現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

夫の身内に不幸があった時

なかなか
2019年2月6日 18:21

こんなトピを立てて、不愉快な思いをされる方がいるかもしれませんので先にお詫びします。

30代後半、結婚13年、子供二人で共働きです。
今回、夫の父親に不幸があり、亡くなりました。2年ほど前から時々不調で
入院することはありましたが、元気で明るい義父でした。

義両親との関係は良好で、結婚後も毎月泊りに行っていて、
仲が良い方だと思います。夫の大切な親で、私も義父が好きでした。
子供たちもたくさん可愛がってもらい、懐いていました。

でも、知らせを聞いてから一連の行事が終わる今まで、もちろん悲しいのですか、どうしても
喪失感とか、身が千切れるような思いにはならないのです。
夫に寄り添いたい気持ちはいっぱいなのに、、

私は冷たい人間なのか、ほんとは、自分でも気がつかないうちに
夫の家族をあまり好きではなかったのか?
こんな事口には出せず、悲しそうに振る舞うのも辛くなってきます。
小町の皆様は、配偶者の身内が亡くなった際、どのように感じられましたか?

ユーザーID:4679388695  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本


タイトル 投稿者 更新時間
何にも・・
コミン
2019年2月6日 19:20

あなたは所詮、息子さんの連れ合い、即ち他人なんですから、あなたのその思いは当然です。何にもあなたが悪い訳じゃないですから、安心してください。

あなたにとって、良き義父さんで子供さんたちも懐いていた。その思い出で充分です。

そして、誰に限らず、悲しみってその時じゃなく、後から湧いてくる物かも知れませんよね。

ユーザーID:9983175738
そうですね
わかめ
2019年2月6日 19:36

主さんのそれが普通だと思います。
冷たいとかどうとかではなく。

その人の立ち位置によって感じ方は様々である事が普通だと、私は思います。

私は自分の身内も主人の身内も、どちらも経験があります。
最初は私の実の姉で、私は当時二十歳でした。
私は四人姉弟の三番目で、一番上の姉とは年齢が離れていました。
私がもの心ついた時には姉はすでに短大生でした。
姉が就職し、すぐに結婚して実家を出て、婚家が近かったので何となく会う機会はありましたが、姉妹であっても実際一緒にいた時間は少なかったと思います。
姉が鬼籍に入ったその日、私はそこまで悲しくなりませんでした。
両親は当然泣いていましたし、二番目の姉も泣いていました。
私と私の弟(当時16歳)は、そうでもありませんでした。

同じ姉弟であっても、共有した時間も違えば、感じ方が違って当然だと、その時思いました。
または、姉の辛い治療を知っていたので、やっと楽になれて良かったとすら思っていました。

ただ、時間が経つにつれて、姉の話を出す時は涙が出ます。

さて、結婚してから主人の身内が亡くなった時、同じ現象が起きました。
悲しくありませんでした。
一応泣きましたが、実際私はそこまで悲しくありませんでした。

その後私の身内に不幸がありましたが、主人と息子は、どちらかという関係ない素振りでした。
でも、実際私は反対側の立場にもなってそれを知っていたので、何とも思いませんでした。

世の中、亡くした方の人がその相方に共感されない事で怒る人がいます。
主人の身内が亡くなった時、私が悲しそうにしていなかったら、主人は怒ったと思います。

主さんの寄り添いたい気持ちは、きっとご主人にも伝わっていると思います。
それだけで十分だと思いますよ。

ユーザーID:8625931164
そんなものでは?
なぎ
2019年2月6日 20:13

身も蓋もない言い方ですが、実の親ではないのだし、そんなものでは?

