金持ちの子育て

レス106
お気に入り379
トピ主のみ2

りんご

子供

このトピのレス

レス数106

レスする
  • あろうとなかろうと

    傘を無くした、〇〇を壊した、その時にすぐに買い与えなければいいのです。
    もう中学生にもなるならいい加減物を買うことはお金が必要だと言うことは十分理解してると思います。ではそのお金はどうやって手に入るのか?
    早い人なら幼稚園からやらせてますが、お手伝いとか何か働いてもらう対価でお金を渡し、そこから買わせればいいんです。もちろん1回で買えるような対価を払ってはいけません。数回で買えるぐらいの対価を渡すんです。それならお金を稼ぐ大変さがわかり、物を大切にするでしょう。
    先にも書きましたが、これらは早い人なら幼児からさせてる人もいます。
    中学だと部活だ、塾だと忙しいかもしれませんが、無くした本人が悪いんです。そこは甘やかさずに厳しく!
    ずーっと買い与えてるだけだからダメなんです。
    いい加減あなた達も考えを変えましょう。

    ユーザーID:9155344533

  • 何言ってんですか。

    >子育てに関してはお金がない方がいいように思うのです。

    本気で言ってます?お金がないと、学費出せないんですが、そのほうがいいと?

    物を大事にするのはお金の有無ではなく、親の教育スタンスの問題でしょ?

    アナタのしつけが悪かったのを、お金の問題にすりかえないでください。

    私自身は、資産家ではないものの、東京の大企業サラリーマン家庭の子供として育ち、お金の心配のない子供時代をすごしましたが、自他共に認める「物持ちのいい人」です。

    ユーザーID:5118471647

  • 2000万年収は、今や資産家でない

    一昔前の年収1000万家庭より、生活レベルは低いですよ。

    何故なら、息子が年収2000万です。貧乏なので、物は大切にしています。自家用車もなく、電車と自転車ですよ。

    傘等の雑貨も、以前は日本製で修理がきく物でしたが…現在は修理するより捨てるサイクルになって居ますね。

    一昔前:
    年収1000万で、1投資用マンション三室(ローン)→マンションを売却→土地を買ってビルを建築。

    2別荘購入(ローン)

    3自宅新築(ローン)

    全て完済。

    現在は、年収2000万あっても、これだけの資産形成は出来ません。

    ユーザーID:5658920358

  • 単純に生活レベルの話です。

    トピ主さんのお子さんたちが、ずっと同じ水準の生活を続けられる保証があるのなら、そのままでいいんじゃないでしょうか。

    そうじゃなくて。

    自分で稼ぐようになったら、とても、この生活は出来ないということなら、トピ主さんの生活レベルを将来、お子さんたちが稼げるであろう金額に合わせておいたほうがいいと思います。

    上がった生活レベルを落とすのはつらいものです。
    本当に貧しい人は滅多に自殺などしませんが。
    生活レベルを落とさなくては暮らせないとなった人は簡単に死にます。
    だって、つらいですもん。

    友人は特に裕福というわけでもないけれど、実家暮らしで生活費を入れず、稼いだお金は全部お小遣いだったので、お母さんが亡くなって生活費を出さねばならないとなったとたん「死にたい」と言うようになりました。

    そりゃ、毎月のように行ってたコンサートに行けないばかりか、カフェに入るのにもためらうくらいお金が無いのですからつらいでしょう。

    ご飯の炊き方から質問してきて、2年かけてようやく「普通の日常生活」を手に入れました。

    別の友人は長屋のようなところに住んでいて、いかにも貧しそうですが、実は家とか車とか洋服とかにお金をかけないだけでけっこうなお金持ち。
    「相続のときには子どもたちびっくりするわよ。うちが貧乏だと思ってるから」といたずらっ子のように笑っています。

    いや、その前に介護が始まったらバレるだろ、と思いますが、本人が楽しみにしているのですから、黙ってます。

    世帯収入2000万円は多いようですが微妙です。
    お子さんが死ぬまでの生活費は残せないでしょうし。
    かといって、お子さんが発奮するほどお金が無いわけでもないし。
    たぶん、お子さんが大学生になって、自立でもしようものなら火の車じゃないですか?
    単純にお子さんの一人暮らしに年間360万円かかるとしたら、ご自分たちの生活費は半減しますよ?

    ユーザーID:6960947806

  • これからでも学ぶ機会はある

    私の実家も資産家ではないですが、両親ともに医師だったため、割と裕福に育ててもらいました。ただ、非常に質素な両親だったので、華美な服装、高価な持ち物、豪華な外食、旅行などは一切なく、教育費(ずっと公立ですが院まで行きました)などは惜しまず使ってもらいました。日々の生活も質素なものでしたが、節約をしていたという感覚はあまりありません。ということに気づいたのは、大学院生の時奨学金を受けて海外に留学をする機会に完全に独立し、自分の力で生活するようになってからでした。

    博士号を取得し仕事を得るまで何年間もかなり限られた奨学金、その後はバイト代だけで物価の高い国で生活しなくてはならなかったので、毎日の生活の1つ1つの小さなものにもこんなにお金がかかるのかと実感できました。おかげで、無駄をできるだけ出さずに安い食材で満足できる食事を作ったり、電気はこまめに消すようになったり、交通費がもったいないので一時間ぐらいなら徒歩で行くようになったり、安く買った服を何年も何年も着たり、色々な工夫をして、物を大事に使うようになりました。休日もお金を使わないでどうやって友人や彼氏と楽しく過ごすかを考え、お金を使わなくっても楽しい生活ができるのだと理解できました。

    今は自分の年収も1000万を超えましたが、当時からの節約癖は抜けず、おかげで完全自炊、何時間も歩く毎日を続け、健康も得ていると思います。息子さんたちも自分で物やお金の価値に気づける環境に身を置く日が来ることを願います。

    ユーザーID:7654461008

  • うちの夫がそうです

    わかります。うちの夫もご子息のような感じです。
    義父母は共に資格職でバリバリ働いていたのでお金はかなりあった、
    という点もトピ主さん宅に近いです。

    なんか情が薄いんですよ。ものに対しても、人に対しても。

    人の思い入れや思いやりが詰まった物についてもそんな感じなんです。
    例えば私の母がわざわざ選んで買ってくれた花器を
    「最近使ってないよね?邪魔だから捨てようよ」「使いたくなったらまた買えば良いよ」
    と言ってしまう、など。
    平然と捨てようと言うだけでなく、邪魔とまで言ってしまう思いやりの無さに、
    だったら私に言わないで誤って破棄してしまったことにしたほうがマシ
    等と泣きながら諭したり抗議したりしたことも何度もありましたが、
    反省しても何度もそういう言動を繰り返すので諦めてます。
    (アスペルガーというわけではなさそうです 物についてだけなので)

    ただ、なんでも手に入るお金持ちだからこうなった、というわけではないと思います。
    なぜなら私も裕福な育ちですが、物も情も大切にする性格だからです。
    性差ではないと思います。私の弟も物を大切にするので。
    それに逆にあまりお金がなくても物や人を雑に扱う人って多いですよね。

    まあ大抵の物はお金でまた手に入るので、トピ主さんの持論も理解はできますが。

    生まれ持っての気質もあるとは思いますが、やはり親の姿勢かなと思います。
    義母は物をポイポイしたりせず、一見大切にしているように見えますが、
    私が見ていると、本質的には色々なことを大切にしていない感じがするんです。
    うまく説明できませんが。。

    私は自分の子どもには「お母さんはこの石がすっごく大事なの、だって○○が見つけてくれたから」
    とか
    「今日は空が泣いているみたいね」とか情緒的なことを言ったりしていますが、
    まだ幼児なので今後どのようになるかわからず、、アドバイスは難しいです。

    ユーザーID:7120571464

  • 性格か、育て方か

    お金があるかどうかより、親のお金の使い方や躾で変わってくるように思います。

    物を大切にする躾をしているかどうか、
    あとは、躾をしていても子の性格的に雑で、親の思う通りには育っていない場合もありますよね。


    私の親は士業(後から聞いたところ年収3000万ほど)でしたが、暮らしぶりはいたって質素でとても堅実でした。
    家も車も中古でしたし、服やバッグなどもデパートの平場で地道な物を買って、それを長く大切に着ておりましたので、親の職業を知らない人からはお金持ちには見られていなかったと思います。
    子供の私が何かをねだっても、必要かどうかだけで判断され簡単には買ってもらえませんでした。
    食事と教育は制限なくかけてくれましたが。

    そんな親に育てられたので「もったいない」という考え方が染み付いております。

    ただ私の娘は、物を大切に扱わず手を焼いております。
    繰り返し言い聞かせていますし、簡単に与えてもいませんが、物欲は高いのに大切にせず次々目移りするのです。
    これはもう性格かなと思っています。

    ユーザーID:6810051653

  • 収入じゃなくて教育の仕方だと思う

    ダブルインカムで2000万ってそれほどすごい収入でしょうか?(嫌味とかではなく、本当に。)
    一人1000万ということですからそこまで多いわけではないと思います。
    ディンクスでその収入なら余裕もあるでしょうが、家族4人ですからねえ。
    お金持ちって言うのかな・・・?

    それはさておき、子供たちが物を壊したり失くしたりしても平気なのは
    親の年収よりも普段からの家庭での教育の影響だと思います。
    壊しても無くしても、買い与えなければいいのです。
    あるいは何度も平気で繰り返すならペナルティを与えるとか。

    物を大切に扱うことを教え、親自身もそれを実践する。
    「足りないから、不満だから、失くしたから」という理由で次々新しい物を買わない。
    お年玉などの管理の仕方を教えたり、お小遣い帳をつけさせるとか、いくらでも方法はあるのでは?

    私の兄弟は夫婦共働き(夫婦の年収は同じくらい)で世帯収入は3000万以上ですが
    子供達に贅沢などさせてないし、特にお金がある風でもないですよ。
    車は国産車だし、子供服はGAPとかだし、タオルやシーツもノーブランドの物です。

    方針としてあまり過度に物を買い与えていないようにしていると。
    余分なお小遣いや必要ないプレゼントもあげていません。
    その変わり住環境や教育や家族旅行にお金をかけているようです。

    >お金ってあるとどうしても使ってしまって、
    >お金の大切さがどうしても子どもに伝わりにくいように思います。

    この『どうしても使ってしまう』のは誰ですか? 親なのか子供なのか。
    子供だとしたらお金を与えすぎてるからいくらでもあると思って使うのでは?
    それこそあなた方夫婦の教育がまずいのではないでしょうか。
    「我が家はあなた達が思っているほどお金持ちではない」と、事実を子供たちにしっかりと伝えてはどうですか?

    ユーザーID:4293173694

  • パパはお金持ち、ママは貧乏

    まず、子供の持ち物ですが基本的にお年玉とお小遣いで買わせます。
    傘を壊してもそこからです。

    トピ主さんはお小遣い制度ではなくて、必要なものを買ってあげているのでは。

    そして、私は夫から生活費を貰っているのですが、節約している(つもり)
    なので、娘は私は締まり屋だと思っている節があります。

    夫は多少の浪費には甘いので、洋服が欲しいとか、高いレストランに行きたいなどは、娘は夫に上手に甘えます。週末は、ほとんど外食ですが夫が支払います。

    これが、私も甘くて夫も甘いとうまくいきませんが、私にはねだってこないし、
    周りを見て大学生になってからはバイトでかなり稼いでいます。

    子供が大学に入学した時に、4年分のお小遣い、教科書代、晴れ着代、定期代その他一切合切の親の援助という形で、数百万円渡しましたが、小遣いはアルバイトが決まるまでの2か月以外は引き出していません。晴れ着も、かなりお手頃価格のものを選んでいたしで、かなり余りそうです。

    ユーザーID:0922560301

  • 怒らないの?

    お子さんが物を壊したとき、怒らないのですか?

    子育て失敗というより、子育てを放棄した結果ですよね。

    物を壊してはいけない、物を大切にしないといけない、と言うごく普通のことを教えてあげないなんて、一種の虐待ですよ。

    今はまだ壊すのが物だからいいですが、お子さん達が大人になったら彼女や妻に手を出さないですかね。

    お子さんを犯罪者にしたくない、犯罪者の親にはなりたくない、と思うのなら今からでも育児を頑張ってください。

    とりあえず、物を壊したり、なくしたら怒りましょうよ。
    もう中学生ですから、主さんの言うことなんて聞かないかもしれませんが、それでも頑張ってください。

    そして、壊された物、なくされたものは簡単に買わない。
    傘なんてなくても大丈夫なんだから(濡れるだけ)、新しいのなんて買わなきゃいいんです。

    新しい物が欲しいと言ったら「自分で直しなさい」「諦めずに探してきなさい」でいいでしょ。

    直しても駄目だった、探したけど見つからなかった、場合に新しいのを買えばいいんです。
    もちろん、努力したかも見るのですよ?

    主さんは「子供を甘やかしちゃったわー、子育て失敗ね」と軽く思ってるんでしょうが、傍から見たらお子さん達の将来が心配です。

    今が最後のチャンスだと思いますよ。
    ところで、ご主人は何をしてるのですか?
    育児にはノータッチですか?

