要介護5の旦那を連れて帰りたい

レス42
(トピ主0
お気に入り297

心や体の悩み

要介護5寝たきりの旦那の自宅介護は可能ですか?
病院に半年、今老健にいる50代の旦那のことでご相談です。
脳幹出血でしたが奇跡的に助かりました。意思疎通は出来ます。気管切開も閉じました。

先日、近くの看護小規模多機能居宅施設に断られました。
胃瘻、ギャッチアップ時の低血圧(たまにです)
四肢麻痺(左手と足は少し動く)、端座位は支えないと無理、嚥下障害と構音障害です。

リハビリテーション病棟に居る時はソフト食も美味しいと完食、プリンも食べれてました。理学療法士さんに支えてもらえば7分も立てました。
老健でノロウイルスが流行り面会禁止になってひと月、動画を撮ってきてもらいましたが、衰えたなあという感じです。

自宅介護は無理ですか?
生きている時間は短いでしょう。
せめて下の子が来年成人式、着物姿を見てほしい。

私もホルモンの病気をこじらせ躁鬱病の障がい者です。
私には無理だと子供たち、周りは心配してくれます。
でも、もっと大変な人でも、自宅で過ごしている人がいると思うのです。

療養型病院や特養は、嫌です。
毎日会いに行けるけど、家が大好きな彼を、家族や猫のいる家に連れて帰りたい。
リハビリも受けさせたい。
食べられるようになってほしい。食べれてたんだから。
経験者の方、ケアマネさん、どうかご指示をお願い致します。

ユーザーID:4353783127

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 現実的かどうか。できるならやる。できないなら諦める。

    タイトルに書いた通りです。
    わたしは一般病院の勤務医ですが、家庭で介護できるかどうかは、個人差が大きいんです。要介護5はわかりますが、家庭内の介護力、住宅環境、訪問看護、訪問介護、その辺のバランスがどうか。
    ソーシャルワーカーやケアマネと話して、介護用家具など導入した上で、可能かどうかを判断するしかないのではないでしょうか。
    私たちは、要介護5となると、ほぼほとんどの患者は療養型や老健に送り出す側ですが、ご家族が見ていきたい、という人もたまにいらっしゃいます。頑張り次第、とか、気持ちがあれば、というのは簡単なのですが、実際は毎日24時間続いていきますので、周りの社会資源を使ってうまくやりくりすれば、可能かもしれない、というのがわたしの感想です。ご参考になれば。

    ユーザーID:4550683509

  • あなたが・・

    私は経験者ではありませんが、あなたが妻として、旦那さんを自宅に連れて帰って世話をしてやりたいのは、わかります。

    けど、そうなったら、妻のあなたしか、世話をする人はいないと思いますし、
    100%あなたの手にかかってくることは目に見えていますよね。

    訪問介護とか、ボランティアの手などを借りることは、可能ですか?あなたが最愛の旦那さんの為なら、何をも惜しまない、共倒れになっても構わないっと思っていても、現実は3日と持たないかも・・

    お気を悪くしたらお許しください。

    ユーザーID:6730677024

  • 自宅介護は厳しい

    旦那様に甘えが出るから身内の介護は厳しい。

    施設で何とかなるなら、甘い考えは持たないこと

    自宅介護ではなく自宅看護と考えるべき

    介護費用が惜しいのは分かるが現実は厳しい

    ユーザーID:6133057505

  • できる!

    自宅の管轄の地域包括支援センターのケアマネージャーさんに相談して、ケアプランを一緒に作ります。
    できるだけヘルパーさんに支援してもらい(介護保険のめいっぱい)、往診スケジュールも組んだプランにします。
    要介護4の中で収まらない時は、民間のヘルパーさん、お手伝いさんを雇う。ここはかなり費用がかかるので、お財布と相談しながら。
    往診医の指定はよくよく調べて。ヤブにあたると大変(経験しました)。

    費用は介護保険を使ってもかかると思いますので、その計算はシビアにする。
    気をつけないと在宅看護は、例えばちょっとお高めの有料の老人ホームに入れる以上に、高くなるケースがあるとケアマネージャーさんから聞きました。

    役所に行き、家を看護しやすいよう、バリアフリーにするための助成金を訊ねる。
    おむつの助成は、自治体によって違うので、これも訊ねる。
    ついでに可能な限りの、助成、補助金を調べる。
    ご主人の勤務先の制度も調べて。

    上記をクリアしたら、やれなくないと思います。
    しかし、最初からトピ主さんも楽できるプランにしておかないと、長く続きません。
    幸せに長生きしてもらうために、そして健康に復活してもらうために、多くの方々の手を借りましょう。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:2060400314

  • なぜ担当のケアマネに相談しないのですか?

