号泣してしまう映画ありますか?

レス94
(トピ主0
お気に入り243

趣味・教育・教養

虎子

レス

レス数94

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 僕は明日、昨日の君とデートする

    僕は明日、昨日の君とデートする


    一回目は、泣きませんでした

    でも、全ての謎が解き明かされた後の二回目


    号泣です


    この映画は、ぜひ二度見てください

    一回見ただけでも良いのですが
    二回目を見ると、さらにさらに良さがわかります

    ユーザーID:7629562185

  • ジョイ・ラック・クラブ

    ジョイ・ラック・クラブ

    次郎物語


    この2作品は、号泣しちゃいます…(涙)

    ジョイ・ラック・クラブは、母娘の話。
    次郎物語は、母と息子の話。

    実母と確執のある私は、泣いてしまいます。

    ユーザーID:1890533380

  • 泣き叫ぶ?

    号泣って、泣き叫ぶとか大声だして泣くという意味ですよね?

    自分の親が亡くなった時も、号泣なんてしませんでした。

    嗚咽はしたけれどね。

    だから、映画を観て号泣なんて、まったくないなあ。

    涙がこぼれた、涙ぐんだという程度なら、いくつもありますけど。

    犬が出る感動ものだと、泣けてしまうかな。
    あとは子供が病気と闘うストーリーとか・・

    ユーザーID:8993483544

  • マディソン郡の橋

    よほどの事が無い限り泣かないのにコレだけは号泣する。
    「マディソン郡の橋」
    メリルストリープ上手いわあ。最後の夫の車の中のシーン泣けてきます。

    ユーザーID:7899227890

  • いくつか

    チャップリン:「街の灯」
    →「あなたなのね?」で号泣

    スピルバーグ:「E.T.」
    →お迎えシーン以降号泣

    キャメロン:「エイリアン2」
    →リプリーVSクイーンで号泣

    レダー:「ディープ・インパクト」
    →メサイアクルーと家族の交信からラストまで号泣

    押井守:「うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー」
    →「責任とってね」から号泣

    ヌーナン:「ベイブ」
    →「俺は…耳が悪いんだ」以降ラストまで号泣

    なんかピントのずれた号泣ポイントもありますが。
    エイリアン2は「ごめんねぇ〜ごめんねぇ〜、人類も絶滅は嫌なんだよぅ」といつもつぶやきながら号泣してます。

    今回はこんなとこで。

    ユーザーID:8461472263

  • パッと思い出せるのは…

    「あゝ野麦峠」(1979)
    当時まだ9歳だったのに、映画館で号泣しました。

    「イル・ポスティーノ」(イタリア映画)

    「初恋の来た道」

    「いまを生きる」

    今思い出せるのはこの4本です。
    まだあるので、思い出したらまたレスします。

    ユーザーID:0797926853

  • 絶対これ

    私を離さないで
    ドラマ化されましたがオリジナルの映画が凄いです。
    ラストは号泣です。
    いままで感じたことのない感情がわいてきました。
    分からされました。

    パーフェクトセンス
    世界が終わるとき一緒になれた悲しいラスト

    ユーザーID:5407435925

  • 何度も見ている名作です。

    ニューシネマパラダイス
    ステラ
    ショーシャンクの空に
    ビューティフルマインド
    シンドラーのリスト
    蛍の墓

    ユーザーID:9710768465

  • 月並みですけど

    月並みですけど、

    「ニューシネマ・パラダイス」 あのラストでやはり涙腺決壊します。

    「我が谷は緑なりき」 主人公がさびれた故郷の炭鉱町を後にするラストは何度見ても泣けます。幸せを願って主人公の姉への思いを封印しようとした牧師の台詞が胸に響きます。

    「東京物語」 子供の頃家のテレビで見た時は全く泣きませんでしたが、歳を取って映画館で見たら後半涙が止まりませんでした。映画館中そんな感じでした。

    「ノーバディーズ・フール」前3本と違って有名な映画ではありませんが、社会的に成功したわけではない主人公を優しく包み込むような映画でした。

    「桃さんのしあわせ」香港の裕福な家に長年勤めた家政婦と生まれたときから一緒にいたその主人の男性との家族じゃないけれど深いつながりが素晴らしく泣かずにはいられません。

    ユーザーID:0841825889

  • 決まってるよ

    「火垂るの墓」
    8月15日前後にテレビ放映されるけど見ません。
    見てしまったが最後、大号泣で一週間は立ち直れない。
    思い出すだけで涙が・・・

    ユーザーID:4235830680

  • 号泣ですか。

    『エレファント・マン』かな。

    最後、死んでしまうのが判っているのに身を横たえるジョン・メリック。
    やっと穏やかな暮らしを手に入れたと言うのに。泣きました。


    『紳士協定』

    これはねぇ。映画の内容よりも、有り得ない位に素敵なグレゴリー・ペックのスカイラーが、何でこんな女と結婚する設定になってるんだと言う、絶望感からの号泣でしたよ。
    アンの方が美人で性格も良いのにっ。


    映画じゃ無いけど『天国の階段』

    ケーブルTVでやってたそれを、うっかり観てしまった。後悔しましたよ。

    なんでー!ひどい!可哀想過ぎる!
    お兄ちゃんの自殺のシーンね。観た方います?
    失明した妹の為に、自分の目を手で覆って車で突っ込む所。

    無償の愛。

    でも観た後、気持ちが沈んでしまう様な作品ってどうなんだろ?と思った次第です。

    ユーザーID:2846879916

  • ハチ

    感動というか悲しくて号泣した映画は、ハリウッド映画の「ハチ 約束の犬」かな。
    リチャードギア主演のいわゆるハチ公物語アメリカ版です。

    軽い気持ちで観ましたが大変でした。嗚咽しました。

    ユーザーID:8708379514

  • 号泣映画

    ウィラード、覚えていますよ。「ベン」という名前を付けて可愛がっていたのですよね、でもあれはパロディなのです。最後に「おまえもか、ベーーーン」と叫ぶのは、 シェークスピアの「ジュリアス=シーザー」の中の「ブルータス、お前もか」と親友が裏切り者だった、という話が元です。
    話がそれましたが、この頃見て感動して泣いたのが「最強の男たち」「ショーシャンクの空に」「ローマの休日」などなど、ジャンルがわかりませんが、感動することは必至です。もうみているかもしれませんね。ウィラード、だれに話しても知ってる人いなかったので。夢だったか、と思ったぐらいでした。やっぱりあったんだ、ありがとう。

    ユーザーID:2898608516

  • 号泣=大声を上げて泣くこと

    映画館で大声で泣きわめいていたら迷惑ですね。
    一般の人は号泣なんて小さな子どもの頃しかないのではないでしょうか?