    ユーザーID:5009000115

  • 単にお子さんの性格の様な?。

    >お金ってあるとどうしても使ってしまって

    何故お金があると「どうしても」使ってしまうのでしょう?。
    もしかしたらトピ主さんが貧乏な家庭で育ったのなら、今は其の「反動」でお金があればあるだけ使ってしまうのではないのでしょうか?。
    子供の頃お金が無くて買えなかった分、成長してから大人買いが止まらないという人もいますからね。
    逆にこういう方は稼ぎは良くてもお金持ちとは言えないですよね。

    お金も必要なものなら使うべき、無くした物が生活に必要なら買うべきです。
    子供が物を無くした時は探そう、壊したら直そうって事はせず、すぐ買い与えて来たと言う事だと思うのですが、思うにお子さんは金持ちの子供だからと言うより単に不注意(失礼)だけの様に感じますが?。

    私自身は金持ちではありませんが親がトピ主さんのおっしゃる中途半端な金持ちでしたが、物を無くしたり壊した事滅多になかったです。
    また何か欲しいものがあれば親も買ってくれたかと思うのですが、何せ子供の頃から物欲の無い子供で親が何か買ってあげると言っても「要らない。」と言う子供でした。
    親はこれと言ってお金に対し躾してなかったと思います。
    大人になって自分も働くようになっても数千円の洋服買うのに暫く悩んで結局買えない様な貧乏臭い大人です。
    おかげで大金持ちでは無いし収入もトピ主さんご夫婦や我が両親に比べれば月とすっぽんですが、お金使わないので貯まります。
    家もローン無し、親の援助も一切無く購入することも出来ました。
    あ、物欲無いと書きましたがマイホームだけは欲しかったです。

    ああ、失礼しました。自分語りしてしまいましたが、先述したようにお子さんが頻繁に物を無くす、壊すのは性格だと思います。
    学校の提出物とか学校からの連絡書類や宿題とかは無くす事無いのでしょうか?。
    これらの物も無くすと言うのなら、やはり性格と思います。

    ユーザーID:9304004419

  • むやみに与えない

    与えなければいいだけでは無いですか?
    無くしたら次は買わないからねとか
    お小遣い決めて必要なものは全部それで買いなさいとか。
    お小遣いもただあげるのではなく
    お手伝いをしたらあげるとか。


    確かにお金持ちだからこそってあると思います
    友人の話ですが親が開業医で自身も私立の医学大で薬剤師になった子が居ますが
    一人暮らしの費用や買うものなど全て親が出してくれてお金に困ったことなどないので
    大学出るまでバイトもしたことありませんでした
    それでいざ就職したら
    人間関係がなんちゃら…で1年で辞めて親の病院で働きだしました。

    結構いますよそういう人
    世の中の大変さを知らない人間になってしまう可能性がありますので
    今からでも方針を変えてみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:7959730134

  • 者の大切さを教える

    者の大切さを教えるのに、貧富の差はないのではないですか?

    私は両親ともに専門職に就き、高学歴高所得の家庭に育ちました。年収はトピ主さんのところの数倍上です。でも、私はうちがお金持ちと感じたことはあまりなかったです。なぜなら、両親ともに、日々の生活は質素で、ムダ遣いせず、私に物だけの大切さ、人との交流の大切さをしっかり教えてくれました。ものを粗末にすると叱られました。また、うちは良い品質のものを買い求め、それを長期に渡って使います。

    日々は質素ですが、お金を使うときは使ってました。例えば、数少ない年末年始の休みはうちで過ごすことはなく、スキーや海外のリゾートで過ごしました。

    しっかり子供さん物の大切さを教えたあげてくださいね。

    ユーザーID:1142159800

  • 両親次第

    私自身は中流、共働きでなんとか世帯年収1000万ちょっと超える程度なのですが、趣味がお金がかかるものをしており、周囲は自然とお金持ちだらけです。
    そのお金持ちの人たちは歴史の教科書に出てくるような人の子孫から、本人一代で財を成した人だったり、様々です。
    みんな持ってるものや言動振る舞い生活習慣からしてあー金持ちは違うわあー、とは思いますがどの人も、ものを大切にしてるし、壊れたものをすぐに買い換えず一生懸命直したり、節約したりされてます。
    私なんて彼らよりずっとお金無いのにめんどくさがりですぐ買い換えたらしようとします。だからお金貯まらないんでしょうけど。
    失礼ですが、お金があるか無いかではなくて、どう与えるかな気がします。

    ユーザーID:2122809421

  • 簡単です。金の代わりに愛情を注げばよいのです。

    子育ては愛情を注ぐことで旨くいきます。仕事を止めるか減らして子供達と一緒にいる時間を増やして下さい。

    ユーザーID:4186679748

  • 心の大切さ

    金が豊富にあれば日常何事にも金ですます(壊れればすぐに買う)教育躾になれば失敗です。
    物が豊富であればそれが満足で幸せだと勘違いします。
    完全に物欲の世界しか知らないから物に振り回される生き方でしょう。

    金は大事、物もある程度無ければ不自由だとは思うけど、異常に金があふれる生活では(親の意識の問題)、感謝心や労わる優しさ思いやりなども自ずと生まれないでしょう。
    物で支配されない心を育てるのは大事です。
    他人より物を多く持ち贅沢に買ってもらえる生活だから、長い人生でこのまま裕福な生活が続けばいいけどそうでない日が来れば、どうなりますか。
    金があり贅沢な生活していたとしても心が充実するはずはないのです。別物です。

    >中学生になる息子たちは、物を壊しても平気な顔。
    だって親の貴方がこれまでの躾してきた結果なんです、躾にもなっていないかも。壊せばすぐに新しいのを怒られもせず買い与えるその繰り返しだったのだから、子供のせいにするより親の資質の問題にもなります。子供は親の姿をしっかり見ているから超甘い親だと認識しているから、既に中学生だから簡単には直りそうもないかも。

    自分で貧しい時代を過ごして大切に金は使っていた…それをやれば良かったのでは。金の大切さが分かったでしょうに。
    金で不自由した子供時代だったから自分の子供には贅沢させようと意識があったのですよ。
    でも、今気付いたのだから仕切りなせばいいんです。
    時間はかかるでしょうが、これまでとは違う教育をすればいいです。
    親が毅然とした態度は大事です(金に関しては)

    ユーザーID:4519016688

  • わかります

    アラフィフ、主婦です。大学生の娘がいます。
    主人は元会社員。今は自営業です。
    会社員時代は高収入。
    今の自営業もはや10年になります。
    幼少期は確かに収入は高かったですが、教育費の貯蓄と住宅取得で、お金を運用や貯蓄に気を使っていたので、あまり子供にばかりかける一方ではなかったです。
    ただ、欲しがるものは買ってあげましたが、それは今のほうがはるかに意味を持ちます。
    お子さま方が物を壊すとおっしゃいましたが、襖を抜いたり、リモコン壊したりは、男の子さんなら普通ではないでしょうか?
    それで過敏になる子育てをなさっていないトピ主さまはおおらかな親御さんだと思います。
    もし、質素倹約を身につけて欲しいなら、ネットで価格を比べて買い物してもらうとか、災害の時の備蓄の水や食糧の数や賞味期限を確認してもらうとか、息子さんなら頼もしいです。
    あとは普通に貯金してもらえばいいのではないでしょうか。
    私は、娘が爆買いしないように、化粧品や使わなくなったアクセサリーはどんどんあげてしまっています。
    そのほうが安上がりだからです。
    気に入れば使ってます。

    ユーザーID:0329771040

  • 贅沢だけど大事な悩みだね

    親はお金を稼げても、子供は金食い虫の大人になってでも稼げないから親のスネをかじるしかなく、
    でも子は感謝なんてしないから、職場でも悪さする、などそういう人生になるかもしれないですね。

    物の扱いに心を砕かない、お金は沸いてくるものだと思う、親ともお金で繋がる。


    お金はあるけど使わない、あるように見せないということはできます。
    夫婦で同じスタンスになったら、教育として実行できると思います。

    まず親がお金を使うのを気をつけて。
    家の物も整理してみて。

    簡単に手に入れない。

    貯金は沢山しておこう。

    旅行やレジャー週末の予定も節制するようにされたら?


    主さんが生粋のお金持ちなら気付かなかっただろうけど、気付けて良かった。

    物を大事にできる子はひとも大事にする大人になると思う。がんばれー。


    キッザには行ったことあるかな。しょっちゅう連れて行くのは贅沢だけど、
    行かれたことがなければ平日に学校休みがあるときに行ってみては。

    ユーザーID:4048718656

  • え、ちょっと待って。。

    「お金がある」ことと「物を大切に扱う」はまったくの別問題です。

    そこにお金持ちの子どもだから物が壊れてもへっちゃらなんだなという思考がくることが怖いです。

    同じお金持ちでもいろいろだとは思いますが、私のまわりのお金持ちの方は、良いものを買い、大事に使います。壊れれば新しく買いますが、へっちゃらな気持ちではないですよ。

    でも、子どもは性格もあると思います

    我が家もお金持ちなほうですが、お金の教育はきちんとしているつもりです。
    子どもにお金をあげて、そのなかから使わせることで教育になることもあります。
    使えば手持ちのお金が無くなる。シンプルなことですが、親の財布から自動チャージされるわけではないことを教えることはよくやっています。

    でも、やっぱり子どもの性格もある気がします。
    上の子は傘をよく無くしますが、下の子はまったくなくしません。大事に使います。ただ、下の子のほうが浪費が激しいです。子ども自身のお金でやりくりされているのですが、すぐお金を使いたがるふしがあります。
    上の子は、物を大切に扱わないものの、物にたいする執着もないため、壊れたりぼろぼろになっても気にしない子です(私が気にするので買いますが。。)

    ユーザーID:3028748026

  • 私の場合

    社会人の息子と小学生の息子がいます。

    私の年収は大したことないのですが、夫の年収が高く、いわゆる高所得者になります。加えて、私の実家からの生前贈与があるので、良い暮らしをしていると思います。

    子どもたちは小学校から私立でしたが、地味な私立でしたので、モノを大切にしてきました。その代わり、休暇中は海外旅行へ行き、いろいろな経験をさせています。お金をどこにどのように使うかによっても違うかもしれないですね。

    子どもたちは、自分の家が貧乏だと思っています。

    ユーザーID:3436203529

  • ゆとり

    少し前に話題になりましたね。

    ゆとり世代。うちもまわりもそんな感じです。夫婦共働きなので、収入もそこそこありますが、資産家ではないですね。

    子供二人大学生、お古とか上の子のものを下の子も使うとかないし、何でも二つずつ買います。

    女の子ですが、服は安いこともあり、大量に買って大事にしません。

    自分で働くようになれば、少しはお金の価値もわかるのかなと思います。

    ユーザーID:8604277596

  • 物を大切にしないのは買い与え過ぎだからです

    私の家はそれなりに資産はありましたが、
    独立するまで私は自分の家は貧乏だと思っていました。
    なぜなら、父は貧乏農家の出身だったのと、銀行員だったので、
    1円も無駄使いや贅沢はしない躾を受けました。

    物を大切にしないのは何でも簡単に買い与えるからです。

    簡単に手に入るからこそ、失くしたり壊したりしてもショックは受けないのです。

    私は高校生になって自分でバイトして稼げるようになるまで
    毎月いくらと決まったおこづかいはもらったことがありません。

    だから我が子にもおこづかいはあげたことがありません。

    携帯電話も高校生になるまで持たせませんでした。

    便利であればあるほど頭を使わないので馬鹿になるからです。

    何不自由ない贅沢な暮らしをさせることが親の務めではなく、
    大人になったら自分で働いで稼ぎ、結婚して子供を育てられる社会人になるのに困らない教育と躾をすることです。

    お金の大切さは自分で稼いでみないと分かりません。
    お金を稼ぐということは簡単なことではありません。
    それを知らないからこそ無駄使いが出来るのです。

    ユーザーID:6178188584

  • 親が手本にならないと

    文章にあるように、あなたはご自分が貧しい経験をしているので、結婚後「お金があると使ってしまう」日常なわけですよね。
    それを見て育てば、そりゃあお子さんたちもそうなるでしょう。
    簡単なことだと思う。子供は親の背中を見て育つ、それだけのことです。

    お金がどれだけあろうと、1つの傘を大事に使う。
    失くしたらすぐ買うのではなく、とことん探す、家にある他のものを代用する、など小さなことの積み重ねを、息子さんたちの価値観が育つ大事な時期に怠ってきた結果だと思います。あなたもわかってらっしゃるようですが。

    中学生ですか、、うーん、どうかなあ、間に合うかなあ。
    今から「ああしろこうしろ」と言っても多分無理かもしれない。多感な時期に入りますし。
    まともな成人にしたいなら、今日からでもあなたがその「あれば使ってしまう」行動を改め、息子さんたちは大学からはバイトと一人暮らし、親からの援助は最低限で、金銭感覚も含め、世間の荒波に放り出さないと駄目じゃないですかね。

    賢いお子さんたちなら、そこで気づいて矯正されるかもしれません。

    ユーザーID:6920052385

  • 物を大事にする

    子供は親の背中を見て育ちます。親が物を大事にしてる生活をしていれば、かも大事にするようになります。まずはご自分の態度を振り返ってみては?
    お金があるないは関係ないと思います。

    ユーザーID:3636962090

  • ビックリです

    成人した子を持つ母親です。
    お金のせいにしないで下さい。
    すべて、あなたの責任です。
    幼い頃から、物を大切に使うことを
    教えてきましたか?
    中学生ということで、今更手遅れかもしれませんね。
    しかし、時間はかかってもじっくり取り組むべきです。
    このままでは、ろくな大人になれませんよ。

    ユーザーID:4129811505

  • 金持ち関係なくない?

