家計診断をお願いします。

レス25
(トピ主7
お気に入り80

生活・身近な話題

フッフー

40代前半のフッフーです。
我が家は手取り収入は結構ありますが、月々から全く貯められません。(貯金はボーナスのみです)
ローンもまだ1000万円ほど残っており、教育費もかかるため、どのように節約したらいいかお知恵をお貸しください。

夫婦+小学生2人

収入(手取り)44万

支出(ある月)

食費     60000
外食     22000(誕生日のお祝いあり。普段1万円)
医療費     23000(検査が重なって。普段は0円から5000円)
日用品     11300
教育費     51400(発表会費があり。普段は4万円。通信講座×2人、ピアノ、オンライン英語×2人)
娯楽     6800
交際費     8500(親関係や友達とのお付き合い)
ガソリン    4500
光熱水道費 25000
通信     10000
ローン     100000
保険     60000(3万は教育費積み立て、2万ちょっとは生保+医療の掛け捨て、残り車)
固定資産税+車の車検 27500(月割)
帰省     16800(年2回の帰省費を月割り)
夫小遣い 10000

計画436800円

この月は医療費と外食費と教育費が緊急出費でしたが、毎月のようになにかがあり、ほぼ余さず使ってしまいます。

みなさんならどのように削りますか?

ユーザーID:5911585760

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 削ると考えるのではなく

    お子さん用に積み立てをしてはいかがですか?
    毎月、3万円ほど臨時で出費しているんですよね?
    じゃあ、1万5千円ずつ、積み立てすれば「無いお金」となるのですから、使いようがありません。

    どうしても、臨時に出さねばならないお金があった場合は。
    私なら外食しません。
    小学生に5万円も教育費をかけません。
    親との交際費は親に出してもらいます。
    (もちろん、将来、子どもとの付き合いにお金がかかるのなら、こちらが出します)

    本当にお金がかかるのは、子どもが大学卒業するまでで、子どもたちが就職したら、一気に楽になりますよ。

    出て行くお金が、今度は入ってくるようになりますからね。

    ユーザーID:2900617532

  • 「何か」って?

    誕生日の外食費 12000円
    医療検査費   18000円
    発表会     11400円

    たまたま高くなった要因ですが、合計で40000円程。
    これが毎月「何か」があってほぼ使い切ってしまうというのが解せません。
    その「何か」を無くせば、毎月4万は貯金できるという事ですよ。
    「何か」って何ですか?まずその何か分からないけど消えてる4万円をキッチリ把握する事です。


    ・食費と日用品で6万に。
    ・娯楽費と交際費は合わせて1万円程度に。(親戚や友達との付き合いに毎月8500円は多すぎです)
    ・年2回の帰省を年1回に。もしくは隔年で2回の年と1回の年で交互に。
    ・習い事は絞って2つに。(通信講座はちゃんと役に立ってますか?惰性で続けてるなら辞めましょう)

    お子さんは小学校低学年でしょうか?高学年〜中学で(公立か私立化にもよるけど)塾の必要性も出てきますよね。
    できるだけ小学校の内に遣わず貯めておく事です。中学以降はドンドン出て行くばっかりになりますので。
    旦那様がお小遣い1万円で可哀想です。とても頑張ってらっしゃるのに、奥様は、、、何に毎月そんなに使ってるのでしょうね?
    専業主婦なのかパート代含めの手取り44万なのか分かりませんが、使い過ぎですね。

    ユーザーID:9013600854

  • お稽古事と保険と車かな・・・

    どこか明確に贅沢や浪費している家計には見えませんが、
    もし削るとすれば、以下の3点かなと思います。


    1.お稽古事を絞る

    →収入に対して、ちょっと多い・金額が高いかなと感じます。
    子供たちの進学の希望は分かりませんが、一般的には高校以上の
    高等教育費が高額になると思うので、私であれば毎月2〜3万程度を
    保険での教育費とは別に積み立てると思います。
    使わないように給料天引きがベストです。


