金持ちの子育て

レス106
お気に入り378

りんご

子供

トピを開いて下さりありがとうございます。

自慢でも何でもなく、むしろ切実に悩んでいるのですが、我が家は資産家ではないのですが、
夫も私もまあまあの収入があります。
わかりやすいかなと思うので具体的に書くと、世帯収入は2000万以上あります。

お金があることは、大抵いい事の方が多いように思いますが、子育てに関してはお金がない方がいいように思うのです。

お金ってあるとどうしても使ってしまって、
お金の大切さがどうしても子どもに伝わりにくいように思います。
自分は貧乏な家庭で育ったので、常に親に気を遣っていました。物一つ買うでもものすごく悩んだし、大切にして使っていました。

ですが、中学生になる息子たちは、物を壊しても平気な顔。
傘などは何本壊したか、なくしたか。
それ以外のものも、なくすし壊すことの多いこと。一番腹がたつのはそれに全くショックを受けていないことです。

性差もあるかもしれませんが、自分の子育てがまちがっていたと痛感しています。
お金がある家庭の方は、お金に関して具体的にどういう事に気をつけていらっしゃいますか?
資産家で現金はあまりないというよりも、うちみたいな中途半端に現金だけある家庭の方が難しいのかなと悩んでいます。

ユーザーID:3038449638

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数106

レスする
  • 周りの環境にもよるけど

    私の両親は医者で周りの人よりは裕福だったと自覚しております。
    ですが、親は基本的にお小遣いもなし。
    父親は私が幼稚園生の時に腹筋が10回出来たら10円くれました。笑
    これは私に筋肉をつけたいとかそういう事ではなく、自分の努力で得て欲しいからだったと思っています。
    己を追い込むのは辛い。甘やかすのは簡単。
    でも得るには何かをしなければいけない。

    祖父母達も自営業で、孫には甘いとは思いますが何でもかんでも与えるわけでなく
    仕事の手伝いをしたらお小遣いをくれました。

    それを大切に母に預け貯めて
    欲しかった筆箱や、鉛筆などを買っていました。
    ですから物凄く大切にしましたよ。

    無くしたらショックで涙が出るほどでした。

    お子様は、やってもらって当たり前精神ではないですか?親をナメてるのか?

    今からになるとかなりめんどくさそうですが
    金銭感覚や有り難みを知るために
    家事を手伝ったらとか決め事をしてはどうでしょうか…
    万引きなどされては困りますが。
    痛い目にあわないと分からない子もいますよね。

    ユーザーID:2260074199

  • それは躾がなってないだけでお金のあるなしとは別物です

    トピ主さん物を大切にするのは基本です。
    それはお子様をどれだけしっかり教育したのかにかかっています。
    お金の必要性と物を大切に扱うことを教えるのは親の役目です。
    親がしっかり教育しなくって誰がするのでしょうか。
    今トピ主さんの生き方が問われているのです。

    ユーザーID:4750746574

  • そうですね

    性差は関係ないんじゃないですか。
    小学生頃、開業医の娘と友人でしたが、彼女が給食で残したパンをぎゅーっとねじって、道端のゴミ箱に捨ててるのを見て衝撃を受けた記憶があります。
    うちでは私が持ち帰ったパンを、祖母がストーブで焼いて食べたりしてて、食べ物を捨てるなんてとんでもないって感じだったので。
    あと、その友人の家では学年誌や科学雑誌、絵本や児童書なども本屋が毎月、ふんだんに家に届けてくれるらしく、ふろくなどを気前よく分けてくれたりもしていましたね。
    うちはほぼ買ってもらえなかったので、その点はうらやましかったです。ただ、最初からふんだんに与えられてると、渇望するということがないので、その点はマイナスかもしれませんね。
    知的教育などかけるべきところにはかける、日用品などは大切に使うようしつけ、なくしても買い与えない、などのメリハリが必要なんだと思います。