    うちは夫は貧乏育ちですが、よく物を壊すし傘はしょっちゅう失くしてます。

    今はそこそこ資産あり。大学生の息子は物を大事に扱います。基本的になんでも長く使い、筆箱(チャック式の厚いペンケース)なんて小学校からずっと使ってます(そこは買い替えたら?と思いますがケチなんでしょう)

    育て方の問題なのか、本人の性質なのかは分かりませんが、金持ちは関係ないと思います。

    ユーザーID:3991302239

  • 子供の立場から

    息子さんたちは将来、主さんのご家庭と同水準の稼ぎを得られそうですか?
    例えば家業を継げる、医学部に入れそう等であればもうその今のままで良いと思います。お友達も結婚相手も同じくらいの金銭感覚で育った方ならそう支障はないかと。

    もしそうでないなら本当に息子さん達、ちょっと大変でしょうね。
    中学生ならもう自分の家庭が裕福なことは分かっていますから、単純にお金や物を制限してもあまり効かないと思います。

    私は主さんの家庭と同じような境遇で育てられた子ども側です。(親の年収は知りませんが、家に外車とハーレーがたくさんありました)

    うちの親も途中で「この娘をこのまま育てたらまずい」と思ったようで、高校生くらいかな?何か欲しいと言ってもダメと言うようになりましたが、
    もうその頃には親がお金を持っていることは分かっていましたから反感しかなく、誕生日とかでも何でもない普通の時にデパートに親を連れて行き、数十万円のバッグをゴネて買わせたこともありました。

    愛情とお金を注がれることの区別がつかなかったんですよね。
    買ってくれなくなった=私が可愛くないの?みたいな感じで。

    あと私は仕事もすぐ辞めてしまいました。お給料の金額がすごく少なく感じるんですよ…アルバイトもしたことがなかったので…
    こんな僅かなお金で毎日働かないといけいとか意味わからないと思っていました。

    私は自力で働いて自力で結婚しないといけなかったので、(素敵な縁談がくる程の家柄じゃなかったんです)
    20代でさんざん挫折して苦しんで泣いて、やっと普通に働いて普通の夫と結婚しました。
    今は共働き子供1人、世帯収入1200万くらいですが、普通に質素に暮らせています。

    息子さん達には、お金や物を与えることと愛情には何も関係がないことを是非教えてあげてください。
    あと、高校生くらいになったら絶対アルバイトをやらせてあげてください。

    ユーザーID:3313542488

  • 買わなければ良いだけの話。

    物を大切にしない子には買わないと、幼い頃から言ってあります。
    明らかにふざけてわざと壊したと思う事案は、徹底的に叱りました。
    例え、それが幼稚園児だろうが。
    私も実家は裕福ではありませんので、「あらあら、仕方ないわね〜新しい物を買いましょうね〜」とはならなかったです。
    無駄遣いに対し、怒りしかなかった(苦笑)

    先行き不安定なこの時代、今は収入が多くても、先の見通しが不透明なので、我が家は、子供ばかりにお金を使う余裕はありません。
    私の実家は大丈夫ですが、夫実家はかなり厳しい経済状態なので、今は事情があり援助はしませんが、将来的には援助する可能性もありますので。
    子供達に、我が家の収入について明らかにはしません。
    我が家には余りお金がないと思わせています。
    今はまだ小学生なので、親の話は信じていますね。

    傘以外に何を壊すのか知りませんが、中学生なら、全て小遣いでやりくりさせれば良いと思いますが。

    ユーザーID:7248584700

  • 関係ないですね

    我が家は資産家と言う程のお家ではありませんが、ボチボチお金のある家庭です。

    実は私自身がFPをしておりまして、お金の使い方を子供にも夫にもレクチャーしてきました。

    基本的に「自分の物は自分で買う」というのが原則。
    子供にも小5から小遣い制。
    毎月1000円をわたし(多いかもしれませんが)、「欲しいもの」「必要なもの」をしっかり考えて使う練習をさせていました。
    エンピツや消しゴム、ノートと言った文具も自分の小遣いから購入させていました。

    で、例えばトピにあがっていた傘についてですが、基本は私が買い与えるのですが、無くした壊したという事があれば自分で購入させました。
    そうなると使える小遣いが減るわけですよ。
    欲しいものを買うために確保した予算の中から出すのか、「必要なもの」としてカウントするのかは本人に任せていました。

    そんな風にしてきましたので、現在では親の私以上にお金の管理はシビアですね(笑

    少し気になりましたのは

    >それ以外のものも、なくすし壊すことの多いこと

    これは本当に本人のせいですか?
    クラスメイト等にやられていませんか?
    最近の小中学生は陰湿なイジメが得意ですから・・・・・・。
    傘も壊したというより「壊された」ということはありませんか?

    話を戻しますが、仕事柄資産家さんとのお付き合いも有りますが、皆さん大層物を大事にするご家庭は多いです。
    ですが、すべての試算かさんがそうか?
    そんなことはないです。

    なので「金持ちかどうか」ではなく、育て方・躾方なんだとおもいます。

    ユーザーID:6207681041

  • もっと大人になってからわかる

    私はどちらかというと、裕福な家庭で育ちました。

    家も数軒あり、高い学費も親が払い奨学金などは無縁でした。
    一方夫は、あまり裕福ではない家庭で育ち奨学金を利用し院まで行きました。
    夫は今は稼いでくれてます。(私は専業主婦できるくらい)

    それで、お金の大切さをわかってるのはどちらかというと、実は私だと思ってます。
    なぜなら、お金がないということの不安感が夫よりもあるからです。
    一度、貧乏を経験した人ってお金のないことにも案外平気ですよね。笑

    お金があるのが当たり前の私は、本当にお金の有難味がわかったのは大人になってからです。
    子供の頃は意識してませんでした。
    自分で働いて稼ぐようになったときに、会社員の初任給ってこんなに低いんだと思いましたし、こんなに大変な思いしてこんなもんしか稼げないなら、私の私学の学費とかものすごく親は出してくれたんだなと実感しました。

    お金って本当に有り難いと思ってます。

    夫は、お金なんかなくてもなんとかなるってことを経験してるので、お金はあってもなくてもいいみたいなところがあります。笑

    お子さんたちも大人になって自立した時に、親の有難味やお金の有難味を実感する時が来ますよ。
    大丈夫です。

    ユーザーID:9056063036

  • いやいや

    それはトピ主さんたちがお子さんが物を粗末に扱っても
    すぐに変わりを買い与えちゃうからでしょ。
    学校で必要なものは都度購入したらいいと思いますが
    もう中学生というなら個人の持ち物は小遣いで買い直させなさいな。

    >お金ってあるとどうしても使ってしまって
    親のトピ主さんたちがものを大事にしてないから、子どもにも伝わらないんじゃない?

    ユーザーID:5361228984

  • しつけじゃないかな?

    実家が開業医でした。
    わかりやすいアイコンのため周囲にお嬢様扱いされることが多く、家が裕福なのだとは早いうちから理解していましたが、逆に言うと、周囲の反応があったからこそ理解できただけで、よその家の財政事情など子供にはわかりようもなく、比較もできず、私は、物を壊せば叱られるし、なくせば門限まで探して来いと言われるし、ご飯粒までしっかり食べるようしつけられ、40を過ぎた今も物持ちはよく、傘をなくせばショックを受けます。

    考えてみれば私の親は医師とはいえ自営業でしたから、使うところでは大いに使うものの、しょうもない浪費をするような人たちではありませんでした。
    傘なら気に入りのものを手入れしながら10年以上愛用します。
    子供は親の合わせ鏡ですからね。
    物を粗末にする子供の親は、物を粗末にしているのでしょう。
    「中途半端」なお金持ちがどういうものかはわかりませんが、中途半端なものを買って、すぐに使い捨てているのなら、お子さんが真似をしても仕方がないように思います。

    ユーザーID:0834989657

  • 難しくは無い

    際限なく物を与えないだけで済みます。

    オモチャなどを壊したらそれまで。
    代わりの物など与えません。

    収入が多い少ないの問題ではなく、子育てや教育
    方針の違いなだけです。

    ユーザーID:3360100902

  • 子は親の背中を見て育つ

    >お金があることは、大抵いい事の方が多いように思いますが、子育てに関してはお金がない方がいいように思うのです。

    私は、トピ主家より多い収入を得ていましたが、収入が子育てに悪影響したとは思っていません。妻は専業主婦だったし、私は多忙だったので、子育ては丸投げに近かったのですが、普通にまともに育ってくれました。

    >ですが、中学生になる息子たちは、物を壊しても平気な顔。
    >傘などは何本壊したか、なくしたか。
    >それ以外のものも、なくすし壊すことの多いこと。
    >一番腹がたつのはそれに全くショックを受けていないことです。

    単に、躾がなってないってことですよね。それは収入の多寡に関係ありません。


    >自分の子育てがまちがっていたと痛感しています。

    そのとおりです。
    躾ができてないことを、収入のせいにしてるだけ!!

    ユーザーID:4851603844

  • ふうん?

    あなたが小金持ちになったから勘違いして子供に何でも買い与えちゃった、てへ、ってことですかね。
    私は貧乏家庭育ちですが、夫の家はかなり裕福な家業もちの三代目。でも物はすごく大事に使いますしお金の大切さをすごく知っている人ですよ。お金のあるなしでというか、お金があって少しくらいお金使ってもなくならない自分の生活に勘違いして物壊した子供を叱らずに来たってことですよね。
    傘を壊したらすぐに新しいの買ってあげちゃうんですか。しかりもせず、壊したりなくしたりしたことを反省させもせず「しょうがないわね」と新しいのぼんぼん用意するのが問題なのでは。
    一般企業に就職して独立したらどうなるんでしょうね。親と同じだけいきなり稼げるのかな。
    うちはトピ主さんより世帯収入ありますが、子供には厳しいですよ。あとを継がせる気はないので(どうしてもと土下座するなら考えるけど)、好きな仕事につけばいいと思うし、そうなったら月給なんて20万程度からスタートに決まってますからね。私と夫が稼ぐお金は私と夫のものであって子供が好き放題使えるものではない、小遣いの範囲内でしか買い物はさせませんし、もっと使うお金が欲しければうちの家業でパートやアルバイトと同じ時給で働いてもらいます。ものはなくしたらそりゃあ怒られますし、新しいのを買うなら小遣いか働かなければ買えません。壊したら義父も一緒になって直すことを考えます(製造業なので工具や部材はたくさんある)。
    現金を持ってる家庭の問題ではなく、子育てを、金で買い与えておけばいいと簡単なほうに逃げたあなたの問題です。
    義家も夫も物をすごく大事にします。なんでも修理、修繕してる使う。お金いくらでもあるのに。物を大切にする気持ちは現金があるとかないとかじゃないですよ。

    ユーザーID:7038801803

  • 貧乏でも時には壊しても平気・・

    明らかにお金に直結していること(外食だったり)は安い方を頼んだりしますが、モノにかわると大事にしなかったりします。

    丈夫な傘ということで4000円のものを2本買ったのですが、すぐに1本なくなりました。発覚したのは「傘買って」と言われたからです。
    10万円もするケータイも家に帰るとソファーにぽーんと放り投げたり、リビングの床に放置してあったり。踏むからやめてほしいと何度も言っています。

    育て方・・私も間違ってたのかなぁ。
    自分で稼ぐようにならないとわからないかもしれません。

    うちはトピ主さんの半分以下の世帯収入です。
    こどもが小さいうちは保育料免除くらいお金なかったです。

    ユーザーID:1999719386

  • 共感出来る部分と出来ない部分と

    トピ主さんのおっしゃりたい事私は少し分かりますよ。
    私自身も平均的なごく普通の家庭で育ちました。でも今は世帯年収というか夫一馬力ですが年収3000万近い家庭の主婦をしています。
    子供達は経済面で苦労した事がないので、私自身の幼少期に比べてお金に関する敬意が少し足りない気がします。毎年海外旅行、国内旅行、スキー旅行に行って、車はベンツなどの輸入車、教育にもお金に糸目をつけず好きな事をさせています。こんな生活は一般的ではない、ときちんと説明はしていますが、肌で感じる体感はないのでどこまで理解しているかは正直分かりません。

    でも、まぁ何に関しても一長一短で完璧なんてあり得ません。貧しければ貧しいでまた新たな問題が発生していたでしょうし。なので私はその辺は割り切っています。
    幼い頃から余計な心配せず、好きな事に打ち込め一流のものに接してきた経験は子供達の感性に彩りを与え、また余裕を生み出してくれたのではないかと思います。
    ハングリー精神はあまり育ちませんでしたが、大らかな他人に寛容な性格に育ち、また本物を見抜く眼力は得たようです。
    短に関しては、親の気付きで多少は知識を与える事は出来ます。
    長を大切にし、短を補うサポートは忘れずに日々過ごしていればきっと大丈夫です。
    頑張りましょうね

    ユーザーID:5724197146

  • うちはお小遣いナシです

    「お金持ち」ではありませんが、子ども二人は目立つ一軒家住まいで中学から離れた場所の私立一貫校に通っており、毎年夏は2週間海外滞在なので不自由がないことは分かっていると思います。
    が、それは親の稼ぎですので子供は関係ないです。
    上の子は成人したので学費と生活費のみ、下の高校生は祖父母からもらうお小遣い(年間5〜6万)以外は自宅ではバイトして報酬制です。車を洗ったり窓ガラス掃除や床のワックスがけ、庭の草むしりに先日は寒肥を済ませてくれました。一つの仕事が千円〜二千円です。正直私も忙しいので助かっています。どうせお金はあげないわけにはいかないので。
    月々の小遣いはないので、仕事量に応じて収入が変動することになります。
    お金がなくなると「何か仕事はないか」と言ってきます。
    経費は親持ちですので売店で昼食やノート買ったり、などは請求して来たら支払います。
    漫画などは小遣いから出しますので、私のアカウントからネットで買ったら徴収します。
    傘は最後通牒で「今後一切買いません」で濡れて歩けばいいのでは?
    コンビニでも売ってるんだから、関知しません。
    うちに関しては、大事な稼ぎから無駄なお金は使いたくないようで、これまでなくすことも壊すこともありませんでした。
    自分のお金は好きな古着を買ったりしているようで、音楽などはファミリーで加入するサービスを使い放題、とそれでも恵まれていると思います。試験前に「学年X位に入ったら〜を買ってくれ」など言われることが多く、ほぼ了承します。入ったら買うし入らなかったら買いません。
    上の子も自動車学校の費用など大きなお金は貸しましたが、返済計画を作らせて最初に利子を取り、その後毎月計画通りに返済させています。

