泣ける子どもの歌 何がありますか?

レス25
(トピ主1
お気に入り19

生活・身近な話題

三児の母

最近、Eテレ「みいつけた!」で恒例の
「グローイングアップップ」が歌われるようになりましたね。
もう、この曲を聞く季節なのね…と家事をしながら聞いています。
そして、歌詞の意味を考えていると
朝から胸がジーンとしながら涙腺が緩くなります。

子ども向けの歌で泣ける歌、みなさんは何がありますか?

ちなみに他には
「はじめの一歩」
「ドキドキドン 一年生」

卒園、入学をテーマにした曲が
我が子たちの成長と重なって泣けてきます。

ユーザーID:0071496761

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • きっとしあわせ

    子供の成長、夫婦のありかた、それで何回聴いても泣けるのがこれです。

    しゅうさえこさんの「きっとしあわせ」

    一度、カラオケで歌おうとしてもう最初の出だして泣けて歌えませんでした〜。
    子供向けの歌かどうかわかりませんが、昔、NHKの子供番組で、優しいイラストと共に流れていた記憶があります。

    ユーザーID:8543259515

  • 息子が「悲しい」と言った

    私が泣いたのではなく、息子が涙ぐんだ歌があります。

    「十五夜お月さん」です。

    童謡やわらべ歌を、息子にはたくさん聴かせて、一緒に歌って子育てしました。
    当時はカセットテープでしたけど。

    この「十五夜お月さん」はまずメロディが寂しい感じですよね。
    そして歌詞も泣けます。

    ラストの
    「十五夜お月さん 母さんに も一度私は 会いたいな」の所で、


    「お母さんに会えたかなあ」と息子、ポツリ・・

    今も忘れられない歌です。


    そんな息子も30代。
    パパになりました。

    息子が大好きだった歌
    「乗り物集まれ いろんな車 どんどん出てこい 働く車〜」
    は、今、孫の一番のお気に入りです。

    ユーザーID:1920300930

  • ぼよよん行進曲

    だいぶ前の「おかあさんといっしょ」で歌われていた曲です。
    明るい曲調ですが、聞くたびに胸が熱くなります!

    ユーザーID:3242736020

  • 思い出のアルバム

    いーつのーことーだかー、思い出してごーらーん〜…

    今聴いても泣けてきます…

    ユーザーID:3492477171

  • 一度は聞いて欲しいです!

    ご存知の方も多いと思いますが、「おかあさんといっしょ」の「ぼよよん行進曲」です。

    歌詞をよく読んでみると、とても前向きで大人でも元気になれるようなメッセージが込められています。

    受験生にもいいですよ!

    ユーザーID:5438227982

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 二曲あります

    「虹」(ラララ虹が虹が〜)
    「ビリーブ」(いま〜未来の〜扉を開けるとき〜)

    です。

    ユーザーID:8960654957

  • 小学校の卒業ソング

    「最後の一歩 最初の一歩」

    わが子たちの出身校では、卒業する6年生が合唱する曲です。

    歌詞もいいですが、ぜひ子どもの合唱の動画など探して聞いてみてください。
    何度聞いても泣けます!

    ユーザーID:0621390236

  • ムシキングの曲

     kiroroの『生きてこそ』

     小さい頃、息子が見ていたアニメのエンディング曲だったと思うのですが。
     
     この曲が一番に浮かびました。

     kiroroの曲が好きで、手を止めて歌詞を意識して聞いたら涙ボロボロ。

     普通は滅多に泣きません。

     息子じゃなくて、娘の結婚式で流れたら間違いなく夫は泣きます。

     

    ユーザーID:4944695008

  • 大きな古時計

    この歌、大好きです。
    3番の「お別れの時が来たのを皆に教えたのさ。天国へ昇るおじいさん、時計ともお別れ」の歌詞で涙腺が崩壊します。
    何回聞いても泣けます。

    ユーザーID:6765655855

  • 泣けてくる童謡はたくさんある

    今年著作権の消滅した「グッド・バイ」では「三匹生まれた犬の子も、よーそへあげたらグッドバイバイ」というところは、昔から泣けてくるところだった。

    「十五夜お月さん」をあげられた方がいらっしゃってうれしい限りである。昨今は親も子供も童謡を知らなくなってきているから。ときおり現在市販されている子供向けの曲集を拝見することがあるのだが、気のせいかもしれないが内容が悲しい曲だと排除されているという感じがして(同じ作詞作曲者の「七つの子」も「赤い靴」も入っていない)それはおかしいんじゃないかと思うのだがどうだろう。