    要介護5の母親を、自宅で1人で看ています。

    まず
    あなた自身が、「自宅で看る」と決めること。その上でケアマネに相談です。


    ケアマネへの相談内容は、

    「夫を自宅で看るから、それに必要な介護プランを至急作れ!」

    これだけです。

    介護をする家族が主体になり、必要な介護サポートを受ければいい。

    介護用品のレンタル
    訪問看護師さんのリハビリと医療相談

    ヘルパーさんの利用

    こういったことの組み合わせになります。

    ここで相談しても、誰もあなたのご主人様のことを知りません。

    知っている人に聞くことです。

    ユーザーID:9563095066

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • まず外出、外泊等、短期のお試しをお勧めします。

    >家が大好きな彼を、家族や猫のいる家に連れて帰りたい
    主様のお気持ちは分かります。
    ただ在宅に移行するには、色々な準備=問題解決等が必要です。

    >リハビリテーション病棟に居る時はソフト食も美味しいと完食、プリンも食べれてました。理学療法士さんに支えてもらえば7分も立てました
    それは専門知識+経験のあるプロが、安全な環境下で行ったからです。
    病院・施設並みの完全介護・看護、自分にも出来ると感じるかも知れませんが…それはプロがバリアフリー+緊急事態に対応できる環境下+複数・交代制で行っています。勤務時間終了後は休息できる、それでも心身が疲弊し離職する方は少なくありません。

    >看護小規模多機能居宅施設に断られました
    そこで対応できる内容ではないからです。

    在宅なら
    誤嚥時に吸引できるか?
    受診、搬送が必要な時は?

    >胃瘻
    のケア、抜けた時の対処等は?

    >ギャッチアップ時の低血圧
    に対応できるベッドか?
    等のリスクを考慮する必要があり、同じプロ+患者様でも病院と同じ挑戦はできません。一般的に、在宅では新たな挑戦より安全+機能維持を重視します。介護者の能・体力、適正等も重要です。

    >生きている時間は短いでしょう
    とは限らないですよ。

    >要介護5寝たきり
    ディ等の利用は、皆にとって負担が多く困難だと予想します。
    介護サービスをフルに使うと言っても、限界があります。
    その為、多くの時間を家族だけで過ごし、昼夜、平日・週末問わず、数時間おきの体位交換が必要ですが
    >50代の旦那
    >私もホルモンの病気をこじらせ躁鬱病の障がい者
    ならば、2人以上で介護が望ましいと思います。
    主様がダウンしても介護は続くので、お子様への負担が大きくなります。

    >来年成人式、着物姿を見てほしい
    晴れ姿を見せに、病院・施設等に来る方も多いです。

    在宅を決定する前に、必ず外出・泊を経験してください。

    ユーザーID:7628353738

  • 介護士です

    お気持ちは良く分かります。でも、難しいと思います。要介護5の方を在宅介護するのは、大変な労力と精神力を使います。介護する側が先に倒れるでしょう。ましてや、持病がある方には無理です。
    でも、本当に覚悟があるならば、独りで抱え込まず、行政や周りの人々の協力を頼みましょう。あらゆる手段を捜すのです。まだ五十代、障害者としてのサービスが受けられます。障害者手帳はありますか?役所の福祉課に相談してみて下さい。とにかく、情報をかき集めて下さい。

    ユーザーID:3784341128

  • とりあえず一時帰宅にしましょう

    老健に担当のケアマネがいると思いますけど相談しましたか? 介護度の高い利用者を自宅で介護するには事前に色々と準備が必要になります。

    まず数時間の帰宅で様子をみて、大丈夫そうだったら1泊だけしてみる。その後徐々に在宅の日にちを延ばしていくのがいいと思いますよ。
    介護度5の方の自宅介護だと介護者には相当身体的精神的にハードな日常になると思うので、しっかり事前に応援体制を整えておくことが必要です。

    それに脳幹出血で嚥下障害・胃ろうの方の栄養管理や口腔ケア・リハビリは老健では専門知識や技術をもった職員が対応できますが、自宅ではそれがほとんど主たる介護者にかかってくるので、素人ではなかなか難しいのではと考えます。

    大切な人に口から食べられるようになってほしいのもよくわかります。しかしそのような状態なら窒息や誤嚥性肺炎になるリスクが非常に高く、口から食べて生命活動に必要な栄養は多分とれません。胃ろうなどの栄養方法が必須ですが、自宅でできますか。

    自分だけの意見や感情だけで無計画に行動してしまうと、たいがい周りに迷惑をかけてしまいます。ネットで聞かないでとりあえず担当ケアマネに相談しましょう。自宅で家族や猫と過ごしたいなら1〜2日、子供の成人式の着物を見せたいなら、その日だけでもいいのでは。

    ご主人は幸いにも意思疎通ができるとのことので、まず何がしたいのかを尋ねて優先順位をつけてひとつずつ対応していったほうがいいと思いますよ。

    ユーザーID:1051641984

  • リハビリは専門家に

    お若いのに重篤な病気になられ、ご心痛、いかばかりと思います。

    参考になるかわかりませんが、兄のことをお話しします。兄は53歳で脳梗塞になり、入院中に誤嚥性肺炎になったこともあって、リハビリ病院に転院する時期を逸しました。
    当時の医師には「もうずっと寝たきり、これ以上の快復の見込みがないので、退院して自宅介護を。」と言われました。嚥下障害で自力でトイレに行くこともできず、失語症のため意思の疎通も困難でした。
    ただ、自宅には80歳の母一人。とても100キロを超えた兄を自宅で見るのは無理・・なんとか入院させてほしいと頼み、リハビリ病棟もある病院の一般病棟に転院。
    そこでのリハビリで自分で車いすに移り、トイレに行けるようになりました。そこの病院の支援員の尽力で、私の住む市にはリハビリに特化した公的な施設があるのですが、そこに行けることになったのです。
    そこでの専門的なリハビリを受けて、なんと自力歩行ができるまでに回復しました。杖をついて、補助具を足につけてですが・・。信じられない思いでした。「一生寝たきり」の診断はなんだったんだろうと・・。

