• ホーム
  • 話題
  • 夫に言われてショックだったこと(駄かな)

夫に言われてショックだったこと(駄かな)

レス37
(トピ主2
お気に入り58

生活・身近な話題

トピ主

アラフィフの夫は、スマホは持ってますが電車内では紙製の本を読む方が好きみたいです。
あるとき
「通勤中に読める何か面白い本ある?」
と夫に訊かれました。
恥ずかしながら、私は何十年も本を買って(読んで)ません。
「昔の文庫本でも良ければ」
と答えて、村上春樹さんや田辺聖子さんの小説など何冊か貸しました。
「面白かった」
というので、その後も何冊か貸しました。

そのうち私の在庫も尽きたので、夫は書店であれこれ買って読んでいるようです。
「これ面白かったよ、読んでみたら?」
と言われましたが、私は興味がなかったので断りました。
その後も何冊か勧められましたが、全部断りました。
老眼で小さな活字を読むのも面倒だし、そもそも本を読む習慣がなくなって久しいです。

そうしたら夫に
「俺はトピ主が好きだし、トピ主が勧めた本は興味がなくても読んでみようと思うよ。読めばそれなりに面白いしね。でもトピ主は俺が勧めた本を読んでみようという気にはならないんだね」
とても寂しそうに言われました。
夫がそんな風に感じていたなんて・・・こちらもショックを受けてしまいました。

読書は趣味嗜好ですし、読もうが読むまいが個人の自由だと思ってたんですが。

ベストセラーや話題になった本らしいけど、私個人は不勉強で知らないし、正直言って興味が沸かず読む気にもなれないんです。

夫婦で歩み寄るために、とりあえず読もうと努力するべきでしょうか?

ユーザーID:1010181361

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 読む必要はないと思う

    ムリして読んでも
    感想を聞かれたり
    当然、次に何かの本持ってくるはずだから
    大変になりますよ

    老眼で小さな活字を読むのも面倒なんでしょ

    だったら正直に言って
    読まないほうが気楽でしょ

    ユーザーID:7205322374

  • 仕方ない

    そんなことで愛情を測られても困るなぁ。「好きならそばにいたいはず。」とか「好きなら俺の世話をしたいはず」とか言われたことありますが、そっちの尺度で都合よく測らないでほしい。悲しそうに言ってもだめ。

    ユーザーID:2834167991

  • 興味がないのは「本」なのに

    夫が何を面白いと思うかに興味がない、と受け取ったのでしょうね。または内容についての感想を語り合いたかったのかもしれません。

    読書すること自体が辛い、と言い訳すれば納得してくれるかもしれませんが、とりあえず読んでみるところまでは努力なさってはいかが。その後で「読書するだけの根気が続かない」と投げ出すのと、最初から手に取ってもくれないのでは、違うと思いますから。

    そして本の内容にあまり興味がなくても、「読む根気はないけど内容を教えて」と聞くことができるようなら、夫婦で共通の興味と話題が持てたと喜んでもらえるのではないでしょうか。

    ユーザーID:5278742785

  • その通り!

    >読書は趣味嗜好ですし、読もうが読むまいが個人の自由だと思ってたんですが。

    その通り!トピ主さんの仰る通り!

    だからこそ、夫婦で共有・共感できたら素敵な時間や関係向上に役立つのに。
    同じ本を読み感想を言い合ってみたり、
    「相手はこういうのが好きなんだな」と新たな発見をしたり、
    二人で本屋さんに新しい本を探しに行ったり、など
    読書を通じたコミュニケーションを図ることで、二人の関係を深めることは面倒ですか?

    目的は読書ではなく、
    読書を手段としたコミュニケーションをご主人は求めているのでしょう。
    トピ主さんが読書を拒絶するということは、
    ご主人とのコミュニケーションを拒絶しているのと同じですね。

    なぜ、ご主人が読書を手段としたコミュニケーションを図りたいと考えたかは
    ご主人がご本人の口から仰っている通り、トピ主さんに対する好意・愛情ですね。
    その好意・愛情に応えるために歩み寄り、共に読書を楽しもうと考えられないなら
    それはそれで仕方がないです。

    トピ主さんの仰る通り、
    読書は趣味嗜好であり、読もうが読むまいが個人の自由ですから。
    ご主人の好意・愛情に応えようが拒絶しようが個人の自由です。
    ご主人の好意・愛情が増そうが消えようが、ご主人の自由ですしね。

    互いの歩み寄り、相手への思いやり、相手への興味、そういったものが無くなれば
    あっと言う間に夫婦関係は冷え切ってしまうことを、お忘れなく。

    ユーザーID:8383079066

  • 読んでみることをオススメします!