    ユーザーID:8737114214

  • 金銭感覚は一番大事

    うちの経済状況も似たようなものですが、お金のことについてはある程度厳しく躾けました。

    普通の金銭感覚を養っておくのは、社会に出てから仕事上とても大事なことですし、人間関係を築くのにも関わってきますね。
    うちの子どもは今24才で、お金持ちの行く学校で有名な名門私立に在籍してましたが、同級生で働いてない人がちらほらいるんです。本当に子育て間違ってると言いたくなりますが、富裕層はそうなんでしょうね、何もしなくても収入があるから働くの馬鹿らしいんでしょうね、びっくりです。

    主さんが間違ってるときずき、今からでもどうにかしたいと考えてるなら、中学生なら今からでも大丈夫じゃないでしょうか?
    今の世の中いつどうなるかわからないし、貯金をしておくことも大事です。

    芸能人でもきちんと金銭感覚を躾けてる人と、そうでない人いますよね。若い時からお金を与えていた芸能人のお子さんは何かと問題起こしてます。お金を与えればいいという子育ての間違いから、子どもは被害者でもあるし、結果不幸ですよね。

    うちでは余裕があれば、たまに家族で海外旅行に行きいろんな経験をしたり、高級なレストランにいったり一流を見せたり味あわせたりします。でもそういった時でも、何にいくらかかったのか、そういったことを子供にまでわからせてます。メリハリをつけ楽しんでます。
    あなたのお子さんがアルバイトをして時給がいくらであなたの買ってるものや欲しい物はこれくらいでと、例えばスマホに月一万払うのも、あなたが一日働いても稼げないのだと、具体的に示したらいいと思いますよ。
    それから
    物を壊した時にはおこづかいから弁償させたらいかがですか?

    ユーザーID:3662826907

  • お金のせいじゃない

    >中学生になる息子たちは、物を壊しても平気な顔

    あなた方親御さんのしつけの問題です。

    ユーザーID:8219033595

  • なんか大仰なトピですね。

    次、またなくしたら、今度は自分のお小遣いで買ってね〜。とか
    お年玉から差引かしてもらいます。
    とか、言っておけばいいだけじゃないですか?
    何を悩むことがあるんでしょう??
    我が家もお宅と同じような状況の家庭ですが、 理解不能です。

    この程度のことで、悩みどころがありますか?

    資産が100億あるために、ごく一般的な日本の人々のような物の価値観を
    子供に身につけさせることができません・・・。
    留学させてもらえること、私立の医学部に進学させてもらえるありがたさを
    どうしたら子供にわからせることができるでしょうか・・とかなら
    投稿するのもわかる気がしますが、

    傘なんか、100円ショップでも買えるし、500円もだせばあちこちで買えるものをなくしたとして、それを一大事だとおもってひどく落ち込めといわれても難しいですね。

    たとえば、ブランドマフラーをなくしたと子供さんが言ったとしたら、
    来年までは、100円ショップのマフラーで我慢して下さいとか言って
    すこしお灸をすえればいいだけではないの?

    将来、自分だけの稼ぎで暮らすようになったら、親のお金で暮らさせてもらっていた時のありがたさを必然的に感じるでしょう。
    あなたが大人になった子供に金銭的援助をし続けなければ・・。

    ユーザーID:6933682615

  • 小遣いは・・

    小遣いはいくらくらい与えているんですか?息子さんが壊した物は、息子さんの物ですか?それとも、家具やあなた方親のものですか?

    これからは、息子さんが壊したりしたものは、小遣いから工面させる、小遣いから引く、それ以上なら今月の小遣いはないっと断固あなた方親が譲らないようにしては・・

    一度、息子さんと、とことん、話し合って「今までは何でも親がしてきたけど、これからは、自分の言動に責任を持つこと、あなたが壊したら、親が後始末はしない、・・」っとガンガン言ってやってください。

    ユーザーID:4319229279

  • 母親が質素に

    現在50代の主婦です。

    私の実家は小さな工場(従業員30人)を経営しており、今から思うと恵まれた環境だったのですが、
    子供の頃はそんな風に思えませんでした。
    ですから私自身は物を大事にしましたし、欲しい物があってもすぐに買ったりせずに、
    一旦家に帰って暫く検討するという習慣を持っていました。
    これは祖母が「暫く経って、その欲しかった物を忘れてしまうようなら、あんたにとって本当に必要な物では無かったと言うことや。」と、
    いつも私に言い聞かせてくれたから。
    祖母は大正生まれで、戦後の物の無い時代を乗り越えてきたので物を大切にしました。
    洋裁も上手で、服の綻びを直したり、私たちの服を作ってくれたりしました。
    私は姉とおそろいの洋服を着て、更に姉のお下がりでもう一度同じデザインの洋服を着ました。
    一方友人達は既製服が多かったので、私には既製服の方がとてもおしゃれに思えたのです。
    制服も姉のお下がりでした。
    クラス写真を撮るとよくわかるのですが、お下がりの制服は微妙に色あせが生じているのがわかりました。
    当時、色あせしていたのはクラスで私を含め2〜3人くらいでした。
    「うちはお金がないんだなあ。」「工場も何時倒産するか分からないし、夜逃げする時がくるかもしれない。」
    と、子供ながら思ってましたので勉強もそこそこしました。(塾には行ってません)

    続きます。

    ユーザーID:3034915209

  • お金のせいなのかなぁ?

    お金に善悪はないのでそれを使う人の資質が求められるのではないでしょうか。
    つまりはあなたの使い方が下手なんだと思います。
    物を大切にしてきたあなたが子供には物を壊しても平気なほど買い与えてるのですか?

    ユーザーID:7788238100

  • 母親が質素に

    続きです。

    母はいつも工場の仕事を手伝い、朝晩きっちり手作りのおかず(ほとんど和食・飲み物はお茶のみ、ジュース等は一切無し)を作ってくれました。
    母や祖母が家でゴロゴロしているのを見たことがありません。

    夏の家族旅行は毎年近場へ海水浴(民宿)です。クラスの子は「新幹線で東京へパンダを見に行った!」と自慢します。
    一方、父(一応社長)は仕事のお付き合いもあり、頻繁に外食して服も良いものを着ていたのではないかと思います。

    大人になって初めて、「実家はそこそこお金を貯めていたんだな!」と様々な場面で実感しました。
    私達子供の為に十分な学費・結婚資金を用意してくれてあって本当に感謝しております。
    小さな自宅は工場敷地内の一角にありましたが、その後新興住宅地にて建てました。

    とにかく家庭内では質素を心がける事ではないでしょうか?
    (ただし食べる物は質の良い物を)
    子供の時から決して贅沢させてはなりません。
    ちなみに、色あせた制服を着ていた子の一人に、地域で毎年高額納税者1位(病院経営)の娘が居ましたよ。

    ユーザーID:3034915209

  • 別の問題です。

    お金があるのと、物を大切にする事は別の事です。

    子供さんたちが物を大切にしないのは、代わりがすぐに買えるからといって、「物を大切にする」という教育を怠った結果です。

    親が物を大切に扱っていれば、子供はその姿を見て学びます。

    ユーザーID:4008998458

  • わかります

    我が家も似たような傾向がありました。物を大切にしようという気持ちや、物を得られることに対する感謝の気持ちが薄いのではないかという危機感を私も感じていました。

    ご参考になるかどうかわかりませんが私がしたことは、例えば傘に関しては、ビニール傘は買わず、自分のものとわかる傘を与える。電車内などで置き忘れた場合は自分で忘れ物保管所に行かせる、電話させる。それでも見つからなければ自分のお小遣いで買わせる、でした。中学生が自分で忘れ物保管所に連絡して親以外の大人と挨拶ややりとりをするのは結構なストレスだったと思います。少しかわいそうな気もしましたが、どこかで親の踏ん張りどころを決めなければならないと思います。

    現在大学生になり、親が出すお金は学校関係のもの以外には昼食代プラスアルファ(具体的には月2万円)、他は自分でバイトして稼ぐよう言いました。身の回りのあれこれや交際費をバイト代でまかなうようになって、かなりの節約家に変身しました。電車賃に百円の差があると時間がかかっても安いルートを選ぶような感じです。大学やバイト先で様々な経済的背景を持つ人たちと出会えていることもプラスになっていると思います。

    親にお金があり、お金を出すことができるけれど出さないというのは難しいですよね。なぜ出さないのかをわからせる戦いをしなければならない。出す方がよっぽど親も楽ですが、トピ主様のご家庭の基準を決めて譲らない頑固さが必要だと思います。

    ユーザーID:1906538266

  • お金の器

    ある金融機関に勤めてい時期があります。
    ちょっとお金持ちの資産家の方々が来るところ、です。
    そのお客様の言うことでは
    「人の心にはお金をためておく器がある。底が浅いと、どんどんお金は流れて出て行ってしまう。」とのことでした。
    水道の蛇口をひねって、お金がじゃんじゃん落ちてきても、自分が底の浅いお皿だったら
    どんどん流れ出してしまうでしょう。
    水が止まった時には、残っているものもあまりないですよね。
    これが、懐の深い器だったら?

    我が家では、今現在稼いだ現金は必要経費だけに回して
    残ったお金が稼いでくれるものだけで楽しみをまわしています。
    自分たち家族にもう一人「資産」と言う子がいて
    その子にどれだけ働いて貰って自分たちの人生を豊かにするか…と言う感じです。
    こどもの小遣いも株式の配当です。
    もう、絶対売りたくないって言ってますね。
    そういう状態にしてしまうと、金融の知識もつくし、無駄遣いも減るし
    物欲ってものがあまり出てきません。

    あと、ちょっと不便な所に住んでいるのと
    私が買い物に全く興味がないことから、
    例えば傘一つとっても、なかなか代わりのものを買いに行けないので
    壊れたら治すを繰り返しています。
    買い物が面倒くさすぎて、一回で済ませたいので
    最初からかなりいい物を買いますし。

    私の親は物がない時代に育ったので、安物を買ってはため込んで
    自宅は倉庫のようです。それを「物を大事にしている」って言っています。
    私は、それをみて育っているのでモノは少なくてもいいと不要なものは断っています。
    親はそれが「物を大切にしていない、バチが当たる」と。
    でも、私も最初は親と同じで、大量購入でものをため込んでいました。
    いつかそれに飽きて、自分の道を模索するようになりますよ。
    今は親と同じことをしているだけですよ。

    ユーザーID:8668972823

  • 価値観

    子育てが間違ったというよりは、お金がないほうがいいという
    そもそもの発想が間違えているのではないでしょうか。

    〉お金があるとどうしても使ってしまって

    トピ主さん宅の収入では、そういう使い方をしていると、お金はどんどん無くなっていきますよ。
    本当の金持ちは価値ある物にお金を使うと思います。

    中学生にもなって傘を壊すようなら、買い替えません。
    こういう事はお金があるかないかは関係なく、価値観の教育です。

    私だったら、そんな大した事ない物に無駄使いはせずに
    留学や芸術などの子供の教育のレベルを高め、私自身は自己の内面を高める為に自分に投資します。
    あとは、環境に投資します。いい場所、いい家に住みます。

    我が家はトピ主さんさん宅と、収入はさほど変わりませんが
    無駄使いするような余裕はありません。

    トピ主さん、まずは中学生にもなって、傘を壊したら何故いけないのかをきちんと教えましょう。
    これが分からなければ、壊す、なくすは繰り返すでしょうね。

    ユーザーID:2228339658

  • うーん、よくわからないのですが

    収入があるから、自分たちのお金の使い方が緩くて、子供たちにあまりお手本になるような感じではない、といったことでしょうか?
    うちは、トピ主さんほどではないですが、世帯では1500以上あります。
    でも私は特売品を買いに並んだりしますし、あまり外食もしないです。
    お出かけもお弁当(子供がよろこぶので)
    なので当然貯金はすごいです。(まぁ、トピ主さんからしたら、たいしたことないとは思いますが)
    6年くらいで家のローンも終わったので、全然けちけち生活しなくていいのですが、やはり性格なのか、けちけちしてしまいます(笑)

    息子さんたちが自分たちの収入と同じくらいの収入を得られるのであればよいんじゃないのでしょうか?
    それが無理そうなら、少しずつ親がお手本を見せればよいかと思いますが。

    ユーザーID:7503150957

  • 難しいも何も

    お金や物をむやみに与えない…これで良いのでは?

