号泣してしまう映画ありますか?

レス94
(トピ主0
お気に入り243

趣味・教育・教養

虎子

レス

レス数94

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 聲の形

    アニメ映画で、聲の形。
    昨年BSチャンネルで放映していて静かに号泣してしまいました。

    映画館で見ていたらやばかった、と思いました。

    ユーザーID:4701968151

  • まだあった

    「グラン・トリノ」

    「日の名残り」

    「ローマの休日」

    「ET」長い映画人生で、映画館で複数回観たのはこれと「ボヘミアン・ラプソディ」の2本



    邦画からは

    「砂の器」放浪の旅する父子、保護され父子が別れるシーン、中学生でした。映画館で観たけどまわりの観客ほとんど泣いてたなあ

    「手紙」山田孝之が被害者遺族の前で号泣するとこでこっちももらい泣きの号泣

    ユーザーID:0331447939

  • 火垂るの墓

    悲しくて切なくて辛すぎるので、あまり観たくないけれど...

    主人も、娘が小さかった頃にこれを観て、娘と節子の姿が重なって泣いてました。

    ユーザーID:3804476800

  • 私も

    牛子さん、sea lineさんと同じく

    奇跡の海
    ダンサーインザダーク


    泣きの映画はいろいろあるけど、この2本は号泣慟哭レベル。

    ユーザーID:9524355059

  • この3つ!

    アラサー女です。

    涙もろいのですぐ泣きますが、「号泣」したものですよね・・・とか言いつつたくさんあります(笑)


    *「グリーン・マイル」:毎回号泣、嗚咽止まらず。残酷なシーン(わたしからすると)があったりして胸がヒュッとすることもありますが。。

    *「タイタニック」:初めて恋愛映画で泣きました。レオ様が今見ると若くて最初は笑っちゃうんですけど、もうそれどころじゃあないんですよね。

    *「マイ・フレンド・フォーエバー」:今は亡きブラッド・レンフロ主演の青春映画・・・と一言で片づけられない映画です。エイズの友達と築く友情はもとより、主人公と友達の母親が正反対のタイプで、価値観や対応の違い、自分の子どもの扱いなどに注視するとそこも泣けます。

    あと、映画館では号泣するのが目に見えていたので借りようと思っているものが「ワンダー 君は太陽」です。

    ユーザーID:5151568962

  • 学ぶランキング

    その他も見る
  • 号泣

    泣いた映画は数多ありますが、号泣したのは『ジョニーは戦争に行った』だけです。見ている途中から泣きすぎて最後どうなったのか全く覚えていませんが、もう一度見ようとも、まだ思えません。いい映画です。

    ユーザーID:6279022731

  • Awakenings

    原題:Awakenings「レナードの朝」ですかね…
    実話を元にしているのが堪えます。
    「ニューシネマパラダイス」も泣いたかな、曲が良すぎる!

    ユーザーID:4881166771

  • この3本

    火垂るの墓 
    タイトルを目にしただけで 一週間は涙が止まらん。

    ステラ 
    ベッドミドラー主演 (1990年頃?)シングルマザーと娘の物語。  
    公開当時 自分が10代の娘時代に見たときは じんわりした程度ですが、
    母年代になってから見たら それはそれは泣けた。

    サマーストーリー 
    1980年代後半製作のイギリス映画。
    舞台は20世紀初頭の美しい田園地帯。
    ストーリーは よくある すれ違いラブストーリー。
    風景・登場人物がとにかく美しい。

    ユーザーID:0530534970

  • A.I.

    号泣ではなく
    すごく切ない気持ちになって涙が止まらなかった映画でした。

    ユーザーID:0202731298

  • 二回目です。私も「手紙」

    忘れてた!ソファーに倒れこんで号泣したのに。

    兄がいる刑務所に漫才師として慰問に行き、沢山の囚人の中から兄を舞台上から探す主人公。

    笑いさざめく人の中で一人両手を合わせて拝むようにして流れる涙と鼻水もそのままに声も出さずに泣く兄。の場面が、もうもう、切なくて哀しくて。

    「うわぁ!拝んでるぅーー!」って叫んで号泣しました。

    ユーザーID:6699862881

  • 今思い出した

    「銀河鉄道999」
    メーテルと鉄郎の別れ。
    家で見ましたが、号泣どころか
    寝付くまで泣いていたのを
    思い出しました。

    もう二度と逢う事のない二人の
    別れは切なくてやるせないけど、
    鉄郎の成長が眩しくもあり、
    爽やかな余韻に
    浸る事のできる映画です。

