現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

手術が怖いです

おまめ
2019年2月5日 21:50

開いて頂きありがとうございます。

交通事故に遭ってしまい現在入院しています。今日の回診の際に、明後日に手術すると言われました。手術の内容は応急処置の状態の骨折をしっかりと固定するというものです。たぶんあまり難しい手術ではないと思います。

ただ、今回の事故で肺血栓から肺梗塞、心不全となりました。ICUで治療し今は状態が安定して一般病棟にいます。手術することで再発する可能性があると言われました。ICUにいる時何度か命が危なくなりました。肺血栓の治療はいろんな機械をつけたり、管を体の中に入れたり、たくさん薬を飲んだりですごく痛くて苦しくて辛かったです。

またICUに戻って同じことをするんじゃないかと思うとすごく怖いです。こんどは死んじゃうんじゃないかって考えてしまって怖いです。手術したくありません。今回乗り越えたとしても、全部で17箇所骨折していてあと何回か手術しないといけません。

こんなに手術したら再発するんじゃないかって思ってしまいます。手術のことを考えると息が苦しくなって涙が出て怖くて眠れなくて辛いです。今も手の震えが止まりません。もう痛いのも辛いのも怖いのも嫌です。手術したくありません。

家族や看護師さんに手術したくないって何度も言って困らせてしまってます。小さい子みたいにやだやだ言ってる私は弱いですか?どうしたら手術を乗り越えられますか?もうこんなの嫌です。

ユーザーID:9979113922  


お気に入り登録数:37
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:21本

タイトル 投稿者 更新時間
先を考えよう
ぷ〜にゃんパン
2019年2月6日 0:09

悪いことを考えず、手足かどこかわかりませんが、足だったら歩けるようになる。
手なら手が動かせるようになる。
とかもう痛みがなくなる(しばし痛いけど)と思えば乗り越えられないかな?

私も昔、持病のおかげで足に血流がいってなく、血流をいかせる手術をしました。
生まれて初めての手術。テレビしか見たことない手術室。
ドキドキは半端なかったです。

手術の説明でもし血流がいかなかったら、足が腐るので切断と言われてましたから。それの不安もありました。
成功率50%と言われてました。

いざ手術日。同室の方の応援があり何とか頑張ると言って部屋を出ました。
車いすだったから、連れてかれた状態

手術室に入り、手術台に乗りドキドキは最高になり 逃げたくなりましたね。
手を縛られ、不安になったけど、なんか手術室に流れる音楽がリラクゼーションの音楽か?わりとリラックスしてきた。いつのまにか麻酔が効いて寝てしまった。
起こされて目が覚めて手術が終わってました。目が覚めたと同時に麻酔が切れ切ったところに電流が走り、痛いのなんのって。泣き叫びました。
ベッドに移動の時、誰かの手が傷口に触ったから、よけい痛いし。ギャン泣きでした
普通は部屋まで麻酔が効いた状態らしいが私の場合はなぜ切れたか不明。

私の場合は、歩いてどこか行きたいと思っていて、ちょうど親戚のおばが温泉に行こうと言われていて、行きたいと思ってました。行くにはやっぱり足を治さないとと思いました。

退院後何がしたいか考えれば頑張れないかな?目標を立ててそれに向かって頑張れると思うけど。
医師たちが肺梗塞したことは知ってますからそこは慎重にやると思いますよ。

ユーザーID:9216878996
まずは携帯からの書き込み
ポチ
2019年2月6日 0:21

手術って大小関係なく怖いものですよね…
昨年旦那が耳の手術をした際、手術室に入った瞬間パニック、息が吸えなくなったそうです。

ちなみに透析をする事になった知人の旦那さんも透析の見学に行って気を失ったそうです。

それなのに何度も痛い思いをしなければならないなんて貴方じゃなくても泣きたくなります。
出来る事なら震えてる手を握りしめてあげたいです。
遠くから貴方を応援しています。