    子育てに関してはお金が無い方がいい…初めて聞きました。

    そんなに困るなら寄付すればいいのに。

    ユーザーID:5683982358

  • すぐには買い与えない

    我が家も余裕ある環境で子育てしてますが、壊れたからってすぐポイポイ買い与えてはいません。物の大切さを教えたいからです。
    何故壊れたのかを追求して、直せるものは直して使わせてます。
    “良い物を長く大切に使う”です。
    一事が万事、そのように躾けています。
    何でも壊れたらすぐ買い替えた方が楽ですよ。子供も新品になるから喜ぶし。だけどそれでは人間としての成長が無い。

    子育てで大切なのは、親の資産に頼らない。自分達で社会に貢献し、必要とされ稼いで生きて行く力を身につける事。
    親の資産をあたかも自分の物のようにひけらかし、当てにして生活して行くような子には育てたく無い。

    今住んでるこの家も“子供達の家”では無く、“お父さん、お母さんの家”だと伝えてます。お父さん。いまの生活は子供自身の実力であるわけでは無い。今後子供達は自らの力で生きていく、自立してこの家を出て行く。

    我が家は代々続く名家では有りません。全部自分達で成し遂げて来ました。
    仕事で成功し、山手線内の一等地に土地や何棟ものビル、何棟ものマンションを建設し持っているのも自分達の力で得た物です。金は天下の回り物。それを上手く運用していくには、何事にも感謝して、物を大切にし、創意工夫が大切。

    ある物が無いから「出来ない」だからすぐ買い用意するという事もしません。無いなら他にどんな工夫の仕方が有るか?を考えさせて調べます。
    今ある物を最大限に活用する。それは子供が幼い時の工作からその理念は伝え続けてます。
    社会出ても同じ事。まず今あるものを大切にし、感謝し、最大限に活用しいかに世の中に貢献出来るか、必要とされるかです。

    トピ主さん自身物事に感謝が無い…あって当たり前だと思っている。いつのまにか傲慢な価値観となっているのでは?それがそのまま子育てにも響く。まずは自らの理念をもう一度省みては

    ユーザーID:0778348519

  • 答え お金の問題ではないと思う

    中途半端にお金があるとこうなるのかという視点で悩まれていますが、

    それは違う気がします。

    悩む必要はないんですよ。


    子供の個性なんですよ。

    なくしても壊しても、なくされても壊されても

    気にならないタイプなんですよ。


    そのたびに新しいものを買ってあげる親が悪いのかと

    考えているでしょうけど、


    たとえ貧乏でかえなくても

    このタイプの人は物を大事にしません。


    そういうことなんですよ。

    なんでそう思うかというと、

    経験からです。


    そして、残念なことにこの性格は変わりません。

    だから、良い面をほめてあげましょう。


    毎日おこると楽しくないですよ。

    ユーザーID:6597402429

  • でも大丈夫

    我が家も友人達の家も余裕がある家が多く、子供達もなに不自由なく育てました。
    結果、ほとんどが高収入を得られる職業に就いた(又はそうなること確実)です。
    お金に余裕のある家に生まれ育って、余裕がない人生になるのは怖いし嫌ですから、勉強は頑張りますよ。
    勉強を頑張っておけば、職業の選択肢が増えます。
    頑張らないと将来はこんな生活できないよと教えましょう。

    ユーザーID:8697576777

  • 育て方でしょ?

    うちも似たような収入だけど子供は堅実に育ちましたよ。
    だから育て方じゃないの?
    ちなみに私は子供に「ケチ」だと思われています。
    私にしてみれば、それだけ教育費かけてもらっててケチ呼ばわりか?と思いますけど。
    トピ主さんは今までなんでも買い与えてきちゃったんですね。

    ユーザーID:6938127323

  • 貧乏育ちですが、物を大切にしません

    すみません、わたしは貧乏育ち(多分世帯年収500万いかないくらい?)
    ですがトピ主さんのお子様達のように
    物を大切にできない性格です。

    よく壊す→ものは壊れるものだ

    よく失くす→まぁいっか

    人から借りたものを返さずなくす→
    罪悪感がなし、でもこれは子供の頃に親にこっぴどく怒られ続け、自分でも最悪だとわかってるので、そもそも借りないことにしました。

    人に貸したものを壊される→それも気にしない

    と、いうように…。
    親はものを買ってくれない人でした。
    不満はありましたが。
    なので教育うんぬんより、そういう性格な気がします。

    ちなみにうちの主人(世帯年収1500万くらいの小金持ち育ち)もわたしよりモノを大切にしません。あっさり壊す、あっさり使わなくなる、あっさり捨てる、箱すら開けない、そんな人です。さて、私達の娘(現在0歳)はどう育つのでしょうかね笑

    ユーザーID:4166259362

  • お金はあった方がいい

    現代において物持ちがいいというのは大した美徳ではありません。
    物を大事にしよう、というのは限られた資源を大切に使おうという
    意味では大事ですが一個人がビニール傘を使う本数の差程度では
    資源節約のレベルにはつながりません。
    もちろん積極的に壊してしまってはいけませんが
    ビニ傘を壊してしまうなどというのは子供ならよくあるし
    カサの仕様上でもありがちなことです。

    なくしてもお金を払って手に入るモノなのであれば
    特に問題ないじゃないですか。
    (なくしたら問題になるものをなくさなければ良いのです。家の鍵とか)

    物を大事にしようじゃなくてお金を大事にしようです。
    なくしたものを買えるのもお金があるからです。
    お金があるから選択肢が増えるんです。ないと最初から選べません。

    なのでお金を渡して、自分で備品などの運用ができるように
    しましょう。

    ユーザーID:8137707143

  • そうですか?

    我が家も年収2千万円台です。
    ただ私は結婚後、専業主婦なので夫のお陰で今の生活があるという気持ちが強く(当たり前ですが)、小さい頃から子どもには「パパのお陰。パパに感謝しないと駄目」と伝えていたのと、子どもに残せる財産は学歴だけと伝えていたので、手前味噌ですが鼻持ちならない人間には育っていないと思います。

    文具など初めは親のお金で買い揃えますが、ノートなどの消耗品以外、自分の不注意で無くした物に関してはお小遣いから買う様に言っているのでお小遣いをあげる様になった中学生から、だらしなさが激減されました。

    洋服も基本的には親が買いますが、条件付きでオーソドックスなアウターやボトムスは買うけれど
    流行物のアイテムに関しては自分のお金で買う様にさせています。

    明確なルールを設けて例外を絶対に作らないと決めて接すれば経済力は関係なく、経済観念のない人間はならないと思うのですが。

    ユーザーID:6889511489

  • お金持ちではないですが、わかります!

    トピ主さんに共感!!うちも夫婦ともに割と低所得家庭出身なので、節約が身にしみているのですが、トピ主さん程度の世帯収入のいまや、高校と中学の子供がゆるく育ってしまっています。うちは、高校受験も大学受験も落ちれば私立に行くなり予備校費用払って浪人するなりできるし、就職だってどこかできるでしょう。親がいくら口で言っても無理ですよ。若い頃の苦労は買ってでもしろ、と言いますが、なかなか売っていませんね。部活のキャプテンをやって苦労したくらい・・。なんてことなかったですね。これからどうするのでしょう?少し心配ですが。

    でも、仕方がないと思う。言ってみれば日本全体がそうであって、途上国などの子供に比べてガッツやハングリー精神が不足していると言われればそうだと思いますし。やはり生きるか死ぬかで暮らしている子供とは戦えません。引きこもりが増えている社会現象だって、結局死ぬほど貧しくないから引きこもるのです。

    でも、やはり大局でみればチャンスには恵まれているのだし、経済的に豊かで余裕があるのはプラスの部分が大きいでしょう。バイトして社会に出て機会があったら海外に行って、世間に揉まれて成長することを期待しています。恵まれていたことを社会に還元できるようにね。

    ユーザーID:1399619861

  • 子育てとお金の関係性

    教育という意味の子育てにはお金が関係する事は多々ありますが、同意味での躾にお金は関係ない、と私は思います。
    お子さんが物を大切にしないのは、あなた様の躾の問題なのではないでしょうか?

    子育てに関してはお金がない方がいいとのことですが、あなた様は以下のように考えているのではないでしょうか。
    ●年収が低い→お金がないからなんでもは買えない→子供はあるものを大切に使う。壊れたりなくしたりしてもそんなに買えないから。

    だとすれば、逆ならこうなります。
    ●年収が高い→お金があるので大抵のものは自由に買うことができる→子供は好きな時に好きな物を買え、壊したりなくしても気にしない。また次を買えばいいから。

    あなた様の息子さんは、こうなっているのではないですか?勿論私の推測なので全く違うかもしれませんが、もし合っているならそれは息子さん達をそのように育てた、躾けてきたあなた方ご両親の責任ですよね。お金は1円も関係ありません。

    極端な話、裕福なご家庭でも、裕福ではないご家庭でも、お金をあるだけ使わずその大切さをきちんと身をもって教える人達がいる一方、あるだけ使って家庭内(ヒト・モノ・カネ)が悪い方向に向かっていく人達もいます。

    私は医師で、夫も医師。世帯年収は5000万を超えますが、専門とする科の性質上、半分以上は私の収入です。統計的に見れば私単体でもお金持ちと言えるでしょう。個人的にはお金持ちどうこうなど考えた事はありませんが…

    そんな我が家ですが、中高生の子供達はお金の管理や物の管理は、ある程度できていると思います。必要なものは親が買い与えますが、そのほかはお小遣い制です。お小遣いは何に使っても構わないと言ってますが、自分の金銭管理が悪くお友達と遊びに行けない、欲しい漫画や服などの娯楽品が買えないのは自己責任としています。

    お金の有無ではなく、意識の問題だと私は思います。

    ユーザーID:5951027679

  • 周りの環境にもよるけど

    私の両親は医者で周りの人よりは裕福だったと自覚しております。
    ですが、親は基本的にお小遣いもなし。
    父親は私が幼稚園生の時に腹筋が10回出来たら10円くれました。笑
    これは私に筋肉をつけたいとかそういう事ではなく、自分の努力で得て欲しいからだったと思っています。
    己を追い込むのは辛い。甘やかすのは簡単。
    でも得るには何かをしなければいけない。

    祖父母達も自営業で、孫には甘いとは思いますが何でもかんでも与えるわけでなく
    仕事の手伝いをしたらお小遣いをくれました。

    それを大切に母に預け貯めて
    欲しかった筆箱や、鉛筆などを買っていました。
    ですから物凄く大切にしましたよ。

    無くしたらショックで涙が出るほどでした。

    お子様は、やってもらって当たり前精神ではないですか?親をナメてるのか?

    今からになるとかなりめんどくさそうですが
    金銭感覚や有り難みを知るために
    家事を手伝ったらとか決め事をしてはどうでしょうか…
    万引きなどされては困りますが。
    痛い目にあわないと分からない子もいますよね。

    ユーザーID:2260074199

  • それは躾がなってないだけでお金のあるなしとは別物です

    トピ主さん物を大切にするのは基本です。
    それはお子様をどれだけしっかり教育したのかにかかっています。
    お金の必要性と物を大切に扱うことを教えるのは親の役目です。
    親がしっかり教育しなくって誰がするのでしょうか。
    今トピ主さんの生き方が問われているのです。

    ユーザーID:4750746574

  • そうですね

    性差は関係ないんじゃないですか。
    小学生頃、開業医の娘と友人でしたが、彼女が給食で残したパンをぎゅーっとねじって、道端のゴミ箱に捨ててるのを見て衝撃を受けた記憶があります。
    うちでは私が持ち帰ったパンを、祖母がストーブで焼いて食べたりしてて、食べ物を捨てるなんてとんでもないって感じだったので。
    あと、その友人の家では学年誌や科学雑誌、絵本や児童書なども本屋が毎月、ふんだんに家に届けてくれるらしく、ふろくなどを気前よく分けてくれたりもしていましたね。
    うちはほぼ買ってもらえなかったので、その点はうらやましかったです。ただ、最初からふんだんに与えられてると、渇望するということがないので、その点はマイナスかもしれませんね。
    知的教育などかけるべきところにはかける、日用品などは大切に使うようしつけ、なくしても買い与えない、などのメリハリが必要なんだと思います。

    ユーザーID:3845097315

  • お金の使い方が下手なんでしょう

    お金持ちに質問なさっているのに、庶民が口出し失礼いたします。

    壊したらあっさり新しいのを買ってあげるからではないでしょうか。庶民の私だって、傘が壊れたら新しいのを買ってもらえるか修理してもらえると信じて育ちましたが、時には本やおもちゃなど、誕生日やクリスマスまで待たされるか、時期外れながらも「これは誕生日プレゼントとして買ってあげるんだよ。」と買ってもらった経験があります。(誕生日には本当に何もプレゼントはありませんでした。)小学校一年生の時に自転車が欲しいと言った時には、お年玉を貯めて自分で買いなさい、と言われてそうしました。両親に自転車を買うお金がなかったわけではないと思います。お子さんたちにそういう我慢の経験をさせていないのではありませんか。言葉でなんと言われても、ほいほい買いなおしてもらえるのなら、お金を貴重という言葉の方が嘘なんだと感じるのは当然です。

    トピ主さんが「お金があるとどうしても使ってしまう」のをやめる必要があるでしょう。そしてしっかり判断したのちに自分には高価な物をたくさん買うとしても、子供には「あなたにはふさわしくない」と買ってあげないなど、けじめをつければいいのではないでしょうか。お小遣いから買いなおした傘の代金を差っ引くのも教育だと思います。

    ユーザーID:7064088195

  • 物が豊かな時代だからね・・・

    どなたかもおっしゃってましたが、世帯年収2千万って、トピ主様がいう程そんなにお金持ちではないと思うのですが。大都市圏以外にお住まいですか?
    都内だったら家が高いから、便利な場所に4人で住むそれなりの家を買ったり、借りてたりしたら結構な額になるし。子供が私立だったりしたら、授業料や塾もそれなりにかかるし。そこまで余裕を感じる程ではないと思います。
    何はともあれ、今の時代、お金持ちであろうと無かろうと、物があふれている時代です。やはりそういう時代だと、物を大事にする気持ちは弱くなると思います。うちにも似たような息子がいて、特に贅沢はさせなかったけど、物は大事にしません。
    戦争を知っている親戚は、本当に物を大事にして決して捨てません。だから家はプチゴミ屋敷状態。
    でも今の時代は断捨離が流行る位、物をどんどん捨てるのを良しとしてますよね。もったいないと思っていたら、捨てられないもの。
    子供に言われるがまま、何でも買ってたら問題かもだけど、時代的な物もあって、物を大切にする気持ちを子供に学ばせるのは難しいのかもしれないですね。

    ユーザーID:8378153665

  • もとの性格が大きいと思う。

    こんにちは。
    我が家は世帯年収3000万で、よく旅行にも行き、欲しいものは必要と思ったら、すぐに買っています→子供の服やかばんなど。外食も週4日で行ってます。上の子にはおこづかいをあげていますが、子供のものも、私がいろいろ買っています。

    ですが、長女は小5ですが、昔からずっと無駄遣いを嫌い、欲しいものも高かったら絶対ねだってきません。小さいころからおもちゃを買ってあげても、「こんなことにお金を使ってほしくない。」と怒られました。
    本当に不思議です。逆にお金に執着するというか、ケチすぎて、心配になります。

    これは2歳ぐらいから、このような傾向があります。
    どう考えても、生まれつきの性格が関係していると思います。

    ユーザーID:1864307702

  • 金持ち関係ない

    世帯収入1000万超えてないですが、うちの息子もそうですよ。
    壊したら買ってもらえばいい、無くしたら買ってもらえばいい。
    傘なんて半年持ちませんし、靴もサイズアウトする前にボロボロです。
    学校で使う文具なんて、無くしたと言って買えば半年後に出てきたり酷い物です。

    なので、これは金持ち関係ないです。
    親のお金の使いたです!

