お国言葉でドッキリ(笑)

レス49
(トピ主1
お気に入り88

生活・身近な話題

ふらり気まぐれ

みなさん、こんにちは。

さて、私の家にお猫さんが居たころ……母が突然言いました「ねこ捨ててこい」と。

仰天した私が問いただすと、「一輪車を廃品回収に出してこい」と言ってたのでした(汗)
こちらでは、あの作業用の手押しの一輪車を「ねこ」と言うのを、当時の私は知らなかったので、いやー焦った焦った……

と、いうことで、お国言葉がきっかけで起きたエピソードがありましたら、お聞かせください。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:5227612672

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「今夜、抱いてやる」

    富山に引っ越して、現地のおじさまに言われました。
    「おごってあげる」ってことなんですけどね、
    結構ネタにもなってて知ってはいたんですけどね、
    実際に言われたら、なんだかモゾモゾしました。笑

    ユーザーID:5192598339

  • そのがんじゃない。

    以前、検診センターで働いていた時の事。

    がん検診の処理の事で先輩に質問をしに行きました。
    私が「さっきやったがん〜」と言うと、先輩が爆笑。
    「めっちゃ新潟弁だね」と。

    新潟弁では「物」の事を「がん」と言うのです。
    例えば「私の物」なら「おらがん」、「あなたの物」なら「おめがん」の様に使います。

    はい、確かに私は日頃から新潟弁よく使います。

    でも、今はその「がん」じゃない。と思いました。
    通じたので良いのですが(笑)

    ユーザーID:9336802062

  • ねこ!

    分かります、一輪車のことそう言いますよね!
    ねこに荷物乗せて!とか(笑)
    私は茨城北部出身です。
    その一部の地域だけかもしれませんが、学校の課題などを提出することを「あげる」と言っていました。
    都内の大学に進学後に同級生にゼミのレポートあげた?と聞いて、誰にあげるのか、何故そんなことをするのか?
    話が通じなかった思い出があります。

    ユーザーID:9843991579

  • テレビでもよくネタにされてますが

    おはぎ→はんごろし
    餅→みなごろし

    大抵ぎょっとされます。

    ユーザーID:2338890903

  • 水を差すようですみませんが、ねこは、お国言葉ではありません

    一輪車をねこと呼ぶのは、方言ではありません。

    由来については、色々な説がありますが、狭い通路(キャットウォーク)で使うという意味合いから、ねこと呼ばれるようになったというのが一番有力だと言われています。

    ユーザーID:0339471001

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 玩具をなおせ

    義母が武勇伝のように語っています。
    主人が子供だった頃、近所の子が遊びに来て帰り際に「玩具をなおせ」=片付けてと言ったら自宅に帰り「もともと壊れていた玩具なのになおせっていわれた〜」と
    泣いて訴えたそうです。

    ユーザーID:5929181299

  • 猫車!

    うちも「ねこぐるま」と言います。上京して庭作業ボランティアの際に「ねこぐるま持って来て〜」と言ったら笑われました。
    とった草を「これなげてきて」といったら、ピッチャーのように振りかぶり、草を散らかす友人に唖然。

    「え、なげろって言うから」と東京の友人。
    「ちがうよ!あの袋になげて」混乱する私。
    「捨てるって意味じゃないの?うちのとこは、ほかすって言うけど」と関西の友人。

    脳内翻訳機が上手く機能するようになってからは、20年ほど標準語仕様になったのですが。歳のせいか、最近はまた方言が出始めてます。

    なんと言うか、ニュアンスがしっくりこないんです。

    今は息子の反抗期に「ごせやけて」仕方がありません。ムカムカする〜的な、腹が立つ意味なんですけど、そんなお上品な「腹が立つ」じゃなくて…胸焼け胃が焼けるくらいのムカムカです。もちろん息子には通じません。