    老健を経て、病に倒れてから、2年後に自宅に帰りました。自宅ではヘルパーさんや訪問入浴を利用しながら母と暮らすことができました。その後、いろいろあって5年後に亡くなりましたが、穏やかに暮らすことができた年月があったことは家族にとっても救いでした。
    まだ、若いので、リハビリは効果が出ると思います。でも、専門的にやってこそです。
    ぜひ病院にいる相談員のかたに相談することをお薦めします。

    ユーザーID:2917278870

  • 現実は厳しい

    癌で要介護5になった母を介護しました。その介護度だと日常生活の全てに介助が必要です。排泄も食べさせるのも全て私の手が必要でした。
    またうちは1時間も目が離せない状態。夜中も苦しんで私を呼び立てるので寝不足状態。
    お風呂なんかも業者に来てもらって入れてもらうしかありません。うちはバリアフリーではなかったので、車椅子に乗せるのも移動させるのも大変でした。
    母も理性があり、亡くなる2日前までオムツに排泄するのは嫌がったので痩せてしまったとはいえ40キロある母のトイレ介助で私は腰を痛めました。
    母は70歳過ぎていたので介護保険でヘルパーを使えましたがそれも時間が決められているので日に何度も呼ぶわけにはいきません。

    トピ主さんの思いは高尚で素晴らしいとは思いますが、ご自身の体調も万全ではないのにそんな状態の夫を引き取ったら共倒れする危険性があります。
    そうなると結局、お子さん達の負担が増すのではないですか。
    たまに一時帰宅とかいうのはできないのでしょうか。どんなに大変でも2、3日なら頑張れるでしょう。
    家で過ごしたい、家で過ごさせてあげたいという気持ちはわかりますが、全身不自由な成人の介護は想像以上にハードです。

    ユーザーID:5742779102

  • 父を同じ状態で自宅介護でした
    うちは固形物まで食べれるようになっての自宅介護でしたが それでもちょっと目を離した間に誤飲 呼吸が止まり救急車を呼んでる間に 処置がたまたま当たり息を吹き返しましたが 危ないですよね
    そこが心配です でもお家で一緒に過ごしたいお気持ちはわかります ただ危険について周りのプロの方と良くご相談されてみて下さい

    ユーザーID:0529368838

  • 無理でしょう

    3時間ごとの体位変換やおむつの交換など、介護者の負担が大きいと思います。トピ主さんと共倒れになってしまう可能性が大きいでしょう。フルでヘルパーを入れたとしても・・・。男女の体格差のこともありますし・・・。

    ユーザーID:9931855752

  • 貴女しだいですが

    脳幹出血、四肢に麻痺があり支えなくては立てない。コミュニケーションは取れる、意思を訴えることもできるんですよね?
    プリンなど食べてむせたりしませんか?タンは自分で出せますか?吸引の必要はありませんか?夜中にオムツを替えて、と言われませんか?ご主人は小柄な方ですか?貴女一人でベッドから車椅子に楽に移乗させられますか?あれこれしてあげたい!という思いに貴女が押し潰されることはありませんか?

    貴女が働いているのかどうかにもよりますが、四肢にマヒがある男性を自宅で介護するのはかなり大変かと思います。ご家族が代わるがわる24時間体制で付き添えない限り。それでも家庭に帰ってほしい!と思われるのなら万全の体制をしいて家族の協力も確認して在宅にきりかえてみたら? まだお若いご主人。在宅サービスを使い、後悔しないようできるところまで頑張ってみるのもありかと。 でもね、私は疲れきった家族と暮らすより特養で生活する方がはるかに気が休まるのではないかと思います。あなたは施設を信頼できないのだから、とことん頑張ってみて下さいね。

    ユーザーID:5226383754

  • 厳しいことを書きます

    介護はゴールが見えないことが殆どです。
    余命宣告があり「せめて最期は家で。」という場合を除いては、安直に在宅での介護はお勧めしません。
    トピ主さんご自身も躁鬱病ありの障害者。主介護者としては無理があると思います。

    お住まいの地域によりますが、24時間訪問看護・訪問介護を受けることは可能ですか?信頼出来るホームドクターはいますか?
    お金の問題もあります。ケアマネさんに希望を伝えて調べてみてください。
    田舎と都会では社会資源の格差はかなりあります。

    一番困るのは、在宅介護して無理になった時です。介護度5でも、すぐに施設に入所はできません。このケースを何回も見てきました。

    入所しても、週末だけ家に帰ることもできます。または1ヶ月のうち3週間はショートステイを利用し、1週間は家で過ごすというやり方を選択される方もいます。
    まずは2〜3日家で介護が出来るか試してみては?
    繰り返しますが、感情だけで在宅介護を選択しないようにしてください。家族全員が苦労するはめになります。

    ユーザーID:0847713093

  • 追伸

    リハビリしたいか、誤えん性肺炎のリスクはあっても口から食べたいかどうか、ご主人の意志が大切です。若いからこそ病気を受け入れられないこともあります。脳幹出血なら呼吸することだって辛い方もいます。 医療が近くにある環境の方が本人にはありがたいかも。先は短いって、わかりますか? 先が呼吸苦だったらお互い辛いかも。