    私は自分が浪費家だと自覚しています。
    欲しいものがあれば悩まずに買う。
    子供にも必要だと思うと、買っていたので、その結果です。

    なので、早めに正さねば!と思い、小学生高学年になりますので、お金の価値の話をよくします。
    この前は、携帯を紛失したため、紛失サポートに入っていたので本体代は不要でしたが、手数料や送料分はしっかりお小遣いから払ってもらいました。

    ユーザーID:2393878038

  • トピ主さんの問題

    ついつい子供に使ってしまうのはトピ主さんの問題であって、お子さんの問題ではありませんよね?

    私は親に「うちは貧乏だから」と、質素に、言い換えればせこく育てられました。
    なるべく無駄はないようにと育ちました。
    が、ある程度大きくなって知ったのは、親の年収は4000万以上であった事。
    自分の家は貧乏だと思っていたので、ビックリしましたよ(笑)。

    「お金があるとどうしても使ってしまう」のはトピ主さん自身の問題です。

    ユーザーID:4313891879

  • うーん

    うちも欲しいものは大抵手に入る生活です。
    物を大切にしないと言うよりも雑です。
    ですので、最初は与えますが修理や買い直しは自分で、と伝えています。
    私にとっての高級品であるスマホも最近の子にとっては当たり前の持ち物で扱いも雑です。
    私は割れたスマホを平気で使うのは絶対嫌で我が子にもそれは言ってあります。
    「スマホの画面が割れてそのままにするなら解約する。解約が嫌なら自分で店まで行くかして直すこと」
    と伝えていたらこの前お小遣いで直してました。
    店まで行くのは面倒だったようです。
    贅沢だなぁと思いました。私自身が「手間をお金で解決する」主義ですが子どももそう育ってしまったようです。
    ですが、自分のお金を使ったことで以前よりはスマホの扱いは丁寧になりました。
    こうやって少しずつ経験して成長するのでしょう。

    ガツガツしてないしハングリーでもないので進学校ですが今ひとつ成績が伸びません。
    「国立のみ」とか「下宿禁止」と言われている子の方が頑張ってます。

    お金の問題と言うよりも育て方の問題だと思ってます。

    ユーザーID:8471658984

  • 見当はずれ

    お金があるかないかの問題じゃないですよ、まず性質。
    そして子どもがお小遣いをためてやっと手に入れたモノじゃないから壊れても無くしても平気なんです。スマホは?持ってるならそれは頻繁に壊したり無くしたりしないんじゃ?なくてはならない大事なものだからです。


    男の子は扱いがおしなべて雑です。
    うちの息子が中高生の時に見ていて納得したこと・・男子は傘を無くす壊すのと自転車パンクさせるのが趣味である、です。


    無くす壊すっていったいなにをそんなに?
    その程度がよくわかりません


    お金がないほうが子育てには良いと思うのなら
    そのように生活すればいいだけのことじゃないですか?
    貯蓄が増えていいじゃないですか

    子どもにはうちはお金持ちじゃない、むしろ貧乏ですと言えばよろしい。

    ユーザーID:9071522865

  • レスします

    本当のお金持ちは物を大事にします。壊れても修理して使い、最後まで使いきります。
    逆にそこそこのお金持ちは無くしたり壊れたら買えばいいという方が多い気がします。
    お金に困っていないから、なくしたら買い替える、壊れたら買い替える、それを繰り返すのを見ているから、物を大事にしないしお金使いも荒くなるのではないでしょうか。

    もしかして、子供の時からお小遣いをただ与えるだけで、お小遣い帳をつけさせるなどのお金の管理を勉強させていなかったのではありませんか?
    毎月の額を決めず、お小遣いがなくなったら与えるを繰り返していたら、限りあるなかで遣り繰りする事は学べません。
    無くしたらすぐ買って貰える環境もいけません。
    私の従兄弟の子がそういう環境だったので、新しいおもちゃはしょっちゅう買ってもらってましたが、すぐ壊す、無くす、飽きるのも早いで、おもちゃや服がいつも部屋中に散らかってました。

    ユーザーID:4231387238

  • 今から教育を

    同じようなレスがついてるかと思いますが…
    お金の問題ではなく、育て方の問題です。
    壊したら物を大切にする事を伝えず買い与えておしまいにしたのは主様ご本人です。
    タレントの関根麻里さんは、愛用のリュックや財布をボロボロになっても使っていると夫であるKさんが言っていました。
    主様のご家庭より収入のある関根家でも物を大切にする事はきちんと伝えられています。
    今後、苦労するのはお子さん達です。
    ぜひ今からでも伝えていきましょう。

    ユーザーID:4808311228

  • トピ主です

    たくさんのレスありがとうございます。

    うちが大した金持ちではないのは重々承知です
    。子どもに資産を残せるわけでもないでしょうから、だから余計に悩みます。
    字数の関係上、詳しくは書いていませんでしたが、うちで一番お金をかけているのは子どもの教育です。
    習い事は好きにさせてきました。
    外食も殆どしませんが、競技スポーツをやっているので食費は他の家庭よりも多いと思います。

    モノは極力与えず、服も安いものですし、家は中古マンション、車も10年買い換えていません

    だけど、物をすぐなくすし、壊します。
    手袋なんかはワンシーズンもったことがなく、100均のものにしていましたが、最近はそれすら買ってやらないことにしました。

    先日は、サッカーボールの空気圧計を部活に持っていき、壊れてかえってきました。
    指摘すると、あーそれ壊れたわ みたいな態度だったので、私もブチ切れて取っ組み合いの大げんかになりました。

    夫もすぐ物を無くす、壊す人で、そういうのも影響あるのかもしれません。
    母親が質素だったというご意見が多くあり、やはり母親の影響が一番大きいのかと思いました。

    私自身はコツコツと仕事を続けてきたご褒美に、趣味のおしゃれを高すぎないブランドで、常識の範囲で楽しんでいます。
    服やピアスを買うくらいですけど、確かに他のお母さんよりは数を持っているかもしれません。
    友達とも月一くらいで遊びに行きます。
    お金を使うことはそれくらいです。

    それが子どもの勘違いを生んでいるのかもしれません。
    ほぼ1人で子育てしてきたため、ストレスの発散といえばそれくらいしかなかったのですが、たしかにしっかりしているお母さんというのは華美な服装はしていない方が多いように思います。

    比較的母親になるのが早くて、一生懸命ではあったけど考えが浅かったのだなと今になって思います。

    ユーザーID:3038449638

  • ホントのお金持ちって

    質素に過ごされてるかと思います。

    年収いくらだとか言わずに
    人の為にお金使われるんじゃないでしょうか?


    物を大切に使うことは
    生活するにあたっての、基本ですよ

    年収、数千万の方々は
    どなたを比較してるのでしょうか?

    いつも、疑問です

    よい子に育つといいですね

    ユーザーID:7018673009

  • 子供ってそんなものですよ。

    今の子供さん、多少の差はあっても、そんなものです。育て方を間違ったわけでもありません。
    しっかりしたお子さんもいるでしょうが、ほとんどの子がそうだと思います。ここは日本ですもの。
    ひどい貧困家庭などとは比べようがないですが、お金がある方がいいに決まっています。選択肢が違いますから。
    多額のお小遣いを与える等、極端なことをしていないなら、自分で働くようになれば自分のお金は大切にするものです。
    あまりに気にする必要はないかと思います。

    ユーザーID:4081816793

  • すごいすり替え

    お金があることがいけないのではありません。
    あなた方両親の「お金の使い方」と「子への教育」に問題があるのです。

    ダウンタウンの浜田さんにはご子息が2人いらっしゃいますね。
    昔、長男さんが学校の友達から「お前カネ持ってんだろ」とカツアゲされそうになった時、そのご長男は
    「親は持ってるかも知れないけど、俺は持ってない」
    と答えたそうです。

    言ってる意味、分かりますよね?
    教育次第です。

    ユーザーID:0927301379

  • お金の有無ではなく、価値観や行動が全て

    資産家ではありませんが、世帯収入トピ主以上の家庭で育ちました。
    祖父母もそれなりの収入の家庭でしたが、母親は堅実でしたよ。
    なんとなく、お金がない家庭で育った人の方が子育てに余計なお金をかけているように思います。
    お金がある事が当たり前になると、敢えて見栄を張るためのお金の使い方はしません。

    ユーザーID:5892432478

  • 親を映す鏡

    あなた方夫婦がどういう子育てをされているのかは分かりませんが、問題は家にお金があるのかどうかではなく、親であるあなた方のお金に使い方だと思われます。

    親が物を大切にする家庭では子供も親の影響をうけるので自然と物を大切にする感覚を学び取ります。

    ご主人の事が書かれていませんが、ご主人も物を大切にする人ですか?

    中学生なら傘くらい自分で買わせたらいかがですか?

    高価なものはこれを失くしたら次は自分で買えと言う。

    親が変われば子供も変わります。

    ユーザーID:0668215733

  • 親の姿勢、価値観の違い

    友人の家は資産家で、ご両親経営者で、大金持ちです。が、彼女は一般の人と結婚をし、一切親からの援助はなし。ですが、お父様の相続でかなりもらったらしいですが、生活は変えない。

    それは、彼女の親も彼女も「親が稼いだお金。」という意識を持っているから。
    家族旅行は、両親はビジネスクラスか、ファースト。でも子供たちはエコノミー。たまに親が見に行き、周りの人やCAに「うるさかったら、構わず叱ってくれ。」と言っていたそうです。理由は、子供を旅行に連れて行くのは世界を見せるため、良い気持ちにさせることではない。と、彼女のお母さんは言ってましたよ。

    一方で、ツアーに参加した際、エコノミーでも60万ぐらいしたところでしたが、小学生の子供が親と一緒にビジネスでした。生意気でまるで自分で稼いだような使い方で、親への態度も生意気。
    最後のころは、中でも浮いてましたね。夕飯の時、年配の方がお母さんにおっしゃってましたよ。
    「子どもを勘違いさせたら、なかなか治らない。それは躾ける人間が勘違いさせたから。御嬢さんはわざわざ、こんな秘境に来たがったのか?」
    すると父親が、「もう行くところがないほど行った。」すると、年配者が「頭には入ってないと思うよ」と。

    今の時代子供はどんどん親の躾、価値観で差が出てきます。
    電話一本、きちんと取れる子が入社した場合、飛び跳ねるほどうれしいと言った人事の友人の言葉がよぎります。
    自分でスマホを持つ時代、たかが電話、されど電話、すべてにつながっていくのが躾です。

    ユーザーID:2479317705

  • そんなもんよ

    思春期(?)の男子。
    そんなもんよ!腹立ちますよね。

    お金に余裕があろうがなかろうが、粗忽な男子のモノに対する扱いの悪さや失くしものの多さや親に対する生意気さは変わらないと思います。

    もちろんそうじゃないお子さんもいるでしょうが、周りの男の子のお母さんたちによくよくきいてみるといいですよ。(収入の話はもちろんなしで)
    かなりの確率で、そうそうそうだよねーうちもうちも、という話になると思いますよ。

    教育の問題じゃないと思います。

    それと、これは蛇足ですが…思春期男子でそのへんすごくきちんとしている子は、何もかもきちんとしていて、要求水準も高く、将来パートナーが大変なんじゃないかななんて思ったりします。(夫がきちんと潔癖派で時に息苦しいので…息子はだらしないですが)

    ユーザーID:5121872030

  • あなた方ご夫婦の行動

    親の生活態度で決まると思います。
    欲しいものを我慢させずに買い与えていませんでしたか?
    お金があると子育てに良くないのではなくて、躾の問題です。

    子育てと躾には、物やお金は少し足りないくらいがちょうどいい、愛情は溢れるほど、と教えられました。
    我慢させることと、お金や物を大切にすることは一体です。とても大切な事ですよ。

    お子さんたちは、物を壊しても失くしても、また買ってもらえると知っているから、そういう行動をとるのです。壊した、失くした、で困ったことがないんじゃないですか。
    それは全て、親の生活態度を鏡にしていると思いますよ。
    困った経験をさせなさい。そうでないと、お子さんたち、将来つまずきますよ。

    ユーザーID:2424898229

  • 間に合いますよ

    じっくり考えてみましたが、原因として可能性が高いのは

    ・親のお金の使い方がゆるい(基準が不明確、欲求を簡単に満たす)
    ・お金を使う価値があるものは何か、教えていない
    ・使えるお金は有限である、と教えていない
    ・お金を稼ぐことは大変だ、稼いだお金は大切だ、と教えていない

    こういった所ではないでしょうか?

