• ホーム
  • ひと
  • 認知症の祖父に苦しむ実家 精神的な余裕が欲しい

認知症の祖父に苦しむ実家 精神的な余裕が欲しい

レス6
(トピ主1
お気に入り30

家族・友人・人間関係

はなこ

27歳女性です。
92歳になる祖父を実家ではデイサービスを併用しながら自宅介護しています。
祖父は足腰はまだたちますが、緑内障と白内障で目がほぼ見えず、耳も補聴器をして大きな声をだしてやっと聞き取れる状態です。
耳も目も見えないので、不安になるのでしょう。昼も夜も大きな声でおーい!○○ちゃーん!!っと叫んでいます…。
昼間はまだ良いのですが、夜の叫びには家族が疲弊しています。
両親は介護の知識があり、動けるうちは施設には入れないとの考えでいるため、何も口出しができません。

私の結婚が最近決まり両親は特に喜んでくれましたが、いろいろしてやりたい親心と介護でなかなか思うように行かない現実で、ちょっとしたことで心にもないこと(だと思います)を言われてしまいます。

わたしも両親の意向にそった介護に合わせて、手伝ったり、両親の負担が減るよう家事をしたりしているつもりですが、なぜこんな形になってしまうのか。どうしたら改善できるのか。
誰が悪いわけでもないのに暮らしにくいこの状態を改善するにはどうしたらよいでしょうか?

ユーザーID:7414469557

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 誰が悪いわけではないけど、きれいごとではない

    高齢者が元気で美談だけで、世間の人が見ないふりをしている部分は、かなりきついんです。
    想定していなかった老々介護です。

    ご両親は、もう十分苦労もし、いろんな我慢もしてきたと思います。

    そろそろ娘の結婚とともに、思いっきり楽しみたい、もしかしたら、こういう祝日はもうないかもしれない、という時、高齢な祖父さんが邪魔になる、と思ってしまって、かなり申し訳ない気持ちになるとか、暗い部分がないことはないでしょうか?

    長生きな祖父さんは、何も悪くなく、貴重な方だとしても、家族でないとわからないことってありますよ。

    私は、ご両親と近い年齢ですから、もっと、日本中にこういう理解が欲しいんです。

    ユーザーID:1249981692

  • レスします

    在宅で介護をきちんとされてるご両親素晴らしいです。
    我が家も在宅で祖父母を10年以上介護しました。
    深夜の俳諧、枕もとでつぶやくなど
    両親が若いうちは体の無理もききますが、老老介護の状態になると介護する側が疲弊してきます。
    お家で介護してる方って人の手を借りることに遠慮があるんですよね。大変さも知ってるから・・・
    私が結婚する時は、ショートステイやヘルパーさんなどもお願いし、負担を減らしました。結婚式もヘルパーさんに同席してもらい祖父母に付き添ってもらいました。(お膳も用意しました。)
    ただ、環境が変わり祖父母が興奮状態になることもかんがえられましたので、顔なじみのヘルパーさん又は事前に何度か自宅ヘルパーに来てもらい顔をつなぐというようなことをお願いしました。
    最悪その方に連れて帰っていただくということも考えていました。
    一度そういうサービスを使ってみればハードルが下がり、ご両親のリフレッシュしたいときなどにもお願いできるようになるのではないでしょうか?
    はなこ様のご結婚がそのよい機会になればいいですね。
    デイサービスなど行かれてるなら、ご担当のケアマネさんがいらっしゃると思いますので、相談されたらいいと思います。

    ユーザーID:3424464877

  • ショートステイを利用しましょう

    夜寝られませんと介護は続きません。早晩限界が来ます。

    デイサービスをお使いとのことですが,ショートステイはしたことありますか?
    泊まりで何日間か預かってくれるサービスです。

    私は母を自宅介護していたのですが,やはり寝られず参りました。
    うちの場合は,夜何度も起きてきて話しかけられたリ,○○(もうなくなっている父)が帰ってくるから玄関のかぎを開けろと言われたり。
    それが夜中に何度もあります。30分おきくらいに起こされるときもありました。起きていかないと騒ぎだします。

