現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

彼岸の友人へ出来る事

nemo
2019年2月6日 16:29

昨年の春先に友人が亡くなり、まもなく一周忌が来ようとしています。
その前の年の秋に彼女から「癌と診断された。これから治療に入る」との連絡があり、治療経過に手術がないことに疑問を抱き、また膵臓癌だと知ったとき、彼女は助からないのだと悟りました。
飛行機とバスで3時間の距離でしたが、何とか一目だけでも会いたいと時間を取りましたが、彼女は私が逢いに行く1週間前に帰らぬ人となり、最後の再会は弔問の旅となりました。

47歳という早い死に彼女のご両親も悲しみに暮れ、誕生日にはケーキを買い、8月に入ってからは仏間を花で満たし、今月の一周忌法要にやっと納骨の決心がついたとのことでした。

私も初盆には花を送り、いただいた彼女の形見を身に着けて旅行に行った際の写真を同封した手紙を書いたり、遺骨の納められるペンダントをご両親に送るなどしてまいりましたが、まだ他にできる事はありますでしょうか。

私自身、彼女がくれた誕生日のプレゼントを可能な限り離さず、写真を身近に置きすごしていますが、逆縁で娘に先立たれた親御さんの悲しみはそれをもって余ることと思います。

今月の一周忌には花を送るつもりではいますが、まだほかに何かできる事はありませんでしょうか。私ひとりの拙い考えでは思い当たることが浮かばず、小町の皆様にお知恵を貸していただけたらと思う所存です。

ユーザーID:9037906325  


お気に入り登録数:39
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:26本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
お花で十分です
みか
2019年2月6日 17:47

花だけで十分です。
でも7回忌までとか期限を決めた方が良いですよ。
亡き夫の命日にお花を贈って下さる方がいて有難いのですが、14年経った今はもう遠慮してほしいというのが本音です。

お骨を収めるペンダントはご友人のご両親のの希望でしたか?
私なら要りません。
大事な夫のお骨を万が一落としたり失くしたりすることを考えると、身に付けられないし、お気に入りのネックレスをいつも付けているからです。

老婆心ながら、やりすぎはよくないです。
ご家族の負担(心も)になってはいけませんよ。

ユーザーID:9015415237
忘れない事
neko
2019年2月6日 17:53

主様のお優しい心はきっとご友人に届いていると思いますよ。

けれど死に対して感じる事は人それぞれです。
どんなに素晴らしいお考えでもそれが彼女のご両親も
同じように感じるかは別問題ではないかと愚考します。

ただ一つ言える事は故人の事を忘れない事が
遺族の誰もが共通して喜ぶことだと感じます。

派手なことは何一つ要らないけれど
ずっと忘れないで時折思い出すのがよろしいかと。

主様がお花をお供えしたいとお考えなら
是非ともお花を送って差し上げてください。
それだけで喜ばれますよ。

ユーザーID:6052479511
ご両親へお手紙
2019年2月6日 18:06

40年前のことです。

22歳の時、親しかった同級生が亡くなりました。
白血病でした。
今なら助かったかもしれませんが、当時はまだまだ治る見込みの少ない病でした。

私はご両親に手紙を書きました。
ご両親はたぶん知らないような、彼女と過ごした学生時代の思い出、
アホみたいな笑い話、ちょっと驚いた話、彼女のことを頼れるなーと思った出来事、など、彼女と私(あるいは仲間たち)との些細な、だけどとても温かくて大切な事柄を便せんにたくさん綴りました。

後日、お父様から泣きながら読んだとお返事をいただきました。
でも、悲しい涙ではない。
嬉しい涙。
娘がこんなにも友達に恵まれ、楽しい学生時代を過ごせたのかと知って、心から嬉しくなった、と。

