現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

退職して新領域に挑戦した経験のある方いますか? 携帯からの書き込み

ぱっそ
2019年2月1日 0:22

初めまして!現在会社員の既婚子なし女33歳です。常識的に考えるとこんな年齢で何言ってるんだと思うのですが、どうしてもイラストレーターの道に挑戦したい思いが消えません…。期間を区切って本気で挑戦しようか悩み続けています。(例えば二年で○○円の収入に繋がらなかったら潔く撤退するなど)
イラストに限らず仕事を退職して新しい領域に全力投球されたご経験のある方の体験談やご意見をお聞きできればと思い投稿しました。
以下、私の状況です。

・既婚33歳女、子なし(今後も予定なし)
・大きくはないものの一部上場企業の総合職年収850万円
・上記を得るために20代は血反吐が出るほど努力しました。目的がある時はあらゆる手段を使いながら全力疾走するタイプです。
・旦那年収500万円、会社員、社員数名のオーナー企業勤務。本人は天職だそうですが、休日が極端に少なく夜中も仕事が入るので体力的に定年までは続けられない可能性。有り難いことに私の挑戦を強く勧めてくれます。良くも悪くも楽天家です笑
・貯蓄は私2500万、旦那800万。インドア派なので生活は質素です。いつ辞めてもいいように、辞めなかったらアーリーリタイア(そして絵を描く!)を想定してコツコツ貯めてきました。
・絵は平日仕事後と休日、暇さえあれば描いてますが、私の通勤距離が車で往復150kmあるため常に時間不足です…。結婚当初から旦那の仕事の状況が変わりどうしても引っ越せないことに。
・挑戦失敗した場合、現職同等の収入を得ることはほぼ不可能。最悪年収半減も覚悟しています。
・イラスト業主軸で今から生活できるレベルのプロになるのは並大抵でない努力と運とセンスが必要だと分かっているのですが、やらない後悔よりやって後悔…でも今まで積み上げたものを振り返ると踏ん切りが付かない…情けないですがこんな状況です。

ユーザーID:6928912515  


お気に入り登録数:3
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:4本


タイトル 投稿者 更新時間
私も悩んでます。携帯からの書き込み
ワカ
2019年2月4日 19:35

トピ主さんとは状況がかなり違いますが、私もハンドメイド雑貨で生計を立てたいと思っている40代の女性です。
しかしそれだけでは生活していくのは難しいだろうな、と考え、家賃の安い田舎に引っ越し、定時で帰れるパートタイムの仕事を探しました。空いた時間でハンドメイドを作ってネット販売を考えていますが、パートの給料では生活がかなりギリギリで、結局仕事を他に掛け持ちすることになり、自由な時間は少なくなるし、掛け持ちで体力と精神力を消耗し、雑貨を作る気力とモチベーションが上がらないのが私の現在の状況です。
私は独り者で貯蓄もあまり無いので、健康で働けるうちに働いて貯蓄を増やして、もっと歳をいってから自分のやりたいことに集中してもいいのかもしれない。などと考えています。
しかしトピ主さんは旦那さんにも経済力があるのですから、期間を区切って自分のやりたいことに集中してチャレンジしてもいいんじゃないか、と思います。
私も暮らすことに追われて、作品を作るアイデアが全く浮かんでこない今の状態に焦りと、将来に不安を感じています。
なんとか作ろうと思っても、アイデアを書き起こすことが出来ない状態はかなり辛いです。
作品を求めてくれる人がいれば、モチベーションも上がるのかもしれないです。
いきなり見切り発車するのもいいですが、まずはSNSなどで自分の作品を人に見てもらい、反応を見てみるのもいいのではないでしょうか?
やりたいことや作りたいものがあるのはとても幸せなことだと思います。
お互いに夢に向かって頑張りましょう。
応援しています。