    大正時代の童謡には、ひとり親また両親ともいない子供の歌というのが結構多かった。

    どうか、暗いから、さびしい歌だからといって子供に聴かせることを避けるというようなことだけは絶対にやめていただきたいものである。

    ユーザーID:5603118068

  • さよならぼくたちのほいくえん(ようちえん)

    もう高2の息子の卒園式で聞いたときもう号泣でした。

    'たくさんの毎日を ここですごしてきたね
    なんど笑って なんど泣いて
    なんどかぜをひいて'

    息子が2才のとき夫の仕事の都合で地方から東京に引っ越してきて、専業主婦から就活しフルタイムで仕事しながら誰一人知り合いのいない東京で子育て…環境が激変して正気を失いそうなほど忙しい毎日を急に過ごすことになりました。
    保育園の先生や同じクラスの保護者の方々に励ましてもらいながら必死にやってきて、卒園式で聞いたこの曲で涙腺が崩壊しました。

    子どもの曲というより親のため曲かもしれませんが、これを越える曲はありません。

    ユーザーID:0947641600

  • みんなのなかへ さんへ

    おっしゃること、その通りだと思います。

    私の子供は「十五夜お月さん」でしたが、その昔、私自身は母が歌ってくれた「叱られて」がとても悲しくてね。

    それでも大好きでした。
    だから、よく母にリクエストしましたよ。

    寂しい、悲しい、だからイヤだ、という訳ではなく、子供の心に響く何かがあるのですね。
    それで、何度も歌ってほしくて、せがんだのでしょう。

    「グッドバイ」も懐かしいです。
    子供の頃、やはり母がよく聴かせてくれました。

    ユーザーID:1920300930

  • みんなのうたの

    小さな木の実

    私も幼少時父を亡くしたので聴くたびに重ねていました

    ユーザーID:5020039104

  • ぼよよん

    ぼよよん行進曲は泣いちゃう。
    あと、虹。
    に〜わのーシャベルがー
    の下りでどうしても。。。

    ユーザーID:7892171193

  • 「みんなおおきくなった」

    娘が保育園の卒園式で最後に園児20名が合唱したものです。
    保育園での年月をここまでシンプルな言葉で綴った歌詞はないと思います。
    この手のことで滅多に涙を流さない私でも胸にこみあげるものがありました。
    保育園の卒園式でこの歌詞は「反則」でした・・・ね。
    子供は先を見ているので、卒園式で全く感傷的にならないことを知りました。
    感傷的になるのは親ばかりです。

    ユーザーID:0935278542

  • 「花の街」「歌を忘れたカナリア」など

    日本の童謡は泣ける歌が多いですね〜。
    「花の街」は三番が特に泣けます。一人寂しく泣いていたよ〜という最後の所は悲しくて声が出なくなります。
    「歌を忘れたカナリア」は虐待された子のニュースを思い出して、悲しくなります。
    「シャボン玉」も生まれてすぐに壊れて消えた・・・悲しいですね。
    「雨降りお月さん」も唐傘無いときゃ誰と行く、シャラシャラシャンシャン鈴付けた、お馬に揺られて濡れて行く〜・・・泣けます。
    ずっと歌い継ぎたい童謡ですね。

    ユーザーID:3240800726

  • こんなに大きくなったんだ

    息子の卒園式で、泣いた。

    ユーザーID:2371904919

  • シャボン玉

    童謡の「シャボン玉」です。

    子供の頃はなんとも思わなかったのですが、大人になって歌詞の意味を知ってからは聴くと泣いてしまいます。

    ユーザーID:3818843264

  • しゃぼん玉

    以前何かで、作詞者が夭折した娘の事をしゃぼん玉に見立てて歌詞にしているという話を聞き、以来聞くと泣けます。
    同じく童謡「赤い靴」も、近年の研究でモデルになった女の子が判明し、異人さんに連れられて外国に渡ったのではなく、途中で病気になり横浜の病院で独り孤独に亡くなったという最期を知ってからは、以前以上に物悲しくて泣けます。

    ユーザーID:5140322690

  • 子どもの歌

    というカテゴリーに入るかどうかわかりませんが、子どものことを歌った内容ということで言えば、私が泣けるのは「七里ガ浜の哀歌(真白き富士の嶺)」です。
    特に2番の歌詞にはどうしても涙が出てしまいます。

