何年も自分の写真撮ってない(駄

レス23
(トピ主1
お気に入り30

生活・身近な話題

魂抜かれる…

アラフィフ主婦です。
ふと考えたら、もう何年も自分の写った写真を撮っていません。
もともと被写体になるのは嫌いなほうでした。
美しい風景や美味しい料理や家族の写真をスマホで撮ることはあっても、自撮りはしません。
職場のIDカードに必要な写真は勤務先で定期的に撮られますが、自分にデータはありません。
最後に自分の顔を撮ったのは履歴書用の証明写真、もう15年位前です。
パスポートは今後もう取得する気がなく、運転免許証は持っておらず、ブログもSNSもやってません。
私がもし急に死んでも、遺影用の写真はないなと思いました。(笑)
だからといって今後も撮影する気はないんですけどね。
みなさんはご自身の近影ありますか?

ユーザーID:6871939330

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あることはあるけれど

    同じくアラフィフ主婦です。

    免許証を持っているので、5年毎に写真を撮られます。
    趣味のサークルで、イベントのたびに誰かしら写真を撮っているので、探せばどこかに写っているのが見つかると思います。

    そのくらいですかね。

    ただ、遺影については葬儀社の方で、若いころの写真があれば白髪やシワを足したりして、それらしく見えるように加工してもらえるそうですので、心配はしていません。

    それよりも、ここ十年以上、家族の写真も撮っていないことの方が心配です。
    大規模災害などで行方不明になっても、「この人知りませんか」と見せて回る写真もありません。

    ユーザーID:3359676403

  • ならば

    遺影用に1枚だけでも自撮りして 思いきりアプリで加工しておくべきですね。
    本当にないと家族に凄い若い頃の変な写真を遺影に使われてもね、、、と思いません?

    時々友人の子供や姪・甥子などと写ってる私の写真を送ってきてくれるので
    一応写真はありますけど老けた自分の写真はもう要りませんね

    ユーザーID:3224944651

  • 私も無い

    私も遺影用の写真が無いなあと思います。

    寿命の延びた昨今、葬儀の遺影は近影ではなく、「これって何年前の写真?」みたいなケースも珍しくないのかも。

    たまたま近影が無かったというわけではなく、「若かった頃のお気に入りの一枚」を遺影にしてという言い残しがあったのではと思います。

    ユーザーID:5954855349

  • 有りません

    旅行好きで、自分で撮ったり、撮って貰ったりしていましたが
    あるとき(30年位前)に、写真の現像が終わって一回見れば二度と見ない、写真屋の袋にいれたまま放置していることに気が付きました。
    それ以来、旅行でもカメラを持たない、他人にも撮ってもらわない生活です。
    家族には遺影が必要な時は、趣味のクラブイベントの写真には写っているはずなので、クラブの仲間から貰ってと言っています。

    ユーザーID:9904371170

  • 同じですね

    子育てを終えた50代主婦です。
    写真自体撮りませんねー、SNSとかも一切やってないんで。
    積極的に外で人と関わるようなこともなくなって、
    写真を撮られる機会もここ数年全くありません。

    5年毎の運転免許証更新の時のみですね、本当に。

    遺影はどうするんだと言われるでしょうけれど、全然心配してません。
    私自身の葬儀は火葬のみのいわゆるゼロ葬でいいと思っているので。
    終活で徐々に私物は処分して最期はなるべく何も残さないで逝きたいのです。

    今現在夫の祖母と父親の遺影があってそのうち夫の母親のもそこに加わるでしょう。
    私がどうこうできるはずもなく、いずれ夫に委ねるしかない状態です。
    皆さん、年月が経って増えていく遺影ってどうされてるんだろう。
    私は家を出た子供達をそういうことで煩わしたくないんですよね。
    あ、話がずれました、ごめんなさい。

    デジタルデータならまだしも写真自体って処分がためらわれるものだし、
    被写体として魅力もなくなってきてるし、
    いろんな意味で自分の写真を撮ろうという気が起きないですね。

    ユーザーID:5166079802

  • 遺影って

    何十年も前の写真使う人なんて珍しくないですよ。
    私は今50代だけど、アラフォーくらいの写真使ってもらいたいです。
    いざとなったら運転免許証の写真じゃダメ?って思ってますが。
    どうせ自分にはわからないんだし。