    ユーザーID:8839394542

  • 一輪車の猫は方言じゃありませんよ

    業界用語でしょうね。
    建設業界では作業用の手押し車のことを「ネコグルマ(猫車)」と言っており、略して「ネコ」になったのです。

    私の場合、東海地方のとある町に転校した時ですね。
    「ケッタで行こまい!」と言われた時、前後の会話から「行こまい」が「行こうよ!」と言っているのはなんとなくわかりましたが、ケッタが意味不明。
    どうもニュアンスから推測して、乗り物らしい。

    自転車のことでした。

    この地域ではヤッターマンが流行っているのかしら?と勝手に解釈していました。
    ケッタ・・・ヤッタでなんとなく。

    でも、英語の時間に謎が説かれました。
    先生「Apr. is an abbreviation for April.(Aprは4月の省略形です)」
    先生「では別の例で練習してみましょう。ハイ山田君」
    山田「Ketta is an abbreviation for KETAKURI- Machine.」
    先生「(笑)はい、よくできました。ケッタはケタクリマシーンの省略形ですね」
    私「(そうだったんだ)(蹴た繰りマシーンで自転車ね・・・)」

    大した話じゃないですね。
    すみません・・・(汗)

    ユーザーID:6405676597

  • かして?

    こんにちは!私も毎日、「九州弁丸出し「」でしゃべってますが、
    昔、山口県出身の義母が栗を持って泊まりに来た時の話です。

    義母・・・「栗を一晩かしといて」
    私・・・「え〜???貸しといてって?お母さんに貰ったんですけど・・・」
    義母・・・「一晩水に浸けといてっていうことよ」
    私・・・「な〜んだ、そういう意味だったんですね。ドキッとしました。」(笑)

    ユーザーID:8762615607

  • 「とぐ」ではなく「かす」

    私は京都市の西の方(つまり大阪寄り)ですが、
    配偶者の実家が京都市の東の方(つまり滋賀寄り)で、

    その家で聞いた言葉が「お米をかす」でした。

    「かす」は「貸す」ではなく、「洗う」とか「とぐ」という意味だったのです。
    最初聞いた時は、ご飯の支度中に「お米かすわ」と言われて、
    ”一体誰に貸すの?”と思ったことです。

    実家のお父さんは京都市の東の方の生まれ、育ちなんですけど、
    お母さんが滋賀県の東側の北の方の出身なんですよね。

    どうもそっちの方の方言みたいです。ネットなどで検索したら東海地方には
    そう言うところもあるみたいで、滋賀県の東側あたりだと東海文化も
    混じっているんだろうなぁ、と。

    ユーザーID:4575998870

  • ばあちゃん、はよぉしねー

    岡山市民がどっきりする倉敷市民の方言です。

    「おばあちゃん早くして。」なんですけどね。

    ちなみに岡山市民は「ばあちゃん、はよぉせられぇ。」っていいます。

    ユーザーID:5711501303

  • 動物みたいな

    家の電話で
    「お父さんはおんなさる?」
    と聞かれて、え?猿?しかも女?と思ったら
    「いらっしゃる(おりなさる→おんなさる)」の意味でした。

    「あの人たいがすかん」

    鯛が嫌いなのかあ、と思っていたら、

    「とても(たいが、又は、たいぎゃ)嫌い」

    と言う意味と分かりました。

    ユーザーID:5238525773

  • 岡山 対 東京

    旦那、岡山出身
    私、東京出身

    旦那の趣味はロードバイク。
    自転車に小次郎と名付けて大事にしている。
    そんなある日曜日、日課の早朝練習からなかなか帰ってこない夫。
    午前中に一緒に出かかける約束だったからイライラして待つ私。
    私「ちょっとぉ〜遅いじゃない?」
    夫「小次郎がめげた」
    私「めげたのはあなたよね?」
    夫「ワシはなんともない。めげとるのは小次郎」
    私「小次郎が大事なのは分かるけど、めげたのは人間のア・ナ・タ」
    夫「だからワシはめげとらん。めげたのは小次郎のペダル」
    私「???」
    岡山弁で「めげる」は壊れるでした。
    てっきり夫の気分が落ちて「めげてしまってゆっくり帰ってきた・・・」とばかり思っていました。

