現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

席を譲ってしまった娘

イルカ
2019年2月6日 9:34

中学2年の娘は休みの日、いつも図書館併設の公民館の学習室か、通路のテーブルで勉強しています。
各学校の試験期間になると、朝早くから並びはじめ、席を確保することは不可能になります。

通路のテーブルは飲食可能なので、特に人気のある席です。四角い4人がけテーブルが4つ、丸いカフェにあるような直径60cmくらいの2人がけテーブルが4つ。

ある日は、午前中、どうしても学校へ行かなくてはならなくて、主人が寒い中、一時間以上並んで丸テーブルを確保してくれました。
自分も資格取得のために勉強したかったらしく、都合がいいからと言ってくれて、お昼すぎに娘と交代することになりました。

その後交代し、寒いかなとブランケットを持っていって唖然!!!
そこに座っていたのは同じ小学校の仲良しだった友達2人。
娘は窓際の淵のようなとこに座り、脚の上に教材を置き勉強してました。

どういうこと?なんで?まさか譲った?どういうことなのよ!と頭の中でグルグル。

とりあえず、2人には声をかける気にならなくて、だんだん怒りがこみ上げ、そんなとこでそんな姿勢で勉強できるわけないでしょっ!と言って、教材を抱えて車に乗り込みました。

2人は翌日が試験、娘の学校は一週間後が試験でした。
しかも席は2人がけで、気まずいなと思ってしまったらしく、席を譲ってしまったそうです。

主人が早くから寒い中並んでくれたことに申し訳なく、娘にはかなり失望したし、譲る必要性がないことの判断を誤ったことにガッカリしました。

(続きます)

ユーザーID:4950022746  


お気に入り登録数:744
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:1本
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です
イルカ(トピ主)
2019年2月6日 16:03

つづきます。

気づかいの出来るお子さんだと思っていたのに、その友達2人にかなり失望しました。
娘と経緯についてやりとりをしていても、素知らぬふりで。
お昼過ぎにのこのこやってきて、席が空いているわけないし、いくら椅子がもう一脚あったからといって、先に座っている娘が知り合いで席を譲ると言ったとしても、図々しく、はい そうですか という気になれたこと。
かなり無理な体勢で勉強している娘の真隣で、椅子に座ってのうのうと勉強し始める2人の根性にも唖然。

第一、一人分の教科書とノートを一冊広げたらいっぱいのテーブルで、連れ勉できるわけないのに。
2人には、中学生にもなって、申し訳ないとか、断るとか、そういう気持ちにはなれなかったのか、心底ガッカリしました。
個人の価値観とは言え、我が娘がそんなことをした暁には、宇宙の果てまでぶっ飛ばしたくなります。

優しすぎる娘を誇らしく思うべきなのか、済んでしまったこととは言え、未だにモヤモヤしてます。

完全な愚痴にお付き合い下さって、ありがとうございました。

ユーザーID:4950022746
 
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

現在位置は
です