    2.生保+医療保険

    →どのような補償内容か分かりませんが、少し高額な気がします。
    子供2人がいるので、生保は必要ですが、
    ある程度まとまった金額の貯蓄があれば、
    高額療養費制度があるので
    医療保険は最低限で大丈夫だと思います。


    3.車を手放す

    →住んでいる地域が分かりませんが、車がなくても公共交通がある程度
    使えるなら車を手放すとかなり楽だと思います。

    車両代、ガソリン、洗車、保険、税金、車検・・・と車は金食い虫です。
    我が家は今はないと生活できない地域なので1台所有していますが、
    ある程度公共交通がある地域に転勤すると手放します。

    生活に不便な地域であれば無理かと思いますが、


    あと貯蓄とは別に、臨時出費用の貯金を作っておくといいと思います。


    参考になるかわかりませんが、やりくり頑張りましょう〜

    ユーザーID:3590141318

  • イベント費等

    誕生日や発表会は予定がわかっているのですから、固定資産税+車検代や帰省費用のように月割りで用意しておけば、その分は緊急出費にはなりません。

    誕生日の外食費が+1万2千円なら、ご家族4人で年間4回合計4万8千円、月に均せば4千円です。
    今回は書かれていませんが、クリスマスも含めプレゼント代が要る月もありますよね。

    発表会で毎年1万2千円必要なら月に均して1千円、毎年2回の発表会なら毎月2千円です。
    発表会となれば衣装などの出費もあるでしょうし、そもそも被服衛生費がこの月にはありません。

    一度に2万3万とでていくと、生活費の中では大きいように感じますが、事前に確保してあるなら安心して出せるし、予算も決まっているので無駄遣いが減らせます。

    また、小学生のお子さんがいらっしゃるなら、インフルエンザをもらってくる(お子さんは医療費無料でも親にも感染するかも)などは予想の範囲内でしょうから、医療費も毎月ある程度積み立てておけば、使わなかった分は貯金に回せます。

    そのように考え、ここまでを毎月の生活費に組み込んでおけば、本当の緊急出費はほとんど無くなるし、管理もしやすくなると思います。

    ところで、ご主人様はお小遣い1万円で、ご不満は無いのでしょうか?
    ボーナスが十分にあるなら、貯金はボーナスだけと割り切っても良いかもしれませんよ。

    ユーザーID:2335729355

  • 夫は働けど働けど小遣いこれっぽっち

    経済評論家によると、
    妻のお小遣いを決めない家庭は貯金が貯まらないそうです。
    きちんとお小遣いを決めないと、
    色々な支出の中に妻のお小遣いが紛れてしまうそうです。
    実際に妻の使った費用を計算してみてください。
    それにしても、夫のお小遣いが1万なんて少な過ぎます。
    子供の習い事代より父親の小遣いが少ないなんておかしいですよ。
    外食と教育費を抑え夫の小遣いを4万円にするべきです。
    40代でたった1万のお小遣いだなんてありえないです。
    それなりの年収があるのに、働く意欲がそがれますよ。

    夫に対する経済DVだと思います。

    ユーザーID:5556689524

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • フッフーです。

    お返事ありがとうございます。
    なるほど、、いただいたレスをまとめると、
    ・教育費が高すぎる
    ・外食費が絞れる
    ・掛け捨ての保険代が高い
    ・イベントを積み立てる
    ですね。
    教育費、再考してみようと思います。ピアノのお月謝は高いと感じていて、発表会あとに変更しようかと思っていました。テクニックのある良い先生ですが・・・。
    通信は子供自身がやりたいといっているので(小3・小6)続けさせたいです。
    また、保険代についても考え直したほうがいいかもと思い始めました。
    イベント積み立て、、確かに。でも月割りにしても出費を減らさないと解決にならないですよね。。