    もう一つ

    私「(化粧中)」
    夫「ワシもまヒゲを整えようかのぉ〜」
    私「(夫をチラ見して)綺麗に剃れてるよ」
    夫「なんも手を入れとりゃぁせんよ?」
    私「さっきじょりじょりしてたじゃん」
    夫「まヒゲはしとらんよ」
    私「ヒゲ?まヒゲ??」
    夫「まヒゲ」
    まヒゲとは眉毛のことでした。
    わかるかーいンなもん(笑)
    ブチ可愛いけぇ許すけど。

    さらに
    単なる聞き違いだけど、私は面白かったので。
    夫の実家にて
    義母「ゴキブリがセニョール!!!!」
    私「(は?え?なんか言わなきゃ)セニョール?セニョリータかも!?」
    夫「(爆)通訳します。ハハはゴキブリが死にょーる(死んでる)!と言ってます。セニョールではありません、クスクス」
    義母「ちょっと足子さん。ゴキブリの性別をなんで叫ぶのさ!しかもスペイン語で」
    私「(真っ赤)す、すみません」

    ユーザーID:4400840683

  • 気の毒な

    ねこはお国言葉ではなく、業界用語かな。

    この前テレビをみていたら、
    手土産を受け取ったお年寄りが「気の毒な」と発言。
    確か富山とか北陸のほうだったと思います。

    字幕で「気の毒な(気をつかってもらって申し訳ない)」と出てたので
    へーと思いましたが、その場に居合わせていたら混乱していたと思います。

    ユーザーID:1505983874

  • まわし

    私(62・男)が東京勤務時代、

    「さあ そろそろ まわし しようか」

    と言いましたら、同僚たちが、

    「エッ なんで 相撲 とるんですか?」

    と言われ、

    「エッ まわし と言わないか 準備だよ」

    ということがありまして、もしかしたら準備することを「まわし」と言うのは方言 (私は名古屋市出身) だったかもしれません。

    「ねこ」は建設業界では 生コン・荷物などの運搬用一輪車のことを呼びます。
    建設・建築業界には昔からの用語がたくさんあり、「建築現場用語事典」というような書籍も発行されています。

    私が新入社員時代、教官が特殊な用語を使われるので慣れるまで苦労したものでした。後年、「建築現場用語事典」を読んで、

    「そうだったのか あの用語は江戸時代には既に使われていたのか それにしても教官でもその語源まではご存知なかっただろう」

    ということがありました。

    ユーザーID:7365688211

  • さるぼぼ

    九州から東海地方に引っ越してきた女の子が、
    「さるぼぼとか...(ありえ)ない!。」
    と、言ってました。

    東海地方(岐阜)では、房状のものを「ぼぼ」といって、かわいいイメージなのですが、
    九州では、女の子が口にすることばではないのですね。

    「まわし」やら、「ケッタマシーン」とか、「おんさる?」とか、「たいぎゃー」とか、東海地方多いですね。

    ユーザーID:4507606901

  • 北海道の方だったと思うんですが

    若い頃、土木作業的な会社でアルバイトをしていたのですが、そこで働いていたおじさんに「これ、そこに投げといて」と空き缶を渡されました。
    言われるまま、「そこ」と言われた方角に向かって、おおきく振りかぶって思い切り投げたところ、別のおじさんにめちゃめちゃ怒られました。
    泣きそうになりながら、別の方にこのように言われたと説明したら、それは方言だと教えてもらいました。

    普段はゴミをポイ捨てする人間ではないのです。
    ただ、工事現場独自のルールなのかなと、十代の私は単純に思ってしまったのです。
    ホントどうかしてました。

    ユーザーID:5094652490

  • あつい

    あつ!とか
    あち!

