• ホーム
  • 話題
  • 猫を飼いたいが、下僕になる覚悟がない。

猫を飼いたいが、下僕になる覚悟がない。

レス74
(トピ主1
お気に入り149

生活・身近な話題

はるこ

レス

レス数74

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 出会いが待ち遠しいですね☆

    主さんのレス、拝見しました。
    誤解?が概ね解けたようで、良かったです。

    これからも保護猫カフェに通ってください。
    そのうち「私がこの子を幸せにしたい!」って子に、出会っちゃうんじゃないでしょうか。

    うちの子は保護主さんから来ましたが、半年後位に我が家に馴染んだ写真を送ると「まあ、こんなに美人猫になって、ビックリしました!」と言われ、むふふふ(笑)。
    っていうより、おかしいな、そもそも最初から凄い美人だったけど?
    そーよそーよ、私がこの子のいいトコロを一番知ってるのよ。
    な〜んてね。

    あれから九年。
    猫の語彙は日々増え、かわいさは増すばかり。
    一日でも長くお世話してあげたいから、元気でいてね。それが「下僕」の望みなのです。

    ユーザーID:9277880957

  • ず〜っと下僕じゃないよ

    ネコは犬と違って、散歩も要りません。


    ネコの世話を極論すると、

    ●適切な食事とキレイな水を毎日きちんと与える
    ●トイレの掃除は毎日する
    ●ブラッシングと爪切りは適宜行う

    だけです。



    あとは、擦り寄ってきたときだけ遊んでやってください。
    それでも、ものの10分ぐらいでプイっと向こうに行ってしまいます。
    それ以上は追わないでもいいです。
    ネコはものすごく飽き症ですので。

    基本、ネコは「お一人様」好きなので、上記のことさえきちんとすれば、あとは放っておいてもOKです。
    多くの時間は寝ているか、あるいは適当にブラブラしているか、ですから。



    ということで、24時間、365日、「下僕」ではありません。
    上記の世話のトータルは、1日に30分ぐらいですから。
    あとの23時間30分は、下僕から解法されている時間です。

    ただし。
    生後半年ぐらいは、人間で言えば幼い子どものようなものですから、
    遊んでやる時間は多くして、スキンシップも多めにし、大切に飼ってあげてください。

    ユーザーID:7317110304

  • 猫と人間、お互い楽な生活になる方法

    それは狭い住居で閉じ込めて飼うことをしないことです。
    猫の出入り自由にすればほんと楽な動物です。
    昔はみなそんな飼い方をしてたのですが国民性から神経質になり
    猫嫌いから苦情が出て来ました。
    猫は死にそうになったら家に帰ってこないとも言われてました。
    病院に連れていくこともないし共存していたのです。
    私は田舎に住んでいますので猫は出入り自由、文句を言う人も居ません、
    猫の砂トイレもありますし、寒い時は猫は外出しませんが
    出入り自由なのでとてもしあわせそうです。
    餌と水を決めた場所に置いてるだけでとても楽な動物です。

    ユーザーID:7328642390

  • 猫中心はムリかなぁ

    猫中心の生活って、どういう意味でしょうね。
    猫の欲求や猫の生活リズムに合わせるってこと?

    うちは完全に人間の生活リズムで暮らしてます。
    共働きなので、猫のリズムでの生活はムリです。

    ご飯も自動給餌器で量も時間も管理してます。
    勿論、量や食べ方は猫達に合わせてますが。

    おやつも要求されてあげるのではなく、
    爪切りのご褒美とかお留守番のご褒美であげるだけ。
    人間の食べ物に手を出せば徹底的に叱るし、
    食卓、入っちゃいけない場所に行こうとすれば叱ります。
    確かに犬のような躾はできませんが
    猫の知能は犬と変わらないのである程度の躾はできます。

    可愛がるときは猫っ可愛がりしますけどね。


    >猫を飼っていらっしゃる皆様は猫に対して、どういう感覚で接していますか?

    共に暮らす家族です。
    一緒に暮らす家族だけど猫達は言葉を話すことはできません。
    だから危険なことは教えるし、
    猫達が快適に、安全に暮らせるように人間が先回りします。

    猫達が嫌がることを無理強いはしません。
    危険がなければ自由に生活させるし甘えてきたら可愛がるし、
    猫の性質、それぞれの性格を考えて生活してます。
    それを下僕というなら下僕でしょうか。

    ユーザーID:9813597832

  • レスします

    猫に下僕になって奉仕するなんて有り得ません(笑)
    飼い主が下僕を演じているという感じでしょうか。
    ただの言葉の綾で
    何も本当に下僕になれって言っている訳じゃなくて
    生きてる間ありったけの愛情を注げば
    それでいいんです。

    愛情の注ぎ方が下僕になる人もいるでしょうけど
    それは人それぞれ。

    自分のやりかたでOKですよ。

    ユーザーID:5903806573

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • それを下僕と言うのかはわかりませんが

    13歳の猫を飼っています。

    猫は「にゃーん」とか「にゃ」とかで伝えますが、一緒にいると何をしてほしいのかはわかるようになります。

    全ての猫がそうではないのかもしれませんが、
    うちでは自分の希望が叶うまで呼びに来たり、鳴いたりするのでたいていの事は叶えてあげています。

    だいたいこんな用事が多いです
    ・ドアを開けて
    ・ひなたに座布団おいて
    ・転がるからさわっていいよ(猫がさわってほしい時)
    ・こたつつけて(朝4時半)
    ・ひざに乗りたいからこっち来て

    こんな感じで他の事をしていても中断してすぐやってあげているので
    言われてみれば下僕なのかも。

    それでも家の中に猫がいるなんて何て幸せな事、っていう気持ちが勝っているので
    まぁ良しとしています。

    ユーザーID:5005535175

  • まとめての返信で申し訳ありません。

    まとめての返信で申し訳ありません。
    こんな理屈っぽいトピに親切に答えてくださった猫飼いの皆様、本当にありがとうございます。


    保護猫カフェで出会った方は、結構力強い、まじめな口調だったんです。
    冗談かと思ったら、いやホントだからと言われて、「そ、そんな生類憐みの令はムリ・・・」と思ってしまっていました。

    皆様のレスを見て、下僕というほど猫だけを優先しなくても、終生飼育の責任を果たす覚悟があり、愛情があれば、ともに暮らしていけるんじゃないかなと思いました。


    要は「下僕」の定義ですよね。
    それが私の中では重いんだと思います。

    「下僕」の意味が、
    自然とペットが喜ぶことをしたくなる。イヤイヤながらではなく、自発的に。ペットの幸せを見れて、結果、人も幸せ。
    という意味ならば犬のときも下僕だったかもしれません。


    といいつつ、今でも下僕とは言いたくないんですが。笑。
    パートナーって言う言葉のほうがしっくり来るかもしれません。


    沢山のレス、重ねて感謝申し上げます。
    猫のリアルなお話が聞けて大変大変参考になりました。
    よく読み、よーーーく考えようと思います。

    ユーザーID:1182541546

  • 下僕じゃないです

    猫飼ってます。今の子が2代目で、先代とは19年暮らしました。
    どちらの猫のことも心から愛しています。先代の死から3年経ちましたが、まだまだ立ち直れてもいません。

    でも、私は猫の下僕になったことは無いです。

    基本的には、私は猫たちの母です。
    子猫の時は何から何まで面倒をみるし、とにかく猫を優先します。赤ちゃんのお世話と同じです。成長段階に応じてしつけもします。子猫のうちは遊んでほしい、かまってほしいを無視しませんが、大きくなってきたら一人遊びも覚えてもらうし、やってはいけないことも徹底的に教えます。今いる子はもうすぐ2歳なので、随分いろんなことを覚えました。お留守番も心配なくさせられます。
    先代のことを考えると、5歳ごろには留守を任せられるようになるでしょうし、こちらを慰めてくれたりもしてくれるでしょう。もっと歳が行けば、こちらが学ぶことも多くなります。
    猫は愛情深く、思慮深い生き物ですよ。
    先代の子は死の瞬間まで私を母として慕い、相棒として愛し、実親のように心配してくれていました。私達は互いに目を見るだけで相手が何を求めているか、拒否しているか、わかるようになっていました。
    こちらが彼らの幸せを願うように、彼らも私たちの幸せを願ってくれます。
    彼らは私達に服従はしませんが、私達に服従を求めることもありません。

    猫飼いの人達のいう『猫様の下僕』とは、ちょっとした揶揄です。
    猫のために居心地のよい環境を整えたり、よりよい食べ物を検討したり、ああ、私は猫ちゃんのためにいろいろやってあげちゃうなあ、ってことです。強いられてやるのではなく、可愛い同居猫のためにあれこれ心を砕くことを『下僕』と言っているだけ。
    実際は、当たり前のことをしているだけなんですよ。

    ユーザーID:8339975261

  • 覚悟なんて必要ないです

    猫を飼い始めて少し経つとある日突然自分が下僕に成り果てていることに気がつきます。

    そしてそれが幸せに思えるからそれでいいんです。

    ユーザーID:3172058931

  • 猫の気質にもよるかも?