    ちなみに今回の
    娯楽費は、家族で山登りをして4000円、地元のバスケの試合が親が無料で当たったので、子ども2000円でした。

    交際費は1年に1度の学友とのランチと、義母が熱を出したのであれこれ詰めて送ってあげた、親しい友達の子供の中学合格祝いなどです。

    ほかの月では、家族の被服費、親戚のお祝い金、両実家への中元歳暮、親しい家族との集まり、家族の誕生日、クリスマスプレゼント、たまにわたしの欲しいキッチン用品などでした。親たちは家にも少しお金をだしてくれているし、できるだけしてあげたい気持ちはあります。

    ユーザーID:5911585760

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • フッフーです2

    ちなみに主人の小遣いですが、我が家では明確に小遣い制ではなく必要な時に渡しています。不満は全くないようです。主人も浪費するほうではなく、都合上ならすと月このくらいかなと家計簿に入れています。主人のものは家計から揃えますし、私自身は月に1万円も自分のものには使っていません。お互いに一緒に外食など家計から出す家族のイベントで楽しんでいます。

    貯金は実はわたしのパート代5万円で別に緊急費として貯めてはいます。(昨年末はこれで子どもがどうしても行きたがったアミューズメントパークに行けました。)でも、これだけ手取りがあるなかでなんとかできないといけないと思い、ほかのかたのやり方を学ぼうとトピックを立てています。

    ユーザーID:5911585760

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • フッフーです3

    それから、さとさんのご指摘の車ですが、やはりこの地域だと必須になります。
    せっかく教えていただいているのに、あれこればかり言ってすみません!
    ですが、みなさんの厳しい目でみてもらえるので、発言小町って良いシステムだなと思います。

    ユーザーID:5911585760

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • わかりにくい

    どれもこれも辞めれないなら収入を増やすしかないと思います。
    あなたが5万ではなく扶養ギリギリまで働き、それは手をつけなければ貯まります。
    後、私が1番ダメだなと思ったのは必要な時に渡すシステム。
    このあやふやな管理が家計管理をダメにしているような気がします。
    お小遣いの範囲内でやってもらえれば予算との差がなくなります。
    もちろん少ないならもう少し増やして、その代わり足りなくても渡さない。
    後、主さまはお小遣いはなく月に1万も使ってないと書かれてますが化粧品代とか美容院代は?
    これが別項目で出てきたら、また更に管理がややこしくなります。
    主さまのお小遣いを別途もうけて、その範囲内でやっていくのがシンプルです。
    主さまの家計簿をみたら、この月だけ!と書いてる項目が多いです。
    この方法だとなかなか管理しづらいと思います。
    後は皆様が書かれているように、外食費、習い事が多いですね。

    ユーザーID:8492101962

  • フッフーです4

    ご指摘があったように、昨年1年の緊急出費を洗いなおしたところ、やはりものすごーく使っていることに気づきました。合計60万ほどになっています。

    月にならすと、我が家は+で

    被服費  7500円(最低限のものしか買っていないつもり)
    子ども費 3300円(去年は学習机、浴衣、自転車)
    食費超過 8000円
    外食超過 2000円
    誕生日  1800円
    おつきあい 14000円(友人とのパーティー、中元・歳暮、親との日帰り旅行など)
    特殊な買い物 8500円(クーラー清掃35000円、草刈り機、眼鏡、キャンプ用品など)

    で、月45000円近くいっています。

    〇外食超過と食費超過を気を付けて1万円減る

    に気づいたのですが、ほかはみなさんならどこを減らしますか?