    痛い!痛!の意味です。

    ユーザーID:6503523736

  • ねこ車

    山陰地方です。一輪車のことをねこ車と言います。 
    子どもの頃、向かいのおばさんが「ねこ貸して」と言い、私と姉は困惑しながら我が家の猫を差し出しました。おばさんの方が困惑してました。
    石見銀山では、坑道から砕いた石を運び出す際、取っ手がついた箱形の道具に入れていました。それをネコと読んでいました。それに車輪を付けたものをねこ車と言ったのではないかと思います。

    ユーザーID:3478924823

  • お静かに

    何事もなく無事に平穏にという意味だそうです。

    皆様、
    今日に「お静かに」。

    ごきげんよう。

    ユーザーID:4788715477

  • 若干びっくりした事

    私は関西圏で夫は四国出身。

    談笑しながら鍋を食べてると
    『今日は口が悪い』
    と言われ
    『??』
    『今日は口が悪いわ』

    えっと思いました。
    口調が悪かった?なんか暴言でも言ったっけ?

    と頭の中は???状態。

    聞いてみると
    口が悪い→食欲がないって意味でした。

    意味が分かった後でもなんかしっくりこないです。

    あと
    サッカーの番組を夫が見てる時、突然リビングから
    『まけた!』
    『えっ?どっちが?』
    『どっちってお茶!』
    『は?』
    みるとテーブルの上に派手にお茶をこぼしていました。

    まけた→こぼした。でした。

    間際らしいです。

    他にも多々ありますがこのへんで。

    ユーザーID:1866805051

  • えらい

    体調が悪くてつらい時に「えらい」と言いますが、
    他の地域の人がいる所で
    「えらい」って言うと ん?って顔をされます。

    >東海地方(岐阜)では、房状のものを「ぼぼ」といって、かわいいイメージなのですが

    岐阜の飛騨地方在住ですが、
    「ぼぼ」は「赤ちゃん」と言う意味です。
    ですから「さるぼぼ」は「猿の赤ちゃん」です。
    猿は超安産らしいので安産・子宝のお守りと言われていますよ。

    あとは、
    行く事を来ると言うので
    「今来るで待っとって」と言うと
    またまた ん?って顔をされます。

    ユーザーID:1444181843

  • 恥ずかしい方言こそ地元への郷愁

    当地は、
    友人同士でいうフラットな「しなよ」というのを「しり」といいますが、
    どこか恥ずかしい。
    方言というのは地元民にとっては紹介するのも恥ずかしいものなのです。

    地元民ではないから平静に紹介できますが、
    信州の「お静かに」・・はとても素敵なお国言葉です。
    標準語では別の意味になるので、
    地元のかたは紹介しないみたいですが、
    地元にひっそりと残り、受け継がれる、言葉になるでしょう。
    地方独特のアクセントや強弱もあるでしょうし、

    とても素敵な意味をもつ言葉ですよ。

    私は自分のふるさとが軽く見られるのが辛いです。
    その思いを共有し分かち合ってくれてたはずの人と、
    疎遠になったので、
    ここに書きました。

    ユーザーID:0836165774

  • 北さん南さん、左さんに右さん

    熊本城がまだ地震の被害を受けていなかった頃の話です。
    (早期の復興を心よりお祈り致します)