    ユーザーID:9296868521

  • HAYABUSA BACK TO THE EARTH

     反則かもしれませんが、私は日本が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」の旅路を映画化した「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」、「はやぶさー地球への帰還ー」などの一連の作品をあげます。

    どこで泣くかというと、よろよろ、ボロボロになりながら、小惑星のホコリみたいな試料をカプセルに入れて、地球にたどり着くところですねえ。

    はやぶさは、試料を入れたカプセルを切り離し、地球に着陸する軌道に乗せた後、自分自身は大気圏に突入して燃え尽きてしまいます。

    プラネタリュウムで上映されてた頃も、観ていた子供達は全員泣いてしまう映画だったそうです。あれほど頑張って帰ってきたのに、最後は流れ星になってしまうところで、どどどど〜っと泪が出ます。

    誰だって、あれだけ必死に帰って来たのだから、栄光の帰還を総立ちの大拍手で祝福されるんだろうと思っているのに、最後は燃え尽きるだけなのですねえ。

    あ、また目がうるうるしてくる・・・・。

    ストーリー自体は、今でも何本かの映画に焼き直されて上映されてますので、ご覧あれ。

    ユーザーID:6935721268

  • レ・ミゼラブル

    ヒュー・ジャックマンの方です。
    ミュージカル映画なんて興味のない私が歌の凄さを思い知らされた作品です。
    当時、妻と一緒に劇場で見て「女性の前で男が涙するなんてダサいっしょ!」と思っていたのですが耐えられず完敗。
    あれには参った(笑)
    劇場はすすり泣く声で溢れてました。

    マイナ−な所では実話を元にした「ルディー」。
    全く期待してなく借りたレンタルビデオ。
    何気なく日曜の朝っぱらから独り暮らしのアパ−トで鑑賞。
    最後は「ルディ!ルディ!ルディ!」と泣きながら叫びました(見ればなぜ叫ぶか分かります)

    ユーザーID:2276750835

  • 号泣レベル

    泣いた映画は何本かありますが、号泣レベルは1本しかありません。

    「無法松の一生」(坂東妻三郎版)何人か有名な俳優が演じられていますが、坂妻版以外は認めたくない作品です。

    もう、映画館で観ることは多分できないと思います。
    DVDを手に入れ、夫と自宅で観る時に「私、泣くからね」と予告しておいたのにも関わらず、私のあまりの号泣っぷりに夫が引きまくった映画です。

    ユーザーID:8100064777

  • 号泣と言えば火垂るの墓

    動画サイトで鑑賞後にまさに号泣してる人たちの姿がありますね。
    小学生くらいの女の子がお布団被って絶望を叫んでいる動画は、彼女の叫びがそのまま私の気持ちですね。
    私はあの映画は見ない。
    見たら最後、何をする気力もなくなってしまうので・・・
    あれとトトロが同時上映だったなんて、どうしろってなんだ!

    泣いてしまう映画は

    縞模様のパジャマの少年
    >子供を使うのは卑怯だ!泣かないわけないじゃないか!!

    アルマゲドン
    >エアロスミスの曲にあわせてのあのシーンはズルイ。

    セブン
    >ちょっと古いですが、ブラピのアレです。ラストシーンは泣くと言うか切ないと言うか。

    Battery is not included - ニューヨーク8番街の奇跡
    >子供の頃コレ見てかわいい&悲しい&ハッピーで忙しかったです。

    Billy Elliot - リトル・ダンサー
    >お父さん・・・涙

    ユーザーID:6636091891

  • この1本だけは特別

    SSさんと同じですが「ライフイズビューティフル」は名作です。

    ユダヤ人迫害の話なので内容はすごく、すっごく重いのですが、その中で必死に日常を送る普通の家族の物語です。
    私はもう泣いて泣いて目は腫れて頭痛までしてくるので何度でも見たい!という感じではないですが、心が揺さぶられるとはこの事だと思いました。
    ただ悲しいだけではなく、まさに人生は美しいとの意味を教えられた映画。
    主人公のロベルト・ベニーニの圧巻の演技を是非見ていただきたいです。
    久しぶりに見たくなりました。翌日予定のない日に見ないと、エライ事になります。。。

    ユーザーID:0655614219

  • 自分でも意外でした

    号泣という程ではありませんが、「街の灯」「ライムライト」「ニューシネマパラダイス」
    「ショーシャンクの空に」が最初に思い浮かびました。邦画では「ポストマン」でした。