    現在三代目の猫と暮らす者です。

    オスメス長毛短毛とバリエーション豊かな猫を経験してきましたが…
    王道の猫らしい猫が相手だと奴隷(←別に苦じゃない)にされます(笑)

    メス短毛とか単色カラーとかシャムとか。なかなか甘えベタな子が多い印象。
    立場の上下が決まるのが気に食わない、パートナーなど横並び、または甘えん坊がいいのならば
    「茶トラオス(長毛ならなおよし)」を
    オススメします!
    うっとうしすぎない小型犬みたいな性格です(笑)
    人好きで寂しがり屋で甘えん坊。7年たった今でも一緒に寝てます
    ちょっと手がかかる毛深い子供みたいな感覚で付き合えます。
    が!
    しつける=芸を覚えさせるというのなら猫自体無理でしょうね
    トイレ爪とぎテーブルの昇り降りのしつけなんかだったら猫でも(個体差はあります)可能ですよー

    ユーザーID:4133883099

  • 大事なこと

    ・溺愛して、徹底的に甘やかす
    ・最低限の健康と安全は守るけど、あとは適度な距離で

    などなど。
    どのような生活をさせるかは、結局それぞれのご家庭の価値観次第なのだと思います。

    ただ、とても重要なこと。

    ・味付け済みの人間の食べ物をあげること
    ・叩くなどの暴力

    これだけは、ほんの少しもダメです!

    大昔は、「ねこまんま」などと言って人間の残飯を食べさせたり、躾と称して叩いたりが当たり前だった時代があったようですが。
    今はもう、時代が違います。
    どの本を読んでも、この2つは絶対にダメと書いてありますからね。
    少しなら良いと書いてある本などありませんよ。

    人間の食べ物は、その都度少しずつでも、積もり積もって内臓に負担をかけ、病気につながります。
    また、濃い味付けは美味しいです。
    それを覚えてしまえば、キャットフードを食べなくなる可能性もあります。

    暴力もご法度。
    長い時間かけて育んだ信頼関係も、一発叩けば、一瞬で崩壊します。

    経験者の話を聞くのも参考にはなるでしょうが、一度育て方の本を読んでみてはいかがでしょうか?
    正しい躾の仕方も書いてありますよ。

    ネコは3歳児程度の知能はありますから、ある程度の躾と意思の疎通はできますよ。
    3歳児程度ですから、完璧に制御することはできませんが。

    ユーザーID:9660634118

  • 犬を飼ったことはないのですが

    実家には常に猫がいました。小さい頃は鍵っ子だったこともあって、大人の猫が面倒を見てくれていたような時もありました。

    毛深い家族で、私の洋服箪笥の中で出産されたこともあった位(居心地良さそうだったので、前もって段ボール箱と古タオルをセット)でしたが、人間が下僕と思ったことは一度もないですよ。

    例えばテーブルとキッチンには乗らないと決めたら、躾けます。最初は身振りで教え、乗ったのを見たら大声で怒鳴って手を叩き、逃げ出さないなら捕まえて頭をペシッ(手加減はしますが嫌がる強さ)&テーブルをバシッ。

    食事時におかずを欲しがっても、少しあげたりはしますが、メインは人間がしっかり食べます。またお皿に手や口はつけさせません。

    こちらも寝ている時にいたずらしたくてうずうずしますが、猫の性格を見分けて加減します。プライド高い奴に引っかかれたこともありますが、それはこちらが悪かったと反省(消毒はきちんと!)。

    子猫はとにかく構って構ってとなるし、それを無視するのはかわいそう(昼間放置する位なら子猫は飼わない)だけど、大人の猫ならお互い慣れれば、いい同居人になってくれると思います。

    ただこれからご結婚、ご出産で飼えなくなる、なんて可能性は考えてますか? ご主人となる人が動物アレルギーとか、赤ちゃんがそうなるとか。猫は寿命が長いので(そして介護が必要になってからもわりと長く生きるので)、個人的にはどうかな〜と思ったりします。

    掃除も服の管理も数倍手間が掛かるようになるし。

    私は子供がまだ小さいのですが、もう少し落ち着いて、かつペット可の物件に移ったら、ぜひ猫を飼いたいと思ってます。

    ユーザーID:0379015063

  • 猫だけど猫じゃないです。

    我が家の猫はノルウェージャンフォレストキャット。
    ノルウェーの森に住む原種の猫です。神話に登場する猫です。
    人の言葉を良く理解し、少しどんくさい。甘ったれの犬みたいな猫と。
    ペチャンコ顔のチンチラペルシャとエキゾチックです。
    ブサカワのこの子たちは、もう猫ではないです。
    高い所には行かない、運動量も少ない。
    チンチラは甘えん坊で天真爛漫です。
    エキゾチックも甘えん坊のザ!オヤジです(笑)
    きちんとルールは守り、ゲージでお留守番も問題なく出来ます。ケンカする事もなく、人も猫も好きに暮らしています。
    居候、同居人という感じです。

    女の子より男の子の方が飼いやすく思います。

    ユーザーID:5270257626

  • 私は下僕

    40代主婦です。
    現在猫1匹、人間4人で生活しています。

    私は幼少のころから猫を飼い、主人は犬を飼っていました。
    私は猫が鳴けば「何がしたいの?」と気持ちを知ろうと動きます。
    主人は猫が鳴いても知らん顔、
    嫌がる猫を膝に乗っけて撫でまわしています。
    そのため猫は、すれ違い際に主人の足をかんだり威嚇したり。

    でもね。
    ネコも慣れるんです。
    今では主人の膝の上でゴロゴロとのどを鳴らせて寝転んでいます。
    私の抱っこでは緊張するようです。

    一生この子に愛情を注ぐんだと思えれば飼えますよ。

    ユーザーID:8000263897

  • 大丈夫です

    猫の奴隷になろうと思って飼い始める訳ではありません。

    猫を飼い始めると、いつの間にか奴隷になっているのです。

    そして、それが不思議と嫌ではありません。

    愛情があるなら、最期まで面倒をみられるのであれば
    飼うことをおすすめします♪

    ユーザーID:5223457693

  • 下僕という言葉

    下僕という言葉を真面目に考えると、なんだかみじめな気持になってきますね(笑)

    >猫も人もストレスなく暮らせる環境づくりを心がけたい

    これで充分だと思いますよ。

    態度はともかく心を下僕にしないために、私はツンデレをがんばっています。

    美猫には程遠い飼い猫なので毎日のように「かわいくないねー」「ぶちゃいくだねー」
    などと言ってますが、「耳だけはかわいいけどニコッ」「肉球のピンクがいつもよりカワイイじゃんニコッ」
    「今の鳴き声かわいかったね―ニコッ」などと結局「カワイイ」のほうが多いんですけど。

    「そんな目でこっちを見ても何して欲しいのかわからない。抱っこして欲しいなら自分から来なさい」
    と口では言いながらいそいそニコニコと捕まえに行って抱くし。

    「今まで甘えてたのに急に噛むなんて、サイテー!」と、大して思ってもいないのに口では言ってみる、とか

    やってることは下僕っぽいかもしれないけど、「口だけ上から人間」
    けっこう気に入って暮らしてます笑

    ユーザーID:1111287563

  • 下僕か。。

    かなり近いかな。猫たちが快適にすごすために奔走してますね。
    実際に下僕になるかより、そうゆうふうには考えたくないって人は犬にしたほうがいいと思います。猫様が、こちらに載ってきてもらったりしたらもう、、動けませんから。
    何か用事があっても、動ける家族が率先して代理で動きます。だって猫様がくつろいでらっしゃるんだもの・・・って思考です。

    ユーザーID:1611601371

  • 下僕でもあり友人でもあり

    最近、柴犬をはじめとする日本犬ブームが起こってますよね。
    彼らの魅力は「自分を持ってる」ことだそうです。
    「散歩から帰りたくない」って、イヤイヤしてる柴犬の画像なんかを見てると分かりますよね。
    多くの西洋犬のお返事が「はい!」か「はぁい……」であるのに対し、強い意思を感じる。そこが可愛いという訳。

    さて、猫です。
    猫の「ノーというスキル」は高く、しかもそれが可愛いのです。

    例えば
    猫「うにゃー(お腹すいた)」
    私「はいどうぞ」缶詰をあける
    猫「……(これじゃない)」
    私「あれ、お腹すいてなかったかな?」
    猫「にゃー!(すいてるわ!)」
    私「あ、ごめん、こっちが良かったかな」次の缶詰をあける
    猫「むしゃむしゃ(やっと分かったようね)」

    例えば
    猫「にゃー(膝にのりたい)」
    私「はいどうぞ」
    猫「にゃー(撫でて)」
    私「うんうん、かわいいね、なでなでしようねー」
    猫「ふにゃー!(違う、そこじゃない!)」

    このような会話を続けているうちに、いつの間にか猫に気に入られようとしている自分に気付く。また、猫の言いたい事が分かってくる、その喜びに目覚める。
    それを「下僕になる」と自嘲(=自慢)して言ったりもしますが、
    結局のところ、猫とコミュニケーションしてる時間がひたすら楽しいだけなんです。
    時に子どものようにぐずったり、たまに親のように面倒見がよく、友人のように話を聞いて慰めてくれたりと、色んな魅力があるのです、猫って。