そして、彼女が生まれた時の話や名付けで悩んだ話、闘病中なのに逆に親を励ましてくれた話など、私に負けないくらいたくさんたくさん綴ってくださいました。

お手紙を出してよかったと思いました。

ユーザーID:9553572712
そっとして置いて
母親
2019年2月6日 18:18

お友達の親御さんと同じような立場ですが、何もして頂かないのが1番有り難いです。
お墓参りに行くとどなたかが花を供えてくれている事があります。お友達が来てくれたのかなあと思います。
元気なお友達の姿を見るのも辛いものです。写真や手紙、プレゼントなどは贈る側の自己満足で受け取る側への配慮が足りないと思います。
ひっそりとお墓参りをしては如何でしょうか?
遠いのであればお花を贈るのがギリギリセーフの物でしょう。

ユーザーID:0887621331
やりすぎるのも相手の負担に
フリーランス
2019年2月6日 18:51

一周忌にお花をおくるくらいで、十分じゃないでしょうか。

他にやることがないかって、親族でもないので、大切なご友人だとしても、あまりやりすぎるのも、かえってそのご友人の親御さんに負担になりませんかね?

でも、トピ主さんがそのようにご友人を大切に思い、思い出してくれるのが一番良いことだと思います。

ユーザーID:3854130826
なにもしないことが最良
まい
2019年2月7日 16:27

逆縁となった親御さんに、ご自分の旅行写真、遺骨ペンダント…。

せっかくトピ主さんが熟慮されたことを否定してしまって申し訳ありませんが、なんだかピントがずれているような気がします。

お墓参りにお一人で行かれたらいかがでしょうか。

ユーザーID:7334612651
レスします
るう
2019年2月8日 9:56

他の方もおっしゃっていますが、もうこれ以上の事はなさらない方がよいのでは?
静かに想う。それではダメですか?

大切だったお友達の為に何かしたい。その気持ちは分からなくはありません。
でも正直申し上げて、ご両親にご自身の写真を送るなんて理解に苦しみます。自己満足そのもの。

お友達の年齢からすると、貴女も50才近い方でしょう?
小学生や中学生ではないのですから、ご自身の気持ちを押し付けるより、遺されたご両親の気持ちを思いやってください。
そうすれば、自ずとするべき事はお分かりになれるかと思います。

ユーザーID:6878592509
お手紙がよろしいかと思います
kanako
2019年2月8日 10:19

夫の同級生が若くして亡くなって、あとから親御さんから葉書を受け取ったのですが
「息子は、体はなくなっても魂は生きていると思う、と言っていました」という一文がありました。その一文で彼の気持ちと親御さんの気持ちを感じて涙が出ました。医学関係者だったのできっと彼は自分の病状など分かっていたと思います。分かっていたうえでこのような発言があったのだなと思うと切なかったです。

物ではなくて、お手紙が一番よろしいかと思います。
想い出だけではなく、彼女がどんなことを話していたかという内容が喜ばれるかと思います。

ユーザーID:6704740597
出来る事は無い
スギ花粉
2019年2月8日 16:25

貴女に出来る事は1つだけ。何もしない事です。
手紙を、と言うレスがありますが迷惑です。手紙、写真、物を贈るのは迷惑。傷に塩を塗る行為です。
ご遺族にご自分の気持ちや思い出を綴った手紙を送ってご自分は満足でしょうが受け取ったご遺族は悲しみが倍増、苦しみが蘇って来ます。