    我が家も年収はトピ主さんに近いですが、
    子供が4歳の時に、ものをなくしたり壊したりすると
    「じゃあまた買おう!」などとあっさり言うのを見て、
    「これはまずい」と思いました。
    なのでトピ主さんのお悩みはよく分かります。

    我が家の場合、本は無制限に買ってあげる方針でしたし、教育と子供服にもお金をかけていました。
    外出時のお茶(おやつ)にも気前よくお金を使っていました。
    また手土産やプレゼントなど、交際費もかけていました。

    逆に節約していたのは食費、親の娯楽費、通信費、交通費などです。

    ですので子供からは節約の部分は見えず、見える部分では気前よく使っており、
    また基準について、金額について、バランスについて、まだ教えていませんでした。
    そこで少しずつ、わかりやすく説明するようにしました。

    またお金を稼ぐのがどれほど大変か、
    それを全部使ってしまったらどんな問題があるか、
    じっくり話して聞かせました。

    一緒にスーパーやドラッグストアに行き、物の値段について話して聞かせ、
    「栄養のある食品、害のない食品にはお金をかける価値がある」
    「人を喜ばせるためのお金は、高すぎなければ積極的に使って良い」
    「おもちゃやおやつなど、自分の楽しみになるけど必要では無いものは、使い過ぎない方が良い」

    そして使う際に「こうやって頑張ったから買えるんだよ、ありがたいね」
    「ありがとうって思いながら大事に使おうね」と話しました。

    まだ中学生なら、じっくり話すことで変わると思いますよ。

    ユーザーID:6963358188

  • 難しいですよね。

    断捨離が流行ったり、ミニマムライフが流行ったり、
    ものは所有せずに必要なときだけ持つほうが賢いという世の中では
    ものを大切にする心を育てるのは昔以上に難しいと思います。

    ユーザーID:8071510934

  • 結局こういう

    子供の生活感って「現状の親の背中の生き写し」になるんじゃないかと思ってますね。

    過去貧乏だった状態を子供は知らないわけで、そのつもりで生活しろと言われても無理ですよ。
    質素倹約を身につけさせたければ自分たちも一緒にそういう生活をしましょう。となりますが、きっとそれってトピ主夫婦は文章を読む限りはできないと思いますね。

    「昔がんばったんだから、私たち(少なくとも私)は昔ほど貧乏生活をするつもりはない」
    この気持ちがある限り子供はその気持ちの上に成り立つ生活環を獲得していくでしょうよ、裕福・貧乏関わらず人間として当たり前というか。

    ただそういういわゆる昔に比べて裕福な生活が悪いことなのかと言われると、そんなことはないとも思いますね。

    誰の何に焦点を当てて人生を過ごすか?っていう観点で幸せを最大化すればいいのでは。という感想に落ち着きますね。

    子供に質素倹約を覚えてもらうにはどうしたらいいか悩んでおられるみたいなので一応。
    「お金は墓場まで持っていけないから生きているうちに使わないともったいない」。この考え方から脱却してトピ主夫婦も一緒に質素倹約して生きることができれば、子供に質素倹約を教えるにはプラスになるとは思います。

    ユーザーID:0909443655

  • レスします

    結局の所、品物の金額に関係なく、物を丁寧に扱うように躾してこなかったご両親のせいだと思います。

    我が家は母は普通でしたが父が躾に厳しくて、箸の上げ下げはもちろん、物を投げたり本を手荒に扱ったら物凄く叱られました。
    お茶碗にご飯粒を一粒でも残してご馳走さますると、食べ物を粗末にするなと叱られました。
    そういう風に躾されたせいか、私には兄も弟もいますが二人とも程度の差はあれ、物の扱いは丁寧な方だと思います。

    比べて母方の従兄弟の親はそこまで厳しくはなく、本は買って数日でページが折れ、一ヶ月後遊びに行くと本の綴じの剥がれが目立ち、半年もするとぼろぼろになっていました。
    全巻揃っているはずの漫画も家中あちこちに散らばっていました。おもちゃもすぐに壊し、学校の教科書もぼろぼろでした。

    ちなみに父はお金使いは荒く、しょっちゅう会社の方と飲み歩き、欲しい本があればお小遣い以上に買う人で、母は滅多に遊びには行かせてもらえず、新しい服なども滅多に買わない人でした。
    でもたまに父が指輪やネックレスを買ってくれていたらしいです。

    ユーザーID:4231387238

  • トピ主さまもお子さんも正常です

    こう見えて学習塾講師です。
    私の目には全く普通に映ります。
    手袋なくす?
    寒ければ軍手でいいじゃないですか。
    空気入れ壊してケンカ?
    それだけ消耗したんです。
    子育てはお金がかかります。
    大人の目から見てつまらないことで物が必要なことは男女問わずあります。

    そんなもんです。
    健全に成長なさっている、立派なご家庭のお子さん達です。

    ユーザーID:0329771040

  • 間違いというか

    職場に金持ちの一人娘がいます。
    服はブランド物を着ることが多いですが、大量にある訳でもないし、自分の給料でしか買わないそうです。
    ネックレスとカバンはご両親からのプレゼントだそうで、ハイブランドの…買えません(笑)という相当なお品を持っていましたが、節目の記念の時に親からプレゼントでもらったとか。その品物を買えるのはさすが金持ちといったところですが、普段は特段高価なものを買ってもらったりとかなかったそうです。
    それを贈ってくれたのは、お店でキチンと手入れをしてくれるし、一生モノとして数少ない高価なものを大事にして欲しかったからだそうで。作りが違うから、中途半端なブランドや衝動買いを大量にするのではなく、意味のあるものとして無駄使いをさせない為らしいですよ。
    家族旅行は稼いでいる両親の希望やリフレッシュ目的もあるから、良いところに行ってたみたいですが。
    要は使い所でしょう。

    間違ったなんて言わず、今から矯正しないんですか?
    ものを大事にせず、いつでも欲しいものが手に入るのは子育てを間違ったのではないと思う。子育て間違った・って子どもに責任負わせて匙投げているみたいです。
    何でも与えられたというのは、現金のあるなしじゃなく、もっと収入が低い世帯でも起こっている事です。
    つまり、親が子どもに好かれるために手っ取り早く物をあたえれば、子どもが懐いてハッピーまたは楽チンとどこかで感じていたからでは?親の手抜きなんですよ。

    今からするのは、与えないこと。
    与えてもらうのが愛だと信じてしまったお子さんから見れば裏切りであり、嫌われる行為です。
    しかしそれが諭すことを避けて手早く子どもの心を手に入れようとした親のツケです。
    長い戦いになりますが、頑張って。

    ユーザーID:2950533507

  • あえて修理したらどうでしょう

    100均の傘が壊れても、あえて修理屋さんで何千円かかっても修理して1つの傘を使い続ける。
    壊れない為にも傘は丁寧に扱う。床に置いたりしない。

    玩具が壊れたら子供がいる時に何時間もかけて親が修理姿を見せる。直らなかったら、また次の機会に根気よく直す姿勢を敢えて見せる。買い直す時には、子供と一緒に修理してみる。
    壊れた物を簡単に捨てない。

    親がジュエリー沢山持っていても、それを大切に磨く姿を見せる。子供がいる時にリビングで1つ1つのジュエリーを丁寧に磨きましょう。小さい子供なら一緒にしたいと言ってきますよ。その時にこのジュエリーはいついつ買って、どれだけ大切にしているか教えるのです。数の多さは関係ありません。私の母は数は少なく粗末に扱う人でしたが、祖母は数も多かったが物を大切にする人でした。

    子供が大きいのなら一緒にジュエリー買いに行くのも良いですね。即決で買わず、あえて何日も何回も見に行き吟味して買うのです。

    服も修理しましょう。着なくても教育の為に修理してもらうのです。そこにお金かけましょう。

    ユーザーID:3527218668

  • 生まれつきに見えます

    ・よく物をなくす(不注意)
    ・よく物を壊す(身体の使い方が不器用、微細運動が苦手)
    ・父親も同じ傾向

    となると、育ち方と言うより、脳の器質的な遺伝だと思います。
    (障害という意味ではなく、親子が似ている、程度の意味です。)

    私の夫は素晴らしく物を大事にする人です(デニム15年とか靴10年とか)が、良いものを買って長く使うタイプです。
    息子さんにこだわりのあるタイプなら、例えば傘はモンベルの折り畳み(軽量コンパクトで振るとすぐ水切り出来ます)を渡して、その快適さに目覚めさせたら、大事にしませんかね…??折り畳みなら常に鞄の中か家で干す、となりますから、無くしにくいのでは。

    或いは、漫画『インベスターZ』を読ませるとか。
    時は金なり、で、お金の無駄遣いは時間の無駄ですよね。
    ご両親に似て賢いお子さんでしょうから、物を無くしたり探したりすることの馬鹿らしさに開眼するかもしれません。

    ユーザーID:4973793399

  • トピ主さん面白い方ですね

    >>お金を使うことはそれくらいです。

    「金持ちの子育て」というタイトルでトピを上げておきながら、「お金の使い方が荒いんじゃないの?」と突っ込みが入ったら「そんなに使ってません」って。

    じゃあ「金持ち」関係ないじゃないですか。
    お金があるから、物を失くしてくるわけじゃない。

    まずは、ちゃんと「原因」を分析しないと「解決」出来ませんよ?

    心配なのは「いじめ」ですね。

    うちの息子は一時期、水筒を頻繁に失くしてくることがあって、真っ先に「同級生に隠されたりしてない?」と突っ込みました。
    「持ち慣れない物だから、忘れちゃうだけだよ」と言うので、水筒持たせるのは諦めて、ペットボトルの飲料を渡すことにしました。忘れてきても問題ないですから。


    注意力の無い子もいます。

    壊してくるのなら、壊されたら困る物は渡さないことです。
    取っ組み合いのけんかになるほど大事な物なら、持って行かせないしか手はありません。
    さっそく、息子さんの部屋を点検して「壊されたら困る物」をすべて回収してください。

    「もったいない」という気持ちが育ってないんじゃないです。

    物の管理の仕方を覚えていないんです。
    最近は片付けを子供に覚えさせるのはエリート教育とかで、子供向けのお片づけ教室などもあります。

    親子で参加して「物が無くならない管理の仕方」を一緒に勉強してはどうでしょう?

    トピ主さんは「自分が子供に言うことをきかせなくてはならない」という意識が強すぎるんだと思います。

    子供は自分で育ちます。親が無くても子は育つと昔から言いますでしょ。
    親がすることは、木の上に立って見守ることです。そういう字でしょ「親」って。
    支配欲を捨てたら、別の面も見えてくると思いますよ。力を抜いてください。

    ユーザーID:6960947806

  • 気になったので

    >サッカーボールの空気圧計を部活に持っていき、壊れてかえってきました

    ひょよっとして、いじめられているのじゃないですか?

    隠されたり、壊されたりって・・・
    でも親に言うと、自分のプライドが傷つくので言えない

    そんなこともあるのですよ

    ユーザーID:4544844635

  • おつかれさまです

    育て方というより、お子さん達の個性の問題ではないでしょうか?
    あとは、自分が小さい頃不自由したから、自分の子供にはそんな思いさせたくないと、物を買い与え、物の大切さ、価値をわからせなかった?
    今からよーく教えてあげたらいいと思います。
    うちは、姉弟の思春期の子供たちがいます。
    我が家でも傘は壊してしまい、男の子には何本買ったか。
    姉は壊しませんでした。
    上履きも同じ日に買ったのに、汚れ具合がひどいです。切れたりしました。
    トピ主さんが、ピアスや洋服をたくさん持っていること、お友達と月に一度程度遊びに行くことは関係無いと思います。
    ストレス解消は絶対必要ですよね。

    ユーザーID:6049030514

  • 安物を買うからでは?

    私の実家は派手でしたが、物は修理して使うのが当たり前でした。

    バスタオルが痛むと足ふきタオル、それがほころんでくると雑巾。浴衣やさらしも台ふきんにしたし、傘、包丁、まな板食器などの日用品はもちろん、ブランドのバッグ、靴、洋服も大好きですが直したりリメイクします。

    ですから新しい物が増える事はあっても、捨てる事は滅多にありません。本当の資産家はここで物を増やすのも我慢するので、うちは割と浪費の家だったと思います。

    今私は自分の家庭を持っていて実家よりもはるかに一般家庭ですが、同じように修理して使いたくなります。そうしないと勿体ないような感じがするんです。

    確かに今の100均やリーズナブルな物は「お値段以上」ですが壊れると直せず捨てるしかないので滅多に買いません。

    長く使えるいいものを買って、修理して使うような使い方をさせたらいかがですか?