    ユーザーID:3845097315

  • お金の使い方が下手なんでしょう

    お金持ちに質問なさっているのに、庶民が口出し失礼いたします。

    壊したらあっさり新しいのを買ってあげるからではないでしょうか。庶民の私だって、傘が壊れたら新しいのを買ってもらえるか修理してもらえると信じて育ちましたが、時には本やおもちゃなど、誕生日やクリスマスまで待たされるか、時期外れながらも「これは誕生日プレゼントとして買ってあげるんだよ。」と買ってもらった経験があります。(誕生日には本当に何もプレゼントはありませんでした。)小学校一年生の時に自転車が欲しいと言った時には、お年玉を貯めて自分で買いなさい、と言われてそうしました。両親に自転車を買うお金がなかったわけではないと思います。お子さんたちにそういう我慢の経験をさせていないのではありませんか。言葉でなんと言われても、ほいほい買いなおしてもらえるのなら、お金を貴重という言葉の方が嘘なんだと感じるのは当然です。

    トピ主さんが「お金があるとどうしても使ってしまう」のをやめる必要があるでしょう。そしてしっかり判断したのちに自分には高価な物をたくさん買うとしても、子供には「あなたにはふさわしくない」と買ってあげないなど、けじめをつければいいのではないでしょうか。お小遣いから買いなおした傘の代金を差っ引くのも教育だと思います。

    ユーザーID:7064088195

  • 物が豊かな時代だからね・・・

    どなたかもおっしゃってましたが、世帯年収2千万って、トピ主様がいう程そんなにお金持ちではないと思うのですが。大都市圏以外にお住まいですか?
    都内だったら家が高いから、便利な場所に4人で住むそれなりの家を買ったり、借りてたりしたら結構な額になるし。子供が私立だったりしたら、授業料や塾もそれなりにかかるし。そこまで余裕を感じる程ではないと思います。
    何はともあれ、今の時代、お金持ちであろうと無かろうと、物があふれている時代です。やはりそういう時代だと、物を大事にする気持ちは弱くなると思います。うちにも似たような息子がいて、特に贅沢はさせなかったけど、物は大事にしません。
    戦争を知っている親戚は、本当に物を大事にして決して捨てません。だから家はプチゴミ屋敷状態。
    でも今の時代は断捨離が流行る位、物をどんどん捨てるのを良しとしてますよね。もったいないと思っていたら、捨てられないもの。
    子供に言われるがまま、何でも買ってたら問題かもだけど、時代的な物もあって、物を大切にする気持ちを子供に学ばせるのは難しいのかもしれないですね。

    ユーザーID:8378153665

  • もとの性格が大きいと思う。

    こんにちは。
    我が家は世帯年収3000万で、よく旅行にも行き、欲しいものは必要と思ったら、すぐに買っています→子供の服やかばんなど。外食も週4日で行ってます。上の子にはおこづかいをあげていますが、子供のものも、私がいろいろ買っています。

    ですが、長女は小5ですが、昔からずっと無駄遣いを嫌い、欲しいものも高かったら絶対ねだってきません。小さいころからおもちゃを買ってあげても、「こんなことにお金を使ってほしくない。」と怒られました。
    本当に不思議です。逆にお金に執着するというか、ケチすぎて、心配になります。

    これは2歳ぐらいから、このような傾向があります。
    どう考えても、生まれつきの性格が関係していると思います。

    ユーザーID:1864307702

  • 金持ち関係ない

    世帯収入1000万超えてないですが、うちの息子もそうですよ。
    壊したら買ってもらえばいい、無くしたら買ってもらえばいい。
    傘なんて半年持ちませんし、靴もサイズアウトする前にボロボロです。
    学校で使う文具なんて、無くしたと言って買えば半年後に出てきたり酷い物です。

    なので、これは金持ち関係ないです。
    親のお金の使いたです!