    たとえば、家族単位の友人づきあいで誘われたのを断ったり、まねかれっぱなしもしづらいです。
    いろいろきっとやり繰りしようがあるのでしょうね。

    ユーザーID:5911585760

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • フッフーです5

    お小遣いですが、夫に何度か聞いても、必要な時にもらうから別にいいとのことでした。そんなに使っていないのでそのままでいいかなと思っていました。
    もしもお小遣い制にすると1万円てわけにもいかないので、かえって出費が増えるかな??
    わたしは、美容室は激安のところへ年に3度ほどです。カットで3000円です。化粧品は、ドラッグストアの安物で間に合わせています…。

    ユーザーID:5911585760

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 収入を増やす

    誕生日は外食しないで家で食事したほうが安く済むかも。ちょっといい食材やケーキ買ったとしても。

    妻小遣い(被服、美容・化粧品、交際費など)は家計に紛れ込ませないで、きちんと切り離して管理したほうがいいですよ。

    教育費と帰省費の積立で46800円計上されているので、これは使途が決まっている貯金と言えるのでは。
    交際費8500円だって冠婚葬祭費の予算でもあるのですよね?
    ボーナスは全額貯金に回しているし、現時点ではそんなに悪い家計でもないように思います。

    ただ子供が中学生になれば、帰省費用や食費は大人同様になってくるし、部活始めたら費用(道具、遠征費ほか)もバカになりませんよね。

    今の家計を見直してちまちま節約するだけでは、増える支出をとても賄いきれないでしょう。
    トピ主さんの収入を増やすことになると思います。ご主人は小遣い1万円で頑張ってくれているのですから!

    ユーザーID:8427720226

  • そうですね

    家計は月々の予算と年単位での予算、それと現在の貯蓄額とこれからの貯蓄額(目的と目標額)。
    大雑把ですがこの4つをおさえておけば良いと思います。

    まず、月々に換算するものと年単位で換算するものがごっちゃになっているので、家計としてわかり難いんだと思いますよ。

    他の方も仰っていますが、夫婦のお小遣(たぶん、お子さんのお小遣も項目がないですよね)が決まっていないのも、お金を使っちゃう要因だと思います。

    トピでは「削れるところはないか?」という質問なので、ここでは貯蓄額が主旨ではないのでしょうか?
    そこがあやふやなので、ここで意見が挙がっても結局あれもこれも実はダメなんです…となってしまうのではない?

    貯蓄に関しても、例えばボーナスに手を付けずに生活できれば、トピを拝見する限り、教育費は月3万円必ず貯金できていて、あと本当は主さんのパート代も貯金できると、合わせて月8万、
    そこにボーナス(手取りが良いならボーナスも良いのでは)と合わせたらまあまあの貯蓄額(年単位)になるのでは?と思います。

    ここで一度貯金する目的と目標を設定してはいかがですか?
    それが年単位でクリアできればOKだと思います。

    また、お子さんが中学生になれば家計も変わってくるでしょう。
    消費税も上がり、食費はお子さんの成長で当然上がる。
    塾に入る、部活が始まる、子供のお小遣、子供用の携帯、
    諸々変化していきます。
    家計に帰省費用がありますが、公共機関での帰省ならば小学生料金も終わります。

    究極のことを言うと、生活の質ってなかなか落とせないんです。

    それを考えると、予算決めって大切なんですよね。
    今まで通り「ま、いいか〜。このお金は仕方ないか〜」で使ってしまっていたら、あっという間に赤字だと思いますよ。

    と、偉そうに書きましたが私も「ま、いいか〜」になっちゃう方です。
    お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:3058135537

  • 予算外おおすぎ

    レスも読みましたが、とにかくイベント大好きという印象です。
    誕生日のお祝いで22000円(普通は1万位)ということは、月の予算以上の金額を
    1回の誕生日で使ってしまっているということ。
    4人家族なら、年に4回は誕生日がありますから、かなり大きい数字です。

    さらに、
    >親戚のお祝い金、両実家への中元歳暮、親しい家族との集まり、家族の誕生日、クリスマスプレゼント

    こういうことが多すぎるんですよ。
    ひとつひとつの金額を減らして、スルーできるところはしないと。
    これらを交際費に含まず、別予算にするから見えない出費が増えるのではないですか?