ユーザーID:9758982634
私も同じです。
Yuki
2019年2月6日 9:32

私も同じ恐怖があります。
2年半前に婦人科系の病気で腹腔鏡による手術を受けました。手術自体は問題なく済み、予定通り退院しましたが、家に帰って数日後運悪くお腹の中で出血し、血腫ができました。
血腫は吸収されるまで待つしかないということでしたが、お腹の中で血が流れたため、グサッ、グサッっと下腹部内部で刃物で刺されるような痛みがなんと3ヶ月も続きました。
最初の1ヶ月は激痛。仕事に復帰しなくてはならなかったため、気力で仕事し、休憩時間にトイレで泣くという日々を送りました。お医者さんも助けてくれませんでした(我慢するしかないと...)。

この体験が完全にトラウマになってしまったのですが、今回また腹腔鏡で腹部の手術をしなくてはならないという事態になりました。病気のせいで痛みもあるし、何よりこのまま放っておくことは
出来ないので、手術をするしかありません。再来週です。でも、またあの痛みが起こったら、と思うと怖くて震えます。

何の解決法もありませんが、トピ主さんと一緒に頑張ろうとこのトピを見て少し思えました。おそらくトピ主さんもだと思いますが、このまま放置する選択肢はないです。今後の人生を考えると、
今勇気を出して手術をするしかない。実は私は中学生の時に癌に罹りまして、たくさんの辛くて痛い手術や抗がん剤治療、検査を何回も何回も経験しています。あの時頑張ったから、大人になれたと
思って、今回も頑張って今後の人生を作り出さなければと思います。

ユーザーID:6906496400
ただエールを送ることしかできませんが
エールポチ
2019年2月6日 10:37

お辛いですよね。

我が娘が、何度も足を怪我して中3から高1の今に至るまで3度の手術をしました。
担当医師も私たち親も、何とか娘の足を楽にしたい一心で手術に話を進めましたが、娘の気持ちはなかなか付いて来れなかったと思います。
手術の必要性は理解できていたでしょうが・・

特に2度目は、1度目の術後の痛みや辛さを体験してしまっているだけに辛かったと思います。
病院側にも娘の不安は伝えていたのですが、2度目の術後も想定外の1度目とは違う辛さが娘を苦しめました。

月日が経ってまだリハビリ中ですが、娘は元気に学校に行っています。


1度辛い経験をすると、次の手術に前向きにはなれないですよね。
周囲が何と言おうとも辛いのは本人です。
親の私が、娘と辛さを共有しようとしても所詮は想像の範囲です。。


明日が手術予定ですね。
今日は好きな音楽を聴くなどして、気持ちがリラックスできるといいですね。
主さんのご家族も寄り添っておられることでしょう。

私には何も出来ませんが、応援しています。
手術が終わって、少し元気が出たらまたここに来てくださいますか?

ユーザーID:3809579482
看護師さんに具体的な相談を。携帯からの書き込み
看護学生です
2019年2月6日 10:52

すみません、学生なんていうまだまだ未熟な立場にいるものですが、少しでも投稿主さんのお役に立てれば、と考えレスします。

手術前の患者さんが不安を抱くことは当然です。しかも思いもよらない事故によって、だなんて尚更だと思います。

ここから看護学生としての意見ですが、看護学生は基礎の部分でショックや衝撃の理論を勉強します。また、手術前の患者さんに対する看護も勉強します。そのため、現在の投稿主さんの状態を鑑みるに、看護問題として不安に関するものはあり、看護師さんサイドでもそれに関する話し合いはなされていると考えます。

投稿主さんは再度ICUに入り、苦痛を感じるのかもしれない、ということに関する不安を感じているようですが、そのように不安を具体的にお話していただくとおそらく看護師さんからの介入もしやすいのかと考えます。

したがって、看護師さんに具体的に不安の内容をお話されるのが今の状況の改善方法なのだと考えます。しかし、看護師さんも日々の業務で多忙であるとは思います。そのなかでもしっかりと患者さんとのお話にお時間を割いていただける看護師さんもいらっしゃいますので、そのような看護師さんを探されるのが良いかという風に感じます。