    ユーザーID:6054968674

  • 子供たちの歌声は、とても癒されます。

    クリスマスに、キリスト教の幼稚園や保育園で、園児のみんなが歌う、もろびとこぞりて、きよしこの夜、神の御子は、ひいらぎ飾ろうもジーンと来ますね。かつてヤクルトスタッフだったころ、営業した地域にキリスト教の幼稚園があって、クリスマスに近い日に園児たちが教会のパイプオルガンに合わせて練習しているのが聞こえました。そして今、自宅の地域の学区の小学生たちの発表会で、一年生から六年生までの歌や合奏を聴く機会がありますが、どの学年も一生懸命頑張ってます。何年か前の三年生が、広島の原爆を題材にした、ちいちゃんのかげおくりの朗読と合唱は、まるでミュージカルを観ているみたいでした。ちいちゃんのかげおくりは、先月亡くなった女優の市原悦子さんの朗読と歌でお馴染みですが、この時の三年生の児童のみんなも、素晴らしかったです。広島に原爆が投下されて、ちいちゃんは、お母さんとお兄ちゃんとはぐれてしまいます。焼け野原となった町で、ようやく自分の家にたどり着いたちいちゃんは、誰もいない中、家の倉庫に備蓄されていた干し米を食べて、お母さんとおにいちゃんを待ちますが、やがて亡くなります。そう、ちいちゃんは天国のお父さんとお母さん、お兄ちゃんのもとへ行ったのでした。何とも悲しい物語を音楽に乗せて届けるという演出でしたが、感動しました。私自身が広島県在住で、小学生の時から広島の原爆の悲劇を学んで来たので、余計に心に来たのですが、他に挙げるとしたら、阪神淡路大震災の時に作られた、幸せ運べるようにも、いいですね。歌手の島谷ひとみさんも歌ってますが、小学生の児童たちが歌っているのもいいですね。卒業ソングなら、この地球のどこかで、ありがとうさようなら、学校坂道です。

    ユーザーID:5875268006

  • パフ

    子どもが小さいころ、おかあさんといっしょで聞いて、大好きになりました。

    元々は、「Puff The Magic Dragon」というフォークソングです。

    年を取らない竜パフと親友の少年の、やさしく切ない歌。泣けます。

    ユーザーID:3642520334

  • エレファン

    「みんなのうた」で聞いた「エレファン」という曲が、めちゃくちゃ泣けました。子象のために母象が死んでしまうという内容なんですが、当時5歳だった娘も泣きながら聞いていました。その曲はかなり強烈な印象を残したようで、中学生になった今でも忘れられないそうです。
    私は、子供向けなのに、なんて悲しい曲なんだろうと思った一方で、娘がそれに共感して泣く姿を見て、娘の心の成長を感じた一曲でもありました。

    ユーザーID:3208137078

  • ありがとうございました。

    みなさん、それぞれ泣ける曲があるのですね。

    その中で以外だったのが、「ぼよよん行進曲」
    「おかあさんといっしょ」で流れている曲ですよね。
    題名を聞くとサビの部分はわかるのですが、
    そんなに胸が熱くなる歌詞だったとは!
    今度、きちんと聴いてみます。

    他にもたくさんお返事を頂き、ありがとうございました!

    ユーザーID:0071496761

  • いいですね

    ららら様 私も「小さな木の実」はよく歌いながら泣いてしまいます。歌詞とメロディーが上手に絡み合っていて・・・。

    このあたりはまだ出ていないかしら。
    「浜千鳥」青い月夜の浜辺には 親を亡くして泣く鳥が・・・
    「モズが枯れ木で」2番 兄さんは満州へ行っただよ 鉄砲が涙で光っただ・・・

    「小さい秋みつけた」も、病床の子供のくだりなど、昔のことで病人は暗い裏の部屋に寝かされて、あまりお世話もしてもらえなかったんだろうと感情移入してしまいます。

    以下の2つは子供が出てくるだけで、子供の歌ではないかもしれないけれど、
    「チコタン」ガールフレンドを交通事故で亡くす小学生の話
    「チューリップのアップリケ」離婚で会えなくなった母親に呼びかける娘の歌

    おなじみの「ドナドナ」
    みんなのうたで聞いた「子犬のプルー」シリーズの2曲、いなくなった愛犬への歌ですね、
    などが思いつきます。

    あと子供の頃聞いた、これもみんなのうただったか、題が思い出せないのですが、
    売られた親豚を追って、逃げた(家出?)子豚の歌で、歌詞が可哀想すぎて、小さい子ながらに泣けました。
    最後だけは少し優しげな歌詞が付け加わるのですが、それでも、明日になれば「誰かが拾ってくれるだろう」程度で、親に会う望みなんかゼロ。本人も今後は金輪際居所がなく、天涯孤独みたいな感じで。

    ユーザーID:3070460902

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