    ユーザーID:2421269601

  • 交流が少ないのでしょうか、

    交流が少なく、知り合いたちと出かけないのでしょうか。
    私は、出かける場合、カメラマンに徹します。
    素敵な笑顔を引き出してパチ。
    いつもカメラマンなので、呼ばれて写真撮ってと催促されます。
    そして、あんた一枚も写ってないでしょう。カメラ貸して・・と撮ってもらいます。
    トピ主さん、カメラウーマンになりましょう。記録係です。
    100枚でも200枚でも撮影する勢いでシャッターを押す。
    思い出の笑顔が沢山記録されます。

    OB会に参加してカメラで撮ってると、俺だけで一枚撮って、と言われることを何度も経験してます。
    遺影写真?と冗談めいて言うと。そうなんだ、良い写真がないんだ。頼む。
    父には、遺影写真はどれが良い。と相談してました。
    沢山の写真の中から、これが良いと決めてもらいました。
    良い笑顔です。いい写真があったね。と葬儀で言われました。

    ユーザーID:1922828058

  • 私もですよ

    ただ会社でIDがないので、それすら写真にとらない。
    撮る方は好きなので風景や物の写真は撮りまくり。

    ただ写真撮られるのは苦手なので・・・魂が抜ける〜なんてことはないけど(笑)
    見た目なのでしょうね。自分はこうじゃないのにという納得いかない写真になるのです。

    自分が撮るときは、人物は下からより上から撮ってあげるときれいにとれるとか斜めから撮ってあげると少し細く見えるとかあるけど・・・
    撮られる時ってそういうのは考えてはくれない。
    笑っているのに目が笑ってないとか、外だとまぶしくって目がしっかり開いてないとか、納得いかないのが撮れるとかの理由により
    自分の写った写真がないですね。
    自分が納得する写真で最近撮ったのは、snowで撮った自撮り写真。目がぱっちりの20年前ぐらい若く(いや幼く)写っていて、自分で見て照れるぐらいかわいらしく写ってましたが。
    これを遺影と言っても、ウサギの鼻ついているけど・・・。
    なんか葬儀で爆笑が起きそうな写真になりますよね。自分では一番気に入っているのですが・・・。
    いるのかな?snowで撮ったのを遺影に使った方。

    でも親見ていると、遺影の写真にといちいち写真撮らせる。年寄りになるとそうなってしまうのかな?

    ユーザーID:3444615373

  • 老いを感じてからは撮らなくなった

    20代、30代前半くらいまでは写真大好きで、とにかく記念に残したくてよく撮ってました。若いころの写真は山ほどあります。

    でも自分の老いを感じ始めてから写真が嫌いになりました。動物や風景の写真は好きで、撮りますが自分の写真は嫌です。

    ただ、免許を持ってるので更新のときは写真やさんに撮りに行きます。
    嫌でたまりません。

    そうですね、遺影の写真を考えると直近のはないですね。

    ユーザーID:1124402253

  • 私もそうです

    今月で48になります。
    自分の写真を撮る意味がわからないのが、正直なところです。
    誰も私にカメラを向けませんし、自撮りなんて考えたこともありません。

    直近は昨年のパート応募用の履歴書用写真ですね。

    実は私は親しい人に撮ってもらうスナップ写真はとてもブスに映りますが、街のスピード写真ではすごく若く美人に映ります。
    近隣の証明写真装置をいくつか研究した結果、最高の映りになるのは隣町の機械でした。
    わりとポンポン職場を変える都度、この機械にお世話になっています。
    いっそのこと、学歴経歴関係なく顔写真のみで合否が決まればいいのにと思うほどの、ものすごい自信です。

    私に急に何かあったら、きっと娘が私の「お仕事応募セット」の箱から出して使ってくれると思います。


    ところで、トピ主さんのお名前が気に入りました。

    ユーザーID:4470958776

  • わたしもそうです

    若い頃は自分で撮らなくても写る機会はいくらでもありましたが、
    もうなくなりましたね。

    でも、わたしの伯母が70代で亡くなったとき、30代の時の写真しかなくて
    それを遺影にしました。

    ユーザーID:2951096728

  • 遺影用の写真は用意しておくべきでは?