患者さんが多種多様なように看護師さんも多種多様なので、投稿主さんと相性の良い看護師さんを見つけられると幸いです。

ユーザーID:0768232026
おまめ様は強運ですね
もいもい
2019年2月6日 11:37

おまめ様、こんにちは。東京から書き込みをしています。
今日の東京は肌寒く、冬を感じます。

おまめ様は弱くないですよ。沢山痛い思いをして、辛いことがあったらそれは誰だって泣きたくなりますよ〜。
私自身、5歳の時に心臓病の手術をしました。
心房中隔欠損症といって心臓に繋ぐ血管に穴が空いていました。
当時のことは余り覚えていませんが、知らない大人に何かされてると思って痛くて大暴れしましたよ〜(笑)
余り良く分かっていない子供でも大暴れするんですから、状況が良く分かる大人はもっと大暴れしますよ。

おまめ様の経緯を見るとかなり強運だと思いました。
交通事故からの心不全、並びに何度か命が危なくなっているのに助かっている…ということは今回も大丈夫だと思いますよ。
というか本当に運が良いのですね。
おまめ様は死なないですよ〜。大丈夫!

不安も悲しみも痛みも全てあなたのものです。
なので不安で落ち込んだり、悲しくて泣いたり、痛くて暴れても良いのですよ。
生きてるという証拠ですよ。

人間は儚いもので、おまめ様のような方が意外と健康に長生きしたり、健康満点の方が突然亡くなったりもします。
実際に昨日までやりとりしていた方が翌日火事で亡くなったりしました。
その方は働き盛りの男性で、奥様と娘さんもいました。

沢山大変な目にあっても生きているおまめ様は凄いのですよ。
おまめ様が大丈夫だと思えなくとも、私は大丈夫だと信じてますからね!

ユーザーID:8111889153
その気持ち
ペンギン男
2019年2月6日 13:02

もう不安も怖いのもいやだ。
こんな思いをするのなら生きていたくなんかない。
と思ったことがあります。
そのときに思ったのは、もし死んだらこの不安や恐怖から解放されるんだ、ということです。
死は不安や恐怖からの解放、と思ったら死に関連する不安や恐怖が軽くなりました。
生きるなら生きるでよし、死ぬなら死ぬでよし、と思ったらちょっと肩が軽くなったように思います。

すべての手術が終わったとき、この苦しみの体験には意味があったと必ず感じられると思います。
今のこの苦しみに、ちょっと先の自分がどんな意味を見出すのか。
すべての手術を終えたトピ主さんにしか見えない、その意味がなんなのか、知りたくはないですか。

ユーザーID:5555445469
自分の状態をまずきちんとよく知りましょう
言の葉
2019年2月6日 13:14

トピ主さん、このたびは大変な目に遭いましたね、お見舞い申し上げます。ICUから移ったそうですが、それまでもいろいろ大変だったと思います。

痛いのも辛いのも、どうなるかわからなくて怖いのも、わかる気がします。私は体に腫瘍がみつかり突然に入院>手術>治療と息をつく間もない日々がありました。

トピ主さんが怖いのは、まず知識不足もあるのではと思います。
ご自身の今の状態のほか、この先の手術や治療の予定と内容、それを経た後の自分の状態などを、聞いて理解していますか?
手術を繰り返して再発しないかとか、痛くて辛いがどうしてそうなのか、またどうすれば和らぐことができるかとか、ご自身の不安含めてきちんと主治医などに伝えて、質問し、答えをもらいましょう。

トピ主さんの年齢がわかりませんが、大人であるなら、聞く前に、就職面接のように整理しておきましょう(可能ならメモをとっておくとか)。それでどうして嫌なのか、怖いのか、という自分の感情の整理もできると思います。
そのうえで、よりよく治療が進ために、自分はどうすればいいかを自分で考えて決めましょう。「自分で決める」ことが大事で、そうすることで、ただ無意味に不安に怯えることは減ると思います。

病院は治療する所ですから、怖いから治療も手術もただ嫌なんだ!というならさっさと退院してベッドを空けて、怪我したままで生きていく覚悟をもちましょう。

私は今思い出しても涙が出るくらい治療は辛かったですが、終わったらどこに行こう、何を食べよう、とか考えて、ひとつひとつこなして行きました。
これは実体験ですが、体のことがわかると不安も減ります。また、不安が減れば苦痛が少し和らぐこともありました。

大事なことは、自分がこれからも使っていく体を、自分が大事にしてあげることです。
どうぞお大事に、ゆっくりでいいのですから、元気になりますように。

ユーザーID:1707542946
交通事故には遭ったことはないけど・・・
通行人
2019年2月6日 13:57

 はじめまして!