    昼は仕事や育児がある,運転もしなくてはならないのに寝不足でほとほと困り,そんな時ショートステイを知り,利用するようになりました。

    うちでは2-3日から一週間くらい預かってもらうことが多かったです。
    期間など詳しくはケアマネ-ージャーに相談してください。
    要介護度に応じて利用日数が決まっていたと思います。

    介護のない日常がこんなに平和なものか,と母には悪いですが思いました。
    夜もちゃんと眠れました。

    施設入所もいきなりですと本人が混乱することがあり,ショートステイを利用していた方が施設に慣れて,いざ本当に入所するとしてもスムーズ,ということもあるようです。

    また介護の当事者であるご両親にも,いきなり施設というのは抵抗があるでしょうから,まずはショートステイで数日,寝られるようになりましょう。

    それにしてもお祖父さん,目が見えず,耳も聞こえずではさぞかし不安なことでしょうね。認知症なのですね。どんな気持ちなのか。
    夜通しでも誰かを呼ばずにおれないのでしょう。お気の毒です。

    そう思って,ご両親は余計自宅で見てあげたいとお思いかもしれませんね。

    それならなおのこと,半分施設で半分うちで,くらいの気持ちで,負担はなるべく小さくすることで,自宅介護できる期間を延ばすのがいいのではと思います。

    ユーザーID:7584601858

  • その知識は正しいのか疑問

    介護は綺麗ごとではありません。動けるうちは自宅でという考え方はとても危険です。介護者が疲弊してしまっては本末転倒です。一生懸命介護するのは、偉いなぁと思いますが、家族に八つ当たりしているようでは、困りますね。もう少し方向転換する必要があります。施設にもっとお世話になるほうが、おじいちゃんにも、ご両親にもメリットがあるように思えます。夜中の大声も施設では、たいした事ではないように思います。頼れるとこは、頼ったほうがいいですよ。

    ユーザーID:3442339797

  • それはご両親が「在宅介護」を選んでいるから。

    >両親は介護の知識があり、動けるうちは施設には入れないとの考えでいるため、何も口出しができません。

    〇トピ主さんが言っているところの苦しさは、ご両親が認知症の親を、まだまだ在宅介護しようとする選択をしているからです。

    つまりは
    ご両親が、その苦しい介護生活を選んでいるのです。

    きっと
    「限界がきたら」入所させるでしょう。

    でも、
    娘さん(トピ主)もいて手伝ってくれるから・・・

    まだ何とか家で介護できると、ご両親は頑張っているのです。

    だから、
    トピ主が手伝えば手伝うほど、祖母様の入所はせずに、まずます苦しい在宅介護を続けるでしょう。入所のお金が無いなら仕方ないですけどね。

    ご両親は、トピ主の手伝いもアテにしています。

    だから、トピ主が苦しくても、もっと苦しくても、手伝えば、更に入所が遠のき、家の中は介護で苦しくなります。

    トピ主は、余り無理して手伝わない方が良いかもしれません。犠牲になりますよ。
    ご自分の結婚や結婚生活を大事にしてください。

    そもそも、認知症(進行性の場合ですが)の親を、最後まで在宅介護するのは不可能に近い、至難の業です。地獄のような介護になりかねません。

    進行性の認知症は(アルツハイマーなど)、ある時点から入所が妥当です。

    トピ主が手伝えば手伝うほど、親御さんは「在宅介護」を続けるでしょう。
    つまり

    今の生活は親御さんが選んでしている。

    >私の結婚が最近決まり両親は特に喜んでくれましたが、いろいろしてやりたい親心と介護でなかなか思うように行かない現実で、ちょっとしたことで心にもないこと(だと思います)を言われて
    〇認知症の親が居れば、介護で精一杯です。

    >わたしも両親の意向にそった介護に合わせて、手伝ったり、両親の負担が減るよう家事をしたりしているつもりですが、
    〇ご自分の人生を主に。親御さんは限界が来れば入所させます。

    ユーザーID:7050598816

  • トピ主です。

    みなさん、ありがとうございます。
    もう一度話し合ってみる気持ちになれました。

    ユーザーID:7414469557

レス求!トピ一覧