現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

3人姉弟の真ん中次女です

きょうこ
2019年2月3日 21:46

3人姉弟の真ん中次女です。

生まれた時には2人姉妹の妹、
3歳の時に、末っ子長男の弟が生まれました。

姉は第一子で写真がいっぱいあり、私はお下がりばかり、
弟は跡取りで新品の洋服やオモチャがいっぱいでした。
まあ、自立心の強い、親離れの早い子供だったと思います。
就職したらとっとと一人暮らし、ろくに実家にも帰らず。

でも最近思い出します。

なにかの時に、姉も弟もいない、父と母と私だけ、3人のお出かけ。
五つくらいだったでしょうか。
父と母の真ん中に私。
右の手を父、
左の手を母とつなぎ、
地面を思い切り蹴って、
ぴょーんと両親の手に、体重を預ける。
父と母は
「コラッ!」
と言う。
父と母の手が、くん!とつれる。
嬉しくて嬉しくて何度も何度も
ぴょーん!と跳ね上がりました。

弟がまだ乳児の頃。
父が補助椅子をつけた自転車に乗せてくれて
日曜日にふたりで出かけたこと。
赤い補助椅子が私の人生最高の席でした。

小学一年生くらいの頃。
母が、姉弟の中でいちばん、顔立ちがいいよ、と
言ってくれたこと。
そうなの?ほんと?私可愛い?と、とても嬉しかった。

最近そんなことを思い出します。
小さな事柄ですし
両親は覚えていないと思います。
でも小さい私には、
谷間にいた私には、
嬉しかった。

亡き父親の誕生日が近いので思い出して書いてみました。
読んで下さってありがとう。

ユーザーID:1567892020  


お気に入り登録数:81
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
同志よ・・・
たねまる
2019年2月4日 13:06

読んでいて私のことかと思いました。
きょうだい構成、内情、全く同じです。
ただ、私の場合、両親はまだ健在です。

きょうだい三人とも田舎の家を出て首都圏にいる今も、小さい頃から甘やかされていた上と下は両親にお金を無心するしょうもない状態に対し、
まんなかの私はただひとり自立していて、両親のトラブル解決役になってます。

なんのかんのと大学は行かせてもらえたし、親には感謝しかありません。
ただ親に可愛がられたという認識は残念ながら持てないままで今に至ります。
なので、トピ主さんのそのとても素敵な、大事な思い出のことは、ちょっと羨ましいです。夫によると私は甘えることが相当に下手というか拗れているようですから、子どもの時からもそうだったんだと思います。
ちなみに、今は両親から単に頼られているという認識はあります(笑)

たとえ親御さん側が覚えていなくても、口や言葉にすればやたら些細なことかもしれなくても、自分にとって心に灯がともるような思い出って大事ですよね。

ユーザーID:8750007106
同じです。
二番目
2019年2月4日 13:09

私も全く同じです。2つ年上の姉、3歳の時に生まれた弟。
姉は第一子で生まれつきの心臓病を患っており、私が生まれて数ヶ月で手術をしたので、私はその間祖父母に育てられたので、ミルク育ちです。写真も本当に小さい頃のものはほとんどありません。姉のことで両親に余裕がなかったんだと思います。
そして跡取りとして生まれた待望の長男である弟。まぁみんな大喜びでした。
弟の願いは何でも叶いました。「え、そんなわがままも許されるの?」って弟で知りました。

幼い頃はそれが当たり前で、そんなに不満にも思いませんでしたが、病弱だった姉、わがまま末っ子跡取り長男の弟の間で、手がかからない物分りの良い子として育ちました。

私も、どうしてそうなったのかは覚えてないんですが、一度だけ母と二人だけで映画を観に行ったことがあって、そのワクワクドキドキ感が忘れられません。
それと自分が骨折して入院した時の特別扱いが妙に嬉しかったことも。

次女ってそんな感じですよね。「あ〜同じだなー」ってすっごく共感しました。

ユーザーID:1677590497
母の立場です。
はな
2019年2月4日 14:25

上二人が女児、一番下が男児の3姉弟の母をしています。

真ん中の子だけ本当にできた子で、昔から何をさせても教えてもいないのにちゃんと出来てて、手のかからない子でした。
懇談会等でも、毎回「何も言うことがありません」という具合です。