    ユーザーID:8002923439

  • そうですか…

    看護型でお断りされたのですね…。小規模多機能で訪問介護とデイ 宿泊を利用し、 訪問看護と訪問リハビリ併用。施設入所しながらの外泊で自宅に何泊かされる方法… それぞれ違う事業所の訪問看護とリハビリそして介護とショート.デイの組み合わせに福祉用具や住宅改修などで対応となるのでしょうが、 在宅生活を継続するには、適切な医療の介入が不可欠でしょう。往診してくださる主治医の先生やご家族 奥様ご自身の先生とも十分に話し合いをなされますように。 介護はつねに変化しますし、変化は当然のものでしょう。 構えることなく心柔らかに、ご主人様と向かい合っていただけたらと思います。 ご家族皆様が望まれる生活が実現されますように お祈りいたしています。

    ユーザーID:9706095730

  • 周りの心配

    周りが心配が、どのようなものなのか多分口を出さないと思いますが
    現実を知るほうが良いとおもうので書きます
    周囲が心配するというのは
    介護が大変だからのレベルではないのですよ

    あなたがうつ病を言うことで、最悪のケース
    あなたと夫の無理心中を想像していると思います

    うつ病で、障害者認定を受けているのですよね?
    つまりあなた自体がいつ介護が必要になるかわからない人です
    今は多少調子が良い状態なのかもしれませんが
    酷くなったら何もできなくなる可能性もありますよね
    そういうときはあなたの生存そのものがが危うくなる
    だからあなた障害者認定を受けているのです

    周囲は自分自身の生存じたいが危うい人に
    ご主人の命まで託せないといっているのです

    ユーザーID:7362811694

  • トピ主さん家族の能力次第です

    現在、病院で行われてる看護と同じことが

    自宅でできるなら可能です。

    つまり病室がトピ主さん宅に移ったと

    考えれば理解できると思います。

    要介護5の母と妻を看取った経験者です。

    ユーザーID:6078996552

  • 大変だけれど出来るとは思う。

    もう何年も会ってない叔母の話で母からまた聞きなのですが。

    叔母がパーキンソン病から始まり、今寝たきりです。もう10年以上です。
    意思疎通出来ません。そして胃瘻です。
    簡単な面倒は義叔父が見ていますが両者とも80代で、義叔父一人では無理なのでケアしてくれる方が日々来てくれているそうで、時にショートステイもさせているそうです。
    義叔父も80代にしては若々しく元気らしいですが、トピ主さんもやってやれない事は無いと思います。
    残念ながら費用とか詳しい事は分かりません。

    すみません。もっと詳しい情報を望んでいると思われますが、80代夫婦でやっているのでトピ主さんも出来るはずと思いレスさせていただきました。
    ただトピ主さんもご病気があるとの事なので簡単には言えないのかもしれません。
    介護専門家の方の意見聞けること願ってます。
    市役所とかでも相談出来るのではないでしょうか?。

    旦那さんが大好きな自宅で穏やかに過ごせる事祈ってます。

    ユーザーID:9300671183

  • リハビリ病院の方が良いと思う

    老健は、治療はしませんから旦那様の身体状態は良くなることは無いです。

    脳血管性疾患で四肢がほぼ麻痺の状態。
    座位も自分では保てないと言うことは、本当に寝たきりの状態ではないかと思います。
    それを、自宅で生活しながら少しでも改善したいと言うことですよね。

    まず、定期的に体位変換をしないと褥瘡ができて、大変なことになるリスクがあります。

    関節などは、拘縮して曲げられない状態ではありませんか?
    そうであれば、介護する際には、関節などがどこまで動くのか(動かしても大丈夫なのか)を見極めないと
    無理に動かすと、本人にとって負担となるばかりかかえって悪化することもあり得ます。
    理学療養士などプロの方によるマッサージやストレッチは必須でしょう。

    また、今は嚥下障害があって胃ろうのようですが寝たきりの状態だと、胃ろうでも誤嚥性肺炎のリスクがあります。
    経口摂取させたいと言うことですが50代の男性ですから、寝たきりの高齢者と違って必要とされる栄養量も多くなります。
    現在の状態で、経口でそれだけの栄養をどうやって入れるか。

    嚥下障害を改善して、経口摂取されたいようですが専門医による機能検査はされておりますか?
    どこに問題があるのかを把握しないと経口摂取や嚥下障害のリハビリもできません。
    口やのど、舌などの器官や、呼吸筋を鍛える訓練は必須ですがこれも、プロの方が状態に応じて行う必要があります。
    前述の座位保持は、誤嚥防止の観点からも重要です。

    トピ主さんの病気の件も心配ですが自宅での介護生活を望むのであれば、要介護5ですから、毎日、自宅でヘルパーを利用できます。
    医師による定期的な訪問診療も必須。リハビリも訪問リハビリ。

    ご主人の年齢と状態から考えると、自宅で生活するよりはリハビリ病院の方が状態の改善や長命が見込めるように思います。

    ユーザーID:6347866840

  • 看護師で躁鬱です

    現役看護師ですが、双極性2で20年弱通院しています。
    入院歴は無し。夜勤は禁止。

    自身が同じ立場なら、自宅介護は無理。なぜなら
    自宅介護は休みが無いから。
    多分主治医に相談しても許可は下りないかと。
    トピ主が持病が無ければ話は変わると思います。

    介護ヘルパーやら訪問看護は入ると思いますが、思うよう
    手厚くないですよ。施設では誰かが24時間看てくれますが
    自宅では夜間の体位交換やら吸引等週7日休みなしです。
    通院するにも車の手配から四肢麻痺の車いす移動は
    腰をやられます。
    トピ主さんが過労で病状悪化・最悪入院する可能性。
    そうすると再度ご主人も病院か施設へ逆戻り。

    たまに一時帰宅程度をお勧めしたいです。

    ユーザーID:5283335092

  • 病みますよ?