ユーザーID:8780781426
何もしない
う〜ん
2019年2月8日 16:42

1年経って少しは悲しみが和らいできた所にトピ主さんの行為は
傷口に塩を塗るようなものです。
やめて下さい。

ユーザーID:3247829710
一概には言えない
匿名
2019年2月8日 18:06

手紙がだめだとか、自己満足だとか、一概には言えないと思う。

私は早くに父を亡くしたが、毎年命日の頃に、父の友達がやってきて、母と色々話したり、私にも父との思い出を聞かせてくれた。


その友達が病気で来られなくなってからは、毎年手紙と花が届いた。

ご自分の体調だって悪かっただろうに、父の命日を忘れずにいてくれて、母も嬉しそうだった。


我が子を亡くした親と、
夫を亡くした母とでは、悲しみのレベルが違うかもしれないが、
大切な人に先立たれた悲しみは似ているはず。


母の場合は手紙も花も、そして思い出話も嬉しそうだった。
時には、涙ぐみながらのこともあったけど。

少なくとも傷口に塩・・みたいな気持ちはなく、亡くなって何年も経つのに心にとどめてくれてありがとう、と言っていた。

私の経験より。

ユーザーID:6799013357
親を慰めるのは親の友人の役割
pochi
2019年2月8日 18:54

私は手紙が喜ばれることもあるとは思いますが、喜ばれるのは一度だけの話だと思います。もうすでに送っておられますので、これ以上は重く感じるだけではないでしょうか。

一周忌にお花を送られたら来年は三回忌。それくらいで十分ではないかな。
いつの間にかお墓がきれいになっている、お墓にお花が添えてある。誰か知らないが参ってくださったのか。それだけで十二分に慰められると思いますよ。

昔からのご近所の幼馴染で、トピ主さんがご両親とも親戚にように付き合ってきたなら良いのですが、もしほとんど面識が無いならそっとしておきましょう。

親を慰める役割は親本人が親しい人、つまり親の兄弟なり友人が担うのであって、トピ主さんの役割では無いと思います。


形見を身につけたご自分の旅行写真はトピ主さんとしては形見を身につけてお友達と一緒に旅しましたよと言いたかったのかもしれませんが、人によってはもう娘は旅行にも行けないのに…と返って苦しめるだけです。

大変失礼ですが、ご友人の死に少し舞い上がっておられるように感じます。

悲しいのは分かりますが、一番つらいのは親御さんです。巻き込まない方がいいです。

他のご友人とひっそりと偲ぶ会をして思い出話などされてはいかがですか?
もちろんその様子をわざわざ親御さんに知らせる必要もないし、ましてご招待しようなどと考えないでくださいね。

ユーザーID:2215675230
ありがとうございました
nemo(トピ主)
2019年2月8日 19:31

トピ主です。皆様のご意見、心にしみました。
多分私は最後に彼女に逢えなかった負い目があり、それでこうまで拘ってしまったのだという事は自分でもわかっています。ご遺族側からの声を聞けたこと、大変参考になりました。

>共花について
今後とも、お盆と命日にだけ送らせていただきたいと思います。
あまり長くない方が良いのですね。
私は10年を節目と考えておりましたが、七回忌のことも考慮したいと思います。

>遺骨を納めるペンダント
夏にお母様と電話でお話しした際、「まだ納骨できずにいる」とのお話でしたので、納骨の後も一部だけでも身近にあれば良いかもしれない、と勝手に考えたものです。本当は自宅に置くオブジェにしようかとも思いましたがかえってご迷惑だろうと、小さなペンダントにしました。

>旅行写真
形見にいただいたのが着物でしたので、「着させていただいています」ということを伝えたいと思い同封したのですが、非常識な行為だったのですね。今更撤回も出来ませんので心の中でお詫びさせていただきます。

>手紙
二通ほど出しましたが、今後は控えようと思います。

ユーザーID:9037906325
そっと思い続ける。
タンタン
2019年2月8日 22:02

友人が若くして亡くなり、
仲間が追悼集を作ろうと言い出しました。

案の定、紋切り型でこぎれいに美化された
旅行の思い出などで、私は本当に嫌でした。
ご両親は一応喜んでくださいましたが、
私には反面の苦しみが解り辛かったです。

完璧に仲間の自己満足です。
みんなはお墓まいりに旅行がてら毎年行っていますが
私だけ欠席しています。

ユーザーID:5554091912
先様にお尋ねになってみては
にゃんこ
2019年2月9日 17:57

ご友人のご家族のほか、ご友人の宗派と同じお寺や教会、神社などにご相談になるのもよいかと思いますよ。
匿名様が仰っているように、一概には言えないと思います。
ただ、何が出来るか、という中身には、「する」ことだけではなく、「控える」ことも入るように思います。
ご親族ではないので、供花は祥月命日だけでよいかも知れませんね。