それにかまけて、まだ幼児の下の子や、高学年で勉強が難しくなってきたり、イベントも多くなっている上の子ばかりを優先しがちです。
その上、真ん中の子が生まれたころは、夫のリストラなどが重なり、私自身もボロボロで、写真の数も上の子に比べると全くなく、更に撮ったはずの写真データまで紛失していたりと、本当に申し訳ないなと思うことが多いです。

でも、本当は思い返すと、昔から私が暗い顔をしていた時に「お母さん大好き」と頻りに言ってくれて、抱き着いて寝てくれたのは真ん中の子でした。(上の子は寝ている時に触れられたくないタイプだったので)
それに私は何度も救われてきました。

上も下も大事ですが、もちろん、真ん中の子もすごく大事です。
きっと、スレ主さんのご両親も一緒で、スレ主さんの事が大好きだったと思います。
たまには、次女と二人で買い物に行ってみようかと思いました!ありがとうございました。

ユーザーID:4727994715
思い出に共感。
2019年2月4日 16:50

私も三人兄妹の真ん中です。私は長女ではありましたが、
 「(兄にとっての)妹なんだから我慢しなさい」
 「(妹にとっての)姉なんだから我慢しなさい」
   と言われて過ごした子供時代でした。
それならいったい私(真ん中)はいつ優先してもらえるのか、損ばかりだと不満でした(笑

兄は唯一の男の子で跡取りだから大事。
妹は少し離れた末っ子だったこともあり、お姫様。

私も滅多になかった、私と両親だけで出かけた日は今でも覚えてます。
父と母を独り占めできた日のことは忘れられません。

どうしても兄妹間に扱いの差がでてきてしまいますが、そこはそれとしてもうしょうがないかなと自分を納得させてます。
今となってはさみしいと思った日々も独り占めできた日の優越感も私には大事な思い出です。

書き込みをみて真ん中っ子として共感したので思わず私も投稿してしまいました。
思い出のおすそ分け、ありがとうございます。

ユーザーID:1219440920
私も
るんるん
2019年2月4日 17:46

女女男兄弟の真ん中です。
寂しくて泣いていた記憶しかありません。
他の方同様手のかからない子として育ち、でも困った時には頼られ、でも選ばれるのは他の兄弟。
これ以上傷つきたくなくて親とは疎遠です。
結婚して子供を産みましたが、絶対3人目は作るまい、と決めていました。

ユーザーID:6310531472
涙出て来た
あらら
2019年2月4日 18:09

同じです。
うちは親が天然というか正直というか、一番アルバムが少ない私に「狭いからアルバム持っていって」と言ってきました。
大量のアルバムがある弟には言ってません。
聞くと「弟のは手元(実家)に置いておきたいから」ですって。

一番しっかりしてる、一番顔立ちがいい、いくら外で褒められても家では一番になれません。

私はどんどん家から離れる思考になりました。
友達がいるから親はいらない、恋人がいるから親はいらない、仕事(お金)があるから親はいらない、夫がいるから親はいらない・・・姉と弟がいるから私はいらない。
本心ではありません。
でもそうやって離れて行かないと哀しくて耐えられないのです。

学校でも職場でも、他人からは褒められ人生です。
親を頼れないのですからボロを出さないように、職を失わないように、他人に攻撃されないようにやってきましたから。

今では年2回、盆と正月に日帰りで実家に寄るだけです。
用事が無ければ電話もメールもしません。
生活の中から親という存在を抹消しています。
それでもこうしてたまに子供時代を思い出すと泣けてきます。

どうでもいいですが夫は私を甘え上手の甘えん坊と言います。
夫や友人には素直に甘えられます。
夫や友人は姉や弟という要素とは無関係に私だけを見てくれるから。
親に甘えられなかった不足を夫で満たしているのかもしれません。