    同年代です。
    ご主人のセリフが心に沁みます。
    同じ本読んで、感想など語り合いたい、、、とまではいかなくても、きっと本を通じて夫婦で何かを共有したいのかな。

    私も本を読まないタイプです。
    が、最近はスマホで簡単に持ち運べて読める(電子書籍)ので、少し読み始めました。

    するとこんな変化が。
    語彙がなんとなく広がった(語彙が呼び覚まされた)。
    頭の中で考えることが論理的・文学的になった(傾向は読む本のジャンルに影響される)。

    なので、ご主人のオススメの本を読むことにはメリットがたくさんありそうな気がします。
    (このレスは気の利いた言い回しが出来てませんがそこはお許しください)

    ユーザーID:0661043039

  • 無理して読む必要ないと思いますが

    私も読みません。
    無理して読んで欲しくないし、自分が読んでいるからといって
    相手に求めるのはどうかと思いますが……
    主人に、無理して読まなくていいよ、私は、昔はよく読んだけど
    今は興味なくなっちゃったと言います。

    ユーザーID:8174551527

  • そこまで言うかなぁ

    旦那さんは、面倒くさい人ですね、と思います。
    本を読んだら、教養人と言う昔の価値観に溺れて
    いらっしゃるのではありませんか。

    自身は、読書が好きでしたが、古希を過ぎて全く
    読むことが困難になりました。

    老眼であることは間違いないですが、白内障を疑
    っています。文字がチラチラして1ページも読む
    ことが叶いません。

    トピ主さんの場合は、読むことが出来たとしても、
    関心の有無、興味の有無も関係しますょね。
    読書で幅広い知識や情報をインプットしている割
    には、応用力に欠ける旦那さんのようですね。

    男性と女性は、読書に求める物も異なるのではな
    いかと思います。夫婦で本屋さんに行きますが、
    立ち寄る分野が全く異なります。

    若い頃の様に、相手に気を遣う必要も薄くなって
    居るのも原因ではないでしょうか。

    ユーザーID:3254376759

  • ある程度はね

    夫婦でも何から何まで趣味が合うというわけには行きませんからね。

    私の夫は旅行好き。
    私は家でゆっくりするのが好き。
    でも誘われればつき合います。
    ある程度なら。
    内心面倒なんだけど、いくら夫婦でもお互いエゴ100%ではうまくやっていけないですから。

    ユーザーID:2779263278

  • ショック?

    いやあ、ご主人の気持ちはよくわかりますよ。
    逆の立場で仮にね、あなたはご主人から勧められた本を読むのに、彼はあなたが勧めたものを一切読まなくても、なんとも感じないのかなー。

    自分の勧めたものに全く興味を示してくれない、それが寂しかったんじゃないんですか。
    夫婦間のコミュニケーションです。
    それにあなたが「ショック」というのが、私はわからない。
    そこは「あーそうだよね、ごめんごめん」じゃないの。

    「読もうが読むまいが個人の自由」、確かにそうです。
    でも一冊くらいね「これ面白いよ」と言われたら「そう?」ってさ。
    多少興味が湧かなくても読んでみたらいいのに。実際読んで面白くなければそれはそれで、ああ、彼はこういう類のが好きなんだなーって夫婦間の学びにもなるし。

    読もうと努力するべきかとそこまで強く聞かれると微妙な心地ですが、夫婦間って何歳になってもある程度、相手への興味って必要なんじゃないですかね。円満でいるのに。

    ユーザーID:5526666055

  • 読んでほしいんですよ

    読んでみればいいじゃないですか。
    昔は読んでたんですよね?

    好きな人が、夫がどんな本を面白いと思っているのか
    ちょっと読んでみましょうよ。

    歩み寄るとか、そういうことじゃなくて、
    ご主人がどんな気持ちでその本を読んだのかなとか
    どんな感想を持つのかなとか、
    ああ、こういう本が好きなんだなとか、
    そういうことを知りたいと思いませんか?