    私が泣いた映画(号泣ではありません)は「火垂るの墓」と「エレファントマン」です。

    あまりにも悲しすぎて二度と見る気にはなりませんが、一度は見た方がいいかなと思う映画です。

    ユーザーID:6777210843

  • 万引き家族、ムーンライト、アモーレス・ぺロス

    つい最近観た是枝監督の「万引き家族」は最後の三分の一は泣きどおしでした。特にあの夫婦の子供たちに対する愛情には久しぶりに体が震え、涙がこみ上げてきて、映画館で大の大人の体がギクシャクしてとても恥ずかしかったです。 この監督の作品は他にもいい作品が多いけど、これが一番泣けた。

    あまり感動ものに出くわす機会は無いですね。2年くらい前アカデミー賞取った「ムーンライト」も泣きました。大人になった主人公が友達だった友達と再会する場面はとてもよかった。

    それからもう20年くらい前のメキシコ映画「アモーレス・ぺロス」も父親が子供の頃に別れた娘にたいする愛情はヒシヒシと胸に来ました。

    一生懸命考えたけど号泣と言えるのはこれくらいかな。

    ユーザーID:2229511707

  • 残念ながら

    泣き叫ぶような映画には出会ったことがありません。

    号泣ってすごいですね・・・・。

    ユーザーID:7333916398

  • ありますよ

    今パッと言えるものですと、

    『チャンプ』ジョン・ボイト主演の1979年のアメリカ映画です。

    最近だとクリント・イーストウッド監督の2004年の
    『ミリオンダラーベイビー』かな。

    両方ともハッピーエンドで終わらないという痛々しい泣き方になります。

    ユーザーID:3194154303

  • ぱっと思い付くのは

    汚れなき悪戯とシザーハンズです。前者は高校の購堂で上映。ハンカチもティッシュも持っていなくてえらい目に遭いました。

    シザーハンズも泣きました。これも何気なく観始めてクライマックスで号泣。
    ちょうど帰宅した夫に「な、なになに?!」とびっくりされました。それからティムバートンの不思議な世界感が好きになりました。ジョニーデップも出世できて良かったです。

    記憶には無いんですが子供の頃は犬が絡んだ映画を見てはぐすぐすしてたらしいです。シェパードの雑種を飼っていたからでしょうか。寝ながらも泣いていたとか。

    ユーザーID:0053787175

  • 泣き上戸

    恥ずかしながら、ちょっとしたことで泣くおばさんです。

    ショーシャンクの空に
    ジョイ・ラック・クラブ(挙げて下っている方がいらして嬉しかったです)
    グリーンマイル
    イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
    グレーティスト・ショーマン
    アマデウス

    (アニメ)
    クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
    君の名は。
    風立ちぬ
    カールおじさんの空飛ぶ家
    火垂るの墓


    ・・・年代考えずの羅列ですみません。
    また、これらの映画は大好きなのですが・・・語るほどのセンス無くて、これまたごめんなさい。

    ユーザーID:2712769712

  • 子どもと動物に弱いです

    号泣映画 「禁じられた遊び」
    今のところこれに勝るものはないです
    あのテーマ曲を聴いただけで泣ける

    「汚れなき悪戯」
    「死ぬまでにしたい10のこと」
    「ニュー・シネマ・パラダイス」

    ユーザーID:0331447939

  • 異人たちとの夏

    私も涙ぐんだけど、一緒に見に行った女の子がぐすぐす泣いてたなぁ(笑)。
    その時のデートで終っちゃったけど、気が強い子だと思ってたから意外でした(そっちかい)。

    もう鶴ちゃんと秋吉久美子の夫婦が良くて良くて。

    ユーザーID:3096036296

  • ラース・フォン・トリアー

    監督作品。

    「奇跡の海」 どんだけ自分を貶めればいいんだぁーー と究極すぎる愛に号泣。

    「ダンサーインザダーク」 あんまりすぎるラストに号泣。

    この2作品は号泣レベルが別格。どちらもヒロインが不幸すぎ。たぶん監督がS。

    ユーザーID:3680268144

  • うーん。

    もう50代ですが今までに「号泣」をした事ないので多分もうないと思いますが
    泣けた映画なら
    フェデリコ・フェリーニ監督の「道」かな。
    これは心の中で嗚咽しました。

    ユーザーID:6657646912

  • 映画館で泣きました。

    「シンドラーのリスト」です。
    映画が終わっても、しばらく立てませんでした。

    クラブさんの挙げている「初恋のきた道」、私も泣きました〜。

    あとは……賛同してくださる人はいないかもしれませんが……。
    アニメ「暗殺教室」。映画で泣き、原作で泣き、
    テレビアニメでも泣きました。

    ユーザーID:8582535996

  • たぶん号泣

    奇跡の海
    ダンサーインザダーク

    ユーザーID:8666214556

  • 泣いた

    戦争をテーマにした洋画の「ライフイズビューティフル」
    戦争で敵の収容所に入れられてしまい辛い状況の中でも「これはゲームなんだよ」といつも明るく子供に接するお父さん。ラストのシーンは辛すぎましたが、強い人とはどんな時でもユーモアを持っていることだと思いました。

    ユーザーID:6239380677

  • ダンボ

    今度やる実写番の予告ですでに泣いてます(笑)。

    姉の子供と観ようと500円のDVDを購入してオリジナル版みたんですけど、母象が檻ごしに子供に歌う可愛い坊やー、のところで毎回泣いちゃうんですよね。
    祖母にあたる母と一緒に泣いてます(笑)。

    ユーザーID:9279888722

  • 初恋のきた道(素朴な中国映画)

    とんでもないど田舎に、赴任してきた男の教師に、恋心を持った貧しい家の少女が、
    ひたすら、お昼の弁当を作って届けるだけのような映画ですが、僕は終盤から涙が止まらなくなりました。

    50代のおっさんの僕は、いつの間にか、そのカッコいい教師になりきっていたのです。
    (そう、その映画の中で。笑)