    私は自分が浪費家だと自覚しています。
    欲しいものがあれば悩まずに買う。
    子供にも必要だと思うと、買っていたので、その結果です。

    なので、早めに正さねば!と思い、小学生高学年になりますので、お金の価値の話をよくします。
    この前は、携帯を紛失したため、紛失サポートに入っていたので本体代は不要でしたが、手数料や送料分はしっかりお小遣いから払ってもらいました。

    ユーザーID:2393878038

  • トピ主さんの問題

    ついつい子供に使ってしまうのはトピ主さんの問題であって、お子さんの問題ではありませんよね?

    私は親に「うちは貧乏だから」と、質素に、言い換えればせこく育てられました。
    なるべく無駄はないようにと育ちました。
    が、ある程度大きくなって知ったのは、親の年収は4000万以上であった事。
    自分の家は貧乏だと思っていたので、ビックリしましたよ(笑)。

    「お金があるとどうしても使ってしまう」のはトピ主さん自身の問題です。

    ユーザーID:4313891879

  • うーん

    うちも欲しいものは大抵手に入る生活です。
    物を大切にしないと言うよりも雑です。
    ですので、最初は与えますが修理や買い直しは自分で、と伝えています。
    私にとっての高級品であるスマホも最近の子にとっては当たり前の持ち物で扱いも雑です。
    私は割れたスマホを平気で使うのは絶対嫌で我が子にもそれは言ってあります。
    「スマホの画面が割れてそのままにするなら解約する。解約が嫌なら自分で店まで行くかして直すこと」
    と伝えていたらこの前お小遣いで直してました。
    店まで行くのは面倒だったようです。
    贅沢だなぁと思いました。私自身が「手間をお金で解決する」主義ですが子どももそう育ってしまったようです。
    ですが、自分のお金を使ったことで以前よりはスマホの扱いは丁寧になりました。
    こうやって少しずつ経験して成長するのでしょう。

    ガツガツしてないしハングリーでもないので進学校ですが今ひとつ成績が伸びません。
    「国立のみ」とか「下宿禁止」と言われている子の方が頑張ってます。

    お金の問題と言うよりも育て方の問題だと思ってます。

    ユーザーID:8471658984

  • 見当はずれ

    お金があるかないかの問題じゃないですよ、まず性質。
    そして子どもがお小遣いをためてやっと手に入れたモノじゃないから壊れても無くしても平気なんです。スマホは?持ってるならそれは頻繁に壊したり無くしたりしないんじゃ?なくてはならない大事なものだからです。


    男の子は扱いがおしなべて雑です。
    うちの息子が中高生の時に見ていて納得したこと・・男子は傘を無くす壊すのと自転車パンクさせるのが趣味である、です。


    無くす壊すっていったいなにをそんなに?
    その程度がよくわかりません


    お金がないほうが子育てには良いと思うのなら
    そのように生活すればいいだけのことじゃないですか?
    貯蓄が増えていいじゃないですか

    子どもにはうちはお金持ちじゃない、むしろ貧乏ですと言えばよろしい。

    ユーザーID:9071522865

  • レスします

    本当のお金持ちは物を大事にします。壊れても修理して使い、最後まで使いきります。
    逆にそこそこのお金持ちは無くしたり壊れたら買えばいいという方が多い気がします。
    お金に困っていないから、なくしたら買い替える、壊れたら買い替える、それを繰り返すのを見ているから、物を大事にしないしお金使いも荒くなるのではないでしょうか。

    もしかして、子供の時からお小遣いをただ与えるだけで、お小遣い帳をつけさせるなどのお金の管理を勉強させていなかったのではありませんか?
    毎月の額を決めず、お小遣いがなくなったら与えるを繰り返していたら、限りあるなかで遣り繰りする事は学べません。
    無くしたらすぐ買って貰える環境もいけません。
    私の従兄弟の子がそういう環境だったので、新しいおもちゃはしょっちゅう買ってもらってましたが、すぐ壊す、無くす、飽きるのも早いで、おもちゃや服がいつも部屋中に散らかってました。

