現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

50からの絶対音感

2019年2月12日 19:23

はじめまして。
50歳を期に会社をやめました。
一人でなら食べていくに困らないだけの貯金があるので、悠々自適です。
ただ、暇すぎてどうしょうもない!
友人が、近所の管弦楽団(素人の集まり)に誘ってくれて、
フルートを吹いています。
今では友人以上にハマってしまって、練習時間が待ち遠しいです。

素人の集まりとはいえ、周りの人たちは皆絶対音感が備わっているようです。
一方私にはありません。
これからでも訓練すれば身につけられるものなんでしょうか?

今日の風の音はラ・シャープだね なんてさらっと言ってみたい。

ユーザーID:8094651237  


お気に入り登録数:30
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本


タイトル 投稿者 更新時間
無理です
チカ
2019年2月12日 21:31

絶対音感は、3-5才時に訓練が必要です。ので、大人になってからは無理です。でも、大人になってもトレーニングすれば多少は良くなると思いますよ。

ユーザーID:3600116923
絶対音感といっても様々
Marco
2019年2月12日 23:09

絶対音感にも様々な様態があるようです。モーターやエンジンの音が音名で聞こえる人、楽器の音のみ判断できる人、ピアノの音だけ判断できる人、白鍵の音(シャープやフラットが付かない音)だけ瞬時に判断できる人など。珍しい人ではファのシャープだけ絶対音感であとは相対音感しかないという人に会ったことがあります。

元々素質があるなら50歳からでも絶対音感が身につくのかもしれませんが、かなり厳しいでしょうね。私は若い頃に音感トレーニング(聴音など)をやっていましたし、音大にも進みましたが、絶対音感が身につくことはありませんでした。

ところで、その管弦楽団の人たちは本当に絶対音感を持っているのでしょうか・・・。弦楽器の人は小さい頃から音楽をやっている人も多いと思いますが、管楽器の人は中学高校のブラスバンドで始めたという人も多く、音楽を始めるのが遅いため絶対音感を持っている人は少ないというのが私の印象です。

私はトピ主さんと同年齢かもしれませんが、ただただ悠々自適の生活が羨ましいです。暇な時間を全て音感トレーニングに費やせば、もしかしたら絶対音感が身につくかもしれませんね。頑張ってください。

ユーザーID:9681902145
うーん。携帯からの書き込み
リリス
2019年2月13日 9:54

かなり厳しいですね。
絶対音感は6歳位までに身に付けるものでそれを過ぎるとかなりのトレーニングが必要です。
色々方法はありますが取り敢えず「絶対音感アプリ」をインストールしてトレーニングしてみては如何ですか?
50歳ならかなりのトレーニングが必要かも。何せ耳って年齢に正直ですからね。でも頑張る価値はあると思いますよ。

ユーザーID:3518618043
相対音感ならなんとか
音楽練習生
2019年2月13日 11:41

私も50代で声楽を始めましたが
ソルフェージュを半年先生に習っても
絶対音感は無理でした。

ただし主音をきいてからの相対音感ならある程度なんとかなりました。

「音感トレーニング」などの小学生用のCDつきドリルを何冊かやり
インターネットでも音大関係の聴音練習がUPされています。
少なくともやって損はないです。

ユーザーID:2108884907
相対音感
にょんぷお
2019年2月13日 11:58

絶対音感は無理ですが、相対音感なら鍛えられますよ!
私は楽器の音ならどの音かわかりますが、絶対音感ではありません。

ユーザーID:0114966751
う〜ん!?携帯からの書き込み
スナック武道館
2019年2月13日 16:56

難しいなぁ。絶対的じゃなくても、演奏楽しめる事が大切です。皆さんで音合わせの時、意識しますよね。しかし、音感ってのは、生まれつきか?幼い頃に訓練しないと難しいですね。沢山の音楽に触れてみるのもいいかもです。

ユーザーID:9785298940
50歳からでは(英語)ネイティヴになれないように・・・
あらよっと
2019年2月13日 23:31

一応仮説ですが、脳の発達過程において、その時期(学説によって◯歳から◯歳と分かれます)を過ぎるとある行動の学習が成立しなくなる限界・・・『臨界期』というのがあります。

言語のネイティヴになるか、絶対音感が育つかは、その臨界期に経験するのが鍵なので、50歳では(外国語の)ネイティヴになれないように、絶対音感が育つ事はありません。

しかし、50歳からでも努力すれば、外国語もある程度上達しますので、絶対音感もある程度上達は身につくと思います。

ユーザーID:7748462263
なぜ、絶対音感?
くま
2019年2月14日 1:25

当方も50代。音大卒です。同じく悠々自適。絶対音感はありません。楽器や声楽もやりません。(楽理系)