    トピ主さんはご主人に興味がないのでは?

    ご主人は自分の好きな本を読んでみてほしいんですよ。
    そうして2人で感想などを話し合いたいとか思ってるんじゃないですか?

    読もうが読むまいが個人の自由ですけど、
    好きな人が奨めてくれる本ですから、ちょっと読んでみませんか。

    トピ主さんが中学生くらいだとして、
    クラスメイトの、トピ主さんが片思いをしている男子生徒から
    「これ、僕が好きな本なんだ。読んでみない?」って奨められたら
    読みませんか?読みますよね?私は興味なくても喜んで読みますよ。

    トピ主さんはそういう時でも「興味ないから読まない」って言えますか。

    ユーザーID:3348376646

  • うちは逆です

    私が最近思ってたことの逆バージョンだったのでレスします。
    私は読書が大好きで、週に一冊は読んでます。
    特に話題の小説などはすぐに買ってきたり、図書館で借りて読みますので、
    面白かった本は夫にすすめますよ。でも、夫は全然興味を示しません。
    ちょっと寂しいです。目は私よりいいですけど、80歳近いので根気が無くなったのかな〜と諦めています。
    昔は夫も読書好きでしたが、読む本のジャンルは全然違ってて、私は小説好きなのですが、夫は実用書や政治・経済関係の難しい本ばかりでした。
    もし、そんな本を夫に奨められたとしても、私は興味を持てませんので、「おあいこ」でしょうね。
    本を読む習慣が無いというトピ主さんですが、村上春樹などの本を読んでおられたのですから、根っからの本嫌いではありませんよね。
    老眼などで読みにくいとご主人に説明されては如何でしょう。
    図書館には、老眼用の「太字図書」もありますし、CDなどで「朗読」してくれる便利なツールもありますのでお試しになってはいかがでしょう。

    ユーザーID:2240861222

  • 一番に感想を語りあいたい

    若い時、恋人と同じ本や映画の感想を語り合うのが楽しかったという思い出を
    持つ人はたくさんいると思うんですが、旦那さんは今もそうしたいんですかね。
    歳をとれば新鮮さがなくなり好奇心も薄れてくるから仕方ないですけど
    旦那さんは色々と寂しい思いをしてるでしょう。
    旦那さんの気持ちよく分かります。
    でもここういう言葉や表情は妻を傷つけるんですね。気を付けないと。

    ユーザーID:8001048773

  • 自分で考えることでは?

    そんなこと、他人に聞く話じゃないと思うのですが。

    「夫は自分が勧めた本を貴女が読まないことを寂しく思っている、読んでその本について話が出来れば夫は喜ぶだろう。」
    ということと、
    「でも夫の勧める本に興味は湧かないし、本を読むのは面倒だし老眼だし。」
    という2つを天秤に掛け、どちらを優先するか自分で決めればよいのではと。

    まあ興味が無いなら面倒くさいことは面倒くさいだろうし、特に目の調子が悪ければ読む意欲はますます低くなるだろうけど。

    そんなに夫が寂しがるなら読んでみるか、こんな切っ掛けでも無いと私は最近本を読まないし、よい切っ掛けかも。
    夫との会話の巾も広がるし。

    そういう風に前向きに思えるなら読めばいいし、「別に夫との会話が増えなくてもいい、夫が勝手に押し付けて来ているのだし私が思い通りに行動しないことで勝手にがっかりするならがっかりしてたらいい」と思うなら「悪いけど読みたくない。どうして私にそんなに本を読ませたいの?趣味を押し付けないで。」と言えばよい。

    夫と特にこれ以上コミュニケーションを取る必要は無いと考えているならそれで終わっていいし、夫がそんな風に思ってるならもっとかまってあげてもいいかなと思えば、「私は今読書には興味が無いけど〇〇には興味がある。貴方も一緒にやってみる?」と誘ってみればいいと思います。

    っていうか、これは相談でも何でもなく、単なるノロケトピ?
    それならご馳走様でした。

    ユーザーID:5021774942

  • 歩み寄ると言うか

    コミュニケーション

    会話をしていますか?

