現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

妻が稼いだお金の貯金は法律的に妻のものですか? 携帯からの書き込み

2019年3月7日 21:45

私は、自分が稼いだお金基本的に使わず振り込まれたまま全額貯金しています。

旦那の稼ぎから貯金した場合は、その財産も旦那のものになるとあったのですが、私が稼いだお金なので私のもので良いのでしょうか?

旦那が自営業で、借金をする事になるかもしれないらしく、保証人にならない場合は私に返済の義務はないそうなのですが、最悪の場合私の財産もとられるのでしょうか?

ユーザーID:1437971576  


お気に入り登録数:159
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:38本

タイトル 投稿者 更新時間
法律的には
渋柿
2019年3月7日 23:00

法律的には、結婚前にしていた貯金は100%自分の物。

結婚した後に貯金した分については, 半分の50%があなたの物で、
残りの半分50%はご主人の物です。

ユーザーID:3288377874
法律的には
るりこ
2019年3月8日 0:28

法律的には、結婚後稼いだお金は夫婦のものです。

私が稼いだものは私のもの、生活費はよそからもらいます。
と言う考えなら、随分図々しい話ですし、
何のために結婚したのでしょうか。食わしてもらって貯金をするため?

ユーザーID:1293831893
借金の返済義務
ポメちゃん
2019年3月8日 2:13

借金の返済義務は、
基本的には、本人だけですから、
連帯保証人、保証人、相続(単純承認)の場合、
あなたに、返済義務が発生しますが、
それ以外では、返済義務はありませんので、
あなたの給料から貯金は、離婚時の財産分与、
国民年金の滞納による、差し押さえの対象にはなる可能性あるけど、
借金の差し押さえなどの対象にはなりません。

旦那さんが、借金を残して、亡くなった場合には、
3か月以内に家裁で、相続放棄の手続きが必要です。
何もしないで、放置すると、単純承認で、
旦那さんの借金を背負います。

>旦那の稼ぎから貯金した場合は、その財産も旦那のものになるとあったのですが、
これは、多分、名義預金になるということでしょうか?
贈与契約書や、贈与税の申告など、贈与の証拠がない場合、
主に、相続時に相続税の対象になるということかと思います。
借金の場合にも、名義預金が問題になるかというのはあるかな?
贈与の証拠の有無と、贈与した時期によるかも?

ユーザーID:4679414015
結婚後は共有財産
北風と太陽
2019年3月8日 2:22

あなたの収入は全額貯金とのことですが、結婚して旦那さんの収入から生活費を賄っているということは、本来結婚していなければあなたは自分の収入を生活費にあてないとならないわけで、結婚後に蓄えた財産は夫婦の共有財産になります。

つまり、結婚前に蓄えた財産と結婚後に蓄えた財産は分けて考えないといけません。

商売をしているのなら、運用資金や設備資金の借り入れは、ごく当たり前に有り得ます。
借り入れの際は担保が必要になりますが、その担保が保全不足であなたの財産も預金担保として提示されている場合、万が一返済不能に陥れば相殺の対象になるでしょうね。
ただ、保証人ではないとしても、自分たちの生活の糧である商売が傾いてきた場合、旦那さんが借金返済に苦慮している時に、それでも「これは私の財産だから協力したくない」と拒否できるものでしょうか。

ユーザーID:2867977156
基本的なこと
らぐ
2019年3月8日 6:56

独身時代に貯めたお金はそれぞれ個人のお金。
結婚後に稼いだお金は夫が稼ごうが、妻が稼ごうが夫婦のお金です。

貴方が稼いだお金が結婚後のものなら夫婦のお金です。夫の稼ぎから貯金したお金も、結婚後なら夫婦のものです。

さて、旦那さん個人で借金をした場合、保証人にならなければ貴方に返済の義務はないですが、夫婦共有の財産は返済に充てる可能性があります。
しかし、少なくとも貴方が独身時代に稼いだお金は守られます。

貴方が稼いだお金は全額貯金しているということは、旦那さんが稼いだお金で貴方は生活しているということです。
旦那さんの稼いだお金を使っておいて、たまたま手を付けていない貴方の稼いだお金は全部自分のお金だと主張するのは図々しいですよ。

ユーザーID:0543319483
ありえない話ではありません
KM
2019年3月8日 7:53

原則的にトピ主の資産はトピ主のものですから連帯になっていなければ大丈夫です。
ただあくまでも原則的にはです。
個人的な考えになりますがご主人が事業主として負債を抱えて倒産した場合一番の被害者は家族ではなく債権者です。
少しでも返済することが可能であれば返済するのが人としての責任と思います。

ユーザーID:6603557890
共有の財産
じいじい
2019年3月8日 8:26

 結婚してからできた資産は、夫婦の共有の資産です。当然ながら離婚する場合は、財産分与となります。夫名義の口座であろうと妻名義の口座であろうと、夫婦共有の財産というのが民法です。したがって、遺産でもらった資産は個人のものとします。