絶対音感って、必要なのでしょうか? メカニカルに聴音などでは高得点を狙えるかも知れません。

しかし、一般的に調性に基づく音楽(我々が普通に聴く曲のほとんど全部)は、
その調における音程関係で構成されるので、その調での音程関係(相対音程)を
正しく取ることが何より重要です。

各調での正しい相対音程と、ピアノの12等分平均律で、音程にズレがあることは、
音楽を専門とする者はたいがい知ってます。(いわゆる純正調)

つまり、12等分平均律に準拠した正確な絶対音感を持ってしまった場合は、
実際の曲を聴いたり演奏したりする場合には、その身につけた絶対音が、
正しい音程とズレてしまうということです。

聴く場合は「気持ち悪い」ことになるでしょうし、
自分で音程を取る楽器の演奏や歌の場合「とても厄介」なことになるでしょう。

そこまで厳密な絶対音感でないなら、それは「いまのサイレンはF#だ!」と、
場を盛り上げる特技としての、むしろ無難な絶対音感です。

おそらく、12等分平均律の正確な絶対音感を持っている人は、
それとは別に、正確な相対音程で歌ったり楽器を演奏しているはずです。
そして、「絶対音感は邪魔だ!」と思っているかも。
いや、そう言っている友人(絶対音感有り)が複数おりました。

アンサンブルの中で楽器なさっているのであれば、何より、
正しい美しい響きの相対音程を取れるようにすることが肝要です。

どうぞ、悠々自適に音楽をお楽しみくださいませ♪

ユーザーID:7583393018
話のネタで
ぴあこ
2019年2月14日 14:01

絶対音感については定義も人それぞれのようですね。ご友人方の「絶対音感」もどういうものかわかりませんが、音楽をやる上で必要なのは皆さんのおっしゃる通り相対音感だと思います。なので以下はお遊びとしてお読みください。

我が家の猫はお腹がすいた時は「ラ(A)」の高さで鳴きます。私は絶対音感はないので、ラ、ラ♯、シあたりだろうくらいにしかわかりません。そこで自分が猫と同じ高さの声でまず鳴いてみて、その高さをキープしたままピアノのところへ走って行き(何やってんだと自分でも思います)、音を出して確かめるのです。

鳥の声、蝉の声も同様に。はじめに自分で声を出してみた方が音をとりやすいですが慣れてくれば直接ピアノで音がとれます。昔見た韓国の歴史もののドラマで、王宮の楽団員採用試験で鳥の声を楽器で奏でるという課題がありました。うまくできるようになれば採用試験合格かも?

動物の声やパトカーのサイレン、電話のベルなどは音の高さを真似しやすいですが、ビニール袋のガサガサ音は難しい(すみません、これも何やってんだですね)。私の場合はピアノでやっていますが勿論フルートでも可能なので、ものは試しでやってみてください。風の音がわかればステキですね。

ユーザーID:8378313786
絶対音感より
イランイラン
2019年2月14日 14:43

「くま」さんがおっしゃるように、正しい相対音程をピタリと取れることのほうが重要だと思います。

私は絶対音感持ちですが、訓練ができていなかった頃は、そのせいで合唱のアンサンブルを壊す原因になることがありました。自分の中にできあがっている平均律の鍵盤で歌ってしまうために、正しいハーモニーにならないんです。
それに気づいて意識して修正して、今はもうどんな場面でもクラッシャーになることはなくなりましたが、思うことは「音楽をやるのに絶対音感はいらない」ということ。
まあ、楽譜を見ているだけでも音取りができて便利とか、それくらいのメリットはありますけど。でも、ほんと、その程度ですよ。

ユーザーID:2456665142
相対音感?
qwj
2019年2月14日 15:54

詳しくないのにこんなこと書いて恐縮なんですが、お仲間の方は絶対音感なんでしょうか?そのようにお書きなのですから確かに絶対音感なのでしょうが、管弦楽団、素人さんの集まりでみんなが備わっているということから、相対音感のような気もしました。

