母を亡くし、罪悪感に襲われています

レス5
お気に入り17

mmjn

ひと

半年前、最愛の母を56歳で亡くしました。
2017年夏頃に乳がんが発覚し、わたしたち子供には詳しく教えてくれていなかったのですが、その時点で肝臓に転移しており手術は不可能。抗がん剤治療をしていました。わたしたちは小さくして手術するからねとしか聞いていませんでした。
昨年8月末に緊急入院し、いきなり医師から余命数週間との宣告。仕事の影響でうつ病を患っているわたしはパニックに陥りました。母親には告知はせず、それから10日後に亡くなりました。
当たり前にうつ病は酷くなり、薬も増え、情緒不安定な日が続いています。仕事、家事、兄弟の世話と全てこなさねばならず、母親のところに行きたいと考えることが増えてきました。
わたしは20代後半のため周りに同じような人がおらず、友人に話してもどうせこの人お母さん居るしわたしの気持ちなんてわかってくれないと思ってしまいます。

父親との関係もあまり良くなく、母の死後に大喧嘩になった時に育て方を間違えた、お母さんに孫を見せてあげられなかったのが一番の後悔だと言われ、自分の存在意義の全てを否定されたように感じてしまいました。

楽しいことをしたり、どこかへ行っても母のことが頭から離れず、お母さんももっと楽しいことしたかっただろうな、わたしだけがこんな楽しい思いしていいのかなと罪悪感に襲われます。周りの人からも幸せになるんだよと言われますが、わたしのなかで、母が居ないということ=幸せは一生ないと思っています。
支離滅裂な文章で申し訳ございません。同じような経験をしたことのある方のお話が聞きたいです。

ユーザーID:4846195504

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数5

レスする
  • お母様は幸せだったと思うよ

    お母様より少し上の世代です
    30歳の独身の娘がいます

    で、母の立場から言わせてもらうと
    お母様は幸せだったと思いますよ
    貴方という娘さんを産み育てられたこと
    お母様のことをそんなに思ってくれていること
    きっと幸せな人生だっただろうなぁと思います。

    お母様の事をずっとずっと心の中で、供養してあげてください
    貴方の心にお母さまを住まわせてください
    貴方が生きている限り、そこにお母さまもいると思います。
    貴方と一緒に楽しめるのです

    ユーザーID:2380413285

  • ありがとうございます

    beruさん
    温かいお言葉ありがとうございます。
    わたしは長女なのですが母に何もしてあげられず、闘病中も自分のことばかりで、余命を宣告されるほど酷いと知らなかったとはいえ、後悔だらけで半年間過ごしてきました。
    自分が生まれなければ母はもっと自分のことを考えて生きれたはず、病気にもならなかったのではと今でもすごく思います。
    それほどまでに自分にとって母が大きすぎる存在だったんだなと改めて気付かされました。

    ユーザーID:4846195504

  • まるで自分のことのよう

    お母さんが亡くなられたこと、ショックでしたね。私も鬱で静養中に父が胃がんで亡くなりました。余命2カ月宣告でそこまでもちませんでした。

    私は父に通院の送り迎えをしてもらっていたので母から病状を伝えられましたが、体調と心へのショックを避けるためお見舞い行ったのは一度きり、死ぬ直前に在宅看護になったときも家族に任せて声かけ以外ほぼノータッチでした。

    後ろめたい気持ちはありましたが、父は私の鬱の治療を応援してくれてたから、私は自分のできることだけして自分の治療に専念しようと。鬱を治すには、やらなきゃいけないことをやらず、好きなことだけしなさいと主治医には言われました。

    鬱のときはエネルギー不足で自分自身のことさえできない状態です。元気ならできることが、できないですよね?鬱は心のがんと言われるくらいの病気なんです。甘えじゃないですよ。お母さんが病状を伝えなかったのは、主さんの身体のことを思っての優しさなのではないでしょうか。きっと早く治癒することを天国で願ってますよ。

    お母さんのところに行きたいと思うのは、病気の症状です。ネガティブになるのも思うように動けないのも病気のせいなんです。辛いけど、仕方ないと諦めると治ってきますよ。後悔があるなら、できる範囲で仏壇にお線香あげたり御墓参りをしたりすれば良いと思います。まずはそれで良いと思い込みましょう。

    そして、実は私も乳がんになり、今日はじめての抗がん剤をしてきました。父もこれを乗り越えてがんばってたんだな、見守ってくれてるかなと思ったら父の分も闘おうって気持ちになりました。
    一歩ずつ進んでいきましょう!

    ユーザーID:5858579591

  • 一生許せない癌

    20歳の時に母を癌で亡くしました。
    今年24歳になります。
    小学生の頃から母子家庭で育った私にとって
    母はとても大切な存在で、母なしでは生きていけないと今まてずっと思っていました。
    母が癌を患った時、私は中学2年生。
    その頃の私は、癌=近々母は亡くなってしまう という事だとしか思えず、学校で母の病を思い出す度泣いていました。
    今でもその時の感情を忘れられません。

    私の母は看護師さんや先生がビックリする程
    宣告された余命より長く生きました。

    「それは本人の【生きたい】という気持ちが強いからだよ」

    と、看護師さんに言われ
    改めて母は強い人だと思いました。

    その時はただただ
    なんで私がこんな辛い思いしなきゃならないの?
    なんでうちのママなの?
    としか思えなくて、私自身母の病に向き合うことが難しかったです。


    最愛の母を失う事は本当に本当に辛いです。
    この辛い思いは失った人にしか分からないと私も思います。
    失う時も皆それぞれで。
    私みたいに早くに両親を失う人も沢山いると思います。
    自分だけじゃなく、もっと辛い思いを抱えてる人が周りにいると思うと、自分の悩みも小さく感じますよ。


    私の母もきっと自分が癌になると思ってなかっただろうし、もっと生きたかったと強く思っていたと思います。
    だからこそ!私は母の生きたかった分も毎日大切に生きようと思いました。

    母が命懸けで生んでくれた命だから。

    ユーザーID:2164337272

  • お母さんは

    トピ主さんよりもっと楽しい人生を送られたと思うますよ。妻となり母となって。だから罪悪感など持つ必要はないと思います。それよりも鬱を治すことが先決だと思います。心療内科に通院されています?トピ主さんが前向きに生きることがお母さまへの最大の供養です。元気出して前進しましょう。

    ユーザーID:9358327943

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