ユーザーID:0710553311
夫さん個人の借金か、会社の借金か?
Kitten
2019年3月8日 8:58

税金の難しいことは、税理士さんに、ちゃんとお金払って聞くべきだと思うよ。

一般人の知識をタダで聞いて、わかった気持ちになっても
間違っていたら、損をするのは主さんなんだからね


会社のための借金と言っても、
夫個人の名前で借金する場合と
会社組織としての借金では、扱いが全く違います。




ちなみに、夫個人の借金の場合
日本じゃ夫婦の財産は、「共有」という概念ですが
妻が夫の借金を返済すべきかどうかは、事例ごとに違うので、
主さんの質問だけでは、どちらとも言えないとしか言えないです




繰り返しますが、ちゃんと税理士さんに相談料払って、
もっと細かな事情を話して、よく聞いてみてください。

ユーザーID:5998913900
すいません。間違えてました
Kitten
2019年3月8日 8:59

税金じゃなくて、借金なので
税理士さんじゃなくて
弁護士さんですね

すいません

ユーザーID:5998913900
はい、あなたのお金です。
緑鍵盤
2019年3月8日 9:18

あなたが管理している(あなたの意志で自由に入出金できる)、あなた名義の口座のお金はあなたのものです。

あなたの稼ぎ(収入)が入っているのならなおさらです。
(仮に夫殿からもらったお金が入金されている場合はちょっと面倒で、贈与であることを証明する必要が出てきます)


夫殿が自己破産してもその預金は「あなた自身」のものですから取り上げられることはありません。

夫が事業で借金をするなら妻の稼ぎには1円も手を付けずに全額貯金しておき、夫の稼ぎで日常の生活を送り、万一事業が失敗して夫が自己破産しても妻の貯金で生活できるようにしておくのは当たり前の対策です。

ユーザーID:4814716341
その通りです
みんみん
2019年3月8日 9:28

日本の法律は夫婦別産制であり、共有財産という考え方はありません。
互いに扶養義務があるだけです。
夫の事業のための借金返済に、あなたの貯金が使われることはありませんが、夫が事業に失敗し、借金返済に夫の収入の全て充てる必要が出てくると、あなたの収入や貯金から夫や子供を養う義務があるということです。
借金返済に使われことはありませんが、実質的には返済を手伝うという事象に陥ります。

そうなったら離婚?
離婚する時だけは共有財産とみなされます。
慰謝料等の話が無い場合、夫の貯金ゼロ、あなたの貯金100万円なら50万は夫に支払う必要があります。

離婚の時だけ共有の貯金と「みなされる」だけであって、婚姻継続中においてはあなた名義の貯金はあなたのものです。
あと、注意が必要なのは相続の時です。
夫が亡くなった場合、あなたに収入があるのに一切の支出が無い状態だと、夫の生前に夫から妻への贈与があったと「みなされる」ことがあります。
収入があるのに一切の家計費負担が無いのは、相続対策のためかもしれない。
だから税務署は一定額を夫から妻への贈与とみなすのです。
夫が死亡時に築けた財産が1千万や2千万なら非課税枠の収まるので問題ありませんが、3千万を超えてくると「みなされる」ことによって非課税枠をオーバーしてしまう可能性が出てきます。
未来のことはどうなるか分からないので、今から2〜3割は家計費の負担をしておくことをお勧めしますよ。

ユーザーID:2203382725
共同経営でないなら連帯保証はすべきでない。
子育て終了
2019年3月8日 10:10

婚姻期間内に形成された資産は、名義が誰であれ共有財産とみなされるそうです。
そうしないと、例えば専業主婦が長年連れ添った相手と離婚するときに、財産分与が受けられないことになります。資産形成にどれくらい貢献したかなども加味して分与しうるようですが、最大半分はもっていかれます。多くの人は自分で稼いだお金を相手に渡したくないので、自分の貯金を隠します。婚姻してからの資産がなければ分けようがありませんから。

借金については連帯保証人にならなければ、夫婦であっても返済義務はありません。逆に、連帯保証人になってしまうと離婚しても、夫が夜逃げしても支払い義務が残ります。夫婦であっても共倒れを防ぐために、絶対に連帯保証はすべきでないと思います。怒り狂うようなら、そんな自己中夫とは別れたほうがいいです。このときに財産分与を要求されると困るので、まず、今ある貯金を全額ないものに(タンス預金に切り替えるなど)して防衛しましょう。
人の稼ぎを当てにする自営業って、ぜんぜん自立してないし、恥ずかしくないのかな。頼っていいのは最悪実親までだと思いますよ。

ユーザーID:5417962844
何か殺伐としてますね。
ここあ
2019年3月8日 11:57

法的には結婚後の貯金なら妻の稼いだお金も共有財産でしょう。離婚になれば半分旦那さんに持っていかれるでしょう。

ただ、借金に関しては別問題じゃない?妻の貯金から返済はしなくてもいいけど、夫婦なら気持ちで出そうか?とならないものなの?ギャンブルの借金とかじゃなくて仕事関係でしょ?