    ユーザーID:9277880957

  • どうしても我慢が必要なことも

    >猫を飼ったら猫も人もストレスなく暮らせる環境づくり

    本当にそうなったら楽園ですが、無理です。
    どうしてもある程度は人間は犠牲(下僕)になるし、人間が快適になろうとすると猫にストレスがでます。

    まず最初の試練は「朝のごはん催促」でした。
    朝の4時になると「お腹すいたーお腹すいたー」とおこしに来ます。
    時にはどすんと布団の上に上ります。
    自動給餌器を買っても、朝の「あそぼー」攻撃は完全には無くなりません。
    ケージに閉じ込めますか?
    猫にストレスがかかりますよ。

    パソコンをやってると「何やってるのー」とキーボードを横切ります。
    テレビを見ていると「僕をみて」と画面の前に立ちます。

    こういうストレスを聞いてどう思いますか?
    そんなの嫌だ―と思ったら、猫を飼うのをもう一度考え直してみてください。
    でも、それでも猫を飼ってしまい、もおおーと思いながら溺愛してしまうのですけれど。

    ユーザーID:3559932162

  • 猫は犬を飼うより5倍楽ですよ〜

    あはは、楽しいトピをありがとうございます。
    当方、猫も犬も飼ったことがあります。「かかる労力」という点では猫は犬より全然楽ですよ(散歩もいらないし、構ってちゃんじゃないし)。

    「下僕」...ふふ、これは「ツンデレ猫に遣える嬉しさ」を表した言葉です。トピ主さんはツンデレ、好きですか? それなら猫を飼う資格十分です。

    もし「構って構って、大好き大好き!」とくっついてくるペットを御所望なら...アメショの男の子とか、メインクーンなどいかがでしょう。

    犬もいいですが、猫も別の意味での可愛さ、楽しさがありますよ。グッドラック!

    ユーザーID:8755048603

  • やめるべき

    ご本人がご自覚されている通りです。
    覚悟がない、違和感、馴染めないと悩んでいることが答えです。

    ・私には猫飼いの素質がないのか?
    ・こんな人間は猫を飼ってはいけないのか?
    ・私のような感覚の人間が猫を飼うのは厳しいと思いますか?
    答えは全てYES。本当はご自分でわかっていらっしゃるから出る言葉たちです。

    これが受験や何か他のチャレンジなら挑戦してみてもいいけど、ペットや下僕云々関係なく猫は生き物、命。悩みながら覚悟もなくお迎えするものではありません。
    ご縁があるときは迷いなく(覚悟を持って)お迎えできるものです。
    言葉尻に引っかかって悩んでる時点で、あなたは猫とご縁がない、または今はその時じゃないということ。

    ユーザーID:3826814212

  • 気にしたことないですが...

    言われてみれば下僕ですかね。笑
    我が家は猫2匹飼っており、内1匹は僕の部屋で生活してます!
    でも布団のど真ん中で寝るや使ってる枕に頭を乗せて寝るとか、そんなぐらいですよ!笑
    少し前に亡くなった猫ちゃんはエサをくれー!と鳴くぐらいでした!
    態度とか見てると自分(猫)上って感じでしたが...
    下僕と言っても命令される訳ではないので、あまり気にされない方が良いのでは!
    ただ飼うとしたら、当たり前のことですが、最後まで責任持って面倒を見て下さいね!

    ユーザーID:7783837836

  • 恋人のような

    猫を二十数年、切れ間なく4匹飼ってきました。
    全員保護猫で、みな長生きしました。今の猫は4歳くらいです。

    我が家は夫と私の二人暮らしですが、女性になつくのか、
    常に私の後を追ってきます。
    トイレに行くにもついてきますし、お風呂もドアの前に座って待っています。
    気づくと私を見ています。

    夫の目を盗んで、私の膝に乗り、顔を近づけてきます。
    たまに邪魔なので、膝から降ろすとまた乗ってきて、うっとりとした目で見ています。

    今まで一緒に暮らした猫たちは個性はそれぞれ違いますが、私に対する態度は
    みんなこんな感じでした。

    下僕だと感じたことはないですね…
    どちらかと言うと…
    猫にとってのアイドル?猫の恋人?(もういいおばちゃんですが)
    のようだなと思っています。

    猫は猫です。
    かわいがり病気に注意し、餌に気をつけ、大切にしなくてはならないのは
    もちろんですが、あとは飼い主さんの個性のままに愛せばよいのではないかと
    思います。

    ユーザーID:9955510003

  • そう思いながら

    お世話するのが楽しいって事だと思います。
    私自身は小さな子供たちの母親という気持ちでお世話してます。
    小さな子供だって躾けは大事だけど限界がありますよね。
    危ないものを手の届かない高いところに置くとか
    ある程度は子供に合わせますよね。
    それを下僕とは言いませんよね。
    だけどお猫様の気にいるようにと考えればそうなるし
    人それぞれ思いたいように思えば良いんです。
    下僕と思いたくないならそれで良いんです。

    ユーザーID:4866576045

  • ユーモア

    主人であろうと下僕であろうと、人間さまがやらなきゃならないことは同じです。
    ペットの健康管理をして、人間に被害が及ばないようにする。
    シンプルにいうとこれだけ。

    他の方もレスなさっていますが、動物は言葉が通じません。
    少なくとも、人間にわかるように相手はおしゃべりしません。
    こちらが観察して、推測して、あれこれやってみるしかないので、手間がかかります。
    下僕っぽいと言えば言えますが、上下というよりも、保護がその中心にあります。
    猫好きは、ほかの人にくらべて、その単語から連想するような上下関係を重視していないかもしれませんが。

    もちろん人間と猫との間に、越えられない壁があることは踏まえています。
    でも、弱い命を優先せざるをえないこともあります。
    こなると人間が猫に翻弄されているように見えますよね。
    いくら猫を抱き締めて「世界一かわいい。もう大好き」と叫んでいてもね。

    では、喜んで世話できない人は、猫嫌いになるしかないのか? 
    そんなことないですよ。淡々とやればいい。

    下僕発言は、その手間を乗り越えている人がいうと、ユーモアになるということは言えます。
    犠牲を払っていないのなら、そこまでの真剣さも愛情も試されていないということでもあるので、下僕になる発言はいわば、名誉の負傷に近いトロフィー感覚のあるときも成り立つのではないかと私はにらんでおります。
    どこまで犠牲を払えと強制するものはおりませんのでご心配なく。
    しかし、猫がいるとできなくなることもあるので、それは折り合いをつけるしかないでしょう。
    下僕と言わずとも、人間さまがやらなきゃならないことは同じなのですから。

    ユーザーID:2765199395

  • 下僕ねぇ・・・・笑

    3年前に瀕死の子猫を拾いました、その時は命を救いたい一心だったので覚悟も何もなかったです。
    今ではわがままで甘えん坊の末の娘状態、でも我が家の宝物です。
    家族全員揃ってないとイヤみたいで皆をリビングに呼び集め皆が笑っていると大はしゃぎ、娘達が喧嘩を始めると仲裁に入るしイタズラも粗相も殆どないし・・・・。
    寂しがりやでかまってチャンな所が今までの猫のイメージと違いましたがこの末娘が来て家族の笑顔が今までより増えた事は事実です。
    下僕かどうかなんてどうでもいい、幸せが増えた事実が我が家では大事な事なんです。

    ユーザーID:2468801791

  • 言葉のあや

    猫が居ると溺愛してメロメロになり、猫中心の生活になってしまう、それを自虐ネタで「しもべ」と呼んでいるだけのこと。

    別に、覚悟なんて全く要りませんよ。
    自然に、そうなってしまうので。

    犬の場合、きちんと躾けないといけないし、犬を猫可愛がりすると人間より地位が上と勘違いさせてしまいます。
    犬を飼うときは、人間がちゃんと「主人」にならないといけないから、それなりに緊張感が必要ですよね。
    犬も可愛いですが、メロメロになり過ぎると付け上がらせるので、セーブしなければなりません。

    でも、猫は楽です。
    人間が「主人」としてきちんとしている必要がないんで。

    猫は、どんなに猫可愛がりしても良いんです。
    あまりにもメロメロになっている自分の状態が、下僕のようだという、ただのネタです。

    ユーザーID:1392483365

  • 絵本のタイトルより

    「下僕」という言葉に、拒否反応を示されている人もいますが、
    「わたしのげぼく」という、絵本のタイトルから取っているだけでしょう。

    猫と飼い主の、あたたかい愛情の絵本で
    「わたしのげぼく」という作品があります。

    絵本の中で、
    猫が、愛する飼い主をそうやって表現していますが、
    「下僕」を、文字通りに取らない方がいいと思います。

    ユーザーID:7918448531

  • 僕(しもべ)ですが何か?

