書があっても、返済計画書があってもそこに強制力はないから
    いやな気持にならざるを得ないですもん。

    私は子ども(しかも未成年)にしかお金を貸したことはありませんが
    「ハイーリスクノーリターン投資だね」
    と笑い話にしましたね〜

    なお簡単な借用書は取りました。教育と思って。

    ユーザーID:0190800702

  • トピ主です2

    貴重なご意見をありがとうございます。

    >あるある様
    貸さない派ですか。貸すと、貸した方だけなんだか手間がかかり大変ですよね。わかります。貸さないのがいちばん、もめごとが起きなくて済みますものね。
    私は貸してもよいのですが、借りたことと、返すつもりであること、返済方法を決めといてほしい(いちいち確認するのも手間)と思ってます。
    これ、世間ではいわゆる「冷たい」なんですかね...。

    >とおりすがり様
    感情の問題。これがきっと、夫や父の心情なんでしょうね。
    「父にも結局お金貸さなかったわ〜」と言ったら、夫は驚いていました。
    うちの母は、父に貸したお金がかえってこない!と時々文句言ってます。

    >neko 様
    エール連打!のお気持ちありがとうございます。120万なら借用書派ですか。お金って貸す側と借りる側にだいぶ温度差がありますよね。
    平身低頭...までは(笑)...されるとちょっと困りますが、とにかく貸す側を手こずらせないで欲しいというのが、内心あります。

    >花杖様
    貸し借りしない。
    このスタンスはいちばん問題発生しませんね。
    因みに120万は仕事用の部屋の維持費用です。貸してと言われたら、返して欲しいのが心情です。

    >とおりすがり様
    私はなかなか、とおりすがり様のようなスタンスには...あと100年位徳を積まねばなりません。
    誰にどう思われようが、やっぱり無理です。。。

    ユーザーID:0603293076

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 貸さない

    借用書を嫌がる人は返す気がない。あげてもいいと思っているならともかく、貸さないことです。
    うちは弟でした。親と同居しているお礼と思って渡しました。
    もちろんもらったものだと思っています。今は妹に無心しているらしい。

    ユーザーID:8317886397

  • 最低限のこと

    貸さないが基本ですが、借用書は最低限必要な当たり前のことです。

    私は親に貸すとき、しっかり書いてもらい、なぜかうれしかったです。
    親も当然のこととして書きました。
    そして、幸いにも返ってきました。

    トピ主さんのおっしゃる通り、行動が全て。
    自分が借りるときは、借用書、当然書きます。

    書かない理由が分かりません。

    ユーザーID:7832535431

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