    親に対してなにかしてあげたい....気持ちはわかるけど、今はその時ではありません。
    これから進学したら、教育費がもっと増えます。
    学資保険で賄う以外に、部活のユニフォームや道具などの費用がかかってくるし、
    食費もどんどん増えていくことわかってますか?

    上の子が大学を出るまで、あと10年。
    親孝行はそれからでも充分間に合います。

    あとトピ主さんのお小遣いなし?
    欲しい物は家計から買うというのはどうなんでしょう。
    レスの中にも「わたしの欲しいキッチン用品」とありますが、これを予算外で買うところが甘いです。

    もちろん必要なものなら、家計から買えばいい。
    完全にトピ主の趣味の範囲というなら、本来はお小遣い枠です。
    このあたりの線引きがちゃんとできていないから、管理できないんです。

    予備費として、月にいくらか計上しておいて、予算外の物は必ずそこから出す。
    予算オーバーは絶対にしない位のことをしないと、いつまで経っても浪費は終わらないでしょう。

    ユーザーID:3936872488

  • トピ主が働かないと。。もっと。

    家族四人で、ローンが10万円もあり、習い事も4〜5万円もかかるんだから、貯金なんて無理でしょう。
    旦那さんの手取りも多いとは言えません。。
    トピ主さんがもっともっと稼がないと!

    大学までの費用や、老後の貯蓄も大事ですから、いまから頑張らないとまずいですよ!
    頑張って!

    ユーザーID:9542934738

  • 習い事・外食・交際費かな・・

    うちは手取り約50万で、トピ主さんのところと似たような世帯収入だと思いますが、特に贅沢しているつもりはないのに貯蓄出来ない、というお気持ち分かります。うちもそうだったので・・。

    手取り50万前後の世帯に多いそうなんですが、要するに節約意識があまりないんですよね。足りなくて困るという状況にまで行かないから。
    だから贅沢していないのに、といっても実ははたから見たらそれが贅沢っていうものがたくさんあるんですよ。

    我が家は子ども1人ですし帰省も1時間ちょっとの距離ですのでトピ主さんのところとは出費の部分でいろいろ違う部分も多いですが、
    まず節約意識を持つこと。
    通信費削減
    保険見直し
    サプリ定期便などをやめる
    食品まとめ買いをやめ、必要なもののみその都度買う
    交際費見直し
    旅行は毎年は行かない(超高額の時期しか行けないので)で日帰り旅行など
    など

    子ども繋がりのお付き合いも、小学生ならもう親子同士でお出かけ、もそんなにありません。中には頻繁にあそこ行こうここ行こうとお金のかかる遊びに誘って来る方もいるので毎回その誘いには乗りません。その代わりにお茶など安く済むものを提案します。

    トピ主さんの友人とのパーティ・・毎月やるものなのでしょうか。

    節約意識を持たずにパーティー、旅行、外食、やりたいことすべてやっていたらお金はあっという間に無くなってしまいますよ。

    ユーザーID:9920706426

  • 2回目です。

    やはり、緊急費用が多いですね。
    それ以外の集計が約37.5万にそれ以外に5万かかっていたら貯まらないでしょう。
    更に医療費がかかったらマイナスです。
    でも、月5万という具体的な金額が緊急費用がかかっているとわかっただけ収穫だと思います。
    上手に家計管理をしている方は使途不明金がないんです。
    主様のお宅はこれから家計簿の項目に月5万を特別費(今回は主様がトピ4で書かれている項目と重複してるかもしれませんがトピの家計項目の娯楽費・交際費をいれました)組み込んで予算を決めたらいいと思います。旦那様が必要な時に追加で渡すお小遣いもここに含めて管理したらどうでしょうか。
    後、主様は、最初に年にいくら貯金したいか決めてますか?
    その金額をボーナスと月の貯金額にわりあてて先に貯金口座に給料日に先に振込ます。
    だから、足りない場合は、何かを我慢します。
    食費も週割にして管理して財布にその金額しか入れてないと足りない時は何かを我慢します。
    外食も足りないなら行かない。食費が足りないなら外食費から回したらいいと思います。
    貯めている人はどこかで我慢していると思います。
    我が家の場合は週に使える金額を決めて、それを金曜日に財布に入れて、その金額内で使うようにしています。
    細かい管理が苦手なんで、食費、日用品、外食、交通費、固定費以外にかかる項目全てまとめて、やりくり必要として管理してます。
    後、事前にわかっている誕生日や高額なお出かけは特別費を組んでます。
    誘いがあるなら、予算を立てる段階で特別費の範囲内なら行く。厳しいようなら次月にまわす。
    今月は忙しいから来月でもいいかな?と断ればいいと思います。
    それができないなら、あなたが収入を増やせばいいと思います。