ユーザーID:6471486136
申し訳ないけど
亡くした側
2019年2月9日 20:12

年老いたご両親でしたら、命日とお盆のお花は負担だと思います。
いくら送る側が良くても受け取る側の心苦しさ。
どうお礼をしたらよいかと負担です。
命日だけ3回忌まで。

それ以降はご自分の家に飾ってください。
まだご両親が若ければお礼だって苦ではないけれど、経済的にも負担でしょう。
過分な思いは受け取る側の負担です。

学生ならそれからの選択の話を自分の子供の事のように考えられますが、47歳。
本当に形だけで十分だと思います。
主様のショックは解かりますが、出過ぎたことは却って傷ついたりします。
どうぞ胸の中で存分に故人を想って下さい。

ユーザーID:7229476948
レスします
フリーランス
2019年2月10日 13:40

私は、続けて、両親を亡くし、喪主をつとめ、法事が続いています。

きっとトピ主さんにとって大切なお友達だったのでしょうけど、
トピ主さんのお気持ちというか、行動は、結構相手の負担です。

長くても3回忌までにしてください。
本音を言うと、1周忌で十分です。
3回忌以降は、身内の家族だけでそっとやりたいです。

写真や手紙をおくったり、ペンダントまでもやって、まだ他にやろうと考えているのが迷惑ですよ。

トピ主さんは、他人との境界線、距離感というのがちょっと踏み込みすぎではありませんか?
相手は友人ではなく、友人のご両親なんですよ。

トピ主さんはそっと友人を思い出し、手を合わせることで十分です。

ユーザーID:3854130826
愚問なのですが
nemo(トピ主)
2019年2月10日 21:08

供花の返礼を辞退する方法というのはないのでしょうか?

私は分家で育ち、そのまま1人暮らしをしているため、まだ身内を見送るという経験がないので、その辺りが一向に分からないのです。祖父母の法事にご仏前を包んでいくことくらいしかありません。

先方からお返しをいただく事は全く望んでいません。
何か辞退する方法や送り方などがあれば、是非教えていただきたいのです。

ユーザーID:9037906325
貴女様の御親族や本家にもご相談になってみては
にゃんこ
2019年2月11日 11:24

贈る(供花等)、贈られるというのは、関係性が出来ると思います。無意識でも、贈られるほうは借りが出来てしまうので、御返しによってその借りを返していく、そのループのような。

供花の御返しはいらないと仰っても、地域によっては、御返しをしないことを咎められるところがあります。
拝読しますに、度重なる供花、ペンダント(高価だと思います)、ご友人の親御様の年代にとっては頂くのもお返しを考えるのも、ご負担ではないかと思います。

ご友人を偲ぶお気持ちを、がん支援団体や研究機関に寄付をなさるという方向に向けるのも一案かと思います。

何よりご親族にご相談なさるのはいかがでしょうか。

ユーザーID:6471486136
供花を辞退すれば返礼も来ませんよ
えんぷろいー
2019年2月11日 13:29

供花とかなくてもここまで思ってくれる友人がいたというだけで充分です。
あなたにとっては見送ったのはその友人一人でも
友人のご家族は我が子に先立たれる不幸があったけど、親兄弟など見送った経験はあるでしょう。
どんなに追悼の意を示したところであなたは生きていて友人とは違う人間です。


友人を悼むあなたの気持ちによりそうのは遺族の役目じゃない。
あなた自身で昇華してください。

ユーザーID:7697737918
 
現在位置は
です