遺産相続について

レス15
(トピ主0
お気に入り300

家族・友人・人間関係

トピ主

4か月前に96で父が亡くなりました。
私は5人兄妹の長男です。

両親が私以外の弟妹には20年ほど前に生前分与としてそれぞれに家を買っており、
生前から実家は長男の私へ相続すると他の弟妹達の前で何度も父が話しておりました。

ところが父が亡くなった次の日に1人の妹から遺産が欲しいと早朝に電話がきました。
悲しむどころか遺産の話をする妹にあっけにとられましたが、そもそも納得いく性格をしております。

妹は15年前に亡くなった母のお金も独り占めにして金目のものは全て持っていっているのに、
今は調べに調べて裁判の準備もしているようです。

父の遺産は現金は全くなくあるのは実家のみです。
遺言状はないのですが他の兄妹は何も要らないと納得しているのですが、
どうしたらいいのかと頭を抱えています。

実家を売るつもりはなく両親の思い出があるので、
住むことを考えておりますが、やはり妹にはお金を払うのが当たり前なのでしょうか。
人間性に呆れてしまい、頭が回らないのでまだ具体的に動いていません。
アドバイスを頂けたら有難いです。

ユーザーID:4365029858

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今となっては

    妹さんの性格はわかっていたのになぜ遺言状を書いて貰わなかったの?
    調停・家事審判で解決するしかないようですね。
    受けて立てばいいのでは。無防備でしたね。

    ユーザーID:7025476825

  • 知識が無いと負け戦に…

    よく言われることですが、
    法律っていうのは、知って上手に利用する人に味方するんです。

    生前贈与された分は、他の相続人(この場合、主さん)が請求すれば、妹弟さんの遺産相続分から差し引かれますから、以前の生前贈与が今の家屋の1/3より多ければ、主さんは弟妹さんの相続分をお金で払う必要はありません。

    が、主さんに知識がなく、請求しなければ、遺産分割から差し引かれず、遺産は3等分になりますので、不動産の1/3ずつを妹弟さんに金銭で払うことになります。

    2つの違う結果ですが、どちらの分割も合法とみなされます。
    ちょっとした知識で何百〜千万、時には何億という違いが出るんです。

    自分以外の誰も主さんの権利を守ってくれません。
    誰だって、お金はほしいんですから、人がお金を欲しがるのをこき下ろしても、
    見方を変えたら、自分も同類だっていうだけです。

    本でも読んで勉強し、自分の権利を妹さん以上に上手に主張するか、
    それが無理なら、お金を使って、弁護士さんを雇われるようにおススメします。

    ユーザーID:4969491471

  • 裁判?上等じゃん

    妹にお金を払うのが当たり前かどうかは何とも言えません。
    すでに亡き母の遺産を独り占めにしているし、
    家も建ててもらっているんでしょう?

    亡父の遺産といっても実家しかないわけで、
    あなた以外の兄弟姉妹には「家を建ててもらった」という遺産が
    あるわけですから、なぜあなたが妹に(遺産として)お金を払う必要が
    あるのか理解出来ません。

    遺産相続を巡っての係争準備を始めているということですが、
    やるならやってみろ、で良いと思いますよ。
    こちらも代理人を立てて争う姿勢を見せればいいのです。

    他の兄弟姉妹(もちろんその妹にも)には家という遺産相続(生前贈与)が
    あるのに、あなたにはない、その代わり実家を相続。また母の遺産を
    その妹がほぼ独り占め・・これでその妹が勝てるわけないです。
    逆を言えば、裁判をやってもらった方が妹の敗訴はほぼ確実だろうし、
    その方が良いんじゃないかと思います。

    代理人同士で話をさせる。
    それで決着つくと思いますよ。裁判(審理)に持ち込むほどの内容では
    ないと思いますし、裁判所が受理するとも思えませんから。

    仮に、こちらが代理人も立てずに、しかも裁判所が訴えを受理し、
    審理が行われ、万が一あなたが負けたとしても、払う必要はありません。
    結審でいくら裁判所が「お金を払いなさい」と言ってきても、
    払う・払わないは自由です。つまりお金が欲しいその妹が、
    あなたに「取り立てに行く」しかないわけで、資産差し押さえの裁判を
    その妹が追加で提訴でもしない限り払う必要はありません。
    しかしそんな裁判こそ受理されません。

    ユーザーID:4422028445

  • 遺言状が無いと

    遺留分の請求は出来てしまうので・・・
    他のご兄弟にも協力してもらって
    妹さんを説得するか、いくばくかの
    現金で手を打ってもらうか
    しかないと思いますよ。
    普通に裁判するとトピ主さんが
    負けると思います。

    ユーザーID:1388583882

  • 妹さんに何があった?!

    残り4人に家を買い与えるとは!なんてリッチな一族なのでしょう…
    お金ってあると揉めるんですね…怖いですね。

    しかし妹さんは尋常じゃない印象がありますね。
    さらなる要求をしてくるなんて。しかも、すぐ。待っていたかのように。

    何かに取り憑かれていませんか?
    金食い虫の親族とか。見栄を張り続ける交友関係とか。

    私のような第三者から見た場合、妹さんにそうさせる原因を排除しない限り永遠に続きそうですけどね。

    ユーザーID:1419245793

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 気持ちはわかりますが…

    このケースは相続(争続)の典型的なケースです。

    法律的に処理するのが、遺産相続では原則です。
    その場合、相続権は5人の実子には平等に権利があり、
    誰も侵害することはできないです。
    ですから人間性云々の話を横に置くと、
    1/5は妹さんに支払う必要があります。
    また遺言状があったとしても、実子には遺留分があります。