    村の学校から急に、街に行くことになった僕の馬車を、慌てて後ろから、弁当を持って追いかけてくる少女。
    野原で転んでしまい、大切な弁当もぶちまけてしまい、それらを泣きながら拾い集める少女。
    気付かずに、そのまま行ってしまうどこまでもアホな僕。
    もう死んだほうがマシ!とその時は本気でそう思いました。
    思い出して泣けてきました。

    あらすじ。
    都会からやってきた若い教師ルオ・チャンユーに恋して、その想いを伝えようとする18歳の少女チャオ・ディ。
    文盲のディは手作りの料理の数々にその想いを込めて彼の弁当を作った。
    やがてその気持ちに彼も気づき、いつしか二人の心は通じ合う。
    しかし、時代の波「文革」が押し寄せ二人は離れ離れに。
    少女は町へと続く一本道で愛する人を待ち続けるが……。

    都会から小さな村に赴任してきた教師に恋する18歳の少女。
    彼女の思いは伝わるが、ふたりははなればなれになってしまい……。
    これが初主演作となったチャン・ツィイーの純朴な可憐さは必見。
    (CDジャーナル データベースより)

    ユーザーID:0848784742

  • ドラえもんの映画

    当時五歳の甥っ子にビデオをレンタルして家で一緒に見て、文字通り二人で号泣。

    恐竜のピースケが出てくる映画でした。
    見終わって甥っ子と抱き合って、おいおい泣いた!

    スピルバーグ監督「AI」ディビットが森に置き去りのシーンから嗚咽が止まらずラストまでガクガク震えてくるほど泣いた。
    一週間ほど立ち直れなかった。

    メル・ギブソン監督、主演「顔のない男」
    淋しい男の子と過去の事故によって生活が変わった男の交流と愛の物語。

    「シンドラーのリスト」
    言わずもがな、です。

    「スイス・アーミーマン」不思議な話だし、ちょっと、いやかなりお下品な内容だし、ラドクリフのお尻が出てきて大笑い、見終わって、自分でも訳の分からない感情が溢れてこみ上げる涙と嗚咽。
    横を見たら高校生の娘も震えながら号泣。
    未だに何故あんなに感動したのか、分からない…。

    私も「ベン」観ました。
    娘が泣いてました。
    私は大量のネズミにギャア!
    しかしマイケル・ジャクソンの少年時代の透き通った声に感動。
    名曲ですよね。

    ユーザーID:6699862881

  • フランダースの犬劇場版

    冒頭から泣けます

    内容しってるからね


    ホタルの墓もはじまってすぐに・・・目から滝



    自分にとっては
    超ウルトラハイパー危険なアニメです

    年に一回が限度ですね

    ユーザーID:7178014758

  • 聲の形

    アニメ映画で、聲の形。
    昨年BSチャンネルで放映していて静かに号泣してしまいました。

    映画館で見ていたらやばかった、と思いました。

    ユーザーID:4701968151

  • まだあった

    「グラン・トリノ」

    「日の名残り」

    「ローマの休日」

    「ET」長い映画人生で、映画館で複数回観たのはこれと「ボヘミアン・ラプソディ」の2本



    邦画からは

    「砂の器」放浪の旅する父子、保護され父子が別れるシーン、中学生でした。映画館で観たけどまわりの観客ほとんど泣いてたなあ

    「手紙」山田孝之が被害者遺族の前で号泣するとこでこっちももらい泣きの号泣

    ユーザーID:0331447939

  • 火垂るの墓

    悲しくて切なくて辛すぎるので、あまり観たくないけれど...

    主人も、娘が小さかった頃にこれを観て、娘と節子の姿が重なって泣いてました。

    ユーザーID:3804476800

  • 私も

    牛子さん、sea lineさんと同じく

    奇跡の海
    ダンサーインザダーク


    泣きの映画はいろいろあるけど、この2本は号泣慟哭レベル。

    ユーザーID:9524355059

  • この3つ!

    アラサー女です。

    涙もろいのですぐ泣きますが、「号泣」したものですよね・・・とか言いつつたくさんあります(笑)


    *「グリーン・マイル」:毎回号泣、嗚咽止まらず。残酷なシーン(わたしからすると)があったりして胸がヒュッとすることもありますが。。

    *「タイタニック」:初めて恋愛映画で泣きました。レオ様が今見ると若くて最初は笑っちゃうんですけど、もうそれどころじゃあないんですよね。

    *「マイ・フレンド・フォーエバー」:今は亡きブラッド・レンフロ主演の青春映画・・・と一言で片づけられない映画です。エイズの友達と築く友情はもとより、主人公と友達の母親が正反対のタイプで、価値観や対応の違い、自分の子どもの扱いなどに注視するとそこも泣けます。

    あと、映画館では号泣するのが目に見えていたので借りようと思っているものが「ワンダー 君は太陽」です。

    ユーザーID:5151568962

  • 号泣

    泣いた映画は数多ありますが、号泣したのは『ジョニーは戦争に行った』だけです。見ている途中から泣きすぎて最後どうなったのか全く覚えていませんが、もう一度見ようとも、まだ思えません。いい映画です。

    ユーザーID:6279022731

  • Awakenings

    原題:Awakenings「レナードの朝」ですかね…
    実話を元にしているのが堪えます。
    「ニューシネマパラダイス」も泣いたかな、曲が良すぎる!

    ユーザーID:4881166771

  • この3本

    火垂るの墓 
    タイトルを目にしただけで 一週間は涙が止まらん。

    ステラ 
    ベッドミドラー主演 (1990年頃?)シングルマザーと娘の物語。  
    公開当時 自分が10代の娘時代に見たときは じんわりした程度ですが、
    母年代になってから見たら それはそれは泣けた。

    サマーストーリー 
    1980年代後半製作のイギリス映画。
    舞台は20世紀初頭の美しい田園地帯。
    ストーリーは よくある すれ違いラブストーリー。
    風景・登場人物がとにかく美しい。

    ユーザーID:0530534970

  • A.I.