    ユーザーID:4231387238

  • 今から教育を

    同じようなレスがついてるかと思いますが…
    お金の問題ではなく、育て方の問題です。
    壊したら物を大切にする事を伝えず買い与えておしまいにしたのは主様ご本人です。
    タレントの関根麻里さんは、愛用のリュックや財布をボロボロになっても使っていると夫であるKさんが言っていました。
    主様のご家庭より収入のある関根家でも物を大切にする事はきちんと伝えられています。
    今後、苦労するのはお子さん達です。
    ぜひ今からでも伝えていきましょう。

    ユーザーID:4808311228

  • トピ主です

    たくさんのレスありがとうございます。

    うちが大した金持ちではないのは重々承知です
    。子どもに資産を残せるわけでもないでしょうから、だから余計に悩みます。
    字数の関係上、詳しくは書いていませんでしたが、うちで一番お金をかけているのは子どもの教育です。
    習い事は好きにさせてきました。
    外食も殆どしませんが、競技スポーツをやっているので食費は他の家庭よりも多いと思います。

    モノは極力与えず、服も安いものですし、家は中古マンション、車も10年買い換えていません

    だけど、物をすぐなくすし、壊します。
    手袋なんかはワンシーズンもったことがなく、100均のものにしていましたが、最近はそれすら買ってやらないことにしました。

    先日は、サッカーボールの空気圧計を部活に持っていき、壊れてかえってきました。
    指摘すると、あーそれ壊れたわ みたいな態度だったので、私もブチ切れて取っ組み合いの大げんかになりました。

    夫もすぐ物を無くす、壊す人で、そういうのも影響あるのかもしれません。
    母親が質素だったというご意見が多くあり、やはり母親の影響が一番大きいのかと思いました。

    私自身はコツコツと仕事を続けてきたご褒美に、趣味のおしゃれを高すぎないブランドで、常識の範囲で楽しんでいます。
    服やピアスを買うくらいですけど、確かに他のお母さんよりは数を持っているかもしれません。
    友達とも月一くらいで遊びに行きます。
    お金を使うことはそれくらいです。

    それが子どもの勘違いを生んでいるのかもしれません。
    ほぼ1人で子育てしてきたため、ストレスの発散といえばそれくらいしかなかったのですが、たしかにしっかりしているお母さんというのは華美な服装はしていない方が多いように思います。

    比較的母親になるのが早くて、一生懸命ではあったけど考えが浅かったのだなと今になって思います。

    ユーザーID:3038449638

  • ホントのお金持ちって

    質素に過ごされてるかと思います。

    年収いくらだとか言わずに
    人の為にお金使われるんじゃないでしょうか?


    物を大切に使うことは
    生活するにあたっての、基本ですよ

    年収、数千万の方々は
    どなたを比較してるのでしょうか?

    いつも、疑問です

    よい子に育つといいですね

    ユーザーID:7018673009

  • 子供ってそんなものですよ。

    今の子供さん、多少の差はあっても、そんなものです。育て方を間違ったわけでもありません。
    しっかりしたお子さんもいるでしょうが、ほとんどの子がそうだと思います。ここは日本ですもの。
    ひどい貧困家庭などとは比べようがないですが、お金がある方がいいに決まっています。選択肢が違いますから。
    多額のお小遣いを与える等、極端なことをしていないなら、自分で働くようになれば自分のお金は大切にするものです。
    あまりに気にする必要はないかと思います。

    ユーザーID:4081816793

  • すごいすり替え

    お金があることがいけないのではありません。
    あなた方両親の「お金の使い方」と「子への教育」に問題があるのです。

    ダウンタウンの浜田さんにはご子息が2人いらっしゃいますね。
    昔、長男さんが学校の友達から「お前カネ持ってんだろ」とカツアゲされそうになった時、そのご長男は
    「親は持ってるかも知れないけど、俺は持ってない」
    と答えたそうです。

