現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

勇気付けられた本 携帯からの書き込み

nori
2019年2月1日 16:22

ってありますか?

人生に行き詰まった時勇気付けられた本があれば教えてください。
私は堀江貴文さんのバカは相手にするな
です。

ユーザーID:1396276152  


お気に入り登録数:28
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
やっぱりユーモア
北国生まれ
2019年2月1日 17:36

石村博子「たった独りの引き揚げ隊」
敗戦後の満州で、父親が日本人・母親がコサックの白系ロシア人の11歳の少年が、独力で日本へと引き揚げていく記録です。

母方の祖父がサムライの日本びいきで、幼少期からコサックとしての訓練を受けてきたその少年は、1キロ先に水場があるのが分かる・小さな足でも大人の靴を履きこなせる・襲われにくい経路を辿る・途中に人家を見付けた時に煙突からの煙の色で近付くべきか離れるべきかが分かる等、子供とは思えないような知恵を頼りに無事に引き揚げます。

これを読み通して感じたのは、悲壮感の類はなく、全体的に醸し出されるユーモアで、やっぱり逆境でもユーモアを忘れないことが強さなのだなと思いました。

この少年、ビクトル古賀氏(日本名:古賀正一)は、後にロシアの格闘技のサンボの強豪選手(全て一本勝ちで公式戦41連勝等)となり、「世界一美しいサンボ選手」と呼ばれるようになります。

ユーザーID:4134967575
私もホリエモン
ゆるこ
2019年2月1日 18:30

その新刊は読んでませんが「ゼロ」や「好きなことだけで生きていく」とか良かったですよ。堀江さんの文章にはすごいエネルギーを感じますね。人生を楽しんでおられるんでしょう。クレバーだけど人間ぽい部分もあって、悩める若人にお薦めしたいです。

ユーザーID:3703126440
情報の99%は取るに足らないノイズ。
ビブリオフィル
2019年2月1日 20:57

「人の話なんか聞くな!」 堀場 雅夫 (著)です!

ユーザーID:6591755162
皆様携帯からの書き込み
nori(トピ主)
2019年2月6日 15:18

回答ありがとうございます。
読んでみますね。

ユーザーID:1396276152
極めて個人的で主観的ですが
pax
2019年2月8日 2:10

長年の付き合ってる趣味や勉強?に関するファンが書いた或いは登場する本は読んでて勇気付けれられます.また読むたびに懐かしく感じます.

たのしいUNIX―UNIXへの招待 (Ascii books) 坂本 文
続・たのしいUNIX―シェルへの招待 (Ascii books) 坂本 文
木管楽器とその歴史(音楽之友社)アンソニー ベインズ

みなさんにもそれぞれそういう本はあるのではないでしょうか?

ユーザーID:8299236313
「読むクスリ」シリーズ
まよいねこ
2019年2月9日 15:41

上前淳一郎さんの作で、サラリーマンを中心にちょっといい話を集めた作品集です。例えば・・・取引先と新入社員同士の名刺交換、何十年か後にそれなりの地位同士再会した二人は、それぞれ初めて交換した名刺を持ち続けていた…というような具合のね。

ユーザーID:0726988198
こころの処方箋
品川猿
2019年2月9日 17:46

河合隼雄さんのこころの処方箋、いいですよ。
勇気付けられるというよりは、そういう考え方もあるのか、そういう考え方でいいのかも、という本です。

いろいろ、うまくいくといいですね。

ユーザーID:0499891376
おばちゃまシリーズお勧めします
はな
2019年2月9日 18:38

ドロシー ギルマン, 柳沢 由実子の「おばちゃまは飛び入りスパイ」お勧めです。
シリーズものですが、どれもワクワク読めます。
どんなときでも、諦めちゃダメって思わされます。

ユーザーID:4834856599
春にして君を離れ アガサ・クリスティー
砂漠のスコール
2019年2月9日 19:49

勇気づけられた 、というわけではないのですが。

この小説ミステリーじゃないんです。
当初、別名義で発表されていました。

いろんな人物が出てきます。
お金持ちで正しいのは勿論いいのだけど、人生、皆そうじゃなくて、そういう境遇でなくても良くって
幸せである。と思うのは、其々であり
本当のことを知る必要もない場合がある。
その方が幸せであったりして。

家族とは夫婦とは?
友人とは?
世の中とは?

多くのヒントがあった。
あぁ、そういうことかー。
なるほど。
やっぱり、そうなったかー。

自分は、、どうなのかなぁ。
どう人に家族に思われているのか。
これから、どうしていこうかなぁ。

〜深い深い作品です。

ユーザーID:7384548408
喜びは悲しみのあとに 上杉隆さん
倍返し
2019年2月11日 19:25

ラジオで高橋源一郎先生が紹介していて
苦境から這い出した、またはマイノリティーな人たちのドキュメント的な内容です。

いじめられっ子の「時間だけが味方」という言葉が心に残り
購入して読みました。
その後私は左遷の憂き目にあい、転職を決意しました。
その時に前向きなマインドを維持するために
この本がとても心の支えになりました。

この本を読んでいなかったら、どこかで気持ちが切れて腐っていたかもしれない、と思うのです。

知人のお勧めですが、自分を休ませる練習という本も良かったです。

ユーザーID:8044213719
 
現在位置は
です