    号泣ではなく
    すごく切ない気持ちになって涙が止まらなかった映画でした。

    ユーザーID:0202731298

  • 二回目です。私も「手紙」

    忘れてた!ソファーに倒れこんで号泣したのに。

    兄がいる刑務所に漫才師として慰問に行き、沢山の囚人の中から兄を舞台上から探す主人公。

    笑いさざめく人の中で一人両手を合わせて拝むようにして流れる涙と鼻水もそのままに声も出さずに泣く兄。の場面が、もうもう、切なくて哀しくて。

    「うわぁ!拝んでるぅーー!」って叫んで号泣しました。

    ユーザーID:6699862881

  • 今思い出した

    「銀河鉄道999」
    メーテルと鉄郎の別れ。
    家で見ましたが、号泣どころか
    寝付くまで泣いていたのを
    思い出しました。

    もう二度と逢う事のない二人の
    別れは切なくてやるせないけど、
    鉄郎の成長が眩しくもあり、
    爽やかな余韻に
    浸る事のできる映画です。

    ユーザーID:9296868521

  • HAYABUSA BACK TO THE EARTH

     反則かもしれませんが、私は日本が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」の旅路を映画化した「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」、「はやぶさー地球への帰還ー」などの一連の作品をあげます。

    どこで泣くかというと、よろよろ、ボロボロになりながら、小惑星のホコリみたいな試料をカプセルに入れて、地球にたどり着くところですねえ。

    はやぶさは、試料を入れたカプセルを切り離し、地球に着陸する軌道に乗せた後、自分自身は大気圏に突入して燃え尽きてしまいます。

    プラネタリュウムで上映されてた頃も、観ていた子供達は全員泣いてしまう映画だったそうです。あれほど頑張って帰ってきたのに、最後は流れ星になってしまうところで、どどどど〜っと泪が出ます。

    誰だって、あれだけ必死に帰って来たのだから、栄光の帰還を総立ちの大拍手で祝福されるんだろうと思っているのに、最後は燃え尽きるだけなのですねえ。

    あ、また目がうるうるしてくる・・・・。

    ストーリー自体は、今でも何本かの映画に焼き直されて上映されてますので、ご覧あれ。

    ユーザーID:6935721268

  • レ・ミゼラブル

    ヒュー・ジャックマンの方です。
    ミュージカル映画なんて興味のない私が歌の凄さを思い知らされた作品です。
    当時、妻と一緒に劇場で見て「女性の前で男が涙するなんてダサいっしょ!」と思っていたのですが耐えられず完敗。
    あれには参った(笑)
    劇場はすすり泣く声で溢れてました。

    マイナ−な所では実話を元にした「ルディー」。
    全く期待してなく借りたレンタルビデオ。
    何気なく日曜の朝っぱらから独り暮らしのアパ−トで鑑賞。
    最後は「ルディ!ルディ!ルディ!」と泣きながら叫びました(見ればなぜ叫ぶか分かります)

    ユーザーID:2276750835

  • 号泣レベル

    泣いた映画は何本かありますが、号泣レベルは1本しかありません。

    「無法松の一生」(坂東妻三郎版)何人か有名な俳優が演じられていますが、坂妻版以外は認めたくない作品です。

    もう、映画館で観ることは多分できないと思います。
    DVDを手に入れ、夫と自宅で観る時に「私、泣くからね」と予告しておいたのにも関わらず、私のあまりの号泣っぷりに夫が引きまくった映画です。

    ユーザーID:8100064777

  • 号泣と言えば火垂るの墓

    動画サイトで鑑賞後にまさに号泣してる人たちの姿がありますね。
    小学生くらいの女の子がお布団被って絶望を叫んでいる動画は、彼女の叫びがそのまま私の気持ちですね。
    私はあの映画は見ない。
    見たら最後、何をする気力もなくなってしまうので・・・
    あれとトトロが同時上映だったなんて、どうしろってなんだ!

    泣いてしまう映画は

    縞模様のパジャマの少年
    >子供を使うのは卑怯だ!泣かないわけないじゃないか!!

    アルマゲドン
    >エアロスミスの曲にあわせてのあのシーンはズルイ。

    セブン
    >ちょっと古いですが、ブラピのアレです。ラストシーンは泣くと言うか切ないと言うか。

    Battery is not included - ニューヨーク8番街の奇跡
    >子供の頃コレ見てかわいい&悲しい&ハッピーで忙しかったです。

    Billy Elliot - リトル・ダンサー
    >お父さん・・・涙

    ユーザーID:6636091891

  • この1本だけは特別

    SSさんと同じですが「ライフイズビューティフル」は名作です。

    ユダヤ人迫害の話なので内容はすごく、すっごく重いのですが、その中で必死に日常を送る普通の家族の物語です。
    私はもう泣いて泣いて目は腫れて頭痛までしてくるので何度でも見たい!という感じではないですが、心が揺さぶられるとはこの事だと思いました。
    ただ悲しいだけではなく、まさに人生は美しいとの意味を教えられた映画。
    主人公のロベルト・ベニーニの圧巻の演技を是非見ていただきたいです。
    久しぶりに見たくなりました。翌日予定のない日に見ないと、エライ事になります。。。

    ユーザーID:0655614219

  • 自分でも意外でした

    号泣という程ではありませんが、「街の灯」「ライムライト」「ニューシネマパラダイス」
    「ショーシャンクの空に」が最初に思い浮かびました。邦画では「ポストマン」でした。

    でも、よくよく考えてみたら「喜びも悲しみも幾年月」でしたね。

    映画の最後の最後で、戦前から戦後にかけて色々な灯台を転々とした灯台守夫婦(佐田啓二、
    高峰秀子)の娘が客船で新婚旅行に行きました。船が、両親が勤める灯台の近くにさしかか
    った時に、娘は船長に頼んで汽笛を鳴らしてもらったのです。
    灯台守夫婦もその汽笛が娘からの合図だとすぐに分かり、灯火で信号を送って答えるという
    くだりです。
    このシーンの時に流れた主題歌が映像と完全にマッチしており、ちょっとやそっとでは
    涙を流さない私がググっときてしまいました。

    この映画、意外にも「超お薦め映画」ということが、このトピで初めて自覚しました。

    ユーザーID:6067092598

  • ネッシーのなみだ

    子どもと観にいったくまのプーさんと同時上映でした。
    開発で住処を追われたネッシーがさまよい、とうとう素敵な場所を見つける短編です。
    当時は震災後の「これからどうやって・・・」という不安定な心理状態、
    自分と重なるようで嗚咽しそうになるのを我慢した思い出があります。

    その後どこかで見かけて嗚咽・・・

    ユーザーID:4133624738

  • 昭和ですが。

    [禁じられた遊び]です。

    ユーザーID:2409265984

  • 二度と観たくないけど

    ダンサーインザダーク
    コルチャック先生
    の2本は劇場で大泣きしました。
    ダンサーインザダークは辛すぎて吐きそうになりました。
    コルチャック先生は愛も表現されている良い映画でしたが、私には辛かった。
    この二本は私にとって辛すぎるので、二度と観ないと思います。