    ユーザーID:8492101962

  • んー全体的に贅沢かなぁ

    食費も高いし光熱費も高いし
    車必須って言うほどガソリン代使ってないし
    節約しないで使ってるイメージ。

    カット3000円はそんなに安くないです。
    1000円カットもある時代なので1000円以下なら激安。

    うち3人家族、ガソリン代月2万含めて月支出20万に臨時出費が年20万でいけてます。家計簿つけてますよね?収支が見にくいから家計簿の意味が無駄になってるような。

    ユーザーID:1051371600

  • いや、諦めましょう。

    >>昨年末はこれで子どもがどうしても行きたがったアミューズメントパークに行けました。
    >>たとえば、家族単位の友人づきあいで誘われたのを断ったり、まねかれっぱなしもしづらいです。

    お金を貯める方法は2つしかありません。
    出費を減らすか、収入を増やすかです。

    でもね。

    トピ主さんはその2つを頑張っても、やっぱりお金は貯まらないと思います。
    なぜなら「あるだけ使ってしまう」から。

    子どもが行きたいと言えば、へそくりを出してしまう。
    友だち付き合いのほうが家計管理より大事。

    それでは、どうにもなりません。

    >>もしもお小遣い制にすると1万円てわけにもいかないので、かえって出費が増えるかな??

    この思考の大元は「小遣い」は「家計とは別」ですよね?
    違います。
    今、家計から出している「夫さんとトピ主さんが個人的に使っているお金」を別にしてみましょうってことです。

    だから出費は増えません。
    何に使っているのかがはっきりするだけです。

    レジャーに使いたいのなら「レジャー費」を別枠で取って貯めておくんです。
    貯金するつもりでいたお金をレジャーに注ぎ込んでいては、いつまで経っても貯まりません。

    もう、節約は諦めたほうがいいです。
    もし、お子さんたちが高校や大学に行きたがったら「奨学金を借りなさい」と言えばいいんです。

    ユーザーID:2900617532

  • フッフーです6

    アドバイスありがとうございます。
    みなさんのお言葉が耳に痛いです。

    年間の緊急出費を予算に組み込んで昨年の収支を出してみました。

    食費 68000
    外食 12000
    医療費 5000
    日用品 12200
    被服費 7000
    子ども費 3400
    娯楽・教養 13750
    教育費 41500
    交際費 21167
    ガソリン    4500
    光熱水道費 25000
    通信     10000
    特別費 15500
    ローン     100000
    保険     60000(3万は教育費積み立て、2万ちょっとは生保+医療の掛け捨て、残り車)
    固定資産税+車の車検 27500(月割)
    帰省     16800(年2回の帰省費を月割り)
    夫小遣い 10000

    計:453300円

    うーん、かなり使っていますね。。
    ということで、

    〇食費・外食費を予算から出さない
    〇教育費を削減
    〇交際費削減
    〇子供が中学に入り次第フルタイム検討
    〇家計が逼迫している認識

    ということで考えていこうと思います。

    ちなみに昨年のテーマパークも散財する人という印象だと思いますが、これはひとかけらも後悔していません。こどもたちがすごくはまった映画がテーマだったので、行きたいあのときにしかなかったので、行ってよかったです。家族みんなでものすごく楽しみ、働いていてよかったーと思いました。
    支出は減らしたいですが、モノよりコトにお金をかけたい気持ちは変わりません。

