診断書を求めたら拒否されました

レス19
お気に入り65

MK

健康

初めまして。
50代の会社員(現場)です。
現在、整形外科に手の疾患(腱鞘炎とバネ指)で通院していますが、仕事に支障がでたり そもそも痛くて自分が辛いので有休で休みました。しかし快癒せず、もう少し手を休めたく、連続欠勤のために診断書を求めたら、仕事に行ってください、左手で仕事してください、と言われ、診断書を断られました。

医者って、こういう場合 診断書を断るものですか?
確かに自主的に休んだけど、悪用するわけじゃないのに……

ご意見いただけますと幸いです。

ユーザーID:9627605805

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数19

レスする
  • 休職は無理

    腱鞘炎とバネ指で休職の診断書は無理だと思います。
    現場のお仕事がどのような内容か分かりませんが、「右手での作業は難しい」という診断書なら書いてもらえるでしょう。
    今の仕事が両手を使わないと出来ない場合、上司が理解を示して左手だけで出来る仕事に変えてくれる可能性はあります。

    ユーザーID:3716486278

  • 事実しか書けないはず

    仕事を休めるように書く、というのは難しいらしいです。

    診断書は「こういうふうに書いて欲しい」と言われて書けるものではないそうです。
    事実しか書けない、医師の診断に基づく内容しか書けないらしいです。

    つまり病名と診断書内容は合致している必要があり、トピ主の望む診断書の場合は病名(悪いのは片手だけ)と内容(仕事を休む)が合っていないのだと思います。

    「連続欠勤のために」という頼み方が悪かったのかもしれません。

    ユーザーID:1849298099

  • 嘘はつけない

    >欠勤のために診断書を求めたら、仕事に行ってください、左手で仕事してください、と言われ、診断書を断られました。

    「欠勤のための診断書」が書けるほどの重症ではないから、嘘は書けないということです。

    >悪用するわけじゃないのに……

    その程度で、「もう少し手を休めたく」てというのは、悪用の範疇(ズル休み)に入るのではないですか?

    ユーザーID:1309193870

  • ご意見ありがとうございました。

    ご意見・お時間いただき、ありがとうございました。『現在、手を使わない仕事は無い』『じゃあちょっと休んで手を休める』という流れだったんですが…もう一度、会社とよく相談してみます…

    ユーザーID:9627605805

  • 診断書は書けるはず

    然しながら、とぴ主さんが希望する内容で書く事は出来ません。

    例えば

    2週間仕事を休む必要がある

    の様な内容では書けないと思います。

    >仕事に行ってください、左手で仕事してください

    右手の局所安静が必要。

    という内容でしか書けないと思います。
    なので、右手を遣わない仕事は出来る事になりますよ。

    ユーザーID:5583367361

  • 甘えすぎです

    私も、一時は手首がほとんど曲がらなくなるくらいの酷い腱鞘炎になりましたが、痛みに耐え、通院しながら宅配の仕事を続け、治しました。
    医師が診断書を出さないというのは、休職するほどのものではない、ということですよ。

    ユーザーID:9822688902

  • 診断書を断るなんて医者が非常識!

    患者の意見を無視するのは、医者本人が治療をおろそかにしている証拠です。
    非常識だし患者のあなたを馬鹿にしています。

    強く診断書が必要だと電話でいいからいうべきです。
    送ってくれとでも言っていいでしょう。

    私の母も、診断書を断られました。
    母は、脊椎管狭窄症の手術をして失敗し、
    それで苦しんで我慢して通院していました。
    診断書がほしいと言ったら断られてとても落ち込んでいました。

    診断書を断ることってあるのか、当時もびっくりしました。
    けど、むりやり別の大学病院に受診して、
    「診断書を書いてほしいと言ったら断られた」とそこの医者に話したら
    医者がびっくり仰天しました。
    そんなことありえない!というのです。そう言って怒ってくれて
    すぐその病院にそのお医者さんが電話をしてくれて、診断書を書いて送るように手配してくれました。

    診断書を書かないなんてことは非常に失礼なことなんですよ。

    あなたにとって大事な手じゃないですか!

    大学病院に受診していいんです。
    そこで、あの病院が診断書を書いてくれないんです!
    と訴えてみてください。

    まずは、別の病院に行ってセカンドオピニオンをしてください。

    手は一生のものですから、頑張ってください。

    ユーザーID:8623482685

  • 私は書いてもらいました

    職場の人間関係で悩んだ時、近所の整形外科で「腰痛のため2週間の安静加療を要す」と。
    初診でしたが。事情を話し、書いてくれました。
    医者の裁量内のことだと思います。

    ユーザーID:6253668837

  • 悩むところ

    まずは、通勤に支障がないか。から入っちゃいますよ。
    通勤ができるのに、(要するに健康体)病気休暇の診断、要りますか?
    ということですかね。
    ギプスで固定し、しばらくは、刺激のないよう大人しくしててね。
    なら、それなりの診断書もでるでしょう。