    猫が膝の上で寝ていると足がしびれてきても我慢。若しくはトイレに行きたくなってもギリギリまで我慢。 

    こんなに猫のために耐えているのに、猫が飛んでいる虫に興味を持ってあっさり離れて行ってしまっても許せちゃう。 

    夫に「猫が乗っかってるから動けない〜」と用事を頼まれると快くやってしまう。 夫にも同じ理由で頼みごとをする (ちょっとそれ取って。電気つけて、など)。 

    掃除機をかけようと思っても、猫が気持ちよさそうに寝てたりすると申し訳ないのでやめる。 

    自分が甘えてくる時はゴロゴロ言いながら乗っかってくるけど、こっちから抱っこしようとするとプイっとあっちに行ってしまう。 そんなところがカワイイと思う。 

    ユーザーID:4487815196

  • それは単なるイメージ

    病気で亡くしたため、今はもうおりませんがお猫さまと一緒に暮らしていました。
    別に下僕になるつもりで迎え入れたお猫さまではありませんでしたが、気付いたら家族が全員いつの間にかお猫さまの下僕と化していました。
    別に自分はお猫さまの下僕である、という意識はなかったですが、生活や気持ちはどう考えても下僕状態でしたが、我が家は全員それで幸せでした。

    ユーザーID:2948663111

  • 犬のような猫ですよ うちのこは

    このこしか知らないので、他はわからないのですが。

    子どもが拾ってきた小さな子猫を行きがかり上仕方なく15年飼ってます。

    結局子どもは部活だデートだと不在がち。
    責任持って世話するのは私。

    猫への知識ゼロ。

    人間の子を育てる感覚で、わりと厳しく育てました。

    あまり仲はよくなかったです。
    興味ないですし。元々猫は苦手で擦り寄られるのも好きでない。
    世話担当。叱りますし。可愛がるのは子や夫。

    ところがある日、私の不注意で野良猫が侵入し、うちのとケンカし大怪我を。
    私は責任を感じ寝ずに看病しました。

    それからは…
    妙に友情というか、あちらに義理とか人情でもあるかのようちに、私が落ち込んでいると励ましに来るようになったのです!

    子ども反抗期には、私に寄り添ってペロペロ。
    夫と義親の無理難題で口論になったときは、なぜか突如夫に噛み付きました。

    なぜ?

    私の印象は、猫って自由だ気ままだと言われているけれど、意外と情のある、義理堅い面もあるのかな?という感じ。

    そして賢い。言葉が通じる。

    下僕どころか、いい友人。

    現在は毎夜もふもふに顔を埋めて眠る日々です…

    いつか犬を飼うのが夢だったのに、謎に夫に猫の方が向いているのでは?と指摘されました。

    ユーザーID:2661667208

  • 覚悟なんて必要ない

    猫とともに生活をしてみれば、いつの間にか勝手に「下僕」になってます。
    安心してください。笑

    ユーザーID:0581474825

  • そういえば、いつの間にか下僕になってました

    なろうと思ってなったのではなく、気づいたらなってましたね〜

    仕事から帰ったらまずご挨拶をしてカリカリをあげて、膝の上でマッサージです。

    「ゴロゴロ」喉をならしてご機嫌をなおしてくれます。

    うちでは、膝に猫が乗っている人は何でも免除されます。(食器の片付けなど)




    もちろん、外泊などしません。

    デリケートな子なので心配で一泊でも空けられません。


    だって、メロメロですもの。

    ユーザーID:3096756820

  • 自虐ネタでしょ。

    猫を飼ってみたら可愛くて可愛くて、結果的に下僕のような生活になった
    っていうだけじゃないでしょうか。
    犬飼いの人だって、犬を従えてる人もいれば
    デレッデレの下僕になってる人だっているじゃない。

    まぁ、でも我慢してくれる犬とちがって
    猫は飼い主の事情など忖度しないのは事実みたいです。
    甘えたい時に甘え、気が向かない時はとことん冷たいらしいです。
    トピ主さんみたいな人は子猫じゃなくてある程度育ってて
    家猫修行が済んでて、性格も安定した成猫を譲渡してもらえばいいんじゃないかな。

    ユーザーID:4483070452

  • 猫飼ってます

    わたしもねこ2匹と暮らしています
    犬と比べて、猫は自由に生きています。好きな時に、好きな場所で、好きなことして過ごしています。こっちが遊びたくても興味がなければ無関心ですし、忙しくてもかまってもらいたくなったらスリスリしてきたり、パソコンの上にのぼったりと邪魔してきます。猫のペースを乱さない暮らしをすると言う意味では下僕なのかもしれませんが、うちは対等だと思ってますよ!同じ家族!
    一緒に寝ますし、気がついたら寄り添ってくれています。とても可愛く、癒される存在です。
    猫ちゃんについてとても真剣に考えてくださっているので、良い関係を築いていってほしいです

    ユーザーID:6500945154

  • そう言う人もいますよね。人それぞれだと思います。

    こんにちは。私は実家で猫三匹飼っています。
    親が基本お世話をしてくれる感じですが。朝ごはんは私があげてます。トイレとかをチェックしたり。
    私は動物看護師です。いろんな方がいます。
    とにかく自分の宝物!や、娘息子みたいにものすごく愛情を持って自分よりとにかくその子優先!と言う方もいたり、本当に飼ってるだけみたいな方もいます。そういう方は病院に連れてこなかったり連れてきても手遅れ、なんでここまでほっといた?!みたいな方もいます。

    私は、飼った以上、ワクチンや身体にいいご飯、毎日のトイレチェック、定期的な健康診断などはしてあげて欲しいです。責任を持って飼って欲しいです。
    一週間シートを変えなくておっけー!みたいなトイレもありますが私たちからすればありえません。膀胱炎の元となったりしますから。


    猫ちゃんもいろんな猫ちゃんがいますよ、うちの子はみんな甘えん坊なので私か母親が家にいないとストレスで膀胱炎になる子もいます笑
    他の人じゃダメなんです、ペットホテルやペットシッターでもダメでした。
    手のかからない子もいますよね、とりあえずご飯さえくれればいいみたいな!そういう子だと飼いやすいと思いますよ。


    猫は好きになったら最後、本当に自分はこの子の下僕なんだ、下僕でも幸せと思えます笑笑

    ユーザーID:7499330285

  • 猫の性格にもよりますね

    今まで何匹も猫を飼ってきて思うのは、猫によって性格は全然違うって事です。
    現在は2匹の猫を飼っていますが、そのうちの1匹(上の子)は超ヤンチャでイタズラ好き。
    しかも甘えっ子で要求鳴きがすごいです。
    下手したら大音量で1時間に100回は鳴いてます。
    朝3時〜4時に起こされますよ。
    起きないとトイレ砂をひっくり返したり、壁に穴を開けたり、加湿器をひっくり返して部屋を荒らされます。
    無視したり諭したり叱ったりしたけど、効果は皆無。結局人間が折れるしかありませんでした。

    もう一匹(下の子)は、性格も大人しく、イタズラとか要求鳴きはしません。
    (叱れば理解できるタイプ)
    でも、超がつく偏食家です。
    嫌いなフードは何が何でも食べないので、これまでどれだけのフードが無駄になったことか。
    よく、お腹が空けば猫も諦めて食べるからそれまで待ちましょう、と言われるのですが、とんでもないです。
    うちの子は嫌いなものは何日経っても絶対に食べません。
    私が猫のフードを手作りすることになったのは、この子の偏食が原因です。

    私もトピ主さんのように、猫を飼う前はペットはペットって思っていました。
    でもはたから見れば、今の私は立派な下僕に成り下がっていると思います。
    猫に要求されるがままに動いていますからね。
    当然、生活は猫中心です。
    (私としては下僕というよりは親の心境なんですが)

    トピ主さんは保護猫をお考えですよね。
    でしたら、メスの大人猫の方が良いかも。
    メスはオスよりも大人しくて自立している子が多く、飼い主と適度な距離を持って接してくれる可能性が高いです。
    トピ主さんが猫の下僕になる必要はありませんが、猫には自分の子供に接するように、親のような気持ちで接してあげて欲しいな。

    ユーザーID:0118506805

  • ノロケの一種です

    猫の下僕。
    えぇ、私はその様に自称しております。
    だけど別に、常に「お猫様ファースト」の生活をしている訳ではありません。

    例えば「猫が膝の上にいるから動けない」なんて聞いた事ありませんか?
    あれは本当のところ、動けないのではなく動きたくないだけなのです。
    どうしても動かなければならない時は、猫に膝から降りてもらいますよ。

    まぁ「下僕」と自称するのは、一種のノロケです。

    お猫様はお気に入りの人間にしか心を許しませんので、いかに自分が心を許されているかと言う事を、自虐ネタにして歪曲的に自慢してるんですね。
    直訳すると、「私はこんなにお猫様から愛されてるのよ〜。そしても私も愛してるっ。相思相愛で〜す」って意味です。
    でも、そんな事を声高に言うのは流石に恥ずかしいですし、聞かされる方も困るでしょ?
    ま、嬉々として下僕って言われても困るか。(笑)

    >猫も人もストレスなく暮らせる環境づくりを心がけたいと思います

    私も同じような気持ちで長年猫と暮らしてますから、トピ主さんが猫と暮らす事を特段厳しいとは思いませんよ。
    ま、覚悟なんてなくっても、飼っている内に、自然と下僕化していくと思いますけどね。(笑)

    運命の猫ちゃんに出会えるといいですね。

    ユーザーID:1929027254

  • 猫による??