    もしもまだアドバイスありましたら、またご投稿ください。

    ユーザーID:5911585760

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 貯められない方ですね。

    トピ主さんが収入を増やすことで、まるまる増えた収入分余裕が出るパターンではない方だと感じました。

    細かく費目に分けていますが、私ならば娯楽と交際費は一くくりにします。その上で予算決めをしますが、3万以上も見積もりません。

    その他にさらに特別費…。

    すべてにおいて余裕を持たせた予算にしてあり、旦那様の収入を使いきる設定の上で決めるのではダメだと思います。

    旦那様の収入から月いくら貯蓄に回すと決めてから、その額をさっ引いた金額で予算を立てるんです。

    あれも必要、これも必要で計上したら結局残りがなくなるのは当然で。

    個人的な感想としては、5万のパート、小学生の子どもでその食費(外食含めて8万)は高い印象。しかも、そこは削れない。
    我が家(東京在住)はトピ主さん宅より収入は多いですが、生活用品(洗剤等)購入分含めてももっと低いです。ひもじい思いも特にありません。

    要するに今の生活レベルは下げたくないんですよね。
    だから収入を増やそうと。

    でもね、トピ主みたいな方は時間的に今より格別に余裕がなくなるフル勤務になったらおそらく食費は格別にもっとかかりますよ。忙しくなってお金で済ませられることはお金で解決するでしょう。

    結局、収入が増えたところで何も変わらない。
    増えた分だけ何かに使ってしまうタイプかと。

    今の収入でレベルを下げられないならそういうことだと思いますよ。

    >支出は減らしたいですが、モノよりコトにお金をかけたい気持ちは変わりません。

    節約で我慢ばかりの生活はストレスが溜まりますね、その節約加減をうまく調整しながら皆さんやりくりしているのだと思います。

    しかし節約より娯楽が重要と開き直るならば、今を存分に楽しんで生きればいいと思います。

    ユーザーID:5876937966

  • 本当に節約したいの?

    ちなみに昨年のテーマパークも散財する人という印象だと思いますが、これはひとかけらも後悔していません。

    ↑楽しい思いをして満足した結果、貯蓄が出来ない。けれど後悔なし。

    ならいいじゃない、現状のままで。

    あれに掛けすぎ、これをしてたらダメと指摘されてもあなたにとってはすべて必要な経費なんでしょう?

    なぜレスを求めているのか理解に苦しみます。

    それでも貯蓄したいなら毎月決まった額を貯蓄用口座に振り込みされるよう銀行で手続きしたらどうでしょう。
    あれば使ってしまう人にはいいと思います。

    ユーザーID:5800014178

  • フッフーです7

    わかりにくくて申し訳ありませんが、6のレスで書いた内容は、去年の実績の支出まとめです。
    なので、予算というわけではないので、今後もそのままいくわけではありません。
    また、何を書いても響かないというふうに書かれていますが、みなさんの意見をもとに、

    〇食費・外食費を予算から出さない
    〇教育費を削減
    〇交際費削減
    〇子供が中学に入り次第フルタイム検討
    〇家計が逼迫している認識
    という方針が決まってきました。

    お小遣いも悩みますが、月々の金額を決めてやってみようかなと思います。

    たとえばミントさんや、まなさんのご意見など参考になるものも多く、おかげさまで世間一般の家計感やどこに意見が集中しているかがわかりました。

    このトピはここで締めさせていただきます。
    前向きな意見をくださったみなさま本当にご協力ありがとうございました。

    蛇足ですが、テーマパークについて考えを書かせてもらいます。
    我が家はまったく貯金がないわけではありません。
    今回のトピのテーマは、貯金がないというよりは、月の出費が多いのでどこを削れるかということで、ボーナスは手付かずで貯めています。(夫の職業は安定しています)
    その中で、子供が喜んでついてきてくれているうちは、多少の無理をしても行く価値があるかなと思っています。また、最近始めたわたしの仕事の収入がなかったら思い切っていけなかったかなと思っていたので、ちょっと誇りに思って??書いてしまったんですよね。余計な情報でしたね…。