    お城好きの私は、念願だった熊本城や人吉城址を見に熊本旅行。
    まだスマホの地図アプリなんて便利なグッズが無かった時代。

    紙の地図は持っていても、現在位置を見失うこと数度。
    地図が読めない女な私。
    何度も地元の人に道を尋ねました。

    そうしたら、まあ、なんと言葉がたおやかで、それでいて力強いこと。
    「あの〜ココに行きたいんですけど迷ってしまって・・・」
    「ああ、こん道ば、南さん100mばかり行って、右さん曲がって、ず〜っと行くと太か道に出るけんすぐ解りますばい。(地図を示しなが)ぎゃん行ってぎゃん行ってぎゃん行けばよかとです」
    京都の料亭で食材を「鯛さん」「お芋さん」と言うように、方角に「さん」をつけるのねー
    ぎゃん行ってぎゃん行ってとか絶対たどり着けそうー
    ・・・と思ったら違った。
    南さんじゃなくて、南さーだった。
    右さんじゃなくて、右さーだった。
    さーは何々の方へという意味だと知ったのは、旅館の女将さんとの雑談で。
    でも最近、お隣の鹿児島が舞台の大河ドラマで「吉之助さー」は吉之助さんだよね?やっぱり北さーは北さんじゃないの?と新たな疑問が・・・

    ちなみにぼぼの話。
    >女の子が口にすることばではないのですね
    男の子だって下ネタ扱いらしいですよ。
    おじいさんが、昔、ジャイアント馬場vsボボ・ブラジルの宣伝ポスターが張られたとき、小中学校の近隣は撤去されたと、芋焼酎片手にニヤニヤしなが仰っていました。

    ユーザーID:1872681484

  • ななさん 違う

    さるぼぼの「ぼぼ」は赤ちゃんです。

    「ぼぼ見に行く」という言葉がこちらではありますが、
    産まれた赤ちゃんの顔を見てお祝いに行く事を言います。

    だから「さるぼぼ」は
    「猿のふさ」ではなく
    「猿の赤ちゃん」ですよ。

    ユーザーID:2238890735

  • 面白いです!

    私、先祖代々大阪の人間です。

    「あげる」
    ....どこの方言でしょうか?

    芸事の師匠をしていますが、駆け出しの頃、
    気品のある奥様から、
    「先生にお月謝あげる」と言われて、仰天したことがあります。
    方言だったのですね!

    同時期に、先輩から書類を棚に保存するよう言われて、
    「なおして来ます。」
    と言って、エラく叱られたことも。
    片付けてくるのつもりだったんですけど、
    「あなたごときが書き直すとは?!」と言われたなぁ....

    ユーザーID:5276746579

  • レスします

    夫実家に泊まった時に幼い娘が明け方目覚め、見知らぬ場所にギャン泣きしました。「あけて!早く開けて〜」と義母が叫ぶので雨戸を開けたら「まだ早い」と閉められて私はぽか〜んですよ。
    後で判明したのは、開ける=電気を点けるですって。
    まあ、電気を点けるもチャンネルを廻すみたいに死語になるかも知れないですが。
    迷惑な思い出です

    ユーザーID:5929181299

  • なおす

    昭和の時代ですが会社の新入社員の頃、先輩に言われて作った書類ですが
    上司にOKを取り先輩に渡したら
    「これなおしておいて」と言われて目がテンになりました。

    OKが出たのに「一体どこが間違っているのですか?」と半ば怒り顔で聞いたら
    「ごめんごめん、そこにしまっておいてという意味」と言われました。

    なおすは片づけるってことなんですね。

    先輩は大阪出身でした。

    ユーザーID:4048682067

  • ヨコですがななさんのレスに補足です

    >九州では、女の子が口にすることばではないのですね。

    これ、確かにそうなんですが、正確に言えばこのご友人の言う「ぼぼ」は臆に言葉ではなく古語(古代日本語)です。

    ほほ、ほと、などとも言い、古事記にも出てきます。

    九州…と言うか、特に熊本にはなぜか古語が多く残っているそうです。

    ユーザーID:8176956494

  • ねこくるま

    岡山県では
    猫車(ねこくるま)と言ってますね

    一輪車です

    使うのはむずかしい


    右に左に揺れて 思うように使うことはできませんでした。


    懐かしい 

    ユーザーID:3227738986

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