    今、躁状態なのではありませんか?
    健康な人間でも、介護は心を病みます。

    >もっと大変な人が
    出来ますか?なんて他人に意見を求める自体、おかしいのです。出来るかどうかではなく、やると決めるのはあなた自身。

    まあ多分、匙を投げることになるでしょう。

    ユーザーID:1450773155

  • 介護はきれいごとでは・・・

    父親を約20年介護し、見送りました。
    同じく脳幹出血で右側麻痺、言語障害のため言葉が出ず、50音の表なども理解できない状況でした。

    自宅介護を10年行いましたが、「羅刹の家」という表現がぴったりなくらい修羅場に・・・。
    母はトピ主さんのような気持ちで病院からつれて帰ったのだと思いますが、実際は思い通りになりません。

    日常的に母親が言葉が通じない父にいらついて怒鳴り、父は言葉が出ないため「わーわー」と意味不明な大声で叫ぶ・・・。

    私は子育て中でしたが、子どもに当たってしまい今でも後悔しています。
    あの時死んでいてくれれば、と何度も思いました。
    家族全員が疲労困憊の状態で、施設に移しました。

    躁鬱病の障がい者という心の弱いトピ主さんが介護できるとは思えません。

    ちなみに、胃瘻にすると長引きます。生きている時間が短いとは限りません。

    まだ50代、30年以上介護する覚悟がありますか?
    子どもたちに負担をかけることも考えてください。

    ユーザーID:4458020023

  • いろいろ練習が必要

    まずあなたはお仕事してないのでしょうか? 要介護5では常時介護が必要なのでいろいろなサポートも必要になります。 あなたが自宅で介護するには無理とは言いません。実際している人もいます。でも、おむつ交換や吸痰の練習、体位交換、口腔ケアなど教えてもらってある程度出来るようになってからの退院になります。 その覚悟が出来たら大丈夫だと思います。いきなり自宅に退院するより、老健、ケアマネと相談して、自宅に外泊(1泊)してみて、介護が出来そうか見極められたらどうでしょうか?

    ユーザーID:0192023153

  • 身内の介護を複数していた程度ですが…。

    すみません、家族を複数介護をしていた程度で、詳しくはないのですが。

    老健でどこまで機能が回復が望めるかですね。
    小規模他機能施設に断られるということは、
    ・症状が重い
    ・その施設では人員的に無理
    など、必ず理由があるはずですので、その理由を聞きましょう。
    同じ形態の施設でも、Aの施設ではnoでも、Bの施設ではokだったりします。

    それと…
    トピ主様が主で在宅介護は無理だと思います。
    24時間ヘルパーや看護師を利用する覚悟と経済力がないと続かないのでは。
    複数の人のバックアップが必要になりそうですよ。
    住宅の改修も場合によっては必要かも知れませんし、何よりご主人が本当にそれを望んでいらっしゃるかです。

    完全な在宅介護より、施設と自宅を行来する方が良いのではないかと思います。(一時帰宅)
    柔軟な対応をしてくれる看護師在中の施設になり、そう考えると、やはり小規模多機能施設でショートやロングを組んで、自宅と施設を行来するのが最適かなと考えます。

    健康な人でも、要介護5の人の面倒を診るのは大変です。
    自宅で過ごさせたい気持ちは良くわかりますが、他のご家族が心配されるように、持病をお持ちのトピ主様が介護することを前提にした介護は絶対薦めません。

    今のケアマネでも、地域包括支援センターでもいいので相談されて、ご夫婦の希望に近い無理のない介護方法をお探しください。

    ユーザーID:3368958471

  • 大変ですけどね。まずはご自分ですべきこと。

     トピ主の健康状況、周囲の状況、経済状況などが許せば可能でしょう。今後にあたり大切なことがいくつかあります。
    まず一つ。少しずつ、シミュレーションして見ましょう。想像して、ノートに書き出してください。朝何をするか、昼、夜何をするか。何が必要ですか。何か足りないものはありませんか。介護の手伝いは誰かができますか。1日夫に付き添って自分が何ができるのか、何をしなければならないか。まずはご自分で考えてください。他人に指示を求めるより先に、自分が何をすべきかを考えてください。
    お金は大丈夫ですか。大切なものの二つ目です。介護保険を十分に活用するにもお金は大切です。雑費がかなり必要です。
    最後に人の力が必要です。ヘルパーさんをはじめ、訪問リハビリ、訪問看護などしっかりしたケアマネージャーさんに段取りをつけてもらい、トピ主は無理せずに長く介護できる体制を。
    ただし、自分も夫も歳をとったり、何らかの事情で状況は変わります。その時は改めて何が一番いいのか、夫の身になって考えてくださいね。

    ユーザーID:0939281750

  • 父は可能でした

     父も、老健に入れると途端に弱るので、何とか家で(父も家が好きです)と頑張りました。
    ベッドも借り、トイレも買い、風呂もサービスを使いました。
    ヘルパーさんにおしめの交換に来てもらい、在宅医療に切り替え、週に1回看護師さん、月に2回医師に来てもらいました。
    時々肺炎になり入院もしましたが、家で過ごせば常に誰かに見てもらえるし(母が主)刺激もあるし、食べ物も根気よく口に運んでもらえます。
    色々良かったと思います。これも皆、母が元気だったから出来たことです。