でも旦那の稼ぎから借金返済していくなら、その分の補填として生活費は妻の稼ぎからも必要になるでしょ。結局は借金返済に充てるか、生活費に充てるかの違いで同じことでは?妻の稼ぎは全部妻の貯金で、仕事での資金も生活費も他全部は旦那に背負えってことですかね。

ユーザーID:0156655152
いろいろ、大変ですね
いなちゃん
2019年3月8日 13:50

結婚している時に築いた財産は夫婦共有、と思っている人が多いですが、原則として、貯金はその名義人のものです。
共有財産という考え方は、離婚時に出てきますね。
たとえばの話、夫さんが無一文で主さんが多額の貯金をしている状況で離婚になった場合、主さんの貯金は半額夫さんに払わなければならなくなるでしょう。
けれど、婚姻時には「これは私の財産、夫は関係ない」と言って良いですよ。
ただ、無収入の人が法外な金額の貯蓄をした場合、収入がある人からの贈与があったと見なされますので、注意が必要ですが。

さて、主さんのケース、夫さんの借金のカタに主さんの貯金が取られる心配は、まず、ありません。
何故なら、夫さんの借金は自営業(商売上)の借金であり、家庭生活で出来た借金ではないからです。
(生活していく中で生じた借金ならば、夫婦どちら名義の借金であっても、配偶者に返済義務が生じる場合があります)
なので、最悪の場合でも、主さんの貯金が取り上げられる可能性はないので、安心してください。

ただ、商売上の借金は、たとえ自己破産しても「免責(払わなくて良い)」にはなりませんので、最悪の場合、ずっと払い続ける必要があります。
その場合の対応の仕方は様々です。それについては、もしそういう状況になったときに弁護士さんに相談しましょう。
もし、将来、商売上の借金を残した状態で夫さんが亡くなった場合には、借金を引き継がないために、相続人(主さんやお子さん)はすぐに遺産放棄の手続きをする必要があります。

いずれにしろ、とりあえず無料相談の範囲でいいので、弁護士さんに相談しておくことをお勧めします。

ユーザーID:7415834783
保証人でなければ大丈夫だったはず
かなこ
2019年3月8日 14:24

でも「道義的にどうなんだ」と言って返済のために差し出すように強要する人は沢山いると思う。

ユーザーID:4736238971
夫婦のお金ですよ
あいこ
2019年3月8日 16:40

結婚前に稼いだお金はお互いに自分の貯金となりますが、
結婚してから稼いだお金は夫婦二人のお金です。
もし離婚となった時は、全部合算されて計算となります。

ユーザーID:8879355762
婚姻中の収入は
stella☆
2019年3月8日 16:51

トピ主さんだけの財産ではありませんよ。
ご主人の収入があったからこそ、
貯められたお金でしょ?

ユーザーID:7918326924
税法と民法で違う
匿名
2019年3月8日 19:09

ひとくちに法律といっても、税法上の考え方と民法上の考え方で
異なります。
民法上は、夫婦の共有財産になりえますが、税法上は、自分で稼いだ
お金は自分のものです。
例えば、いくら夫婦の共有財産だからと言って、夫の給料で買う家の
登記を半分妻にしてしまうと、贈与になってしまいます。
(特例アリ)

自営のための借入金に、妻が払う義務はないけれど、
一方で、民法上は生活費をお互い負担しないといけません。
もしも借金のために夫が生活に困るようなことになり、
生活費も借金するようになったら、生活費の借金は妻も返済しないと
いけませんね。

ユーザーID:3644403481
法律的には 再度レス
いなちゃん
2019年3月8日 19:21

法律的には、結婚後の収入財産はそれぞれ固有のものです。時々勘違いされている方がいますが、日本は、夫婦別産制ですよ。
共有財産と見なされるのは、離婚時の財産分与の際です。

専業主婦が自分の名義で貯金をしたら、夫からの贈与とみなされます。
なので、金額が大きいと贈与税がかかります。

贈与税がかからない特例も、存在しています。

法律的には共有財産と書かれている方がいらっしゃいますが、間違いです。

ユーザーID:7415834783
うーん…。
いくつき
2019年3月8日 19:42

共有財産云々は離婚時の話ですから現時点ではトピ主の収入はトピ主の物です。

ただ、借金苦で離婚するとやっぱり分与は発生するし
伴侶が借金苦で苦しんでいる隣で他人事の様にしているのも
精神的に良くないような気もします。

あと、家事等の割り振りはどうなってるんでしょう。
お金の面だけで見れば
生活費云々を全てご主人に払ってもらっている状態で
貯金は全て自分のだ、と主張するのはなんだかなあ、とも思えます。
家事育児介護雑事全て請け負ってるなら話は別ですが。

ユーザーID:4960296123
 
現在位置は
です