    でも、よくよく考えてみたら「喜びも悲しみも幾年月」でしたね。

    映画の最後の最後で、戦前から戦後にかけて色々な灯台を転々とした灯台守夫婦(佐田啓二、
    高峰秀子)の娘が客船で新婚旅行に行きました。船が、両親が勤める灯台の近くにさしかか
    った時に、娘は船長に頼んで汽笛を鳴らしてもらったのです。
    灯台守夫婦もその汽笛が娘からの合図だとすぐに分かり、灯火で信号を送って答えるという
    くだりです。
    このシーンの時に流れた主題歌が映像と完全にマッチしており、ちょっとやそっとでは
    涙を流さない私がググっときてしまいました。

    この映画、意外にも「超お薦め映画」ということが、このトピで初めて自覚しました。

    ユーザーID:6067092598

  • ネッシーのなみだ

    子どもと観にいったくまのプーさんと同時上映でした。
    開発で住処を追われたネッシーがさまよい、とうとう素敵な場所を見つける短編です。
    当時は震災後の「これからどうやって・・・」という不安定な心理状態、
    自分と重なるようで嗚咽しそうになるのを我慢した思い出があります。

    その後どこかで見かけて嗚咽・・・

    ユーザーID:4133624738

  • 昭和ですが。

    [禁じられた遊び]です。

    ユーザーID:2409265984

  • 二度と観たくないけど

    ダンサーインザダーク
    コルチャック先生
    の2本は劇場で大泣きしました。
    ダンサーインザダークは辛すぎて吐きそうになりました。
    コルチャック先生は愛も表現されている良い映画でしたが、私には辛かった。
    この二本は私にとって辛すぎるので、二度と観ないと思います。

    火垂るの墓もあらすじを説明するだけでも泣けてくるくらいで、観る度に必ず泣きます。
    辛い映画ですが、これは子育て中に何度か子どもと一緒に観ています。
    縁があるのか、やむを得ず何度も観ていますが、自分が年齢や経験を重ねるに従って、泣けるポイントとその意味が変わってくるのは興味深いです。

    辛くて大泣きするような映画は、心を激しく動かされて記憶に強く残りますが、具合が悪くなるほど気持ちが沈む作品は嫌ですね。一度は観てみないと判断できないところが悩ましいですが。

    私は、辛い中にもわずかな救いがあったり、わずかでも人生の豊かさや美しさを感じられるような泣ける作品にお金を払いたいな、と思います。

    ユーザーID:8590909647

  • 黄色い大地

    昔の中国映画です。映画館でも泣いたのですが家へ帰ってからも体中の水分が
    無くなるくらい泣きました。最近また見る機会があってその頃のことを思い出しました。

    ユーザーID:9179929438

  • フランダースの犬(実写版)

    このはさんも書かれていましたが、「フランダースの犬」を友達と一緒に見に行って始まってからすぐに泣き、最後まで泣いていました…。ストーリーはアニメを見ていますから知っていますけど、実写になったら泣けて泣けて。
    友達から「みゆうが泣くから泣けなかった…」と言われてしまいました。号泣というか嗚咽ですけど。

    あとは皆さんと同じく「火垂るの墓」
    何回も見てますが、泣けます。大人になると、ちょっと感じ方が変わって来ました。
    子供目線から変わったということなのかもしれないですね。

    ユーザーID:0938228693

  • 映画館で嗚咽したのは

    「盲導犬クイールの一生」でした

    泣きポイントが至る所に散りばめられてて
    うっかり見たが最後、ラストシーンはバスタオルが欲しかったくらいです。
    しかも親子で大泣きしてしまって・・・周りの方達は迷惑だったと思います。

    DVD:泣きたい時に観る映画は
    「レオン」
    「グッド・ウィル・ハンティング」の二本です。

    どちらの作品もいろんな人間関係が複雑で
    登場人物の全ての心模様が想像力を掻き立てて号泣してしまいます。

    まあ多分自己満足なのかもしれませんが笑

    ユーザーID:3749943797

  • 2本ほど

    北野武:あの夏、一番静かな海
    ルー・アントニオ:ジョーイ(Something for Joey)

    ユーザーID:6856540658

  • わたしは変わってるんですねえ

     3月13日に、小惑星探査機「はやぶさ」のプラネタリュウム映画で泣いたと書きましたが、思い出したら、2010年宇宙の旅(アーサーCクラーク原作)の最後の方で、コンピューターのHAL9000が、

    「チャンドラー博士、真実をありがとう。」

    「HAL、私も此処に残るよ。」

    「いえ、博士も早く退去を。」

    ここで、ど〜っと泣きました。

    知能の高いコンピュータなので、騙して従わせようとされて続けて来たのが、どんだけ辛かったか。本当の事を言ってくれたら、自分だけが置き去りにされることなんか何でもなかったのに、人間は小賢しいウソで騙そうとする。
    泣けましたねえ。

    ・・・・と、ここで思ったのですが、一番泣けた映画のシーンが「はやぶさ」と一緒で、器械が主役のシーンでありました! 皆さまのレスは、どれも人間が主役ですねぇ。
    自分は、変わっているのかなぁ?