    火垂るの墓もあらすじを説明するだけでも泣けてくるくらいで、観る度に必ず泣きます。
    辛い映画ですが、これは子育て中に何度か子どもと一緒に観ています。
    縁があるのか、やむを得ず何度も観ていますが、自分が年齢や経験を重ねるに従って、泣けるポイントとその意味が変わってくるのは興味深いです。

    辛くて大泣きするような映画は、心を激しく動かされて記憶に強く残りますが、具合が悪くなるほど気持ちが沈む作品は嫌ですね。一度は観てみないと判断できないところが悩ましいですが。

    私は、辛い中にもわずかな救いがあったり、わずかでも人生の豊かさや美しさを感じられるような泣ける作品にお金を払いたいな、と思います。

    ユーザーID:8590909647

  • 黄色い大地

    昔の中国映画です。映画館でも泣いたのですが家へ帰ってからも体中の水分が
    無くなるくらい泣きました。最近また見る機会があってその頃のことを思い出しました。

    ユーザーID:9179929438

  • フランダースの犬(実写版)

    このはさんも書かれていましたが、「フランダースの犬」を友達と一緒に見に行って始まってからすぐに泣き、最後まで泣いていました…。ストーリーはアニメを見ていますから知っていますけど、実写になったら泣けて泣けて。
    友達から「みゆうが泣くから泣けなかった…」と言われてしまいました。号泣というか嗚咽ですけど。

    あとは皆さんと同じく「火垂るの墓」
    何回も見てますが、泣けます。大人になると、ちょっと感じ方が変わって来ました。
    子供目線から変わったということなのかもしれないですね。

    ユーザーID:0938228693

  • 映画館で嗚咽したのは

    「盲導犬クイールの一生」でした

    泣きポイントが至る所に散りばめられてて
    うっかり見たが最後、ラストシーンはバスタオルが欲しかったくらいです。
    しかも親子で大泣きしてしまって・・・周りの方達は迷惑だったと思います。

    DVD:泣きたい時に観る映画は
    「レオン」
    「グッド・ウィル・ハンティング」の二本です。

    どちらの作品もいろんな人間関係が複雑で
    登場人物の全ての心模様が想像力を掻き立てて号泣してしまいます。

    まあ多分自己満足なのかもしれませんが笑

    ユーザーID:3749943797

  • 2本ほど

    北野武:あの夏、一番静かな海
    ルー・アントニオ:ジョーイ(Something for Joey)

    ユーザーID:6856540658

  • わたしは変わってるんですねえ

     3月13日に、小惑星探査機「はやぶさ」のプラネタリュウム映画で泣いたと書きましたが、思い出したら、2010年宇宙の旅(アーサーCクラーク原作)の最後の方で、コンピューターのHAL9000が、

    「チャンドラー博士、真実をありがとう。」

    「HAL、私も此処に残るよ。」

    「いえ、博士も早く退去を。」

    ここで、ど〜っと泣きました。

    知能の高いコンピュータなので、騙して従わせようとされて続けて来たのが、どんだけ辛かったか。本当の事を言ってくれたら、自分だけが置き去りにされることなんか何でもなかったのに、人間は小賢しいウソで騙そうとする。
    泣けましたねえ。

    ・・・・と、ここで思ったのですが、一番泣けた映画のシーンが「はやぶさ」と一緒で、器械が主役のシーンでありました! 皆さまのレスは、どれも人間が主役ですねぇ。
    自分は、変わっているのかなぁ?



     人間のドラマで泣けたのは、他の方のレスにもあります「街の灯」です。

    似た経験があるのです。

     通勤の電車で、いつも同じ時刻に同じ車両の同じドアから入ってきて、同じ場所に立つ視覚障害者の若い女性がいました。目が見えなくて、揺れる電車に立っているのは、案外大変なのですね。毎日、同じカーブで転びそうになってました。

    ある日見かねて、そっと手を取って私の席を譲りましたが、それが毎日になりました。

    譲る時、一言も喋らないことにしておりましたが、彼女は私の掌の感触だけを覚えたいたのでした。

    後は、ご想像にお任せします・・・・・・

    ユーザーID:6935721268

  • 爆涙映画二つ

    「ポネット」を見て泣かなかったら人間ではありません。
    4歳の幼女が母を亡くし、母に会いたくて探し回るフランス映画です。
    ポネットちゃんがあまりにいじらしくて切なくて爆涙。
    ラストも素晴らしい。
    ちなみに、ポネットを演じたヴィクトワール・ティヴィソルちゃんは最年少でヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞しています。


    もう一つはイタリア映画の「ひまわり」。
    何回見ても爆涙。夢にまで見て爆涙。
    戦争に出征した夫が帰ってこず、ロシアまで探しに行く妻を大女優ソフィア・ローレンが熱演。
    ソフィア・ローレンはひまわりで大ファンになりました。

    ロシアの広大なひまわり畑を走る列車のシーンに、大作曲家ヘンリー・マンシーニの音楽が聞こえるとたまりません。
    ロシアを探して探してやっと見つけた夫は、、、涙。

    他にも色々ありますが、この二つの作品は特別です。
    映画を見て爆涙した若かりし自分もまた懐かしいです。

    ユーザーID:6497483256

  • おじさんでも泣きます

    やはり「火垂るの墓」は涙が出ます。

    この映画と一枚の有名な写真とが重なり涙が止まりません。
    一人の少年が妹の亡骸を背負って最敬礼をしながら焼場で順番を待つ姿の写真です。
    大人たちが始めた敗者しか生まない戦争。
    その大人たちに教育され取り乱すことなく礼を尽くす一人の少年。
    このレスを書いているだけでも涙が出てきます。

    戦争をテーマにした映画の中には、「プライベート・ライアン」も同じです。

    第二次世界大戦の最中で4人の息子の内3人を失った母親から、
    最後の1人の息子(ライアン二等兵=マットデイモン)を助けてほしいとの願いを受け、
    ノルマンディ上陸作戦で敵地深くで任務に就いているライアンを探し救出するために
    ミラー大尉(トム・ハンクス)率いる8人が戦地へと向かうのだが・・・。

