現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

漫画家の大島弓子さんについて教えてください

青い実
2019年2月12日 14:13

大島弓子さんの漫画を読み、その内容と世界観にとても感銘を受けました。全作品を読みたいのですが、すでに絶版になっている作品もあるようだし、出版社も色々のようで、詳しい方に教えてもらえたらと思いトピを立てました。

(現在持っている漫画)白泉社の文庫になっている漫画、グーグーだって猫である、雑草物語

これから「キャットニップ」という作品を買おうと思っています。これが一番新しい作品のようですが、キャットニップ以降もどこかで連載などされているのでしょうか?大病された後ですが、現在はお元気なのかも気になります。

大島弓子さんの作品を教えてくださる方がいればどうかお願いします。

ユーザーID:6002754719  


お気に入り登録数:25
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本


タイトル 投稿者 更新時間
昔の作品ばかりになりますが
うみとそら
2019年2月12日 15:49

「グーグー」あたりから最近の物は、ほとんど読んでません。
ご病気されてから、長編はあまり描かれていないようですね。

昔の作品なら、一番好きなのは「バナナブレッドのプティング」
何度読んでも、最後は泣けます。
あと有名なのは「綿の国星」...アニメ映画化もされたような気が。
「海にいるのは」「ほうせんか・ぱん」など、心に残るセリフがたくさんあります。

絶版になってるんですね....古い作品ですから。
かなりたくさん家にあるので、できることならトピ主さんに貸して差し上げたいくらいです。

ユーザーID:1004633320
地味?な短編
ぴゃー
2019年2月12日 22:00

「わあ、十代の頃によく読んだな」と思って
調べてみましたら、たくさんある作品のうち、
「綿の国星」とほんの数点の短編を読んだだけみたいで、
自分でびっくりしました。
読んだものについてはすごくよく覚えていて、
30年経ったいまでもしょっちゅう思い出しているのに。
それだけ印象が強烈だったんだろうなあと思いました。

私が特に印象に残っているのは、
シチュエーションとしてはわりと現実敵な話でした。
でき婚、離婚、殺人犯、サラ金業者など登場しますが
どれも好きです。
「桜時間」「夢虫・未草」「ノン・レガート」など。
ちょうど自分が大人になっていくときにピタリとはまった作品群でした。

ユーザーID:3603448043
作品データ
ローズティー
2019年2月13日 1:09

未読ですみませんが、「大島弓子の話をしよう」という同人誌の作品リストなら、全作品がきっちりチェックされていたと思います。あいにく入手が簡単ではないようですが。

作品のリストは「大島弓子fan book ピップ・パップ・ギーととなえたら」にもあるようです。発行が2015年なので、情報の新しさという点でもこちらで大丈夫でしょう。
当時の入手可能な書籍リストもついているそうです。

初期の作品は一部、選集で読めるようですが、書籍に収録されていないものも多かったと記憶しています。国会図書館でコピーを依頼するのが最終手段になるかと思います。

昔、小学館文庫、サン・コミックス、あすかコミックスなどで読んでたなあ。
そのほとんどのタイトルを白泉社文庫で見かけます。

ユーザーID:1797026167
初期のものも良いですよ
メルカリとかで
2019年2月13日 15:28

フリマアプリで売られてますよ。割とお手軽な値段です。綿の国星も良いのですが、初期の作品もお勧めします。

時間はかかるかも知れませんがポツポツ出るので気長に待ってみてはどうでしょう。

どうしても欲しければまんだらけとか。値段はちょっと高めです。

ユーザーID:2463914793
手元に置かなくてもよければ
カモミール
2019年2月13日 16:59

もしかしたら、図書館で置いているところがあるかもしれませんよ。

大人になってから地元の図書館に選集があるのを見つけ、初期の作品を読んだらとても面白くて全巻読破しました。

今はネットで蔵書検索ができますし、地元や周辺の地域の図書館を調べてみては?
地元民でないと借りることはできないかもしれませんが、出かけて行って読むだけでもよければそれもアリかと思います。
なんとかして読めるといいですね。

ユーザーID:9734430436
朝日ソノラマ
Y
2019年2月15日 10:00

ずいぶん前になりますが、朝日ソノラマから出版された全16巻の大島弓子選集を持っています。サイズがちょっと小さいので漫画は細かくなるのですが、初期のポーラの涙から綿の国星まで作品が網羅されています。
やわらかいタッチの漫画、その独特の世界観に癒されてます。
最近の作品は分かりませんが、昔のものが好きですね。
白泉社の文庫本サイズではロストハウス、8月に生まれる子供、を持っています。
やはり昔のものですね。

ユーザーID:8724543016
ある作品を急に思い出しました。
なつかしい
2019年2月15日 13:56

少女が亡くなり、葬儀が行われます。
少女本人がその様子を観ています。
最後 母親が棺桶に泣いてすがって棺桶を開けると少女が目を開けていた。
という話があったように思います。
 
話ははっきり覚えていないのですが、漫画の絵を覚えているのです。
大島弓子先生の作品だったような気がします。

ユーザーID:5980553409
皆さま、どうもありがとうございます!!
青い実
2019年2月18日 10:52

トピ主表示が出ないかもしれませんが、トピを立てた者です。皆さま、色々な情報をお寄せくださり、本当にありがとうございます!
大島弓子さんの作品、私は少女漫画のキラキラした絵柄を敬遠していたので長らく縁がありませんでしたが、読んでみたら何と素晴らしい世界が、、、初期の作品も後期?の作品も非常に興味深く、読めば読むほど魅了されます。
皆さまの情報を頼りに、これからも読み進めたいと思います。
本当にご親切に教えてくださいましてありがとうございます。心からお礼申し上げます。

ユーザーID:8958301533
なつかしい様携帯からの書き込み
川はブルー
2019年2月18日 15:17

そのお話は、「四月怪談」ではないでしょうか。

ユーザーID:3479107229
確か・・・
通行人
2019年2月20日 16:57

 初めまして、明治大学が漫画の図書館を持っていたような気がします。
又、京都の精華大学が漫画の学科を持っていたと思うので色々保管があると思います。
50代以上の方とお知り合いになれば貸してもらえるかも?

ユーザーID:6131365508
 


現在位置は
です