    共通の趣味を会話をする為に作り 見たりやったりする女だっているんですよ、旦那さんに興味は無いんですか?

    会話の話題を貴女から何個ふって会話をしてますか?

    読むだけ読んで感想を述べればよし ただし否定をすると薦めた本人が否定をされた気分になるので 貴女もそう

    否定をするなら どこどこは面白かった、感動したよー、でも終わりがやっぱりねーって感じかも?位で


    読んでから書いた人には興味は無いなーやっぱり位で

    ユーザーID:1508688740

  • それは

    ご主人のそれは読書家(本好き)の思考です。

    個人の趣味思考だからこそ「それを読む人の趣味思考」を知るのに手っ取り早いんです。

    つまりトピ主の態度は「夫のことなんて興味無いわ」ということです。
    ご主人のことを好きなら「好きな人が何を好んで読んでいるのか興味ある」となるのです。
    それが読書家の思考です。

    トピ主は読書家ではないので分からなくて当然ですが、ご主人は寂しかったでしょうね。
    「妻は俺に興味が無い」と思ったことでしょう。

    数ページでも読んだうえで「私はこういうのは無理」と言うならいいのですが、はなから読む気がないというのは寂しいことです。

    読みたくない物を読む必要はありません。
    そこはトピ主の自由だし、夫と言えども強制することはできません。

    素直に目が悪くて読めない読むのが辛い(あなたに興味が無いわけではない)と言ってみては?

    ユーザーID:2943986998

  • そもそも読書に対する生活習慣違いますからね。

    読書をすると言う生活習慣(とは言わないか?。)が、そもそも旦那さんとトピ主さんが違いますからね。

    旦那さんは毎日読書しているのでしょうか?。
    それに対しトピ主さんは今は読書する習慣が無いし其の上老眼も入って活字を読むのも辛いってところでしょうか?。

    もしトピ主さんも毎日読書しているなら旦那さんの言葉に納得出来ますが、ほぼ読書してないので、旦那さんの薦める本に興味無いと言うより「読書自体」に興味沸かないのですから旦那さんの言葉が何だかちぐはぐですね。単にいじけているだけの様です。

    旦那さんはトピ主さんが読書に今は興味無いって知っているのでしょうか?。
    興味無い人に自分の趣味を押し付けても独り善がりですよね。

    「貴方が薦める本に興味無いのでは無く読書自体に興味が無く読書する事がもはや億劫なの。」と話せばいいのでは?。

    もはや興味無くなった読書を夫の為に無理してした所で夫婦は歩み寄りますかね?。

    ユーザーID:7309168019

  • ちなみに

    夫が勧めた本の一例を挙げますと・・・

    ユヴァル・ノア・ハラリ氏という私は聞いたことのないイスラエル人学者の著作の翻訳物
    内容は自然科学系の論文らしく、文字がびっしりのハードカバー上下巻
    そしてその関連本のハードカバー上下巻
    全部で4冊

    私個人はまったく興味のない分野です。

    ユーザーID:1010181361

  • トピ主さんに同意

    趣味なんて夫婦で同じ人たちも居るし全く違う人たちも居ます。
    読書は私も好きですが興味のないジャンルは勧められても億劫で読みません。
    押しつけられても迷惑というか・・・
    トピ主さんが何が趣味なのか分かりませんが、例えばハンドメイドで小物を作るとかが趣味だったとしてそれをご主人に勧めたらやるのでしょうかね・・・

    そうとは言え夫婦円満に仲良く過ごしたいという気持ちがあるなら
    とりあえず勧められた本を一度は手にとって数ページ読んでみるしかないのかな。それでも興味がわかなければ「ごめんね、読めなかった」と返す。
    門前払いがいけなかったのかもしれませんね。

    ユーザーID:1476712494

  • 一応

    そこまで言われたら、一応最初に勧められた1冊位は読んだ方がいいんじゃないですか?
    愛する旦那様との今後の為に。

    次々勧められて困る事がないように、
    「別に読まなかったからとはいえ、あなたに対する愛情には変わりないからね。私も、読む事を強要してまであなたにも求めたつもりはなかったし、それが自分の価値観だから。」とは断った上で、
    「最近は読む気になれないから、本は勧めないでくれたら嬉しい。他の事で共有できないかな?」と伝えておいたら?