ユーザーID:1075997416
長子の身にもなってほしい
長女
2019年2月4日 18:18

なんか、真ん中の子って、とにかく親に注目されなかったって言いますね。
私の周りでも、真ん中の子の苦労をとうとうと話す方がいます。

私は長女ですが、長子だって末っ子だって
同じように大変ですよ。

写真がたくさんあったって、それで何か変わるわけでもない。
トピ主さんだって
>母が、姉弟の中でいちばん、顔立ちがいいよ、と
言われてたんですよね。
私はそのトピ主さんのお姉さんの立場でしたけど
それで写真が多いのは拷問でしたよ。親が自分の写真を見て、妹にそう言ってるわけです。
服だって、お下がりばかりと言いますが
長子だからと言って、好きな服が着られるわけではありません。
次の子用に着られるようにと、なるべく流行のものではない地味目のものばかり。
弟さんがいたのなら、男子用も着せられていたでしょう。
泣いて叫んでも、好きな服は無理。実用第一なんです。
そして、ちょっとでも汚すと親の溜息。
例え、気に入った服でも、次の子が待っているからと
手元に残すこともできません。学校の制服なんて、卒業したら次の日に無くなります。
夏服なんて、卒業も待たずに消えます…。

全て借り物の人生なんです

トピ主さんには跡取り、跡取りと大事にされているように見えたかもしれませんが
私はこれを言われるたびに、早く家を出なければ…と考えていました。
何も言われず、自由にしている妹が羨ましかった。

これで、
>親離れの早い子供
になり、すぐに家を出てしまったので、自分の子供時代の写真は手元に一枚もありません。

>赤い補助椅子

本当にこれは羨ましい。
私は長子だったので、この席には座れませんでした。
いつでも妹の席…。
お姉ちゃんはアナタがこの席に座っているときどうしていたと思いますか?
「お姉ちゃんなんだから我慢して」と言われ
横を走っていたんですよ。
私も一度でいいから、その席に座ってみたかった。

ユーザーID:5625108665
すみません・・・
長女です
2019年2月4日 20:55

私は3人姉弟の長女で、次女は年子、長男は2つ違いとくっついて育ちました。
次女は物心ついた時からしっかり者のおせっかい焼きで、ボーっとしている上下の姉弟を叱咤激励して育ちました。
可哀想だったのが、誕生日もそれぞれ1か月違いで、最後の月の次女は親にすっかり忘れられてましたね(その分自分で言いふらしてましたが)。

妹は、親にとっては自己主張が強くて、一番手がかかる子だったと思いますが、今では兄弟で一番の稼ぎ頭です(アラフィフ)。

友達で私と全く同じ姉弟構成の次女がいますが、彼女もしっかり者です。
そういう訳で、私は次女さんにすごく頼って生きてるので、感謝です・・

ユーザーID:0230701959
末っ子はどう思っているのか?
レンのん
2019年2月5日 13:52

私は長女に妹、年が離れた弟です

長女と中間子の愚痴が多いから、ちょっと気になりました
末っ子はこういうのをどう見ているのかなと

私は親には手をかけてもらったとは言いますが
そんな幼いころのことは覚えていないし

私の失敗を学んで
器用に生きている妹のことは羨ましかったですよ

家の両親はそれぞれ
愛情に偏りはあまりないように思えるから
不満は小さいですが
姉として我慢したことは沢山あります

長子ゆえに子育ての不器用さも一身に受けてきたというのもあります

小学校発登校に教科書を全部ランドセルに入れられて歩けなかったのは今でも覚えています
特にいらないと言われていたのに、そんなはずはないと全部入れられたのです

私の時はダメでも、妹の時はよいというのは結構あるのですよ


結局人それぞれ、長所も短所もあるってことです

最近子供をもって思うのは

兄弟ができたばかりは
何処の子でも愛情不足を感じていたということです

一身に愛情を受ける時期がある調子が得なのか(でも覚えていない)
そんな愛情不足を感じたことない末子が得なのか(本人はきにならない)
それとも、両方を経験した中間子は結局、損なのか得なのか・・・・

母親を下の子にとられた子供のうつろな顔に同情してしまうのは
長子だからなのでしょうか?

ユーザーID:1261136608
親になりました。
ぱん
2019年2月5日 16:12

3人姉妹の真ん中です。
姉は体が弱かったこともありなにかと手をかけていました。

末っ子はなんででしょうね。甘え上手でしたね。ずーっと一番下ですもんね。

我ながら気が付けば何でも一人でしていました。学校からの評価も、「ちゃんとしている。しっかりしている」でしたね〜。進学も自分で調べて自分で決めました。もちろん学費はお願いしましたが。

最近母と話をすると、
「上と下に手がかかってあんまり面倒見てあげられなかったね。」と言ってくれました。
(母は仕事もしながら近居の祖父母の世話もしていたので。)
あ〜ちゃんと見ていてくれたんだ、とうれしかったです。
今思えば姉妹の中で比べられることはなく、それぞれのいいところを褒めてくれていました。