配偶者の親が亡くなって大打撃を受けてるお嫁さんて、見たことないですが・・
それこそ一緒に住んでて、実の親以上に可愛がってくれていたとか、そういう特別な関係(?)にある人くらいじゃないかな。

あとは、悲しんでいるご主人が心配で気が張っているとかね。
お姑さんやご主人と一緒になって泣いてるわけにはいかない、私がしっかりしないと、とかね。
そういうのはあるかも。

ユーザーID:2552325032
何とも思いません
ふむ
2019年2月6日 21:01

私の方が冷酷だと思います。夫の身内と言っても赤の他人。
生きている間が全てだと思っているので、亡くなったと言われても同情することも、泣き叫ぶこともしません。

むしろ忌引の特別有休は何日使えるのか、香典辞退にして貰えば面倒臭い挨拶周りは不要だろうなと冷静に考えます。
好きとか嫌いとではなく、普通の事だと思います。

ユーザーID:4932799225
仕方ないです
アラフィフ
2019年2月6日 21:59

結婚20年、40代後半。
義父は私達の結婚直後に余命宣告をうけました。
新幹線の距離をマメにお見舞いに行き、
思い出に家族旅行もして、家族全員で看取りました。
通夜葬儀、年季法要、嫁として立ち回りました。

一人になった義母が可哀想だと夫が言うので、
お盆やお正月の帰省もいつも夫の実家を優先して
いました。関係は悪くなかったと思います。
義母が他界したあとも同様に、遺品整理まで
行い、その後は年に数回の墓参も欠かしません。

それでも、夫から感謝もされませんし、
むしろダメ出しばかりされてきました。
いま老いた私の両親のことは知らん顔です。

他人だから仕方ないんだと今さら気づきました。
だから無理することはありませんよ。

ユーザーID:7625407737
仕方ないと思います携帯からの書き込み
雪まる
2019年2月6日 22:01

自分の親でなく、ご主人のお父さんとなるとやはり思う気持ちは違うと思います。
どんなによい義父さんだったとしてもです。
トピ主さんと同じような気持ちを味わった人は、多いと思います。
私も同じだったから。
私なんて義母が亡くなった時には、葬儀で何日間、仕事を休まないとダメかなと思いました。
義母が嫌いだという事もあったから余計に悲しみより淡々とした気持ちでした。
これがトピ主さんの親御さんが亡くなったとしたら。ご主人もトピ主さんと同じ気持ちになると思います。

ユーザーID:4977620272
同じです
匿名で
2019年2月7日 0:59

夫の母が亡くなったとき私たち夫婦は40歳を過ぎたころ。
義母にはとってもよくしてもらったよ。でも、義父や実子の夫や夫のきょうだいが取りすがって泣いているのは他人事のようだった。
付き合って悲しそうに振る舞うという表現がぴったり。
同居じゃなかったし苦楽を共にすることも少なくそういう意味では家族ではなかったわけだし。お互いいい顔ができる程度の関係だった。
義母が亡くなってむしろ義実家詣でというノルマのようなものが無くなって、自由になった。正月に集まることもなくなって好きなテレビを見られるようになった。葬儀のときはおいおい泣く実の家族たちの中でよく働いたと思う。私以外は皆ヒマだったのにどうして一人だけ仕事の忙しい私が動かないといけないんだってけっこう怒っていた。
私はまだ自分の身内が亡くなったことがなくその辛さを知らない。
でも多分好きなだけおいおい泣ける気がする。
自分の親より先に夫を亡くしてしまい、親の生きているありがたみが身にしみた。

ユーザーID:4580994324
何も思いません
にゃろめ
2019年2月7日 7:45

義理なので。

誰であれどうもない。

夫も同様です。

温度差があって当たり前。

私を可愛がってくれたのは私の身内で、夫の身内ではありません。

ユーザーID:6622592875
そんなもの
秋子
2019年2月7日 8:32

そりゃあ全部とは言わないが殆どそんなものだと思います。

実両親との違いは、好き嫌いはあるが今までの思い出がたくさんあるから

つい悲しくなるのだと思っています。

ユーザーID:3601629723
極論言うと、、、その通りです
モーリー
2019年2月7日 8:45

特に不快感はないですよ。
逆に真実を言っておられると思います。

義親と不仲だったら、ほぼまったく悲しみもなく、
淡々と済む話だろうと思います。
不仲でなくとも、やはり配偶者の親とはいえ、
元は赤の他人ですからね。

身が千切れるような思い・・にはなりにくいものです。

私も配偶者の義母がまだ70代後半ですが認知症で結構進行していて、
おそらくあと5年かそこらで他界すると思う(レビー小体型なので
長生きは難しい)んですけど、優しい義母だけどお亡くなりになったら、
それほど激しい悲しみはないと思います。