    本以外で何か物事を共有したら、旦那様も満たされるのではないでしょうか?

    旦那様は、トピ主さんと本が共有できるタイプだけれど、トピ主さんは共有出来ないのではなく本に限り読めない、だから共有できないだけでしょう。その価値観を愛情で認めてね!他で付き合うから!という所ですかね。

    それにしても、仲良しご夫婦なんですね。お幸せに。

    ユーザーID:0558061116

  • 無理がある

    ご主人、そうは言っても興味ないカテゴリーをしかも例え速読しても完読まで時間が掛かるものを強要しないでーって感じですね。

    我が家の夫婦共通の趣味は映画鑑賞で8〜9割
    好きな監督、ジャンルが同じなので殆どは一緒に鑑賞しに行きますが、残りのお互いに興味がない作品は各々で鑑賞です。
    興味が無い作品に1800円もかけるのは勿体ないというのも有りますが。
    それでも鑑賞したら、あらすじや感想を聞きながら監督やキャストの話題を振って少しでも共有する努力はお互いしています。

    ご主人がそこまで凹むなら、読んだ作品の内容や感想などを話題にするくらいはしてみてはどうですか?
    興味ない作家だったけど話を聞いてたら興味が湧いて読みたいとか、たまたま映画化になる作品なら映画を一緒に観に行こうと誘ってみたくなるかもしれませんよ。

    ご主人の「読む」要求に応えられなくても、別な形で趣味を共有する手段はいくらでもありますよ。。

    ユーザーID:2814877626

  • ステキなダンナさまですね。

     と思いました。
     私の夫もつきあっているときは私が聞いていたCD(チャラでした)を「興味がはないけど君が好きなものだから聞いてみたら悪くなかった」と言ってくれて嬉しく思ったことを思い出しました。

     でも本は難しいですね。
     私も夫も本は大量に読みます。相手がおもしろかったという本は、一応、お互いぱらぱらとめくりますが、お互いに「これはムリ」「これは読めない」という場合は正直に言うようにしてます。もちろん、すすめにしたがって読んで、「おもしろかったね〜」と話がもりあがる場合もあります。

     トピ主さんも、一応、ぱらぱらとめくってみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:9683757954

  • 別に読まなくていいけど

    私も同じ立場なら同じように思います。
    もちろん、旦那さんも主さんも
    どちらの主張もわかります。

    旦那さんは暇つぶしというよりも
    共通の話題を楽しみたかったり
    同じ本を読むことで、もっと近付きたいと考えたのでしょう。

    本はキッカケや手掛かりであって
    大事なのは中身じゃないのですよ。
    主さまとの関係をより良くしたいという行動の現れです。

    旦那さんから「読んでみたら」と言われたら
    読む気がなくても、まず受け取りましょうか。
    「へ〜こんな本が好きなのか」
    「こういうのを面白いと思って勧めるんだな」
    中身以外の情報が詰まっているのですから。

    後から「読んだ?」と聞かれたら
    老眼で小さな活字を読むのも面倒
    本を読む習慣がなくなって久しい
    そして「どんな本?どこが面白かったの?なんで選んだの?」と
    感想を聞かせて貰えばいいのでは。

    同じ空間にいて、
    旦那さんが主さまの観たくないTVを観始めたら席を立ちますか?
    なんとなく眺めて側にいませんか?
    夫婦って同じことをしなきゃいけないって訳じゃないけど
    別々のことをしながらも一緒に楽しめる人達もいます。

    片方がコーヒーを飲み始めて
    紅茶が飲みたければ自分でいれればいいけど
    同じタイミングでティータイムにしませんか?