    この作品も戦争の空しさ、悲しさ、理不尽さや人間の尊厳を思い知らされます。


    あのねさんの最後のお話しには号泣しました。
    映画にも勝るいいお話しをどうもありがとうございます。

    あと、器械が主役のシーンに泣けた自分は変わっている?とありましたが、
    主役のすがたかたちは器械でもそれを通して見えるのは、
    それに少しでも携わったたくさんの人の強い思いや願いではないでしょうか。
    それはまさに人間そのものだと思います。

    ユーザーID:6546275365

  • ジョイ・ラック・クラブ

    この映画を見たときは、まだ指定席もないころでした。
    映画館に5人くらいだったか、皆一人で来ていました。一人だけ男性だった。

    映画の途中からすすり泣きが聞こえてきて、映画が終わった時、女性4人とも号泣でした(男性はいたたまれなかったのか、そそくさと席を立ちました)。見知らぬ方たちだったのですが、泣き、照れくささの笑いで、しばらく雑談。妙な一体感がありました。私は次の用があって映画館を出ましたが、二人はもう一度見る!と残られました。

    いつだったか、BSプレミアムで放送されていて、またストーリーで泣いて、その時のことを思い出して、しまいました。

    不思議な体験でした。

    ユーザーID:1219595881

  • 号泣というか・・・切ない映画

    【イル ポスティーノ】イタリア映画です。
    イタリア映画には、いい映画がたくさんありますよね。

    【ライオン】 これも良い映画

    後、まだ映画館でやってるはずですが、

    【ハジュランギおじさんと小さな迷子】インド映画

    これは、全力でお勧めします!

    ユーザーID:2503937100

  • 古い映画で恐縮なのですが、、、。

    「悲しみは空の彼方に」です。

    ユーザーID:8836363161

  • ベン!

    お腹がえぐれたベンが窓際に戻って来てからのラスト、
    ネズミの顔のアップに
    あのマイケルジャクソンのテーマ曲がかかって…。
    そりゃ号泣しますって。
    私も小学四年の時に観て
    後から聞いた話では私はずっと親に
    「ねぇ、ベンは死なないよね、死なないよね?」
    と顔を涙で顔をくしゃくしゃにしながらしつこく聞いていたそうです。
    言った本人は忘れてましたが。

    あれほど泣いたのは
    E.T.くらいですかね?
    どちらかにせよ、子供のころの観た映画の方が
    純粋だったが故に強烈に残ってます。

    成人してからは「全米が涙した!」映画でも
    全然何とも思わないですもんね。

    ユーザーID:0930232255

  • Whale Rider

    日本でのタイトルは「クジラ島の少女」だそうです。映画の素晴らしさが反映されていないタイトルに騙されないでください。
    原題の訳は「クジラに乗る人」、部族の部族長のこと。
    主演の少女の演技が素晴らしい。全編通して泣けます。彼女が泣くシーンでも必ずもらい泣き。最後のシーンは思い出すだけでも涙が出ます。
    観た後にとても元気が出る最高の映画です。

    ピクサー社のアニメ作品からふたつ。
    「Up」(カールじいさんの空飛ぶ家)。かなりの秀作です。最初の5分は号泣止まらず、最後にまたどーっと泣けます。
    「Coco」(リメンバーミー)。最後のシーンは火垂るの墓並みの号泣です。

    あと個人的にはトトロの最後、入院してるお母さんに届けられたトウモロコシが画面に出ると号泣スイッチが入ります。

    盲導犬クィールの最終話も号泣すごかったです。

    ユーザーID:8172730363

  • 泣きたいのを必死に我慢している人間に対して,観客は泣く.

    >一人の少年が妹の亡骸を背負って・・・

     あの姿は,一生,私は忘れられませんです.はい.

    それから,自分が泣いた映画ですが,一生懸命思い出したら「伊豆の踊り子」を思い出しました.

    この映画の原作の小説のラストは,今一,好きではなくて感動しませんでした.映画の方が好きです.

    伊豆の踊り子は何作かバージョンがありますが,確か,山口百恵主演じゃなくて,内藤洋子主演の作品だったかが泣けました.ゴゼとしての自分の運命を受け入れる主人公に泣けましたね.原作の小説の,あんな解釈があるのかと驚きもしました.

     あとは「二十四の瞳」.これは,高嶺秀子主演のが好きです.小説は子供の頃に読んでましたが,映画は,大人になってからバイクで600km走って小豆島まで行ったとき,その映画撮影記念館で観ました.

    映画を観ていた時は泣きませんでしたが,観終わって,浜辺に出て主人公が自転車で通った道を目でなぞりながら,貧しさ故に赤ん坊を見殺しにした父親など,悲惨なエピソードを思い出して泣いてしまいましたですね.

    ユーザーID:6935721268

  • 基本、すぐ泣きます、私

    涙腺が弱く(笑)、哀しい作品でも感動的な作品でもすぐ泣くのですが、号泣したことを鮮明に覚えているのを書きますね。

    ・ひまわり
    (ソフィアローレンが好きになったきっかけの映画)
    ・火垂るの墓
    (二度とは見れない)
    ・フランダースの犬
    (アニメも実写も)

    思い出したらまた投稿させて下さい。

    ユーザーID:0888109854

  • 旅猫リポート

    少し前に公開されていた「旅猫リポート」はめちゃくちゃ泣きましたねぇ。
    原作も読んでいてそちらも泣きましたが、映画の方が泣きました。
    泣きポイントが数回あって最初の方からもうボロボロ。
    観終わってトイレに行ったら目も鼻も真っ赤で恥ずかしかった〜。
    映画館でここまで泣いたのは初めてです。

    ユーザーID:0819097806

  • ベン、泣きましたとも

    うれしいです。
    なかなかベンで泣いた人に会えなくて。

    ベンの人形を操っているところなんかも
    私は泣けてしまいましたよ。

    ユーザーID:8972563881

  • 年がバレますけど

    さらば宇宙戦艦ヤマトです。
    映画館で泣いたことは多々ありますが、
    あれほど号泣したことはないです。
    もう生涯ないでしょう。

    今はハンカチで涙を拭く程度ですが、
    あの時はしゃくりあげて泣きました。

    ユーザーID:8972563881

  • グラントリノです。

    クリントイーストウッドの大ファンになりました。人生とは、家族とは、大切なものとは、いろいろ考えさせられる映画でした。最後に青年がグラントリノに乗ってドライブするシーンが救いでした。

    ユーザーID:9766444342

  • 泣けないたちなので

    グッときた、でお許しを。
    「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
    「あの日、兄貴が灯した光」
    「奇跡のシンフォニー」
    「幸せの隠れ場所」
    「あゝ、荒野」
    「小説家を見つけたら」
    「怪物はささやく」
    「マグノリアの花たち」
    etc.etc.