>今日の風の音はラ・シャープだね 

うちの子も主人も一度聞いた曲を両手で弾きます。和音も聞き取れます。家電の終了音等について、「今の音はミ」と言ったりもします。とはいえ、たとえ話なのでしょうが、お書きのような発言はそれほどしないんですよ。耳に入る音は単音とは限りませんし、「ラのシャープ」と言えるような音でも、ラに近い音だったりシに近い音だったり様々ありますので、「今の音はドレミ〜でいうと何?」と聞くと答えにくそうに「ミだけどちょっとレに近い」とか「しいて言えばソかな」とか、そんな感じで答えることもたびたびです。音楽以外の様々な音が、ドレミ〜に当てはめられるわけでもないとすれば、絶対音感にどれほどの意味があるんだろうと思うこともあります。

ただ、相対音感でしたら、身につけられるときいたことがあります。
音楽は楽しいですよね(私も素人ですが楽器が趣味です)。

ユーザーID:8042117716
最相 葉月の「絶対音感」読んでみて下さい。
レベルが違うかも
2019年2月15日 13:27

色々なタイプがあり、よくわからないものですが、ちょっと音当てをするレベルとは違う、はるか上のレベルの方々のことらしいです。生まれつきか、かなりの幼少期に付くらしいので、何か臨界期があるんでしょうね。
なお、相対音感でも、磨けば、なんちゃって音当てくらいが出来てくる事もあるようですよ。
頑張ってみて下さい。
全音が聞き取れる絶対音感とは違って、よく使うような、ある特定の音だけ聞き取れるケース。

私は一応、いい加減ですが相対音感持ちで、訓練で磨いた系です。
大学サークル時代には腕と一緒に耳も育てろと上級生からうるさく言われました。

音当てについては、私は、学生サークル時代はC(ド)の音だけがそらで取れました。ピアノの鍵盤を思い浮かべると、小学生の自分がキーを叩く感覚と共に、そのピアノ音が頭で鳴るんです。ピアノの真ん中のドのキーが下がり、その2音ほど隣にはアップライトピアノの鍵穴の金属も脳内に見えます。当時はその音から相対音でラまで上がることが出来ました。
もちろん、実際はそんな妙なものに頼らず、チューナーや音叉を使ってましたが。

4半世紀ほど経った現在は、A(ラ)も直接出せます。さすがにずっと音合わせでAを聞いてきたからでしょうか。
適当に耳で楽器を合わせて、その後442Hzの音叉を鳴らすと、体調が悪くなければ大体合っています。どうせ、全体チューニングでは管のコンディションに左右され、微妙にずれることもありますから、まずはそれで席に着きます。私は、最後の微妙な音の高さの違いは、暗い、明るいで聞こえます。

でも、風など音の高さでは聞こえませんし、猫の鳴き声やセミの声だって、無意識だと「カタカナ」で聞こえるだけで、相当意識しなければ音名にはなりませんね。

ユーザーID:1242341539
絶対音感持ちのフルート吹きです携帯からの書き込み
mina
2019年2月15日 14:58

チューニングがさっさと合うのは便利かもしれません。
でも、息が足りなくて音がどんどん落ちていくのがよくわかるのが悲しくて切ないです。
あと、ビオラにちょっと手を出しましたが、音感ない人より成長遅いです。音のズレが気になるので(とはいえ技術がないので即座に合わせられない)、どんどん弾いて進むことが出来ないんです。音感ない人の方がガンガン弾いていくので、とりあえず弾けるところまでは早い気がします。
絶対音感=高い演奏技術ではないので、人より多くの悲しみを味わいますよ(涙)

ユーザーID:7093025189
難しいそうです。
まな
2019年2月17日 8:38

私と子供に絶対音感があります。

私は4歳からピアノに通い並行して絶対音感教育の幼稚園に通いました。
幼稚園では毎日1時間以上音楽の授業があったように記憶しています。
雨の音や車のクラクションなどもドレミで聞こえますが人の声は分からないです。
幼児期からオーケストラのパートを聞き分けられていました。

子供に絶対音感をつけたいと夫が言うので専門のピアノ教室に通いました。
子供は3歳から訓練しました。
相対音感が先につくと絶対音感はつかなくなるのでこれはダメとか色んな制約があり。
2年以上かかって習得しました。

先生曰く歳をとると絶対音感の精度が落ちる場合があるとのことでした。
実は私もアラフォーになって絶対音感の精度が明らかに落ちています。
ピアノや楽器の音は分かりますが以前のようには完全に分からない日常音。
子供は音楽系の習い事を掛け持ちしてるので絶対音感があると楽な時もあるという程度だそう。

ユーザーID:3657351587
 


現在位置は
です