    我が家は家族が皆、家に連れて帰りたいという気持ちだったので可能でした。お子さんたちが無理と言う事は何か、サービスで解決できる問題なのかを探って納得してもらえたらいいですね。

    ユーザーID:4501942108

  • 介護していた側が倒れました。

    父の介護を母がしていました。

    発端は、どうしても家で介護したい、自分なら出来るという母の自信でした。

    娘の私からは、介護している事に満足している共依存の状態に見えましたが
    デイサービスも活用しながら、父母ともに何とかなっているようでしたので
    行けるところまで行くしかない、と覚悟していました。

    2年後、母が過労、目眩、吐気で救急車で運ばれました。
    私は、父を施設に戻す半ば強引に手続きをし、母の病院には付添し、
    自宅介護の状態を終わりにしました。

    父母ともに自宅で過ごせたことに満足していたようですが、
    まったく美談どころではありませんでした。
    しかし、体験しなければ、2人はいつまでも後悔していたかもしれません。

    介護は年中無休、24時間なので、体力面、精神面も限界が来ます。
    どうしても自宅介護するならば、リスクと条件を覚悟した方がよいのでは、と思います。

    ユーザーID:4850917147

  • 気持ちはわかりますが、、、

    病院からは家では絶対無理と言われた状態の祖母を、
    母が無理やり家に連れ戻しました。
    家で看取ってあげたいからという理由です。

    母は専業主婦でしたが一人では無理なことも多く、
    家族を巻き込んで最終的に私(祖母にとっては孫)は病みました。
    福祉の手も借りられるだけ借りたんですけど大変でしたよ。
    次に本人(母)もあれだけ引き取りたがっていたのに、
    病んでしまって祖母に虐待をしました。

    祖母は最終的には肺炎になり病院で最後を迎えました。
    私も母も健康体でしたがボロボロになりましたよ。
    トピ主さんの健康状態では厳しいのではないでしょうか。

    時々外泊できる程度にしてあげられれば十分ではと思います。

    ユーザーID:4289086914

  • 生きている時間が短いとは限らない

    もっと大変な人でも、自宅介護で過ごせる方は、
    本人の体力と気力が十分にある人で、
    サポートできる人が周りに多い人です。

    家に帰れば食べられるようになるとは限らないです。
    胃ろうで20年生きる方もいます。
    お子さんが無理だというのなら、無理だと思います。

    ユーザーID:8485274582

  • お子様達の今後の状況変化も考慮した方が良いですよ。

    >下の子が来年成人式
    ならば、上のお子様も20代くらいですよね?

    >私には無理だと子供たち、周りは心配してくれます
    子供達→主様だけではなく、主様→子供達の心配もした方が良いと思います。

    お子様達は、これから就職、転勤、結婚、出産等で状況が大きく変わる可能性が有ります。実家で同居中は、介護のお手伝いが出来るかも知れませんが…結婚と同時に同居し、介護にも協力出来る子の配偶者は少ないと思います。

    それ以外でも、お子様が転勤、妊娠、出産
    若者らしく遊び、旅行、デート等もしたい
    等、常に介護優先、協力が難しくなる可能性も考慮することをお勧めします。
    お子様が妊娠、出産したら、主様もお手伝いしたくなるかも知れませんが、在宅介護を始めると家を空ける事は難しくなります。

    >療養型病院や特養は、嫌
    実際に見学等には行きましたか?

    療養型の多くが2017年度で廃止が決まったので、これから新規の方を受け入れる所があるとは考え難いのですが…。
    特養は入りたいと思っても、順番待ちが多く、実際の入所まで時間がかかる所が多いです。
    >生きている時間は短い
    と、短期なら頑張れるとお考えだと思いますが、介護は予想以上に長期化する事が多いです。50代なら特に…。

    念の為、見学をし待機リストに載せて貰い、順番が来るまで
    >老健
    等に入所したまま、外泊を繰り替えす事をお勧めします。
    自宅に引き取る事が可能と自信が付いたら、キャンセルすれば良いと思います。

    >病院に半年、今老健
    急性期・回復リハの時期は過ぎたと思います。
    疾患の特徴から、どこの国も公的サービスなら、急性・回復期の様なリハを半永久的に継続しません(自費ならOK)。日本は非常に手厚く、入院も長いです。

    >リハビリも受けさせたい
    お気持ちは分かりますが…これからは機能維持と再発防止が重要です。
    ご自宅で、主様ができそうですか?

    ユーザーID:7628353738

  • あなたの主治医に相談を

    双極性の疾患で治療中のようなので、まずは、あなたの主治医に相談してみてはいかがでしょうか?

    それから考えていくとよいと思います。

    もしかすると、今、躁状態ではありませんか?

    ユーザーID:8771405668

  • ずれていると思う

    自宅介護は介護される側の状況ではなく介護する側の状況による。
    だからこの場合はトピ主さんの
    1 気力と
    2 体力と
    3 経済力
    による。
    経済力だけは被介護者でも親戚間でも代替できますが。
    要望をひたすら叶えることだけが善行だとは思わないです。1と2の大丈夫な範囲でおさめる方が、みんなにとって幸福な気がします。ごめんね。

    ユーザーID:0984861748

  • 交代要員の確保

    要介護5だと2時間おきの体位変換など24時間見守りが必要でしょう。
    福祉サービスを利用しても交代要員の確保は必要、大丈夫ですか?