    ただの腱鞘炎なら、そちらの手を使わず、業務遂行。
    主さんの業務内容にもよりますが、たかだか腱鞘炎で病休の申請をみたことがありません。
    もちろん、困ってるのは充分理解できますが、
    仕事上でそうなったのなら、労災申請が普通ですけど。。。。

    ユーザーID:4095749016

  • 医師は疾患の診断をするだけ

    当地の医師会に相談してはどうでしょうか?
    診断書をお願いしたら、拒否されたと医院の名前を伝えるのです。

    医師は疾病の診断をし治療をし、その診断書を書くわけです。
    面倒なら、別の医院にかかるべき。医者はいくらでもいるので。
    (あなたが会社に診断書を提出し、病欠することは医者には関係ないです。)
    診断書は結構高価で5000円くらいかかります。

    また二度とその病院にはいかないことです。
    技量と、医師のモラルが問われる事例でしょう。

    ユーザーID:1131516462

  • もしかしたら

    仕事を休むことについて、一切相談しないでいた可能性はありませんか?
    自己判断で休業して、その期間に全く受診がなければ、診断書の発行はできません。診察していないのですから、診断書を書いたら法律違反になります。
    受診していても、休業について相談してなければ、基本的には難しいと思います。
    診断名により、診断書の内容はある程度決まっています。保険診療ですから。それから逸脱して書くことを求められても、書けないのです。

    感情的なレスもありますが、診断書を記載してもらうに当たっては、患者さんサイドもきちんと病院に相談する必要があります。自己判断はご法度です。

    ユーザーID:3874409556

  • 診断書の発行は義務

     これは医師法で決められています。正当な理由がなければ拒否出来ません。
     しかし、内容はあくまで医師の診断(判断)になるわけで、患者さんの希望通りになるとは限りません。
     このケースでは、休む必要があるという内容の診断書は書けないと言われたのでしょう。
     

    ユーザーID:0546252181

  • レスします

    診断書を求められたら書くのは医師の義務ですから、書かないということはないはずです。トピ主さんの場合、休む必要があるという内容を求めたから、その内容では書けないということでしょう。それは仕方がないことです。内容を患者の希望する通りに書くことが医師の役目ではなく、あくまで医師の見解(それが診断です)を書くのです。結果的に自分の望まない内容の診断書を発行してもらって手数料を払うのは馬鹿げているでしょう。だから「書けない」と言われたのだと思います。

    ユーザーID:3260829278

  • キレた

    ある症状で病院に通院していました。良くならずに数カ月、辛くていっぱいいっぱいで限界でした。担当医に診断書を書いてくださいませんか、とお願いしたらその医師にキレられました。もう本当にキツかったです。書いてはくれましたが、先生はキレてました。
    その先生があまりにもキレたんで、もうそこに通う感じではなくなり、というのか、先生に最後「もうよそ行って!」と言われた、弱った体でなんとか違う病院をまた初診から受け直して、その後また診断書をお願いする時がありましたが、新しい先生は普通に書いてくださいました。

    今回はトピ主さんがいけなかったのかどうか、私には分かりませんが、よその医者にかかれば普通に診断書を書いてくれることがあります。

    ユーザーID:2263405849

  • 勘違いしている

    確かに、医師は診断書を書く義務はありますが
    医師の判断と異なる内容で=患者が望むとおりの内容の診断書を書く義務まではありません。

    ユーザーID:6050775964

  • 断られましたが

    私も詳細は言えませんが診断書を断られたことがあります。
    でも苦痛はあるので困りました。
    親の勧めで医者を変えましたらすんなり診断書が出ました。
    面倒でなければ他を当たってみることをお勧めします。

    ユーザーID:0367549426

  • 主旨違い。

    診断書、そのものは症状を記載します。但し,業務に携われるかどうかは医師の段階では不明です、業務が判りませんから [休日]を取るための 診断書は書けません。

    ユーザーID:8843607737

  • 「都合の良い」診断書を求めたら拒否されました ですよね

    仕事を休むまでの疾病では無いのに仕事を休む口実に使う診断書を求めれば
    断られて当然です。医師からみれば「悪用」だからです。

    ユーザーID:3284927911

  • 上手く話し合い出来なかったのでは

    医者には、少なくとも「右手は安静にしなくてはならない」という認識があるようです。

    なので、右手は安静にしなさいと言う証明を書いてもらい、左手を使って業務がこなせるかを会社に判断してもらうという手順になると思います。医者には、右手を使えないというだけで、休むべきという判断も、右手なしに会社の業務をこなせるか否かの判断も出来ないはずですからね。

    その辺の意思疎通が上手くいっていなかったように思います。

    ユーザーID:2806568375

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