    言ってる意味、分かりますよね?
    教育次第です。

    ユーザーID:0927301379

  • お金の有無ではなく、価値観や行動が全て

    資産家ではありませんが、世帯収入トピ主以上の家庭で育ちました。
    祖父母もそれなりの収入の家庭でしたが、母親は堅実でしたよ。
    なんとなく、お金がない家庭で育った人の方が子育てに余計なお金をかけているように思います。
    お金がある事が当たり前になると、敢えて見栄を張るためのお金の使い方はしません。

    ユーザーID:5892432478

  • 親を映す鏡

    あなた方夫婦がどういう子育てをされているのかは分かりませんが、問題は家にお金があるのかどうかではなく、親であるあなた方のお金に使い方だと思われます。

    親が物を大切にする家庭では子供も親の影響をうけるので自然と物を大切にする感覚を学び取ります。

    ご主人の事が書かれていませんが、ご主人も物を大切にする人ですか?

    中学生なら傘くらい自分で買わせたらいかがですか?

    高価なものはこれを失くしたら次は自分で買えと言う。

    親が変われば子供も変わります。

    ユーザーID:0668215733

  • 親の姿勢、価値観の違い

    友人の家は資産家で、ご両親経営者で、大金持ちです。が、彼女は一般の人と結婚をし、一切親からの援助はなし。ですが、お父様の相続でかなりもらったらしいですが、生活は変えない。

    それは、彼女の親も彼女も「親が稼いだお金。」という意識を持っているから。
    家族旅行は、両親はビジネスクラスか、ファースト。でも子供たちはエコノミー。たまに親が見に行き、周りの人やCAに「うるさかったら、構わず叱ってくれ。」と言っていたそうです。理由は、子供を旅行に連れて行くのは世界を見せるため、良い気持ちにさせることではない。と、彼女のお母さんは言ってましたよ。

    一方で、ツアーに参加した際、エコノミーでも60万ぐらいしたところでしたが、小学生の子供が親と一緒にビジネスでした。生意気でまるで自分で稼いだような使い方で、親への態度も生意気。
    最後のころは、中でも浮いてましたね。夕飯の時、年配の方がお母さんにおっしゃってましたよ。
    「子どもを勘違いさせたら、なかなか治らない。それは躾ける人間が勘違いさせたから。御嬢さんはわざわざ、こんな秘境に来たがったのか?」
    すると父親が、「もう行くところがないほど行った。」すると、年配者が「頭には入ってないと思うよ」と。

    今の時代子供はどんどん親の躾、価値観で差が出てきます。
    電話一本、きちんと取れる子が入社した場合、飛び跳ねるほどうれしいと言った人事の友人の言葉がよぎります。
    自分でスマホを持つ時代、たかが電話、されど電話、すべてにつながっていくのが躾です。

    ユーザーID:2479317705

  • そんなもんよ

    思春期(?)の男子。
    そんなもんよ!腹立ちますよね。

    お金に余裕があろうがなかろうが、粗忽な男子のモノに対する扱いの悪さや失くしものの多さや親に対する生意気さは変わらないと思います。

    もちろんそうじゃないお子さんもいるでしょうが、周りの男の子のお母さんたちによくよくきいてみるといいですよ。(収入の話はもちろんなしで)
    かなりの確率で、そうそうそうだよねーうちもうちも、という話になると思いますよ。

    教育の問題じゃないと思います。

    それと、これは蛇足ですが…思春期男子でそのへんすごくきちんとしている子は、何もかもきちんとしていて、要求水準も高く、将来パートナーが大変なんじゃないかななんて思ったりします。(夫がきちんと潔癖派で時に息苦しいので…息子はだらしないですが)

    ユーザーID:5121872030

  • あなた方ご夫婦の行動

    親の生活態度で決まると思います。
    欲しいものを我慢させずに買い与えていませんでしたか?
    お金があると子育てに良くないのではなくて、躾の問題です。

    子育てと躾には、物やお金は少し足りないくらいがちょうどいい、愛情は溢れるほど、と教えられました。
    我慢させることと、お金や物を大切にすることは一体です。とても大切な事ですよ。