    生前にどこの家庭でも遺産相続の話しはしづらいので
    先送りされてしまうのですが、そこが問題です。
    兄弟間の関係に相続問題を発生しないようにするのは
    親の責務なんですが、高齢になると頭と行動が伴わないので
    残念ながら、こういう面倒な問題が残ってしまうと思ってます。
    裁判をするにしても、負けますので潔く腹を決めるべきです。

    ユーザーID:4245907681

  • それほどご高齢でしたら

    遺言書を作って置いたらよかったですね…といっても、もう仕方ないですが。

    さっさと弁護士に相談してください。
    生前に、他のご兄妹に財産分与として家を建ててあげているとのことですので、それが事実であれば、それは遺産相続の先渡しとしてちゃんとカウントされます。

    仮に、4人にそれぞれ3000万円の家を買ってあげていて、相続されるご実家の価値が5000万なのであれば、
    差額の2000万円を5人で分けるという形になりますね。

    ただ、相続時に算出される不動産の評価額というものは様々な控除があり、存外に低く出るものです。
    現在の付近の相場に照らし合わせて5000万円相当と思っていても、評価額はかなり下がると思います。
    (だから富裕層は相続対策に不動産を購入するのです)
    それに対して、生前分与として家を買ってあげる場合は、支出した金額がマルッとカウントされますから、普通であれば、この場合、実家を相続するトピ主さんが実質的には一番高額な相続を受けられる立場なのですが…

    妹さんが裁判の準備をされておられるというのが不可解です。
    なにかとぴ主さんの御存じない事情があるのではないでしょうか?
    あくまでも単に強欲な方で、不公平上等で取れるものを取りに来てるということでしたら、戦わないとダメですよ。
    とりあえず証拠の保全(財産分与の記録)と、あとはほかのご兄弟の証言が有効でしょう。
    きちんとそろえて突き付ければ、逆に裁判にならずに済むと思います。
    ボンヤリ応対して、くみしやすしと思われれば、裁判になって、そのあと生涯顔も見られない間柄になりますよ。
    相手のためにもしっかり戦ってください。

    ユーザーID:8782052626

  • 特別受益の持戻し

    ってのを主張したらどうでしょう。
    つまり他の兄弟が住宅取得に両親からお金を出してもらっているのなら、それも含めた金額を父の遺産の総額として相続額を算定するのです。

    相続するはずの家の価値が二人のもらったものより多ければ、いくらか現金を渡すしかないのだと思います。

    あなたも弁護士にご相談になった方がいいですよ。

    ユーザーID:6834433526

  • 法的には

    残念ですがお金を渡すことになりますね。

    ユーザーID:3353010096

  • 専門家に任せる

    詳細な情報がないから何とも言えないですよ。

    相続専門の税理士に確認するのが一番です。

    かなり厄介な事例になりそうですね。

    ユーザーID:3260009997

  • お金は無い

    お金が無いから法廷相続分を妹さんの名義にする。
    当然毎年の固定資産税も払ってもらう。

    主様が弁護士を立てないならそういうしかない気がします。

    ユーザーID:6862545627

  • 妹の家

    実家の遺産が欲しいならば
    生前贈与した妹の家も自分にも
    権利があるからくれ〜言ってみては?
    家以外にも結婚式の費用や孫の学費など妹さんが持って行った金額
    調べて平等に請求されたいのか?
    これ以上欲張るなら妹がどんだけ損が伝えたらどうでしょうか?
    それと縁も切れる事も意味知る事もね。

    ユーザーID:1778117963

  • レス

    法律家ではありませんが。

    弟妹が買ってもらった家の価値の方が実家の価値より高いか又は同等なら
    実家はトピ主が丸々貰えると考えられます。

    但し、もし、
    弟妹が20年前に買ってもらった家より実家のほうが価値が高いなら
    差額分はお金を払うことになります。

    遺産の分割は、
    単に現存の遺産(実家)を等分するということではなく
    特別受益を巻き戻し、寄与分も計算に入れます。

    具体的には
    トピ主以外の4人の弟妹が20年前に父に買ってもらった家の代金を
    現在の貨幣価値に換算して巻き戻しを行って
    現在の遺産である実家と合わせた合計額を5等分する
    という考えになります。
    弟妹は既に20年前に買ってもらった家の代金を貰っていますから
    その分、弟妹の取り分は減らすわけです。

    もし
    20年前に弟妹が買ってもらった家以外にも
    何か特別に父から支援等してもらっていれば
    それも巻き戻して合算します。

    もし
    父の介護等をして父の財産の減少を抑制した人が貴方か弟妹にいれば
    それらの分はその人が多めに貰うことができます。

    ユーザーID:5276411917

  • 調停へ

    そのような妹さんのいるご心痛、分かります。

    妹さんは多分、甘やかされて育った、または、甘え損なったのではないでしょうか。
    トピ主さんに親御さんを重ねて見ているから、トピ主さんが何を言っても、どう説いても、聞こうとしないでしょう。

    もう、調停へ持ち込み、調停委員さんに説得してもらうのがいいかと思います。

    身内だとは思わないでください。
    姿かたちは可愛かった妹でも、別人になってしまったのです。

    辛いでしょうが、心を遠くに離し、クールに割り切って戦ってください。
    妹さんは、とうにそうしていますよ。

    ユーザーID:6551434556

  • 交渉事はめんどくさがってはダメです

    まずは自分で調べるだけ調べること
    次にいい弁護士さんを探して依頼すること

    妹さんへ買ってもらった自宅は生前贈与として
    カウントされる可能性が大きいですね

    しっかり財産を守ってください。

    ユーザーID:9529966603

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