    サニー様、「グラン・トリノ」よかったですよね!クリントイーストウッドさらに好きになりました。
    心は動かされた様、「ダンサーインザダーク」同感です。衝撃的な過ぎて、もう一度見れると思えません。

    トピ主様、皆様ありがとう!

    ユーザーID:6684758968

  • ビリー・エリオット

    「リトル・ダンサー」

    ミュージカルもあるけど私は断然映画派です
    ジェイミー・ベルが演じたビリーが大好きです
    監督のスティーヴン・ダルトリーの作品はどれも好き

    もうあのお父さんがさ、涙なくしては語れない、見れないです
    今タイピングしながらすでにウルウル

    労働者階級に特に厳しい時期を反映したイギリス映画には秀作、佳作が多いです

    ユーザーID:1937222725

  • 「リトル・ミス・サンシャイン」

    すぐ泣いちゃうのでちょっと当てになりませんが、そんな中でも号泣となると…

    「グリーンマイル」
    「愛する人」
    「愛を読むひと」
    あたりでしょうか。
    「フォレストガンプ」も何度観てもしみじみとした涙が流れます。

    号泣ではないですが、いつも同じシーンでホロっときて泣いちゃうのが
    「リトル・ミス・サンシャイン」です。
    最後の方、ステージにお父さんが上がって娘と一緒にめちゃくちゃなダンスを踊る辺りで胸がキュンとしてホロリ。家族全員が揃って踊るころには泣き笑いです。
    どちらかというとこういう泣き方させてくれる映画の方が好きです。

    ユーザーID:8214562852

  • レスします

    「二十四の瞳」と「赤毛のアン」ですね。「赤毛のアン」はヨーロッパの当時の孤児院制度の仕組みと中近世ヨーロッパ史を知れば泣けてきますよね。勿論日本にはそんな制度すらありませんでしたが。アンの必死さは生きたい必死さに思えて涙が出ますよね。
     「二十四の瞳」修学旅行に出かける元同級生達を見送る高松港のシーン涙が出ますよね。あと肺結核の教え子を大石先生が見舞うシーンも。
     最近の映画心が洗われる場面が少なくて残念です。あともう一つ、映画ではありませんが朝ドラの「おしん」今再放送されていますよ。あれも泣けますね。

    ユーザーID:6182858027

  • ポケモン

    子ども観に行ってますが。

    大人も見に行く方いやっしゃいますね。

    毎回ポロリですが。今回は泣かへんなーと油断していたら
    大号泣。スクリーンがホワイトアウト。
    毎回涙腺ポイントが変わるのが楽しみかただと思います。

    ユーザーID:0070774935

  • ぱっと浮かんだのは

    ベッドミドラー主演 「ステラダラス」 娘の結婚式を遠くから見守る母。

    ジェームスウィルビー主演 「サマーストーリー」定番的な恋愛物、19世紀のイギリスの田園風景が美しい。

    ユーザーID:3033186202

  • ドラえもん、その2

    ドラえもんを挙げている方がいて嬉しくなりました。私は、
    ”のび太と鉄人兵団”で、しずかちゃんが「リルルーッ!」と叫ぶ場面で何度観ても泣いてしまいます。流れる歌も良いんですよね。初代の声優の方々で、懐かしいです。

    ”ほたるの墓”は、私は観たことないんです。夏休みになるとテレビから
    「おうち、やけてしもうたん?」というせっちゃんの可愛い声が聞こえると、もうそれだけで涙腺が潤みます。なので、とても本編は観る勇気が出ません。

    あと洋画で
    ”フライド グリーン トマト”
    偶然BSで観たのですが、私は何故か泣けて泣けて、、、大好きな映画になりました。

    ユーザーID:9623900861

  • 火垂るの墓 

    映画を見ていて感動のあまり涙することはたまにあるのですが、最初に浮かぶのはやはり野坂昭如氏の「火垂るの墓」です。

    観ていると辛くてもう次は観るまいと思うのですが、少しでも見てしまうとだめですね。心に刺さってしまいます。

    ユーザーID:7180894420

  • 韓国映画『おばあちゃんの家』

    都会で育った 8歳位の男の子が お母さんの仕事の都合で、ど田舎の『おばあちゃんの家』に 預けられる(夏休み期間中?)。

    最初は【マックフライポテト】とか 手に入らない事に腹を立てたり、わがまま放題だけど、どうにかクリア。

    「なんだ、けっこう良い子じゃん」と、思った瞬間に号泣しました。

    ユーザーID:8357227297

  • 映画大好き!

    私の中のあなた、と言う映画です。キャメロン・ディアスが母親役で、泣きました!

    ユーザーID:4452616985

  • 火垂るの墓

    号泣といえば 火垂るの墓。 

    映画を観て十何年もたつが 日常生活の中で
    ドロップ缶の中の一粒がコロコロと転がる音にも条件反射で涙が出る

    ユーザーID:3033186202

  • 私も参加

    ジョイ ラック クラブ!
    と書いた方がお二人もいて感激です。
    初めて見たのは深夜のテレビででしたが、続きが気になり最後まで観てしまいました。そしてその後ビデオを借りてきて観ました。

    ユーザーID:1159893579

  • ネッシーのなみだ

    プーさんの前に上映されたショートフィルムです。
    観ては泣き、思い出しては泣き。

    ユーザーID:5758324972

  • 一番泣いたのは「この世界の片隅に」

    泣いた映画・・・色々ありますね・・・
    一番古い記憶では「わだつみの声」だったかな?織田裕二さんが主演の、戦争映画なんですけど、映画館でものすごく泣いた記憶があります。
    当時小学生だったと思う。

    他にも色々あるけど、最近一番泣いたのは、アニメ映画なんですけど
    「この世界の片隅に」
    です。
    有名なので知ってる人多いと思いますが。
    今年また完成版?のようなものができるそうですが、私が見たのは数年前に公開されたほうです。

    途中までは特に泣くこともなく、つらい描写はあれど淡々と見てた気がしますが、最後、原爆で母を亡くした子供のシーンからもう、ズタボロに泣きました。
    そしてエンドロール全部泣きっぱなしでしたね…
    あそこまで泣いたことは、他の映画でもちょっと記憶にないです。