私は腋の下の副乳の部分麻酔の切除手術と乳がんの全身麻酔の片胸全摘手術を受けたことがあります。
部分麻酔の方は最後、ハサミで切る場所に麻酔が効いていなくて絶叫した覚えがあります。
術後も高熱が続きました。

全身麻酔は半年前なので少しはお役に立つかもしれません。

麻酔医に「痛いですか?」と聞いたら、「少しだけ、チクッとしますよ。」と言われて手首に刺されたがさほどでないなと思っていたら染み出して「染みる。染みる。どこまで染みるの?私はどうなっちゃうの?」と思ったら、もう意識はなくなっていました。次に気づいたのは看護師さんが母に「気づかれましたよ。」と私が目覚めたのを教えてくれたところでした。あとは点滴につながれた半日は身体の自由がきかずに辛かったですがあとは日に日に元気になりました。

怖いのも痛いのも生きている証拠です。
前向きに頑張りましょうよ。
節分から運気が変わるそうですよ。

ユーザーID:7647818894
とてもわかります
冬子
2019年2月6日 18:16

おまめさん、大変でしたね。心からお見舞い申し上げます。
私も30代前半の頃に病気が見つかり、これまで何度か入院、手術は3回しました。
手術自体は全身麻酔で寝ている間に終わるので何も怖くないよ、と言われますが、手術室のあの緊張感や幅の狭いベットに寝て色々な器具をつけられている間、緊張と恐怖のあまり心拍数が異常に上がり、自分の心臓の音が手術室中に響き渡り、手術室の看護師さんに笑われたほどです。
もちろん看護師さんは気持ちを和らげるために笑って声をかけてくれたのですが、怖いと思う気持ちがなおさら自分を緊張させ、どうすることもできませんでした。
手術が終わり目覚めた後、まだ体が思うように動かせず、寝返りさえできない苦痛や、声を出せない事も恐怖でした。
そんな時は毎回、24時間後には明らかに少しずつ動けるようになるとわかっていても、このまま一生自分の意志で動けなくなったら話せなくなったらなどと、悪い想像をしてしまい、孤独で怖くて例えようのない気持ちになります。
実は夫も数年前大きな交通事故でICUに入り、一ヶ月以上入院して手術もしました。おまめさん同様、沢山の機械をつけられ、呼吸すら苦しく、肺に溜まった血や痰をとったり、寝返りすら自分でできない苦痛で一分一秒が永遠のように長く辛かったと言います。そんな夫ですら、病気で手術する私には、手術は寝てるうちに終わるから全然平気だよ、と笑って言います。
母も病気で昔から手術を何度も経験してきましたが、手術自体は大丈夫、平気よ、と笑います。
怖いと思う気持ちやこの先の不安がますます自分を苦しめるのかもしれません。
今は医療も日々進化しているので、お医者様を信じる事、そして手術前後の安静時は出来る限りテレビを見るなど気を紛らわせ、おまめさんだけではない、大丈夫、必ずゴールは来る!と信じて何とかやり過ごしてください。心から応援しています。

ユーザーID:6823583783
頑張らなくていいんです
クロマニョン
2019年2月6日 21:33

トピ主さん!! ご自分の思いを在りの儘に、お医者さんにお話し
しませんか。

言葉を飾ることも、他者がどう考えるかなどのことに拘る事は
ありません。自分の手術に対する怖い思い、どんな結果になる
か、などなど心の中に何も残らない様に話してしまいましょう。