ユーザーID:0390070660
逆に、冷静さをもって支えてあげる事も出来る
千差万別
2019年2月7日 10:51

一緒に悲しんで欲しいというのは、女性視線かもしれません。
私だったら、一緒に悲しむより、弱い自分を上手く補って欲しいかも。

無理に慰める必要があるかどうかは、人にもよります。
でも、喜怒哀楽を制御する必要性は、私は感じません。

好きとか嫌いとか、悲しいとか悲しくないとかよりも、
父親を亡くしたご主人を、上手くサポートしてあげるのはどうですか?
男性は、本音を口にしない事も多いので、難しいかもしれません。

ちなみに私は、自分の親は亡くなりました。
この悲しさを、配偶者に同様にとは求めません。
今では、供養したいという気持ちを理解してくれればいいと感じてます。

あと、ご主人以上に難しいのが、義母さんです。
配偶者を亡くすのは、親を亡くす辛さと別物です。

自分の気持ちを客観視するのも、時には大切です。
でも今は、ご主人や義母さんに対し、どう接するのがよいかの方が
大事なのかもしれません。
自分が悲しくて仕方ない、が正解だとは限らないと思います。

ユーザーID:5817118901
舅が他界し早12年携帯からの書き込み
ミケ
2019年2月7日 10:54

13回忌の話も出なくはないですが、姑93歳、主人も前期高齢者。
姑が仕切る話ですが、さすがにわかりません。大袈裟にはしません。
トピ主さまは冷たくないです。
姻族は落ち着いていた方がいいです。

半年位前、私は主人に質問しました。
「変な話、どうしても行かなきゃいけない葬式って、どこに何回?」

姑の妹(遠方)、姑の従弟(やはり遠方)

外せないとのことで、きちんと考えていかなければならない問題です。

涙に濡れるだけじゃダメなこともたくさんあるのが葬儀です。

ユーザーID:1002375457
当たり前の感情
あのさー
2019年2月7日 11:39

同居してた義母を亡くしました。
亡くして初めて泣いたのが、お通夜の時。
しかも、実姉が「頑張ったね。偉かったね」って背中を撫でてくれた時。
義母を亡くした事で泣いたのではなくて、「私を見ててくれた人がいた」って
事が嬉しかっただけ。ほっとしただけ。

毎日、病院行って、義母の用事して、義父や義弟のご飯作って、って半年以上
仕事して子育てしながらしたのに、皆がみんな「義父さん大変だったね。
夫君も大変だったね。義弟君も大変だったね」って。いや。何が大変だったか
教えてほしい。何もしてないのに。

だから姉の一言に救われた。夫に寄り添う余裕なんて全く無かった。

きっと私の両親が亡くなった時は夫でも子供でもなく。
姉が1番寄り添え合えると思う。

だから主様の感情は優しいと思います。

ユーザーID:1461155719
普通です
ochapi
2019年2月7日 12:21

配偶者の親が亡くなったときに、自分の親が亡くなった時と同じくらいショックを受ける人はよほど感受性が鋭い人だけでしょう。大人になってから月に1回合う程度の関係の義父が亡くなった時の衝撃って、会社で毎日会う同僚が亡くなった時よりそんなに大きくないのでは?

もちろん、トピ主夫にとっては実の親ですし、トピ主さんたちが30代後半ということはまだ比較的お若いうちに亡くなったということでショックも大きいでしょう。それに寄り添うことと、トピ主さんも同じように悲しむことは全く別の話です。夫が悲しい気持ちをぶつける相手が欲しいときに、傾聴してガス抜きすれば十分寄り添っています。

「義実家から喪中なのに年賀状が来た」とキレているトピが立っていましたが、姻戚なんてそんなものです。どうしても他人事になってしまうことを理解できたことでヨシとしましょう。

ユーザーID:6519999807
 


現在位置は
です