    躁鬱病、エネルギーの高まった躁の時には介護も可能でしょう。
    鬱の時、自身のことも辛いと思いますが介護はできますか?
    夫の為に在宅介護がいいのでしょうが、子供達や周囲の人達はトピ主さんの体調を心配しての反対でしょう。
    トピ主さんの主治医とも相談して判断を。

    ユーザーID:3340339164

  • どうぞ思いのままに

    まわりの専門職方々等に
    無理ですね 大変ですよ
    と言われるので連れて帰りたいと一層思うのでしょう。もっと重症の人も在宅で出来る。一体どなたのお話しやどこからの情報でそう思うのでしょうか。
    ですので、具体的にケアプランをたてていただき、まず、介護5に対応するために何が必要か箇条書きにして頂きます。介護用ベッドの搬入やベッドの操作、お部屋で出来ますか。
    タオルシーツ寝巻きの数量、一日何度あるかわからないお着替え、洗濯物は大量となりますが外注しますか。費用がかかります。汚物の処理、これだけあげただけでも如何ですか。まだ具体的な着替えのさせ方や体位保持も、介護の話さえまだ入っていませんが。
    思った通りにケアマネジャー様に自宅介護の方法をお願いして納得してからがまず大切だと想います。

    ユーザーID:4579124365

  • レスします

    私は看護師です。 看護師としての経験をもとにご意見させていただきます。 

    大切なご主人様を自宅で介護したいというお気持ちはよくわかります。 でも、他の方も仰っていますが自宅介護は予想以上に厳しいです。 私は実際にトピ主様のご主人のような状態の患者さんを、その方のご自宅でお世話したことがあります。 体位交換、排泄のお世話、清拭、投薬、ベッドから車椅子、そして車椅子からベッドへの移動、食事の介助、本当にやることが一杯でした。 それ以外にも、「水を飲ませて欲しい」「ちょっと枕の位置を変えて欲しい」など、必要に応じた対応が要求されます。在宅介護は病院勤務のような慌ただしさはありませんが、それでもへとへとになって一日が終わることもありました。

    女性が男性を介護する場合は特に体力的に大変です。特にトピ主様のご主人は50代とのこと、まだ筋肉もついているでしょう。 人の体って思った以上に重いもの、自分で体を動かせない人の腕一本動かすのにも力が必要です。 

    看護師が何年もこの仕事を続けられるのは、勤務時間が終わればあとは自由になれるからです。 仕事中どんなに辛くとも、時間になれば終わりが来る、そう思って耐えられるのです。 しかし自宅介護は24時間。 夜中でもトイレの介助や体位交換などどで起こされます。 外出するにも誰かに留守番を頼まないといけません。 また、自宅に戻ると施設にいた時よりもご主人に甘えが出てきて要求が多くなる可能性もあります。 病院でも、最初は遠慮がちで大人しかった患者さんが、だんだんと慣れるにつれてわがままになってくることもあります。

    在宅介護は、ヘルパーや入浴サービスなどあらゆる限りの公的サービスを利用しつつ、何よりご家族の協力が不可欠です。 トピ主さん一人だけでは共倒れになります。

    他の方も仰るように、外泊などで様子を見ながら少しずつ挑戦してみてください。 

    ユーザーID:5280871252

  • レスします

    母介護中さん、ふうこさんに同意します。

    主任ケアマネです。
    本人家族が、家で過ごしたいと言ったら、私や支援する側が、無理と決めない、という方針です。
    というのも、私が住んでいるまち(田舎ですが)が、訪問看護が充実してるからですが…
    看護多機能居宅介護が断ってどうする、と思います。
    是非、包括に行き、思いを叶えてくれる、ケアマネを紹介してもらって下さい。
    (ケアマネにも個人差がありますので…)
    応援しています。

    ユーザーID:6825941105

  • 外泊から

    まずは短期間の外泊から慣らしていくのばどうでしょうか?
    病院で看るのと家で看るのは大変さが異なります。
    なんとなくできるかな?から、より具体的に何をどうすれば良いかイメージがつくようになると思います。

    ご自身も持病があるとのこと、要介護5のかたを自宅で見るのって、結構大変だと思います。
    ご自宅に連れて帰りたいと言うお気持ちを大事にして、いまおかかりの病院スタッフへ働きかけてみてください。

    ユーザーID:9571680111

  • みなさま本当にありがとうございます

    こんなにたくさんの返信を頂けるとは思っていませんでした。
    まず、「躁は出ていない」と思います。まずその事が一番怖いので(精神病院にも入院しましたし奇行の数々、1年半寝たきりだったこともあります。旦那も子供も辛抱強く寄り添ってくれたので、発病する訳には行きません)。現在も元の病気の国立病院と、精神科に通い、定期的に薬をもらっています。
    そうですね、、気持ちだけ焦ってしまったのかもしれません。
    でも、今はノロウイルスで1ヶ月以上会えなくて、動画を撮ってきてもらったら、目は両方目やに?で塞がり、呂律もまわらず痰で咳き込み、髪も伸び放題、口の中は舌苔で真っ白、、誤嚥性肺炎にならないだろうかと心配で、口腔ケアをお願いしてきました。
    自宅介護をベースに、できればショートステイ(難しいかもしれませんが)、訪問介護、訪問リハ、介護などフルに活用するべく、地域に詳しく頼もしいケアマネさんを探している途中です。
    躁鬱病もあり、私は旦那に優しくありませんでした。
    今は無駄に仲良しなので、子供たちも、それは喜んでいます。
    子供たちの青春を奪わないよう、その時は特養や病院も考えています。
    その時その時、人の手を借りまくってみんなが笑顔でいられるように生きていきたいです。
    旦那は寝たきりになってしまいましたが、施設の人に冗談も言うし、明るい人です。
    そんな旦那と結婚して、3人の子供が立派に成人して、本当に私は幸せです。
    今日は真ん中の息子の専門学校の卒業式でした。情けない親に代わりバイト代で授業料を払って3年通いました。
    子供たちにどれだけ支えられたか分かりません。本当に申し訳ない。
    悔いの残らないようみんなで考えながら柔軟に対応していくつもりです。