ユーザーID:6797544171
トピ主です
ぱっそ
2019年2月9日 9:34

ワカさん、レスくださってありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ありません。

やはりお金の課題はハードルが高いですよね。しかし既に夢に向かって一歩踏み出していらっしゃるワカさんのお話をお聞きして勇気付けられました。"暮らすことに追われて、作品を作るアイデアが全く浮かんでこない今の状態に焦りと、将来に不安"など、とても共感します。現在土日休みの仕事なんですが、私の場合は平日早朝から晩まで働き詰めでヘトヘトになり、土日ですら思うような制作が出来ずに(アイデアすら浮かばないことも!)机に向かって虚無な時間を過ごすことも結構あります…。そして日曜の夜、焦りと後悔の中で月曜の準備をしたり…笑

パートのお話も参考になりました。長い人生なので、暮らしのためのお金と制作のための時間と余裕をどう作っていくのかですよね。ほんとバランスが難しいですね…。私の場合は旦那がいるものの、特殊かつ過酷なのである日突然「あのねー、今日仕事辞めてきた〜!」ってことが普通にあり得ると本人も私も考えており、そこまで安心できる状況でもなかったりで、先のことを考えるとキリがないです!

SNSは去年からコツコツ始めまして徐々に見て下さる方が増えているものの、まだまだ全然人気作家には程遠いのでこれからも頑張っていきます!今は平行してワードプレスでポートフォリオ兼ブログサイトを制作中です(時間が足りない…)。また、一度お仕事のお話も頂いたんですが現職が副業禁止でして、バレないとは思うんですが立場上バレたら非常にまずいため、迷った挙句辞退してしまいました。今思えば本当に勿体ないことをしました。確かに今のままでは見切り発車なので「どの状態になったら挑戦するか?」もう少し明確にしてみたいと思います。
ワカさんのように挑戦している方のお話を聞けて大変参考になりました。本当にありがとうございました。

ユーザーID:8376172340
難しいのでは。携帯からの書き込み
転職者
2019年2月10日 12:04

生活設計を考えてからでも遅くないのでは。イラストは売れていくら、描くだけでの収入なら200万位でしよう、半減以下。2500万の貯金も冷静に考えれば4〜5年の生活費に過ぎません、イラストの後の事、考えていますか? また、感性的に30代からの絵に需要があるでしょうか? 未知の領域は人的関係も含めて大変ですよ、生活レベルが落ちて行くことを覚悟して下さい。

ユーザーID:6908781818
広告業界ならお金になりますよ
のーみん
2019年2月11日 9:39

50代の男です。以前マスコミに勤務していて、数十人以上のイラストレーターさんと仕事をしていました。

トピ主さんは、まず広告会社に転職して、イラストでお金を取っている人の仕事ぶりや、イラストがお金になる条件を知るといいのではないでしょうか。その上で、ご自身の能力や才能を見極めて、本業にできるかどうか考えてみるのが近道かと思います。大手の広告会社なら賃金も結構いいはずです。

広告ですから、イラストレーターさんの仕事は、クライアントの望むものを形にする作業です。本人の作品ではありません。その条件の中で、クライアントの期待を上回る仕事をし続けないと、お金は継続して発生しません。それが自分にできるかどうか。

デザイン事務所に就職できれば、仕事をもらうこともできるでしょう。しかし、自分で仕事を取って来ることができなければ、賃金は激減です。最初は単なるオペレーターですから、フルタイムで働いて年収200万円程度でしょう。

一緒に仕事をした人の中には、国際会議のポスター、某有名テーマパークのカレンダーなどを手掛ける、稼ぐイラストレーターさんもいました。転職組もポツポツいました。その人たちはとにかく社交的で知人が多く、企業の責任者から直接仕事を請け負っている印象でした。広告にもいろいろなコンテストがあり、賞をバンバン取る人に仕事が集中しますので、実力は不可欠です。

「クライアントの作品」を作る作業に興味がなければ、ご自分の趣味でできる範囲で完結させておくのが無難ですよ。

ユーザーID:2253079998
 


現在位置は
です