不安や怖い気持ちを心の中に持っているから、怖いのです。
この怖さや不安をお医者さんと共有するのです。多分ですが、
お医者さんもトピ主さんが怖い儘で手術に臨むことを望んでは
おられないと思います。

病気になったら、お医者さんや周囲に頼って良いのです。何時
もの強い自分は、元気になってから取り戻して下さい、と思い
ます。

ユーザーID:3721279478
トピ主様にとって
ICHICO
2019年2月7日 23:19

キツイ事をレスすることになるかもしれません事を、先にお詫びしておきます。

いいんですよ、手術しなくたってね。
でも考えてください。
10数か所も骨折していて、それを放置して老いたらどうなるの?

私なら医師に「手術 拒否してそのままでいたら、私の身体はどうなるの?」と質問しますね。

人間の身体って修復能力が高いので、骨折したところを放置していてもなんとかなるんです。
でも、あくまでも「何とかなる」なんですよ。

という事は、正常な骨格ではなくなるという事なの。

仕事柄お客様と「尊厳死」について話し合う事も有ります。
「延命処置はいらない」

でもね、トピ主様の身体はそれとは違う

確かに肺血栓トイウリスクはお持ちです。
ですが、病院側としてはリスク説明を義務付けられているから再発の可能性について言及せざるを得ないんです。
ですが、実際のところとしては、肺血栓の再発リスクのある患者として管理していますのでね予測しながらの手術となります。

病院は基本的に無理な手術はしたがりません。

私も昨年に手術をしましたが、死亡リスクの説明を受けました。
今までも数回手術を受けていましたが、その時は改めての説明でそれです。

確かに日本中探しても、今回の手術をしてくれる医師はほかにいないほど困難な手術だったんです。

でも、だあrと言って「じゃあ辞めます。手術は受けません」とはならなかった。

何故なら、現状のままだった場合、私は健常な生活を送れないと思ったからです。

「配偶者か親族の付き添いは必須」とも言われていました。

だからこそ「戦わなければ」と決断しました。

いいんですよ、手術なんて受けなくても。
私の身体じゃないのでね。

手術を受けなかった結果どうなるのかちゃんと聞いてください。
それでも決断できぬのならご自由になさってください。

ユーザーID:2732654549
終わりました
おまめ(トピ主)
2019年2月11日 11:37

みなさん、たくさんの励ましの言葉やアドバイス等ありがとうございます。何度も読み返して勇気をもらいました。とりあえず手術は終わりました。まだ体はだるいけどスマホを使えるまでには回復しました。

手術前はやっぱり泣いてしまい、麻酔をするまでずっと看護師さんが手を握っててくれました。手術は9時間もかかったそうですが、目が覚めたら終わっていました。それからは足が燃えるように痛くて熱も出てきて、すごく苦しくて辛かったです。気が付いたら2日たっていました。血栓は出来てしまったけど、血管にフィルターを入れていたので肺まではいきませんでした。安静にしてる時も出来やすいので、まだ油断はできないみたいです。

言い忘れてしまいましたが、私は高校1年の15歳です。改めて今の自分の体について、これからどうなるのか先生に聞きました。辛いことばかりでたくさん泣いてしまいました。手術を受けたくない気持ちは変わりません。でも、治したいし手術を受けるしかなくて逃げられないのもわかっています。わかってはいるけど、自分の病気や怪我をまだ受け入れられないし向き合えないです。今はまだ前向きになれず、頑張るとも言えないです。今月中にあと4回手術を受けます。なんとかやり過ごして早く終わってほしいです。そして早く学校に行きたいです。部活に復帰したいです。みんなと同じように高校生活を送りたいです。

先生や看護師さんはいつも明るくて励ましてくれます。友達といつものテンションでLINEする気にもなれないので、みなさんの言葉もすごく嬉しかったです。でもまだ頑張るとは言えないです。1人になった時や夜は怖くて不安になります。これが今の私の本音です。やっぱり弱いですね。

