現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

57歳 子宮頚がん検診の結果がHSILでした 携帯からの書き込み

つゆこ
2019年2月3日 14:52

タイトル通りです。

ネットで調べたら私くらいの年齢の方の体験談が少なかったのでこちらでお聞きします。

同じような体験をした方がいたら教えてください。
閉経後だと子宮摘出すすめられることが多いと聞きました。

すすめられた方、子宮摘出した方、その他の治療をされた方、、、教えていただけると有り難いです。

また、10ヶ月前には異常なしだったので、こんな短期間で、軽度も中度も飛ばしいきなり高度になるものかと驚いています。

いい歳をして恥ずかしいのですが、今、精密検査の結果待ちでものすごく怖いです。

ユーザーID:1711700336  


お気に入り登録数:27
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

タイトル 投稿者 更新時間
医師に確認
冬美
2019年2月7日 18:13

私も検診で異常なしでしたが、8ヵ月後に子宮頸がんステージ1の診断を受けました。
病理結果の結果で2Bになりましたが・・。
今は治療も終わり落ち着いております。

癌という病気に全くの無知で、私もネットに貼り付いて調べました。
情報といいう意味では出来るだけ集めた方がいいと思います。しかし、きちんとした治療となるとやはり専門医の意見や見解をきちんと聞いて、治療に入った方がいいかと思います。
セカンドオピニオンなり・・。
0期で切除円錐をして、数年後に再発しお空に旅立ったという方もいます。子宮全摘が最適という専門医の判断が最適であれば、それが最良なのかと思います。そうであるのに、全摘が嫌で切除円錐のみにして見えないミクロの癌が残っていて、猛威をふるって出てくる可能性があります。ただ、切除円錐ですっかり癌が取れるということもあります。見えない癌が他に飛んでいるのか、そうでないのか、もしくは繁殖力の弱い癌なのか、顔つきの悪い癌なのか・・こればっかりは、誰にも分からないので後悔しない治療をするのが良いかと思います。気になるようでしたら、3つぐらい病院やクリニックを回るのがいいかと思います。
不安でしょうが、大事に至りませんように。

ユーザーID:4168878368
トピ主です携帯からの書き込み
つゆこ(トピ主)
2019年2月8日 20:03

冬美さま
レス、ありがとうございました。
大変参考になりました。

差し支えなければ、冬美さまのご年齢とどういう治療をされたのか、現在の状態などを教えていただけるとありがたいです。

ユーザーID:1711700336
参考にならないと思いますが
冬美
2019年2月10日 0:44

42歳の時に急に増えた水っぽいオリモノと出血により、扁平上皮癌ということが分かりました。数ヶ月前まで何の問題もなかったのでショックが大きかったですが、探ったブログでは私やトピ主さんのようなケースが結構いましたよ。年齢も50代、60代の方もいます。
私は放射線と抗がん剤で治療しました。

治療法は、癌の種類によって異なるかと思います。腺がんと扁平上皮癌は違いますし・・。
ステージ、腫瘍のある場所、転移の有無、進行のスピード、年齢、などによって人それぞれです。

検査結果を見てから、今後の命に関わることなので医師ときちんと相談した方がいいです。

定期的な検診のみでいいとなった時は、本当にそれでいいのか別のクリニックなりきちんと別の見解を聞いたほうがいいです。

不安にさせるつもりはありませんが、きちんと数人の医師からの診断を取ることをおすすめします。

何もないといいですね。
何かあっても早期発見ですよ!

ユーザーID:5857486307
トピ主です携帯からの書き込み
つゆこ(トピ主)
2019年2月10日 22:16

冬美さま
再度のレスありがとうございます。

大変な治療をされたのですね、、、
たくさんの辛い思いを乗り越えられた冬美さまに敬意を表します。

詳しい情報と暖かいお言葉、感謝いたします。

どんな結果が出ても厳粛に受け止め、セカンドオピニオンも行おうと思います。

本当にありがとうございました。

ユーザーID:1711700336
案ずるより産むが易し
ワンワン
2019年2月11日 11:41

都内在住の67歳主婦です

トピ主さんと同じ57歳の時に地元の総合病院で毎年やっていた検診でクラス4(現分類でHSILかな?)の結果がでました

恥ずかしながらいい年して無知な私は子宮がんに頸ガンと体ガンがある事も、クラスとステージの区別もつかず大騒ぎしてしまいました

毎年の検診では異常がなかったのに!と私も愕然としましたが素人考えですが過去の検診では綿棒などで細胞を採取する際に運悪く患部の細胞に触らなかったのかなと思っています

医師は円錐切除をしましょうと日にちまで決めていましたが帰宅して家族と相談した結果、円錐切除をしても結果が悪ければ再度手術をしなくてはならないのでセカンドオピニオンを取る為にとても言いずらかったのですが医師に癌研有明へ紹介状を書いていただきました

癌研の組織診(医師の腕のおかげで全く痛くなかったですよ)はステージ1b1a(ガンの大きさが12ミリ)で子宮、卵巣、靭帯、リンパ節などを摘出しました

幸い抗がん剤の適用はありませんでした 術後2日位はそれなりに大変でしたが、あれから10年も経ち、普段は自分がガンだった事や手術した事も忘れて元気に生きてます

毎年癌研で検診は受けてますよ 子宮は無くても断端部の検査は必要ですので

好んで子宮や卵巣をとりたくはなかったですが、心配を抱えているより、まだ小さな孫のいる娘を手助けしてあげたかったので手術に対してそんなに抵抗はありませんでした

トピ主さんは検査の結果はもう出たのでしょうか

万が一結果が良くなくても、なっちゃったものは仕方がないので治療に向けて前向きに取り組んで欲しいです 

きっと大丈夫! 10年後には病気になった事すら忘れていますよ!