    私が飼っていたのは、シャム猫の雌猫なんですが、
    とてもプライドが高く、わがまま、ツンデレな感じ。
    完全に下僕でしたわ(汗)
    でも、とても美しく魅力的なので、喜んで下僕になっていたような(笑)
    小悪魔な女性に惹かれる男性の気持ちがよくわかりました。

    でも、とてもフレンドリーで優しい性格の猫もいるので、
    そういう場合は下僕という関係にはならない気がします。
    雌猫よりは雄猫の方が優しい甘えん坊が多いと猫好きの友達は言ってましたね。

    ユーザーID:5863119594

  • 犬にしとけば?

    犬は社会性の動物だから群れのリーダーである飼い主の生活に合わせてくれるけど、猫は単独行動の動物で群れを作りません。
    群れがなければリーダーもないので、

    >まず人の生活があってその後に

    が通用せず、「まず猫の生活があって、それに合わせて人」になります。
    猫は身分の上下なんか考えないけど、人間は人間社会を猫に投影して「要求する側がご主人さま、奉仕する側が下僕」とみなしちゃうんですよね。

    まれに社会性のある妙に犬っぽい性格の猫もいますが、大多数の猫は飼い主のいいつけを守ろうなんて考えませんし、熱帯魚やハムスターと違って行動力があり室内をけっこう荒らします。
    棚の上の物を落とされたり、寝ている自分の腹の上に飛び乗られて「ぐふっ!」となったりした時に、叱りつけたり罰を与えたりしたくなるようなら、猫は飼わないほうがいいでしょう。

    てか、なんで犬にしないの?

    >まず人の生活があってその後に

    この位置にペット置くなら犬が最適じゃん。
    わざわざ猫飼育にチャレンジしなくても、犬でいいのに。

    ユーザーID:5598930867

  • レスします

    動物の下僕になりたくて飼う人はいませんものね。主様のためらいはもっともだと思います。
    ですが、結果そうなってしまうんですよ。可愛さの余りに(笑)
    私も初めて猫を飼うことになって10年近くになりますが、あの犬にはないツンデレっぷりは飼ってみないとわからないと思います。
    また、それが猫のいいところなんです。
    下僕になる気はないのに、猫の気を引くために次々におもちゃやフードを買ったり、猫じゃらしで気を引きたくてご機嫌うかがいをしたり、結果、下僕のようになってしまうだけです。
    どうか安心して猫を飼ってください。

    ユーザーID:0566227232

  • 嬉々として猫のばあやを名乗っている一人です。

    犬は集団生活者であり群のリーダーに絶対服従します。
    野生のイヌ科動物の生態をネイチャー番組で観ると、食事の順番から何から何までが序列によって厳格に決っています。
    群の秩序に逆らえば集団で制裁され、片目や片耳、片脚を失うほどの大怪我を負わされることもあります。
    それでも下位の犬は群から離れません。集団生活者は一人では生きれないからです。

    犬を飼う場合この習性を利用して「人間がリーダーである」と躾ければ犬は逆らえません。
    飼主に酷い虐待を受けてもなお主人のそばを離れようとしないない犬が時折メディアで紹介され涙を誘いますが、
    それは彼らの本能なのです。

    翻って猫は単独生活者です。
    野良猫の母親は子供が生後4ヶ月にもなれば力づくで縄張りから追い出します。
    4ヶ月というとちょうどペットショップで売られているくらい、人間年齢に換算して僅か7歳の子供です。
    わずか7歳で一人立ちして生き抜くために、天は猫に強烈な自我を与えました。
    なので人間が躾と称して人間のご都合を押し付けても彼らは頑として従いません。
    他者と縄張を共有する習性のない彼らにとって、干渉してくる人間は単なる迷惑な縄張侵害者です。

    なので猫と暮らすコツは「過干渉しない同居人」になること。
    猫に「こいつは余り目障りじゃないから縄張に居候させてやってもまあ、いいか」と認識されること。
    さもなくば甲斐甲斐しく世話を焼き「あなたは、もしかして生き別れたお母さん?」と誤認識させ幼児返りさせること。
    母猫(代り)と認識すれば猫はだいぶん従順になります。
    ただし人間の幼児と同様程度にはやらかしますし、広い心で我慢するのは母の務めです
    私は30年ほど「乳母でございます」の気持ちで複数の猫を飼ってきました。
    これを下僕と言う人もいます。

    下僕になりたくなければ過干渉しない同居人を守って下さい。
    それすら嫌!なら猫飼いは勧めません。

    ユーザーID:8900004187

  • 犬は従順ですが、猫はきままなので

    犬は飼い主を主と決めたら大人しくなでさせてくれるし、人間のタイミングで構ってやることができます。

    が、猫は気ままなので、人間が撫でたくて手を出しても気が乗らなければスッと避ける。機嫌が悪ければ威嚇する。どころか爪装備の猫パンチが飛んでくる。
    遊びたいと強請ってきた時に遊んでやらないと、5分後にはどれだけおもちゃを動かしてもスルーされてしまう。
    トイレも、使用後すぐに掃除しないと嫌がって別の場所をトイレにされてしまったり。

    人間のタイミングでできる世話なんて精々が餌やりとシャンプーくらい。
    それだって、朝、猫がお腹が空けばたたき起こされる、なんて話も聞きます。(友人は本棚からお腹の上にダイブされると言ってました)

    色んな事を猫の機嫌に合わせなければいけないので、まるで気まぐれな主に使えてるみたいだから下僕、と称するんですよ。

    自分のタイミングで世話をしたいのであれば、犬を飼うことをお勧めします。

    ユーザーID:5032795671

  • 猫を飼っていますが

    ペットではなく、家族の一員だと思っています。自分を下僕という表現もどうかと思いますが、例えるなら子供と一緒なので、自分は親の感覚なのかなと思います。

    考え方は人それぞれかと思いますが、「あくまでもペット」と言い切る貴方のような考え方は個人的に好きではありません。ただ、そうだからといって、猫を飼う資格がないとまでは言い切れないとは思います。
    考え方はさておき、貴方なりの猫との関係を築けたら良いのではないでしょうか。

    1つだけ言えるのは、大事な命を預っているという意識が持てないのであれば、猫に限らず動物はお迎えしない方が良いという事です。

    ユーザーID:4013980334

  • 猫を飼ってます

    今は犬よりも猫の方が人気ですよね
    うちの猫は生後2ケ月の時に、ブリーダーさんから我が家に来ました
    今年の4月11日で、12才になります
    10年以上一緒に生活してますが、私はねこさまの下僕でもなんでもないですよ

    ユーザーID:0969123220

  • ネコは飼い主に尽くしません

    関係性をそういう風に表現する人が多いですが、大げさな言い方です。人とネコの関係性は、ほかのペットとはちょっと違うというだけのことです。犬だとなつくことで上下関係が生まれ、人の言うことも効くようになりますが、ネコはなついても人の言うことはあまり聞かないことが多いです。これを指して下僕って言ってんだろうなあ、とは思うけど、上下関係ではないです。基本的にネコは、ひとには無関心だってだけのことです。

    ユーザーID:1732279462

  • そんなことはないと思います

    わたしも猫飼ってます。4匹目です。
    でも、今まで下僕とかそんな風に考えたことはないかな。
    友達、みたいな感じです。あとはよく寝る子供かな。
    猫カフェの人やご友人は、下僕と言っている時、嬉しそうではなかったですか?
    軽くジョーク交じりの言い方なんじゃないですかね。
    猫は犬と性質が違うので、人間に合わせたりはしないです。そういうとこかな。
    猫好きはそれを楽しんでますよ。
    でもうちの子は甘えん坊でどこにでもついてきて、抱っこが大好きで可愛いです。
    一つ言うならば、外に連れ出すとナワバリの外に出ることになるので
    ペットホテルに預けたりするとストレスがかかり病気になったりします。
    旅行などの不在は難しくなるかもしれません。どなたかに鍵を預けてお世話をしてもらう必要があります。
    環境が整っているのであれば、ぜひ迎え入れてあげてください。
    猫とのステキな生活が送れるといいですね。

    ユーザーID:4898649796

  • 下僕という言葉に反応しすぎでは?