ユーザーID:9979113922
応援しています
パインガーデン
2019年2月11日 14:38

おまめさんこんにちは。よくがんばっておられますね。

しっかりしたトピ文から高校1年生とは思いませんでした。おまめさんの辛さは大変なもので慰めの言葉も見つかりませんが、今はお医者さんを信じて、看護師さんやご家族に辛いことは辛い、痛いと正直に訴えていいんです。

自分はおまめさんのご両親よりもたぶん年上ですが、幼少期に心臓の手術を受けました。まわりが心配そうな顔で自分を見ていたことはおぼえています。もし手術を受けていなかったら今元気ではなかったと思います。

おまめさん。この先手術が無事に成功し、苦痛から1日も早く解放されますようにお祈りしています。

ユーザーID:9247538567
弱くないですよ
雪景色
2019年2月11日 23:43

まだ、15才なんですね。
きちんと文章にできるほど、自分の状況や気持ちに向き合われていて、
とても立派だと思います。
大変な事故、大きな痛みや、乗り越えなくてはいけない手術、
これからのこと、一度に起こったのですから、
怖くなったり、泣いてしまったり、
不安で眠れないのも当然で、少しも弱くないですよ。
誰だって、全てを受け入れるのには、時間がかかります。

どうにも辛い時は、たとえ気持ちが前向きになれなくても、
頑張れなくても、トピ主さんの身体は、気持ちに関係なく、
これまでの手術や治療を乗り越えて、
回復してきているという事実に目を向けてみて下さい。

以下は、若い頃にパーキンソン病を発症し、
病気を受け入れるまで苦しんだ
ハリウッド俳優のマイケル・J・フォックスが、
著書で記している言葉です。

神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、
自分に変えられることは変える勇気と、
そしてそのちがいが分かるだけの知恵をお与え下さい。

私は、面倒な病気にかかっていますが、この言葉を読むと少しラクになります。
トピ主さんのお身体が治癒するまでの助けになればと思い、書きました。

応援しています!

ユーザーID:8720903006
2度目です
エールポチ
2019年2月12日 15:03

主さんは、私の娘と同じ年齢なんですね。

先日の手術、本当に頑張りましたね。
9時間もの手術を頑張った主さんを、誰も弱いなんて思いません。
まだまだ前向きにもなれませんよね。当然だと思います。
今は1日1日を過ごすだけで精一杯ですよね。

どんな言葉も今の主さんの心に届くまで時間がかかるかも知れません。
でも、焦らないでね。
今、主さんはご自分にできることを毎日きちんとこなしてます。


うちの娘が言ってました。
同級生たちは、部活も充実していて学校生活も楽しそうでキラキラして見える と。
娘の両足は完治しない怪我で、運動でまた同じ怪我をする可能性があります。
体育の授業も、まだ1部のことだけしかできません。
常に、怪我への不安も付きまといます。

誰だって、こんな辛い思いなんてしたくはないですよね。
でも、現実からは逃れられないので、この貴重な体験を娘の将来に役立てて欲しいと話してます。
病院のスタッフさんの中にも、大きな怪我をした人がたくさんおられたので、本当に色々と娘を励ましてくれました。
大きな出会いになったと思います。

泣きたいときは泣いていいですよ。

主さんに、たくさんのエールポチを送ります。
見守っておられる主さんのご家族にも、エールポチを送ります。

ユーザーID:3809579482
あと2回…
おまめ(トピ主)
2019年2月23日 10:03

3回目の手術が終わりました。
もうほんとに辛いです。手術が終わって少し良くなったと思ったら、またすぐに手術ですごく痛くなって。何回かカテーテル入れて血栓取って。心臓が悪いから痛み止めは量と回数が制限されてて効果があるのもほんの短時間で、あとはひたすら耐えるしかなくて。痛すぎて気持ち悪くなるし、夜は身体中痛くて眠れないから睡眠薬もらって。唯一怪我してない左手も採血と点滴でボロボロで。ベッドの上から動けなくて、寝返りも出来なくて。体力も筋力も落ちて今じゃ自分だけで起き上がることも、座ることも出来なくて。体調が悪いとご飯も食べれなくて。他にもたくさん。ICUも辛かったけど、今もすごく辛いです。まだあと2回も手術があるんです。