    趣味嗜好は押し付けるべきではないけど
    縁あって夫婦になったのだから
    無下に断るのもつれないな…と思いました。
    個人の自由と夫婦の共有の楽しみは両立できるのでは。

    私は乱読派なので猛スピードで色んな本を読み漁ります。
    たまに夫が興味をもって
    私が読んでいた本をパラパラめくっていると
    なんとなく嬉しい気持ちになりますね。
    速度は違いますが、同じシリーズや続編を一緒に読んだりします。

    ユーザーID:2685407260

  • 好みの違い

    無理に読まれる必要はないと思います。

    読書を趣味とする人間は、読む本を知ることによって相手を知ることができると考える場合があります。
    同様に、本棚を見られることを嫌う読書家も多いですね。
    そのため、「自分の勧める本に興味が無い」=「自分に興味が無い」と認識する方が多い印象です。

    ただ単に読書が習慣付いてなく、読書する行為が億劫という方も多いんですけどねー。
    なので、「眼が疲れるから読書は楽しめない。」けど、「どんな本を夫君が楽しんだのかは興味があるから、話してくれると嬉しい」と言ってみては如何でしょう?

    昔々、ランニングを趣味とする方から一緒に走ろうと誘われました。
    マウンテンバイクや登山と趣味としてますが、ランニングは大嫌いです。
    なので、「楽しめないスポーツはしたくない」が、「自転車での伴走なら喜んで」と妥協案を示しました。

    拒絶するだけでなく、妥協案を提案されてみるのは如何でしょう?

    ユーザーID:4539435126

  • 私は本の虫ですが

    ご主人には全く共感できません。

    ともに今年48になる夫婦ですが、趣味嗜好は全然違います。
    互いに相手の得意分野には干渉しないし、引き込むこともしません。

    仕事と家事以外のけっこうな時間を読書に割く私は、たとえ夫といえども人から勧められた本など読みたくないです。
    自分が選んだ本だけで精一杯。死ぬまでにあとどれだけの本を読めるか考えると、他薦なんかどーでもいいのです。

    ご主人は共有したい人なんでしょうね。
    私はそういう感性が無いし苦手なので理解できないです。
    逆に、トピ主さんのほうが好きですね。
    世間で話題になっても自分が興味なければ流されない、見栄を張らず不勉強ときちんと言うところ。
    こんな人のほうがいいです。

    >夫婦で歩み寄るために、とりあえず読もうと努力するべきでしょうか?

    いらないいらない。
    何でも一緒することが歩み寄りじゃないですよ。
    それを言うなら、ご主人のほうこそ変に人を巻き込むなという感じです。(すみません)

    ユーザーID:5743687468

  • トピ主さんならどうですか?

    「このお店、美味しかったから一緒にどう?」

    興味がないと断られる。

    「この映画、面白そうだから一緒にどう?」

    興味がないと断られる。

    「せっかくのお休みだしここ行かない?」

    興味がないと断られる。

    確かにそういった事は趣味嗜好だから自由だと思いますか?

    >夫婦で歩み寄るために、とりあえず読もうと努力するべきでしょうか?

    夫婦に歩み寄る努力が必要ないとお考えでしたらどうぞご自由に。

    ユーザーID:4920839542

  • うちと同じ

    私はミステリー好きで、それ以外も読みますが、あくまでも自分のペースです。
    気分が乗らなければ、半年くらい何も読まない時もあります。
    夫がたまに「面白い本ある?」と聞いてくる時は、勧めたりもします。
    それなりに面白く読んでいるようです。

    でも、夫が「これ面白いよ」と言う本は、私には興味が持てないジャンルばかり。
    基本的に歴史関係が多いです。

    うちには未読本を置いておく場所があって、そこにしばらくは放置です。
    そのうち、忘れた頃に既読本を入れる本棚に移動します。
    あとは知らん顔ですね。

    興味のない本を読む時間がもったいないんですよ。
    そんな時間があったら、読みたい本を読みます。

    それで夫を否定しているわけではなく、普段から会話も多いので
    そこで揉めることはありませんね。
    コミュニケーション取れてますか?

    結婚当初、読書以外のことで「趣味の押しつけは迷惑だ」とはっきり言ったことがあります。
    嫌なことは嫌と、はっきり言ってもいいと思います。
    それを受け入れられないのなら、ご主人の器が小さいだけだと思いますよ。

    ユーザーID:2076549781

  • 多分私なら読むけど、すぐ挫折しそう

    そういう「一応手をつけて見ました」で夫が納得するなら読みます。
    でも、形だけのポーズなら止めてくれというタイプなら読みません。
    後者なんですよね。うちは。

    夫婦といえども、別感覚ですからね。
    自分の感覚を配偶者も同じく持って欲しいというのは、限度があります。

    我が家は、共通の趣味なら一緒に楽しみ、違う趣味は個々で楽しむスタイルです。

    「ごめん、読書の習慣は昔で止まっているし、小さな字を読むのもつらい。
    読書以外のお勧めはある?」
    と言ってみるのはどうですか?