ユーザーID:7740743199
トピ主です携帯からの書き込み
つゆこ(トピ主)
2019年2月11日 15:04

ワンワンさま

レスありがとうございます。

同じ年代の方の体験談、大変参考になりました。
セカンドオピニオンの大切さを改めて実感しました。

もし、差し支えなければ、自覚症状があったか教えていただけるとありがたいです。

ユーザーID:1711700336
はい
ワンワン
2019年2月11日 17:48

その時は自覚症状は全くありませんでした

まぁ大丈夫だろうけど念のため結果を聞きに行きましょ位の軽い気持ちで行ったのでさすがにショックは受けましたが、仕事を持っていたので、こうなったら1か月くらい入院して休養をとり、今まで払うばかりだった生命保険やガン保険の元を取ってやる!と思いましたよ

ユーザーID:9183345274
2年前、円錐切除術を受けました。
51歳中部在住
2019年2月11日 19:42

 2年前、高度異形成 3a の疑いと診断されました。ちなみに、自覚症状は全くなし。1年前の検診でも、全く問題なしでした。当時、閉経はしていませんでした。

 医師からは、「子宮全摘」をすすめられましたが、円錐切除術をうけました。

 私が、「全摘」をしなかった理由は以下の通りです。

・当時、子供が受験生で10日間も入院することは、考えられなかった。

・「がん」ではなく、「がんになるかもしれない細胞」があるだけで、子宮自体を取ることに納得できなかった(初期虫歯なのに、抜歯しましょう。と言われた気分でした)

・「全摘」したあとに、肉体的、精神的に不調になったときに、「全摘しなければよかった」と後悔すると、思ったから。医師は、子宮を取っても、卵巣はあるので、不調にはなりませんよ。と言ってくださいましたが。

 主治医は、私の気持ちに添ってくださり、結局、円錐切除術になりました。手術は部分麻酔、入院は、3泊4日でした。(2泊3日の病院が多いようです)
細胞を調べたら、「中度異形成」だったそうです。

 それから2年。3ヶ月に1回、検診を受けていますが、全く問題ありません。

 私は、実際に手術を受けて、初めて医師の「真意」を理解することができました。医師は、患者にとって「最善であること」を選択したい、と考えているということです。私のように、子宮を残すと、何年後に、がんができる可能性があります。でも、子宮を取ると、「子宮に関するがん」に、かかる可能性は、「ゼロ」です。
 だから、医師としては、「全摘」をすすめたんだ・・ということが理解できました。

 私は、2年前に「全摘」ではなく、「円錐切除術」を選択したことは、(自分にとって)正しかったと思っています。でも、次に、「高度異形成」になったら、「全摘」しようと決めています。

 トピ主さん、お大事になさってください。
 

ユーザーID:6744945839
トピ主です携帯からの書き込み
つゆこ(トピ主)
2019年2月11日 21:16

ワンワンさま

早速のレスありがとうございます。

そうですか、、、やっぱり初期だと自覚症状がないことが多いのですね。

私も全く症状がないので、なぜ?という気持ちです。

まだ結果が出ていないので、色々思い悩み、あーこれがストレスになり悪化しちゃうかもと落ち込んだりしています。かなりのヘタレです。

なっちゃったものは仕方ない、保険のもとを取ってやる!という力強いお言葉に勇気づけられます。

何度も読み返しました。
本当にありがとうございました。

ユーザーID:1711700336
トピ主です携帯からの書き込み
つゆこ(トピ主)
2019年2月13日 18:52

51歳中部在住さま

レスありがとうございます!

ご自身の状況を詳しく教えて下さり、大変参考になりました。

手術を受け、お元気になられている方の体験談を聞くと本当に安心します。

落ち込んでばかりいないで頑張ります。

暖かいお言葉ありがとうございました。

ユーザーID:1711700336
いかがでしたか?
20年前LEEP済み
2019年3月29日 0:18

HSILとのお話、もう精密検査(コルポスコピーかな)の結果が出たと思います。
その後のお話がないのは、良い結果だったということでしょうか。

私は20年前に細胞診クラスIVでした。
今の分類のHSILは、昔のクラスIII a、IIIb、IVを総称するものみたいですね。
IIIaは軽度異形成、IIIbは高度異形成、IVは癌を疑う、という意味です。
一発で癌と言われるよりはショックが和らいでいいのかも。

その後の精密検査(コルポスコピー)で先生がデリカシーなく「これはCISじゃ終わりそうにないな、見てみろ」と若い医師に振ったのを聞いてひどく落ち込みました。
CISがなんなのかわかりませんでしたが、悪い意味だというのは口調からわかりましたから。
その後CISとは癌が上皮内にとどまる、非浸潤癌ということで、ステージだと0期だと知りました。
それで終わらないということは、1期とか2Aとかかな。。。と。
しかし円錐切除(LEEP)後の病理検査でギリCISということで、ずいぶんホッとしました。

診断や治療方針ももう決められてるかもなので、あまり言ってはいけないかもしれませんが、初期癌なら閉経後でも全摘までは必要ないと考えてくださるお医者さんも多いはずですから、あまり深刻にならずによく調べて納得いく方法をお選び下さいませ。
おだいじに。

ユーザーID:7107531972
 
現在位置は
です