なんでこんなに辛くないといけないんですか。みんな助かってよかったとか、命があってよかったって言うけど全然よくないです。どんなに辛くて苦しいか。こんなに辛いなら事故の時にいっそ…って最近思っちゃいます。家族にも看護師さんにも先生にも怒られました。怪我が治っても後遺症が残るんです。心不全も治ることはないんです。肺も弱いんです。血栓も先天的に出来やすい体質で、またいつ血管が詰まって心臓が止まってもおかしくないんです。もう元の生活には戻れない。できない。いつ退院できるかもわからない。学校ももう行けないかもしれない。陸上部だったのにもう走ることもできない。家族にも時間やお金や苦労で迷惑かける。5年後、10年後じやなくて、1ヶ月後、1週間後、明日すらどうなるのかもわからない。

死んでもおかしくない事故で助かって、自分のことなのになんかもうよくわかりません。人生も大きく変わってしまいました。あたりまえがもうできません。そろそろ次の手術の話がされる気がします。どうやってあと2回終わるまで気持ちを保てばいいんですか。何回も死にかけてるのに、私は本当に生きてていいんですか。

ユーザーID:9979113922
4回目
おまめ(トピ主)
2019年2月23日 20:10

後日次の手術になりました。わかってたのにやっぱり泣いてしまいます。まだ脚も腕も痛いのに。また体を切られるんですね。事故にあってから何回も手術を受けてきたけど未だに怖いです。

次は骨盤だから手術後はベッドの角度制限があるみたいです。ずっと横になってると息が苦しいのに。ご飯も自分で食べれなくなるかもしれないですね。
もう痛いのは嫌なのに。

ユーザーID:9979113922
母としては
エールポチ
2019年3月1日 12:48

でも、やっぱり親にすれば主さんが助かって良かったと思わずにはいられません。

ごめんね主さん。
辛くて苦しくて、助からなかった方が・・と思うほどの大怪我をされて、何度も痛い手術を受けて、それでも「生きろ」なんて本当に残酷なことですよね。

でも、でも、親にすれば自分の命よりも大事だと思える我が子の命が助かって目の前にあることは、神様に感謝したいくらいなんです。
そう思うことは親のエゴかも知れません。
書きながら、主さんの苦しみを思うと涙が止まらないですが・・

何回も死にかけたのに、まだ生きていると言うことは、主さんはまだ生きていなくてはいけなんですよ。
生きてていいのではなく、生きなくてはいけないんです。

本当に無責任だとは思いますが、私はここで、ただ主さんを案じて応援することしかできません。

ユーザーID:3809579482
きついレスを
ICHICO
2019年3月2日 9:05

付けたものです。

よく頑張ってるね。
医師からも今後の事をご自身から聞いたのですね。
辛かったよね。
まだまだしんどい日々は続くよね。

でもさ、一歩一歩小幅ではあっても前進しているからね。
感情は我慢しなくていいからね。
トピ主様を囲んでいる人たちは、どれだけ辛いことをこれから乗り越えなければいけないのか解っているからね。

私の仕事の大先輩が事故で頸椎損傷のため動かせるのは目だけになった方がいました。
とても優秀な先輩で、将来を嘱望されていましたし、本人も更なるステップアップにチャレンジしているときでした。

陰で見守るしかできませんでしたが、その彼は辛いリハビリの末に自立歩行ができるようになりました。
腕はまだ万歳や物を持つことは出来ないのですが、器具を使ってペンを取ることが出来るようになりました。
何よりも、会話も出来ぬほどだったけれど人前で話さるほどにまで回復しました。

誰にでも乗り越えられる壁ではないのでしょう。

でも、そうやってまた社会復帰した人はいます。

暗い、つらい事ばかりじゃないから。

手術を受けたくない。
そういっていたトピ主様が既に4度の手術を乗り越えたね。
もう一回手術するようですが、また乗り越えることでしょう。

手術が終わってまた辛くなったら小町に書き込みにおいで。

何もしてあげられないけれど見守っていますよ。

ユーザーID:2732654549
 
現在位置は
です