    猫2匹と暮らしていますが、自身が下僕だとは思いません(他者へ冗談めかして言うことはありますが)。「お母さん」だと思っています。
    動物は飼い主を選べず、言いたいことがあっても言葉で伝えることができません。ですから常に神経を張って、ストレスがないか、幸せに暮らせているか気を配る必要があります。
    トピ主さんの「ペットはあくまでペット」という考えも間違っていませんが、そういった心配り、努力を惜しむという意味であるなら飼うべきでないと思います。
    ちなみに、当方犬や鳥も飼ったことがありますが、猫は彼らに比べて感情や体調を読み取るのがとても難しい生き物だと感じます。我が家の猫も、なんか調子よくないな…と思い病院に連れていったら既に腎不全が進行していました(現在、毎日輸液と投薬をしています)。
    犬でも猫でも関係ない、自分の子どもと同じように大切にしていただきたい。それが無理なら飼わないほうが賢明です。

    ユーザーID:8684125586

  • 強制的に下僕になるわけじゃない

    あくまで気が付くとそうなっていた、という人が多いだけです。

    別にそうならないとダメという意味ではありませんよ。

    私自身はネコを飼っていて、世話もしているし可愛がってもいますが
    下僕だとは思っていません。

    また、しつけができないというのも間違いです。
    もちろん個体差はありますが。

    犬のように訓練したら出来るようになるという事ではなく
    何度も繰り返し教えると、理解でいているという事です。
    それを必ず無条件であるいは条件反射のようにするという事ではありません。
    わかったうえでやらないという態度をとることもあるという事です。

    >以前犬を飼っていましたが、まず人の生活があってその後に犬、という感じでした。

    犬ほど面倒を見る必要はありませんよ。
    散歩も必要ないし、結構勝手に遊んでいたりもしますが、犬ほど長時間は遊びません。
    数分走り回ったら、寝てたりします。
    寝る子と書いてネコというんじゃないかってぐらいです。

    なので逆に飼い主がもっと構ってほしいと思うほどです。
    飼い主の方が、お願い遊んで、触らせて、ってな具合にです。
    犬と違って気分が乗らないと遊んではくれませんから。
    そういう意味でも下僕という比喩が出てきてしまうという事です。

    まぁでも不安があるなら飼うのはやめておいてください。

    ユーザーID:0259785979

  • 下僕っていうか

    「小さな可愛い子供(大好きな人でもいいけど)がいて、その子(人)がなるべく喜ぶよう、危なくないようにしてあげる」みたいな事ですよ。
    猫だって甘やかせばワガママになるけど、人間の子供みたいに外で他人に迷惑をかけるわけでもないので、猫の好きなようにさせているだけです。
    逆にちゃんと注意すれば「ダメ」が解るようになる猫もいます。
    正直、猫が死ぬまで飼う覚悟さえあればそこまで真剣に悩む事でもないと思います。
    ただ猫にも性格がありますので、本当にべったりな個体もいますし、ずっと飼っていてもそうでもない子もいるでしょう。
    甘えっ子な猫だって、すぐにそうなる訳でもなくて、だんだんと心を許してくれてるなと何年もかかって感じる事もあります。
    ひとついえるのは「猫は死ぬまでずーっと可愛くなり続ける」という事です。
    猫好きな人はみなそう思っていると思いますよ。

    ユーザーID:3819308393

  • 大丈夫

    下僕ってのは面白く言っただけで、みなさんやってることはペットの世話をしているってだけだと思います。

    例えば、ちゃんとお礼をいって感謝してくれる相手にご飯を用意するのは普通のことですよね。
    人間なら、それは家族でも友達でも、感謝の気持ちと引き替えだから対等な関係です。
    犬なんかも、そういう安定した主従関係があるんじゃないでしょうか。

    そこが、、猫の性格だと、、、世話係だからといってお礼は言わないし、媚も売らない。
    日頃の世話に感謝されてるかと思いきや、気分がのらないと触らせてもくれない、、みたいな自分勝手さなんです。

    なのに、自分の方は毎日きちんとした世話はしてるわけですから、対等な関係じゃない気がしてくるんです。=下僕

    もうちょっと、自分を振り向いてよー、かまってよー、と人間の方が思ってしまう。
    そのためにちょっといいオヤツを買ってみたり、居心地のよいベッドを用意してしまう。=下僕

    まあ、結果的になるもので、最初から下僕の人なんていませんよ。

    ユーザーID:8637239090

  • 案ずるより

    恐らく不安は杞憂に終わるのではないかと。
    猫が犬のように言うことを聞かないと理解していれば、
    あとはお互いに同じ空間で気ままに過ごせば良いのでは。
    構って欲しければ猫から寄ってくるでしょうし、
    こちらから撫でても大きな拒絶はされないでしょう。
    猫の好きにさせる、それが猫中心の下僕生活ではないでしょうか。
    自由気ままに振る舞う猫の姿は、とても美しくて可愛くて魅力的ですよ。

    ユーザーID:2147738605

  • ちょっと笑った

    >「猫はペットではなく、人間が猫の下僕。猫中心の生活を送っている。猫と暮らす人は皆そうだ」

    あははは、大袈裟に表現しているんじゃないかしら。

    私は子供のころから猫と暮らしてきましたが(現在夫婦で2匹の小僧どもを飼っている)、下僕化したことないですよ。

    あくまでも対等だと思っています。
    ついでに言えば子育てと同じ感覚ですね。

    悪いことをしたら「メ!」
    おりこうさんにしていれば褒める。

    遊んでくれコールがあっても、こちらが作業中であれば「今〇〇している最中だから、終わるまで待っててね。」と言うしね。
    うちの小僧どもはそれでちんまり待っててくれていますよ。

    自宅で仕事をすることが多いのですが、上記のように「待っててね」といいあすと書斎の入り口までお気に入りのおもちゃを咥えてきて鎮座して待っています(笑

    まるでワンコのようだ。

    時折撫でて欲しくて足元におでこをつけに来ますけれど、そのくらいはリクエストに応じますけどね。

    奴等の腹時計は正確で、毎回朝7時には「ニャーン ウニャウニャァーン」という甘い鳴き声でおこしにきますので寝覚ましいらず。
    これって別に下僕ではないですよね。

    夕方5時半になると弟分がご飯の催促に着ますが「あと30分あるでしょ?」と言うとションボリして立ち去り、15分経過したころにまたやってきては「あと15分でしょ?」というとまた立ち去り(笑

    で、夕方6時に「さー!お皿洗うぞー!」というと二匹が勇んで洗面台へGO.
    餌皿を洗面所で洗いますのでね。

    下僕じゃないですよ。

    私が外出仕事に出るときは、ニイチャン猫に「お留守番、よろしく頼みますよ!」といいますと、シッポピーンで「まかせとけ!」とばかりにウニャーンと鳴いて見送ってくれます。

    猫飼いは下僕?
    変なの。

    ユーザーID:0594688576

  • 全然、大丈夫

    私も15歳の猫を二匹飼っていますし、猫飼い歴も30年ですけど、
    「まず人間の生活が一番。」ですし、猫は猫です。
    猫への思い入れは人それぞれでしょうが「ペットとして大事」だと思っていれば十分だと思います。

    猫飼いの人が自分を「下僕」というのは、一種、言葉の遊びですよ。

    犬と違って猫の性質はかなりの自分勝手なので、猫にマジメに向き合っていてると、まるで下僕のように振り回されてしまう、という自虐なんです。

    実際に飼っていると、しょせんペットと思いながらも、しなやかな手わざり、姿形、そのわがままな態度にも、悔しいけども心持っていかれるのです。
    ちょっと小悪魔的彼女と付き合ってるぐらいの、感情の駆け引きを猫としてしまう。

    例えば、ひざに乗られたり布団に入ってこられたりすると嬉しくて動けないんです。どんなに苦しい体勢でも寝返りもうたないで我慢しちゃう。出て行かれたくないから。猫を味わっていたいから。
    下手に動くと「このベッド寝心地悪いにゃ」とばかりに即離れていきますからね。

    つまり相手をどれぐらい欲しているかのバランスが、人間からの片思い状態になるのでつい猫の機嫌をとる。
    そういう自分を「下僕」と思う時があります。

    でも、私は猫は猫だとおもってますよ。
    普通にペットとして世話するだけで十分なんです。
    でも猫の魅力にはまり、まるで下僕のように振り回されることもある、というだけです。

    ユーザーID:8637239090

  • 猫の個体差にもよるでしょ。

    初めて猫と暮らし初めて3ヶ月が過ぎました、
    私は超犬派で猫と暮らすなんて有り得ないと思う程猫は好きではなかった位。
    私達夫婦が迎えたのは地域で暮らしていた去勢済みの成猫、
    偶然見掛けご飯をあげる内何故こんな良い子が外に!?と。
    家には鳥がいて悩みはしましたがドアを隔てて暮らす事に。

    最初は戸惑いましたね犬との違いに…、
    行動なんて意味不明でどう接したら良いか本当に分からずパニックです。
    でもウチの子は他所の子とはやっぱり違うんですよ、
    外で生まれ暮らしやってきたせいなのか元々の性格なのか…。
    生まれた時から知ってるエサやりさんの話では甘え上手であちこちでご飯を貰えていたらしいですが。
    今では猫スペースにある全ての部屋のドアは開け行き来出来る様にしていますが、
    こそッとベッドにやって来て静かに寝て明け方静かに自分の部屋に戻ります。
    声も出さないしお腹が減ったと起こす事も今はまだないです、
    行き来は出来るんですから起こそうと思えば出来るんですけどねしません。
    目覚ましで人間が起きそれからにゃ〜です。