    お子さんたちは、物を壊しても失くしても、また買ってもらえると知っているから、そういう行動をとるのです。壊した、失くした、で困ったことがないんじゃないですか。
    それは全て、親の生活態度を鏡にしていると思いますよ。
    困った経験をさせなさい。そうでないと、お子さんたち、将来つまずきますよ。

    ユーザーID:2424898229

  • 間に合いますよ

    じっくり考えてみましたが、原因として可能性が高いのは

    ・親のお金の使い方がゆるい(基準が不明確、欲求を簡単に満たす)
    ・お金を使う価値があるものは何か、教えていない
    ・使えるお金は有限である、と教えていない
    ・お金を稼ぐことは大変だ、稼いだお金は大切だ、と教えていない

    こういった所ではないでしょうか?

    我が家も年収はトピ主さんに近いですが、
    子供が4歳の時に、ものをなくしたり壊したりすると
    「じゃあまた買おう!」などとあっさり言うのを見て、
    「これはまずい」と思いました。
    なのでトピ主さんのお悩みはよく分かります。

    我が家の場合、本は無制限に買ってあげる方針でしたし、教育と子供服にもお金をかけていました。
    外出時のお茶(おやつ)にも気前よくお金を使っていました。
    また手土産やプレゼントなど、交際費もかけていました。

    逆に節約していたのは食費、親の娯楽費、通信費、交通費などです。

    ですので子供からは節約の部分は見えず、見える部分では気前よく使っており、
    また基準について、金額について、バランスについて、まだ教えていませんでした。
    そこで少しずつ、わかりやすく説明するようにしました。

    またお金を稼ぐのがどれほど大変か、
    それを全部使ってしまったらどんな問題があるか、
    じっくり話して聞かせました。

    一緒にスーパーやドラッグストアに行き、物の値段について話して聞かせ、
    「栄養のある食品、害のない食品にはお金をかける価値がある」
    「人を喜ばせるためのお金は、高すぎなければ積極的に使って良い」
    「おもちゃやおやつなど、自分の楽しみになるけど必要では無いものは、使い過ぎない方が良い」

    そして使う際に「こうやって頑張ったから買えるんだよ、ありがたいね」
    「ありがとうって思いながら大事に使おうね」と話しました。

    まだ中学生なら、じっくり話すことで変わると思いますよ。

    ユーザーID:6963358188

  • 難しいですよね。

    断捨離が流行ったり、ミニマムライフが流行ったり、
    ものは所有せずに必要なときだけ持つほうが賢いという世の中では
    ものを大切にする心を育てるのは昔以上に難しいと思います。

    ユーザーID:8071510934

  • 結局こういう

    子供の生活感って「現状の親の背中の生き写し」になるんじゃないかと思ってますね。

    過去貧乏だった状態を子供は知らないわけで、そのつもりで生活しろと言われても無理ですよ。
    質素倹約を身につけさせたければ自分たちも一緒にそういう生活をしましょう。となりますが、きっとそれってトピ主夫婦は文章を読む限りはできないと思いますね。

    「昔がんばったんだから、私たち(少なくとも私)は昔ほど貧乏生活をするつもりはない」
    この気持ちがある限り子供はその気持ちの上に成り立つ生活環を獲得していくでしょうよ、裕福・貧乏関わらず人間として当たり前というか。

    ただそういういわゆる昔に比べて裕福な生活が悪いことなのかと言われると、そんなことはないとも思いますね。

    誰の何に焦点を当てて人生を過ごすか?っていう観点で幸せを最大化すればいいのでは。という感想に落ち着きますね。

    子供に質素倹約を覚えてもらうにはどうしたらいいか悩んでおられるみたいなので一応。
    「お金は墓場まで持っていけないから生きているうちに使わないともったいない」。この考え方から脱却してトピ主夫婦も一緒に質素倹約して生きることができれば、子供に質素倹約を教えるにはプラスになるとは思います。