親の立場になり、母の気持ちがほんとよくわかります。
どーしても手がかかる子に目がいってしまいすね。。。

大事な思い出をお父さんもお母さんも覚えておられると思いますよ。

ユーザーID:8600674393
みなさんありがとうございます
きょうこ(トピ主)
2019年2月5日 20:05

みなさん、わたしのひとりごとにレスをありがとうございます。
長子、末っ子、それぞれの立場でそれぞれに大変なことも
あると思います。

うちは3人姉弟、みんな仲良しです。

私は元の性格が束縛嫌いで甘えたいと思わないほうなので、
弟には、親の関心を集めていてくれてありがとうと思いますし
姉には、あなたがいたから親が私の時に慌てずに育ててくれた、
あなたのおかげよありがとうと思います。

幼い時は確かに、親の関心がなかなかこちらに向かず
寂しかったこともありました。
でも今、おとなになって思い出すのは、
「してもらえなかったこと」ではなく
「してもらえたこと」なのです。

姉は私たちに、亡き親の代わりに、親のように接してくれます。
弟は唯一の男兄弟、ここぞという時にはしっかりしてくれます。
逆に私が、助けてもらっています。

小さなことでいい、特別なことでなくていい、
日常のひとこまでいいから、キラリと光る幸せがあれば
それを覚えていられたら、人は生きていけるのかなと思っています。
私はこどもがいませんが、
こどもは、親が思っている以上に、親が好きで、
親は、こどもが思っている以上に、こどもが好きなのかもしれませんね。

ユーザーID:1567892020
どの子も同じ
なつ
2019年2月5日 21:36

私は二人姉妹ですが、姉はいつも新品の服、私はいつもお下がりでしたが…。

姉曰く、いつも妹(私)ばかり可愛がられていると思っていたそうです。

姉はあまり成績が良くなく、勉強しろと言われずに育ちました。私はそれがうらやましかった。
私は成績が良いため親から期待され、勉強しろしろととてもうるさく言われましたが、姉は自分は見放されていると感じたそうです。

子供なんてそんなもんです。

ユーザーID:9059941430
3人兄弟の真ん中
さすらいのメカニック
2019年2月6日 7:34

男3人兄弟の真ん中です。両親からは一番遠い存在で
明らかに上と下に比べて粗末に扱われていると感じてましたから、
子供の頃は良い子ではありませんでした。

3人兄弟の中では一番先に家を出たし、一番先に結婚しました。

貧乏くじをひいたなと子供の頃は思っていましたが、
跡継ぎをめぐってお家騒動があった時、
私は真ん中であることをどれだけありがたく思ったか分かりません。

親から一番遠い存在だということは
期待されてないし、される筋合いもないので好き勝手に出来るということです。

両親と誰が同居するか、いつも都合よく両親には利用されている私に白羽の矢が当たったので、お前は跡取りじゃないからと、兄と比べて明らかに劣る扱いに文句を言う度にそう言われ続けたからにはお願いされる筋合いはないときっぱり断れましたからね・・・。

ユーザーID:7734274611
自分の半生を振り返ってみて
還暦過ぎました。
2019年2月7日 5:59

私にも3人の子がいて、みんな独立して家庭を持ち子育てに追われています。
次男は田舎の中学校を卒業するとすぐに一人で家を出て横須賀の陸上自衛隊に入隊しました。
地下鉄に乗ったこともない、ましてや飛行機に乗ったこともない子が一人で生きていくのに色んなことがあったろうに、それでもたまに訪ねて行くと空港まで車で迎えに来てくれて観光案内してくれると嬉しいのと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
この子の結婚式の時は、一緒に過ごした時間はたったの15年と短かったことに泣けて涙があふれて人間こんなに涙が出るものかと自分でも驚くくらい涙があふれてとまりませでした。
私にとって次男はいつまでも15歳の時のままの思い出しかないのです。
父親としてどこか次男には接し方が間違っていたのでしよう。 そんなつもりはなかったのですが、受け止める側が早く家を出て自立しようと思わせる、そんな態度だったのかも知れないと今更後悔しても仕方のないことですが、
トピさんの谷間の人生を読んで、また泣けました。

ユーザーID:0948359791
 
現在位置は
です