    ユーザーID:1228073546

  • それは、話がしたいのでは。

    わ、随分とハードルが高そうな。
    でもきっと、全部読破してほしいとかじゃなくて
    情報を共有したいんじゃないでしょうか。
    とぴ主様の態度を寂しく思うだんな様も
    地味にショックを受けるとぴ主様も、
    愛情が伝わってきて素敵なご夫婦ですね。


    うちも(初老夫婦)
    「これ面白かったよー」」ってやりますね。
    「読んで面白かったとこピックアップして教えてー」
    もよく言うし、いいと思った曲や動画、文章、レシピ、などなど
    お互いにそれぞれ見つけてきて共有。

    長い間一緒にいますが、それでも時々、まだ
    「へえーコレ面白いと思うのか」とびっくりしたり。
    一発ズキューンと撃ち抜かれたり、撃ちぬけた時は
    「やっぱり、わかってるね―お見事」と嬉しい。

    時間短縮、「出会い1人分」より世界が広がっていくのも楽しいです。


    とぴ主様のだんな様のおすすめの本は、私も自分では手に取らないと思うので、逆に、モエます。
    ぜひ、奥様。本の内容、質問攻めにしてみてだんな様の「おすすめポイント」、良かったらまたレスで教えてくださいませ。
    面白そう。

    ユーザーID:2310106291

  • 私見です

    私がトピを見て初めに感じたことを書くと、

    >読書は趣味嗜好ですし、読もうが読むまいが個人の自由だ

    というトピ主さんの意見が書かれている反面でトピの前半では

    >恥ずかしながら、私は何十年も本を買って(読んで)ません。

    とも書かれています。
    いや、個人の自由と主張しているのにどうして『恥ずかしながら』なのか疑問でした。

    もしかしてトピ主さんが主張しているのは読書が趣味嗜好という意味ではなく、
    本のジャンルなどが趣味嗜好だという話なのでしょうか?

    トピ主さんは新聞などの文字媒体は読むし、
    それこそ、スマホやタブレットを利用して電子書籍で好みのジャンルなら
    読んでも良いという意味でトピを立てたのでしょうか?

    そういった話であるなら、門前払いのような形で拒否するのではなくて
    相手の興味・嗜好に関して夫婦で話題に出来る形はなかったのかとは思います。

    実際の断り方もどうだったも分からず、
    一方のトピ主さん視線の話だけでは判断するのも難しい。

    だからご主人の寂しい気持ちがこもった言葉がどれほどのものか
    押付けなのか、トピ主さんが素っ気なさすぎなのかも判断付きません。
    ましては、トピ主さんのショックが何に対してかも分かりません。

    お節介のようなことにはなるけどさ、
    趣味嗜好を理由に『拒否』だけをする後向きの姿勢は好ましくないのでは?

    あれも『嫌』、これも『嫌』という反応をされるのはちょっと悲しいものですよ。
    『私は〜が好き』のような自分の嗜好を理解してもらう形のほうが円満じゃないかな?
    拒絶するだけで何にもしない人からは魅力が失われてしまうのも真実じゃないかな?
    だからこそ、『恥ずかしながら』という感覚があるなら、
    電子書籍でも良いから自分の読んでも良い本を今度読んでみる…
    それ位の反応はしても良かったのではないかな?

    それとも本心は読書そのものが面倒で拒否したの?

    ユーザーID:1178230390

  • レス読んでると面白い

    2派に分かれますね。

    自分が大事派。
    自分の趣味嗜好を曲げてまで相手に沿いたいとは思わない人。

    コミュニケーションが大事派。
    人との関係を構築するためには少々の妥協は必要だと思う人。

    私は後者ですね。
    程度問題ではあるけど。
    トピ主夫が勧めた本を読むのは思い切りハードルが高いけど、せっかく勧めてくれたのならパラパラとでも目を通すかな。
    興味がないから全拒否という態度は相手を悲しませると思う。

    ユーザーID:2779263278

レス求!トピ一覧