    ユーザーID:0909443655

  • レスします

    結局の所、品物の金額に関係なく、物を丁寧に扱うように躾してこなかったご両親のせいだと思います。

    我が家は母は普通でしたが父が躾に厳しくて、箸の上げ下げはもちろん、物を投げたり本を手荒に扱ったら物凄く叱られました。
    お茶碗にご飯粒を一粒でも残してご馳走さますると、食べ物を粗末にするなと叱られました。
    そういう風に躾されたせいか、私には兄も弟もいますが二人とも程度の差はあれ、物の扱いは丁寧な方だと思います。

    比べて母方の従兄弟の親はそこまで厳しくはなく、本は買って数日でページが折れ、一ヶ月後遊びに行くと本の綴じの剥がれが目立ち、半年もするとぼろぼろになっていました。
    全巻揃っているはずの漫画も家中あちこちに散らばっていました。おもちゃもすぐに壊し、学校の教科書もぼろぼろでした。

    ちなみに父はお金使いは荒く、しょっちゅう会社の方と飲み歩き、欲しい本があればお小遣い以上に買う人で、母は滅多に遊びには行かせてもらえず、新しい服なども滅多に買わない人でした。
    でもたまに父が指輪やネックレスを買ってくれていたらしいです。

    ユーザーID:4231387238

  • トピ主さまもお子さんも正常です

    こう見えて学習塾講師です。
    私の目には全く普通に映ります。
    手袋なくす?
    寒ければ軍手でいいじゃないですか。
    空気入れ壊してケンカ?
    それだけ消耗したんです。
    子育てはお金がかかります。
    大人の目から見てつまらないことで物が必要なことは男女問わずあります。

    そんなもんです。
    健全に成長なさっている、立派なご家庭のお子さん達です。

    ユーザーID:0329771040

  • 間違いというか

    職場に金持ちの一人娘がいます。
    服はブランド物を着ることが多いですが、大量にある訳でもないし、自分の給料でしか買わないそうです。
    ネックレスとカバンはご両親からのプレゼントだそうで、ハイブランドの…買えません(笑)という相当なお品を持っていましたが、節目の記念の時に親からプレゼントでもらったとか。その品物を買えるのはさすが金持ちといったところですが、普段は特段高価なものを買ってもらったりとかなかったそうです。
    それを贈ってくれたのは、お店でキチンと手入れをしてくれるし、一生モノとして数少ない高価なものを大事にして欲しかったからだそうで。作りが違うから、中途半端なブランドや衝動買いを大量にするのではなく、意味のあるものとして無駄使いをさせない為らしいですよ。
    家族旅行は稼いでいる両親の希望やリフレッシュ目的もあるから、良いところに行ってたみたいですが。
    要は使い所でしょう。

    間違ったなんて言わず、今から矯正しないんですか?
    ものを大事にせず、いつでも欲しいものが手に入るのは子育てを間違ったのではないと思う。子育て間違った・って子どもに責任負わせて匙投げているみたいです。
    何でも与えられたというのは、現金のあるなしじゃなく、もっと収入が低い世帯でも起こっている事です。
    つまり、親が子どもに好かれるために手っ取り早く物をあたえれば、子どもが懐いてハッピーまたは楽チンとどこかで感じていたからでは?親の手抜きなんですよ。

    今からするのは、与えないこと。
    与えてもらうのが愛だと信じてしまったお子さんから見れば裏切りであり、嫌われる行為です。
    しかしそれが諭すことを避けて手早く子どもの心を手に入れようとした親のツケです。
    長い戦いになりますが、頑張って。

    ユーザーID:2950533507

  • あえて修理したらどうでしょう

    100均の傘が壊れても、あえて修理屋さんで何千円かかっても修理して1つの傘を使い続ける。
    壊れない為にも傘は丁寧に扱う。床に置いたりしない。

    玩具が壊れたら子供がいる時に何時間もかけて親が修理姿を見せる。直らなかったら、また次の機会に根気よく直す姿勢を敢えて見せる。買い直す時には、子供と一緒に修理してみる。
    壊れた物を簡単に捨てない。