    それでは、みなさまの家計にも良い風が吹きますように!
    ありがとうございました。

    ユーザーID:5911585760

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • お金の後悔は老後に来るんですよ

    テーマパークに行ったり外食したりしても、ちゃんと理想通りの貯蓄ができているなら問題ないんです。

    トピ主さんは「後悔してません」って書いてるけどその判断は早いです。
    お子さんたちの教育費を払い終わり年金しか収入がなくて貯蓄を崩しながらの生活を続けた上で「自分のお金の使い方に後悔はなし」って判断出来るのです。
    お金の後悔は老後に来るもんですよ。
    まだ教育費の鰻登りも未経験なのに、何も語れないじゃないですか。
    後悔は先に立たない。それを忘れないで下さい。


    トピ主さんみたいな人は、いついつまでにいくら貯めないといけないか?を年表形式にして計画するべきです。
    毎月学資を三万貯めてそれがいつの時点でいくらになるのか、住宅ローンはいつの時点で繰り上げ返済するのか?それはいくらか?
    車はいつ買い換えて予算はいくらか?
    子供の大学進学時にいくら用意するか?
    定年には最低3000万貯められるか?

    このような「家族のイベントに用意するお金」を年表に書き、絶対に貯めないといけない年間貯蓄額を計算して求めます。
    それで"使える額"が必然的に決まってきます。

    この"使える額"から、まずは生活するのに必要なお金から順に充てていって、余った分がレジャーなど優先順位が低いものに使えるお金となるのです。

    ユーザーID:8600925532

  • まさかの先取貯金

    家計診断を必要とするのは、
    主に本当に家計がギリギリの場合で、
    (減らさないと生計が回らない位)
    トピ主さんの場合は最低限の衣食住以外の
    お金と対価のバランスの話なので、
    「自分で取捨選択するかしない」の世界と思います。
    (5万円節約するためには、習い事と外食の
     一部を削ればいいけど、そうする必要もない)

    まず現在の収入について
    >結構あります
    という認識があり、結構な精度での「何に使ったか」の
    情報も残っているようなので、家計管理は充分と思います。
    トピックの中ではボーナスおよび結局1年で幾ら(何円)
    貯金できたかの話が出ていないようですが…。

    月の話で行けば、月で貯金ができないことを
    気にしているのであれば、実質保険のうち
    3万円は貯金だし、固定資産税、帰省費用は
    毎月ではなくてボーナスで出すと考えれば、
    44万円のうち7.5万円は生活費に消えているのでは
    ないのでそんなに危機的でもないのでは。
    (年額で見ると同じの数字のマジックですが)

    最低限幾らで生活できるかでは
    住宅 10万円
    食費(外食含む) 7万円
    その他 5万円
    (子供の教材や洗剤等日用品、社会生活上
     必要な交際費、等)
    水道光熱費・ガソリン・通信 4万円
    お小遣い 5万円(家族4人分)
    で計35万円分位になると思います。
    ここにはトピ主さんが教育費・娯楽行楽費と
    思っているものが入っていないということになり、
    同じ家族構成でもっとシビアに家計を回している
    家庭も多いと思います。

    トピ主さんが月で幾ら貯金をするのが適正と
    考えているのか不明ですが、ここは初心に戻って
    (トピ主さん家庭ほどの収入があり、
     家計管理のセンスもあるのに)
    意外にも先取貯金はどうでしょうか。
    上限に来たから外食を辞めるか、歯医者を来月に
    伸ばすか、子供の行楽を宿泊なしにするか、
    などから選択するというような。

    ユーザーID:5841679085

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