     人間のドラマで泣けたのは、他の方のレスにもあります「街の灯」です。

    似た経験があるのです。

     通勤の電車で、いつも同じ時刻に同じ車両の同じドアから入ってきて、同じ場所に立つ視覚障害者の若い女性がいました。目が見えなくて、揺れる電車に立っているのは、案外大変なのですね。毎日、同じカーブで転びそうになってました。

    ある日見かねて、そっと手を取って私の席を譲りましたが、それが毎日になりました。

    譲る時、一言も喋らないことにしておりましたが、彼女は私の掌の感触だけを覚えたいたのでした。

    後は、ご想像にお任せします・・・・・・

    ユーザーID:6935721268

  • 爆涙映画二つ

    「ポネット」を見て泣かなかったら人間ではありません。
    4歳の幼女が母を亡くし、母に会いたくて探し回るフランス映画です。
    ポネットちゃんがあまりにいじらしくて切なくて爆涙。
    ラストも素晴らしい。
    ちなみに、ポネットを演じたヴィクトワール・ティヴィソルちゃんは最年少でヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞しています。


    もう一つはイタリア映画の「ひまわり」。
    何回見ても爆涙。夢にまで見て爆涙。
    戦争に出征した夫が帰ってこず、ロシアまで探しに行く妻を大女優ソフィア・ローレンが熱演。
    ソフィア・ローレンはひまわりで大ファンになりました。

    ロシアの広大なひまわり畑を走る列車のシーンに、大作曲家ヘンリー・マンシーニの音楽が聞こえるとたまりません。
    ロシアを探して探してやっと見つけた夫は、、、涙。

    他にも色々ありますが、この二つの作品は特別です。
    映画を見て爆涙した若かりし自分もまた懐かしいです。

    ユーザーID:6497483256

  • おじさんでも泣きます

    やはり「火垂るの墓」は涙が出ます。

    この映画と一枚の有名な写真とが重なり涙が止まりません。
    一人の少年が妹の亡骸を背負って最敬礼をしながら焼場で順番を待つ姿の写真です。
    大人たちが始めた敗者しか生まない戦争。
    その大人たちに教育され取り乱すことなく礼を尽くす一人の少年。
    このレスを書いているだけでも涙が出てきます。

    戦争をテーマにした映画の中には、「プライベート・ライアン」も同じです。

    第二次世界大戦の最中で4人の息子の内3人を失った母親から、
    最後の1人の息子(ライアン二等兵=マットデイモン)を助けてほしいとの願いを受け、
    ノルマンディ上陸作戦で敵地深くで任務に就いているライアンを探し救出するために
    ミラー大尉(トム・ハンクス)率いる8人が戦地へと向かうのだが・・・。

    この作品も戦争の空しさ、悲しさ、理不尽さや人間の尊厳を思い知らされます。


    あのねさんの最後のお話しには号泣しました。
    映画にも勝るいいお話しをどうもありがとうございます。

    あと、器械が主役のシーンに泣けた自分は変わっている?とありましたが、
    主役のすがたかたちは器械でもそれを通して見えるのは、
    それに少しでも携わったたくさんの人の強い思いや願いではないでしょうか。
    それはまさに人間そのものだと思います。

    ユーザーID:6546275365

  • ジョイ・ラック・クラブ

    この映画を見たときは、まだ指定席もないころでした。
    映画館に5人くらいだったか、皆一人で来ていました。一人だけ男性だった。

    映画の途中からすすり泣きが聞こえてきて、映画が終わった時、女性4人とも号泣でした(男性はいたたまれなかったのか、そそくさと席を立ちました)。見知らぬ方たちだったのですが、泣き、照れくささの笑いで、しばらく雑談。妙な一体感がありました。私は次の用があって映画館を出ましたが、二人はもう一度見る!と残られました。

    いつだったか、BSプレミアムで放送されていて、またストーリーで泣いて、その時のことを思い出して、しまいました。

    不思議な体験でした。

    ユーザーID:1219595881

  • 号泣というか・・・切ない映画

    【イル ポスティーノ】イタリア映画です。
    イタリア映画には、いい映画がたくさんありますよね。

    【ライオン】 これも良い映画

    後、まだ映画館でやってるはずですが、

    【ハジュランギおじさんと小さな迷子】インド映画

    これは、全力でお勧めします!

    ユーザーID:2503937100

  • 古い映画で恐縮なのですが、、、。

    「悲しみは空の彼方に」です。

    ユーザーID:8836363161

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