    親がジュエリー沢山持っていても、それを大切に磨く姿を見せる。子供がいる時にリビングで1つ1つのジュエリーを丁寧に磨きましょう。小さい子供なら一緒にしたいと言ってきますよ。その時にこのジュエリーはいついつ買って、どれだけ大切にしているか教えるのです。数の多さは関係ありません。私の母は数は少なく粗末に扱う人でしたが、祖母は数も多かったが物を大切にする人でした。

    子供が大きいのなら一緒にジュエリー買いに行くのも良いですね。即決で買わず、あえて何日も何回も見に行き吟味して買うのです。

    服も修理しましょう。着なくても教育の為に修理してもらうのです。そこにお金かけましょう。

    ユーザーID:3527218668

  • 生まれつきに見えます

    ・よく物をなくす(不注意)
    ・よく物を壊す(身体の使い方が不器用、微細運動が苦手)
    ・父親も同じ傾向

    となると、育ち方と言うより、脳の器質的な遺伝だと思います。
    (障害という意味ではなく、親子が似ている、程度の意味です。)

    私の夫は素晴らしく物を大事にする人です(デニム15年とか靴10年とか)が、良いものを買って長く使うタイプです。
    息子さんにこだわりのあるタイプなら、例えば傘はモンベルの折り畳み(軽量コンパクトで振るとすぐ水切り出来ます)を渡して、その快適さに目覚めさせたら、大事にしませんかね…??折り畳みなら常に鞄の中か家で干す、となりますから、無くしにくいのでは。

    或いは、漫画『インベスターZ』を読ませるとか。
    時は金なり、で、お金の無駄遣いは時間の無駄ですよね。
    ご両親に似て賢いお子さんでしょうから、物を無くしたり探したりすることの馬鹿らしさに開眼するかもしれません。

    ユーザーID:4973793399

  • トピ主さん面白い方ですね

    >>お金を使うことはそれくらいです。

    「金持ちの子育て」というタイトルでトピを上げておきながら、「お金の使い方が荒いんじゃないの?」と突っ込みが入ったら「そんなに使ってません」って。

    じゃあ「金持ち」関係ないじゃないですか。
    お金があるから、物を失くしてくるわけじゃない。

    まずは、ちゃんと「原因」を分析しないと「解決」出来ませんよ?

    心配なのは「いじめ」ですね。

    うちの息子は一時期、水筒を頻繁に失くしてくることがあって、真っ先に「同級生に隠されたりしてない?」と突っ込みました。
    「持ち慣れない物だから、忘れちゃうだけだよ」と言うので、水筒持たせるのは諦めて、ペットボトルの飲料を渡すことにしました。忘れてきても問題ないですから。


    注意力の無い子もいます。

    壊してくるのなら、壊されたら困る物は渡さないことです。
    取っ組み合いのけんかになるほど大事な物なら、持って行かせないしか手はありません。
    さっそく、息子さんの部屋を点検して「壊されたら困る物」をすべて回収してください。

    「もったいない」という気持ちが育ってないんじゃないです。

    物の管理の仕方を覚えていないんです。
    最近は片付けを子供に覚えさせるのはエリート教育とかで、子供向けのお片づけ教室などもあります。

    親子で参加して「物が無くならない管理の仕方」を一緒に勉強してはどうでしょう?

    トピ主さんは「自分が子供に言うことをきかせなくてはならない」という意識が強すぎるんだと思います。

    子供は自分で育ちます。親が無くても子は育つと昔から言いますでしょ。
    親がすることは、木の上に立って見守ることです。そういう字でしょ「親」って。
    支配欲を捨てたら、別の面も見えてくると思いますよ。力を抜いてください。

    ユーザーID:6960947806

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