    別に戦争映画ばかり見てるわけではないのですが…

    そういえばこれもアニメで、しかも映画じゃなく全13回くらいで放送されたものなんですが
    「宇宙よりも遠い場所」
    というアニメの12話は、本当に「号泣!!」という感じでした。
    「この世界の〜」は静かに延々と泣いた感じでしたが、この「宇宙よりも〜」の12話のとあるシーンでは、本当に声を上げて泣きました;
    キャラも声を上げて泣くシーンだったし、母を亡くした経験がある人はみんなここで声を上げて泣いて、それぞれの母を呼ぶんじゃないかと思います。
    特に劇的な出来事があるわけじゃないんですが、あの表現はすごいなと思いました。

    「宇宙よりも〜」は戦争映画では全くなくて、全体的にゆるい、一見すると萌えアニメかしらという感じなのですが、そういう先入観で見ないのはもったいないアニメだなと思いました。
    興味あったら見てみてください。

    ユーザーID:1121869735

  • それは

    文字どおり号泣したのは子供のころだけです。小学生の時は派手に泣きました。最近では、ぐっとくることはあっても涙が出るまではなかなかいきません。

    最初に泣いた映画は、小学1年生の時に見た「史上最大の作戦」です。私が号泣したせいで、父母はけんかになったようです。

    あとは、テレビで放映されるたびに見ていた映画がいくつか。
    「汚れなき悪戯」
    「禁じられた遊び」
    「シベールの日曜日」

    私はちょっと感性が独特なようです。「タイタニック」でぐっとくるのはレオ様大好きにもかかわらず後半の沈没が始まるあたりですし、「ライフイズビューティフル」では結末を知っていたものの笑っている時間のほうが長かったのです。最近ぐっとくるのはおもに、アメリカの捜査もののドラマです。

    「あのね」さんの博士とHALのやりとり、私もぐっとくると思います。最近でも、とある小説のラストのAIの言葉に泣きそうになりました。

    ユーザーID:7857325458

  • 良いトピですね!

    みなさんが素晴らしい作品ばかりを紹介しておられるので
    上げられる作品以外で、
    参加させていただくとすると…。

    【パンズ・ラビリンス】
    1944年のスペイン内戦下を
    生きようとする少女を描くダークファンタジー。
    少女の過酷すぎる日々と衝撃のラストに涙がとまりません…。

    【題名のない子守唄】
    『ニュー・シネマ・パラダイス』のュゼッペ・トルナトーレの監督作。
    イタリアのアカデミー賞12部門にノミネートした話題作です。
    謎だらけのスートーリー進行を経て
    全てが明らかになるラストに泣きました。

    【新感染〜ファイナルエクスプレス〜】
    韓国のゾンビ映画ですが
    私はファミリー映画だと思っています。
    走行中の新幹線の中でゾンビ感染が広がるという逃げ場のない状況の中、
    臨月の妻と乗車した夫や
    小学生の娘連れの父親が
    愛する家族を守るために戦い抜く姿に滂沱…。
    映画キャッチコピーも「守り抜け!」だったはずです。

    ユーザーID:0478393692

  • クレイマークレイマー

    子供の頃から何度も観ています。

    自分の年齢によって泣くポイントが変わってきます。

    ユーザーID:1849030550

  • ビッグフィッシュ

    ティムバートンのビッグフィッシュです。


    劇場で観ましたが周りの男性のお客さんもオイオイ泣いてはりました。

    ユーザーID:3270635474

  • きみに読む物語

    『きみに読む物語』

    私の主観で勝手にあれこれ語りたくないので内容には触れませんが、これまでに観てきた映画の中で一番泣きました。

    内容を全く知らずに観た方が泣けますので、観る前にネット等で調べることを一切せずに、いきなり観た方が良いと思います。

    ユーザーID:1375571007

  • 最近ではこれ

    「君の名前で僕を呼んで」

    ユーザーID:9106265301

  • 「ある日どこかで」

    クリストファー・リーヴとジェーン・シーモアのタイムスリップラブロマンスものです。

    昔テレビで見て号泣しました。しばらく心に二人の面影が離れませんでしたね。スーパーマンのイメージが強いリーヴが、こんな素晴らしい演技をするんだと驚いた記憶があります。どこまでもエレガントで美しい映像、曲もとても美しいです。私の中ではベスト1の名画です。

    ユーザーID:7028838830

  • とても興味深い

    「チョコレート・ドーナッツ」
    「バジュランギおじさんと小さな迷子」←既に出ていて嬉しいです
    「92歳のパリジェンヌ」
    「僕のバラ色の人生」
    「嫌われ松子の一生」
    「神と共に」

    涙腺が弱いのか、結構簡単に泣いてしまいますが、「あれは泣いたな〜」って覚えているものは少ないですね。恋愛物では一切泣かないのですが、親子物や、恋愛や血縁関係抜きにした人間愛なテーマに弱いです。

    みなさんそれぞれにグッとくるポイントが違うんだなぁと、読んでいて楽しかったです。

    ユーザーID:5442978999

  • 40年くらい前の映画

    「キタキツネ物語」です。
    どうも、動物ものは泣けてしまいます。

    ユーザーID:2264887481

  • リトルドラマーボーイ

    古典アニメ系に弱いです。
    古い人形アニメのリトルドラマーボーイ。ラストシーンでのウィーン少年合唱団の歌声にたまらず、毎回号泣です。人の悪い夫は、そんな私を見てニヤニヤ。
    手描きイギリスアニメのスノーマン。空飛ぶシーンで毎回号泣。

    その他の映画では、ダンサーインザダークとパンズラビリンスが暗くて切なさひとしおでした。

    ユーザーID:4496855681

  • 出だしから泣きそうになります

    「永遠のゼロ」ですね。

    戦死したお爺さんの戦友を訪ねて行きますね。
    戦友が生きているって事は、訪ねる孫のお爺さんのお陰なわけですよね。

    この事実だけで泣けて来ます。

    ユーザーID:0891727853

  • モフモフ

    「ルーム」です。部屋の外に世界があることを知り、部屋を出て、初めて世界を見た少年の目線の撮りかたが、すごくうまく伝わってきて、泣けます。宣伝コピーの、「はじめてまして、世界」(だったかな)それを見てからどういう映画なのか、興味がありました。映画の冒頭、30分位は、状況が分からないようになっています。少年目線なのです。最初は、映画館で、2回目は携帯で見ました。

    ユーザーID:5720656108

レス求!トピ一覧