    みなさま本当にありがとうございました。

    ユーザーID:6297339529

  • ご自分が落ち込むムードに入った時の受け皿を用意してから

    主さん
    ご夫婦仲良しで、良いですね


    色々、事情も気持ちもあるでしょうが
    その状態だと、ご主人様は、介護がなければ生き延びられない状況ですよね?

    そういう場合には、介護者は健康体であっても、相当大変です
    身体もきついけど、メンタルもキツイので、普通の健康な人でも、うつうつとした気分に時々襲われる時期がくるのが普通なので
    主さんご夫婦の場合には、必ず「介護する自分がうつうつと落ち込んでしまった時の受け皿」を用意しないと、
    ご主人様の生命維持に関わります


    どうか、ケアマネさんやお子さんたちと、よく話し合って
    「今日は私が起き上がれない」という日がもし来たら、誰がウチに来てご主人様面倒を見てくれるのか?という対策を話し合っておいてから
    始めてくださいね



    お身体、お大切に…

    ユーザーID:1721335291

  • 要介護3の主人を介護して10年経ちました

    主人もリハビリ病院で6か月過ごし、要介護4で退院しました。
    私も主様と同じで家に帰してあげたいと思い病院にお頼みして、家に帰ってからの訓練もして貰いました。

    一番先にケアマネさんをお願いして、帰宅しても良い様に家には手すりなどつけて貰いました。

    今では要介護3に介護度も下がりましたが、右半身不随、失語症で全く言葉が話せません。
    それでも意思疎通は慣れで全部は解りませんがある程度分かるようになり、ディにも行かせてもらい、お風呂も入れて貰えます。
    家での生活が多いですが普通の生活は出来るようになりました。

    私の経験からですが、家で介護する条件は本人が自分の足で杖をついてでも歩けることだと思います、最低でも立ち上がる事が出来るかです。立ち上がれれば車いすの移動も楽です。
    歩ければトイレにも付き添いがあればいけます。
    自力で立ち上がる事が出来れば介護も力はそんなに必要としません。
    それでも男性は重いですから、転倒などの時はとても支える事は出来ず共倒れです。

    ケアマネさんを決めて、本人を見ていただいて専門家の考えをお聞きしたら如何でしょうか?

    症状が重く自宅介護が出来なくても、お子様が居るなら施設入所しても、時々お子様にお願いして家に連れ帰る事も出来ると思います。
    お子様の祝い事、お孫さんの祝い事などの時は家で一緒にお祝いも出来ますよ。
    あまり責任感でご自分を追い詰めないで下さい。

    ユーザーID:1388738579

  • 少し気になったので…

    >みんなが笑顔でいられるように生きていきたい
    主様なりの結論が出せて良かったと思います。

    >今は無駄に仲良し
    必要とされる、離れて暮らす等の理由でハネムーン期の様になるご夫婦は珍しくありません。暫くして急に気持ちが変わったり、逆に依存傾向有になる方もいますので健全な夫婦関係か精神的健康を維持できているか…ご注意ください。

    少し気になったのは…
    >支援する側が、無理と決めない

    複数の医療機関で働きましたが、どこの職場でも「できるだけ、お気持ちに添う為に」まず【介護者の健康状態や判断能力】等を周囲の方からも確認させて頂きました。
    >ホルモンの病気をこじらせ躁鬱病の障がい者
    ならば、介護が心身の負担になる可能性は非常に高く…
    >国立病院と、精神科に通い、定期的に薬をもらって
    いるなら、主様の主治医が賛同するかも非常に重要です。介護者の主治医やご家族等から反対や懸念等があれば、御希望を叶える=最善とは限らないと私は思います。

    >家で介護する条件は本人が自分の足で杖をついてでも歩けること
    >最低でも立ち上がる事が出来るか
    高次脳機能(認知を含む)等、他の機能と併せて考慮する必要が有ります。
    介護者が来るまで待っていられず立ち上がってしまう、徘徊等があれば、在宅介護は容易ではありません。
    また介護者と被介護者の体格差が大きく、特に介護者が小柄な場合は立った状態での介護は大変、「お互いにとって」危険な場合も有ります。

    >ギャッチアップ時の低血圧(たまにです)
    がある方に座位、立位を取らせたら、もっと深刻な起立性低血圧を起こす可能性があり、その時は1人では支えきれないと思います。
    転倒時などは直ぐに起こさず、頭や首などをぶつけていないか、骨折等はないか?等、動かして良いかの確認が必要です。
    在宅は常駐できないので希望を叶えるだけではなく、プロとして「判断」も必要だ私は思います。

    ユーザーID:7628353738

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