    44歳独身です。
    40も後半を過ぎたら、いつ死んでもおかしくないと思ってます。
    私の友人知人も、40代突入前後から大病患う人が増えましたし。
    ですから、自分の死後の準備(最低限、遺影・遺言(財産等の処分に関しての指示)・希望の葬儀の形式とその費用)は礼儀としてしておくべきだと思ってます。

    ある程度の年齢になったら喪服(礼服)を用意しておきますよね。
    それと同じことです。


    なので、遺影用の写真は用意しておくべきだと思います。
    家族に迷惑をかけないために。

    若い時の写真しかなくて、葬儀の時に親戚から「魂抜かれる…さんは見栄っ張りね」なんて笑われたら、家族が可哀相です。

    ユーザーID:2957663992

  • 同世代です

    私も長くカメラを避けてきたので、写真は少ないと思います。

    でも、7年前に父が他界した時に、通夜葬儀の準備が慌ただしい中で遺影にする写真がなかなか見つからず大変困りました。
    父は、出かけるといつもビデオカメラを持っていましたが、孫の姿などを撮る方専門だったのです。

    やっと父の写真があっても、帽子にサングラスのものばかりでした。
    遺影にできる写真が見つかるまで、本当に時間がかかりました。

    私の時も困るだろうな〜と思います。
    そもそも、私は葬儀も仏壇も不要なので遺影も必要がないのです。
    ただ、娘は要るっていうかも知れないな。
    まだ高校生なので分からないですが・・社会人息子は要らないと言うでしょう。

    高齢母と写真屋さんで撮っておくのもいいかなと思っています。
    いっぱい加工してもらえるところで(笑)
    実家と遠距離なので、なかなか行けませんが。

    主さんも一緒に行きましょ。

    ユーザーID:1650423580

  • 私もです

    アラフィフです。
    全然撮っていませんね〜。

    元々写真撮って思い出残すとかに余り興味がないので。

    子供も幼稚園位迄はよく撮っていましたが今は旅行の時に撮るくらいです。
    自分の価値観押し付けたらいけないかな?と思いますが、私に似たのか子供も自分の昔の写真とか興味ない感じです。

    写真に興味無いせいか旅行とかでもかついつい忘れてしまうんですよね〜。
    あっそうだ!と一応主人と子供は気付いた時に撮るよう心がけてはいます。

    ユーザーID:3004820914

  • 何年も自分の写真撮ってない

    トピ主です。
    元々写真嫌いなので、成人式でも結婚式でも写真撮りませんでした。
    友達と行った旅行のスナップはせいぜい30代前半まで。
    それも押入れの奥にしまってあり私しか場所を知りません。
    でも夫の写真はときどき撮ってます。
    遺影のためではなく、もしも夫が先に亡くなったら、写真を見て夫のことを偲びたくなるから。
    夫のことが大好きなので、けっこう撮っています。(笑)
    夫はそんなことまで考えていないので、カメラを向けられた私が毎回拒否すると素直に引き下がります。
    ごめんよ、夫。
    もし私が先に死んでも、写真を見て偲ぶことはできないよ。

    ユーザーID:6871939330

  • ないです

    しいて言えば運転免許の写真くらい
    基本的に写真撮られるの嫌いなんで最後に撮ったのは学生時代かなあ
    独身でろくに友人もいないし
    仮に死んでも葬儀は不要と言ってあるのでそういう意味でも必要性は感じてません

    ユーザーID:5658576593

  • ふむむ

    私は写真を撮るのも写るのも好きなので、ちゃんとした物は2年に一度くらい撮ります。

    今の遺影は、ただのスナップ写真から人物だけをキレイに切り取って、ふわぁっとお花やリボンでキレイに加工して下さるので、問題ないですよ。
    祖母の遺影はそのように加工して頂きました。

    あ、でも、トピ主。
    写真に写らない人は「老い」に気づきにくいので、そこは気をつけて下さい。
    顔や体は見てると思いますが、姿勢とか食事中の所作、不意に撮られたものを見ると愕然としますよ。
    変なクセがあっても教えてもらえない年代ですからね。
    その点写真は現実を突きつけてくれますから。
    私の友人は、それで時々写真に写るようになりました(笑)

    老いに気付けるのは、写真ですよ。

    ユーザーID:6525361703

  • 確かにない

    私もアラフィフですが、言われてみれば確かに免許更新以外自分の写真ってあんまり撮らないですね。子供が大きくなってからは景色と猫ばっかり。

    変な写真(子供の3DSやアプリなんかで撮ってお絵かきしちゃったみたいな)ならあるんですが、確かに遺影みたいなまともな写真となると。。母を思い出すのにレインボーアフロヘアにヘンテコ眼鏡みたいなのしかないというのもいかがなものか、ですよね。
    まともなのも撮らないとと気づかせていただきました。ありがとうございます。