    私も何かの下僕になる気はありません。
    実家では犬がいますが結婚する前は犬を優先的に考える生活で、
    中心ではなく優先と言う考えです。
    自分でご飯を調達しウンチを片付けられるのであれば犬や猫にして貰いますが、
    そうは出来ないのですから犬や猫を優先しなければいけません、ただそれだけの事。
    特に我が家では鳥スペースと分けているのでどちらも寂しい思いはさせない様にとは考えています。
    2歳まで外で兄弟や仲間とじゃれ合い遊んで来た子を、
    ある意味拉致して来た(来たいとは言ってませんしね)んですから寂しい思いをさせたら意味はないですし。

    下僕なんて言いたくなきゃ言わなければ良いと思うけど。
    悶々とせず自分なりに可愛がれば良いだけの事かと。

    ユーザーID:8707395954

  • 忍耐‥…。

    大丈夫、『猫』ちゃんが躾けてくれますから‥。

    忍耐強く日夜お世話してれば、主従関係が自ずと決まるものです。

    とは言え、その仕草、寝ている様、本能的?甘え上手…もうメロメロ。

    帰宅すれば、お出迎えの挨拶。
    お腹が空いたと見上げる眼。
    食べさせて~ と、タンタン タッチ。
    遊んで欲しくて、足首に纏わりつく。
    夜中も遊んで~と、お構い無しにお腹の上に踏み上がり、顔に「にゃぁ~」。
    寝たふりしてても『音がするもの』『大事なもの』を選んで落とし、反応を愉しんでる。
    洗面所では前脚伸ばし「水、呑みたいよ~」アピール。
    とことこ「ふ~んにゃ」(誰も、遊んでくれないよ~) と、見あげる。
    オシッコ&ウンチをした後「にゃ~、にゃ」知らせに来るから「ハイハイ、お利口さん。片付けさせて貰いますよ~」

    虜になって『猫グッズ』も増えたりして‥
    『戌年.子年』に関係なく『我が家のコ1歳!で~す」と、賀状に『猫』プリントも、あるある。

    ユーザーID:2856033835

  • そうなるから大丈夫

    可愛がっているうちに、いつの間にか、「猫の下僕」「猫中心の生活」になってしまい、それが幸せと感じてきますから、大丈夫ですよ。

    心配しないで、どうか『猫様』を飼って、可愛がってあげてくださいな。

    ユーザーID:2010135580

  • やめて

    「下僕」はさておき、猫にゃんの要望に
    どれだけ応えられるか…。
    その過程・行動・ふれあいが「下僕である」と不快に感じるなら、
    猫を飼うのはやめてほしい。

    「下僕」はやや極端な例(?)だとしても、ともかく、
    他の飼い主さんが「猫との幸せ」を感じる事に
    トピ主が、違和感ありありならば
    無理して猫 飼わないでください。

    性格が合わないのかもしれません。
    お互い不幸になり兼ねません。

    ユーザーID:0839100227

  • 私は下僕です

    私の場合です

    食事の好き嫌いあり、好きなフードしか食べないというお嬢様っぷりです
    お嬢さまは、洗い立ての高級毛布がお好みで
    たまに洗おうとすると「余計なことをする」という目つきで睨んできます
    なので、高級毛布の同じものを2枚買う羽目になりました

    仕事と家事に疲れているときでも
    ブラッシングをしろ、撫でろ、遊べ、〇ュールを持ってこいと命令します

    眠る時は、私の足の間がお気に入りらしく
    まともな姿勢では眠れない下僕生活です

    ・・・ですが、仕事から帰宅すると玄関先で待ち受けて甘えたり
    嫌な事があって涙するときには、何気に膝の上に乗ってきて
    私の頬を舐めたり、買い物にいって遅くなった時には
    「遅かったじゃないの!」と言わんばかりに、必死に鳴くお嬢様は
    まさにツンデレ姫で

    下僕人生を満喫してます

     

    ユーザーID:9425796628

  • 私は、下僕ではないです

    我が家は子供がおらず、元保護猫3匹を育てております。
    私たち夫婦は、この子たちの父母という感覚ですね。
    にゃんこの実年齢は、12歳(双子)と5歳です。
    でも、精神年齢は2〜3歳でしょうか。
    とんでもなく運動神経の良い幼児ですね。
    にゃんこを迎える前、多くの本を読んで勉強しましたが、その中に「永遠の3歳児を20年育てる覚悟で迎えるように」というような一文がありました。

    まったくもってその通りだな…と、この10年以上をにゃんこ中心に暮らしておりますよ。
    子育て中の家庭って、きっとお子さん中心でお暮らしのことと思います。
    我が家も、にゃんこ中心。
    特に、上の双子があまり丈夫でなく、病院のお世話になる事も多く目を離したくなかった為、専業主婦としてにゃんこ最優先の生活を送ってきました。
    特に奇特なこととも思っておりませんでしたが。

    一番大変だったのは、私の父の通夜葬儀の時。
    さすがに実子の私が抜けるわけにもいかず、突然すぎてシッターさんを頼む余裕もなく、主人に葬儀場と自宅を何度か行ったり来たりしてもらいました。
    にゃんこ達を放っておけませんもの。

    というか、犬でも同じではないですか?
    相手は言葉の通じない、小さな弱き命です。
    犬は躾が不可欠な分、下僕とはならないのでしょうけど、やはり人間の都合に犬を合わせる暮らしはどうなんでしょうね。

    犬でも猫でも、家庭内で一番弱い存在であることに変わりはありません。
    それを
    「あくまでペット」
    「まずは人の生活」
    と思ってしまう程度の覚悟しか無い方には、動物を迎えないで頂きたいなぁ…と思います。
    そのような方は、是非とも人間だけで生活しておいてくださいませ。

    ユーザーID:9660634118

  • もちろん、それは冗談ですよ

    「猫様のしもべ」云々は猫好きのジョークだと思ってください。

    私個人は、毎日毎夜、愛猫を抱きしめながら「あなたは私のタカラモノ。世界で一番大事よ〜!」と囁きまくってますが。


    >>もし猫を飼ったら猫も人もストレスなく暮らせる環境づくりを心がけたいと思います。
    ブラボー!それでじゅうぶんです!

    ご友人のご意見に同意なさったのは、トピ主さんがいらした猫カフェのスタッフさん(ボランティアさん)ではなく、たまたま居合わせたお客さんですよね?

    地域猫活動や譲渡など、猫の保護活動をしている立場から申しますと、猫を大事な(無条件でかしずく、という意味ではありません)同居者として、最後まで安心して過ごせる環境を与えてくださることが、何より大事です。

    もうね。目つき顔つきが全然違うんです。
    いろんなものにおびえて、ご飯を見つけられずに放浪していた猫より、不妊去勢して地域猫になった子の方が。
    地域猫だって、いろんな危険はゼロではありませんから、その地域猫が、さらに、適正飼養をしてくれる家猫になったりすると…。

    野良時代、地域猫時代、家猫時代の写真3つを比べると「同じ猫か!?」というくらい違います。
    一頭でも多くの猫が安心して暮らせるおうちがみつかるよう(そして遺棄される猫がいなくなるよう)切に祈ります。

    いろいろな保護猫カフェや譲渡会にいらして、ボランティアさんたちとお話なさってください。
    トピ主さんにぴったりの素敵な「相棒」が、きっと見つかると思います。

    ユーザーID:4210206736

  • ないねえ。

    下僕という認識は、ないですね。
    それ言った人、なんか、そんな自分に酔ってません?

    私は猫とは、たった20年しか暮らしていませんが、、、
    下僕だったことはないし、私は私の生活。
    猫は猫の暮らしをしていました。

    犬はもっと長く飼っていますが、犬は扶養、庇護しなければならない存在ですが、猫は、ただのルームメイトでしたよ。
    賢いし、自分の世界があるし、ほど良い距離感を求めるし、でも、いざ何かあれば一番に頼ってくれる。

    猫の下僕にならないと一緒に暮らせない、それは、そうしたいからそうしてるだけです。
    猫だって、迷惑ですよ。
    あんなに自分の世界が欲しいのに、よりかかられたら迷惑ですって。
    お互い、きちんと自立できるのが、猫との生活ですよ。

    ユーザーID:5258440000

  • 下僕じゃないけど笑

    どちらかというと、自分の小さい子どものような、歳のうんと離れた小さい弟のような(男の子でしたので)存在でした。交際中の彼の家に泊まりに行くときは、車でトイレごと遊びに行ったり、その彼が夫になって二人であれこれ面倒見たり。
    下僕(笑)ではないけれど、お人形ではないので、やっぱり自分たちの生活に合わせて猫の面倒も考えなければいけなくなりますよね。例えば、旅行へ行くときは猫を預けたり(うちはお世話になっている動物病院で預かりもしてくれました)、共働きで昼間留守にするけど、仕事が終わったら早く帰らなければだったり、非常時のことも考えておかないといけませんし。

    もういなくなってしまって何年も経ちますが、子どものいない私たちはあの子が人間の子どもだったらどんな子だったか?みたいな会話をよくします。

    トピ主さんにも縁ある猫ちゃんとの出会いがあるといいですね。

    ユーザーID:7322390253

  • 例えですよ

    下僕、って、ただの「例え」だと思いますよ。シャレです。
    何でもいいなりになりたいくらい可愛い、って意味です。
    そもそも、下僕って何ですか?猫が社会で、人間より権限もってる訳ないでしょ(笑)。

    ユーザーID:6072677458

  • 疑問

    下僕というのは単に自虐なんじゃないですか?
    あまりに可愛いのでそうなっちゃう、みたいな。
    犬だってそうじゃないかな。

    まず人の生活があって、と言いますが、犬を飼えば気軽に旅行も出来ないし長時間留守にも出来ないから、人間の生活もがっつり制限されてるじゃない?