    ユーザーID:2024579976

  • とても共感出来ます。

    何か荒れそうだなと思っていたら、案の定ご批判のレスが多いですね。
    しかし、気にしなくて良いです。私はとてもあなたに共感しております。

    勝手に想像しますが、トピ主さんは都心部在住ですか?
    だとすればうちと非常によく似た環境で、同じ悩みを抱えております。
    うちは物は壊さないのですが、すぐに無くす、落とす、忘れる、です。
    腹立たしいことに、本人は平気な顔。
    同じことを繰り返します。

    どうしたらよいでしょうね?本当に。

    代々の資産家ならその家に続くようなやり方があるのでしょうが、親が資産家ではないのに子は小金持ちになったパターンは、育て方の蓄積や経験がないので自分もどうしたら良いのかわかりません。
    私も貧乏育ちなので、ここからどう這い上がるかってことばかり考えておりましたが、こどもはまったくそんなことは考えておりません。
    将来、こどもが同じ生活を送ることは無理でしょう。
    もちろん言ってはおりますが、理解はしていないでしょう。


    お金はあるにこしたことはないですが、将来生活の質が落ちるであろう子供のことをかんがえると、「子育てに関してはお金がない方が良い」ことも一理あると私も思うのです。

    ユーザーID:2320154695

  • タイトルがすごくて

    物を大事にしない事、あるのに新しいものに飛びつく子供。。。今時の子って、みんなそうなりがちなのではないでしょうか。

    私は、夫がトピ主と同じような世帯年収です。私は、子供が小学生になったと同時に仕事は辞めました。
    お小遣いは基本与えていませんし、普段の生活に必要の無いものは一切買いません。
    基本的に流行りのゲームはお年玉や祖父母から頂いたものでお小遣いで買わせています。子供達にはお年玉が多すぎだと、思ってますので。本人たちもお小遣い無しで年間でバランスを考えてやりくりしています。傘も一度買えばずっと使い続けるので、我が子、、下手したら小学生の間買い換えてないです。サイズアウトは別です。
    本も基本的には図書館で毎月一気に借りますし、、。そうですね、、普段の生活には、お金を使わないです。
    ただし、快適にしたいところや、ゆとりのある時間や空間を大事にしたいなと思ってます。
    子供達とも時間が一番の贅沢だと思ってるので。

    我が家、お金はどこで使ってるのか、、
    注文戸建て住宅にして、家を広く快適にスッキリ見せたりや、子供には色々な世界を体験して欲しくて大きな国内外家族旅行は毎年しています。学校の友達としているのは、畑を購入しお米の稲刈りや泥だらけで遊ばせたり、先日の節分は、時間をかけて大豆を煎って作って見せたり。日本昔話に出て来そうな古民家の宿泊なんかも大好きでよく行きます。習い事も毎日忙しいですが、、。こんな私なので、子供達は買い物の際とても慎重です。我が子はお金の大切さをわかってる方じゃ無いかとは思います。なので我が家はお金持ちでは無いです。すみません。

    ユーザーID:3017636848

  • 自分で弁償させてもだめなのですか?

    我が家は小学生の子供でも一部弁償させます。
    勉強やお手伝いで家庭のポイントがたまるのですが、そのポイントで支払わせます。
    おこづかいはあげてません。
    自分でポイントを稼いで、欲しいものがあれば交換できるシステムです。

    中高校生なら、おこづかいから現金をさっぴきます。物や理由により、差っ引く割合は変わります。
    全額親持ちで買ってなんてあげません。

    如何ですか?

    ユーザーID:6868271741

  • よく分かります

    いろいろ批判レスも見受けられますが、
    私は(高校生男子の母)トピ主さんのおっしゃりたいこと、よく分かります。

    うちはトピ主さんのような収入があるわけではないのですが、
    同居の両親が孫のためならお金を惜しまず高い果物を買ってきたり、
    病院の行き帰りにタクシーを頻繁に使います。

    うちの子も小学生の頃は傘はさんざん壊して帰ってきました。
    それ以外にも、勿体無いことをする様子があって、この子は大丈夫か、と心配しました。
    つまる所、うちでお金に困っていないことが伝わっているからかな、と考えました。
    トピ主さんとそっくりな心配の仕方をしてきました。

    でも、その反面、いいところもあるのだ、と感じています。
    お友達とのやりとりを見ていたら、とても気前がいいな、と感じます。
    お友達に何か貸してと言われたりしても、物惜みせずに貸してあげたり。
    人にプレゼントするのが大好きみたいだし。

    まぁ、未だにお金の有り難みは分かってないな、と思いますが、
    働きだしたら、嫌でも分かるから、まぁいいか、と思うことにしています。

    親が贅沢をしようがしまいが、結局、お金にゆとりがあるかどうかは
    ふとしたことで伝わるものだと思います。

    ユーザーID:0130290595

  • トピ主です2

    皆さま、レスありがとうございました。

    中には気持ちをわかってくださる方もいて、力強く思いました。

    やっぱりちょっとしたことも大切なのだなと皆さまのレスから改めて感じました。
    すぐなくすから壊すからという理由で100円均一で買うのも逆に良くないのかな?と悩んでいましたが、修理の方が高いから買い換える、型が古いからまだ新しいのに買い換えるとか…
    今の暮らしでは多いことですが、やっぱり良くないですね

    あと、こういうタイトルにすると、反発食らうだろうなとは覚悟してトピを立てました。
    やっぱり批判的なご意見が多くありましたが、
    世帯年収2000万はやはり高所得な部類だと思います。高所得じゃないという方もいましたが
    いろんな金銭感覚の方がいて勉強になりました。ありがとうございました。

    ユーザーID:3038449638

  • あってるのかわかりませんが、、、

    大した資産はありませんが
    共働きですから物を買うのに困るわけではありません。

    我が家の場合は、、、
    1番はじめに買うものを高価でも、本人の気に入った物を買います。その代わり、それは多少壊れても買い替えたりしません。
    買う時点でもしっかり大事に使うように、もう買い替えない事を伝えますから、困ろうが泣こうが聞く気はありません。

    そして、欲しいなら自分のお小遣いで買うように伝えます。手伝いしたら1日100円の約束なので大概の物は買えます。その代わり数万するゲーム機でも1年お金貯めれば買えるねと話すことで、親に頼めば買ってもらえると思わせないように考えてます。

    そして、夫です。
    すぐ無くしたら買ってと言い出す人ですが、、
    同様にしてます(笑)

    ユーザーID:0865509934

  • 子育ては難しい

    海外です。
    こちらには「もったいない」という感覚があまりないようです。もちろん、そういう類の言葉もありませんね。

    失礼ですけど、うちよりずーっと収入の低い方々(うちは政府の優遇措置や子供関連の一切の援助はない収入レベルですが、皆さんはそういう援助をほぼ全て受け取っておられるそうなので)でも、モノを大切にしませんね。
    学校の制帽なども1年に4つも5つも失くして、その度に親がさっさと新しいのを買ってやっているという話を普通にされます。しかも複数人の方々。そういう人が「普通」みたいで、落とし物入れには帽子や制服の上着が山のようにたまっています。
    名前が書いてあるものもたくさんありますが、落とし物入れまで探しに行く親子はそもそもいないようです。

    うちは、小さい時から物は大切にを繰り返してきました。「もったいない」の言葉も使って、コンセプトを教えてきました。
    帽子を盗られた時も、もしかしたら打ち捨てられて落とし物入れに入るかもしれないからと1週間は毎日落とし物入れを見に行きました。

    なので、帽子を盗られた時に子が発した言葉は「ごめんなさい。」でした。カバンの口が開いていて盗まれたようです。
    他のお母さんが「お宅のお子さん、お母さんに怒られちゃうって言ってたよ。」と教えてくれました。それを聞いて、私は厳しくし過ぎているのか?と内省しました。

    うちは必要だと思うものは高品質のモノや高額な選択をしますが、「なくなったら又買えば良い」という態度は基本的に無しです。
    どういう基準で躾けるかはそれぞれの家庭の考え方ですが、本当に難しいと思います。

    ユーザーID:4624522397

  • お金持ちなのは解りました

    でもお金の使い方がヘタなのは事実。それと急にお金が入った人ではなく代々の資産家は質素な生活をされてますよ。その基本は良いものを長く大切にする、ですよね。

    トピ主さんのお金なのでどう使おうかは自由です。ぶ一ぶー言いながらもやはり買い与えちゃうんでしょうし。
    ただ安物を数多く持つ子供の家はだらしないイメージなんですよ。

    ユーザーID:0164656030

  • 家も同じような状況でした

    家も貴女のところと同じような状況でした。
    一生遊んでも食べてゆけるほどの資産は無いけど、周りの友人達の家庭と比べるといつでも苦しい家計ではありませんでした。
    子供達は中高一貫校へ通わせてからは、周りもゆとりのある家庭の子が増えたので余り気を使いませんでしたが、とにかく「家は本当はお金は無いのよ!」「贅沢をしないようにね」と言って持ち物も質素にしていました。
    ある時息子に「お母さん、家はこんなに大きな家に住んでいて、家族で海外旅行に行ったりするのになぜ貧乏なの?要するにお母さんがケチなんだよね」と言われました。
    それでも私は子供達にも私も贅沢はしませんでした。
    物を壊したり、無くしたりしたときも一定期間我慢させました。
    夫は社会的な立場もあるので、それ相応の身なりもしていましたし、お小遣いもよそ様の倍は使っていたと思います。
    その子達が今では医者と会社経営者になっていますが、湯水のようにお金を使っています。
    自分の稼いだお金を使っているので、何も言いませんが私は相変わらずブランドにも縁遠く、堅実な老後を送っています。
    海外旅行にも散々行きましたし、今は食材を吟味し健康に気を付けています。
    親は後ろ姿で子供に伝えていると思います。

    ユーザーID:1958322378

  • どう言えば話が通じるのでしょうか。

    >>世帯年収2000万はやはり高所得な部類だと思います。

    トピ主さんのお話では。
    「金持ち」であることと「お子さんが物を失くしてくること」に関連が無いです。

    例えばね。
    世帯年収が2000万円あるから、子どもの小遣いは月5万円にしているんですが。
    やはり、そのせいで物を大事にしないんでしょうか?

    とか、おっしゃるのなら「金持ちの子育て」ですけども。

    >>手袋なんかはワンシーズンもったことがなく、100均のものにしていましたが、最近はそれすら買ってやらないことにしました。

    お子さんにお金使わせてないじゃないですか。
    だったら、世帯年収が300万だって、同じことでしょう?

    「金持ちの子育て」とトピタイトルに書いたのだったら「金持ちの子育て」にふさわしいエピソードを書いてくださいよ。

    それと。

    >>それが子どもの勘違いを生んでいるのかもしれません。

    お子さんは何も勘違いしてませんよ?
    トピ主さんは「うちは高額所得者」と思ってらっしゃり、お子さんも「うちは金持ち」と思ってらっしゃる。
    問題ないですよ?

    まあ、多少、トピ主さんの言い分にイライラしているのは認めます。

    >>子育てに関してはお金がない方がいいように思うのです。

    あるお金は隠せばいいけど、無いお金はどこかから調達しないといけません。
    奨学金とか、アルバイトとか、パートとかね。
    お金があるほうがいいと、私は思います。
    なんでこんな傲慢なことを言えるのか、という意味では腹を立ててます。

    トピ主さんは理解できないでしょうけどね。

    「金持ちの子育て」というタイトルに対しては、タイトルと中身が合ってないじゃないか、という意味で、びっくりしてます。

    反発というか。大丈夫ですか? というカンジです。

    ユーザーID:6960947806

  • 我が家の場

    専業主婦で子供一人、主人が1000万くらいなので、主さんの半分くらいです。
    私の趣味が裁縫のため、息子は靴下が破れたら繕うもの、シャツやズボンは母が作るもの、サイズアウトしたお気に入りの服は小物や帽子のリボンになるものと思っています。実際はすべてではないですが、何割かはリメイクして楽しんでいます。
    そのせいか、なんでも捨てるのが嫌。サイズアウトした靴は捨てるのではなく、必ず貧しい国の誰かにもらわれないといけない、捨てられるなら家に置いておくと言い張る(まぁ下取りもあるので取って置いたりしてますが)。友人とフリマをするのも息子は実は嫌々です(手放したくない)。
    これは母親を見ているからかなと思います。
    ちなみに私の友人は我が家の年収の半分以下ですが、趣味が買うことで、新しいおもちゃやゲーム、グッズは買います。
    私があれどうだろう、気になるのよ、吟味してるんだと話すと、もう持ってることが多い。
    そして彼女の子供も物が壊れたらポイ、下手したら入手したそばからポイ。そこに年収は関係ないようです。
    小学生なのに3歳のおもちゃを手放せない息子も困ったものですが、やはり買って大事にするという姿勢を見せているかいないかで、子供も物への愛着(執着も)は変わってくるかと思います。
    また、地方ですし、まだ小学生の子供が欲しい物を買ってあげられるだけの余裕は主さんほどではないにしてもあるのですが、それは微塵も見せないようにしています。そんなにお金がない、というアピールはまましております。

    ユーザーID:1202565692

  • 息子さん達が

    息子さん達がアメリカの大学に行きたいと言いだしたら?
    医学部に行きたいと言いだしたら?
    結構厳しいと思いますよ。
    要は親がそういう教育を受けてきた人達にとっては2000万は金持ちじゃない。
    自分がそんな世界に無縁な育ち方をした人には2000万は高額所得者ということになるのでは?
    身の丈にあってない所得をうまく活かせてないと感じました。
    物をなくすとか壊すとかは所得全く関係ないと思いますよ。

    ユーザーID:6753071038

  • 高収入だと思いますよ

    >あと、こういうタイトルにすると、反発食らうだろうなとは覚悟してトピを立てました。

    高収入のマダムなんだから、”反発食らう”なんて書かないの・・。
    なんかね。
    表現がヤラシイんです。

    お金が無い方が子育てにはいいだとか。

    お金があっても質素に暮らしたらいいんです。

    >自分は貧乏な家庭で育ったので、常に親に気を遣っていました。物一つ買うでもものすごく悩んだし、大切にして使っていました。

    貧乏じゃなくても、昔はみんなそうだっだと思います。
    今みたいに100均も無かったですしね。

    お子様が中学生との事で、40歳前後かな?

    もうすぐ還暦の私なんて、
    晩御飯が玉子焼きとほうれん草のゴマ浸しだけと味噌汁、
    という事もありました。
    でも特別貧乏では無かったです。

    私は私立4年制大学、
    兄は下宿で大学院まで出ていますし。

    父の年金から考えると、普通より少しだけ収入の少ない家庭だったと思います。

    ユーザーID:2582511020

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