    普通に撮ると見てガッカリだから、子供に教えてもらって盛った写真を一応用意しておこうかな。でも若い子向けの盛りだとさすがに不自然すぎますよね。「盛ってるよねー」なんて笑いを取れたらそれもまたよしとするか。中高年向きの盛れる写真アプリって、ないのかしら。

    ユーザーID:3400981279

  • 旅先の写真屋さんが大当たり

    旅行中、写真屋さんの看板をみて思い立ち、
    遺影用と目的を告げ、キャビネ(2Lの大きさ)に仕上げてもらいました。
    額装していますが、後々アルバムに貼れる大きさです。

    Lと2Lの2枚で5千円。格安で驚きました。
    さらに、届いた写真は美形で品があり、本人もびっくり。
    95歳の母に見せたら、「あんたやね。」と言ってくれました(喜)。

    住んでいる都会のスタジオは敷居もお値段も高いです。
    旅先で、気軽にとったのが良かったのでしょうね。
    深呼吸3回して、今までで最高の1枚になりました。

    遺影用でなくても、アラフィフでの1枚いかがですか。
    私は80歳になったら、あの写真屋さんへ撮り直しに行きま〜す。

    ユーザーID:8111939433

  • みんなカメラ目線で

    以前住んでいた自治体では、敬老の日の一大イベントとして祝われているご老人たちを個人撮影していました。
    ええ、プロカメラマンによる「遺影用フォト撮影会」です。
    おばあちゃんなんか、がっつりメイクして行きますよ。
    ですので、仏間に飾ってある代々の遺影はどれも皆様バッチリカメラ目線でした。
    仏間をうろうろとどこに移動しようとも、もれなく皆様と目線が合うんですよね。
    本人も生前にフォト確認出来るし家族も「取り敢えず遺影はあるから慌てずに済むな」と、好評でした。

    自分は転職履歴書用の小さな証明写真しか撮ってない、、、、、
    写真撮られるの嫌いなんですよね。でもそろそろ考えといたほうがいいのかな。

    ユーザーID:7032194701

  • 表通りより内側

    ほんと、この歳になると体の表面より中身の写真だけしかありませんね。
    遺影用になるようにお外で写真撮っときましょう。

    ユーザーID:0400571191

  • そうなんですよねぇ〜

    私もたまにふと「今死んだら…」と思う事があります。
    今現在の写真ないなぁと。
    そもそも葬式なんて家族葬で良いんだけどそれでも遺影っているんですかね?
    お墓もいらないし私が死んだらきれいさっぱり忘れて欲しい。
    ってそんなわけにはいかないのかな。

    ユーザーID:7582995938

  • 逆に増えました

    主さんの追加レスにほっこりしました。

    私もね、写真というか自分の顔を好きになれなくて
    ず〜っと撮られることを拒否って生きてきました。
    撮る方も風景や犬や花やケーキや…人物はとりません。
    年に数度、家族の集合写真に嫌々映り込むのみ。
    黒歴史の成人式はもはや鉄板のネタ扱い。

    ところが、遅めの結婚をして夫とあちこち出掛けるようになり
    なんとな〜くお互い撮り合うことが増えて。
    驚くことに、夫が撮ってくれる私の写真が
    なんかビックリするほど可愛いんです。笑

    私、写真嫌いなのに〜と言いつつ
    嬉しそうに夫がパシャパシャ撮って、仕方なく付き合い
    後から消せばいいと思って、撮られたものを見ると
    どれもビックリするほど上手に写してくれていて。
    こんなに可愛く撮ってくれて
    しかも、めちゃ褒めてくれるので
    すっかりソノ気になってしまい。笑

    今では、年賀状も二人セット満面の笑顔でお届けしています。
    昔から二人を知る人ほど、あまりの変わりっぷりに驚いてます。
    (夫も写真撮られるの好きじゃなかったし残ってなかった)

    鏡は見慣れているけど、写真は不意を突かれたり
    素が映ると自意識が拒否するのではないかな。
    夫はうまく私の「素の部分」を持ち上げてくれるので
    長年の写真嫌いが治ったのかと思います。
    あと単純に親兄弟は、私が満足するほど写真撮影に
    付き合ってくれませんでしたね。
    コツは何枚も連写して、データで気に入ったものを残す。
    意外と変顔も味があって面白いですよ。

    主さん、もしよかったら遺影の用意ではなく
    お互いにコッソリ残すための
    心のシャッターを撮りあってはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7987848687

レス求!トピ一覧