    いやいや、人の生活が最優先だからペットホテルに預けて旅行もたくさん行くし長時間留守番もさせるよ、という人はそもそも生き物を飼う資格自体ないので。

    犬も猫も何年も一緒に暮らせば単なるペットを超えた家族という感覚になる人が多いと思いますが、犬の時は違ったんですか?

    私からしたら逆にペットというのはなんだろう、と思いますが。
    死んだ時はもうこの世の終わりかというくらい辛かったし。

    ユーザーID:6142886803

  • 単なる言い方

    犬のような「ご主人様」にはなれない。

    お互い過干渉せず仲間として過ごすことを、ネコ好きな人は自虐込めて「下僕」と言っているだけですよ。

    どちらが上下ではなく対等な関係ですが、ネコは気まぐれなので結果的にこちらが下僕のように見えるだけです。
    そしてその下僕生活「しょうがないなぁ」が楽しめるのが猫を買う際に必要な条件。

    ユーザーID:3434683450

  • 猫の十戒

    犬の十戒は御存じですか?
    映画「犬と私の10の約束」のモチーフにもなった有名な詩です。
    感動的ですよね、犬と人間の繋がりが強く表現されています。

    あれに猫バージョンがあります。
    犬と比べると上から目線で笑いを誘います。
    私は猫を飼っているので、読んで「分かる〜」と思ったのですが
    犬派の友人は「猫ってこんな、ふてぶてしいの?」と言ってました。

    トピ主さんも読んでみて下さい。
    読むと「無理そう・・」と思うのか
    「面白そう」と思うかで猫と暮らせるか如何かが、少しでも分かるかもしれません。

    猫の十戒は2種類ありますが、おすすめは「猫目線」の方です。

    ユーザーID:1627482753

  • 猫は躾られます。

    いつの時代の猫のお話でしょうか?
    躾は弊害かもしれませんが、猫も躾られます。
    純血種の猫をきちんとしたブリーダーから迎えてください。
    犬より手が掛からず、あり得ないほど可愛いですよ。
    我が家にもブリーダーから迎えた猫が居ますが悩んでたのが嘘みたいです。
    とても快適に暮らしていますし、下僕だなんて思った事はありません。
    そんなこんなで現在2頭ですが
    今月中には三男猫が来ます。
    幸せです。

    ユーザーID:5270257626

  • 言葉のセンス

    げぼくって、表現がちょっと。

    気分は幼児と一緒に暮らしている感覚です。
    猫って、個体差はもちろんありますが、意思疎通がかなりしっかりできます。
    おなかすいた
    なでて
    遊ぼう
    トイレ掃除して
    眠たい
    このごはん嫌い等々
    これを全部、我が儘ととらえると、飼い主はげぼく気分になるのかも知れませんが、これらを興味深い、可愛い、嬉しい、ととらえると家に幼児がいる気分になります。

    余談ですが、ここ数ヵ月、私は朝4時半に目が覚めます。夫が就寝中なので、リビングに行くのですが猫がリビングで寝ていて、この習慣がつきはじめたころは猫は喜んでくれていたのです。マミィ、起きたの?という反応。でも、毎朝なので、最近は、マミィまたぁ? 寝かせてよ、という反応に代わりつつあります。気を使って、キャットタワーから顔だけ向けて、目でキスをしてくれますが...愉快です。

    ユーザーID:4822374396

  • 好きに飼ったら良い。しかしだ

    猫、飼ってます。かれこれ3代目で40年くらいかな?

    猫中心の生活、これは否定しません。
    先ず
    ・長期の旅行は行けません
    ・猫が気持ちよいお部屋作りに専念する
    ・病気になったら資財をなげうつ覚悟
    ・飲み会は乾杯だけ。猫が心配なので早く帰る

    書いてみると、もはや下僕ですが。

    でも上記の件も、旅行はペットシッターさんに来てもらうとかホテルもあるし、
    部屋なんか気にしなければいいし、
    病気になったら諦める、遅く帰っても大丈夫なように自動えさやり器で対応等
    沢山回避方法はあります。

    しかし、しかしですよ!これ。

    飼ってみるとやってしまうんですよ。どうしても心配で。

    私があれは大学の頃、最後の家族旅行と称して家族で関西地方1泊2日に出かけた時の事(こちら東京)。
    はーやれやれと帰宅して玄関を開けたら、
    玄関のフローリングに直で猫2匹が寝ていたのです。(もはや起きてもいない)
    もうずーっとここにいましたって体勢で。

    これを見て思いました。
    (本当に今回が最後の家族旅行だな)と。

    あとはガンで入院した時、猫も病気で入院。
    人間はなんだかんだでそんなに治療費がかからなかったけど
    猫の治療費がなんと200万超え!!
    えーもう出しました。
    今いる子はまだ若いのできっちり保険に入っています。

    猫って飼ってみると凄く可愛いし癒されるし空気も読めるので家族としては最高です。
    でも猫は猫。
    ここは人間しかダメなんだよなぁって事も沢山あります。
    そういう時は割り切っても良いと思いますよ。

    ただ、そうならないのが・・・
    猫の手腕なんですよ!これ、ホント。

    ユーザーID:0664242704

  • 犬 ウサギ 猫2 魚類 飼ってます。大丈夫ですよ。

    猫だけが特別ではないですよ。

    猫(しか)飼ってない人の、溺愛のあまりの発言でしょう。
    友人はウサギ(しか)飼ってませんが 下僕ですよ(笑)
    ウサギ中心の生活です。

    我が家は自分で保護した猫らですが 下僕ではないです。
    他のペットと平等ですよ。

    〇〇(だけ)が 可愛い!って言う人とはそりが合わないというか・・
    飼い主募集で 犬猫を飼ってる人がどちらかをやむを得ず譲渡するなんてトピが上がったら 猫派は犬を手放せといい、犬派は猫を手放せといい 口論となる・・・
    そういうの見てるとなんだかな‥って思います。


    どんな動物でも一緒に暮らせば可愛いものですから。
    優劣なんてつけられません。


    猫、躾できますよ?
    上がってはいけない場所や入ってはいけない場所を教えると入りません。
    保護した年齢が違う猫二匹ともそうでした。

    子猫から保護した子は お座り・お手・待て・降りなさいと言えば降りますし、躾出来ます。まあお手なんかは覚えさせなくても別にいいんですけどね。
    犬と一緒に飼ってるので簡単に覚えたもので。

    うちはペット中心でも人間中心でもないかな。

    ユーザーID:3067367437

  • 下僕ってわけじゃないけど

    本当に猫が好きで、
    相棒として、いつも一緒に居たいという
    わけじゃないのなら、
    飼わないほうがいいと思います。

    猫は、年寄りになると世話が楽ですが、
    赤ちゃんから青年期(若い時)までは
    正直、好きじゃなかったら世話が辛いです。

    赤ちゃんの頃は寄生虫がいたり、
    予防接種を受けるので、自費で何度も病院通い。
    大きくなってきたら避妊または去勢手術が必要。

    成猫になって安定してきても、
    おしっこはそこら中にかける。
    壁や家具は、爪とぎにされボロボロ。

    若い時は血気盛んなので、
    夜も昼も鳴き続けることがある。

    20年近く猫を飼っているのですが
    (長生きでしょう)、ここ数年ですよ。
    世話が楽になったのは。

    飼い猫が本当に好きで、気に入っているのでない
    にわかなら、止めたほうがいいと思う。

    ユーザーID:0742980034

  • ネコ様

    時々見かけますね「私はネコ様の下僕」という言い方
    私は完全にブラックジョーク、自虐ネタととらえています。

    ネコとは主従関係はできないので「同居人」という感覚です。
    でもネコ中心にはなりませんよ、あくまでも自分の都合中心です。

    なにもかもネコ中心の方はいるでしょうけどそれは本人がそうしたい、そうすることが苦も無くできるというこなので、そうならなければいけないということではありません。

    ネコの習性を知り、居心地よいネコのスペースを作る
    日ごろから健康管理に気を配る

    このふたつがあればネコさまはマイペースに気ままに暮らせると思われます

    ユーザーID:1260318475

  • 下僕ですが

    私にとっては、何の問題もありません。

    以前は、犬が好きで、猫が大嫌いでした。

    でも…、飼ってみると(押しかけて来た)、大好きに。気が付いたら、下僕になっていたと言う事です。飼ってみないと、分からないのですよ。

    現在、五名様の下僕です。

    ユーザーID:8079616440

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