現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子どもの成長を感じる時

編集部
2019年2月28日 9:00

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「子どもの成長を感じる時」
いつも一緒にいると、いつまでも幼いと思っていた我が子の成長を感じられる時は少ないかもしれませんが、ふとした時に「成長したなぁ」と実感する時もあると思います。「翌日の学校の用意を言われなくても自分でやるようになった」「自分から英語を勉強する塾に通いたいと言ってきた」「自分のことだけでなく、回りの人にしっかり気を配れるようになった」などなど、思わず「頼もしい!」と思ったエピソードを教えてください!

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:2644197371  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本


タイトル 投稿者 更新時間
中一時代/姉妹揃って
消えた恋文
2019年2月28日 14:28

名古屋市に住んでいた時です。

名古屋市は当時中学の教育関係でカルフォルニア州と提携しており、
教師の修習生が交換実習をしていました。

天体の英名やギリシャ神話等私から少し英語を学んでいた長女(次女も一緒)は、
代表挨拶を仰せつかったらしく”猫なで声”で、、「お父様〜、ご挨拶の英語教えて〜」
と接近戦を持ちかけて来ました。”お父様”ですよ、お父様”。

本番まで後2日しかない為、代表的な挨拶の”あんちょこ”を作り、
全て暗記させました。(応答方式)

これが”ジャストミート”だったらしく、全校の生徒からそんぼうの眼差しを
受けることになり、鼻高々でした。

当然その後の英語に対する姿勢も変化をし、かなりの高偏差値に成りました。

しかし、成長はその後の妹に対する姉としての対応です。

彼女は自分が書いてもらった”あんちょこ”を大事に保管し、
4年後に妹が必要になった時の為に、追記したり添削したりしていたんです。

成長と思いやりをひしひしと感じましたね。

妹の方も予定(?)通りご挨拶を行いLAXの修習生に褒められたらしく、
とても嬉しそうに姉に感謝していました。

今でもとても仲の良い姉妹です。

ユーザーID:4034800169
埼玉県 50代 女性
さらしな
2019年3月2日 3:03

子どもが中学2年生になったときです。
「私、この塾に通いたい」と資料を持ってきました。
同級生にリサーチして、自分に合ったところを見つけてきたようです。
もちろん、すぐに申込みに行きました。

自分で塾を探してくるなんて偉い!

もちろん、高校は第一志望に合格です。
偉い!

ユーザーID:6337431301
兄弟4人、それぞれ…
ぽんきち
2019年3月21日 17:29

タイトル通り、男の子ばかり4人育てています。
高2、中3、小6、小4です。
私はフルタイム+30分の朝刊配達で、旦那は県内単身赴任のため、毎日が戦争です。

先日、うっかり1時間も寝坊してしまいました。
長男が弁当がいらない日で助かりましたが、大慌てで新聞を配達に行きました。
こういう時は3番目が必ず手伝いで、一緒に配達してくれます。
配達を終えて帰宅して、自分のお弁当を準備しようとしたら、一番末っ子が
「ママのお弁当、俺が作ったよ!」と。そして、コーヒーまで入れてくれていました。
めっちゃごはん山盛りのお弁当でしたが(笑)、感謝していただきました。
あの甘えん坊が!

日々の子供たちの成長は、私の喜びですが、「人のために自分が動く」という大切さを知っていってほしいと思っています。

ユーザーID:8549918801
ZOOを200と読んでいたのに
母卒
2019年3月23日 23:45

夫の駐在に帯同して海外生活を経験しました。
拙い英語を駆使して、現地の学校、病院、移動手配から何もわからないながら必死で子育てしていました。
まだ 英語の環境に慣れていない頃、家族で動物園に行くと
当時小学1年生だった長男が「にひゃくって書いてある」と指差したのが英語のZOOでした。
あれから20年以上、3人の子ども達は普通に英語を使って仕事に役立てています。
家族の海外旅行も 現地集合、現地解散です。
並大抵の苦労ではありませんでしたが、子ども達の成長を見ると頑張った甲斐があったと心から思います。

ユーザーID:9407457737
対応能力に驚き
かな
2019年4月13日 20:49

40代女性です。

息子が高校受験の年、模試がありました。
会場は、ある私立大学の付属高校。
車で行かなくては行けない距離、私が調べて、主人が送って行きました。
主人が無事、送り届けたとの連絡が入った数分後、息子から電話が。。
「お母さん、模試会場、ここじゃない。。」
「えっ!嘘!」と慌てて確認すると確かに会場は、高校ではなく大学でした。
高校の方地元にが馴染みが深かったので、私が早合点したのでした。
で、大学はそこからは1時間かかる距離。模試の開始は15分後。。
私は青くなりました。
焦る私に息子は、
「お母さん、模試会場の連絡先があるはずだから教えて。あと、お父さんに連絡してまた戻ってきてもらうから。」
とのこと。
その後、息子は自分で模試会場に連絡取り、「1時間遅れるが、別室で受験は可能か。」と交渉し、
無事、全科目受験をしてきました。
息子の対応能力に驚きました。
ついこの間まで、甘えん坊だったのに。。と。
その後帰宅した息子に
「ごめんね。でも偉かったね。で、お母さんはこういうふうにおっちょこちょいだから、今後はお母さんを当てにしないで、自分で会場を調べてね。」
と言ったら「わかった」と納得していました。
親がダメなほうが息子の成長は早いかも・・。

ユーザーID:7178851232
関東、50代、女性
チョコ
2019年4月18日 9:40

息子の発育に不安があり、発達障害の診断名が下ったのは3歳でした。
当時のIQは64。
幼稚園では加配が付きましたが、教育委員会の判断で、通常学校の通常クラスに入学することになりました。

そこからの息子の成長には驚きました。
急に言葉が増えてお友達ができ、遊びも勉強もお友達との差が見られなくなりました。
息子の希望で中高一貫校に入学し、短期留学を経験しました。
身長が伸び、彼女ができて、今年は国立大学を目指し受験勉強をしています。

人間の能力とその伸びる時期は、教科書通りではないのですね。
一番成長を感じたのは、自転車を乗れるようになった時です。

ユーザーID:8221842627
5月24日号の「読売中高生新聞」で紹介させていただきました
編集部
2019年6月7日 17:12

ロゴ

たくさんのレスをお寄せいただき、ありがとうございました!
みなさまのご意見の一部を、読売中高生新聞の5月24日号で掲載させていただきました。

「子どもの成長を感じる時は?」のテーマを巡り、多くの方から、知らず知らずのうちに精神的に成長する子どもの姿を頼もしく感じた経験を語ってくれました。中高生にとっては、子どもに対する親の気持ちや、普段どのような視点で子どもを見守っているかを知るきっかけになったと思います。 貴重なご経験やご意見をお寄せくださり、改めて感謝申し上げます。

読売中高生新聞編集室では現在、「修業が足りないと感じる時」「人の評価って気になる?」について、ご意見を募集しております。

今後ともご協力いただければ幸いです。引き続きよろしくお願いいたします。

編集部(トピ主)

ユーザーID:6176959164
小3娘が
じみこ
2019年6月7日 19:25

音読カードの親のサイン欄に自分でサインをしていたとき。
あぁ、そんな知恵が働くようになったんだな、と。
もちろんこっぴどく絞り上げましたが。
次は私に字体を似せてやるのでしょうね。

ユーザーID:4459831030
 


現在位置は
です